アニ「今度食事に行こう」エレン「面接しよう」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 22:50:05 ID:8W0xhUXc

アニ「め、面接........は?」

エレン「明日の夕食後に部屋で待ってるから」スタスタ

アニ「...........」

アルミン「ビックリしたでしょ、いきなり面接なんて言われて...」

アニ「...アルミン.....」

アルミン「エレンはモテるからね....沢山の女子に食事誘われるんだよ」



注目記事




3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 22:57:02 ID:8W0xhUXc

アニ「私も誘っててあれだけど.....アイツってそんなモテるの?」

アルミン「モテるよ、皆の想像以上にね」

アニ「.........」

アルミン「とにかく明日は頑張ってね!服装や言葉使いにも気を使うと良いよ」

アニ「........本格的だね」

アルミン「隣の部屋はクリスタの面接会場だから間違えないようにね」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:03:48 ID:8W0xhUXc

翌日 夕食後

アニ「ここの部屋かな....」

【エレン面接室】

アニ「こんな張り紙まであるんだ.......知らなかったよ」

アニ「........とりあえず入るか」

ミカサ「待って!」

アニ「あ、ミカサ」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:08:29 ID:8W0xhUXc

ミカサ「この長椅子に座って待つ、順番がある....」

アニ「何でアンタ.....ウエディングドレス着てるの?」

ミカサ「服装は重要....」

アニ「そうなんだ.....逆効果だと思うけどねそれは」

ミカサ「地味パーカーのアニよりマシ」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:13:12 ID:8W0xhUXc

アニ「......アンタは面接終わったの?」

ミカサ「まだ、今サシャがやってる」

アニ「サシャもか.......」

ミカサ「女子は9割この面接を受ける予定」

ア二「想像以上だよ....」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:22:16 ID:8W0xhUXc

サシャ「失礼しました!!!」ガチャ バタン

サシャ「.........ふぅ.....緊張しましたぁ......」

アニ「やぁ、サシャお疲れ様だったね」

サシャ「アニ!?あなたも応募したんですか!?」

アニ「まぁね....面接があるなんて知らなかったけど」

サシャ「そうですか、残念ながら合格するのは私一人ですよ!」

アニ「まぁ.......私は別に落ちても良いんだけどね....」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/27(土) 23:27:39 ID:8W0xhUXc

ツギノカタドウゾ~


ミカサ「は....はいっ!!!」ガタッ

ミカサ「失礼しまぁす!!!」ガチャ バタン

アニ「(何で皆あんな必死なんだろ?)」

サシャ「それじゃあ私は帰りますね!」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/28(日) 00:13:50 ID:KD4mgOE6

アニがんばれ


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 19:00:32 ID:Xy/9Xn0Q

~面接会場~

ミカサ(面接官はエレンだけか。スーツを着て真剣な顔をしている。)

ミカサ(普段のエレンもカッコいいけど、フォーマルに決めているエレンもステキすぎる///)

ミカサ(やはり、この面接は負けることはできないッ!)キリッ

エレン「では、面接を始めます」

ミカサ「よろしくおねがいします!」

エレン「では早速ですが自己紹介をお願いします」

ミカサ「シガンナ区出身、ミカサ・アッカーマンです!」

エレン「ははは、元気があって素晴らしいですね」

ミカサ(エレンに褒められた。嬉しい///)

エレン「では、どうぞ着席してください」

ミカサ「失礼します」

ミカサ(椅子に座るとエレンの顔が正面に来るようになっている。ああ、エレンが真剣な眼差しで私をみてるッ)

ミカサ(カッコいい。カッコよすぎるエレンッ!)


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 19:01:43 ID:Xy/9Xn0Q


エレン「ん、顔が紅くなってますが、面接を続けて大丈夫ですか。アッカーマンさん」

ミカサ(はわわ!エレンに心配されてしまった!申し訳ないのに何故だが凄く嬉しい!キュンキュンしてしまう!)

エレン「アッカーマンさん?」

ミカサ(ああそんな優しい瞳で私をみないで!その瞳の前では私は捨てられた仔犬のようになってしまう!)

ミカサ(このままエレンに抱きかかえられたい!エレンのこと思いっきりぎゅーってしたい!エレンにめいっぱい甘えたい!)

エレン「?…体調が優れないようでしたら、面接は後日に回しましょうか?」

ミカサ(はっしまった!このままでは折角のエレンとの二人きりの時間が削られてしまう!このまま続けられることを伝えなければ!)

ミカサ「問題ない…ただエレンがカッコよすぎて見蕩れてしまっただけ…」

エレン「そうですか。では面接を続けさせていただきます」

ミカサ(エレン!淡々としているエレンもカッコいいよおッ!)

エレン「ですが、面接官に対し友人と接するような話し方をするのはあまり関心ができませんね」カキカキ

ミカサ(しまった。動揺しすぎた)

ミカサ「失礼しました。以後気をつけます」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 19:02:34 ID:Xy/9Xn0Q


エレン「では、面接を続けます。よろしいですか」

ミカサ「は、はい!よ、宜しくお願いします!」

エレン「ははは、そんなに緊張なさらなくても大丈夫ですよ。」ニコッ

ミカサ(エレン!なんて美しい笑顔なの!普段の仔犬のような可愛い表情とは違う!大人の包容力を感じさせる微笑み!)

ミカサ(ダメ!そんな顔されたらますますエレンが大好きになってしまう!私だからよかったものの他の女にそんな笑みを向けたら即襲われるレベル!)

ミカサ(やはり、この面接は私が勝たなければならない。私にはエレンを守る義務がある!)

エレン「アッカーマンさんは私との食事を希望されておりますが、その動機を聞かせてもらえますか?」

ミカサ(よし、まずは何度も練習した質問がきた!)

ミカサ「はい!私とエレンは…たった二人の家族…!なので…たまには家族水入らずで食事をしたいと思うのは…当然の感情…!だから…です!」

エレン「なるほど。家族としてゆっくり食事を楽しみたいということですね」カキカキ

ミサカ「はい!」

ミカサ(エレンは家族を大切にする人、きっとこれは好感触のはず)

エレン「では、アッカーマンさんは私に家族以上の関係は求めていないということでよろしいですか?」

ミカサ「!?」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 19:49:22 ID:Xy/9Xn0Q

ミカサ(こ、この返しは想定外!?どどどどどしよう!?)

ミカサ(エレンは私の世界一大切な家族、そのことは覆しようのない事実!)

ミカサ(それはきっとエレンもそう思ってくれている。だから私は先ほどの質問に対して家族として回答した)

ミカサ(しかし…)

ミカサ(恥ずかしいけれど…私がエレンに家族以上のものを求めてしまっているということも…また否定できない真実…!)

ミカサ(確かにエレンを食事に誘ったのはそういう下心があってのこと!)

ミカサ(今の質問は単に面接官として私の気持ちを確認しようとしただけなのか)

ミカサ(それともエレンは私のそんな気持ちを見抜いててそんな質問をしたのか)

ミカサ(いずれにせよ。この質問はもはやこの面接だけの問題ではない)

ミカサ(私とエレンの今後の関係をも左右する大事な質問!慎重に応えなければならない!)

この間0.1秒


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 19:50:04 ID:Xy/9Xn0Q

ミカサ「エレンは…私にとって、とても大切な家族…」

ミカサ「そのことに関しては何も偽りはありません」

ミカサ「しかし、エレンのことを想うだけで、私の胸が高鳴ってしまうということも、また一つの事実です」

ミカサ「この気持ちを…なんと呼べばいいのかはまだわかりませんが…」

ミカサ「私はエレンを大切に想うのと同じくらい…!この気持ちも大切にしたいを考えている…!」

エレン「なるほど。ありがとうございます」カキカキ

ミカサ(COOL!)

ミカサ(私の一世一代の告白を物凄く事務的に返してきた!なんてCOOLなの、エレン!)

ミカサ(どうしようエレンがカッコよすぎてドキドキがとまらない!ああその真剣な眼差しで私の何をみているの!?)

ミカサ(今この瞬間、エレンが私のことだけを考えてくれている。私の一挙手一投足を観察し、私の言葉の意味を考えていてくれる!)

ミカサ(まさか面接がこんなにも素晴らしいものだったとは…考えてもいなかった…!)


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 20:15:53 ID:Xy/9Xn0Q

エレン「さて、ご存知の通り今度の休日に私と食事に行きたいと考えている女性はたくさんおられますが」

エレン「その中で私があえてアッカーマンさんを選ぶということに何かメリットはありますか?」

ミカサ(きた…!これも想定通り…!)

ミカサ「ある…!それもたくさん…!数え切れないくらい…あります!」

エレン「ではその中でこれはと思うものを紹介していただいてよろしいですか?」

ミカサ「私は…強い…他の希望者達より強い…すごく強い!…ので私は…エレンを守ることができます…!」

エレン「確かに、アッカーマンさんは104期のみならず、歴代の訓練生でみてもトップレベルの逸材であるといわれているようですね」

ミカサ(エレンがまた褒めてくれた///いつものエレンも優しいけれど今日のエレンはもっと優しい///好き///)

ミカサ「それに…私は…エレンとの付き合いが誰よりも長く…!そして深い!…ので私はエレンがどんな食べ物を好むがよく知ってい…ます!」

ミカサ「既にエレンがとても喜びそうなお店はチェックし、そして予約済み…!あとは実際にエレンと食事を楽しむだけ…!」

エレン「なるほど。確かにアッカーマンさんなら私の好みも知り尽くしているでしょう」

ミカサ(当然)フフン


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 20:25:58 ID:Xy/9Xn0Q


エレン「しかし、アッカーマンさんは普段の食事の際に私が嫌いな食べ物を残そうとすると好き嫌いはよくないと言って無理に食べさせようとしますよね?」

エレン「今度の食事の際にもそういったことは起こりえるのではないですか?」

ミカサ「それはとうz…」

ミカサ(はっいけない!エレンのこと思えば好き嫌いはなくさせたほうがいい)

ミカサ(しかし、これは勝負。多少はエレンの我侭を許してでも勝利しなければならない!)

ミカサ(嫌いなものを無理やり食べさせると言われたらエレンは私との食事をほんの少しではあるがいやがってしまうかも!)

ミカサ(だから、ここは…己を曲げてでもエレンの望む回答をするべき…!)

ミカサ「大丈夫です。楽しい食事の場でエレンに苦行を課すほど、私は野暮ではありません」

ミカサ「エレンの苦手とするものは先方に伝え、出さないようにしてもらう手筈です」

エレン「ほう」

ミカサ「それに万が一伝え漏らしや先方の手違いがあっとしても、エレンが嫌いなものは私が食べる」

エレン「なるほど。ありがとうございます」

ミカサ(COOL!)


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 20:39:45 ID:Xy/9Xn0Q

エレン「さて、次の質問をしてもよろしいでしょうか?」

ミカサ「はい!お願いします!」

エレン「休日に食事を供にするということは、休日の予定をあけるということになりますが」

エレン「アッカーマンさんは食事以外のプランを何かお持ちですか?」

ミカサ(!?)

ミカサ(これはちょっと想定外!)

ミカサ(しかし嬉しい誤算ではある!つまりこれは私が受かった場合食事以外のデ、デデ、デデデデデートをしてもらもらえるということ!)

ミカサ(考えろ。ミカサ・アッカーマン。どこに行けばエレンが楽しめる。何をすればエレンが喜んでくれる)

ミカサ(正直、私はエレンが行きたい場所ならどこにだって喜んでついていく)

ミカサ(しかし、今はエレンが私に求めているのは主体性!)

ミカサ(私がエレンを楽しませるために何ができるのか!何を考えられるのかということを試されている!)

ミカサ(くっ…早く応えなければいけないのに…!考えがまとまらない…!)


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 20:48:38 ID:Xy/9Xn0Q

ミカサ(何か…何でもいい私にしかできなくて…!)

ミカサ(それでいてエレンの喜んでくれるもの…!)

ミカサ(腹筋を触らせてあげる?ダメだ私の腹筋は他の追随を許さないけどそれはわざわざデートしなくてもできる)

ミカサ(立体起動の特訓?しかし、エレンは私に襲われるのを嫌がる。それに私は感覚でやるほうだからそれほど上手に教えられる自信はない)

ミカサ(肉体を完全にコントロールする方法を教える?私だって理屈はわからない!)

ミカサ(何も無いの?私だけのエレンにしてあげらることは…!)

ミカサ(思い出せ。エレンとの思い出をイチから全て思い出すんだ。そうすれば何か糸口がつかめるはず)

ミカサ(はっ!?)

ミカサ(そうだ。あれなら。あれならきっとエレンも喜んでくれる)

ミカサ(しかもそれは他の女の子たちでは絶対にできない!)

ミカサ(私だけに許された奥義!)

ミカサ(食事という点で被ってしまうが、これはその際よしとしよう)

エレンの質問からここまで0.05秒


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 21:00:44 ID:Xy/9Xn0Q

ミカサ「ピクニック…」

ミカサ「ピクニックに行きましょう!」

エレン「ピクニックですか?」

ミカサ「ええ、この前立体起動の訓練の最中にとても綺麗な川をみつけた。歩いてでもそんなに遠くない距離。二人でそこに行きたいと思います」

エレン「なるほど。しかし、それは誰とでもできることですね」

ミカサ「確かに。川にピクニックに行くだけなら、そう。しかし、私はお弁当を作ることができ…ます」

エレン「お弁当を?それは嬉しいですが、それもたいていの女性の方ならできることではないでしょうか?」

ミカサ「慌てないで欲しい。私が作るのはただのお弁当ではない。カルラおばさんがよく作ってくれた…チーハン弁当…!」

エレン「それは…!」

ミカサ「私は昔カルラおばさんのお手伝いをしていた。当然、そのレシピもよく憶えています。」

ミカサ「必要な材料も、当日までに必ずそろえて見せます!」

ミカサ「だから、エレンは私の手作りのお弁当をただ楽しみにしていればいい…!」

エレン「なるほど…それは、とても楽しみですね」ニコリ

ミカサ「」ドキィッ

ミカサ(エレン!なんて無邪気な微笑みなの!ああ、そのまま食べてしまいたいぐらいステキで、かわいい!待っててねエレン、私いっぱい頑張るから!)


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 21:14:13 ID:Xy/9Xn0Q

~待合室~

アニ(ミカサ…随分長いこと面接してるなあ…)

アニ(どんなこと聞かれるんだろう。ちゃんと考えておいた方がいいかな?)

アニ(ミカサ…ウェディングドレス綺麗だったなあ…)

アニ(正直アレはやりすぎだと思うけど、私も少しは気合入れたカッコしてきたほうがよかったかな?)

アニ(……)

アニ(今から着替えに行ったりしたら、間に合わないよね?)

???「あ、アニ~」

???「アニも面接受けるんだ。意外だな~」

アニ「ク、クリスタ!?え?あんたも面接を受けるの?っていうかあんたは男子との面接をしてるんじゃないの?」

クリスタ「あはは、私の面接はユミルが全部仕切ってるから。私がいる必要は無いんだよね」

アニ「そ、そうなんだ」

クリスタ「うん。それにユミルの面接は厳しいからね。今まで過去5回やって、まだ合格者は一人も出たこと無いんだよ」

アニ(そりゃ、ユミルがやってるならそうだろうね。多分、選抜するために面接をしてるんじゃなくて落とすために面接をしてるんだろうか)


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 22:01:10 ID:Xy/9Xn0Q

アニ「……」

クリスタ「どうしたの、アニ?」

アニ「なな!なんでもないよ!次があたしの番だからちょっと緊張してるだけ」

クリスタ「ふふ、アニでも緊張したりするんだね」

アニ「当たり前だろ。あたしをなんだと思ってるの」

クリスタ「ごめんごめん。アニっていつでもクールなイメージだったから」

アニ(はあ、女のあたしからみても、やっぱりクリスタはかわいい)

アニ(あたしがそう思ってことは、きっとあいつからみてもそうなんだろうな)

アニ(これじゃあ、あたしはただ、恥をかくために面接を受けるようなもんじゃないか…)

アニ「はあ……」

クリスタ「……アニ…」ギュッ

アニ「ちょ!?クリスタ!?」

クリスタ「静かに。面接の邪魔になっちゃうよ?」クスクス

アニ「むう…」


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 22:01:15 ID:UUkpwMuY

ミカサが所々素に帰る描写が細かくて好き


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 22:11:58 ID:Xy/9Xn0Q

クリスタ「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ」

クリスタ「面接って言ってもそう大したことをするわけじゃないから。ただ、いつも自分をエレンにみてもらえばいいんだよ」

アニ「それは……わかってるけど……」

クリスタ「だったら大丈夫じゃない。」

クリスタ「私はアニがとっても素敵な女の子だってこと知ってるよ?」

クリスタ「好きな人と話す前には緊張しちゃったり、好きな人と一緒にお出かけしたいな、なんて考えちゃう」

クリスタ「可愛い女の子だもんね」ニコ

アニ「」カァァァッ

アニ「い、いきなり変なこと言わないでよ!」

クリスタ「ほら、そうやって真っ赤になりながらムキになっちゃうところが可愛い」

アニ「も、もう!いいから!大丈夫だから!離してよ!」

クリスタ「えー、せっかくだからもうちょっとだけ、かわいいアニちゃんをいじめたいかなー」

アニ「また可愛いって!もう、ホントに怒るよ!」

クリスタ「あはは、ごめんごめん」パッ


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 22:27:47 ID:Xy/9Xn0Q

アニ「全くあんたは。いきなりやってきて、そんであたしをからかって。一体何が楽しいのさ」

クリスタ「からかったんじゃないよ。アニはステキな女の子だよってことをわかってほしかっただけ」

アニ「だから…あたしはそんなんじゃ…」

クリスタ「自分のことって自分じゃ案外わからないものだよ?」

クリスタ「女の子の私でもアニの可愛さがわかるんだもん。男の子のエレンなら絶対もっとわかってくれるよ!」

クリスタ「だから、緊張なんかしてたらもったいないよ。普段のアニをエレンにみてもらおうよ?」

アニ「はあ……」

アニ「全く、なんで男どもがあんたを天使とか女神とか言って持て囃すのか、ちょっと分かった気がするよ」(小声

クリスタ「え?なんて?」

アニ「なんでもないよ。」

アニ「でも…ありがとね」

クリスタ「ふふ、どういたしまして」

クリスタ「でも、私ができるのはここまでだよ。なんといってもアニもライバルなんだからね!」

アニ「ふふ、そうだったね。折角あんたが緊張をほぐしてくれたんだ。この恩はちゃんと仇で返してあげるよ」

クリスタ「あはは、ひどいなあ。でも私も負けないからね!」


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 23:03:03 ID:Xy/9Xn0Q

~再び面接会場~

エレン「では、これで最後の質問としましょう」

ミカサ(長い…戦いだった…)

ミカサ(こんなに頭を使ったのは今までの人生で初めてかもしれない…)

ミカサ(だけど、その甲斐あってこの面接はかなり好感触だった…!と、思う!)

ミカサ(後はこの最後の質問の回答を誤りさえしなければ、エレンとのデートにかなり近づけるはず!)

ミカサ(さあ来てエレン!あなたのどんな質問にもあたしは完璧に応えてみせる!)

エレン「アッカーマンさん、もし今回の面接で貴方意外が合格した場合、貴方はその人を心から祝福することができますか?」

ミカサ(…?これが最後の質問?)

ミカサ(簡単すぎる。正直、私は自分が落ちることなんて考えていない)

ミカサ(それにエレンが他の女と食事に行くことなんて私には許容することはできない)

ミカサ(しかし、それでもここは祝福できると応えておくべきだろう。その方がエレンの心証はよくなるはず)


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 23:04:20 ID:Xy/9Xn0Q

ミカサ「私は、この面接に自分が落ちることは考えていない…です」

ミカサ「何故なら私はこの面接に全力で勝利する気概で挑んでいるから」

ミカサ「負けたときのことを考えていたは、勝てる勝負にも勝てなくなってしまうと思います」

ミカサ「しかし、万が一私が落ちたとしたらその時は私以上にエレンに相応しい女性がいたということ」

ミカサ「その時は、私はその女性と、エレンを。心から祝福できるでしょう」

エレン「なるほど、アッカーマンさんは心の広い方なのですね」ニコリ

ミカサ(エレンが褒めてくれた!やった!やっぱりこの回答で間違えていなかった!)

ミカサ(そう、私は心が広い!だからエレンは私を選ぶべき!)フフン

エレン「では、面接は以上になります」

エレン「結果は後日こちらからお知らせします」

ミカサ「はい!宜しくお願いします!」

エレン「長い時間大変お疲れ様でした。ではあちらからお戻りください」

ミカサ「はい!失礼します!」


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 23:16:31 ID:Xy/9Xn0Q

~待合室~

ガラリ(ドアの開く音)

アニ「あ、ミカサの面接が終わったのかな」

クリスタ「ミ、ミカサ。凄い格好してるね」

ミカサ「エレンのデートの相手を決める面接。このぐらいの気合を入れるのは当然」

クリスタ「あはは、ミカサにはかなわないなあ」

ミカサ「」フフン

アニ「で、随分長いこと面接してたみたいだけど手応えはどうだった?」

ミカサ「完璧」ブイサイン

アニ「へえ、大した自信だね」

ミカサ「私とエレンは家族。エレンの望む回答を見つけることなんて赤子の手をひねるより容易なこと」

アニ「ま、あたしも負ける気は無いよ。確かにあんたのほうがエレンのことをよく理解しているもしれない」

アニ「でもこの面接はエレンへの理解度を競うものじゃない。大事なのはエレンに自分の良さをどれだけ分かってもらえるかってことなのさ」

アニ「その点じゃあ、あたしはあんたに劣るとは思ってないよ」

ミカサ「……それは私も同じ」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 23:28:25 ID:Xy/9Xn0Q

アニ「そう…」

アニ「じゃ、これ以上あたしたちの間で言い合っても仕方ないね。あとはエレンに決めてもらうとしようか」

ミカサ「そうね。エレンならきっと正しい選択をしてくれるはず」

アニ「ああ、あたしもそう思うよ」

ツギノカタドウゾー

アニ「じゃ、行ってくるよ」

クリスタ「アニ、頑張ってね!」

アニ「ありがと、クリスタ」

ミサカ「アニ」

アニ「なに?」

ミカサ「私は絶対に負けない。エレンは絶対に私を選んでくれるだろう」

ミカサ「だから…貴方も遠慮せずに全力で面接に挑んでくるといい」

アニ「それ、励ましてるつもり?」

ミカサ「……」

アニ「全く…あんたも不器用だね。ま、ありがとう。行ってくるよ」


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 01:21:37 ID:KgeFV7zk


ミカサさんは思考能力も人類ブッちぎってるな・・・


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 06:59:46 ID:SuVfPivY

ミカサの頭の回転早すぎるww
期待


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:06:17 ID:/1ihq9lw

~面接会場~

アニ「失礼します」ペコリ

アニ(面接官は…エレンか…)

アニ(スーツなんて着て大人みたいな顔してやがる)

アニ(こいつのこんな姿想像したこともなかったけど、案外似合ってるね//)

エレン「では、面接を始めます」

アニ「……よろしく…」

アニ(ヤバい。エレンが真っ直ぐあたしを見てる)

アニ(クリスタのおかげで緊張は吹っ飛んだけど、これはちょっとキュンとしちゃうね)

エレン「では早速ですが自己紹介をお願いします」

アニ「アニ・レオンハートです」ペコリ

エレン「アニ・レオンハートさんですね。宜しくお願いします」

アニ「こ、こちらこそ」ドキマギ


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:07:39 ID:/1ihq9lw

エレン「少し、緊張されているようですね。そんな力を入れないで、どうかリラックスしてください」ニコリ

アニ「い、いや、これは緊張しているとかでなくて」ドキマギ

エレン「ははは、まあ、無理はされないで結構ですよ。どうぞ着席してください」

アニ「ひゃ、ひゃい。失礼します」

アニ(しまった、噛んじゃった。どうしようエレンは気づいてるかな)

エレン「」ニコニコ

アニ(あー、笑われてるよ!どうしよう!でもエレンの笑顔可愛いなあ、もう!)

エレン「では、最初の質問をさせていただいてよろしいですか?」

アニ「は、はい!お願いします!」

アニ(あ、緊張しすぎて声が大きくなっちゃった!恥ずかしい!)

エレン「ふふ、やっと声が出てきましたね。その調子でお願いします」

アニ(あ、でもなんかホメてもらえた///)

アニ「頑張るよ…ます///」


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:09:56 ID:/1ihq9lw

エレン「では、まず最初の質問ですが」

アニ(あ、真剣な顔になった。さっきもみたけど椅子に座ると目線の高さが同じになるからさっきより破壊力があるね)

エレン「レオンハートさんは私との食事を希望されておりますが、その動機を聞かせてもらえますか?」

アニ(っていうかスーツ…っていうかネクタイ似合うな、こいつ。なんかいつもよりカッコいいかも///)

アニ「……」

アニ(いや、っていうかもうスーツ自体似合ってるな、こいつ。普段は完全にガキなくせになんかもう雰囲気大人だよ。イケメンだよ)

アニ「……」

アニ(このスーツ自分で選んだのかな。だとしたら意外とエレンって服のセンスもいいんだね)

アニ「……」

アニ(最初は緊張してたけど案外面接って悪くないかも)

アニ「……」

アニ(普段みれないエレンをじっくり見れるっていうだけ眼福、幸せだね///)


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:11:45 ID:/1ihq9lw

エレン「レオンハートさん?」

アニ「なに?」

エレン「随分と長考されておりますが、大丈夫ですか?」

アニ「……え?」

エレン「……」

アニ(しまったあああああ!エレンに見蕩れてて質問聞いてなかったあああああ!!)

アニ(どうしよう!?なんか当てずっぽうで答えちゃおうか!)

アニ(でも、それでとんちんかんなこと言っちゃったら質問聞いてなかったって自白するようなものだよね!)

アニ(ここは、正直に言おう!聞いてなかったって正直に言おう!多分その方が傷は浅くすむはず!)

アニ「すいません…エレンのスーツ姿がカッコよくて質問を聞いてませんでした…」

エレン「……」

アニ(しまったあああああ!正直に言うって言ってもそこまでも正直言う必要はないんだよ!)

アニ(ただボーっとして聞いてませんでしたでよかったじゃないか!私のバカ!)


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:14:15 ID:/1ihq9lw

エレン「そうですか、ではもう一度同じ質問をするのでよく聞いていてくださいね」

アニ(COOL!)

アニ(なんだこいつムチャクチャCOOLじゃないか!乙女に自分に見蕩れてたって言われたのに何も動じてないよ!)

アニ(おかげで助かったといえば助かったけど。でもちょっと残念かな//なんて///)

エレン「レオンハートさんは私との食事を希望されておりますが、その動機を聞かせてもらえますか?」

アニ(動機か…同期として親睦を深めたいとか…そんな感じでいいかな…)

エレン「えと…同期として親睦を…」

アニ(いや、違う。それはあたしの本心じゃない)

アニ(もうこんなに恥をかいたんだ!今更照れ隠しをする必要なんてないだろ、アニ・レオンハート!)

アニ「決まってるだろ?あんた一緒にいたいからさ」カオマッカ

エレン「その理由をお聞かせ願えますか?」

アニ「惚れてもない男と一緒に御飯なんて食べたがると思う?」マッカッカ

エレン「なるほど。私に惚れているので食事の席に同伴をされたいと」カキカキ

アニ(COOL!)

アニ(なんだこいつ!悔しくなるぐらいCOOLだなもう!カッコいい!///)


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:15:38 ID:/1ihq9lw

エレン「それとレオンハートさん」

アニ「なに?」

エレン「緊張が解けたのは大変よろしいかと思われますが、面接官に対しそのようなしゃべり方をするのはあまり関心できません」

アニ「……はい」

アニ(怒られちゃった……)

エレン「これまでは分は大目にみますが次回からは気をつけてくださいね」

アニ「わかりました」

エレン「でも、最初の頃よりも声は聞き取りやすくなってよくなってますよ。その調子で頑張りましょう」

アニ「はい!」

アニ(やった!またホメてくれた!さっきの口のきき方も大目にみてくれるって言ってくれたし!)

アニ(スーツエレンはCOOLなだけでなく優しいな///)


71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:19:48 ID:/1ihq9lw

エレン「さて、ご存知の通り今度の休日に私と食事に行きたいと考えている女性はたくさんおられますが」

エレン「その中で私があえてレオンハートさんを選ぶということに何かメリットはありますか?」

アニ(メリット…どうしよう、そんなこと全然考えてなかった)

アニ(何かあるんだ。私はエレンと一緒にいられるだけで嬉しいけど)

アニ(私と一緒にいられるよ。なんて言ったらとんでもない自信過剰女だと思われるよね)

エレン「……」

アニ(ヤバイ!エレンがむっちゃこっちみてる!早く何でもいいから早く答えないと!)

アニ「えと…エレンが私を選んでくれたら…その…」

エレン「……」

アニ(あー、考えがまとまらない。どうしようどうしようもしエレンが私を選んでくれたら、選んでくれたら)

アニ「そのー……私が、物凄く喜びます…」

アニ(………何言ってるんだ!私は!私が喜んでもエレンにはメリットがないよ!どうしよう訂正しちゃおうか!?)

アニ(いや、もうこのまま続ける!腹をくくれ、アニ・レオンハート!)


73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:20:45 ID:/1ihq9lw

アニ「もし、エレンと食事に行けるなら、私は他の希望者の誰よりも嬉しがる自信がある…です」

アニ「エレンも…折角なら思いっきり楽しんでる人と一緒に居たほうが楽しめるんじゃないかな…って思います」

エレン「なるほど」カキカキ

アニ(うー…自分でも何言ってるのかわからない。エレンの反応もいまいちだし)

エレン「しかし、レオンハートさんはあまり自分の感情を表に出すほうではありませんよね?」

エレン「内心で喜んでいても表に出さなければ私には伝わらないのではないでしょうか?」

アニ(なんか突っ込んできた!?しかも的を得てるよ!どうしよう!?)

アニ「あの…確かに私は…あまり気持ちが…表に出るほうではありませんが…」

アニ「エレンと食事に行けたら、多分、凄く笑顔になれると思う……」カオマッカ

アニ(あー!もうだから何言ってるんだ私は!恥ずかしい!凄く恥ずかしい!)

エレン「なるほど」カキカキ

アニ(エレンは例によって淡々と対応してるし!絶対呆れられたよ!)

エレン「確かに、レオンハートの笑顔は滅多にみられるものではありませんし。

エレン「それは少し期待してしまいますね」ニコリ

アニ「」カァァァッ


74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:22:49 ID:/1ihq9lw

アニ(ヤバい)

アニ(今のはヤバかった)

アニ(なんだ今の笑顔。こいつは私を殺す気か)

エレン「さて、次の質問をしてもよろしいでしょうか?」

アニ(そして淡々としてるし)

アニ「どうぞ」

エレン「休日に食事を供にするということは、休日の予定をあけるということになりますが」

エレン「レオンハートさんは食事以外のプランを何かお持ちですか?」

アニ(そんなこと何も考えてなかった…)

アニ(面接っていうのはこんな想定外のことばかりが起こるものなのか)

アニ(何かでっちあげた方があげたほうがいいかな)

アニ(いや、でもここは無理しなくていいかな)

アニ(素直な気持ちを言えばいいか)


75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:25:18 ID:/1ihq9lw

アニ「とくにプランというものは考えてません」

エレン「ほう」

アニ「ただ、エレンが時間を割いてくれるなら、どこでもいいから二人でゆっくり過ごしたい…です」

エレン「なるほど」カキカキ

アニ「その時間だけでも、エレンを独占できるなら。まぁ、なんでもいいかな」

エレン「ありがとうございます」カキカキ

アニ「……」

エレン「……」カキカキ

アニ(しかし、今までの応答とかこいつの事務的な対応のせいで麻痺してるけど)

アニ(私、結構とんでもないこと言ってるな)

アニ(明日になったら私死にたくなるんじゃないかな)

アニ(……)

アニ(ま、たまにはこんなのもいいか)


77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:26:33 ID:/1ihq9lw

~クリスタの面接会場~

ユミル「次のヤツ入って来い!」

ライナー「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

ライナー「ライナー・ブラウンです!」

ユミル「そうか、ゴリラの分際で私の女神にちょっかいだそうとはいい度胸だな!」

ライナー「え!?」

ユミル「そのクソ度胸だけは認めてやる!いっぺん死んで人間に生まれ変わったら出直して来い!」

ライナー「な!?」

ユミル「以上だ。さっさと出てけ!」

ライナー「」トボトボ


78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:28:42 ID:/1ihq9lw

ユミル「次のヤツ入って来い!」

ベルトルト「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

ベルトルト「ベルトルト・フーバーです!」

ユミル「そうか、2M級巨人の分際で人間様とデートしようなんざ考えてるんじゃねえ!」

ベルトルト「いや、違う違う!」

ユミル「うるせえ!うなじそがれたくなかったらとっとこの部屋から出て行け!」

ベルトルト「」トボトボ


81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:31:20 ID:/1ihq9lw

ユミル「次のヤツ入って来い!」

アルミン「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

アルミン「アルミン・アルレルトです!」

ユミル「そうか。声変わりもしてねえくせに色気づいてるんじゃねえぞ小童が!」

アルミン「そんな!?」

ユミル「せめてチンコの毛が生え揃ってから出直して来い!以上だ!」

アルミン「横暴だ…」トボトボ

ユミル「聞こえてるぞ」

アルミン「」ビクッ

ユミル「いいか!ここでは私がルールだ!」

アルミン「はっ!」

ユミル「いい返事だ!わかったならさっさと出て行け!」

アルミン「」トボトボ


82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:33:21 ID:/1ihq9lw

ユミル「次のヤツ入って来い!」

マルコ「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

マルコ「マルコ・ボットです!」

ユミル「何しにここに来た!」

マルコ「クリスタにこの身を捧げるためです!」

ユミル「そうか、なら次に私がなんて言うか分かるか!」

マルコ「はい!『クリスタはきっとお前の体なんぞほしくない』だと思います!」

ユミル「その通りだ!ならば次にお前が為すべきはなんだ!」

マルコ「はっ!この面接会場から即座に退場することです!」

ユミル「パーフェクトだ、マルコ・ボット!そこまでわかっているならさっさと出て行け!」

マルコ「はっ!失礼いたします!」


84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:55:28 ID:dqveHTMQ

マルコwwww


86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:08:35 ID:/1ihq9lw

~再びエレンの面接会場~

エレン「では、これで最後の質問としましょう」

アニ(疲れた…)

アニ(自分がなんて答えたのかほとんど憶えてないや…)

アニ(ミカサ、あんたはこの面接を終えて、あんな自信に満ち溢れたままいられたんだね)

アニ(凄いよあんた。大したもんだ)

アニ(あたしは……全然ダメだったよ……)

エレン「レオンハートさん、もし今回の面接で貴方以外が合格した場合、貴方はその人を心から祝福することができますか?」

アニ「……」

アニ(祝福…か…)

アニ(そうだね。あたしはどうせもうダメなんだ…)

アニ(ミカサが受かるにせよ、クリスタが受かるにせよ)

アニ(素直に祝ってやったほうが…エレンも私のことをよく思ってくれるかな…)

アニ「そう……ですね。誰が受かるにせよ。その人とエレンが楽しく過ごせるように……」


87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:09:25 ID:/1ihq9lw

アニ「……」

アニ(いや、違う)

アニ(どんなに無様をさらしても、どんなにボロボロになっても)

アニ(私には、エレンを諦めることなんてできない)

アニ(ここまで恥を晒したんだ。今更カッコつけてなにになる)

アニ(最後まで意地をはろう。最後までまっすぐ行くんだ)

アニ(それでこいつにどう思われようと、真っ直ぐな私をみてもらうんだ)

アニ「その人と…エレンが楽しく過ごせるように……、祝ってあげるのが正しいんだと思います」

アニ「でも、私にはそれはできない」

アニ「祝いの言葉をかけることぐらいならできるけど、心から祝福するなんてできそうもないよ」

アニ「あんたのことが好きだからさ」

アニ「あんたのことをとられて、その悔しさを腹にしまえるほど大人じゃないんだ」

エレン「なるほど」カキカキ


89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 22:25:08 ID:/1ihq9lw

アニ「ごめんね。心の狭い女で」

エレン「いえ、素直な回答をいただきありがとうございます」

アニ「そう」

アニ(ヤバい、エレンの顔をみれない)

アニ「あんた、こんなこと言われても事務的なんだね」

エレン「今はこれが任務ですから」

アニ「……そっか……」

エレン「それに、事務的に接してねえと色々とヤバいんだよ」(コゴエ

アニ「え?」

エレン「では、面接は以上になります」

エレン「結果は後日こちらからお知らせします」

アニ「あ、はい」

エレン「長い時間大変お疲れ様でした。ではあちらからお戻りください」

アニ「失礼します…」

アニ(最後……なんて言ったのかな……)


98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:00:27 ID:Hpc24fQM

~クリスタの面接会場~

ユミル「次のヤツ入って来い!」

コニー「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

コニー「コニー・スプリンガーです!」

ユミル「何しにここに来た!」

コニー「男子がみんな参加するっていうかなんとなく俺もついてきた!」

ユミル「そうか!じゃあ、ライナーとかはもう帰ってるからお前もさっさと帰れ!」

コニー「おう!わかった!」


99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:04:20 ID:Hpc24fQM

ユミル「次のヤツ入って来い!」

ダズ「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

ダズ「ダズと申します!」

ユミル「ダズ!貴様の右手に鏡がある!それを10秒間見つめ続けろ!」

ダズ「はっ!」

ユミル「よし!どうだ!自分の顔を10秒間見続けた気分は!まだ自分にクリスタを食事に誘う資格があると思うか!」

ダズ「思います!」

ユミル「そうか!では鏡をもう10秒間みてもらおう!」

ユミル「どうだ、気持ちは変わったか!」

ダズ「いえ、変わりません!」

ユミル「そうか!つまり貴様は顔だけでなく頭と目も悪いということだな!」

ダズ「ど、どういう意味だよ!」

ユミル「そのまま意味だ!貴様のような生命体にクリスタと食事する資格はない!さっさと出て行け!」

ダズ「」トボトボ


102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:20:10 ID:Hpc24fQM

ユミル「次のヤツ入って来い!」

トーマス「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

トーマス「トーマス・ワグナーです!」

ユミル「帰れ!」

トーマス「早くないか!?」

ユミル「うるさい!無個性野郎にかまってる時間なんてないんだよ!」

トーマス「いや、この面接でその個性を見つけてくれよ!」

ユミル「お前の個性なんか探そうとしたら10年単位の事業になるわ!」

トーマス「そんなことないだろ!?」

ユミル「初陣で生き残ることができたら考えてやる!だから今日はちゃちゃっと帰れ!」

トーマス「」トボトボ


103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:21:33 ID:Hpc24fQM

ユミル「次のヤツ入って来い!」

ナック「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

ナック「ナック・ティアスです!」

ユミル「誰だよ!」

ナック「ナック・ティアスです!」

ユミル「お前なんか知らん!おい、警備員!不審者だ!つまみ出せ!」

ナック「お、おい。なんだよお前ら、冗談やめろよ、お、俺だよ!ナックだよ!」

ナック「やめろ、引っ張るな!ユ、ユミル!た、助けてくれ!、う、うわあああ!」

ナック「」ズルズル


105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 01:22:58 ID:Hpc24fQM

ユミル「次のヤツ入って来い!」

ミリウス「はっ!」

ユミル「貴様は何者だ!」

ミリウス「ミリウス・ゼルムスキーです!」

ユミル「誰だよ!」

ミリウス「じゃあ、帰ります!」

ユミル「おう、とっとと帰れ!」

ミリウス「」スタスタ


113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:19:31 ID:piYNekEg

~野郎どもの部屋~

アルミン「ただいま」

ライナー「おう、おかえり」

ベルトルト「面接どうだった?」

アルミン「よくわからないけど、全然ダメだったと思うよ」

ライナー「なんて言われたんだ」

アルミン「ちんこの毛が生え揃ってから出直してこいだってさ、ははは」

ライベル「……」


114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:20:06 ID:piYNekEg

アルミン「全く。ひどいよね。ユミルも」

ライナー「まぁ、俺よりマシだ。お前は時間が経てば問題解決できるじゃないか」

ライナー「俺なんて一回死んでゴリラから人間に生まれ変わってこいって言われたんだぞ」

ベルトルト「僕は巨人が人間とデートなんて考えるんじゃないって言われたよ」

アルライベル「……」

アルミン「ひどい話だよね」

ライナー「ああ」

ベルトルト「ホントにね」


115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:20:36 ID:piYNekEg

アルミン「今回は、誰か合格するのかな」

ベルトルト「しないでしょ」

ライナー「無理だろうな」

アルミン「だよね」

ライナー「ユミルは落とすために面接をやってるからな」

ライナー「っていうか、あれ面接って言えるのか?」

ライナー「正直俺はあの問答で俺の何かをみてもらってるとは思えないんだが」

ベルトルト「それはそうだけど」

アルミン「でも、ユミルも前に比べたら優しくなったよ」

ライナー「そうか?」

アルミン「ほら、一番最初とかひどかったじゃないか」

ライナー「ああ、あれは凄かったな」


116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:21:28 ID:piYNekEg

ベルトルト「あのときは希望者全員がグラウンドに集合したんだったっけ?」

アルミン「そうそう、それで面接の開始時刻になったらユミルが出てきてね」

ユミル『私のクリスタと食事をしたいなんていう身の程知らずの大馬鹿野郎どもが集まってるのはってえのはここかあっ!』

アルミン「っていきなり叫びだしたんだよね」

ライナー「みんな完全にユミルの呑まれてたな。あの瞬間」

ベルトルト「誰も声を出すことすらできなかったからね。」

アルミン「打擲用の棒を肩に担いでたしね」

ライナー「全員が唖然としてたら」

ユミル『返事がねえってことはここにいる連中は誰もクリスタと食事に行きたくねえってことか?』

ライナー「だからね」

ベルトルト「それでもまだ全員ビビってたよね」

アルミン「蛇に睨まれた蛙っていうのはああいうことをいうんだろうね」

ライナー「正直、兵士になってあれほどビビらされたのははじめてだった


117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:22:23 ID:piYNekEg

アルミン「それでユミルが誰もいないなら帰るぞって言って、実際に戻っていっちゃったんだよね」

ベルトルト「何か言わなきゃって思ってたんだけど、声が何もでなかったよ」

アルミン「あはは、僕もだよ」

アルミン「あそこでライナーが

ライナー『俺はクリスタと食事がしたいです!』

アルミン「って言ってくれなかったら、あそこで面接は終わってただろうね」

ベルトルト「流石ライナーだよ」

ライナー「よしてくれよ。俺はあのとき本気でビビってた。あれはただヤケになって行動しただけだ」

ベルトルト「謙遜するなよ」

アルミン「そうだよ。英雄と凡人の違いはビビるかどうかじゃない。ビビった時に行動を起こせるかどうかだと思うよ」

アルミン「あのときのキミの行動は確かに僕たちに勇気を与えてくれたよ」

ベルトルト「それからみんな声を出し始めてね」

アルミン「その声に応じるようにユミルが戻ってきてくれて」

ベルトルト「そして…地獄がはじまったんだよね……」

ライナー「………正直……すまんかった……」


118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:23:45 ID:piYNekEg

ユミル『お前らそんなにクリスタとデートがしたいか!』

全員『はい!』

ユミル『クリスタとのデートのためなら死んでもいいか!』

全員『はい!』

ユミル『クリスタのために心臓を捧げることができるか!』

全員『はい!』

ユミル『そうか、お前らの気持ちはよくわかった!』

ユミル『この私は貴様らの根性を叩きなおしてやる!全員横一列に並べ!」

全員『!?』


ライナー「そこから参加者全員にユミルが一発ずつ平手打ちをかましていったんだよな」

アルミン「うん。罵声を浴びせながら強烈なヤツをね」

ベルトルト「最後の人たちなんて、お前らのせいで私の手が痛くなってきたじゃないか、とか言われながら打たれてたよね」

アルミン「あまりにも理不尽だよね」

ライナー「そして、全員の平手打ちが終わって、これから面接が始まるのかと思ったら」


119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:24:17 ID:piYNekEg

ユミル『お前ら、少しは気持ちは変わったか!』

全員『いえ!変わりません!』

ユミル『そうか』

全員『……』

ユミル『なら貴様ら全員不合格だ!」

全員『!?』


ライナー「だからな」

アルミン「みんなポカーンとしてたよね」

ベルトルト「30分ぐらい立ち尽くしてたんだっけ?」

アルミン「そうそう、気付いたらユミルもいなくなってて」

ライナー「やっぱこれ面接でもなんでもないな」

ライナー「これに比べたら今日のはまだましだな」

アルミン「でしょ?」


120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:24:57 ID:piYNekEg

エレン「ただいまーっと」

アルミン「おかえり」

エレン「どうしたよ。野郎三人が雁首揃えて辛気臭い顔しやがって」

ライナー「クリスタの面接があまりにもひどくてな」

エレン「あはは、そんなことかよ」

ベルトルト「エレンは受けてないからわからないんだよ」

アルミン「そうそう、あれはホントにひどいんだから」

エレン「そういってやるなって。俺も今日やってはじめてわかったけど面接官も結構大変なんだぜ?」

ライナー「そうは思えんがな」

エレン「傍からみてる分にはな。ま、ユミルも苦労してんだ。わかってやってくれよ」

アルミン「うーん、言ってることはわかるけどユミルのあれで苦労してる気はまるでしないな」

エレン「あはは、あいつも案外男と一対一で緊張したりしてるのかもよ。そう思えば可愛いもんだろ?」

ベルトルト「ないない。それはないよ」


121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:26:42 ID:piYNekEg

アルミン「エレンの面接はどうだったの?」

エレン「結構人数が多かったけどな。なんとか無事に終わったよ」

ライナー「おつかれさん」

エレン「おう、サンキュー」

ベルトルト「誰と食事に行くかはもう決まってるの?」

エレン「まぁ、ある程度は絞ってあるけどな。あとはメモを見ながら考える」

ライナー「マジメだな」

エレン「大したことねえよ。これぐらいユミルもやってるって」

ライナー(ないな)

ベルトルト(ないな)

アルミン(ないよ)

エレン「俺ちょっと作業に集中することにするからさ。メシの時間になったら声かけてくれ」

ライナー「あいよ」

アルミン「頑張ってね、エレン」

エレン「おう!」


122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:27:27 ID:piYNekEg

~数日後、食堂~

ツカツカツカツカツカ

ミカサ「エレン、話がある」

エレン「どうした、ミカサ。怖い顔して」

ミカサ「大丈夫、怖くない。私は優しい」

エレン「お、おう」

ミカサ「この面接はお疲れ様。普段見れないエレンの一面がみれてとても有意義な時間だった」

エレン「おう、ありがとな」

ミカサ「しかし、残念ながらエレンはツメが甘い」

エレン「どういうことだ?」

ミカサ「私のところに届いた合否通知、これは他の人のものだと思う」

エレン「え?そんなはずはないけどな」

ミカサ「これをみてほしい。本来私のところに届くものは違うものだったはず」


123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:28:13 ID:piYNekEg


エレン「えー、ちょっと待てよ」

エレン「……」

ミカサ「……」

エレン「いや、やっぱりこれで間違ってねえよ」

ミカサ「じゃあエレンが私に不合格をたたきつけたというの?」

エレン「そうだけど?」

ミカサ「……」フラァ

エレン「だ、大丈夫か、ミカサ?」

ミカサ「何故…私はエレンの臨む回答を完璧にたたき出したはず…」

ミカサ「なのに……何故私じゃないの……?」

エレン「ああ、確かにお前のチーハンとか食べたいと思ったし、お前と二人でメシを食うのも楽しいそうだと思ったぞ」

ミカサ「なら…私で何も問題はず…」


124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:31:31 ID:piYNekEg

エレン「でもお前、他の人が合格しても祝ってくれるって言っただろ?」

ミカサ「うん。言った。」

エレン「で、同じ質問して絶対祝えないって言ったヤツもいたからさ」

エレン「今回はそいつを優先しようかなって思って」

ミカサ「」

エレン「ミカサは心が広いから、そいつが合格したことも喜んでくれるよな」ニカッ

ミカサ(やはり、エレンは優しい)

ミカサ(あの質問の本当の意図はその人が選ばれなかったときに、どれだけ傷つくかを測るためだった)

ミカサ(そして、一番傷つくであろう人を今回は選んだのだ)

ミカサ(私がエレンの優しさを測りきれなかった。これが、今回の敗因)

ミカサ(ならば…この悲しみは…!甘んじて受け入れよう…!)

ミカサ「そう、私は心が広い。ので、その人を祝福することができる!」

エレン「おう、ありがとな!」

ミカサ(だけど、次は絶対に同じ轍は踏まない!)


125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:32:22 ID:piYNekEg

~女子部屋~

アニ「……」ギュー(ほっぺをつねってる

アニ「……」パンパン(顔を叩いてる

ミーナ「アニ、なにしてるの?」

アニ「ミーナ、お願いがある」

ミーナ「どうしたの?」

アニ「私を思いっきり叩いて欲しい」

ミーナ「なんで!?」

アニ「いいから早く!」

ミーナ「だからなんで!?」

アニ「叩いてくれないなら私が思いっきり蹴るよ!?」

ミーナ「え!?わかった、わかったから構えないで!いくよ?いくからね反撃とか絶対なしだからね!?」

アニ「しないから早く叩いて!」

ミーナ「うん。いくよ、いくよ。エイッ!」

パシン


127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:33:45 ID:piYNekEg

アニ「痛い」

ミーナ「ご、ごめん!大丈夫だった?」

アニ「夢じゃない」

ミーナ「え?」

アニ「ありがとう!ミーナ!」

ミーナ「え!?」

アニ「やったー!」ピョーン(ベッドに飛び移る

アニ「///」(枕に頭を押し付けて足をバタバタしている

アニ「///」(布団を抱きかかえてる

ミーナ「……アニが壊れた…」

アニ「こ、壊れてないよ!失礼だな!」

ミーナ「じゃあ、どうしたのよ」

アニ「…」

アニ「えへへ」

ミーナ(可愛い)


128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:34:51 ID:piYNekEg

アニ「エレンと食事に行ける事になった!」

ミーナ「あの面接に合格したのアニだったの!?」

アニ「うん!そうみたい!」

ミーナ「そっかー、悔しいけどおめでとう!」

アニ「えへへ、ありがとう」

ミーナ「そっか。そうと決まったら当日はめいっぱいオシャレしてかないとね?」(キラキラ

アニ「頑張るよ」

ミーナ(あらやだいつになく素直でかわいい)

アニ「でも、その前に改めてエレンを食事に誘っておくよ」(フンス

ミーナ(あらかわいい)


129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:35:49 ID:piYNekEg

~対人格闘中~

エレン「いって!」

アニ「まだまだだね」

アニ「無駄な動きが多すぎる。それじゃあ動きを読んでくれって言ってるみたいなもんだよ」

エレン「そう言われてもよ」

アニ「まずは力を抜くことを覚えな。いつでも全力いけばいいってもんじゃないんだ」

アニ「力を抜けば体を柔らかく使える。そうすれば滑らかな動きできる」

エレン「うーん、難しいな」

アニ「あんたならすぐ慣れるよ。筋は悪くないからね」

エレン「お、珍しいな。アニが褒めてくれるなんて」

アニ「ま、たまにはね///」

アニ「と、ところでさ。エレン」

エレン「なんだ?」

アニ「こ、今度食事に行こう///」

エレン「ああ、楽しみにしてるぜ」


130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:36:47 ID:piYNekEg

完!


131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:38:58 ID:pV95dJHw

乙!
ユミルの面接もっと見たかったぜ


136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/09(金) 21:47:49 ID:2KuTZgRY


そういうことだったか
そこまで考えが及ばんかった



お勧めSS:

エレン「面接力」


エレン「アニ!メイドになってくれ!」アニ「め、メイド!?」


エレン「友達ができない」アニ「友達が欲しい」


エレン「アニに恋をした」




元スレ:アニ「今度食事に行こう」エレン「面接しよう」

http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1374933005/
 

注目記事!




関連記事
 

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

ミカサ「エレン」
エレン「ん?」
ミカサ「頼まれて…欲しい」
エレン「…出来る事ならいいけどよ、何をだよ?」
ミカサ「面接官」
エレン「え?面接するのか?」
ミカサ「違う、私の」
エレン「まじか」
後日ジャン「(ガチャ)…し、失礼ィ!!………!?エレン、だと」


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア