エレン「動いてる」コニー「動いてる」ジャン「動いてる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:11:17 ID:7k6Zg4EE
エレン「な!本当に動いてるだろ?」

コニー「すっげ!なんだこれ!?よく気付いたなこんなもん」

エレン「まあ、たまたまなんだけどさ」

コニー「たまたまって、ダジャレのつもりかよオイ」ヘラヘラ

エレン「うっさいな、ほっとけよ!それよりこれって他の奴のも同じなのかな?」

コニー「オレも気になるな、頼んで誰かに見せてもらうか?」

エレン「オレもそう思ってコニーに頼んだんだよ、っていうか頼んで見せてくれそうなのってお前ぐらいしかいないだろ」

コニー「ひっでぇこと言うな!・・・おい、あれ」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:12:00 ID:7k6Zg4EE
ジャン「はしれーはしれーこーたろぉーほんめいあなうまかきわけてぇー」フンフフーン


エレン「ジャンだな」

コニー「頼んでも絶対見せてくれなさそうだ」

エレン「なら無理矢理見ちまえばよくね?」ニヤニヤ

コニー「いいこと言うじゃねぇか」イヒヒ
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:12:43 ID:7k6Zg4EE
エレン「ジャン!覚悟しろ!」ガバァ!

コニー「大人しく脱がされろ!」ズリィィ

ジャン「うおぉ!なんだお前ら!?」

ジャン「ちょ、お前らやめろ!ズボン脱がすな・・・ってパンツまで!?うおおぉぉっ!?ちんぐり返し!?」

エレン「おーすげー」

コニー「やっぱジャンのも動いてるな!」

ジャン「なんなんだお前らはぁぁぁぁ!?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:13:22 ID:7k6Zg4EE



ジャン「で・・・お前らなんでこんなことした」

エレン「金玉のしわってさ、勝手に動くんだぜ?」

コニー「オレとエレンで見せ合ったんだけど他の奴のも確かめてみたくてさぁ」

ジャン「だからってオレを襲うんじゃねぇよ!・・・っていうかオレも見てみたいかも、どっちでもいいから見せろよ」

エレン「え?やだよめんどくさい」

コニー「お前も他の奴のを無理矢理見ればいいんじゃねぇの?」

ジャン「勝手だなお前ら・・・・・・お?あのデカぶつは」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:13:57 ID:7k6Zg4EE
ベルトルト「だーめだーめだっめだーめにんげん」フンフーン

コニー「ベルトルトだな」

ジャン「あいつでいいか、お前らも手伝え」

エレン「しょーがねーな、ベルトルトは手ごわそうだけど三人がかりならなんとかなるか」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:14:35 ID:7k6Zg4EE
ジャン「おらぁぁ!ベルトルト!おらぁぁ!」ガシィ

エレン「覚悟しろ、おらぁぁ!」ガバァ!

コニー「脱がされろ、おらぁぁ!」ズリィィ

ベルトルト「なななななに!?なんなの君たち!?」

ベルトルト「脱がすの!?なんで!?やあああぁぁめてぇぇ!え?恥ずかし固め!?」

ジャン「うわー、別の生き物みてぇに表面がうねってんぞコレ」

エレン「それよりベルトルトは玉よりも・・・なあ?」

コニー「なんだこれ・・・超大型か?」

ベルトルト「なんなの君たちぃぃぃ!?」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:15:10 ID:7k6Zg4EE



ベルトルト「・・・はぁ、玉袋がねぇ・・・・・・」

ジャン「あんなに動くもんだとは思ってなかったわ」

コニー「それよりベルトルトのベルトルトのでかさがヤバイだろ」

エレン「平時であれなら巨大化したらどうなるんだ・・・」

ベルトルト「僕も見てみたくなっちゃったな・・・おや、丁度いいところに」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:16:03 ID:7k6Zg4EE
アルミン「うさぽんっうさぽんっぱぴぷぺぽん♪らぶみんっらぶみんっせんせーしょん♪」フフンフーン


エレン「アルミンか、アルミンはかわいそうじゃね?」

ジャン「なんだよそれ、オレはかわいそうじゃないのかよ!」

コニー「こんなときにまでケンカはじめてんじゃねぇよ」

ベルトルト「もう!いいから手伝って!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:16:41 ID:7k6Zg4EE
エレン「アルミンごめんな!」ガバァ

ジャン「悪ぃなアルミン」ガシィ

コニー「すまねぇ!でも脱がすぜ!」ズリィィ

ベルトルト「気の毒だと思ったよ」ペロン

アルミン「きゃー!いやー!」

アルミン「パンツ脱がさないで!やめて!僕に乱暴する気でしょう?エロ同人みたいに!エロ同人みたいに!」

ベルトルト「へー、シワというか玉の表面がうにょーんって、うにょーんって」

エレン「おいベルトルト早くどいてやれよ、アルミンがかわいそうだろ」

コニー「ベルトルトに比べてアルミンのはおミンミンってかんじだな」

ジャン「お前は人にどうこう言える持ち物なのかよ」

アルミン「なんなのあんたらー!?」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:17:29 ID:7k6Zg4EE



ベルトルト「あの動き、なんだかクセになるね、じっと見ていても飽きないかも」

アルミン「僕たちの大事な部分にはそんな秘密が隠されていたのか・・・探究心に火がついた!僕も見る!」

コニー「間近で見ることってあんまねぇもんな」

ジャン「そこまでして見たくなるようなもんなのかよ」

エレン「おいお前ら、カモがネギしょってきたぜ」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:18:06 ID:7k6Zg4EE
ライナー「めっめっめーめいどさんぶぎーめっめっめーめいどさんぶぎーイクイクイクいっちゃうーん」フフフーン


エレン「気持ちわりぃ歌、歌いやがって・・・」

ジャン「いっちゃうーん、じゃねぇよ・・・」

コニー「ライナーなら頼み込めば見せてくれそうだけどな」

ベルトルト「でもその後に大切な何かを奪われそうだよ」

アルミン「みんな、おしゃべりは後だ!僕は早く生命の神秘に触れたいんだ!」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:18:56 ID:7k6Zg4EE
アルミン「ライナー!僕の知的探究心の犠牲になってくれ!」ダキィ

エレン「えーと、ライナー、勘違いすんなよ?」ガバァ

ジャン「アルミンのためだかんな」ガシィ

コニー「とりあえず脱がすぜ」ズリィィ

ベルトルト「なんか・・・全然抵抗されないんだけど・・・」ペロン

ライナー「おお?どうしたお前ら、揃いも揃ってなにすんだ?」

ライナー「おいおい!俺を押さえつけて下着を脱がしてどうしようってんだ?アルミンにエレンにコニーにベルトルトまで・・・なんだジャンもいるのか?モテてモテて困ってしまうな!」

アルミン「なるほどなー、こんな風に動くんだ・・・どうして動くんだろう?これにはきっと理由が・・・」ブツブツ

コニー「アルミンは熱心だなぁ」

エレン「アルミン、あんま顔近づけんなよ」

ジャン「おいおい、おさわりは無しだぞ?きたねぇ・・・」

ライナー「・・・おほっ」ジャキンペチーン

ベルトルト「おまっ、ライナー!なんで臨戦態勢に入った!?」

ライナー「アルミンに視姦されていると思ったらつい」ハハハ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:19:43 ID:7k6Zg4EE
アルミン「持ち主の意識とは関係なくふぐりが動く・・・なんて不思議な現象なんだ・・・」

ライナー「俺のでよければいつでも見せてやるぞ、だが俺も他人のを見てみたいな・・・」

ベルトルト「ライナー、見せるだけで終わらせる気ないだろ・・・」

エレン「見られてフル勃起とかわけわかんねぇ・・・」

コニー「ライナーってやっぱりそうなのか・・・?」


ジャン(!・・・ダメだ!今こっちに来るんじゃねぇ!)
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:20:14 ID:7k6Zg4EE
マルコ「てらずっきゅん♪てらずっきゅん♪こいずっきゅん♪りょーほーじ」フンフンフーン

ライナー「おお、マルコじゃないか、丁度いいところに」

ジャン(やべぇ・・・目ぇ付けられちまった・・・)

ベルトルト「ライナー!見るだけだからね!」

アルミン「おさわりは禁止だよ」(僕はさわっちゃったけど)

コニー「なぁ・・・大丈夫なのか?」

エレン「まぁ、いざとなったらライナーの方を押さえようぜ?」

ライナー「お前たちが来ないなら俺一人でもやってやる!」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:21:09 ID:7k6Zg4EE
ライナー「うおぁぁぁぁ!」ヌゥッ

エレン「すまねぇ!できるだけすぐに終わらせてやるから」ガバァ

アルミン「野良犬にレイプされたと思って諦めてくれ」ダキィ

ジャン「マルコ、なんで逃げなかったんだ・・・」ガシィ

コニー「ライナーがなんかしようとしたら止めるから、な!」ズリィィ

ベルトルト「心の奥底から気の毒だと思うよ」ペロン

マルコ「え・・・!なに!?なんなの!?みんなしてどうしたんだ!?」



マルコ「やだっ!離せよ!おいこらジャンまで!だめっ脱がすな・・・!」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:21:41 ID:7k6Zg4EE
ライナー「へー、ほー、ふーん」


エレン「ライナーいつまで見てんだよ、もういいだろ?」

マルコ「どうしてこんな・・・みんなっ、ひどいよ・・・・・・」ジワ

ジャン「あ、おい、泣くなよ」

アルミン(まあ、この人数に押さえつけられてパンツ脱がされたら、ねぇ・・・)

ライナー「・・・」ジャキンペチーン

コニー「おい!ライナーのライナーがまた・・・!」

ライナー「・・・」ジーポロリ

ベルトルト「ちょ、おまっ、ライナー!?なにまろび出してんの!?」

ライナー「合体しよ」ガバァ

マルコ「い、いやぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:22:14 ID:7k6Zg4EE
アルミン「マルコ、その・・・入ってはいないから、たぶんセーフだよ」オロオロ

ジャン「もう大丈夫だぞ、ライナーはベルトルトがお仕置きしてるから」ナデナデ

マルコ「・・・しくしく」

ベルトルト「ライナーのバカっ、バカバカ!」ポカポカ

ライナー「・・・あへ」チーン

キース「で、なんでブラウンはちんこ出して殴られてんの?なんでボットは下半身丸出しで泣いてるの?誰か説明してもらおうか」

エレン「えーとその、金玉のしわが」

コニー「何もしてないのに動くんです」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:22:49 ID:7k6Zg4EE
『みだりに他人の金玉を見ようとしないこと』

アニ「なにこの貼り紙」

サシャ「新しい規則みたいですよー」

ユミル「それは解るがなんて内容だ・・・おい、まさかミカサ・・・」

ミカサ「私がエレンのものを見るときはちゃんとバレないようにやっている、だれにも、エレン本人にすら気付かれないように。ので、ユミル、濡れ衣は止めて欲しい!」

クリスタ(見てるんだね、ミカサ・・・)
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:24:15 ID:7k6Zg4EE
おしまい
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:33:58 ID:31TxtKXo
動くって今まで知らなかったわ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 01:20:54 ID:rxWFtqTo
なかなか勢いがあり、よかった

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

サルゲッチュ3のサヤカの歌 懐かしいwww


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク