ダークネス「私にハレンチしまくるって…?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 14:08:11 ID:2xyspTmk
※ネタバレ注意



ダークネス「フフ…でまかせでしょ?」

ダークネス「たしかにあなたはコケれば必ずパンツに顔を突っ込むハレンチの化身だけど、それはいつも不可抗力…」

ダークネス「本人は至って真面目。そのギャップがたまんないんだから❤」

リト(ヤミを救う為なら俺はハレンチなことを…)

リト「ヤッてやる!」ババッ

リト「ヤミちゅわぁああああああああん!」ピョーーーーン!

ダークネス「わっ、え!?ちょっ…何!?」アセアセ

ナナ「何だアイツ!?服脱いでまるで校長みたいに」

モモ(校長先生は何度となくヤミさんに襲い掛かっている変態中の変態!!そのイメージをお手本に…―)

リト(も、もっとだ!これじゃまだ変態の中の変態になりきれてない!)

リト(もっと……変態にッ!)ボロンッ

ナナ「」
モモ「」
メア「」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 14:09:23 ID:2xyspTmk

ダークネス「え!?お、お尻に当たってるあたたかいモノは何!?」

リト(俺は変態ッ!!俺は変態ッ!!)ニュルン

ダークネス「ひゃあ!?」

リト「ヤミちゅわぁああああん!」スコスコスコ!

ダークネス「ぁっ、やっ、そ…そんなにお股をコスっちゃっ!」

メア(リ、リトせんぱい…ヤミお姉ちゃんの為に必死に自分を抑えて…)

メア(……す、素股はちょっとやり過ぎだと思うけど///)

ナナ「ケ…ケダモノ…///」

モモ(だ、大丈夫…これはあくまでヤミさんの為であって本番さえしなければ………やっぱり羨ましい!!)
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 14:10:28 ID:2xyspTmk

ダークネス「ゆっ…結城リトがっ!自分からこんなっ❤」

ダークネス(こんなの…結城リトじゃない…!)スゥゥゥ…

ナナ「あっ!ダークネスの角が消えかかってるぞ!」

モモ「リトさん!もう一息です!」

リト「ヤミちゅわぁああああん!!」ズボッ!

ヤミ「んぁああっ!」


モモ「」
ナナ「」
メア「」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 14:11:31 ID:2xyspTmk

リト「ヤミっ!戻ってっ!こいっ!」ズチュズチュズチュッ!

ヤミ「もっ、もう戻っ…んぁっ!」



モモ「」
ナナ「」
メア「」



ヤミ(は、早く離れないとこのままでは取り返しのつかないことに…!)バサッ

リト「絶対離さない!!お前が元に戻るまでは!!」スパンパンパンッ!

ヤミ「くっ、空中でそんな激しっ!お…おかしくなってしまいますっ❤」



メア「お…追いかける?」

モモ「」
ナナ「」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 14:12:10 ID:2xyspTmk

ヒューーー…
     ドサッ



リト「うひょぉ~~~!ヤミちゅわぁああああ!!」パンパンパンッ!

ヤミ「ゆ…ゆうきっ、リトっ❤」



美柑「あれ?今の声リト?帰ってんの!?」

美柑「ねえリト!街で何か起きてるみたいなの!ヤミさんの身に何か―」ガタンッ



リト「戻ってこい!ヤミぃいいい!!」ビュルルルルル!!

ヤミ「んんっっ!!ゆっ、結城リトの子種が私の中に…❤」ビクンッ



美柑「」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 14:13:15 ID:2xyspTmk

リト「はぁ…はぁ…ヤ、ヤミ?元に戻った…か?」

ヤミ「はぁ…はぁ…」ドロッ

リト「」

リト「え!?お、俺何してんの!?///」

リト「ご、ごめんヤミ!!俺はただお前を…!」アセアセ

ヤミ「……私を救う為にやったことぐらいわかってます」

ヤミ「でもあなたは…取り返しのつかないことをしました」

リト「ご、ごめん……」

ヤミ「なので……ちゃんと責任とってくれないと殺しますよ?///」

リト「あ、ああ…俺、ちゃんとヤミを幸せにするよ///」




美柑「」
モモ「」
ナナ「」

メア「ハッピーエンド…かな?」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/11(月) 21:34:40 ID:/R0IXHzs
これからハーレムにするんだよな?

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク