FC2ブログ

幼なじみ 「男…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 22:54:55 ID:CSixrqvk
幼なじみ 「ねぇ男、最近冷たいよ…こんなに私は好きなのに…男のためならなんでもするのに…なんで私だけをみてくれないの…?」


男「よく寝たー」

幼なじみ「男やっと起きたー早く起きてよー(もうちょっと寝顔みたかったな…)

男「なんで来てるんだよ勝手に部屋に入るなよ(なんか口周りベタベタするな…顔洗ってこよう)」

幼なじみ「ごめんごめん 次は気を付けるよ!」

男「そうしてくれ」ガチャ バタン

幼なじみ「ひどいよ…一度も目を会わせてくれなかった…」

男「(はぁー…恥ずかしいからやめてくれないかな)」バシャバシャ

男「学校いくか、幼なじみ行くぞ」ガチャ

幼なじみ「はーい」

幼なじみ「ねぇ?男最近冷たくないかな?」

男「そんなことないだろ普通だよ」

幼なじみ「そっかごめんね私の勘違いかも!ははは…」


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 22:55:26 ID:CSixrqvk
男友「男ーおはようー」

男「おはようーじゃあな幼なじみ後は男友と行くから」タッタッタ

幼なじみ「ぁ、うん!また教室で…」

幼なじみ「はぁ…(男友死んでくれないかな…男ととの時間を取らないで!!)


女「おはよう男君(自分から挨拶しちゃった)」

男「おはよう !女さん!」

女「きょ今日お弁当作りすぎちゃったんだけどこれよかったら食べて欲しいな」

ガチャン!

女「あ!」

幼なじみ「ごめん!私…ぼーってしてて(男にそんなもの食べさせないで!男は私の作ったやつのほうが喜ぶの!)

男「」ヒョイ パク

男「美味しいよ女さん」

女「あ、ありがとうございます///」

幼なじみ「そんなもの食べないでよ!男は私の作ったものだけ食べればいいの!他の女が作ったものなんて食べないで!」

幼なじみ「あ…ち、ちがうの…」タッタッタ
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 23:01:08 ID:CSixrqvk
男「幼なじみ…ごめん女さん幼なじみも悪気があっていってる訳じゃないんだ」

女「そうですよね…わかっていますよ
(幼なじみさんのことを庇うんですね…)」

男「ありがとな女さん!ちょっと幼なじみのことを連れ戻してくるよ!」

女「はいお願いしますね」

男「おう!」タッタッタ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 23:12:42 ID:CSixrqvk
幼なじみ「ひどいよひどいよ男」タッタッタ

男「どこにいったんだ?まったく…」

幼なじみの現在地家

幼なじみ「男…男男男男男男男男男男男」

幼なじみ「男の家からとってきたジャージ…いいにおいだな。本物はきっともっといい匂いがするだろうな…男が欲しいどうすればいいの…」

幼なじみ「わかった…私のものだけにすればいいのか…もっと早くに気付くべきだったよ…わたしったら…」

男「どこにいったんだまったく」ピピピピ

男「幼なじみからだ」かちゃ

幼なじみ「男ごめんね本気じゃなかったの実は今日頭痛がひどくてね?ちょっと頭の回転が回らなかったみたいところで今から家に来てくれないかな大事な話があるんだ私の家に来て」

男「…」タッタッタ
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 23:21:17 ID:CSixrqvk
幼なじみ「男からの返信だ!」

男「わかった今から向かうよ」

幼なじみ「男…早く来てね待ち遠しいよ

ピンポーン

幼なじみ「来た…!」

男「来たぞ」

幼なじみ「今開けるね!」ガチャ

幼なじみ「入って私の部屋で待ってて」ガチャリ鍵を閉めた

男「鍵閉める必要ないだろ」

幼なじみ「念のためだよ♪念には念をね…」

男「?」

幼なじみ「まぁいいからいったいったー」

男「お、おう(急に元気になったな、まぁいいか)」

男、現在地幼なじみの部屋
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/13(月) 23:34:57 ID:CSixrqvk
ガチャリ

幼なじみ「お待たせー」

男「さっきはだいじょうぶk…

幼なじみ「それよりお茶しよ!」

男「元気そうでよかったよ」

幼なじみ「そんなに心配してくれたの?嬉しいよとっても嬉しいよ私」

男「そ、そうかよかったな」

幼なじみ「それよりコーヒー作ってきたよ飲んでようまくできたとおもうんだ」

男「それより学校始まってるよ俺もう行かないt

幼なじみ「早く飲んで」

男「お前も行くk

幼なじみ「早く飲んで」

男「いい加減にしないか?俺は学校に行くぞじゃあな」

幼なじみ「…もういい」ボソ
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:01:44 ID:NfOo7E3E
男「なんか言ったk

バチィ バタン

幼なじみ「これで男は私のものだけになった…男はもう私から離れない…決して…」スリスリ

男「ん…」ガチャリ

男「あれ?俺何してたんだっけここどこだ?」

幼なじみ「おきたー?やっと起きたーもう寂しかったよ」スリスリ

男「なんのつもりだ…俺を殺すのか」

幼なじみ「もうかわいいな男ったら」スリスリ

男「(どうすればいい…このままじゃいずれ殺される目が据わってるし…)

幼なじみ「ねぇ!

ビクッ

男「な、なんだよ」

幼なじみ「子供何人欲しい?」

男「いい加減にしろよ!!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:09:49 ID:NfOo7E3E
男「何がなんだかわかんないよお前は俺をおちょくってるのか!」ギロ

幼なじみ「ごめんなさい!そんなに怒ると思わなかったの
許して許して許して許して許して許して許して許して私を見捨てないでお願いだから一人にしないで…」

男「幼なじみ!ごめん言い過ぎたよだから泣かないでくれ
なんでもするから」

幼なじみ「なんでもする…?じゃあ…セックスして私と永遠の愛を誓って !」

男「演技だったのか!騙したな!」

幼なじみ「どちらにせよ男はもう私のもの誰にも渡さない」

男「お前のものになったつもりはない」

幼なじみ「そんなこと言っていいんだ…」

幼なじみ「お仕置きが必要だね♪」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:18:47 ID:NfOo7E3E
数時間後

男「はぁはぁはぁもう無理だ…」

幼なじみ「はぁ…男…好きだよ…愛してる…」

幼なじみ「中でまた膨らんできたよほら…」ギュウ

男「締め付けるな…うっ!」

幼なじみ「いっぱい出たぁ男の愛が私のなかに…」

幼なじみ「もっともっと私だけをみて欲しい」

男「あぁお前しか見ないよ…お前しか見えないよ」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:24:07 ID:NfOo7E3E
数ヶ月後

男「幼なじみ…どこだ?俺を一人にしないでくれ…」

幼なじみ「ここにいるよ男…ずっと一緒にいるから安心して」ギュ

男「愛してるよ幼なじみ…」

幼なじみ「私もだよ♪」ニコ
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:28:16 ID:NfOo7E3E
短かったけど
みてくれた人ありがとうございました!
後日妹編、後輩編、少女編、先輩編、姉編
書きますので多数決で決めます
この中からひとつ選び書き込んでください
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:40:29 ID:Q0i7RYiQ
後輩
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 00:50:50 ID:6LrB7V4k
テンポよくて笑う
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/14(火) 08:34:40 ID:L4KYTV1M
なんかワロタ

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

早っ....!

とあるSSの訪問者

俺も後輩を見たい


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア