FC2ブログ

レイ「あなたは死なないわ。私が守るもの」シンジ「マジで!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:32:44 ID:4SI
シンジ「ぃやったぁぁぁぁぁ!!」

レイ「…え」

シンジ「死ななくて済む!撃てるけど撃たれないって幸せだなああああ!」

レイ「い、碇君?」

シンジ「頼んだよ綾波!絶対にぜえええーーったいに僕を守ってよ!」

レイ「え、えぇ」


注目記事




2: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:34:09 ID:4SI
レイ「お父さんのこと、嫌いなの?」

シンジ「当たり前だよ!あんな父親!」

レイ「…」パァン

シンジ「…」バキィ

レイ「な…」

シンジ「一発は一発だよ、綾波」
4: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:35:32 ID:4SI
バキィ

トウジ「すまんな転校生、ワイはお前を殴らなあ」

ドゲシッ

シンジ「一発は一発だよ」

トウジ(こいつ、蹴り入れよった…)

ケンスケ(こ、怖ぇぇ)
6: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:36:51 ID:4SI
ミサト「帰ったら続きをしましょ」

シンジ「続きって!?続きってなんですか!?」

ミサト「え、えっとね…キスの次だから…ってオイ」

シンジ「SEXですか!SEXかぁ!生きて帰ったらDT捨てれるのかぁ!よーし、やる気出てきたぞぉおお!!」

ミサト「なんなのこいつ」
7: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:38:38 ID:4SI
加持「シンジ君、俺はここで水をまくことしかできない。君には君の」

シンジ「加持さん、そのスイカ、もう育ってるんですか?」

加持「ん?あ、あぁ…収穫したやつがいくつかあったかな」

シンジ「食べましょう!スイカ美味しいですもんね!」

加持「そんな暇あんの?」
9: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:39:49 ID:4SI
アスカ「あんたバカぁ?」

シンジ「あー!バカって言ったな!バカって言った奴がバカなんだぞ!}

アスカ「な、な…じゃああんたもバカになるじゃない!」

シンジ「言い返したらノーカンですー!言い出しっぺがバカなんですぅー!バーカバーカ!」

アスカ「むかつくこいつ!」
8: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:38:50 ID:BO9
このシンジだと乗らないなら帰れと言われて帰るなww
11: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:41:41 ID:4SI

ゲンドウ「お前がこれに乗るんだ」

シンジ「乗るって…僕がこんなのに!そんな…できっこないよ!」

ゲンドウ「お前にしか出来んのだ」

シンジ「僕にしかできない…そうか、僕は選ばれた人間なんだね!」

ゲンドウ「あ、あぁ…そういうかんじだが」

シンジ「じゃあやる!乗ってやるよ!乗って英雄になってやる!僕のことバカにした奴らを見返してやるさ!}

ゲンドウ(頼もしいなぁ息子)
12: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:45:27 ID:4SI
ミサト「そういうわけで、二人はダンスを覚えてもらうわ。振り付けはこんなかんじで」

シンジ「よーーーし!やろうアスカ!あいつらを今度こそやってやろう!」

アスカ「テンション高いわねあんた」

シンジ「ほらいくよ!アンドゥトロワァー!アンドゥ!トロッワアアアアア!」

ミサト「シンジ君!アスカがついていけてないじゃない!ちゃんとしなさい!」

シンジ「は~い。ちぇ、アスカのせいで怒られたじゃないか」

アスカ「あたしのせい!?」
14: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:47:02 ID:4SI
レイ「にんにくラーメン、チャーシュー抜きで」

シンジ(なっ…こいつ、いちいちチャーシュー抜きで頼んだだと!?僕も負けてられないな)

シンジ「も、もやしラーメン!麺抜きで!」

アスカ「それただのもやし盛りじゃん」

シンジ「し、しまったぁぁぁあ~~~!!!」
16: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:48:45 ID:4SI
レイ「こういうとき…どういう顔すればいいかわからないの」

シンジ「笑えばいいと思うよ。ほらこんなかんじで( ・´ー・`)」

レイ「( ・´ー・`)」

シンジ「いいね!やっぱり綾波にはドヤ顔が似合うよ!」

レイ「そ、そうかしら」



ミサト「で、あの二人はなんで常にドヤ顔なの」

アスカ「奇顔カップルね」
17: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:50:30 ID:4SI
ミサト「おまたせシンジ君!さぁ乗って!」

シンジ「あ、はい」スッ

ミサト「遠慮しないで助手席に来ればいいのに、恥ずかしいの?ww」

シンジ「助手席だと交通事故にあったとき危険じゃないですか。見ず知らずの人の車の中で死ぬの嫌ですし」

ミサト(可愛くないわねこいつ)
18: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:52:20 ID:4SI
カヲル「シンジ君、ここいいかな?」ボロン

シンジ(でかい!いや待て!勃った状態なら僕のほうがでかいはずだ!)

シンジ「カヲル君、頼みがあるんだ」

カヲル「何かな?」

シンジ「ちょっと勃起させてよ」

カヲル「」
19: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:54:13 ID:4SI
エヴァQ

シンジ「アスカ、老けたね」

アスカ「余計なお世話よ」

シンジ「ミサトさん、貫禄ありますね」

ミサト「うるさいわね」

シンジ「……えっと、どなたですか?」

リツコ「赤木よ」
20: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:55:42 ID:4SI
アスカ「気持ち…悪い」

シンジ「アスカ、酔い止めの薬渡そうか?あ、それとも生理?」

アスカ「突っ込む気も失せるわ…」
21: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:56:38 ID:zQ5
ウジウジしているシンジとは真逆のベクトルでクソうぜえw
23: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)15:58:52 ID:4SI
マリ「君、いい匂いするね」

シンジ「君こそいい匂いするね。オーデコロン?いや、違うな、いいシャンプー使ってるの?
女の子ってなんで常にリンスの香りがするんだろうね。不思議だよね。
そんなことより、一緒にお茶しない?」

マリ(何こいつ)
25: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:00:27 ID:4SI
ゲンドウ「話は聞いた、良くやったなシンジ」

シンジ「( ・´ー・`)」

ゲンドウ「……」

シンジ「いいんだよ?もっと褒めても?( ・´ー・`)」

ゲンドウ(ちょっとむかつく)
26: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:02:02 ID:4SI
ゲンドウ「時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることは出来る」

シンジ「父さん、まだそんなアナログなこと言ってるの?」

ゲンドウ「え?」

シンジ「今じゃネットワークを経由して最適な時刻を設定できるんだよ?
3DSじゃあるまいし、いつまでも古い考えで物を語ったら恥かくよ」

ゲンドウ「そ、そうだな」
28: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:03:53 ID:8Bs
ゲンドウがたじたじじゃねーかwww
29: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:04:35 ID:4SI
ゲンドウ「シンジ、もう私を見るのはやめろ。」

シンジ「え?」

ゲンドウ「人は皆、自分ひとりの力で生き、自分ひとりの力で成長していくものだ。
親を必要とするのは、赤ん坊だけだ。そしておまえはもう、赤ん坊ではないはずだ。
自分の足で地に立って歩け。私自身もそうしてきた」

シンジ「でも金持ちがお金回さなかったら経済回らないしゼーレの運営も成り立たないよね?
それでも一人で生きていけるの?」

ゲンドウ「そういう意味じゃないんだけどさあ」
30: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:06:34 ID:4SI
ゲンドウ「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ」

シンジ「乗ってもいいけど、ちょっと10分だけ時間くれない?」

ゲンドウ「事は一刻を争うんだぞ。理由を言え」

シンジ「ゲリラダンジョンあと10分で終わっちゃうんだよ。もう一回だけ回させて」

ゲンドウ「来週もそのダンジョン来るだろ!」
31: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:09:13 ID:4SI
シンジ「父さん!」

ゲンドウ「何故ここにいる?」

シンジ「え、だって僕じゃないと今初号機に乗れないじゃん」

ゲンドウ「レイを使う。逃げた者などには頼らん」

シンジ「いや、さっき言ってたじゃん。綾波だって拒絶されてるって。
僕じゃないと母さん乗らしてくれないでしょ?
で、どうすんの?僕はどっちだっていいんだけどさ。乗らないとゼーレ壊滅で
人類補完計画できないよね?大人だったら言うべきことがあるでしょ?」

ゲンドウ「…ユウジンノケンハワルカッタ。ノッテクレ」

シンジ「はいはいっと。さっさと終わらせてきますよ」
33: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:10:50 ID:4SI
ミサト「乗りなさい、シンジ君!」

シンジ「はい!」

ミサト「あの…何してんのあんた?」

シンジ「何って…男女が乗るっていったらこれしかないでしょ?」クイックイッ

ミサト「そうじゃねーよ!初号機に乗れって言ってんだよぉぉ!」
34: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:12:25 ID:4SI
レイ「私には他になにもないもの」

シンジ「あるじゃん」

レイ「何が?」

シンジ「おっぱいあるじゃん。前触っちゃったけど、結構大きいよね、綾波の」

レイ「…ありがと」
35: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:14:23 ID:4SI
アスカ「これこそ、実戦用に造られた、世界初の、本物のエヴァンゲリオンなのよ」

シンジ「アスカさ、日本語読めないの?ドイツ人だから?」

アスカ「は?」

シンジ「アスカのは『2』号機。僕のは『初』号機。漢字読めないんなら言ってくれればいいのに。
あ、もしかして違う意味で言ってた?だったらごめんね、僕冗談通じない性格かからさ」

アスカ「うっさいわね!もうあんたのが最初のでいいわよ!」
36: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:15:40 ID:4SI
アスカ「ねえ、シンジ。キスしようか」

ブチュウウウ
チュパチュパ
レロレロ


アスカ「……」

シンジ「もしかしてこの程度で放心してる?大人ってもっと凄いことするんだよ?」

アスカ「」

シンジ「…失神してる」
37: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:17:50 ID:4SI
アスカ「戦いは常に無駄なく美しくよ!」

シンジ「アスカ、僕思うんだけどさ」

アスカ「何よ?」

シンジ「無駄口叩いてそのセリフ、説得力ないよね」

アスカ「ぐぬぬぬぬ」
38: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:20:47 ID:4SI
ミサト「この世界はあなたの知らない面白い事で、満ち満ちているわよ。楽しみなさい」

シンジ「何かウンコしてるような音ですね、満ち満ちって」

ミサト「ウォシュレットのように水を差す返しね」
39: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:22:52 ID:4SI
加持「ま、大人はさ、ズルイぐらいがちょうどいいんだ」

シンジ「そのずるさで世の中を引っ掻き回して、ツケを払わされる後世の世代についての詫びはないんですか?」

加持「君はいちいち刺のある正論をぶつけてくるねえ」
40: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:24:43 ID:4SI
マリ「ねぇ」

シンジ「…なんだよ」

マリ「そうやってイジけていたって、何にも楽しいことないよ」

シンジ「イジけてるんじゃない」

マリ「じゃあ、何?」

シンジ「今晩のおかずが決まらないんだ」

マリ「君、結構家庭的なんだね」

シンジ「おかずって言ってもそっちじゃないよ」

マリ「どっちよそれ…」
41: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:27:06 ID:4SI
アスカ「生き物は生き物食べて、生きてんのよ。せっかくの命は、全部漏れなく食べ尽くしなさいよ!」

シンジ「どっかの漫画でさ、ある行為も食事って言ってたんだ」

アスカ「何よある行為って」

シンジ「セックス」

アスカ「」

シンジ「アスカの言うことが真実なら、これも食事になるよね?」

アスカ「来るな変態いいいいいいいいいいい!!!」
42: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:29:15 ID:4SI
アスカ「私はもう大人よ!だから私を見て!」

シンジ「アスカはまだ子どもだよ」

加持「シンジ君、さらっと出てくるね君」

アスカ「あたしのどこが子どもなのよ!」

シンジ「だってまだ処女じゃん」

アスカ「……そ、そんなこと言ったらあんたもガキじゃん!」

シンジ「僕は自分のこと大人だなんて言ってないよ」

アスカ「ああ言えばこう言うやつこそガキよ!」

加持(俺の出番…)
43: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:31:13 ID:4SI
トウジ「何熱心な目で綾波見てんねん?」

シンジ「いや…」

トウジ「綾波の胸ぇ!綾波の太ももぉ!綾波のふくらはぎぃ!」

シンジ「そんなとこ見てないよ。ただ…綾波ってヤるときマグロでヤりにくそうだなって思ってさ」

ケンスケ(なんで賢者みたいな顔してそんなこと言ってんだよ…)
44: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:33:15 ID:4SI
シンジ「うわっ!ご、ごめん」

レイ「どいてくれる?」

シンジ「あ、あぁ。はいこれ、新しいカード」

レイ「ありがと」

シンジ「しっかし綾波の家って殺風景だね、もう少しオシャレすれば?」モミモミ

レイ「どいてほしいんだけど」

シンジ「柔らかいなー。やっぱ本物は一味だね」モミュモミュ
45: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:36:01 ID:4SI
ケンスケ:トウジのやつさ、反省してた。妹に説教されたらしいよ。『私たちの命を救って
くれたのはあのロボットなのよ!』って。小学校低学年に説教されるなっての、ホント。なぁ?」

シンジ「トウジ、羨ましいな」

ケンスケ「どうして?妹なんかに説教されてるんだぜ?情けなくね?」

シンジ「リアル妹がいる上、仲のいい委員長もいる。エロゲーの主人公並に好待遇じゃないか。
それに引き換え、こっちは年増のBBAとマグロ。なんで差がついたんだろね」

ケンスケ「嫌味か!嫌味かよおおおお!」
46: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:37:54 ID:4SI
ミサト「君に最初に送った写真、見た?」

シンジ「あぁ、これですか?」ピラッ

ミサト「あれ?こんなに色褪せてたかしら?撮ったばかりのやつ送ったのに」

シンジ「結構扇情的だったんで、何度も世話になりましたよ。今じゃエロ本もまともに買えないし」

ミサト(危ないわこいつ…襲わないでよね…)
47: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:40:22 ID:4SI
マヤ「エントリープラグ注水!」

シンジ「え?え?なにこれぇ!」

リツコ「大丈夫。肺がLCLで満たされれば直接血液に酸素を取り込んでくれます。すぐに
慣れ…」

シンジ「ごくごく…無味無臭じゃないか。次はオレンジ味にしといてくださいよ」

リツコ「…マヤ、出来る?」

マヤ「私に聞かないでください…」
48: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:44:25 ID:4SI
ミサト「は~い、今日からここがあなたのお家よ。ちょっち汚いけど」

シンジ(これがちょっち…)

ミサト「あー疲れちゃった。先に寝るわね」



ミサト「……何これ、引っ越しした後の空き部屋?」

シンジ「まったく、掃除済ましてたら夜が明けちゃったじゃないですか」

ミサト「あんたあの部屋一日で綺麗にしたの?大したたまね~。あれ、ビール…」

シンジ「ビールなら床下にしまいました。飲みたいなら必要な分だけ冷蔵してください。
あ、それと空き缶の捨て日は毎週…」

ミサト(お子様かと思ったら舅だった…)
49: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:51:31 ID:4SI
使徒、逃走
見知らぬ、天井オチ
鳴らせる、電話
雨、戦え終えた後
レイ、おっぱいへ
大勝利、第3新東京市
ポジハメの造りしもの
アスカ、ドン引き
常時、身体、被せて
マジレスダイバー
脈動するあいつの中で
正論の価値は
使徒、脱走
ゼーレ、空気
自信と慢心
死に至る病、それでも
四人目の犠牲者
命の洗濯を風呂で
シンジが戰う
胸のかたち 胸のかたち
ポジシンジ、誕生
せめて、シンジらしく

最後の犠牲者
終わらせない世界
世界の中心でドヤ顔を決めたけもの
50: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)16:53:07 ID:4SI
ネタ切れたんでおしまい。
さいなら。
51: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)17:07:08 ID:xRs
おつ
面白かった
56: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)18:48:37 ID:202
>胸のかたち 胸のかたち

どんだけ大事なことなんや!どんだけ大事なことなんや!
59: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)18:59:02 ID:B1D

めちゃめちゃおもしろかったわww

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。