FC2ブログ

男「最近妙な夢を見る」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:19:59 ID:Lrlm30EA
友人「へえ……どんな?」

男「ああ、かなり気味の悪い夢だ……」

友人「……俺がホラー映画が嫌いな事知ってるだろ?」

男「いや、そういうのじゃないんだ。もっとシンプルな夢だ……」

友人「シンプル?」


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:20:41 ID:Lrlm30EA
男「真っ白な何もない世界で、めちゃくちゃ嬉しそうに少年がとび跳ねてる夢………」

友人「……?かわいらしい夢じゃないか……」

男「一回だけならな」

友人「……え?」

男「ここ一ヶ月の間、毎日その夢を見るんだ……」

友人「…そりゃお前、お前が病的なショタコンだからだろ………」

男「ちげーよ!!俺はホモでもないし、ちっちゃいコ好きでもない!!」

友人「うーん…違うか~」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:21:16 ID:Lrlm30EA
男「それで、こっからがまた不気味なんだよ……」

友人「……え?」

男「その少年…それはもう嬉しそうに『とある数字』をずっと叫んでるんだよ」

友人「とある数字?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:21:54 ID:Lrlm30EA
男「そいつ、延々と『2017!』『2017!』『2017!』って叫び続けてるんだ……」

友人「なにそれ恐い」

男「最初は無邪気でかわいらしいと思ってたけど……段々と不気味になってきてな………なんだと思う?この数字」

友人「『2017』………かぁ…………それきっと予言だぜ?男よ」

男「予言?」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:22:33 ID:Lrlm30EA
友人「ああ、近いうちにその『2017』って数字と出くわすんだよ!……例えば車のナンバープレートだったり、買い物したときの値段だったり……。もしかすると宝くじの当選番号かもしれねーぞ!!!」

男「た……宝くじの……………」

友人「ぜってーそうだよ!!覚えてた方がいいって!!!」

男「……そんな気がしてきた………!!覚えておこう!!」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:23:08 ID:Lrlm30EA
~夜~
男「今日もあの夢を見るのか………」

男「……………………」zzz

男「…………………ん……」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:24:16 ID:Lrlm30EA
(^q^)「2017!!!2017!!!2017!!!2017!!!2017!!!」

男(……またか……………)

男(いつ見ても楽しそうだな…………あんなにとび跳ねて……………)

(^q^)「2017!!!2017!!!2017!!!2017!!!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:24:55 ID:Lrlm30EA
男(話かけて、何者なのか尋ねたいけど……この夢にはいわゆる自分がいない…………)

男(ただただ、延々と第3者の目線で、何もない真っ白な世界でとび跳ねる少年を見ているだけ………)

男(テレビ番組なら0点だ…………)

(^q^)「2017!!!2017!!!2017!!!2017!!!」ピョンピョン

男(…………それにしても…なんて嬉しそうな笑顔なんだ………)
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:25:36 ID:Lrlm30EA
~朝~
友人「う~す!またあの夢か?」

男「ああ……相変わらずだ」

友人「へぇ…」

男「ついでに……いまだに現実世界で2017という数字にはでくわしていない」

友人「そのことなんだけどよ………俺もあの後自分なりに考えてさ…」

男「…?うん」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:26:25 ID:Lrlm30EA
友人「その『2017』ってのは…年数のことなんじゃないかって!!!」

男「年数…?」

友人「そう!!その少年は西暦2017年の事を言ってるんだよ!」

男「……なるほど………」

友人「今年は2015年だからあと2年後だ!!その年になにかすげえ事がおきるんだよ!!!」

男「なんか、ノストラダムスの予言みたいだな………」

友人「間違いねーって!!すげーよお前!!俺の友達が予言者だったなんて!!!俺は誇らしいよ!!」

男「……………」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:27:30 ID:Lrlm30EA
~夜~
男(………友人は2017年に『すげー事がおきる』と言っていたけど………そんな楽観的に考えていていいのだろうか……)

男(たとえば……2017年に地球が壊れるとか……2017年に宇宙人が攻めてくるとか………)

男(もっといえば…『2017』は20時17分とも受け取れる……そうだとしたら何年何月何日の指定はないからすぐにでもその時は訪れる……)

男(………与えられたヒントが『2017』だけではどうにもならない…………今夜……なにかヒントを得られればいいんだが……)

しかし…その日見た夢も、ただ少年が嬉しそうに「その数字」を叫びながらとび跳ねているだけだった………
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:28:04 ID:Lrlm30EA
~次の日~
男「……………………」

友人「……おい…男……顔色悪いぞ?」

男「……世界を救わなければ………………………」

友人「……え?」

男「もし俺が予言者なら………なにがなんでも真相を掴んで世界に伝えなければ………」

友人「男………」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:28:36 ID:Lrlm30EA
~夜~
男「……インターネットで有力な情報を探そう……」

男「………2017……予言………っと……………」

男「……………………」カチカチ

男「…………!!!!」

男「ノストラダムスの予言は終わってない!!!??」

男「……なになに?旧約聖書のダニエル書によると…………地球の滅亡は………2017年……………??」

鳥肌が一気にたつ……めまいがする…………

男「まさか…………本当に……………」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:29:17 ID:Lrlm30EA
男は興奮も覚めぬまま、ベッドに入った

男(………………はやく眠れ!!はやく眠れ!!!)

男(…………)

男(…………!!!)
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:30:17 ID:Lrlm30EA
(^q^)「2017!!!2017!!!2017!!!2017!!!」

男(ゾクッ………)

今までに一度でもこの少年を無邪気でかわいらしいと思った自分を呪いたい

男(おい!!!なに笑ってやがる!!!てめえ!!)
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:30:58 ID:Lrlm30EA

(^q^)「2017!!!2017!!!2017!!!2017!!!」

男(……こいつ……!!)

いくら叫んでもこの少年に男の声は届かなかった。あくまでこの夢の世界では男は第3者。ただ眺めるだけの存在なのである。

男(ちくしょう………ちくしょう………)
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:32:12 ID:Lrlm30EA
~朝~
男「ちくしょう!!あのくそがき!!!」

友人「落ち着けって!!」

男「あのガキ……ずっと笑ってやがった………世界滅亡の年を叫びながら!!」

友人「…」

男「きっとあいつがこの星を壊す張本人なんだ!!……くそ!!俺があいつに触れられたら………」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:39:01 ID:Lrlm30EA
友人「男!!落ち着け!!!」

男「……!!…」

友人「なに背負い込んでんだよ!お前らしくないぞ!!」

男「友人………」

友人「それにまだ決まったわけじゃないだろ?インターネットの嘘くさい情報なんて信じる事はねーって!」

男「…………そうだよな……きっとなにかの間違いだよな…」

友人「そうだって!それにもしそうだとしても2017年の事だろ?今考えてもしょうがねーって!」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:40:10 ID:Lrlm30EA
男(友人に言われると…不思議と落ち着く……確かにそうだ…インターネットの情報を鵜呑みにしてしまってはいけないな…………)

男(もしかしたら2017年にすげーめでたい事がおきるのかも知れないし……うん…………そうだとしたらあの少年の笑顔も納だ………)

男「友人……少し落ち着いたよ………ありがとう…」

友人「いいってことよwそれと、お前すげークマだぞ?少し休め」

男「ああそうだな……今日はもう帰るよ」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:40:53 ID:Lrlm30EA
~帰り道~
男「………」フラフラ

男(確かに疲れてるな……まああんな夢を見続けたら、疲れるよな………)

男「おっと……」




車「キキィィィィィィィ!!!!!」

男「え?」




ドカァ!!!!!!!!





男「……………」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:41:35 ID:Lrlm30EA
そのあと……例のあの夢を見た

男「………ここは………」

だが、あきらかにいつもと違う……

男「………声が出る…………」

いつもと違うのは、自分がその部屋の中にちゃんとにいるということだ。いつもみたいに、第3者目線ではなく……しっかりと自分は「そこ」にいた

そして、男は信じられないほど恐ろしい光景を目撃した
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:43:12 ID:Lrlm30EA
いつもの白い部屋……いつもの少年……その回りにうっすらと、数えきれないほどたくさんの透明な人間達が狂ったようにとび跳ねているではないか……

男「………………なんだ………こいつら…………」

冷や汗が止まらない、さっき俺は……車にひかれ………
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:43:45 ID:Lrlm30EA

(^q^)「………………じゅ………ち………………に…………は………」

男「………………え………なに?…………」


(^q^)「…………せ………………じゅ…………………………ち…………」

男「…………………………よく聞き取れない………」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:44:49 ID:Lrlm30EA
.






(^q^)「にせんじゅうはち!!!!!!!!!!!!!!」






.
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:45:23 ID:Lrlm30EA
男「え?」

(^q^)「2018!!!2018!!!2018!!!2018!!!」

男「20………………………………………………………18???」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:45:57 ID:Lrlm30EA

(^q^)「2018!!!2018!!!2018!!!2018!!!」

男「なんで……増えてるんだ?」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:47:39 ID:Lrlm30EA
透明な人間達「2018!!!2018!!!2018!!!2018!!!」

おびただしい数の透明な人間達もそれに応じるかのように喜びの雄叫びをあげる

その数はざっと2000人以上……

男はすべてを理解した……あの数字の意味……数えきれないほどの透明人間の正体……この後の自分の運命……
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:48:18 ID:Lrlm30EA
ただ、わからない………少年………お前は誰だ?

何者なんだ?

その疑問もついにどうでもよくなった。

俺は今「新たな仲間」を待ちわびている…そう………2019を………………………
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:48:58 ID:Lrlm30EA
男「2018!!!2018!!!2018!!!2018!!!」

(^q^)「2018!!!2018!!!2018!!!2018!!!」

その日…男は息を引き取ったのだった。
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 02:49:50 ID:Lrlm30EA

(^q^)完(^q^)
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 09:38:05 ID:Z9pJDico


何気に怖いな………
しかし、夢の伝染はランダムなのかきっかけがあるのかわからないな?
ランダムでないなら次の犠牲者が夢を見る描写も欲しいところ
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 10:44:47 ID:LMnvrRH.


これは怖い……
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/29(月) 18:54:22 ID:99IDTFPE
おま… こえぇよ
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/30(火) 01:36:26 ID:D1OAc3Qw
やめろよ眠れねぇだろ(´;ω;`)

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

2017は犠牲者の数で男が死んだから2018になったのか・・・面白い。


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。