FC2ブログ

アスカ「ねぇシンジ、キスしようか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:19:31 ID:m8jGJdao
シメジ「え?いいよ」

アスカ「じゃ、いくわよ」

シメジ「うん」


アスカ「……」


アスカ「誰!?」


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:20:10 ID:m8jGJdao
アスカ「バカシンジじゃない!?アンタ誰よ!」

シメジ「シンジだけど…」

アスカ「嘘つかないでよ!」

シメジ「ついてないよ…僕シンジだよ」

アスカ「は…!?シンジはどこ!?本物のシンジをどこにやったの!」

シメジ「だから、僕が碇シンジだってば。早くキス」

アスカ「嫌!シンジを返して!返してよぉーッ!!」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:21:57 ID:m8jGJdao
ミサト「うるさいわねぇ…2人共、喧嘩は駄目よ」

アスカ「ミサト!家の中に不審者が!警察に電話…今すぐ追い出さなきゃ!!」

ミサト「え?」

シメジ「ミサトさん…あの」

アスカ「黙れ!今すぐ出てけ!」

ミサト「何言ってるのよアスカ…。シンちゃんと喧嘩したからって酷い言い様ねぇ」

シメジ「酷いよアスカ…」シュン

アスカ「えっ?」

ミサト「ほら、謝んなさい」

アスカ「えっ?」

アスカ「…ごめんなさい…?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:22:48 ID:m8jGJdao
学校


ケンスケ「でさ、今日の帰り第三新秋葉原行かない?プラモの新作買いたくてさぁ」

トウジ「よっしゃ、暇やし行くか。センセはどうする?」

シメジ「僕は夕飯の準備があるからなぁ。また今度誘ってよ」

アスカ(普通に馴染んでるし…。誰も気付かないの!?)

アスカ(そうだ、ヒカリに訊いてみましょ)
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:25:15 ID:m8jGJdao
アスカ「ヒカリ!」

アスカ「ヒカリってば!誰と話してるの?」

カヲリ「はじめまして」

アスカ「えっ誰」

ヒカリ「あ、アスカ。彼は渚カヲル君、この学校に体験入学してるの」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:25:59 ID:m8jGJdao
アスカ「アンタ…誰?」

カヲリ「彼女の言った通り、カヲルだけど」

アスカ「アンタが…?」

ヒカリ「どうしたのよ、アスカ。私に用事あるんじゃないの?」

アスカ「…やっぱり何でもない!じゃあねっ!」バタバタ
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:26:25 ID:m8jGJdao
アスカ(あいつ…何か違和感を感じる。あいつも誰かの偽物…?頭がおかしくなりそう)

アスカ「駄目よアスカ…私までおかしくなったら本物のシンジの帰る場所がなくなっちゃう…」

レイ「どうしたの」

アスカ「…!!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:32:06 ID:m8jGJdao
アスカ「ファースト…!」

レイ「顔色が悪いみたいだけど」

アスカ「アンタは…ファーストよね?綾波レイよね!?」

レイ「そうだけど」

アスカ(よかった…。ファーストまで別人だったらどうしようかと)

レイ「…そう、あなたは判るのね」

アスカ「判るって…まさか」

レイ「碇くんが別人にすり替わっている」

アスカ「ああ…!そうよ、そうなのよ!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:32:38 ID:m8jGJdao
レイ「碇くんだけじゃない、周りでもすり替わっている人がいるわ」

アスカ「どうしてこんなことが起きてるのよ…。偽物なんかと喋っても意味ないのに」

レイ「……。そうね、心がざわざわする」

アスカ「嫌よこんなのは!新手の使徒の仕業に違いないわ!ねぇ、早くネルフに伝えましょ」

レイ「それは…」
プルル プルル
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:33:26 ID:m8jGJdao
レイ「…」

レイ「…赤木博士に呼ばれた。私、行かなきゃ」

アスカ「え!?待ちなさい、私も行くわ!」

レイ「駄目。極秘回線だったから」

アスカ「で、でも…」

レイ「セカンド、さみしいの?」

アスカ「そ、そんなんじゃないわよっ!私1人でも元凶を突き止めてみせるわ!」

レイ「…挫けないで。何があっても、あなたはあなただから」

アスカ「うっさい!とっとと行きなさい!」

レイ「…さよなら」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:34:22 ID:m8jGJdao


シメジ「いただきます」

アスカ「…いただきます」

ミサト「シンちゃんおつまみちょうだ~い」

シメジ「しょうがないなぁ…。はい、どうぞ」

ミサト「かぁーっ仕事帰りのビールは格別ね!シンちゃんもそう思うでしょ?」

シメジ「僕未成年だからわかりませんよ…」

アスカ「……」

シメジ「…アスカ?食欲ないの?」

アスカ(もう限界…。今日は早く寝よう)

アスカ(あんな風に突き放しちゃったけど…ファースト、いじけてないかしら)
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:34:58 ID:m8jGJdao
アスカ(ファースト…お願いだから早く学校に来て…)

アスカ「あっ…来てたのね!ファースト!ファース――」

ユイ「何?」

アスカ「っ…!??」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:40:40 ID:m8jGJdao
アスカ「アンタ…ファーストよね?綾波レイ…よね!?」

ユイ「そうだけど」

アスカ「髪…黒かったっけ…」

ユイ「私?黒というより茶髪かしら。碇司令の命令で染めたのよ」

アスカ「…髪…だけじゃない…違う…」

ユイ「どうかしたの?顔色が悪いけれど」

アスカ「来ないでッ!いや…いやあぁああぁ!!」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:42:28 ID:m8jGJdao

アスカ(ファーストまで変わっちゃった…!判る…あれは今までのファーストじゃない!シンジと同じ…)

カヲリ「惣流さん」

アスカ「!!」ビクッ

カヲリ「携帯の電源切ってる?赤木博士から通信が入ってるはずだよ」

アスカ「なんで…アンタが…」

カヲリ「なんでと言われても…そうか、君は何も知らないんんだね。それじゃ、伝えたからね」

アスカ「……赤木博士…」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:50:08 ID:m8jGJdao


リツコ「あら、早かったわね」

アスカ「……」

リツコ「そんな怖い顔しないでちょうだい」

アスカ「使徒の仕業じゃなかったのね…。赤木博士の所に行った次の日、ファーストはすり替えられてた」

リツコ「レイね。あの子には元々代わりがあったんだけどね。ダミーシステムの素材を出来るだけ確保しておきたかったのよ。ちなみにフィフスチルドレンも同類」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:52:08 ID:m8jGJdao
アスカ「ダミー…?フィフスって誰よ…ワケわかんない…」

リツコ「簡単なことよ。使徒との戦いで自身の存在の喪失を恐れたヒトが、自らの『代わり』を生み出したのよ。自分自身は眠りについて、ね」

アスカ「あいつらは…クローンってこと…?」

リツコ「実質はクローンよりも下等よ。長持ちはしない、けれど見た目はそっくりで記憶もあり感情もある。その場しのぎにはもってこいな存在」

アスカ「本物のシンジは…!?ファーストは!?」

リツコ「シンジ君は…第三次被験者の1人だったわ。レイは第四次、つい昨日のね。2人共地下で保管…眠っているから安心しなさい」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 22:52:51 ID:m8jGJdao
アスカ(よかった…)ホッ

リツコ「…というのは話の土台よ。実際この技術は主に国家の重要人物や権力者、そしてエヴァンゲリオンのパイロットに使用されているのよ」

アスカ「死んでもいいように代わりを作ったってわけ!?馬ッ鹿じゃないの…!私たちが死なないようにサポートするのが仕事でしょうが!」

リツコ「違うわ。使徒を殲滅するのが仕事よ」

アスカ「…!!」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 23:50:19 ID:m8jGJdao
アスカ「私のことも…すり替えるつもり?」

リツコ「いいえ、その必要はないわ」

リツコ「だって、あなたは元から偽物だから」

アスカ「…え?」

リツコ「第一次被験者、『惣流・アスカ・ラングレー』は日本に来日する寸前で『あなた』にすり替えられた。本物のアスカは確かに日本で保管されているけれど、日本で目を醒ましたことはないわ」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 23:52:11 ID:m8jGJdao
アスカ「うそ…!だって、私…」

リツコ「あなたは偽物だから、他の偽物にも敏感だったようね。ミサトから報告を受けているわよ、偽のシンジ君を拒絶したと」

アスカ「だって…!あんなの見れば明らかに別人だって判るじゃない…!」

リツコ「見ただけで偽物か見分けるなんて、ヒトじゃないものにしか出来ないわ。あなたが周りに不信感を持ち始めていたのは把握してる」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/04(金) 23:53:23 ID:m8jGJdao
リツコ「でもあなたにはしっかり働いて貰わないと困るのよ。――あなた、シンジ君のこと好きでしょ?勿論本物の方」

アスカ「……何よ…だからなんだってのよ!」

リツコ「あなた達が死ねば本物が起こされる。そうすると本物のシンジ君が危険な使徒と戦うことになる。本当に死んでしまうかもしれない。それは嫌でしょう?」

アスカ「シンジが…死ぬ…」

リツコ「だから、あなた達偽物同士でも仲良く協力して使徒を殲滅して欲しいの。私達だって極力あなたに死んで欲しくなんかないのよ」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 11:29:03 ID:1PnKL2wI

―――――



アスカ(感情はある…か。…今のシンジに酷いこと言っちゃったな)

アスカ(私も偽物だってのにね)

アスカ(今のシンジにも私が偽物だって判っていたんだ。なのに…向こうは普通に接してくれた。私は『何かが違うシンジ』を受け入れられなかったのに…)
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 11:31:47 ID:1PnKL2wI




シメジ「アスカ?入るよ」ガラッ

アスカ「……」

シメジ「どうしたんだよアスカ。最近ずっと食べてないじゃないか…」

アスカ「……」

シンジ「何か…あったの?」

アスカ「……」

アスカ「…シンジ」


シメジ「やっと、僕を呼んでくれたね」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 11:55:20 ID:1PnKL2wI
アスカ「アンタは…これでいいの?私たち、使い捨てなんだってね…」

シメジ「知っちゃったんだね。…うん、仕方ないかなって」

アスカ「死んでも誰にも判ってもらえないし、誰にも思い出されないのよ…」

シメジ「大丈夫だよアスカ。僕らが幸せになるチャンスはある」

シメジ「もし僕らが死なずに使徒を殲滅することが出来たら、普通の人間として認めてくれるってリツコさんと約束したんだ」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 21:24:21 ID:1PnKL2wI
シメジ「もちろん本物が居るから一生制限付きの生活になると思うけど…でも希望はある」

アスカ「生きてどうするのよ偽物なのに…!友達どころか、誰も関わってすらくれないわよ!」

シメジ「アスカがいるじゃないか」

アスカ「…え?」

シメジ「綾波もいる。他にも偽物として生み出されたヒトはいるみたいだし…」

アスカ「…ふん。そうね、アンタは勝手にそいつらと仲良くやってちょうだい」

シメジ「アスカ。この前の続き、したいんだ」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 21:26:31 ID:1PnKL2wI
アスカ「この前の続きって?」

シメジ「キスだよ」

アスカ「!!」ボンッ

シメジ「僕、偽物だから嫌かな」

アスカ「別に…あの時は、わ、悪かったわね。…アンタこそ本物のアスカとしたいんじゃないの?」

シメジ「僕にとってはキミだけがアスカなんだ」

アスカ「…本当にバカね…シンジは…」

シメジ「ね、幸せになれそうだろ?一緒に使徒を倒そう。そしたら続きをしよう」

アスカ「…うん」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 21:29:12 ID:1PnKL2wI
私の戦いに意味ができた。私のためだけじゃない意味。それはきっと良いことなんだよね。

今のシンジは髪型がシメジみたいに少しうねってるから、シメジとして区別することにした。なんだか本物のシンジより頼りになる…ような気がする。
今のファーストはちょっぴりしたたか。シンジの母親にそっくりらしいから、ユイということにした。碇司令には本物のファースト以上に可愛がられているらしい。

お互いに呼ぶ時は普通に呼んでるけど、脳内では区別をつけておこう。本物も、私の大切なヒト達だから。
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 21:31:25 ID:1PnKL2wI
日向「第三新東京都上空にて未確認飛行物体確認!」

マヤ「パターン青、使徒です!」

アスカ「またまたお出ましね。クモ?相変わらず気持ち悪いわね」

シメジ「アスカ、さっきフラフラしてたけど大丈夫?」

ユイ「2日目なんでしょ。無理しなくていいのよ」

アスカ「あーもううっさいわね!さっさと終わらせてパフェでも食べに行きましょ!」

ユイ「奢ってくれるの?」

アスカ「そ、シンジがね」

シメジ「また僕が!?」

ミサト「はいはい続きは戦いの後。…みんな、行けるわね」

シメジ「はい!」
ユイ「はい」
アスカ「当然よ!」


ミサト「エヴァンゲリオン、発進!」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 21:35:37 ID:1PnKL2wI


数ヶ月後



アスカ(色んなことがあった…)

アスカ(シメジもユイも、使徒との戦いで死んじゃった…)

マヤ「弐号機、侵食されます!このままではパイロットが危険です!」

ミサト「アスカ!後退して!」

アスカ「…私、戦えるわ。みんなのために」ギュイイイン

ミサト「アスカ!?」

日向「弐号機のATフィールド反転!」

アスカ(本物の私も、シンジを好きになるかしら…)

青葉「コアが限界です!爆発します!」

ミサト「アスカッ!命令を聞きなさい!」

アスカ「そんなの当たり前よね。だって、私だもん…」

日向「爆発5秒前です!5、4、3、2、1―――」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 22:30:14 ID:1PnKL2wI

―――――



ミサト「これで…よかったのかしら」

リツコ「でも彼らはよくやってくれたわ。良くて2体程度だと考えていたけれど、ここまで多くの使徒を殲滅することができるなんて」

ミサト「…家が静かで寂しいの。早く、あの子たちを起こして」

リツコ「言われなくてもそう命令が下ってるわよ」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/05(土) 22:32:29 ID:1PnKL2wI

シンジ「うーん…ここは…ネルフの医務室?」

シンジ「なんで僕ここにいるんだろ。あれ…体の節々が痛い」

アスカ「お目覚めのようね!アンタがナナヒカリの初号機パイロット?」ズイッ

シンジ「アスカじゃないか。アスカもネルフに来てたの?」

アスカ「そうよ。私が初の実戦用エヴァ、弐号機パイロットの惣流・アスカ・ラングレーよ!」

シンジ「知ってるよ…」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 00:29:48 ID:01coQ/dc
アスカ「全く…日本に来てみれば使徒はほとんど殲滅済みとか!せっかくこの私がはるばるドイツから来てあげたってのに!」

シンジ「えっと…色々とおかしいよアスカ。早く帰って寝た方がいいんじゃない?」

アスカ「何でアンタにそんなこと言われなくちゃいけないのよ!ていうか馴れ馴れしく名前呼ばないで!」

シンジ「えぇ?」

レイ「碇くん…セカンド…」

シンジ「あ、綾波!」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 00:32:26 ID:01coQ/dc
シンジ「ねぇ綾波。アスカが疲れてるみたいでおかしいんだ…」

アスカ「ふーん。アンタが噂のエコヒイキの零号機パイロットね!」

レイ「…おかえりなさい」

アスカ「…は!?アンタに言われる筋合いはないわよエコヒイキ!」

シンジ「何だかアスカも綾波も変だよ…」

アスカ「ま、退屈はしなさそうね。…さてと、私の宿舎はどこなのかしら。さっさと案内して」

シンジ「うん。帰ろっか」

アスカ「はぁ?」

シンジ「今日はアスカの好きな物を作るよ。家に帰ろうね」

アスカ「ちょっ…離しなさい!どこに連れてく気よー!!」





レイ「…お疲れさま。おやすみなさい」

終劇
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 00:33:48 ID:01coQ/dc
レイの最後のは死んだアスカ達に向けての言葉です
最後まで読んでくれた方いたらありがとう
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 00:37:07 ID:EdZyLdz2

よかった
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/06(日) 01:58:16 ID:zNSFW/6A
乙!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。