男「雪だ…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:17:59 ID:207EuB7A

男「雪だ…」

女「ほんとだー、初雪、だね」

男「こりゃ積もりそうだ」

女「うん、積もるといいな」

男「…寒いのは嫌いだ」

女「暑いのも嫌いなくせに」

男「勘弁してくれよ」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:19:01 ID:207EuB7A

男「…懐かしいな」

女「なにが?」

男「あの頃、雪が降るとすごい喜んでたな」

女「まぁ、子供の頃の話じゃん。今は、もう大人ですから!」

男「もう大人、か」

女「うん。子供じゃ、ないんだよ」

男「……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:20:11 ID:207EuB7A

女「えへへ、なんか湿っぽくなっちゃったね!帰ろうよ」

男「…早く帰るか。やんなっちゃうな、まったく」

女「そうやってネガティブなことばっかり言うー。そういうとこ、私嫌い」

男「冷たいな」

女「だって嫌いなものはきらいなんだもーん」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:21:05 ID:207EuB7A

男「…フるんだったら、最初から言えばいいのに」

女「…ごめんね、突然告白されて、びっくりしちゃって」

男「信じた僕が馬鹿だったよ」

女「ゴメンね…でも…本当は…」

男「…あったかいものでも飲むか」

女「…うん」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:21:59 ID:207EuB7A

自動販売機前にて



女「ささっお飲み物でございます。暖かいうちにどうぞ」

男「やけに固いな」

女「いえいえーじゃんけんに負けたのは私ですから。どうぞお飲みになってくださいー」

男「んー」

女「なによその不服そうな顔は!ていっ」ポカッ

男「あいたっ!」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:22:49 ID:207EuB7A

女「勝負に負けて奢ることになったのは私なんだから、いいの!」

男「…どうすりゃいいんだよ」

女「さっさと飲みなさいよ」

男「仕方ないな…」

女「次は私が勝つからね!」

男「今日は、ついてない日だったんだよな」

女「まったく、そういう下手な励まし方が気にいらないんだってば…」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:24:05 ID:207EuB7A

男「……」

女「……」

男「……」 

女「ねぇ…怒ってる?」

男「ん?」

女「あの日、急にいなくなっちゃったこと、怒ってないかな…って」

男「なんかあったのか」

女「…あんたはさ、私が困ってるとき、いつも優しくしてくれたよね。…それが、辛かった」

男「……」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:24:55 ID:207EuB7A

女「…私、ずっと迷惑だって思われてるんじゃないかって不安だったの。」

男「…めんどくさいな」

女「あはは、そうなんだー。私、めんどくさい女なんだ、いまさら知ったの?」

男「しょうがないか。忘れてたのは僕のほうだもん、な」

女「…うん」

男「……」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:25:59 ID:207EuB7A

女「…ごめん、ここまで。もう帰らなきゃ、一緒には行けない」

男「…もう終わりか」

女「うん」

男「思ったより、あっという間だったな」

女「ごめんね。でも最後にあえて嬉しかったよ」

男「楽しいこともあったし、辛いこともあったよな」


女「ばいばい」

男「…あぁ」



________
______
____
__
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:27:20 ID:207EuB7A



会社終わり、外に出ると雪が降り出していた。


「雪だ…」


今年初めての雪。

近頃寒くなっては来たものの雪が降るとは思わなかった。
肩に触れる雪はしばらく形を留め、ゆっくりと溶ける。

どうやら大きい結晶の雪らしい。
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:28:23 ID:207EuB7A


「こりゃ積もりそうだ」


風が吹く。刺すような寒さが体を包む。
今日は運悪くマフラーを忘れてしまったため、首筋から冷風が入り込んで寒い。


「…寒いのは嫌いだ」


バックの中を探る。どうやら手袋も忘れてきたらしい。


「勘弁してくれよ」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:29:18 ID:207EuB7A

仕方ないのでぱらぱらと降り始める雪を見つめながら、しばらく立ち尽くす。
雪が嫌いになったのは、いつからだっただろうか。


「…懐かしいな」

「あの頃、雪が降るとすごい喜んでたな」


子供の頃、初めて雪を見たときは、驚いて声も出なかった。
朝、目が覚めると町中が白く染まっていて、魔法をかけられたような気分になった。

雪だるま、雪合戦、そり遊び…
あんなに嬉しかった雪なのに、どうして今はこんなにも嫌なのだろう。
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:30:30 ID:207EuB7A


「もう大人、か」

「……」


今年で31になる。

あの頃の純粋さはもう擦り切れて、削られて、ペラペラである。
童心に返ろうとすればするほど、惨めな気持ちになってくる


「…早く帰るか。やんなっちゃうな、まったく」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:31:35 ID:207EuB7A


歩き出すと、顔に雪が当たり溶けていく。
辛うじて風は強くないものの、目を細めないと歩けないほどになってきた。


「冷たいな」


今日の天気予報は、たしか曇り。
雪が降り始めるのは来週の予定だったはずだ。
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:32:41 ID:207EuB7A


「…降るんだったら、最初から言えばいいのに」

「信じた僕が馬鹿だったよ」


血液占いと天気予報は信じないほうがいい。
今度から、折り畳み傘と手袋はバックに入れておくことにしよう


身を小さくしながら、早足で歩く。
滑って転びたくは無いので、焦らず急いで歩く。
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:33:53 ID:207EuB7A

しばらく歩いたが、どうにも寒い。驚くべき寒さである。
手袋がないせいで、指先の感覚がなくなってきた。


「…あったかいものでも飲むか」


目に付いた自動販売機へ。
消費税が上がって10円値上げした缶コーヒーに一瞬躊躇ったが、購入する。


ガコンという音と共に取り出し、指先を暖める。
感覚のなくなった指に、暖かい血が再び流れ始める。
雪の降る日に、ひとり自動販売機の横で小さく震えてるおっさん。

なんとも惨めな姿である。
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:35:02 ID:207EuB7A

しばらく指先を暖めた後、コーヒーを飲もうとするが、開かない。
プルタブが妙にきつくて開かない。


「やけに固いな」

「んー」


グッと力を込めると、活きよいよくプルタブは抜けた。


「あいたっ!」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:36:13 ID:207EuB7A

開いた、訳ではない。

缶コーヒーの飲み口を綺麗に残したまま、プルタブ部分だけが取れた。


「…どうすりゃいいんだよ」


もはや、若干冷め始めた缶コーヒーという名のカイロ。
しばらく飲み口を爪で引っかいて開けようとするが、無理。


「仕方ないな…」


缶コーヒーは家に持ち帰って飲むことにする。
次第に暖かかった熱も冷め、130円のカイロは5分と持たずに役目を終えてしまった。


「今日は、ついてない日だったんだよな」


今朝の血液占いは最下位だった。
占いのほうだけは信じてもいいかもしれない。
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:37:24 ID:207EuB7A


再び、歩き出す。
先ほど暖めた指が、見事に一瞬で冷えて感覚を失う。


「……」


喉が渇いたが、小銭はもう無い。



「……」 


しばらく歩くと、ポケットの中に入れていた携帯のバイブレーションが鳴った。
見てみると一通のメールが届いていた。

会社の後輩からのメールだった。
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:38:54 ID:207EuB7A

「ん?」

「なんかあったのか」


『先週お願いした資料なんですが、まだ提出できませんか?』


「……」

「…めんどくさいな」

「しょうがないか。忘れてたのは僕のほうだもん、な」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:40:02 ID:207EuB7A

雪が降る道を、一人歩く。

今年もあと少しで終わりだ。


「……」

「…もう終わりか」


年を取れば取るほど時間の感覚が短くなっていく気がする。
そんな感覚をここ何年かずっと感じていた。


「思ったより、あっという間だったな」


今年も、もう少しで終わり。


「楽しいこともあったし、辛いこともあったよな」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:40:50 ID:207EuB7A


ふと横を見ると、若いカップルが並んで歩いていた。


「…あぁ」







羨ましいな。くそ。
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/21(日) 20:41:32 ID:207EuB7A
おしまい
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/22(月) 09:24:08 ID:JYSBjGdg
お疲れ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク