FC2ブログ

アスカ「バカシンジ可愛い」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:13:21 ID:yvNPD/Ds


シンジ「え?」

アスカ「可愛い」

シンジ「あ、ありがと?」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」ウズウズ

シンジ「……?」

ガバッ!

シンジ「うわぁ!?」

アスカ「あーもうムカつくぅ!何でこんなに可愛いわけぇ?」クシャクシャ

シンジ「わっ!ちょ……」


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:17:02 ID:yvNPD/Ds


シンジ「や、やめてよアスカ、髪がグシャグシャになっちゃうじゃないか」

アスカ「髪がグシャグシャになるバカシンジも可愛い」クシャクシャ

シンジ「ちょ……」

アスカ「そーれ」クシャクシャ

シンジ「や、やめてよ!」バッ

アスカ「怒った」

シンジ「可愛いだなんて……男に向って失礼じゃないか!」

アスカ「可愛いって言われて怒るバカシンジ可愛い」クシャクシャ

シンジ「だ、だからやめてってば」

アスカ「でも可愛いって言われて内心嬉しくもあるバカシンジ可愛い」クシャクシャ
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:17:52 ID:yvNPD/Ds


シンジ「ア、アスカ……」

アスカ「可愛いバカシンジ、可愛い」クシャクシャ

シンジ(こんなに押さえつけられて頭を撫でられると……)

ぱふぱふ

シンジ「うぶっ!(ア、アスカのおっぱいが……!)」

アスカ「私のおっぱいを意識しちゃうバカシンジ可愛い」クシャクシャ

シンジ「い、意識してなんかいないよ!」

アスカ「そう言いつつも意識しちゃってる可愛い」クシャクシャ

シンジ「や、やめてよぉ……」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:19:03 ID:yvNPD/Ds


プシュッ

シンジ「ほらアスカ!ミサトさん帰ってきたよ!」

アスカ「だから?」クシャクシャ

シンジ「や、やめないと!」

アスカ「やめてやんない」クシャクシャ

シンジ「ええ!?」

ミサト「ただい……まぁ!?」

アスカ「……」クシャクシャ

シンジ「お、おかえりなさいミサトさん!あ、あのこの状況は!その……」

ミサト「むふふ、お盛んねー」プププ

シンジ「ち、違うんですミサトさん!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:20:20 ID:yvNPD/Ds


ミサト「で・も♪そういう事はリビングじゃなくどっちかの部屋でやんなさい♪あ、静かにね?」

シンジ「ミサトさぁん!」

アスカ「……」パッ

シンジ(あ……)

ミサト「あらま、もう満足したの?」クスクス

アスカ「うん、お腹空いたし、バカシンジ、ごはん」

シンジ「え?」

アスカ「ごーはーん!聞こえなかったの?」

シンジ「い、今作るよ……」



シンジ「……」トントン

アスカ(終わって残念がる可愛い)ボソッ

シンジ「!!?」ザクッ
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:21:39 ID:yvNPD/Ds


夕食後 シンジの部屋

シンジ(はぁ……指切っちゃったじゃないか……アスカのバカ……)ヒリヒリ

トントン

ミサト「シンちゃん、お風呂空いたわよん」

シンジ「あ、はい、今入ります」

シンジ(アスカは何であんな事……きっと僕をからかっているんだ……ひどいや……)

シンジ(……お風呂に入って早く寝よう)

ガラッ

アスカ「……」ブオオオ

シンジ「!?」ビクッ
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:22:38 ID:yvNPD/Ds


アスカ「なに?」ブオオ

シンジ「ご、ごめん!」ピシャンッ!

「ごめんって髪乾かしてるだけじゃない、バカ」

シンジ「そ、そう……」

シンジ(どうしたんだろ……アスカを見てると何だか……?)ドキドキ

ガラッ

シンジ「!?」ビクッ

アスカ「終わったから入っていいわよ、お風呂でしょ?」

シンジ「う、うん」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:23:32 ID:yvNPD/Ds


アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「どいてくんない?通れないんだけど」

シンジ「あ、ご、ごめん!」バッ!

アスカ「トロいやつ」スタスタ

シンジ(何考えているんだ僕……)

アスカ(シンジも綺麗になってからね)ボソッ

シンジ「!!?」ギクッ



「あっ!ミサトー!私のジュース飲んだでしょー!」

シンジ(え?え?)タラー

シンジ(うわっ!鼻血だ!?)
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:24:29 ID:yvNPD/Ds


入浴後 シンジの部屋

シンジ(もう……お風呂に入る前に鼻血出ちゃたから大変だったよ……)

シンジ(アスカ……こんな手の込んだ嫌がらせを……ホントに嫌がらせなのかな……)

シンジ(いや!アスカが嫌がらせ以外で僕にこんな事するわけない!騙されるな!僕!)ブンブン

シンジ(寝よう!変な期待しないで!寝るぞ!)ボフッ

ス…

シンジ(ん?ふすまが?)

ススス…

アスカ「……」

シンジ「!?」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:25:49 ID:yvNPD/Ds


アスカ「……」チョイチョイ

シンジ(え!?)

シンジ「アス……」

ピシャッ

シンジ「!?」

シンジ(え?え?えええ?)

シンジ(い、今のは一体?え?どういう事?誘ってる?)

『シンジも綺麗になってからね』

シンジ(ど、どうしよう……アスカが誘って?いや待て待て待て)

シンジ「……」

シンジ(……寝よ)ボフンッ
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:30:19 ID:yvNPD/Ds


翌朝

チュン…チュンチュン…

シンジ「ふぁ……」

アスカ「おはようバカシンジ」クシャクシャ

シンジ「ん……おはよ……」

アスカ「……」クシャクシャ

シンジ「……」

シンジ「うわぁぁぁ!?」ガバッ!

アスカ「寝ぼけて反応が遅れるバカシンジ可愛い」

シンジ「アアアアスカ!?」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:32:45 ID:yvNPD/Ds


シンジ「な、何して……」

アスカ「えいっ」グイッ

シンジ「む……ぐぅっ!?」

アスカ「寝癖、目ヤニ、可愛い」クシャクシャ

シンジ「もがぁぁ!(胸が!朝なのに胸がぁぁぁ!)」

シンジ「は、離してよアスカ!苦し……」

アスカ「朝だからピンチで暴れちゃう可愛い」クシャクシャ

シンジ「な、何なんだよ?昨日から?一体何のつもりなんだよ?」

アスカ「私にこういう事されるの嫌?」

シンジ「い、嫌に決まってるだろ……」

アスカ「もう一度だけ聞いてやる」ジッ

シンジ(うわ、顔ちか……)ドキン

アスカ「私にこういう事されるの嫌?」

シンジ「……い、嫌では……ない……かな?なんて」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:34:07 ID:yvNPD/Ds


アスカ「……」ジー

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「……」ジー

シンジ「ア、アスカ?」

アスカ「馬鹿じゃないの?早く私から離れてよ」

シンジ「え……」

アスカ「この私があんたみたいなキモイ奴相手にするわけないじゃない」

シンジ「……」ムッ

シンジ「分かったよ!(何だよアスカの奴!自分からこんな事してきたんじゃないか!)」

ペロッ

シンジ「ひゃあっ!?」ピクン

アスカ「後ろから耳舐められて、可愛い」

アスカ「一度突き放されてからの耳舐め可愛い、ふー」

シンジ「あ……ふぅわ……」ピクピク
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:35:54 ID:yvNPD/Ds


アスカ「ふー、ふー」

シンジ「はぅ……や……」ピクピク

アスカ「ふー、ふー」

シンジ「や、やめ……」ピクピク

ペロッ

シンジ「わぁぁっ!」ビクンビクン

ミサト「なぁーに?変な声出し……」

アスカ「……」(シンジを後ろから抱き締めている)

シンジ「あ……」(アスカに後ろから抱き締められている)

ミサト「ゴムはつけなさいよね!」スタスタ

シンジ「ま、待って下さいミサトさぁん!」

ペロッ

シンジ「ふわっ!」ビクン
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:36:48 ID:yvNPD/Ds


ネルフ

シンジ(はぁ……ミサトさんが何だかよそよそしいよ……)

シンジ(早くプラグスーツに着替えないと何か言われそうだな……)ヌギヌギ

プシュッ

シンジ「?」クルッ

アスカ「何よあんた、まだ着替え終わってないわけ?」

シンジ「アスカ!?ここ男子更衣室……」

アスカ「今使ってんのはあんただけなんだから男も女もないわよ」

シンジ「い、いや……何か用?」

アスカ「ねえ、背中どうなってる?」

シンジ「え?」

アスカ「何だか空気抜け切れてないみたいなのよねー」

シンジ「そうなの?」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:47:49 ID:yvNPD/Ds


アスカ「そうなの?じゃないわよ、見なさいよ」

シンジ「う、うん」

アスカ「どう?」

シンジ「見た感じではちゃんと空気抜けてるみたいだけど」

アスカ「おっかしいわねー、違和感があんのに」

アスカ「触って確認してみて」

シンジ「え?ぼ、僕が?」

アスカ「あんた以外誰がいんのよ、早く」

シンジ「自分で触って確認すれば……」

アスカ「あんたバカァ?手が届かないのよ!」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:49:27 ID:yvNPD/Ds


アスカ「ほら、時間がないんだから早く触って確認してよ」

シンジ「わ、分かったよ……」

サワ…

アスカ「アッ…」

シンジ「!?」ビクッ

アスカ「どうしたの?ちゃんと触って確認してよ」

シンジ「く、くく空気はちゃんと抜けてるよ、うん」

アスカ「こんなちょっと触っただけで分かるわけないじゃない、いいから触って確認しなさいっての」

シンジ「……」

サワ…

アスカ「アンッ」

シンジ「!!!」ビクゥ!
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:50:32 ID:yvNPD/Ds


アスカ「何で手ぇ離すわけ?」

シンジ「だ、だって……」

アスカ「しっかり触らないと空気があるかどうか分からないじゃない、ほら触る!」

シンジ「……」

アスカ「……」

アスカ「……」クルッ

シンジ「!」ビクッ

アスカ「……」ズイッ

シンジ「ア、アスカ?」ビク

アスカ「……」ジー

シンジ(か、顔がちか……)
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:51:50 ID:yvNPD/Ds


アスカ「……」ジー

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「……」

ぐいっ

シンジ「!?」ドキッ

アスカ「……」

シンジ(僕の首に腕をまわして……キス!?)

シンジ(間違いない!これキスする流れだ!)

アスカ「……」ジー

シンジ(ア、アスカと?どどどどうしよ……でも……め、目ぇ閉じて方がいいのかな?)ドキドキ

アスカ「……」ジー

シンジ(アスカ……)ンー

ふー

シンジ「!?」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 07:53:03 ID:yvNPD/Ds


シンジ(へ……?)

アスカ「……」

ふー

シンジ「!?」ゾクッ

アスカ「ふー」

シンジ「……!」ゾク

アスカ「ふー」

シンジ(あふ……)ゾクゾク

アスカ「ふー、ふー、ふー」

シンジ(は……な、なにこれ斬新……ふは……)ゾクゾクゾクゾク

アスカ「私の息で唇が乾いちゃう可愛い、ふー」

シンジ(うぅ……)ドキドキ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:09:15 ID:yvNPD/Ds


廊下

マヤ(シンジ君とアスカが遅いから様子を見てこいって言われたけど……何で私が?)

マヤ(ミサトさんの仕事なのに……何で行きたがらないんだろ……)

マヤ(男子更衣室の方が近いからまずはシンジ君から……)

コンコン

マヤ「ジンジ君?いる?」

「は、はい!」

マヤ「どうしたの?ずいぶん遅いけど」

「あ、え、その」

マヤ「シンジ君?様子が変よ?大丈夫?」

「大丈夫です!」

マヤ(何か変……体調でも悪いのかな……)
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:09:37 ID:yvNPD/Ds


マヤ「シンジ君?開けるわよ?」

「駄目です!」

マヤ「まだ着替え終わってないの?」

「は……」

「もう着替え終わってるから入ってきても大丈夫よー」

マヤ「(この声!?)アスカ?アスカもいるの?」

「あ、いえ……」

「バカシンジと談笑してんの、だから入ってきても大丈夫よ」

「駄目です!絶対に入ってこないで下さい!」

「入ってきてよマヤ」

「入ってこないで下さいマヤさん!」

マヤ「?」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:10:11 ID:yvNPD/Ds


マヤ(シンジ君なんでこんなに私に入って欲しくないの?)

「きゃー!」

「アスカ!?」

マヤ「!?」

「きゃー!やめてよシンジー!」

「な、何もしてないじゃないか!」

マヤ(ままままさかシンジくくくくがアスカを!!?)

「助けてー!マヤー!」

「入ってこないで下さいマヤさん!何もしてないですから!ホントに!」

マヤ(ど、どうしよ!!!?)オロオロ
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 08:10:36 ID:yvNPD/Ds


「シ、シンジ……くるし……」

マヤ「!!!?」

「何だよその演技!?何もしてませんからね!?マヤさん!」

マヤ「アスカ!?大丈夫!?」

しーん

マヤ「アスカ!!?シンジ君!!?アスカに何をしたの!!?」

「何もしていません!!!神に誓って!!!」

マヤ「じゃあ何でアスカの声が聞こえないの!!!アスカ!!!今助けるからね!!!」

「駄目です!!!入ってこないで下さい!!!お願いですから!!!」

マヤ「アスカ!!!」
25: ◆MutIeDmrIg 2012/10/26(金) 08:12:04 ID:yvNPD/Ds


プシュッ










シンジ「み、見ないでぇぇぇぇ!」(全裸で十字架に縛り付けられている)

アスカ「~♪」(その横でニヤニヤしている)

マヤ「…フケツ」

ばたーん!

シンジ「マヤさん!?しっかりして下さいマヤさん!?」

マヤ「」ブクブク

アスカ「潔癖症におちんちんを見られちゃう、可愛い」

おわり
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/26(金) 19:48:11 ID:VuAAey/.

シンジの可愛さは異常

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/28(日) 20:15:24 ID:8pMXO9kc

なかなかえがった
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 00:49:26 ID:XjGWueRk

可愛すぎワロタ


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS