男「幽霊が話しかけてきた」

1: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:19:45 ID:VuA8sSmQ

幽霊『よっ! 人生楽しい?』

男「すげぇ明るく話しかけてくる」

幽霊『なぁ、人生楽しい?』

男「今はお前の所為で楽しくねぇよ」

幽霊『人の所為にすんなよー』

男「……何の用だ」
2: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:22:50 ID:VuA8sSmQ

幽霊『いやさ、大概の幽霊って暗いじゃん? 暗いってレッテル貼りされてんじゃん?』

男「幽霊が暗くなかったら真夏に冷や汗かけねぇじゃん」

幽霊『あはははは! もしかして冷汗(れいかん)とか言いてぇの?
   霊感とかけてんの!? マジで? マジつまんねぇ』

男「う、うるせぇな」

幽霊『マジでかけてたのかよ。冗談だったんだけどな』

男「黙れ」

幽霊『まぁいいや。幽霊ってさ、元は人間じゃん? 人間にゃ暗い奴もいりゃ明るい奴もいるだろ?』

男「そりゃあな」

幽霊『なのによ、毎回毎回暗い悪霊ばっかチョイスして怖がりやがってよ』

男「夏は納涼でやってんだからその辺チョイスしなきゃだろ」
3: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:26:22 ID:VuA8sSmQ

幽霊『いいじゃねぇかよ! たまには底抜けに明るい幽霊がピックアップされてもよぉ!』

男「俺に言うなよ」

幽霊『オレは明るい幽霊を目指します!』

男「勝手にしろよ。そんなことで俺に絡むな」

幽霊『霊感持ちは大変だな。絡まれて』

男「そう思うなら絡むなよ」

幽霊『どうやったら明るい幽霊をアピールできると思う?』

男「聞いてねぇ!」

幽霊『明るい幽霊が認知されたら“今年のトレンド幽霊はこの人!”なんて注目されたり』

男「トレンドってどういう事だよ。血塗れ幽霊や首なし幽霊が流行ったりすんのか?」

幽霊『お前さ、話聞いてた? 明るい幽霊を認知させたいんだよ? なんで血塗れやら首ちょんぱが出てくんの?』
4: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:30:56 ID:VuA8sSmQ

男「ぐ、悪かったけど話聞いてねぇのはお前もだからな!」

幽霊『でさ、“パイオニアはこの人!”なんつって俺が紹介されんの!』

男「ほら、聞いてねぇ」

幽霊『“いや、やはり日の当たらない方たちを見つけ出すのも先駆者の役目ではないでしょうか?”』キリッ

男「何が始まった?」

幽霊『インタビューでの受け答えな! これで全国の女幽霊が俺にベタぼれ!!』

男「それ嬉しいんだかなんだかよくわかんねぇな」

幽霊『生身の女はそうそう触れねぇからなぁ』

男「やっと会話成立したか? そりゃ残念だな」

幽霊『だが裸は見放題だ』ニヤリッ

男「羨ましいっ!!」
5: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:39:10 ID:VuA8sSmQ

幽霊『そして幽霊界でモテモテになれば己の手で女幽霊を脱がすという楽しみも!!』ゲヒャヒャヒャ!

男「お前死ねよ!!」

幽霊『もう死んでますぅー。バカじゃないのバカじゃないのバッカじゃないのー?』

男「すげぇムカつく!!」

幽霊『そうそう、心霊写真なんかもなんだあれ。大概が木の影とか岩の影じゃねぇか』

男「言うなよ、それ」

幽霊『たまに写ってるっぽいのも目を皿にしねぇと分からねぇようなもんばっかだし』

男「ウォーリー並みだよな」

幽霊『ウォーリーの方がよっぽど探しやすい時あんぞ』

男「図書館とかだと丸付けてるバカがいんだよな」

幽霊『そうそう! それされるとお子様の楽しみゼロだぞ! やったやつは万死に値するわ!!』

男「罪重いな。でもやってんのはそのお子様じゃね?」
6: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:46:31 ID:VuA8sSmQ

幽霊『幽霊もウォーリー並みに明るく写れってんだよな!』

男「あ、心霊戻ってきた」

幽霊『写真にアへ顔ダブルピースで乱入しとけってんだ』

男「とんでもねぇ嫌がらせだな」

幽霊『なんか恨みがましい目で睨み付けたり、もやで隠したり、
   腕とか足とか首とか消したり、なんか恨みでもあんのかよ!!』

男「あるからだろ」

幽霊『もっとpositiveに逝こうぜ!!』

男「無駄に発音が」

幽霊『もっとアグレッシブに!!』

男「暑苦し……発音戻った」
7: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:49:55 ID:VuA8sSmQ

幽霊『幽霊全員でにこやかに写ればいいじゃない! はい、アへ顔ダブルピースー!!』vブイブイv

男「嫌がらせってレベルを遥かに越えたな。普通の心霊写真より嫌だわ」

幽霊『あとさ、映像とかなんなの? なんで映してる奴気づかないの?』

男「最近は気づいてる奴結構いるぞ」

幽霊『じゃあ、とりあえず今は気づかなかった奴の話な』

男「おう」

幽霊『カメラ構えてて相手のすぐ後ろだとかに映ってるのに気づきませんでしたー……ってアホか!!』

男「あー、ほら、一瞬だったりさ、別な所に目がいってたとかじゃねぇのかな?」

幽霊『明らかに変なヤツは気づけよ!!』

男「霊感無いんだろ。もはやただの文句だな」

幽霊『0感ってか? うるせぇんだよっ!!』

男「別にかけてねぇよ」
8: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 19:54:29 ID:VuA8sSmQ

幽霊『次は気づいてる奴な』

男「お、おう」

幽霊『見た! ぎゃー!! …………で?』

男「ん?」

幽霊『続きは!? その後お前らどうしたんだよ!!? 映像残ってるってこたぁ生きてんだろ!?』

男「たまに“その後彼らを見た者はいない……”とかナレーションが入るな」

幽霊『それもそれでおかしいだろ!! じゃあなんだよ、その映像!!』

男「後で来た誰かが拾ったんじゃね?」

幽霊『行方不明者の貴重な手掛かりだろ!? 警察に届けろ!
   ユーチ○ーブとかテレビとかに流してんじゃねぇよ!!』

男「一旦届けて戻ってきたから……とか?」

幽霊『だとしたら晒してんの身内か? とんでもねぇ身内だな!』
9: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:00:19 ID:VuA8sSmQ

男「そろそろ明るい幽霊の話に戻らないか?」

幽霊『お? 協力する気になったか』ウンウン

男「ハッ!!」

幽霊『まずは、だ! お前みたいに視える奴の協力が不可欠なんだよ』

男「しねぇってんだ」

幽霊『まずは幽霊がいるってのを明らかにしないとな』

男「言ったって白い目で見られただけだろ」

幽霊『もっかい頑張れ。俺は明るく頑張る』

男「いくらお前が明るくしたって0感な奴等にゃわかんねぇよ」

幽霊『そこはお前、霊能者の腕の見せ処だろうが!』

男「どう足掻こうが見えねぇ奴には見えねぇよ! 俺はめでたく頭おかしい奴認定されて終わるわ!!」

幽霊『何事もやってみなきゃわかんねぇだろ! さぁ、やるんだ! 君ならきっとやれる!!』
10: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:03:10 ID:VuA8sSmQ

男「なんの根拠もねぇな」

幽霊『お前に触れてたら見えただろー』

男「だからそれは人に寄るだろ? 試したじゃねぇかよ」

幽霊『なんだよ、ノッてこいよ。つまんねぇ奴だな』

男「うるせぇな」

幽霊『俺の明るい幽霊計画が……』ガックリ

男「家族計画みたいな言い方すんな」

幽霊『つーまーんーねぇー』

男「俺が霊感持ちの所為でどんだけ白い目で見られた事か……」

幽霊『そりゃまぁ知ってっけどよぉ』
11: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:07:14 ID:VuA8sSmQ

男「で、お前いつまでいるんだ?」

幽霊『あー今日までだな。今日お迎えが来る気がする』

男「……なんでギリギリにしか来ねぇんだよ。しかもわけわかんねぇ絡み方しやがって」

幽霊『いやぁ』

男「……ファイトーっつって轢かれるやつ初めて見たわ」

幽霊『あの子が“いっぱぁーつ!!”って言ってくれりゃ完璧だったんだがなぁ』

男「言えるか。あの状況で言えたお前はすげぇよ」

幽霊『最期まで明るくな! 明るさ第一で生きてきたからな』

男「身体は明るさとはかけ離れてたけどな……」

幽霊『その所為で暫くうなされてたよな』

男「見てたのかよ」
12: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:13:12 ID:VuA8sSmQ

幽霊『おう、ほんのちょっとお前の暮らしを見つめてた』

男「ライオンか」

幽霊『幽霊だよ』

男「……」

幽霊『それで、お前はいつまでうだうだしてるつもりだ?』

男「……」

幽霊『俺は辛気臭いのは嫌いだ』

男「……んな事言われてもな」

幽霊『幼子を助けて事故死だぞ? 英雄じゃねぇか。親友として明るく送ってくれてもいいんじゃね?』

男「明るくは無理だろ」
13: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:17:15 ID:VuA8sSmQ

幽霊『そうそう、俺の葬送曲聞いた!?』

男「駄洒落か」

幽霊『濡れ衣だ』

男「あれ誰に頼んだんだ? お前の身内、すげぇ驚いてたけど」

幽霊『俺がやったの!』ブフー!!

男「なにしてんだ。不謹慎な」

幽霊『あれだな、意外と人操れんのな!』

男「とり憑いたのかよ。その相手、身内だろ?」

幽霊『妹』

男「やめてやれ」
14: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:23:12 ID:VuA8sSmQ

幽霊『いい曲だったろ? どんぐりころころ水戸○門ver』

男「しかもお前の歌声だった」

幽霊『何かの為にって録っておいてよかった!』フィー

男「達成感で満ち足りた顔すんな。すげぇ微妙な空気になったんだぞ。妙にこぶしが効いてたし」

幽霊『葬式が明るけりゃ立ち直りも早いかと思ったんだがな』

男「……んなワケあるか」

幽霊『こんだけ経てば立ち直ってくれると思ったんだがなー』

男「……そんなの……」

幽霊『目の前で死んだからな。ショックを受けただろうとすぐに出てくるのはやめといたんだ』

男「……すぐに出てきてくれた方がよかったよ」
15: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:27:09 ID:VuA8sSmQ

幽霊『辛気臭ぇなぁ』

男「当たり前だろうが」

幽霊『お前を理解してくれるヤツは結構いるって』

男「お前だけだよ」

幽霊『あらやだ、告白?』ウフン

男「きめぇ」

幽霊『お前暗いなぁ』

男「お前が明るすぎるんだろ」

幽霊『明るさをモットーに生きてきました!!』

男「ウゼェ」

幽霊『お前なぁ』
16: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:31:53 ID:VuA8sSmQ

男「お前らだけだったんだよ。白い目で見なかったのは」

幽霊『ほら、俺だけじゃねぇだろ。お前“ら”って言ってるじゃねぇか』

男「……最初にどうにかしようって考えてくれたのはお前だ」

幽霊『面白そうだったからな』

男「興味本意かよ」

幽霊『そんなもんだ』

男「……でも信じてくれた」

幽霊『嘘ついてる目じゃなかったしな』

男「……なんで死ぬんだよ」

幽霊『んなこと言われてもな』

男「お前がいなきゃ……俺……」
17: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:38:19 ID:VuA8sSmQ

幽霊『お前はさ』

男「?」

幽霊『俺が見えるだろ?』

男「ああ」

幽霊『俺の家族はさ、見えねぇんだよ』

男「……」

幽霊『でもな、俺の事知ってるからみんな立ち直ろうとしてる』

男「……」

幽霊『今の俺に会えないのにな』

男「……」

幽霊『お前も俺を知ってるよな?』

男「……知ってる」
18: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:45:06 ID:VuA8sSmQ

幽霊『俺がお前にどうしてほしいか分かるよな?』

男「分かる」

幽霊『俺はお前がダメになるのは見たくない』

男「……」

幽霊『お前が望むならずっといてやってもいい』

男「……ダメだろ」

幽霊『ダメじゃない』

男「そんなマネしたらお前……」

幽霊『下手すると二度と生まれ変われず漂うかもしれねぇんだよな。お前そう言ってたな』

男「……」

幽霊『お前がまだ引きこもるってんなら残る』

男「……」
19: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:50:06 ID:VuA8sSmQ

幽霊『お迎えを薙ぎ倒してでも残る』

男「……お迎えを薙ぎ倒すな」

幽霊『ただし』

男「なんだよ」

幽霊『お前が死んだ暁には共に漂ってもらう』

男「悪霊じゃねぇか」

幽霊『そして明るい幽霊を共に目指すのだ!!』ビシィッ!!

男「あ、それ諦めてないのな」

幽霊『あたりきしゃりき』

男「古い」

幽霊『どうせ漂うなら明るく漂ったらぁ』

男「ははっ……底抜けだな、お前」
20: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 20:53:19 ID:VuA8sSmQ

幽霊『やっと笑ったなー』ウンウン

男「……」

――コンコン

男「……」

幽霊『出ろよ』

男「……」

――コンコン

幽霊『ここ最近よく来てただろ。俺の妹だ。出ろよ』

男「……」スッ

――ガチャッ

妹「あ、やっと開けてくれた……」

男「……どうしたの?」
21: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 21:04:00 ID:VuA8sSmQ

妹「大丈夫……?」

男「……」

妹「こんなにやつれて……」

男「……大丈夫。何かあった?」

妹「あなたの様子を見にと、あと……あの……これ、兄さんの部屋にあったんだけど……」スッ

男「……写真?」

妹「何故かお葬式の時の写真なの。誰も写真なんて撮ってなかったはずなのに」

男「……」

妹「しかも……参列者を写しているんだけど……それを遮るように写ってるのって……」

男「あいつ……だな……」

妹「うん……なんていうか……」
22: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 21:06:15 ID:VuA8sSmQ

男「――最っっっ悪な写り方だな!」

妹「だよね!?」

男「アへ顔ダブルピース、実践してやがった!!」

妹「死んでからもとんでもない馬鹿!!」

男「あいつ正真正銘の馬鹿だな!!」

妹「……家族の誰にも見せられないからここに持ってきたんだよ」ハァー

男「ああ……これは見せられないな」

幽霊『てへ☆』

男「……」ジロッ

妹「……やっぱりいるんだね?」

男「え?」
23: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:27:05 ID:VuA8sSmQ

妹「兄さん。いるんでしょ!?」

男「あ、えと……まあ……」

妹「兄さん!! なんて事してくれんの!! 私の身体使ったでしょ!?」

幽霊『やべっ、バレてた』

妹「むぅぅ……見えないのって不便! ごめん、ちょっと」ガシッ

男「えっ?」

幽霊『げっ!!』

妹「いた!! この馬鹿兄!!」

幽霊『おい! 簡単に肩掴まれるなよ!』

男「知るかよ」

妹「私にとり憑いて写真を机の上に置いたでしょ!?」

幽霊『なんのことやら』
24: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:30:37 ID:VuA8sSmQ

妹「その後!! 私の限定プリン食べたでしょ!!」

男「お前、何してんだ」

幽霊『た、食べてねぇし』

妹「楽しみにしてたのにぃー!!」ウワーン!!

男「ああ……泣かない泣かない」ナデナデ

幽霊『うむ、いつもの光景』

男「このアホたれが!!」

妹「ふぇ……うっ……うぅ……うああぁあぁぁ!!!」

男「……」

幽霊『……』

妹「兄さんのばかぁぁぁ!!」
25: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:34:09 ID:VuA8sSmQ

幽霊『……うん、ごめんな』ナデナデ

妹「透けてるぅー!! 撫でてないー!!」ウェーン

幽霊『ふむ、確かに。そこでお前の出番!』ビシィッ!!

男「え」

幽霊『さっき撫でたみたいに撫でれ。俺の代わりだからな、優しく撫でれ』

妹「兄さん優しくなかったぁー!」ウェェ!

幽霊『おまっ、余計な事を』

男「……」ポンッ

妹「!!」

男「……」ナデナデ

妹「ふ……うぅ」

男「……」ナデナデ
26: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:39:48 ID:VuA8sSmQ

妹「うわぁぁぁん!!」ギュッ

男「!?」

幽霊『あ、コイツちゃっかり』

妹「黙れ、馬鹿兄ぃー!! 勝手に死んじゃったくせにぃー!!」ウェェ

幽霊『勝手にて。事故やがな』

妹「うっさい! 馬鹿兄!!」

幽霊『馬鹿ですよーん』vブイブイv

男「アへ顔ダブルピースをやめろ」

幽霊『何故!? こんな時にしないでいつやるの!?』

男「全く“こんな時”じゃねぇよ」

幽霊『そこは“今でしょ!”って言わないとー』
27: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:45:22 ID:VuA8sSmQ

男「いやもうそれ古いし」

幽霊『流行り廃れ早いよなぁ』

男「そんな話はいいだろ」

妹「兄さん、今までずっと近くにいたの?」グスッ

幽霊『いや、せっかくだからあちこち漂ってた』

妹「なんかムカつく」

幽霊『なんでだ!?』

妹「私達の様子とか気になんないの!?」

幽霊『いや、そりゃしばらくはいたよ、うん。でもさー……ぶっちゃけ飽きるじゃん?』

妹「うわぁぁあん!! あいつなんとかしてー!! 殴りたいー!!」ムギュー

男「わっ、いや、触るのはさすがに……ていうかその……///」
28: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:50:19 ID:VuA8sSmQ

幽霊『うわっ、こいつ妹のおっぱい堪能してやがる』

妹「!?///」バッ!

男「ば、バカな事言うな!!///」

妹「ご、ごめんなさい///」

男「い、いや、気持ちよかった……じゃなくて! 気にしてないから!」

幽霊『こいつ、こんなでもきょにゅーだからなぁ』

妹「んなこといちいち言うなぁぁ!!」ブンッ

幽霊『へ、へーん! 当たりませんー、透けますぅー』スカッ

妹「ふぁああぁぁ!!! ムーカーつーくー!!!」ジタバタ

男「あー、ほら、お前いい加減にしろって」
29: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:56:12 ID:VuA8sSmQ

幽霊『なにぉう? 生前はズタボロのボロ雑巾にされていたんだぞ? 今、からかわずしていつからかうんだ!』

男「……今でしょとか言わねぇからな」

幽霊『は?』

男「え?」

幽霊『あ!! あぁ!! 忘れてた』

男「ふざけんなよ!」

幽霊『ふざけてねぇよ、ふざけたのはお前だろ』

男「……くっ」

妹「なんか幽霊に攻撃ってできないの!?」ガシッ

男「今まで逃げるか避けるかしかしてこなかったからなぁ」

幽霊『へっへーん! オレ天下ー! やれるもんならやってみなー』ペンペン

男妹「「汚ないケツ(お尻)見せんなぁー!!」」ブンッ
30: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 22:59:34 ID:VuA8sSmQ

バキッ!

幽霊『いってぇー!!!?』

男妹「「!?」」

幽霊『えぇぇ? 幽霊に痛覚とかあんの!? マジいてぇんだけど!!』

妹「い、今の……」

男「こんにゃくというか低反発枕のような感触が……」

妹「あ、低反発枕の方がしっくりくる」

幽霊『どうでもいいわ!! 二人がかりで殴りやがって!』

妹「二人……」ハッ!

男「!!」ハッ!

幽霊『な、なんだ?』
31: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:03:21 ID:VuA8sSmQ

男「……」スッ

妹「……」ギュッ

幽霊『何故おもむろに手を繋ぐんだ?』タジ…

男妹「「せーの!」」ブンッ

バキッ!

幽霊『ぐふぇぇ!!?』

妹「やっぱり……!」

男「殴れた!」

妹「すごい! 二人なら幽霊でも殴れるんだ!!」

男「今まで幽霊を殴ろうなんて考えもしなかったからな……」

妹「幽霊退治できるかもしれないよ!!」

男「い、いや、わざわざ近寄るのは危ないよ。それに君を巻き込む事になるし……」
32: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:06:55 ID:VuA8sSmQ

妹「気にしないで。一緒にいられるならそんなのでもいいから……」

男「え」

妹「あっ……///」

男「あ、その……///」

幽霊『無闇に人をぶん殴っといていい雰囲気作ってんじゃねぇよっ!!!』

妹「う、うっさい! 馬鹿兄!!」バキッ!

幽霊『ぐぇっ!』

男「……いつもの日常だな」

幽霊『嫌な日常だな!!』

妹「でもなんでだろう? さっき兄さんが撫でた時は私に触れてなかった」

男「あ、そういえば」

幽霊『お前らそのままでいててな』スッ
33: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:10:29 ID:VuA8sSmQ

妹「ん?」

幽霊『どれどれ』ナデナデ

妹「あ、感触ある」

幽霊『俺もある。ふむ、握りあってる手を離して肩掴んでみ』

妹「うん」ガシッ

幽霊『どれ』ナデナデ

妹「あれ? 感触ない」

幽霊『俺もない』

男「直接触れあってないと幽霊に触れないって事か」

幽霊『なるほどなぁ。妹もなんか力あんのかな? しかし……手ぇ握りあいながら幽霊退治か……爆発しろ』

男「なんでだ!?」

幽霊『いやぁ、想像したらなんかイラっとした』
34: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:16:04 ID:VuA8sSmQ

――パアァァァ……

男妹「「!?」」

幽霊『あ、お迎えだ』

男妹「「軽っ!!」」

幽霊『いやまあ、今日だって分かってたしな』

男「そりゃそうだろうけどよ」

幽霊『逝っていいよな?』

男「……」

妹「…………大丈夫!!」

男「!?」

妹「私がそばにいるし!」ガシッ
35: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:19:25 ID:VuA8sSmQ

男「!!?///」

幽霊『大胆な告白だなー』

妹「もう吹っ切れた」

男「早いよ!?」

幽霊『俺の妹だからな』

男「そういう問題か!?」

妹「私じゃ……ダメ?」ウルウル…ムニュッ

男「い、いや、ダメじゃない」

幽霊『上目使いとかあざといなぁー、でもあっさりやられてんな。男ってのは弱いよなー、おっぱいに』

男「いや、別に! 腕が気持ちいいことになってるからってわけじゃ……!!」

妹「私でいいなら……好きにしてくれても……めちゃくちゃにしてもいいんだよ?」ギュッ

男「ファッ!?」
36: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:24:12 ID:VuA8sSmQ

幽霊『お前、どっからそんなセリフを』

妹「え? 二人が隠してたエロまんがとエロ本とエロBlu-rayから」

幽霊男『「ファッ!?』」

妹「他のカバーと取り換えるとかベッドの下とか、
  本棚の奥に同じような木の板を取り付けてその後ろに隠すとかバレバレだよ」

幽霊『いや! 本棚の奥とかなかなかないだろ!!』

男「え……俺のも……?」

妹「……ごめんなさい、傾向が知りたくて……」

幽霊『俺の妹がこんなに病んでた!!』

男「そこまでして俺の好みを知りたかったのか……」ジーン

幽霊『あ、病んでた。親友も病んでた。お前らお似合いだわ』
37: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:28:13 ID:VuA8sSmQ

妹「やだぁー!! 兄さんったらぁー!!///」ドーンッ!

幽霊『ぶべらっ!!』ゴスッ!

男「あ、壁に激突した。透けないのか?」

幽霊『いたた……通り抜けようと思わないとぶつかる事もあるの!!』

妹「幽霊って不可思議だねぇ」

幽霊『関心してんじゃねぇよ!』

お迎え『……あのぅ』

幽霊『あ、すみませんねぇ、お待たせして。今逝きますんで』ペコペコ

男「軽いな」

幽霊『明るいと言いたまえ』
38: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:35:35 ID:VuA8sSmQ

妹「今のは軽いで合ってるでしょ」

幽霊『いやいや、軽いじゃな――』

お迎え『埒が明かないので連れて逝きますね』ガシッ

幽霊『ちょっ! 今話中!!』ジタバタ

お迎え『問答無用です。ただでさえお目こぼししていたんですから』ズルズル

男「確かにだいぶ経ってるな……」

幽霊『どこがナニが?』

妹「うるさい! さっさと逝け!!」

幽霊『ついさっきまで俺の死を悼んでくれてたのにっ!!』

妹「100年の恋も冷めるくらいの勢いで涙も引っ込んだよ!!」
39: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:39:29 ID:VuA8sSmQ

幽霊『兄に懸想するとはなんたる妹』

妹「お迎え様、すぐに地獄へ連れて逝ってください」

幽霊『ちょ、おま』

お迎え『裁判があるので地獄かはわかりませんが連れて逝きますね』キンッ

幽霊『ぬおぉぉぉ!? 何故だ!? 抵抗できない!!』ウゴウゴ

妹「……虫みたいで気持ち悪い」

男「ああ、えと、これで最期になるのか? じゃあ、あのな」

幽霊『何さ』ウゴウゴ

男「ありがとうな。俺もう大丈夫だから」

幽霊『おう! 知ってた!』
40: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:47:17 ID:VuA8sSmQ

妹「……みんなも大丈夫だからね」

幽霊『ああ、それも知ってた!』

妹「そっか」

幽霊『あ、お迎えさん、もう抵抗せず逝くんでいいですか?』

お迎え『……まぁ、いいでしょう』キンッ

幽霊『ふぅ、じゃあな、二人共。仲良くやれよ』

妹「当たり前!」

男「……大事にする」

妹「!?」///

幽霊『うっわ! のろけられたわ。まあそれなら心配なさそうだな』
41: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:52:19 ID:VuA8sSmQ

お迎え『いきましょう』パァァ

幽霊『へい。じゃあな! 二人共幸せになー』vブイブイv

――フゥッ

妹「……」

男「……」

妹「最期の最期に……」

男「アへ顔ダブルピースで消えやがるとは」

妹「ああ、もう! 全っ然、悲しくなくなった!!」

男「そりゃ、あいつも本望だろうな」

妹「……そうだろうけど」
42: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/02(日) 23:54:51 ID:VuA8sSmQ

幽霊『いや、俺ホモじゃねぇし』

男「そういう意味じゃ……えぇぇぇぇぇぇ!!?」

妹「なんで!? さっき消えたじゃん!!」

幽霊『言い忘れた事があって、ちょっとだけ戻ってきた』

男「はぁ?」

幽霊『こいつ、制服好きだからセーラー服とかに興奮するから頑張れよ』

男「ちょっ、お前、何言ってんの!?」

妹「知ってるけど」

男「知ってるの!?」

幽霊『ああ、エロ系のやつ家探してたんだったか。でもこれは知らねぇだろ……』ヒソヒソ

妹「え!? 本当に……? えぇ……///」
43: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:00:32 ID:kGln8IUk

男「待て! 何話してんだ! やめろ!!」

妹「……///」

幽霊『そいじゃなー』

フッ

男「あ、おい! 逝っちまった。余韻もへったくれもねぇな、あいつらしいけど」

妹「……///」

男「えーっと……な、何聞かされたの?」

妹「……ずっと前から」

男「う、うん」ゴクリッ

妹「私の制服姿に悶えてたとか」

男「あの野郎!!」
44: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:02:14 ID:kGln8IUk

妹「私のスカート丈について熱く語ってたとか」

男「あいつ殺す!///」

妹「うん、もう死んでるけど」

男「……同じツッコミされた」

妹「あとね……」

男「あー、もう何言われても平気な気がする。何?」

妹「わ、私をずっと好きでいてくれてたって///」

男「!?」

妹「ほ、本当?」チラッ

男「へ? あ、いや、その!!///」

妹「……違うの?」シュンッ

男「違わないけど!」
45: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:07:44 ID:kGln8IUk

幽霊『あー甘酸っぺぇ甘酸っぺぇ』

男「お前はさっさと成仏しろよ!! お迎え様どうした!?」

幽霊『いちゃこらうざいから邪魔してこいって』

男「お迎え様っ!?」

幽霊『お前らちゃんと告白しあえよ』

妹「その邪魔してんでしょうが」ギリギリ

幽霊『あ、耳痛い!! 耳千切れる!!』

妹「いい加減失せろ!」

幽霊『酷いっ』ブワッ

男「泣くな」

妹「何度も戻ってくるから悲しさ半減だよ!」

幽霊『半減なのな』
46: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:13:44 ID:kGln8IUk

妹「お願いだから少しは悲しみ遺しておいてくれる?」

幽霊『残すな残すな、無くせ』

男「とことんか」

幽霊『いつかまた会えるさ』

妹「そうかなぁ」

幽霊『何度も輪廻転生すればいずれは』

男「気が遠くなりそうだなー」

幽霊『死ねばすぐ会える』

妹「物騒」

幽霊『あ、やべっ、もう逝かねぇと間に合わねぇ』

男「ほら早く逝けよ、成仏が間に合わずに漂われたら迷惑だ」

幽霊『へーへー、またな』
47: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:18:11 ID:kGln8IUk

フッ

男「……」

妹「……」

男「……」キョロキョロ

妹「……」キョロキョロ

男「……もう、大丈夫だ……よな?」

妹「た、多分」

男「……あのさ」

妹「うん」

男「……念のため、明日話さないか?」

妹「えっ……」
48: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:22:57 ID:kGln8IUk

男「その、待ち合わせして」

妹「デート!!」ヤッフゥー!!

男「しー!!」

妹「あ!」キョロキョロ

男「……」キョロキョロ

シーン

男妹「「ふぅー」」

男「えっと」

妹「……また明日ね!」

男「お、おう」
49: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:27:16 ID:kGln8IUk


――あの世――


幽霊『ふぃー間に合ったぁー』

お迎え『本当に間に合わないところでしたよ』

幽霊『いやぁ、すんません』

お迎え『私が行けと言ったと嘘までついて』

幽霊『だって爆発しろとか思いません?』

お迎え『思いませんよ』

幽霊『お迎え様クールゥー』ヒュー!

お迎え『さっさと準備なさい。あなたの望みに間に合わなくても知りませんよ』

幽霊『へーい。んじゃ行ってきまーす!』
50: ◆uSEt4QqJNo 2014/11/03(月) 00:30:50 ID:kGln8IUk


――数年後――


「おぎゃあ! おぎゃあ!!」

男「よく頑張ったな!」

妹「うん……男の子だって」

男「かわいいなぁ」

「おぎゃあ! おぎゃあ!!」








「おぎゃあ」ブイッv



おわり
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/03(月) 01:11:44 ID:6h8HN6QU

わろたwww
乙っ
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/03(月) 01:18:21 ID:l4oxau/Y

この位の文量で上手くまとまってて凄いな
ネタスレと思いきやガチとか、良い意味で期待を裏切られたわな
乙乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク