モバP「まゆがハサミ構えて迫ってくる」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:34:01.48
~事務所~

佐久間まゆ「お疲れ様です」

P「おかえり、まゆ」

まゆ「はい、ただいまです」

P「撮影どうだった?」

まゆ「ええ、特に問題もなく……あっ」

P「ん?」

まゆ「いえ、あの、順調に終わりました」

P「そうか、まあ撮影の仕事は慣れてるだろうからな」

まゆ「そうですね。でも……お忙しいのは分かりますけど」

まゆ「たまには付き添って、まゆを見て欲しいです」

P「また今度な」

まゆ「はい。約束ですよ? ところで……」

P「まゆ? どうした、ハサミなんか持って」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:34:44.05
まゆ「いえ、その……」

P「俺の髪でも切ってくれるのか?」

P「でもそれ糸切りバサミだろ? 髪を切るには小さいんじゃないかな」

まゆ「すぐ済みますから、じっとしててもらえますか」

P「何がしたいんだ?」

まゆ「えっと、たいしたことじゃないですから、その……」

P「……あのさ、まゆのことは信頼してるけど」

P「そのハサミ、先が尖ってて危ないだろ?」

まゆ「すぐに分かります。大丈夫です、自前のソーイングセットなので使い慣れてますから」

P「……何をしたいのか言ってくれ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:35:12.97
まゆ「プロデューサーさんのためなんです」

まゆ「本当にすぐ終わりますから、信じてください」

P(うーん、信用したいけど……何故言おうとしないんだ?)

まゆ「プロデューサーさん……」ジリジリ

P「…………」

P「あーっ、ちひろさんがおねシンの振付の練習している!」

まゆ「えっ!? ……あっ、逃げないでくださいよぉ!」

P「スマン、やっぱり理由が分からないと納得出来ないよ!」ダッシュ

まゆ「もうーっ!」




P(ふう、とりあえずまいたけど……何がしたいんだろう)

まゆ「プロデューサーさん、どこですかぁ?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:35:42.07
北条加蓮「お疲れ様です……ん?」

P「……」←身を隠している

加蓮「なにしてるの、プロ――モガッ!」

P「しーっ、静かに」

加蓮「……!?」

P「手を離すけど、大きな声出すなよ?」

加蓮(コクコク)

P「ふう、どうやら気付かれなかったようだな……まったく、気をつけろよ」

加蓮「なんで私怒られてるの? 大きな声出してもいいんだけど」

P「あっ、スイマセン。勘弁して下さい」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:36:13.54
加蓮「……で、なんなの? かくれんぼ?」

P「いや、よく分からないんだが、まゆがハサミ構えて迫ってくるんだ」

加蓮「そうさせるようなことしたんじゃない? なにか怒らせたとか」

P「心当たりないんだがなぁ」

P「たまには仕事に付き添ってほしいと言ってたが、俺が忙しいのも理解してるようだったし」

加蓮「……以前読んだ漫画なんだけど」

P「うん?」

加蓮「気に入った人の身体を切り取っていつも持ち歩く、っていう……」

P「やめろよ」

加蓮「もちろん髪の毛や爪なんてレベルじゃなく……」

P「あーあー、聞こえない。全然聞こえないなー。2 3 5 7 11 13 17……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:36:43.03
加蓮「まゆが本当にそんなことすると?」

P「思ってないけど、理由を教えてくれないから不安になるだろ」

加蓮「まあ……ね」

加蓮「じゃあ私が聞いてくる。分かったら教えるから」

P「ありがとう、頼むよ」




まゆ「どこ行っちゃったのかしら……」

加蓮「まゆ、お疲れ様」

まゆ「加蓮ちゃん。プロデューサーさん見かけませんでした?」

加蓮「いや、見てないけど。プロデューサーさんがどうかした?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:37:09.65
まゆ「それは、その……ごにょごにょ」

加蓮「なんだ、そんなこと? それでハサミを……」

まゆ「でも逃げられてしまって。たぶん理由を言わなかったからだと思うんですけど」

加蓮「言えばいいんじゃない?」

まゆ「それはそうなんですけど、でも……」

加蓮「あ……ひょっとして言うの恥ずかしい?」

まゆ「……」コク

加蓮「プロデューサーさん誤解してるんだと思うよ」

加蓮「あとそのハサミ。小さいけど先が尖ってるから危ないし」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:37:39.02
まゆ「これしか無くて」

加蓮「事務所にハサミなかった?」

まゆ「右利き用なんですよ」

加蓮「まゆって両利きじゃなかったっけ」

まゆ「ハサミは左じゃないと上手く使えないんです」

まゆ「万が一プロデューサーさんに怪我させたらいけないですし」

諸星きらり「おっつおっつ~! 二人共何話してるにぃ?」

加蓮「うん、ちょっと……あ、そうだ。この際、きらりにも協力してもらおうよ」

きらり「協力? なになに~?」

加蓮「妙な誤解しているプロデューサーさんに、ちょっとしたドッキリ、かな」ニヤリ

まゆ(凛ちゃんや奈緒ちゃんをからかうときと同じ表情になってる……)




きらり「Pちゃん出てきたにぃ。やっほー☆」

P「きらりも来てたのか。やっほー」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:38:08.31
P「とりあえずまゆはよそに行った、ってことだけど……理由はきき出せた?」

加蓮「うん、一応……」

P「なんだ歯切れが悪いな。ヤバい話なのか?」

加蓮「そうじゃないんだけどね……」

加蓮(と、気を引いてる隙にきらりにはプロデューサーさんの背後に行ってもらって……)

加蓮「まあ、すぐに分かるよ」

P「それってどういう……」


ガシッ!


P「なっ!?」

きらり「うぇへへー。Pちゃん、ぎゅう~☆」

加蓮(プロデューサーさんが逃げられないようにがっちりとハグ!)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:38:38.34
加蓮(たとえプロデューサーさんでも、きらりのハグからは逃げられないはず……!)

P「お、おい、きらり!?」

きらり「むぇー、暴れちゃダメ~」

加蓮「危ないから、下手に動かないほうが良いよ」

P「どういうことだよ!?」

まゆ「うふ……こういうことですよぉ」

P「加蓮……! まさか騙したのか?」

加蓮「人聞き悪いなぁ。これもプロデューサーさんのためだって」

まゆ「そうです。プロデューサーさんが逃げるから二人に協力してもらったんです」

まゆ「このハサミ、結構切れ味いいですから本当に動かないでくださいね」チャキチャキ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:39:07.99
加蓮(ハサミを鳴らしながら近づくまゆ……)

加蓮(何をしたいのか分からなければ、誤解するのも仕方ないのかな)

加蓮(って、演技指導したの私だけど)


チョキン


P「……ん? 今何したんだ?」

加蓮「鼻毛が出てたから、まゆが切ってあげたの」

きらり「Pちゃん、はずかてぃー☆」

P「もしかしてそれでハサミを? 言ってくれれば良かったのに」

加蓮「もう、察してあげなよ。まゆは鼻毛って言うのが恥ずかしいんだって」

P「加蓮は平気なんだ? 言うのが恥ずかしいって……そんなものか?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:39:37.39
加蓮「まゆはキュート属性だからね」

P「分かるような分からんような……」

P「……」ティン

P「まゆ~、『この紋所が目に入らぬか』って時代劇のタイトル、何だっけ?」

まゆ「水戸黄門ですよね?」

P「じゃあお尻の穴を難しく言うと?」

まゆ「こ……あぅぅ」///

P「あれあれー、さっきは同じ発音できたのになー?」

加蓮「やめなよ」

きらり「Pちゃん! めっ、だゆ~!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:40:05.31
P「……しかし、どういう単語が恥ずかしいんだ?」

まゆ「どういう、と言われても」

きらり「お尻は言えゆー?」

まゆ「お尻。まあ、それくらいなら」

加蓮「じゃあ、おっぱいは?」

まゆ「おっぱい。……男性の前ではちょっと恥ずかしいですね」

P「んー、なら方向性を変えてゴキブリはどうだ?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:40:34.90
まゆ「(><)」フルフル

まゆ「声に出したくないです。その名を聞くのも嫌です」

加蓮「まあ、たいていの女子はね」

P「料理好きのまゆにとっては天敵だろうな……」

P「加蓮やきらりも?」

加蓮「必要なときはGって呼ぶかな」

きらり「きらりはごっきーとかごきちゃんって呼んでゆ」

P「おお、きらりっぽくて可愛い」

きらり「うぇへへ~☆」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:41:04.88
P「……ふと思ったんだけどYesNoまくらって」

P「そんな感じで言い出しづらい人が開発したのかな」

きらり「YesNoまくらってなんだにぃ?」

まゆ「えっちしたいときはYesにして意思表示するんですよ」

加蓮(それは平気なんだ……!)

P「まゆ、YesNoまくら要る?」

まゆ「いつでもYesなので必要ないです♪」

P「ははは、こやつめ」

加蓮(……んん!?)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:41:35.78
以上終了です
生物の授業で肛門と言えない女子がいたのを思い出して
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:45:12.99
なるほど生物教師になれば生徒に合法的にセクハラできるんですね
今から間に合うかしらん
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 17:46:21.04
なぜベストを尽して保健体育を目指さないのか
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 20:58:36.14
生物か…そう言う選択肢もあったのか
くそっ文系教師とかなんもねーよ!
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 21:57:36.77
おつー

文系教師だって官能小説をJKに朗読させることができるよ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 02:28:23.39
>>23
古文で源氏物語とかセクハラな内容バンバン喋れるじゃん

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク