少女「記憶の中でずっと二人は生きていける」

1: HAM ◆HAM/FeZ/c2 2012/09/03(月) 23:13:34 ID:roT2zndI
少女「……」

男「……」

少女「え、ここ、どこ??」

男「……あん?? なんだ、ここ」

少女「……」

男「……」

少女「あんた、誰」

男「お前こそ誰だよ」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:20:10 ID:roT2zndI
少女「あれ、私、死んだはずじゃあ」

男「あ、そういやおれも、死んだ気がする」

少女「……」

男「……」

少女「じゃあここ、天国??」

男「んん、地獄ではなさそうだけど」

少女「真っ白だね、この部屋」

男「地獄は真っ黒か赤いイメージだしなあ」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:25:48 ID:roT2zndI
少女「地獄に行くほど悪いこと、してないし」

男「ああ、おれもだよ」

少女「でも天国というには殺風景すぎるよね」

男「なんの部屋だろう」

少女「ドアも窓もないし」

男「あそこにノブだけあるぞ」

少女「死んだ人が来る部屋かなあ」

男「じゃあ、続々と後からもやってくるのか」

少女「うわ、いやだな」

男「死んだときの姿でってことはねえよな」

少女「やめてやめて!! 気持ち悪い!!」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:33:01 ID:roT2zndI
男「ちょっと、あのノブ回してくる」

少女「うん」

男「ん……」グイ

少女「どう??」

男「開かない」

少女「ま、そうでしょうね」

男「閉じ込められてんのかなあ」

少女「どうせ死んだんだし、どうでもいいよ」

男「さっぱりしてんなあ」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:40:32 ID:roT2zndI
男「君、いくつ??」

少女「14」

男「死ぬには若すぎないか」

少女「そっちだって、たいして変わんないじゃん」

男「まあ、そっか」

少女「あんた、いくつ」

男「18」

少女「受験のストレス??」

男「おい、自殺だと決めつけんな」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:44:40 ID:roT2zndI
少女「違うのか」

男「違うよ、事故だよ事故」

少女「事故かあ、私も一緒」

男「車??」

少女「うん、交差点でね」

男「そっか、痛かった??」

少女「覚えてないよ」

少女「知らないうちにこの部屋に来てた」

男「そっか」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:51:59 ID:roT2zndI
少女「あんたも車の事故??」

男「いや、学校の屋上から落ちて」

少女「それ自殺じゃん!!」

男「いや、違うんだって、友だちと、その、じゃれあってたらさ」

少女「付き落とされたの!? 殺人じゃん!!」

男「いや、違う違う」

少女「犯人はその友だちじゃん!!」

男「違うって」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:55:50 ID:roT2zndI
少女「痛かった??」

男「覚えてない」

男「ふわっと落ちてる間に気を失ったんだと思う」

男「あーこれ死ぬわ、って思ってるうちに、この部屋に来てた」

少女「楽に死ねて、良かったんじゃない」

男「んん、不幸中の幸いというか」

少女「あ、それ、まさにその言葉が合うね」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/03(月) 23:59:47 ID:roT2zndI
男「なんだろう、この、死んだはずなのに実体がある違和感」

少女「ね」

少女「夢って感じでもないし」

男「ドッキリ??」

少女「誰がそんなこと仕掛けるのよ」

男「共通の知り合いが……」

少女「いるわけないじゃん」

男「実はおれたちには血のつながりが……」

少女「安いドラマかい」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 20:17:41 ID:VUvGM1Dw
男「でも、死んだっぽいのは本当だと思うんだよなあ」

少女「私も」

男「あ、そうだ、君はなんで死んだの?」

少女「だから、交差点で、車が突っ込んできて」

男「余所見でもしてたの?」

少女「私が? 運転手が?」

男「君が」

少女「ああ、いや、余所見って言うか……」

男「ん?」

少女「友だちがさ、危なかったのよ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 20:22:03 ID:VUvGM1Dw
男「友だち?」

少女「そう」

少女「一緒に交差点を歩いてた友だち、ね」

男「ふうん」

少女「で、そいつを突き飛ばして、代わりに私が轢かれたっていうか」

男「自分が犠牲になって友だちを助けたわけか」

少女「ああ、うん、結果的にはそうなんだけど、そんな風には考えてなかったし」

男「美しい友情だな」

少女「ううん、そういう風に言われてもなあ」

少女「無我夢中だっただけだから」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 20:28:09 ID:VUvGM1Dw
男「じゃあ間違いなく天国行きだな」

少女「んー」

男「まだ若いのに、良くできた子だ」

少女「もう、その上から目線の言い方、やめてくんない」

少女「あんたもまだ若いでしょうに」

男「『でしょうに』っていう言い方は、若くないな」

少女「うるっさい!!」

男「大人ぶってるのか?」

少女「違う!! お姉ちゃんの影響だっつうの」

男「お姉ちゃんがいんのか」

少女「そうよ、私より何倍も何倍も良くできるお姉ちゃんよ!!」

男「なに怒ってんだよ」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 20:37:54 ID:VUvGM1Dw
少女「怒ってなんかない」

男「いつも優秀な姉と比べられたのか」

少女「……」

男「図星か」

少女「わかんないわよ、あんたには」

男「わかるよ」

少女「適当なこと言わないで」

男「おれにも優秀な兄がいたからなあ」

少女「……そう」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 20:49:11 ID:VUvGM1Dw
少女「でもまあ、私じゃなくてお姉ちゃんが死んでたら、もっと辛かっただろうし」

男「……」

男「なんで」

少女「代わりに私が死んでたらよかった、みたいに言われたり」

男「やめろって」

少女「聞いたの、あんたじゃん」

男「ん、そうだけどさ」

少女「あんたも、同じこと思ってるんじゃない?」

男「死んだのが兄貴の方じゃなくてよかった、てか」

少女「……うん」

男「はっ」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 20:55:09 ID:VUvGM1Dw
男「誰かの代わりに死ぬ、なんてのは死ぬ側の身勝手な妄想だ」

男「そんな現実はないんだよ」

男「死んだのはおれ!! 兄貴に代わりでもなんでもなく」

男「ただただ平凡なおれという人間が死んだだけ!!」

少女「……そうね」

男「君もだよ」

男「姉ちゃんではなく君という人間が死んだんだ」

男「友だちの代わりに、ではなく、君個人が死んだんだ」

少女「……うん」

男「君は、あれだろ、友だちがどう思っているかを気に病んでいるんだろ」

少女「……」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:02:41 ID:VUvGM1Dw
男「私の代わりに、あの子が死んじゃった、どうしよう」

男「そんな風に友だちが思ってないか、心配してるんだ」

少女「……」

男「優しい子だね、君は」

少女「女の子じゃないの」

男「あん?」

少女「男の子よ、その友だちって」

男「あ、そう、そりゃあ早合点してたな」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:08:38 ID:VUvGM1Dw
少女「今どう思ってるかな、って、ちょっと不安になる」

男「……わかるよ」

少女「あのねえ、さっきからさあ、なんか人を見下してない?」

少女「私の気持ちがわかるって言うの?」

男「わかるよ」

少女「どうしてよ」

男「おれも、似たような死に方をしてるからだよ」

少女「ん……」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:14:56 ID:VUvGM1Dw
少女「そ、そう」

男「自分の死のことを、自分のせいだ、なんて重荷に思ってほしくない」

少女「……」

男「だけど、なにも感じていないのも寂しい」

少女「……」

男「そういう、曖昧な感じだろ」

少女「……なんで、わかるの?」

男「だから言ったろ、おれも同じような死に方をしたんだって」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:27:03 ID:VUvGM1Dw
少女「どんな?」

男「屋上でさ、友だちとじゃれあってたって、言っただろ」

少女「うん」

男「友だちのさ、ハンカチがさ」

少女「ハンカチ?」

男「そう、気に入らなくてさ、取り上げて」

少女「取り上げて? あんたガキじゃないの!?」

男「おっしゃる通り」

少女「友だちのハンカチを気に入らないからって?」

少女「そんなのその人の勝手じゃん!!」

男「おっしゃる通り」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:33:43 ID:VUvGM1Dw
少女「はあ、ちょっと意味わからない」

男「あの、その友だちってのはさ、女でさ」

少女「ああ」

男「別の男からもらったプレゼントらしくてさ」

少女「はあ」

男「なんつーか、嫉妬って言うか」

少女「その女の人、あんたのなんなのよ」

男「……友だち」

少女「じゃあ、あんたに嫉妬される筋合いはないじゃんか」

男「……おっしゃる通り」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:40:15 ID:VUvGM1Dw
少女「片思いってわけね」

男「うん」

少女「で、他の男のプレゼントに嫉妬して、取り上げて、それで?」

男「屋上で走り回って、バランス崩して」

少女「ハンカチは?」

男「握りしめたまま、落ちた」

少女「もう、なんていうか、最低な死に方ね」

男「返す言葉もないよ」

少女「その人にしてみたら、ほんと、5割増しで最低ね」

男「……はあ」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 21:54:19 ID:VUvGM1Dw
少女「わからないでも、ないけどね」

男「嘘つけよ」

少女「慰めで言ってるんじゃないよ」

少女「私も、そうだったもん」

男「はあ?」

少女「その男の子のこと、好きだったもん」

男「……」

少女「だから、自分の命のことなんか、全然考えてなかったもん」

男「……」

少女「あいつが死んだら嫌だって、そんなことしか、考えてなかったもん」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 22:04:34 ID:VUvGM1Dw
少女「付き合ったりとかじゃなかったけど、でも、それでもいいっていうか」

少女「一緒に帰れるだけで、嬉しかったし」

少女「一緒にいられるだけで良かったんだもん」

男「……」

少女「大袈裟じゃなく、あいつじゃなくて、死んだのが私でほんと良かった」

男「……」

男「それって……」

ガチャリ

少女「!!」

男「!!」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 19:29:17 ID:SMJlWAL.
少女「ドアが……開いた?」

男「……」

?「失礼します」

?「御二方、御自分の状況を把握しておられますか?」

少女「……は、はあ」

男「死んだってことくらいは、まあ」

?「ええ、十分です」

少女「あの、ここはなんなんでしょうか」

男「ああ、それ、それを聞きたかった」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 19:34:56 ID:SMJlWAL.
?「ここは、天国と地獄の間です」

少女「はあ」

男「なるほど?」

?「正確には、天界と冥界の間です」

少女「うん?」

男「な、なるほど?」

?「まあ、簡単に言いますと、天界へ行くか冥界へ行くか、その審判の待合室です」

少女「ああ、それが一番わかりやすい」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 19:39:59 ID:SMJlWAL.
男「いつまで待ってりゃあいいの?」

?「ええと、今は待っている人が少ないので、一日もあればどちらも呼ばれると思います」

少女「一日!?」

男「それって遅いんじゃないの?」

?「人死にが多いと、何日も待つ場合もありますので」

少女「はあ」

男「よくわかんねえけど、呼ばれるまで待ってたらいいのか」

?「ええ」

少女「貴方は天使?」

天使「ええ、そういう役割を仰せつかっております」

男「天使ね、実在するとは」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 19:45:33 ID:SMJlWAL.
少女「ここで一日過ごしてたらいいのね」

男「ヒマだなあ」

天使「四方の白い壁は、念じれば現実世界の様子が見られるスクリーンになります」

少女「へえ」

男「すげえ」

天使「それを見て、現世との別れを惜しむのも悪くないかもしれません」

少女「ううん、どうしよ」

天使「見る見ないは自由ですから、お好きになさっていてください」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 19:53:47 ID:SMJlWAL.
バタン

男「なんの話、してたっけ」

少女「もう、いいよ」

男「あ、そうだ、君の友だちの話」

少女「うん、もう、いいの」

男「好きだったんだろ、見ないの? スクリーンで」

少女「……どうしよっかなあ」

男「怖いか」

少女「そりゃあね」

少女「あんただって、そうでしょ」

男「まあね」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 20:01:34 ID:SMJlWAL.
少女「あんたもさ、そのハンカチの持ち主の女の人がさ、重荷に思ってないか心配なんだ」

男「ていうか、おれの場合は完全におれが悪いからなあ」

少女「そうだけど」

男「目の前で自分のハンカチ持ったまま落ちて死んだ同級生に、同情はできないよなあ」

少女「そうだけど、さ」

男「トラウマになってないか、心配」

少女「あはは、そっちか」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 20:38:41 ID:SMJlWAL.
男「おれは、見てみようかな」

少女「……そう」

男「別に、君も見てもいいからな」

少女「……うん」

男「んっと、どうやんのかなあ」

ヴォーン

男「お、出た出た」

少女「……」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 20:45:10 ID:SMJlWAL.
男「……」

『あいつは……まだ……18だぞ!!』

男「兄貴……」

『どうして……どうして……くぅっ』

男「ははは、なんか、申し訳ないな」

『馬鹿野郎……おれより先に死にやがって……』

男「親父……」

『くそっ……くそっ……』

男「……」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 20:51:01 ID:SMJlWAL.
少女「ねえ、辛くなるなら見ない方が……」

男「いい、全部見る」

少女「でも」

男「辛くなってもさ、仕方ねえじゃん」

男「そもそもおれが阿呆な死に方をしたのが悪いんだし」

少女「ん……」

男「反省して、うん、天界でも冥界でも行って、もっと反省する」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 20:57:54 ID:SMJlWAL.
『馬鹿な死に方して……あの子はほんとに……』

男「母ちゃん……」

『なんで……なんでこんな……』

男「母ちゃん、御免」

男「おれが悪いんだよ」

『屋上でふざけあってたって言う、あの子たちが悪いのよ……』

男「違う!! おれが悪いんだ!! あの子は悪くないんだ!!」

男「おれが……」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:04:26 ID:SMJlWAL.
少女「……」

ヴォーン

『あの子は、優しい子だった』

少女「お姉ちゃん……」

『私には、ないものを、たくさん……うぅっ』

少女「……」

『早すぎる……早すぎるわよぉっ……』

『本当に……どうしてあの子が……』

少女「ママ……」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:13:38 ID:SMJlWAL.
『あの子が事故に遭っているとき……おれは……涼しい部屋で……書類なんか見ていて……』

『あの子の苦しみも知らず……あの子を想ってやれず……』

少女「パパ……」

『もっと……もっと構ってあげれれば良かったっ……』

少女「うっ……うっ……」ポロポロ

『それは、私も同じよ……』

『あの子……ずっと私に遠慮していたもの……』

『もっとお姉ちゃんらしいこと……してあげるんだったわ……』

少女「そんなこと……言わないで……」ポロポロ
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:19:27 ID:SMJlWAL.
プツン

男「……」

少女「見るの、やめちゃったの?」

男「ああ、ちょっと、精神的に来るものがあるな」

少女「……私も」

男「なんだ? 目が赤いぞ?」

少女「……気のせい」スイッ
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:24:10 ID:SMJlWAL.
男「泣いたのか」

少女「……」

少女「いいじゃない、別に」

男「悪いなんて、言ってないよ」

男「悲しくて泣けるなら、人間らしい」

少女「人間らしくなかったら、どうなるの?」

男「悲しくても泣かない」

少女「そんな人、いっぱいいるでしょう」

男「じゃあ、えっと、悲しいとき笑う」

少女「それ、ただの変な人じゃん」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:36:57 ID:SMJlWAL.
男「悲しいという感情がない」

少女「ああ、それは人間らしくないね」

男「……」

男「……なんの話をしてたんだっけ」

少女「忘れちゃった」

男「悲しいのはどんなとき、って話だっけ」

少女「そんな話、してたかな?」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:44:53 ID:SMJlWAL.
男「おれさ、15のときにさ、ばあちゃんが死んで」

少女「うん」

男「病院で、めちゃくちゃ泣いたんだ」

少女「……うん」

男「身近な人が死ぬのって、それが初めてだったから」

少女「……うん」

男「なんか、リミッターが外れたって言うか、ボロボロ涙が勝手に出てさ」

少女「……うん」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:49:33 ID:SMJlWAL.
男「でも、落ち着いたら、すごくすっきりしたんだ」

男「ばあちゃんは、高齢だったし、大きな病気とかもしなかったし」

男「天国で幸せに暮らしてね、って素直に思えたんだ」

少女「寿命なの?」

男「うん、まあ、そうかな」

少女「私、おじいちゃんもおばあちゃんも、まだ生きてるの」

男「そっか、羨ましいね」

少女「でもいつか、死んじゃうんだよね」

男「そうだね」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 21:57:28 ID:SMJlWAL.
少女「私ね、お葬式って、行ったことがないの」

男「そう」

少女「どんな感じ?」

男「ん、みんな下向いてて、寂しくて、暗い感じ」

少女「行ったことあるの?」

男「ばあちゃんのとき、一回だけだけどな」

少女「悲しかった?」

男「おれは、病院でひたすら泣いたから、葬式では泣いてないよ」

少女「そっか」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 22:05:35 ID:SMJlWAL.
男「なんか、気になる?」

少女「ん? んっと、私のお葬式って、どうなるのかなあ、とか」

男「ああ、そうか」

男「明日は、おれたちの葬式か」

少女「今日じゃないの?」

男「今日はお通夜かな、たぶんね」

男「宗派にもよるだろうけど」

少女「宗派ってなに?」

男「仏教か、神道か、みたいな」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 22:13:27 ID:SMJlWAL.
少女「仏教はわかるけど、神道ってなに?」

男「えっと、家に神棚か仏壇かある?」

少女「神棚があるよ」

男「じゃあ君んとこは、神道だ」

少女「そうなの?」

男「たぶんね」

男「それ以上の細かいことは、詳しくないけどさ」

少女「ふうん」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 22:24:43 ID:SMJlWAL.
男「今日、お通夜があって、明日は火葬して……」

少女「火葬って……」

男「焼いて、埋めるんだよ」

少女「私たちの身体、焼かれちゃうの?」

男「……そうなるね」

少女「身体、なくなっちゃうの?」

男「……そうだね」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/05(水) 22:30:43 ID:SMJlWAL.
少女「なんか、実感わかないなあ」

男「まあ、まだ実体はあるもんねえ」

少女「お通夜の様子、見てみようかな」

男「悲しくなるよ?」

少女「悲しくて泣くのが、人間らしいって、さっき言ってたじゃん」

男「そうだけど……」

少女「泣いてすっきりするの、私も」

男「そうかい」
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 20:38:39 ID:vXX/6iJ2
少女「今何時なんだろうねえ」

男「わっかんねえなあ」

少女「ここに来てからどれくらい経ったんだろうねえ」

男「わっかんねえ」

少女「なんかさあ、こういう映画あったよね」

男「どんな?」

少女「なぜか、見知らぬ部屋に閉じ込められてるってやつ」

男「よくあるよな」

少女「ホラーにもコメディにもあるよねえ」

男「ああ」
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 20:45:49 ID:vXX/6iJ2
少女「ああいう人たちって、どうやって時間を知ってたんだっけ」

男「さあ?」

少女「携帯とか、持ってない?」

男「ポケットにはなんも入ってなかった」

少女「そっか」

男「ハンカチも、持ってなかった」

少女「それは、いいでしょ、別に」

男「あいつの」

少女「ああ」
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 20:52:35 ID:vXX/6iJ2
男「まだ、現世は明るいみたいだったけれど」

少女「お通夜って、夜だよね、だいたい」

男「まあそうだろうな」

少女「それまで、なにしようかなあ」

男「あの、友だちの」

男「やっぱなんでもない」

少女「ははは、私もそれ考えてたんだけどさ」

男「……うん」

少女「やっぱちょっと、勇気、いるよね」

男「ああ」
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 20:59:11 ID:vXX/6iJ2
少女「でも、見ないと、きっと後悔する」

男「そうだな」

少女「だから私、見るよ」

男「偉いな、君は」

少女「え?」

男「おれがビビって足踏みしてる間に、どんどん先に行くんだもんな」

少女「でも、スクリーンを最初に見たのは、あんたの方だったでしょ」
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:09:17 ID:vXX/6iJ2
男「そうだっけ」

少女「あんたも、友だちの姿を見るのを怖がってる」

男「……ああ」

少女「私も、怖いよ」

男「……だろうね」

少女「だからさ、せーので見ようよ」

男「……はは」

少女「なによ」

男「いいアイデアだ、と思ってね」

少女「……でしょ」
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:17:15 ID:vXX/6iJ2
……

男「よし、じゃあ見よっか」

少女「うん」

男「背中合わせで座ろうか」

少女「……うん」

男「ふーっ」

少女「ふーっ」

男「よし、いくぞ」

少女「や、や、や、ちょっと待って!!」
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:22:42 ID:vXX/6iJ2
男「なんだよ」

少女「心の準備が」

男「ったく、さっきまでの威勢はどこ行った」

少女「大丈夫、大丈夫」

男「そうそう、大丈夫」

少女「うん」

男「どうせさ、おれらは死んでるんだから、客観的に見てようぜ」

少女「そんな自信ないけど……」

男「いいから、ほら、いくぞ」

少女「うん」
64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:29:13 ID:vXX/6iJ2
ヴォーン

男「あれ、もう、お通夜の時間?」

ざわざわ

男「クラスのやつら……先生……叔父さん……叔母さん……」

『あんなにいい子が……』

『このたびは誠に……』

『お悔やみ申し上げます……』

男「みんな……」

ぐすっ……えぐっ……ひっく……

男「みんな……おれのために……」
65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:34:45 ID:vXX/6iJ2
ヴォーン

少女「これが……お通夜?」

ざわざわ

少女「みんな……先生……」

『このたびは……』

『あのトラック……許せない……』

『神も仏も……ありませんね……』

少女「パパ、ママ……」

『本日は、あの子のために、ありがとうございます』

少女「ほんと、こんなに集まってもらえて、私、嬉しいよ」
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:41:18 ID:vXX/6iJ2
ヴォーン

男「みんな……泣いて……」

男「おれなんかのために……」

『あいつは、真面目で、いつも一生懸命勉強して……』

男「先生……」

『いつも、おれ、相談聞いてもらってました』

『今でも、あいつには感謝しています』

『……もっと……伝えたかったっ……』

男「くぅっ……」ポロポロ
67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:49:00 ID:vXX/6iJ2
ヴォーン

ぐすっ……ひっく……うぇ……うぇ……

『うぇえ……悲しいよ……悲しいよ……』

『もっと一緒に……遊びたかったよっ……』

少女「私も……だよ……」ポロポロ

『いつもみんなのことを考えて動ける、優しい子でした……』

『私たちが喧嘩したときも、間を取り持ってくれて……』

『なんで……死んじゃったの……うぅっ』

少女「御免ね……御免ね……」ポロポロ
68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 21:53:13 ID:vXX/6iJ2
ヴォーン

男「お開きか……みんな帰っちゃったな……」

男「ていうか、おれの遺影、もっと男前のやつなかったのかよ……ふふっ」

男「あ……」

女『……』グスッ

男「残ってくれてたんだ……」

女『……』グスッ

男「でも、どうして……」
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 22:02:23 ID:vXX/6iJ2
男「……」

女『御免ね……御免』グスッ

男「なんで、謝ってるの」

女『私、酷いこと、したね』グスッ

男「なんで? 君はなにも悪くないよ」

男「おれが勝手に嫉妬して、勝手に死んだんだから」

女『なんで、あんなことしたんだろうね、私』グスッ

男「なに、言ってるの?」
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 22:09:57 ID:vXX/6iJ2
ヴォーン

少女「お通夜って短いんだね……」

少女「もうみんな、いないのかな……」

少女「あ……」

少年『……』ポロポロ

少女「残ってくれてたんだ……」

少年『……』ポロポロ

少女「でも、泣いてる……」
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 22:17:05 ID:vXX/6iJ2
少年『御免なさい、御免なさい……』ポロポロ

少女「あんたは悪くないよ、あんたが無事だったら、それでいいの」

少年『僕、僕、トロくて、いつも、君に迷惑かけて……』ポロポロ

少女「そんな風に思ってない!!」

少女「ずっと大好きだった!!」

少年『僕の代わりに君が死んで……うぅっ』ポロポロ

少女「今でも大好きなんだから!!」
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/06(木) 22:31:38 ID:g1c5SDNE
せつねえ……
74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:17:00 ID:5pYQ.YMk
ヴォーン

女『私ね、君にね、焼きもち焼かせたかったんだぁ……』グスッ

男「え……?」

女『いつも、さ、曖昧な関係だったでしょ、私たち』グスッ

男「え? え?」

女『だから、私のこと、どう思ってるのかなって、それであんなこと、しちゃって』グスッ

男「……」

女『御免ね……御免なさい……』ポロポロ

男「そんな……」

女『許してなんて……もらえないの……わかってる……』ポロポロ

男「そんなこと……」
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:23:32 ID:5pYQ.YMk
男「はは……死んでから気づくなんて……遅かったな……おれ」

男「ほんと、馬鹿だなあ……」

女『御免ね……御免ね……』ポロポロ

男「謝る必要、ないよ」

男「おれが馬鹿だった、ただそれだけだ」

女『……』ポロポロ

男「ハンカチ、御免ね」
76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:29:27 ID:5pYQ.YMk
ヴォーン

少年『あのとき……僕……フラフラしてて……また君に迷惑をかけて……』ポロポロ

少女「そんな風に言わないで!!」

少年『僕が死ねば……』ポロポロ

少女「そんな風に言わないでったら!!」

少女「もう十分だから!! 自分を傷つけないで!!」

少年『御免ね……ほんと……ダメだ……僕……』ポロポロ

少女「もう!!」
77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:37:28 ID:5pYQ.YMk
少年『もう一度会って……君に……謝りたい……』ポロポロ

少女「ぅうっ……」

少年『御免ね……御免ね……』ポロポロ

少女「わ……私だって……もう一度……会いたいよ……」

少年『……』

少女「会いたい!! 会いたい!!」

少年『……』

少女「まだ!! まだ死にたくないよぉ!!」ポロ

少女「死にたくない!! もっと生きて……生きていたかった!!」ポロポロ
78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:44:13 ID:5pYQ.YMk
少女「うああ……ああああん」ポロポロ

少女「死にたくないよぉ……なんで……なんで……」ポロポロ

少女「もっと、お喋りして、一緒に、帰って」ポロポロ

少女「ぐす……ひっく……」ポロポロ

少女「楽しい毎日を……もっと……もっと……」ポロポロ

少女「過ごしたかったのに!!」ポロポロ

少女「もっと続くと思ってたのに!!」ポロポロ

少女「ぅあぁああああん……」ポロポロ

男「……」
79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:48:35 ID:5pYQ.YMk
少女「……」グス

男「ねえ」

少女「……なに?」グス

男「おれが偉そうに言うことじゃないかもしれないけれど」

少女「……」

男「おれたちはさ、やっぱさ、死んだんだよ」

少女「……わかってるわよ、そんなこと」

男「おれもさ、わかるよ、生きてたいって気持ち」

少女「……うん」
80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:53:48 ID:5pYQ.YMk
男「だけど、その、なんていうか、おれたちは死んだけど、存在が消えるわけじゃない」

少女「?」

男「現にさ、あの男の子は君のこと、心に刻んでくれてるじゃないか」

少女「心に?」

男「そう」

男「あの子が君のこと、忘れると思う?」

少女「……ううん」

男「だろ?」
81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 23:59:00 ID:5pYQ.YMk
男「思い出に残ることができるじゃないか」

少女「……」

男「おれたちは死んだけどさ、みんなの記憶の中で、ずっと二人は生きていけるんだよ」

少女「記憶の中で……ずっと二人は……生きていける……」

男「そう」

男「君のパパも、ママも、お姉ちゃんもさ、君のこと、忘れないよ、きっと」

少女「……うん」

少女「あんたも……家族と、あの子の心の中で……」

男「ああ、生きていけるんだ」
82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:06:55 ID:Fvyr7wBc
少女「ありがと」

男「ん?」

少女「なんか、すっきりしちゃった」

男「ははは」

少女「泣いてすっきりするって、こういう感じなのね」

男「そうそう」

少女「一つ勉強になりました」

少女「さすが、私より長く生きてるだけあるのね」

男「そんなに変わんねえよ」
83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:12:57 ID:Fvyr7wBc
少女「ねえ……こっちからさ、現世に言いたいことは伝わるかな」

男「ん……どうだろう」

少女「あいつに、思いっきり叫びたいんだけど、色々と」

男「ああ、おれもだ」

少女「叫んだらさ、ちょっとは伝わるかな」

男「やってみようか」

少女「うん」

ガチャリ

天使「……?」
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:18:36 ID:Fvyr7wBc
男「おれは!! お前が好きだった!!」

男「ていうか今でも好きだ!!」

少女「ねえ!! いっつも一緒にいてくれて、ありがとう!!」

少女「大好き!! すっごく好き!!」

男「気付かなくて馬鹿な真似して御免!! 嫉妬して御免!!」

男「あんな死に方して御免!! 目の前で死んじゃって御免!!」

少女「あんたは悪くないよ!! むしろあんたを庇って死んだこと、胸を張れる!!」

少女「今までありがとう!! ずっと忘れないから!!」
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:26:20 ID:Fvyr7wBc
女『許してくれるまで……ずっと償い続けるから……』

男「気持ちだけで十分!! もうもらってる!! 十分!!」

少年『僕……君の分まで……一生懸命生きるから……』

少女「重いよ!! もっとリラックスして!! 気楽に元気に生きて!!」

女『御免ね……でも、ありがとう』

男「!!」

少年『ずっと忘れないから!!』

少女「!!」
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:32:55 ID:Fvyr7wBc
男「ありがとう……か」

男「そうだよ、『御免』なんかより、そっちの方がいい」

少女「忘れないで……いてくれるの……?」

少女「嬉しい……嬉しい!!」

天使「……」
88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:38:48 ID:Fvyr7wBc
男「伝わったかな、気持ち」

少女「どうかなあ」

男「まあ、伝わんなくても、すっきりしたからいいか」

少女「そう!! 終わりよければすべてよし!!」

天使「……」

男「うおっと!! いつの間に」

少女「や!! びっくりした」

天使「ええ、ええ、邪魔してしまって申し訳ありません」
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:45:37 ID:Fvyr7wBc
天使「御二方、スクリーンをご覧ください」

男「ん?」

少女「なあに?」

天使「私からの、ささやかな悪戯です」

男「……?」

少女「……?」

男「うお!!」

少女「や!!」

『遺影がウインクした!!』
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:51:20 ID:Fvyr7wBc
天使「では、失礼します」

男「ははは、びっくりした」

少女「あんなん見たら、腰抜かすよね」

男「ははは、あいつ、ポカーンてしてる」

少女「あはは、あいつも目が点になってる」

男「でも、これで、伝わったかなあ」

少女「素敵なプレゼントだったね」

男「ああ」
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 00:56:30 ID:Fvyr7wBc
天使「あ、そうそう、忘れていました、仕事」

男「仕事?」

天使「大天使様がお呼びです」

天使「今から御二方とも、審判が下ります」

少女「ああ、そっかそっか」

少女「天国行きか地獄行きか」

男「へいへい、そうだったな」

天使「まあ、そんなに身構えなくて大丈夫ですよ」

天使「地獄で拷問を受けたり、なんていうのはありませんから」

少女「そっか」ホッ
92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 01:06:27 ID:Fvyr7wBc
男「あのさ、生まれ変わりって、あるの?」

天使「ありますよ」

少女「じゃあ、またあいつと会える?」

天使「さあ、それは……貴方の頑張り次第ですね」

少女「ふうん?」

男「おっし、行こうか」

少女「うん」
93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 01:09:27 ID:Fvyr7wBc
男「じゃあな!!」

女『……じゃあね』

少女「またね!!」

少年『……また、会えるといいな』


★おしまい★
95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 01:25:41 ID:sPLU2nhc
乙はむはむ
97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 07:51:37 ID:K6AzUnwg
おつ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク