カツオ「ドラえもん?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 19:50:39 ID:S0L9BRNM
―空き地―

中島「ボール投げるぞ、磯野ーっ!」

カツオ「オッケー!」

カツオ「ん?」

ヒュルルルルル…

カツオ「空からなにか降ってきた!」

中島「え!?」

ドスンッ!

ドラえもん「あだだだ…!」

中島「これは…タヌキ?」

カツオ「空からタヌキが!タヌキが降ってきた!」

ドラえもん「ぼくはタヌキじゃない!」ガバッ
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 19:57:59 ID:S0L9BRNM
ドラえもん「うっ!」ズキッ…

ドラえもん「いたたたた…!」ガクッ

カツオ「大丈夫かい?」

中島「磯野、どこかに運んであげた方がいいんじゃないか?」

カツオ「じゃあ僕たちが肩を貸してあげるよ。よいしょ、と」グイッ

中島「よっと」グイッ

ドラえもん「あ、ありがとう」

中島「どうする、磯野?」

カツオ「そうだなぁ…。よし、とりあえず僕の家に運ぼう!」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:05:46 ID:S0L9BRNM
カツオ「よいしょ、よいしょ」

カツオ「ところで…君、名前はなんていうの?」

ドラえもん「ぼく、ドラえもん」

中島「ドラえもん?タヌキにしては変な名前だなぁ」

ドラえもん「だからタヌキじゃないって言ってるでしょ!」

ドラえもん「ぼくは未来から来たネコ型ロボットだ!」

カツオ「ふうん…。よく分からないけど、しばらく家で休んでいきなよ」

ドラえもん「ありがとう…いたたた…!」ヨタヨタ…
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:14:08 ID:S0L9BRNM
―磯野家の玄関―

カツオ「ただいま~!」

サザエ「あらカツオ、おかえりってどうしたのよ、そのタヌキ!?」

ドラえもん「だから、ぼくはタヌキじゃないです!」

カツオ「これはドラえもんっていうネコ型ロボットだよ」

カツオ「ケガしてるから、しばらく家で休ませてあげたいんだ」

カツオ「いいでしょ、姉さん?」

サザエ「ネコ型ロボット?…何言ってんのよあんた」

サザエ「ま、いいわ。あがってちょうだい」

ドラえもん「お、おじゃまします…いたた…」ヨロヨロ…
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:21:20 ID:S0L9BRNM
―子供部屋―

カツオ「あ、ワカメとタラちゃんもいたのか」

ワカメ「おかえりなさい、お兄ちゃん!って、なによそのタヌキ!?」

タラオ「青くて丸いタヌキさんですぅ~」

ドラえもん「だから、タヌキじゃないってば!」

カツオ「タヌキじゃなくて、ネコ型ロボットのドラえもんさ」

カツオ「僕がケガしてるところを保護してあげたんだ」

カツオ「悪いんだけどさ、しばらくこの部屋で休ませてあげてよ」

ワカメ「ケガしてるの?分かったわ」

タラオ「分かったですぅ~」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:29:27 ID:S0L9BRNM
カツオ「ところでさ、ドラえもん」

ドラえもん「えぇと、カツオ君だっけ。なんだい?」

カツオ「さっきはどうして空から降ってきたの?」

カツオ「空から降ってきたってことは、つまり空にいたってことだろ?」

カツオ「でも、ネコにせよタヌキにせよ、空は飛ばないはずだけど…」

カツオ「なにしろ空き地のど真ん中に落ちてきたんだからねぇ」

ドラえもん「ああ、あれはタケコプターって道具で飛んでいたんだよ」

カツオ「タケコプター?」

ドラえもん「うん、未来でもっともポピュラーな空飛ぶ道具のことだよ」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:38:04 ID:S0L9BRNM
~ 回想 ~

―野比家―

ドラえもん「…」ゴロゴロ…

ドラえもん(のび太君はしずかちゃんちに遊びに行っちゃったし、暇だなぁ)

ドラえもん(スズメが空を飛んでる…)

ドラえもん「ようし、ぼくもたまには一人で空の旅でもしてみようかな」ムクッ

ドラえもん「そうと決まれば…」ゴソゴソ…

ドラえもん「タケコプタ~!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:47:36 ID:S0L9BRNM
―空―

プルルルルル…

ドラえもん(行き先を考えずに飛んでたら、知らない町に来ちゃったな)

ドラえもん(この辺は未来でいうセタガヤブロックかな?)キョロキョロ

ドラえもん「ん?」

カラス「カー、カー」バサバサ…

ドラえもん「わっ、カラス!」

カラス「カー、カー」ツンツン

ドラえもん「わっ、やめて!ぼくは生ゴミじゃないぞ!やめろってば!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:54:11 ID:S0L9BRNM
カラス「カー、カー」ツンツン

ドラえもん「シッ、シッ!」サッサッ

カラス「カァーッ!」ツンッ

ポロッ…

ドラえもん「わっ!タケコプターが!」

ドラえもん「うわあぁぁぁっ!!!」

ヒュルルルルル…


ドスンッ!
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 20:59:20 ID:S0L9BRNM
ドラえもん「…というわけ」

カツオ「というわけ、っていわれてもねぇ…」

カツオ「タケコプター?空を飛ぶ?とても信じられないよ」

ワカメ「私も」

タラオ「ぼくもですぅ」

ドラえもん「よぉ~し、だったら証拠を出そう」ゴソゴソ…

ドラえもん「タケ…」

サザエ「カツオたち、おやつよ~!」

カツオ「あっ、姉さん!」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:07:02 ID:S0L9BRNM
カツオ「おやつの時間だけど…」

カツオ「ドラえもんはどうする?食べてく?それとももう少し寝てる?」

ドラえもん「寝てようかな…まだ体が痛いし…」ゴロン…

ワカメ「お姉ちゃん、今日のおやつはなに?」

サザエ「どら焼きよ、さっき裏のおじいちゃんがくださったの」

ドラえもん「!」ピクッ

ドラえもん「ぼくも食べる!」ガバッ

カツオ「えっ!?だけど痛いって…」

ドラえもん「痛いけど、食べる!」ギロッ

カツオ「わ、分かったよ!」

カツオ(まるで人が変わったみたいになったぞ…!)
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:12:17 ID:S0L9BRNM
―居間―

ダダダッ!

ドラえもん「どら焼き!」ギンギン

フネ「これこれ、家の中を走り回るんじゃありませんよ。はしたない」

フネ「おや?青いタヌキなんて珍しいねぇ」

ドラえもん「ぼくはタヌキじゃないけど、今はそんなことはどうでもいいです」

ドラえもん「どら焼き!」

フネ(どら焼きが好きなタヌキなんているんだねぇ)

フネ「いっぱい頂きましたから、慌てなくても大丈夫ですよ」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:17:38 ID:S0L9BRNM
カツオ「ひどいや、ひどいや!10個あったうちの7個を一人で食べちゃうなんて!」

ワカメ「目を離してたら、全部なくなってるんだもの!」

タラオ「食べすぎですぅ~!」

ドラえもん「ごめんなさい…」シュン…

ドラえもん「ぼく、どら焼きには目がなくて…」

フネ「あらあら、ドラえもんって名前なだけのことはあるねぇ」

サザエ「ドラ猫のドラかと思ったけど、どら焼きのドラなのかもね。ふふっ」

ドラえもん(ぼくとしたことが…トホホ)
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:22:20 ID:S0L9BRNM
ドラえもん「そ、そうだ!」

ドラえもん「カツオ君、ワカメちゃん、タラオ君」

ドラえもん「お詫びに、ぼくと一緒に空の旅をしよう!」ゴソゴソ…

ドラえもん「タケコプタ~!」

カツオ「これが…さっき言ってたタケコプター?」

ワカメ「ただの竹とんぼじゃない。ちょっと形が変わってるけど…」

タラオ「竹とんぼ飛ばすです~」

ドラえもん「ふふふ。ここじゃまずいから、庭に出てから出発しよう」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:27:36 ID:S0L9BRNM
―庭―

ドラえもん「さっきみたいに取れても大丈夫なようにヒモをつけて、と」

ドラえもん「これをこうやって頭につけるんだ」スッ

カツオ「こうかい?」スッ

ワカメ「こう?」スッ

タラオ「こうですか?」スッ

プルルルルル…

フワァ~…

カツオ「わ、飛んだ!」

ワカメ「飛んだわ!」

タラオ「飛んだですぅ~!」

ドラえもん「それじゃ出発!」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:31:31 ID:S0L9BRNM
プルルルルル…

ドラえもん「三人とも、上手上手」

ドラえもん(のび太君は最初、全然ダメだったけど…)

カツオ「すごいや、すごいや!」

ワカメ「わぁ~!」

タラオ「空を飛んでるです~」

ドラえもん「慣れてきたら、町中を飛び回ってみよう!」

プルルルルル…
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:39:29 ID:S0L9BRNM
中島「磯野!?」ギョッ

中島「それにワカメちゃんにタラちゃん、さっきのドラえもんまで!」


花沢「あら、目の錯覚かしら?磯野君たちが空を飛んでるような」

花沢「私ったらもう、磯野君のこと意識しすぎだよねぇ~!あははっ!」


三郎「ん?あれはカツオ君たち!?」キキィッ

三郎「いや…多分そっくりな風船かなにかだよな…」ブロロロロ…


リカ「あれは…タラちゃん!?まさかねぇ」

リカ「人間が空を飛べるはずないもの!」


堀川(ワカメちゃんやお兄さんが空を飛んでる?)

堀川(いや…きっと飛行機と見間違えたんだろう、うん)
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:47:15 ID:S0L9BRNM
イクラ「ハァ~イ、ハァ~イ!」

タイコ「どうしたの、イクラ?」

イクラ「バブー、バブー!チャーン!」スッ

タイコ「え、お空?」クルッ

タイコ(あら、あれはカツオちゃんたち?どうして空を飛んでいるのかしら?)

タイコ「私ったら、疲れてるのかしら…」


甚六「あれぇ?カツオ君たちが空を飛んでる!?」

ウキエ「えっ、どこに?」

甚六「あれ…?今たしかに…」

甚六「俺もノイローゼかなぁ…こんな幻覚を見るなんて」

ウキエ「兄貴、受験勉強のしすぎじゃない?少しはリラックスしないと」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 21:55:02 ID:S0L9BRNM
―庭―

カツオ「あ~、面白かった!」

ワカメ「私、こんな楽しいのはじめて!」

タラオ「ぼくもですぅ~!」

ドラえもん「楽しんでもらえて、ぼくも嬉しいよ」

ドラえもん(やれやれ、本当はこんなこといけないかもしれないけど)

ドラえもん(これでどら焼きの借りは返せたかな…)ホッ…
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:00:54 ID:S0L9BRNM
カツオ「ねえドラえもん、せっかくだから今夜は泊まっていったら?」

ワカメ「そうよ!」

タラオ「泊まるですぅ~」

ドラえもん「う~ん…」

ドラえもん「でもきっと、家のみんなが心配すると思うし…」

カツオ「だったら、電話して聞いてみればいいじゃないか」

ドラえもん(きっとのび太君あたりが「帰ってこい」なんていうだろうけど)

ドラえもん(ここまでせがまれて、むげに断るのもなぁ)

ドラえもん「分かったよ、家に電話してみる」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:06:33 ID:S0L9BRNM
ママ『あらそうなの?分かったわ、ご迷惑をかけないようにね、ドラちゃん』

のび太『うん、分かった!じゃあまた明日ね!』


ドラえもん「…」

ドラえもん(てっきり心配してくれたり帰ってこいといわれるかと思いきや…)

ドラえもん(ホッとしたけど、なんだか複雑な気分…)

ドラえもん「えぇと、カツオ君、オッケーをもらったから今夜は泊らせてもらうよ」

カツオ「やったぁ!」

ワカメ「よかったぁ」

タラオ「わ~いです!」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:14:16 ID:S0L9BRNM
―居間―

ハッハッハッハッハ…!

波平「いやはや驚いたよ」

波平「科学は日進月歩というが、未来ではこんなに賢いロボットができるのか」

波平「にわかには信じがたいが、実物を見てしまってはな」

マスオ「しかも自由に空を飛べる道具なんて、驚きですねぇ~、お義父さん」

ドラえもん「いやぁ、それほどでも…」

波平「それにしても、タヌキのロボットとは珍しい!」

ドラえもん「…」ムスッ

波平「え…」

カツオ「お父さん、ドラえもんはタヌキじゃなくてネコなんだってば」ボソッ…

波平「…あ、こりゃ失礼」ショボン…
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:19:12 ID:S0L9BRNM
マスオ「ところで、ドラえもん君のお腹にある大きなポケットはなんなんだい?」

ドラえもん「これは四次元ポケットといって、中に色んな道具が入っています」

マスオ「へぇ~」

カツオ「さっき話したタケコプターも、この中に入ってたんだよ」

ワカメ「そうそう、手品みたいだったわ」

タラオ「いっぱい入るですぅ~」

サザエ「ってことは、ポケットの中にはまだまだ道具がいっぱいあるの?」

ドラえもん「もっちろん!」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:25:56 ID:S0L9BRNM
ワカメ「じゃあ私、可愛いお洋服を作る道具が欲し~い!」

タラオ「ぼくは絵本が欲しいです~!」

波平「コラコラ、ワカメもタラちゃんもよしなさい。ドラえもん君に悪いじゃないか」

フネ「そうですよ、お客さんなんですから」

カツオ「そうだぞ、二人とも!」

カツオ「ところでドラえもん、テストで楽に100点取れる道具なんてのは…」

波平「バッカモン!!!」

カツオ「ひぃ…」

ドラえもん(カツオ君はかなりしっかりしてるけど)

ドラえもん(どことなくのび太君に似てるところがあるな)
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:30:31 ID:S0L9BRNM
サザエ「呆れた」

サザエ「道具で100点取ったって、なんの意味もないでしょうが」

カツオ「はぁ~い」

サザエ「ところで、未来の化粧品とかってあるの?」

ドラえもん「えぇとそれは…」

波平「サザエ、お前もなにいっとるんだ!化粧品ぐらい自分で買わんか!」

サザエ「えへへ、ごめんなさい」

ドラえもん(似たもの姉弟だなぁ)
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:35:04 ID:S0L9BRNM
サザエ「マスオさんはなにかないの?こういう道具欲しいな、とか」

マスオ「僕は特にないよ」

マスオ(新しいゴルフクラブ、なんていっちゃマズイだろうなぁ…)

サザエ「母さんは?」

フネ「私はありませんよ」

サザエ「じゃあ父さんは?」

波平「あるわけなかろう」

波平「わしには母さんやみんながいれば、それでいいんだ」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:40:09 ID:S0L9BRNM
カツオ「そう、家族がいればそれでいいんだ!」

カツオ「さっすが父さん!いよっ、大黒柱!」

波平「また調子に乗りよって、こいつめ」

カツオ「えへへ…」

フネ「ドラえもん君は、今夜はカツオたちの部屋で寝てちょうだいね」

フネ「布団は敷いておきますから」

ドラえもん「ありがとうございます」ペコッ

タマ「ニャァ~ン」

ドラえもん「いやぁ、そんなことないよ」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:47:26 ID:S0L9BRNM
―子供部屋―

カツオ「あのさ、ドラえもん」

カツオ「ドラえもんは未来から来たって言ったけど、どうして未来からやって来たの?」

ドラえもん「う~ん、あまり詳しくは話せないんだけど」

ドラえもん「ある男の子を助けるためなんだ」

カツオ「いったいどんな子なんだい?」

ドラえもん「えぇ~と、優しくて、勇気があって、射撃が上手くて、よく眠る、かな」

カツオ「ふうん、わざわざ未来から来て助ける必要がある子には思えないけどなぁ」

ドラえもん(我ながら、よくいいすぎたかな)

ドラえもん(でもまあ、嘘はついてないよね、うん)
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 22:56:49 ID:S0L9BRNM
カツオ「あ~あ、僕もドラえもんみたいなロボットが来てくれたらなぁ~」

ドラえもん「ぼくのようなロボットが来ないってことは」

ドラえもん「きっと君は幸せな人生を歩むんだよ」

ドラえもん「綺麗な女の人と結婚して、可愛い子供ができて…ってね」

カツオ「そういうものかなぁ」

ワカメ「お兄ちゃんの結婚相手は、きっと花沢さんね!」クスッ

カツオ「な、なにいってるんだよ、ワカメ!なんで花沢さんなんだよ!」

ワカメ「だってお似合いなんだもん」

カツオ「あ~もう、この話は終わり!寝るぞ!!」ガバッ

ワカメ「おやすみ、お兄ちゃん、ドラえもんさん」ファサッ

ドラえもん「おやすみなさい」ガバッ

ドラえもん(ぼくの勘だけど、きっとカツオ君は花沢さんって人と結婚するだろうな)
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 23:03:12 ID:S0L9BRNM
―翌朝―

波平「ゆうべはよく眠れたかね?」

ドラえもん「おかげさまで、グッスリと」

ドラえもん(いつもなら、夜中にのび太君が宿題やってなかったって騒ぐもんな)

サザエ「また来てちょうだいね」

フネ「どら焼きで歓迎しますよ」

マスオ「同じ東京に住んでるのなら、気軽に来れるだろうからね」

ドラえもん「ありがとうございます!」

カツオ「それじゃあ、またね!」

ワカメ「また遊びに来てね!」

タラオ「バイバイですぅ~!」

タマ「ニャァ~ン」

ドラえもん「さようなら~!」プルルルル…
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 23:11:11 ID:S0L9BRNM
マスオ「本当に飛んでいっちゃいましたねぇ」

波平「世の中には、わしらが知らないことがまだまだあるということだ」

波平「それにしても、まさかロボットが我が家にやってくる時代になるとはなぁ」

フネ「でも、ロボットとはいえ、ほとんど人間みたいでしたけどね」

サザエ「そうね、なんたってどら焼きが好物だし」

カツオ「食い意地は、人間である姉さんにどっこいどっこいってところかな?」

サザエ「コラッ、カツオ~!」ダダダッ

カツオ「うわぁ~!」ダダダッ

サザエ「待ちなさぁ~い!」ダダダッ

波平「コラコラ、二人ともやめんか!」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/04(日) 23:15:42 ID:S0L9BRNM
―洗面所―

波平「さて、髪を整えるか」

波平「…」スッスッ…

波平「…」サッサ…

波平(あのドラえもん君に…)

波平(未来の髪を生やす薬を、もらっておけばよかったかもしれんな…)


~ お し ま い ~
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/05(月) 07:24:32 ID:V6tXRWpc
面白かった、乙!
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/06(火) 02:25:45 ID:Wz9nHxAo
サザエさんなのにマジキチ・殺伐じゃないだと…
普通に面白かった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク