キリト「アスナにおしっこ見せてって言ったら殴られた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 21:59:38 ID:7879ySqs
キリト「すごくショックだった」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 22:12:45 ID:7879ySqs
クライン「…………」

エギル「…………」

キリト「………見せてくれるって思ったのに…」

クライン「…そうか」

エギル「………若いな……」

キリト「なんだよそんなにおかしいかよ」

クライン「……おいエギル、この場合どっちだと思う」

エギル「常識的に言えばおかしいだろ、只の変態だ」

クライン「だよな、そりゃそうだ」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 22:13:46 ID:7879ySqs

キリト「え?でも俺達付き合ってるし」

クライン「…………」

エギル「…………」

キリト「……え?みんなしないの…?」

エギル「なんでみんなしてるみたいな感覚でいるんだよそっちに驚きだぜキリト……」

クライン「興味ない訳じゃないが多数派ではねぇだろ……」

キリト「えっ、うそマジかよ………」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 22:21:36 ID:7879ySqs
クライン「まあ人の好みはそれぞれだしな?一言でおかしいとまでは言わねぇがよ」

エギル「アスナの性格的に無理難題だったんだろ」

キリト「………俺的にはこうなるってシュミュレーションがあったんだよ」

………

……

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 22:31:58 ID:7879ySqs
…………

アスナ『えっ……やだキリトくんのへんたい!!』

アスナ『……恥ずかしいし……汚ないもん……だめっ』モジモジ

アスナ『……やだ……で、でも……うー……』

アスナ『………………………キリトくんが……そんなに言うなら……ちょっとだけだよ?』カァ

アスナ『あんまりじろじろ見ないでね?もう…』プイッ

………

キリト「って感じで恥じらいつつ……」

クライン「………」

エギル「………」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 22:38:05 ID:7879ySqs
クライン「………わりと気持ちわりぃなオメェ」

エギル「人の趣味は見掛けじゃ分からんもんだ」

キリト「良いだろ別に、俺はどうしても見たかった、まあ…これはシュミュレーションで実際には違ったんだがなな」フッ

クライン「どう違ったんだよ」

キリト「ん?ああ、まあ説明するとこんな感じか」

…………

………

……
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 22:50:17 ID:7879ySqs
…………

アスナ『キリトくん、正座』

アスナ『……え?じゃないでしょ?馬鹿みたいな事言って怒らない訳ないでしょ?良いから座りなさい』キッ

アスナ『まずひとつ、何処でそんな変態みたいな事覚えてきたのか言いなさい………前から興味あったですって?じゃ、やめて、無理』

アスナ『ちょ……なんで泣くのよ!?私がおかしいの!?違うでしょキリトくんが変態なだけじゃないの!!』

アスナ『こ、こらやめなさい!?や、やだ脱がさないでよ……こ、このっっ!!!!』クワッ


…………

キリト「……で、グーが飛んできた」

クライン「自業自得じゃねえか」
エギル「自業自得じゃねえか」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 23:04:41 ID:7879ySqs
キリト「………だって……恋人同士なら当たり前に見せて貰えるって思ってたんだ……」シュン

クライン「……何故当たり前だと思ってたんだ……」

キリト「好きな人の事は全部知りたいって思うのは間違ってるのかよ!?」

エギル「物と程度によるだろ……」

アスナ「………」

キリト「……俺がおかしかったのか……アスナ……」

クライン「ま、まあよ……そんなに落ち込むなキリの字、お前は焦りずぎだったんだよ、なっ?」ポンポン

エギル「まあ、まだ付き合い始めて日も浅いだろお前ら、そのうちなんとかなるから元気出せって、な?」ポンポン

キリト「……クライン、エギル……」グスッ

アスナ「………」ジー
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 23:11:06 ID:7879ySqs
クライン「まあな?キリトオメェのこと変態呼ばわりしといてあれだけどよ?俺だって興味ない訳じゃないからよ?気持ちは分かるぜ?常識的にはおかしいが男は変態、それの何がいけないって話だぜ」

キリト「……クライン」

エギル「若い内は色々興味持って当たり前だしな、俺だってカミさんにゃいろいろ言って罵られたもんよ、だからそんな落ち込むな」

キリト「……エギル」

アスナ「………」ジー
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 23:19:20 ID:7879ySqs
キリト「……ありがとう二人とも、俺……頑張るよ」

クライン「おう、大丈夫だキリトよ、お前は愛されてるって、見てりゃ分かる」

エギル「なーになんだかんだでお前の頼みだ、その内聞いてくれるさ」

キリト「ああ、そのうち……な」フッ

アスナ「嫌ですけど」

キリト「」ビクッ

クライン「あっ」

エギル「げ」

キリト「あ…アスナ…」ダラダラ

アスナ「…………昨日は殴っちゃったし、私も悪かったかなって思って謝ろうとしてたけど気が変わったわ、キリトくん」ジロッ

キリト「はい」ビクッ

アスナ「ちょっと二人で話しましょうか、行くわよ」

キリト「」カタカタ
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 23:26:57 ID:7879ySqs
キリト「……っ…!?」チラッ

クライン「………」プイッ

エギル「………」フルフル

キリト「」カタカタ

アスナ「……早く来なさい!!まったくなんでそんな事人に話してるのよ信じらんない!!せっかく分かってあげないとダメかなって思ってたのに!!キリトともかくわ私はそういうの恥ずかしいんだから止めてよホントに!!」ガシッズルズル…

キリト「…あっ……ごめんなさい!!許してアスナ!!」

アスナ「許さない!!早く自分で歩く!!」クワッ

キリト「はいっ」ビシッ

アスナ「………まったくもうキリトくんの馬鹿!!」スタスタ

キリト「スイマセンスイマセンスイマセンスイマセン」トタトタ

バタン

クライン「………」

エギル「………」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/01(日) 23:30:04 ID:7879ySqs
クライン「……まあ、なんだ」ガジガジ

エギル「ああ」カタッ

クライン「尻に敷かれてるのも悪くなさそうだよなぁ…」

エギル「………そうだな」

おわり
13: しょーちゃん ◆uJYBeFyhic 2015/02/01(日) 23:34:15 ID:7879ySqs

男の願望はAVの観すぎで肥大化が深刻(´・ω・`)当たり前だと思ってると痛い目みるので気をつけなはれや
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/02(月) 05:54:23 ID:2nmk6tjc
まさかの実体験
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/02(月) 05:57:34 ID:0/vqYd8w
しょーちゃんは女の子の小ちゃんを見るのが好きなのか



この書き手のSS:
ソードアートオンライン

キリト「…なんだこの本?」


キリト「スグ、何してんだ?」直葉「え…ね、ネットだよ?」


キリト「どういうことだよッッ!!!!」


キリト「今日はシノンと待ち合わせか…」


その他:

この書き手のSS

(とある魔術SSなど)


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク