勇者「喰らえ魔王ッ!」魔王「ホイミ!」

1 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:28:05.48
ズバァン!

かいしんの いちげき!
まおうは たおれた!▽

勇者「えっ」

僧侶「えっ」

2 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:35:53.80
勇者「えっ、ホイ……えっ?」

僧侶「えっ、死……うそ、え?」

勇者「……」

僧侶「……死んだんですか?」

勇者「……うん、たぶん……」

僧侶「……」

勇者「……」

僧侶「……何で?」

勇者「……」
3 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:39:48.25
僧侶「さっき魔王言ったじゃないですか。『私が最も得意とする魔法で相手してやろう』って」

勇者「うん。言った」

僧侶「メラゾーマとか、ザラキーマとか飛んでくると思ったじゃないですか」

勇者「うん」

僧侶「……ホイミって」

勇者「……」

僧侶「しかも敵に向かってホイミって」

勇者「……」
4 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:44:35.51
僧侶「敵に向かって撃つにしてもさあ……せめてベホマラーとか、ベホマズンとか……ザオリクとか……すごいのあるじゃないですか」

勇者「……」

僧侶「……なんでホイミなの?」

勇者「……回復呪文苦手だったんじゃない?」

僧侶「なおさらそんな呪文撃たないでほしいですね」

勇者「俺も苦手だけど、応急処置に仕方なく使ってるし……」

僧侶「魔王に共感しないでくださいよ……」

勇者「……」

僧侶「……なんかちょっと元気になっちゃった自分に腹が立つんですけど」
5 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:49:13.61
勇者「わかったアレだ」

僧侶「はい?」

勇者「『良くぞここまで来た勇者!弱り切った貴様を倒しても仕方ない。どれ、回復してやろう!』ってやつ」

僧侶「……ホイミだと万全の状態にならないんですけど」

勇者「……」

僧侶「しかも治すタイミング遅いですよね」

勇者「……ゴメン」

僧侶「いや……勇者様に謝られましても」
6 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:54:25.28
僧侶「ていうか勇者様も……なんでいきなり倒しちゃうんですか」

勇者「だって、すげー強い呪文撃つと思ったから……止めるためにも一撃必殺で」

僧侶「息の根止めちゃいましたねえ……」

勇者「……首元がら空きだったよ」

僧侶「がら空きでも、ほら……もっと身を守る手段とか……ほら……ねえ?」

勇者「……」

僧侶「……はあ……」

勇者「……」
7 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 13:59:40.93
僧侶「……何でですか?」

勇者「?」

僧侶「な・ん・で!死んじゃったんですか!?」

勇者「わからん……自殺?」

僧侶「いや、自殺にももっとこう……あるじゃないですか」

勇者「……と言っても……なあ?」

僧侶「私はほら、こう……血で血を洗う激しい攻防とか、傷ついた勇者様を必死で治療する私とか、そういう……」

勇者「……」

僧侶「……ねえ本当に死んだの?」

勇者「……うん」

僧侶「……私達にホイミ撃って?」

勇者「うん……」

僧侶「……」

勇者「……」
8 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:04:46.10
僧侶「……故郷の小さな村を飛び出して、オークやらハーピーやらゾンビやらと戦って……」

勇者「……」

僧侶「何度も死にかけて、時には格上の魔物とも戦って……」

勇者「……」

僧侶「荒れ狂う海を超え、太陽の見えない暗黒の大陸を、命からがら魔王の城まで進み……」

勇者「……」

僧侶「城内の強いモンスターとも戦って、側近のイビルプリーストとも命がけで戦って……」

勇者「……」

僧侶「……最後の魔王が、なんでホイミ?」

勇者「俺に聞かないでくれよ……」

僧侶「……」

勇者「……」
9 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:09:29.50
僧侶「こんなのが本当に、魔物のトップなんですか?」

勇者「うん……たぶん」

僧侶「……本当のボスいるんじゃないですか?」

勇者「けど……魔王って名乗ったし」

僧侶「……五十年前、魔物を引き連れて人間相手に戦争をしかけて、勝利し今の混沌の世界を創りあげた……」

勇者「……」

僧侶「この世界最大の悪が……ホイミ?」

勇者「もうやめようマジで」

僧侶「だって……」

勇者「なんか意味があったんだって」

僧侶「……」

勇者「……いや、無いかも……しれないけど」

僧侶「……」

勇者「……」
10 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:14:25.27
勇者「とにかく、魔王は倒したんだ。これで世界に平和が訪れる!」

僧侶「……だといいんですけど」

勇者「さっそく王様に報告しに帰ろう。故郷に帰ったら英雄だ」

僧侶「いいんですかね、こんな倒し方で……」

勇者「いいんだよ。重要なのは結果だって。ほら、魔王を倒したことで、この大陸を包む暗雲も――」

ピカッ!
11 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:19:27.18
ゴロゴロゴロ……

勇者「……」

バシャアン!!

ザァァァァ――

僧侶「……晴れませんね、暗雲……」

勇者「……」

僧侶「ていうか……強くなってませんか?雨……」

勇者「もうヤダこの大陸」

僧侶「……どうしますか?」

勇者「どうするって……さすがにこの雨の中帰るんは危険だろ。夜営の道具ももう残り少ないし、魔物の生き残りに襲われでもしたら……」

僧侶「……魔王を倒した英雄が、魔王城で寝泊まりですか……」

勇者「俺もヤダよ。魔王の死体の横で寝るのは」
12 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:24:24.41
勇者「それじゃあ、おやすみ。僧侶」ゴロリッ

僧侶「うう……魔王城の中に魔物の生き残りがいたりしませんよね?」モゾモゾ

勇者「たぶん大丈夫だと思うけど……」

僧侶「ああ……早く村に帰りたいなあ」

勇者「俺も早く、平和になった城下町を歩きたいよ」

僧侶「……お姫様とですか?」

勇者「う……そりゃあ、そうだといいけど……」

僧侶「……」ジロリ
13 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:29:16.81
勇者「あ、いや、それはどうだろうなあ?俺とお姫様じゃ、身分がさ……」

僧侶「……王様は、魔王を倒した英雄にだったら、喜んでお姫様を差し出すと思いますよ?」

勇者「……」

僧侶「……」
14 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:34:03.59
勇者「……もう寝よう。僧侶」

僧侶「……つーん」

勇者「……僧侶、俺さ……」

僧侶「……」

勇者「…………いや、何でもない」

僧侶「……」

勇者「おやすみ……」

僧侶「……」

勇者「……」
15 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:39:14.49
ゴロゴロゴロ……

僧侶「……あがりませんね、雨」

勇者「城の中あさったら、夜営の道具ちょっとはあるんじゃないか?」

僧侶「私嫌ですよ、ずぶぬれになって歩くの」

勇者「といっても……いつ雨が上がるのかもわかんないし、早く王様に報告しないと……」

僧侶「数日遅れても問題無いですって。それに、あがらない雨なんてありませんよ」

勇者「……だといいけど」

僧侶「私、食料探してきますね」

勇者「俺も城内を散策してみるか……」
16 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:44:20.09
勇者「……といっても、魔王城はひと通り歩き回ったしなあ……」

スタスタ

勇者「すべての宝箱は開けたし、鍵で開けられる所は全部調べた」

スタスタ

勇者「ここにある宝箱は――」

ガチャッ

勇者「伝説の剣が入っていたんだよなあ。ボロボロに錆びた古臭い剣だったけど……」

カチャカチャ……

勇者「暇だから俺の剣でも入れとくか。勇者になったときにじいちゃんから貰った新品の剣だぜー。喜べよー宝箱」

ガチャン

勇者「さて、他は……」

僧侶「勇者様ー」タッタッタ

勇者「うん?」

僧侶「見つけましたよー。食料っ!」

勇者「本当かっ!?」

僧侶「これで今晩はひもじい思いしなくてよさそうですね、えへへ」

勇者「ああ、よかったあ」

カカッ!
17 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:49:03.80
ピシャアアアン!!

勇者「それにしても、僧侶が料理上手で良かったよ」ガツガツ

僧侶「家が農家ですからねえ、自分家の野菜でご飯作るのは毎日のことですよ」

勇者「こんな美味しいご飯が食えるんだったら、もう二、三日は魔王城で暮らしてもいいかなあ?」モグモグ

僧侶「そ、そうですか?えへへ……」

勇者「しかし……」

僧侶「……ええ……」

ザーザー……

勇者「……今日も魔王城で寝泊まりかあ」

僧侶「あ、明日は雨あがりますよっ!」

勇者「……はあ……」

僧侶「……」
18 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:52:07.48
ピシャアアアン!!

ザーザーザー……
19 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:54:46.67
ザァァァァァ――

勇者「……」モグモグ

僧侶「いやあ、肉や野菜がいっぱいあって良かったですね。肉は保存用ので腐る心配はないし」

勇者「……」パクパク

僧侶「野菜なんか、ちょっとしなびてるけど中庭にたくさんなってましたよ。手入れしたら自給自足でしばらくは生活出来そうですねえ」

勇者「……しばらく、か……」

僧侶「……」

勇者「……いつになったら雨、上がるんだろ」

僧侶「……」
20 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 14:57:11.61
勇者「……何日たったかな?」

僧侶「ええと……二週間、ですかねえ?」

勇者「……」

僧侶「……」

勇者「……あがんねえよ、雨」

僧侶「……」

勇者「もう我慢出来ないわ。帰ろう僧侶」

僧侶「えっ、けど雨が――」

勇者「十分体力は回復出来た。魔物の群れに囲まれでもしないかぎり大丈夫だって」

僧侶「……やだなあ、濡れるの」

勇者「村に帰れば温かいお風呂だってあるさ。さあ……」
21 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:00:01.63
カッ!!

ゴロゴロゴロゴロ!!

僧侶「ううう……さ、寒いです勇者様……」ガタガタ

勇者「すごい雨だな……前が見えない」

僧侶「こ、こんな事言うのもあれですけど……あったかい魔王城がちょっぴり恋しいです」

勇者「少しの辛抱だ。南に向かえば海が見えるはず……」

僧侶「この視界の悪さじゃ何処に向かえばいいのかわかりませんよお」

勇者「コンパスによると、南はこっちだ。ほら、しっかり……」

僧侶「うう……」
22 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:02:36.67
ザァァァァァ……

僧侶「ゆ……勇者様ぁ……私、もう……」

勇者「しっかりしろ。俺の記憶が正しければ、もう少し進んだ所に雨風を凌げる洞窟があったはず……」

僧侶「その台詞、数時間前に聞きましたよおっ」

勇者「お、おかしいな……そもそもこれだけ歩けば、もう岩礁地帯は抜けてるはず……」

僧侶「……?」

勇者「なんで……景色が変わらないんだ……?」

僧侶「……あれっ、勇者様」

勇者「うん?」

僧侶「あ、あれは……?」

勇者「……?」
23 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:04:54.25
僧侶「灯りが見えます……民家でもあるのでしょうか?」

勇者「馬鹿な、ここは魔の暗黒大陸だぞ。人なんて――」

僧侶「だ、だけど灯りが……」

勇者「魔王城に向かうまで、家はおろか人の姿さえ見なかっただろ?」

僧侶「……だったらあの灯りは?」

勇者「……オークか何かが松明を持っているのかも……」

僧侶「……」

勇者「……用心して進もう。面と向かってなら負けるはずないさ」

僧侶「……はい」
24 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:07:17.31
ザッザッザッザ……

勇者「……」

僧侶「……勇者様……」

勇者「……」

僧侶「……オークじゃ、なかったですね……」

勇者「……」

僧侶「……だけど、何でですか?」

勇者「……お前もわかってるだろ?俺たちは南にまっすぐ向かってた」

僧侶「だ、だったら何で?」

勇者「……」
25 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:10:05.70
ピカッ!

僧侶「なんで……目の前に魔王城があるんですか!?」

勇者「……」

ゴロゴロゴロゴロ!!
26 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:12:50.91
バタンッ

僧侶「……間違いなく、魔王城です。私達がさっきまでいた」

勇者「これは……結界か?魔王は最後に、俺達を結界に閉じ込めた……のか?」

僧侶「……」

勇者「だとしたら、その魔法の源が……どこかに魔法石があるはずだ。それを壊せば……」

僧侶「勇者様……」

勇者「しかし、この城にそんなものが?そんなエネルギーなんて感じない……そもそもこんな広範囲の結界なんて、聞いたこと……」

僧侶「勇者様……」

勇者「それともこれは呪いのたぐいか?魔王の最後の言葉に、そのような呪術が――」

僧侶「勇者様っ!!」

勇者「な、何だよ僧侶」

僧侶「……もう休みましょう。疲れてるんですよ……私達」

勇者「……」

僧侶「……」

勇者「……畜生……」
27 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:15:11.89
ザァァァァァ……

勇者「……何日たったんだ?」

僧侶「……」

勇者「……それとも何年?……何十年?」

僧侶「……」

勇者「時間の流れがわかんねえ……一日が一年のように、ひどくゆっくりに感じたり……一分が一瞬のように、またたく間に過ぎていったり……」

僧侶「……今日もすごい雨ですね……」

勇者「よくこんだけ尽きもせず降れるもんだよ。全く……」

僧侶「……」

勇者「……」
28 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:17:25.77
僧侶「……!勇者様っ!!」

勇者「何だ?」

僧侶「そ、外に……松明の光が!!」

勇者「何っ!?」ガバッ

僧侶「おそらく魔王軍の残党です……し、しかも……」

勇者「……なんて数だ……!」
29 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:19:13.14
勇者「この城に入るつもりか?」

僧侶「おそらく、魔王への謁見のため……」

勇者「おいおい冗談じゃねえ、魔王の間にいるのが魔王じゃなく勇者だとバレたら、俺達殺されてしまうぞ」

僧侶「し、しかし逃げても外は雨です。体力を奪われ、すぐに野垂れ死んでしまいますよおっ」

勇者「全員倒すっていうのも……現実味の無い提案だよなあ、あの数じゃ……!」
30 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:22:24.15
僧侶「そ、そうだ!!勇者様、服を――」

勇者「服ぅ?」

僧侶「魔王の着ていた装束を着てください。早く!」

勇者「いいけど……なんでそんな」

僧侶「いきますよー……モシャス!!」

ボンッ!
31 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:24:23.98
魔王「お、おお!魔王の姿になった!」

僧侶「これで何とか、魔王軍を欺いてください」

魔王「うう……魔王を倒した英雄が、魔王のふりかあ……」

僧侶「私は玉座の後ろに隠れておきます。何かあったらサポートしますので……」

魔王「っつっても、魔王のふりってどうすりゃいいんだ?悪者っぽく笑えばいいのかな……フッハッハッハッハ……とか?」

僧侶「いや、そこ重要ですか?それよりも他に――」

ゴンゴンッ

僧侶「!!……来た!?」

魔王「待って俺まだ心の準備が……」

僧侶「頑張ってください、それではっ!」ササッ

魔王「待ってくれ、おーい」
32 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:27:07.31
ギギイィィ……

魔王(入ってきたっ!)ササッ

ザワザワザワ……

魔王「……」

ゾロゾロ……

ゴブリン「ギュウウウ……」フラフラ

ゾンビ「ぐあああ……」ノロノロ

スケルトン「ぎしい……」ガチャガチャ

魔族「うう……」ヨロヨロ

魔王(……なんて数だ……そ、それに)

魔剣士「……魔王様、魔王様……」ヨロリ

魔王(こいつら……全員、深手を負っている……!?)
33 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:29:28.03
魔剣士「魔王様……奇跡ノお力ヲ、我らニ……」

魔王「……?」

魔剣士「何卒、我らニ……再度戦へと相まみエルよウ、奇跡ヲ……」

「奇跡ヲ」

「「キセキヲ」」

「「「奇跡おおおおおお……」」」

おおおおおおおおおおおおお…………

魔王「き、奇跡……?」
34 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:31:30.25
魔王「お、おい僧侶……奇跡って何だよ?」ヒソヒソ

僧侶「おそらくですが……あの傷を治す能力か何かなのでは、ないでしょうか……?」ヒソヒソ

魔王「い、いやもう無理だろ……あの傷じゃあ回復呪文なんて意味ないよ」ヒソヒソ

僧侶「しかし、何かしなければ、彼らはここから動きそうにありませんし……」ヒソヒソ

魔王「……ううん……」

魔剣士「……魔王様?」

魔王「うん?あ、ごめ……ご、ゴホンゴホン!」

魔剣士「ゴメ……?」

魔王「あー、すまぬな。すこし……その、めまいがしてな……私も続く勇者との戦いで、疲れておるのだ……」

魔剣士「……?」
35 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:33:07.26
魔王「うむ、奇跡の力……だったな」

魔剣士「戦イにヨッテ傷ツイた我らニ、癒やしヲ……ドウカ」

魔王「わかった。今……行おう」

スッ……

魔王(といっても、俺は僧侶みたいに回復呪文は得意じゃないし、こんな重症の魔物の治療なんか、出来るわけが……)

魔剣士「……」

魔王(それに……今まで散々殺してきた魔物を治療、だって?どうして俺がそんな事を……!)

魔剣士「……魔王様……?」

魔王(くっ……え、ええい!仕方ない!)
36 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:34:39.70
魔王「……ホイミ」ボソッ

パァァァァ……!

魔王「っ!」ビクッ!

魔剣士「オオ……アリガタイ……アリガタイ……!」

「ウオオオ……」

「魔王様ァ……」

「「「魔王様ァァァァァァ……」」」

魔王「…………クソッ」

パァァァァ……!

魔王「次はどいつだ?片っ端から治してやろう」

おおおおおおおおおおおおおおお……
37 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:36:21.86
カカッ!

ゴロゴロゴロゴロ!!……

勇者「……」

僧侶「……お疲れ様です」

勇者「……」

僧侶「……勇者様?」

勇者「……いや……」

僧侶「?」

勇者「……強くなってたんだな、俺……って、思ってさ」

僧侶「……はい。私が、及ばぬくらいに……」

勇者「……なんで治せちゃうかなあ……」

僧侶「……」
38 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:38:25.89
ザーザー…

勇者「俺達、今までどのくらい魔物を殺してきたのかな……」

僧侶「……」

勇者「最初は、村のすぐ近くに住み着いていたオークだっけ?」

僧侶「あの頃は私達、弱くって……大変でしたよねえ」

勇者「死にかけるたびに、僧侶にホイミ唱えてもらってな……ハハ」

僧侶「あれを覚えていますか?魔物が街の王様に化けていた事件」

勇者「あったあった。あいつ強かったなあ。倒してから街の人の誤解とくのも大変でさ……」

僧侶「様々な困難に立ち向かってきましたよね」

勇者「人々を苦しめる存在とな。……最後の最後にこの大陸行くのでも、ハーピーが海域を飛び回るせいで船を出せないって言われて、ハーピー退治に向かったり……な」

僧侶「退治したら、皆さん嬉しそうでしたねえ」

勇者「ハーピーのせいで何人も死んでたらしいからな。人々の幸せのため、勇者として頑張ったよ俺は……ハハ」
39 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:40:09.63
勇者「今日、治してやった魔物達は……どれだけの人々を苦しめるんだろうな」

僧侶「……」

ゴロゴロゴロゴロ……

勇者「どれだけの人が、死ぬんだろうな。……俺の治した魔物の手によって」

僧侶「……」

勇者「……自分の命可愛さに、世界中の人々を犠牲にしたんだ。ハハ……畜生」

ギリッ

勇者「……畜生……畜生っ!」

僧侶「……勇者、様……」
40 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:42:00.57
勇者「僧侶」

僧侶「はい」

勇者「絶対に、生きて帰ろう」

僧侶「……」

勇者「生きて、帰って……また勇者として戦うんだ。人々を苦しめる魔物達と、戦うんだ」

僧侶「ええ、必ず……」

ザァァァァァ……
41 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:43:37.07
ザァァァァァ……

僧侶「――者様――起きてください、勇者様……!」

勇者「う、うーん……?」

僧侶「勇者様、早く……準備を!」

勇者「じゅ、準備?」

僧侶「外に、松明の光が見えます」

勇者「…………は?」
42 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:44:51.10
勇者「……また魔王のまね事すんのかよ?」

僧侶「……」

勇者「また……汚らわしい魔物どもを治療しなきゃいけないのかよ?」

僧侶「……」

勇者「俺は……勇者だ!俺は、俺は――」

僧侶「……」

勇者「……」

僧侶「……準備を」

勇者「…………ああ」
43 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:45:54.53
ザッ

魔王「……」

「魔王様ァァ……」

「奇跡ヲ、我らニ……」

「痛イ、痛イヨオ……!」

「「「魔王様ァァァァァ……」」」

魔王「傷を見せろ。治してやろう……」

「「「おおおおおおおおおおおおお……」」」」
44 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:46:37.54
魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「ホイミ!」

パァァァァ

魔王「ホイミ!!」

パァァァァ
45 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:47:13.67
ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ……
46 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:48:11.95
ザァァァァァ……

勇者「……毎日毎日、怪我人ばっかだな」

僧侶「はい」

勇者「もう……何日たったのか全然わからねえや。黒雲のせいで太陽も見えないしな」

僧侶「……はい」

勇者「ちょっとフケたかな?俺」

僧侶「やめてくださいよ……私、まだ若くいたいです」

勇者「ハハ……おっ、松明の光が見えたぞ」

僧侶「はい」
47 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:49:30.93
勇者「さあ……やるか」

僧侶「はい。……モシャス!」

ボンッ!

魔王「……フー。僧侶、水を汲んできてくれ。傷口を洗うための」

僧侶「はい」

魔王「……僧侶」

僧侶「はい?」

魔王「……すまない」

僧侶「?……何ですか、急に」

魔王「……いや」
48 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:50:39.71
ザーザー…

「「「おおおおおおおおおお」」」

魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「ホイミ」

パァァァァ
49 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:52:07.62
パァァァァ……

オーク「魔王様……アリガトウゴザイマス……プギイッ」

魔王「……オーク、か」ピクッ

オーク「プギっ?」

魔王(まだ、いたんだな……皆殺しにしたと思ってたのに)

オーク「ナ、何デショウ?ギギイッ?」

魔王「いや……ああ、そうだ。一つ気になったのだが」

オーク「ヘイ」

魔王「貴様らは……毎日毎日傷だらけになってここまで来るが、何処で戦っているのだったかな?」

オーク「プ、プギ?」

魔王「ここまで大量の魔物が傷つくような争い、無かったと思うのだが……?」
50 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:53:36.46
オーク「何ヲ……今ハ人間共トノ戦争ノ、真ッ只中デゴザイマス」

魔王「……何?」

オーク「世界中ノ人間トノ争イデス……ソレハモウ激シイ戦イデシテ」

魔王「……人間と魔物との戦争は、五十年前に終結したはずだ」

オーク「ギ?」

魔王「今……外の世界では、戦争が起こっているのか……!?」
51 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:54:25.71
オーク「魔王様?何ヲ仰ラレテイルノカ……?」

魔王「私を連れて行け、オーク」

オーク「プギイ?」

魔王「私を、この大陸の外へ連れて行け。自由に出入り出来る貴様らに付いて行けば、私も抜けられるかもしれぬ」

オーク「ソレハ構イマセンガ……プギギ?」

魔王「なんとしても……外の世界に行かなくては……!」
52 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:55:14.19
ゴロゴロゴロゴロ……

「プ?プギ?」

「魔王様……?」

「何故俺ラノ軍ニ……プギギ?」

オーク「申シ訳ゴザイマセン……魔王様ヲオ運ビスル馬車ガ無ク、歩カセル事ニ……」

魔王「構わない。さっさと出発してくれ」

オーク「ヘ、ヘエ」

魔王(僧侶……外の世界が安全かどうか、見極めてすぐに迎えに来るからな……)

オーク「ソレデハ……行クゾ!!野郎共ォォォ!!」

「「「オオオオオオオ!!」」」
53 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:56:27.10
ザァァァァァ!!!

魔王「くっ……やはり、酷い雨だな」

ザッザッザッザ……

オーク「大丈夫デスカ?プギギ?」

魔王「私に構うな。さっさと進め」

オーク「プギ……」

ゴロゴロゴロゴロ……
54 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:57:48.05
バシャバシャバシャ……

魔王「むう……雨が激しすぎて、すぐ前を歩くオークの姿すら朧げだ」

ザッザッザッザ

魔王「離れると、大変な事になるな……」

ザァァァァァ……

魔王「しっかりと、ついていかなければ……」

ゴロゴロゴロゴロ……
55 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 15:58:53.10
カッ!!

魔王「うっ――!?」

ピシャアアアン!!

ゴロゴロゴロゴロ!!

魔王「くっ、雷か……一瞬、前が――」

ザァァァァァ……

魔王「……オーク?」

ザァァァァァ……

魔王「……オーク?何処へ行った?おい!」

ザァァァァァ……
56 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:00:01.55
魔王「馬鹿な……あの大軍だぞ。一瞬で姿を隠せる訳が無い……少々遠くへ行ったとしても、わかるはずだろ……」

ザァァァァァ……

魔王「おい……返事をしてくれ、オーク」

ザァァァァァ……

魔王「おい……オーク、オーク!」

タッ
57 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:01:00.40
魔王「真っ直ぐ進んだはずだ……俺は一瞬しか目をつむってない。真っ直ぐ進めば、オーク達に追いつけるはずなんだ……!」

タタタタッ

魔王「外に、出るんだ……俺は勇者なのだから、苦しんでる人々を、助けないといけないんだ……!」

ゴロゴロゴロゴロ……

魔王「今まで、治してしまった罪の分……俺は、戦わないといけないんだ……!!」

タタタタッ

魔王「……!!」

ピタッ!
58 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:02:05.72
ザァァァァァ……

魔王「……ハァ、ハァ……!」

ザァァァァァ……

魔王「……は、ハハ……ハハハハ……!」

ザァァァァァ……

魔王「アハハハハハハハハハハハハハハハ!ま、魔王城だ!!真っ直ぐオークの後を追ったのに!!魔王城が目の前にあるぜ!あは、アハハハハ!」

ザァァァァァ……
60 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:03:25.59
魔王「アは、ハハハ……はは」

ザァァァァァ……

魔王「……何でだよう、どうして……なんで、何故なんだ?」

ザァァァァァ……

魔王「戦うことも許されないのか……俺が、俺が……何をしたっていうんだよお」

ザァァァァァ……

魔王「誰でもいい!誰か、誰か……!!」

ザァァァァァ

魔王「誰か――俺を……俺を――!!」

カッ!
61 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:04:32.92
魔王「俺を……助けてくれえええええ!!!」

ゴロゴロゴロゴロ!!
62 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:05:07.19
ザーザー…

勇者「……」

僧侶「……」

勇者「……」

僧侶「……」

勇者「……時間だな」

僧侶「……はい」

勇者「……」

僧侶「……」
63 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:05:46.65
ゴロゴロゴロゴロ……

魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「ホイミ」

パァァァァ

魔王「……ホイミ」

パァァァァ

魔王「……ホイ……」

…………

魔王「……ホイ、ミ」

パァァァァ

魔王「……ホイミ」

パァァァァ
64 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:06:22.74
パァァァァ

パァァァァ

パァァァァ

パァァァァ
65 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:06:58.37
魔王「ホイミ」

パァァァァ

ハーピー「ありがとうございます……キキキィッ」バサッ

バサバサッ……

魔王「フー……今ので、今日の分は終わりか」

僧侶「お疲れ様です」

魔王「……ふう」

ボンッ!
66 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:07:28.05
勇者「……疲れたな」

僧侶「はい……」

勇者「……何年たったのかな」

僧侶「……」

勇者「何年も何年も、休まずに魔物を治してきて……」

僧侶「……」

勇者「もう……この世界がどうなってるのかも、わかんねえや」

僧侶「……」
68 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:07:58.41
勇者「いつの間にか……この城も賑やかになったなあ」

僧侶「ええ……」

勇者「治した魔物が、この城に住み着いて……」

僧侶「……」

勇者「少々居心地が悪いが、気が紛れるよ」

僧侶「……」
69 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:08:41.91
勇者「……」

僧侶「……勇者様」

勇者「……うん?」

僧侶「最後の、魔物……」

勇者「……?」

僧侶「……ハーピー、でしたよね?」

勇者「……ああ」

僧侶「……」

勇者「……!」
71 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:09:27.51
勇者「そういや……ハーピーって」

僧侶「ええ……」

勇者「……退治したと思ってたんだが」

僧侶「私も……そう思っておりました」

勇者「……生き残りが、いたのかな……?」

僧侶「さあ……」

勇者「……」

僧侶「……」
72 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:09:54.86
勇者「そういや、最近……」

僧侶「?」

勇者「怪我をした魔物の数……減った気がしないか?」

僧侶「……言われてみれば」

勇者「……何かが、変わってきているのか……?」

僧侶「……」
73 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:10:27.04
勇者「……」ポリポリ

僧侶「……」

勇者「……!」ピタッ

僧侶「……?」

勇者「……見てくれ、僧侶」プチッ

僧侶「はい?」

勇者「……白髪だ」

僧侶「……」

勇者「……はあ……」
74 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:10:52.18
ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ
75 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:11:22.32
魔王「ホイミ」

パァァァァ……

ドラゴン「オオ……アリガタイ……」

魔王「……今日の分は終わりか」

ギギイィィ!!

魔王「?」

オーク「マ……魔王様……ハァ、ハァ」

ヨロッ……

魔王「オーク!?」
76 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:11:58.08
魔王「どうしたのだ、オークよ……その傷は何だ!?」

オーク「ツ、ツイニ……現レマシタ……奴デス……プギ」

魔王「動くな!なんて非道い傷だ……今治すぞ」

オーク「魔王様……奴ガ、奴ガ現レタノデス……」

魔王「奴?奴とは……誰だ?」
77 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:12:24.94
オーク「……『勇者』デス」

魔王「……は?」

カカッ!
78 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:12:56.65
ゴロゴロゴロゴロ!!

魔王「……勇者、だと?そ、んな……馬鹿な」

オーク「我ガ同胞ハ……勇者ニ皆殺シニサレマシタ。生キ残ッタノハ、俺ダケ……グウッ」

魔王「そんな……馬鹿な話があるか。勇者は、勇者は……!」

オーク「奴ハ……コチラニ向カッテオリマス。ドウカ、魔王様。ゴ武運ヲ……」

魔王「待てオーク!もっと詳しい話を――」

オーク「……」

ガクッ
79 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:13:34.76
魔王「ホイミ!!」

パァァァァ……

オーク「……」

魔王「おい、目を覚ますんだ。傷なら治っただろう?目を覚まして……詳しい話を聞かせてくれ。オーク!」

オーク「……」

魔王「……畜生、どういう事なんだ!?勇者!勇者が現れただと!?……勇者がオークを皆殺しにした?勇者は……」

ザァァァァァ……

魔王「勇者は……俺じゃねえか」
80 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:14:00.87
ビュウウウウウウ

ウウウウウ

ザァァ――

――ァァァ――
81 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:14:29.29
魔王「……助けてくれ、僧侶」

僧侶「……」

魔王「オークが死んだ、あの日から――助けられない魔物の数が増えた。皆……俺の前で事切れていく」

僧侶「……」

魔王「勇者が、現れたからだ。……俺が、現れたからだ」

僧侶「……」
82 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:14:59.66
魔王「勇者は一歩一歩着実に、一日一日近付いてくる。俺を殺しにな。……勇者は――俺は、魔王を殺したが……今わかった」

僧侶「……」

魔王「……いや、本当はずっと前からわかってたんだ。目を背けていた。……魔王は、俺なんだ」

僧侶「……」

魔王「俺は魔王を殺した。その魔王は……俺だったんだ」

僧侶「……」
83 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:15:25.80
魔王「……死にたくないよ」

僧侶「……」

ザァァァァァ……
84 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:16:18.41
魔王「確かに俺は、数多くの魔物を殺してきた!根絶やしにするつもりで殺してきた!魔王を殺すのにも――何の罪悪感もなかったさ!!けれど、その分……今まで治してきただろう!?」

僧侶「……」

魔王「治したよ!何度も何度も治したよ!!今まで傷付けてきた魔物を、全部治してやったんだ!!女神にでもなった気分でな……俺は俺の幸せを手放して、治してやったんだ!!俺は!!」

僧侶「……」

魔王「何故!?その俺が、何故殺されないといけないんだ!!?俺の手によって!何故首を斬られて死ななきゃならないんだ!?何故!?どうして!!」

僧侶「……」

魔王「俺が――何をしたっていうんだよおおおお!!」
85 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:16:56.69
僧侶「貴方が治した一匹の魔物は、百人の民を殺します」

魔王「!……」

僧侶「勇者様が治した魔物は……私達が生まれる前の、五十年前の戦争で……人々を殺し、この世界に暗闇をもたらすでしょう」

魔王「……」

僧侶「勇者様……貴方は、私達は……我が身可愛さに、多くの人を殺しすぎたのです」

魔王「……」

僧侶「……」
86 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:17:24.44
魔王「…………死にたくないんだよ」

僧侶「私もです」

魔王「……死ななきゃならないのか」

僧侶「……はい」

魔王「……」

僧侶「……」
87 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:17:56.68
僧侶「……勇者様」

魔王「…………」

僧侶「私が、最後まで付き合いますので」

魔王「……」

僧侶「……」

魔王「……ありがとう」

僧侶「……いえ」

魔王「……本当に、すまない……!」

僧侶「…………」
88 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:18:25.80
ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ
89 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:19:10.10
ザァァァァァ

魔王「……」

ハーピー「申し訳……ございません……勇者を止められず……」

魔王「良い……ゆっくりと、休め」

ハーピー「……」

ガクッ
91 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:19:59.29
魔王「……勇者が来るぞ」

老女「……はい」

魔王「……ククッ、僧侶よ」

老女「はい」

魔王「お互い……年を、とったなあ」

老女「……」
92 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:20:35.72
魔王「まさか……老いた私が、魔王と瓜二つだったとは」

老女「……」

魔王「……当然か。魔王は……私なのだからな」

老女「……」

魔王「……」
93 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:21:18.79
老女「……魔王様」

魔王「何だ」

老女「最後に……一つだけ」

魔王「……」

老女「小さな村で出会い、平凡な毎日を過ごし、旅に出て、世界を回ったあの日々――」

魔王「……」

老女「本当に、本当に楽しかったです」

魔王「……」
94 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:21:51.90
老女「愛しております。魔王様」

魔王「……」

老女「今まで、ずーっと……お慕いしておりました」

魔王「……」

老女「城のお姫様という……貴方の想い人については、よく存じ上げております。けれど……」

魔王「……」

老女「愛しております。世界中の、誰よりも」

魔王「……」
95 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:22:25.62
ザァァァァァ

魔王「……」

老女「……」

魔王「……私も」

老女「……!」

魔王「私も……愛しているさ。僧侶……世界中の、誰よりも」

老女「……はい」

魔王「…………」

老女「…………」
96 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:22:57.15
魔王「……地獄で会おう。僧侶よ」

老女「その時は、キス……していただきますからね」

魔王「ああ……とろけるような、熱いやつをな」

老女「楽しみです」

魔王「……ああ、素晴らしい日だな」

老女「ええ……」

魔王「本当に。……死ぬには、良い日だ」

老女「……はい」
97 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:23:39.37
ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ

ザァァァァァ
98 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:24:31.40
ァァァァァ――

魔王「……」

ギ……

ギギイィィ……ッッ!!

魔王「……来たか」
99 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:25:03.22
勇者「ついに……ハァ、ハァ」

僧侶「はぁはぁ……」

勇者「ついに、辿り着いたぞ!魔王!!」

魔王「待ち望んでおったぞ、勇者……フッハッハッハッハ」

ザァァァァァ
101 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:25:41.17
勇者「貴様の側近の、イビルプリーストは倒した!!あとはお前だけだ、魔王!!」

魔王「……そうか。奴を……倒したか」

勇者「心配するな、すぐに貴様も奴の元へと送ってやる……」

魔王「ほう……それは、楽しみだ」

ザァァァァァ……

魔王(すぐに、私も君の元へと向かうよ。僧侶――)
102 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:26:29.46
勇者「行くぞ、魔王……!苦しめられた民の怒り、思いしれ……!」

僧侶「ううっ……」ギリッ

魔王「フッハッハ……勇者よ」

勇者「!?……何だ」

ザァァァァァ……
103 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:27:20.04
魔王(私よ、お前はこれから先――終わることのない地獄へと囚われる)

ザァァァァァ

魔王(死んだほうがましだというような、終わることのない地獄だ。お前は今まで殺した分の、これから殺す分の罪を背負うのだ)

ザァァァァァ

魔王(せめて――強い心を持ってくれ。そして……出来ることならば、お前がこの地獄を終わらせてくれ……)

ザァァァァァ
104 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:27:51.49
魔王「勇者よ……私が最も得意とする魔法で相手してやろう」

勇者「何っ!?」

僧侶「ゆ、勇者様……!」

魔王(お前がこれから先、何度も何度も使う呪文だ。……忘れないでくれ)

勇者「くっ……!」カチャッ

僧侶「うう……!」チャキッ

魔王(この呪文の……暖かさを)
105 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:28:47.29
ザァァァァァ……

勇者「喰らえ魔王ッ!」

魔王「ホイミ!」

ズバァン!
106 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:29:24.14
つうこんの いちげき!
まおうは たおれた!▽
107 : ◆eUwxvhsdPM :2014/01/14(火) 16:30:17.02
終わりです。
ありがとうございました。

手塚治虫は本当、考えてることがおかしいと思う。
108 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 16:32:16.79
112 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 16:46:05.09
無限ループって怖くね?
113 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 16:46:27.39
色々考えさせられるな
乙!
116 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 17:06:47.88
無限るーぷ怖いけど面白かった
118 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 17:32:00.56
火の鳥の異形編か

123 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 19:16:29.15
ギャグと思ったらギャグじゃなかった

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

火の鳥で見たわ

とあるSSの訪問者

<b

<!--あ

とあるSSの訪問者

あ-->
<b>0</b>

とあるSSの訪問者

<b>あ</b>

とあるSSの訪問者

<FONT color="red">1.赤色です</FONT>

とあるSSの訪問者

まともなサイトなら、タグはコメント欄では使わないだろう

とあるSSの訪問者

まんま八百比丘尼の話だったな

とあるSSの訪問者

台詞回しがクドいけど面白かった


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク