FC2ブログ

幼馴染「私がヤンデレ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:24:35 ID:UL64kqdo
幼「ないない」グルグル

男「じゃあ何これ」

幼「縄」

男「うん、そうじゃなくてさ」

幼「はっきり言う」グルグルキュッキュッ

男「いたたたた……股が痛い股が痛い!」

幼「こうでもしないと逃げるんだもん」

男「電気椅子の上で夫婦縛りされたらそら逃げたくなるわ」


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:28:06 ID:UL64kqdo
幼「で、何が言いたかったの?」チャキ

男「やめて喋れなくなる」

幼「早く言ってよ」

男「何で俺がこんな目に遭うの?何かした?逆鱗に触れた?」

幼「そんなことないよ」シュッシュ

男「研ぐな研ぐな」

幼「まぁ何て言うか……逃がすくらいなら一緒に死ぬって言うか…」シュッシュ

男「ヤンデレに近いものがあるぞ」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:35:49 ID:UL64kqdo
男「ねぇこんなことやめよう?」

幼「何で?」

男「ほら、親しき仲にも礼儀ありって……」

幼「迷惑なの?私が男を好きになるのが迷惑なの?いっつも傍にいたのに、いっつも傍にいてくれたのに?昔結婚の約束したよね?私覚えてるよ?それからいつもいつもいつもいつも遊んだよね?もう恋人だよね?違うの?恋人なのに親しき仲で済ますの?他に好きな人ができたの?だったら……」

幼「あなたを殺す、そして私も死ぬ、どこの馬の骨かもわからない娘にあなたは渡さない」チャキ

男「7割聞いてなかったけどその式はおかs…待ってやめて痛い痛い!食い込んでるから!」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:41:07 ID:UL64kqdo
男「オーケー、一回落ち着こう」

幼「ねぇどうなの?」シュパッ

男「いった!おま…脈だぞ!」

幼「死なないから」

男「死ぬから」

幼「大丈夫、死ぬときは一緒」

男「日本語通じてる?ねぇ通じてる?」

幼「早く小娘の場所教えないと……」

男「いなっいないから!いないっ……だから切るな!」

幼「じゃあ撃つね」チャカ

男「どこで仕入れたんだよ……」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:46:03 ID:UL64kqdo
幼「ホントの事言って?あまりあなたを傷付けたくないの」カチリ

男「だからいないんだって……」

男(……縄が…緩くなってる……今しかない)

男「俺は昔からお前しか見てないんだよ」

幼「男……」

幼「ありがと……」

幼「でもね、私そうやって逃げようとしてる人の事」

幼「信用できないんだ」

男「っ」ギクッ

幼「お仕置きが必要だね……」ギギギガチャン

ビビビビビビビビ!

男「アギャァァァァ!?」バチバチ

幼「逃げようなんて思わないでね、私だけを見ててね」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:54:31 ID:UL64kqdo
・・・

幼「目は覚めた?」

幼「変な感覚だろうけど、慣れてね」

男「……!?」

男「おい!手……手はっ……!」

幼「ほどかれたら困るからね、落としたよ」クルッ

幼「あそこで浮いてるのが男のだよ」

幼「綺麗な手だよね……傷付けないように頑張っちゃった」

男「うわぁぁぁぁぁ!」

幼「どうしたの?さっきみたいに冗談言わなくなったね」

男「お前…!」ギロッ

幼「……何で?」

男「……は?」

幼「何で睨むの?」

男「は?」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 21:58:21 ID:UL64kqdo
幼「私は男のためにやったんだよ?」

幼「褒めてくれないの?」

男「ふざっ…ふざけるな!」

男「お前がやってるのは犯罪だ!」

男「最初は冗談かと思ってたが本当何すんだ!」

幼「手の心配なら大丈夫だよ、私が口移しであげるから」

男「そういうことじゃない!」

幼「あ、口移しだったら歯も要らないよね」

男「ひっ……」

幼「ペンチ探してくるね」ニコッ

男「ひぃっ……」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:01:25 ID:UL64kqdo
男「だ、ダメだ……逃げないと……!」

男「でも……手は無いし……括りつけられたままだし……」

男「どうにかして逃げなきゃ……」

男「…!そうだ携帯!携帯なら足でも……」ゴソゴソ

ポロッ

男「と、友……」カチ カチ カチ

男「くそ……打ちづらい……」

シャキン! ガチン!

男「は、はやく……」ガクガク
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:07:31 ID:UL64kqdo
Prrr Prrr

男「出てくれ……」

ピリリリリ

男「え……?」

ピリリリリ
ピリリリリ

幼「電話なんか誰にするの?」

男「ひぃぃ!」ガタン

幼「そうだよね、寝てた方がいいよね」ガチン!ガチン!

男「く、くるな……来るな!」

幼「あ、そうだ、男に見せたいものがあるんだ」

幼「待っててね」タタタタ

男「た、助かった……」

男「早く……出口を……」グッグッ

男「縄がとれない……」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:10:30 ID:UL64kqdo
男「……はっ…あそこに包丁が……」

男「そうか……さっきの……」

男「あれで何とか……」

・・・

幼「ごめんね、手間取っちゃ……った…って何でそこにいるの?」

男「……逃げてるんだよ」

幼「逃がさないからね」

男「……」ギッギッ

男(あと少し……)
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:12:59 ID:yxxYBkWc
ガチじゃないですかぁ!
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:16:40 ID:UL64kqdo
男(よし、あとは自力で……)

幼「ほら♪」スッ

男「……っ!?」

友の首「」タラーン

幼「そう言えば何でさっきコイツに電話したの?」

幼「まさかゲイ?そんなわけないよね…でもノンケでもゲイでも私は愛してるよ」

男「あっあっ……」

友の首「」タラーン

男「うっ…オボロォォゥェェ!!」ビチャビチャ

幼「あれ、どうしちゃったの?」

男「おぇぇぇ……」ゲホッゲホッ

男(友………うっ……友ぉぉ……)ビチャビチャ

幼「ふふ、赤ちゃんみたいだね」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:19:26 ID:UL64kqdo
男「なんで……うっ…」

幼「邪魔だったからだよ」

幼「さ、次は男の番」

幼「なんで………」

ザシュッガチン!ザシュッザシュッガチン!

幼「こんな!」

ガチン!ガチン!

幼「やつに!」

グシャグシャ

幼「電話したの?」

肉塊「」

男「……やめてくれ……やめてくれよぉ……!」

幼「質問に答えて?」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:24:39 ID:UL64kqdo
男(友……ごめんな………ホントごめん………俺のせいで……)

幼「早く」ガチン!

男(うぅ……)

幼「なんで黙ってるの?」

幼「まさかそこから逃げようなんて………思うわけないよね」

男(……そこ……?)

幼「早く、答えて?」

幼「なんでこんなやつに電話したの?ねぇ!?」

男(友……絶対忘れない……俺のせいだ……償いはする………ごめん)

ダッ

幼「あっ!」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:29:48 ID:UL64kqdo
男「はぁっ!はぁっ!」ブチブチ ダダダダ

幼「あ……あ……あああああああああああああああああああああああ男ぉぉぉぉぉぉ!あああああああああああああああああああああああ!」

逃げた
逃げた
逃げた

ただひたすら逃げた
転んで血が出た
腕が振れなくて早く走れない
それでも逃げた

振り返らず、そのまま……そのまま……

幼「ああああ…………」

幼「……絶対逃がさない………」グシャ

肉塊「」ベチャ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/09(木) 22:35:54 ID:UL64kqdo
5年後

男「~♪」スキップスキップ

男「義手のおかげで仕事もできる、おまけに嫁さんまで!」

男「最近いいことずくしだなぁ……」

ガチャ

男「ただいま!」

シーン

男「あれ……いないのか……ん?」

男「地生臭い……?……それに寒気が…」ブルッ

不意にタンスが開いた
あれは……嫁だ……
顔は崩れてるが間違いない

男「……あ……うぁ……ああ……!」ガクガク

幼「みぃーつけた……♪」

シャキン シャキン シャキン


終わり
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 02:39:39 ID:/g53Pi9w
冒頭完全に口調がラブコメだったじゃないですか……つられて読んじゃいましたよぉ……
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 02:49:31 ID:040YiU9I
こんな時間に読んで寝れなくなった

コメディかせめてハッピーエンドをぉぉぉ
31: >>1 2012/08/10(金) 05:45:22 ID:oQIT.DWM
>>2

男「早くほどいてくれよ」

幼「だってだって…」

男「だってだって?」

幼「何でもない」

男「何でもないのか」

キュッキュッキュッキュッ

男「ちょ、締め付け…!」

幼「圧迫されるの好きなくせに」

男「なぜ知ってる…」

幼「秘密」

男「もぉー墓場まで持ってく性癖だったのにぃー」

幼「先代に迷惑だからやめよ?」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 05:48:14 ID:oQIT.DWM
幼「さてと……」シュッシュ

男「ちょ、ここじゃまずいって!」

幼「…?」

男「ティッシュ!ティッシュに……」

幼「やめて不潔」

男「純血だ」

幼「血筋を聞いてる訳じゃないんだから」

男「純潔だ」

幼「そう、よろしい」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 05:52:03 ID:oQIT.DWM
幼「うーん……」

男「どうした?」

幼「縛るまでは思い立ったんだけど……」

男「そのあとがわかんない?」

幼「……うん」

男「昔からだよなぁ、計画性がないの」

幼「だ、だって……」

男「そもそも何でこれ思い付いたの?」

幼「小説で読んだの……」

男「小説?」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 05:56:13 ID:oQIT.DWM
幼「それ読んだら……私にもできるかなって」

男「見るのとやるのじゃ違うからね」

幼「わかってるけど……」

幼「男を誰にも……渡したくないし……」ボソボソ

男「え?なに?」

幼「何でもない、包丁もう一回研いでくるね」

男「長生きしたいよ」

幼「死ぬまで生きるスタイルの人が何を……」

男「ごもっともです」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 05:58:52 ID:oQIT.DWM
・・・

幼「お待たせ」

男「遅かったね」

幼「包丁が見当たらなかったから日本刀持ってきたの」ジャキ

男「何で?何で持ってるの?そんなの持ってるのあの村ぐらいだよ?」

幼「八つ橋村だよね」

男「やつはか村だよ」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 06:05:24 ID:oQIT.DWM
幼「あ、ハチマキと蝋燭……」

男「やめて」

男「それよりそれで何をどうしたいの?」

幼「んー……小説の通りに進めようかなって」

男「小説の題名ってなに?」

幼「ヘブンズゲート」

男「やめろ死ぬ、まだ逝きたくない頼む生かしてくれ」

幼「えーっと……まず縄をキツく縛って……」キュゥゥゥ

男「はぁっ……ナイスな締め付け……!」

幼「そして……二人の愛の証を……掘る」

男「愛?好きなの?」

ザシュッ

幼「そ、そんなことないもんっ!」

男「ほぉぉ……紙一重、紙一重だよぉぉぉ……?」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 06:10:01 ID:oQIT.DWM
幼「余計なことはいいの、私に任せて」

男「任せたら死ぬでしょーが」

幼「それは最後だから」

男「ほらもぉー!バッドエンドやぁん!」

幼「ハートマークでいいかな」ホリホリ

男「いたたたた!」

幼「私も……」ホリホリ

幼「できた」

男「日本刀で入れ墨なんて初めてだよ……」

幼「これでどこにも逃げれないからね」

男「別にお前の傍から離れないよ……」

幼「……」ドキ
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 06:16:05 ID:oQIT.DWM
男「そもそもの発端はなんなんだよ……小説でここまでいかないだろ…?」

幼「……忘れたの?」

幼「私はすべて覚えてるのに……忘れたの?」

男「2年前の一昨日の昼」

幼「男はお茶漬け食べて、ゲーム買いにいって、子供助けて、怪我したよね」

幼「右腕の大きな傷がその証拠」

男「おぉ……」

幼「ねぇ忘れたの?どうなの?」

男「忘れたとかじゃなくて何が原因なの?」

幼「昨日の晩、女の子と連絡とってたのを忘れたとは言わせない」

男「……あぁぁ、はいはい」

男「まぁちょっと理由があるんだって」

幼「許さない、許さない許さない許さない許さないゆるさないゆるさないユルサナイユルサナイユルサナイユルスユルサナイユルサナイユルサナイ」

男「一回許された」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 06:19:17 ID:oQIT.DWM
幼「これ飲んで」

男「ナニコレ」

幼「睡眠薬」

男「ここで寝たら死ぬ」

幼「いいから」ジャキン

ゴクッ

男「はい、のみま……し……た…?」クタ

幼「フェイズ2よ……」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 14:49:44 ID:oQIT.DWM
・・・

男「……はっ」

男「あれ……」

男「幼馴染がいない……」

男「まさか………」

グッグッグッグ

男「ほどけない!……近くに刃物があれば……」

椅子に立ててある日本刀

男「あら都合がいい」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 14:54:30 ID:oQIT.DWM
サクッ

男「よし……」

幼「何してるの?」

男「っ!」ビクゥ

男「いやその………うん」

幼「逃げようとしたんだ?」

男「いや……」

幼「違うの?違うんだね?信じようか?」

幼「縄切って扉の前にいる人を、信じようか?」

男「……」

幼「逃げようと、したんだ?」

男「違う」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 14:59:09 ID:oQIT.DWM
男「お前がさっき友達を殺しそうな雰囲気だったから……」

幼「私一人も殺したことないよ」

幼「連続殺人犯みたいな言い方やめてよ」

男「だ、だってさ……」

男「俺の事……殺すんだろ?」

幼「……気が向いたらね」

男「……」

幼「そんなことよりご飯にしようよ」ガサゴソ

男「友達のことはいいのか?」

幼「男のこと自体、信じてるから心配してない」

幼「昔みたいに離れないでいてくれるって」

男「幼馴染……」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 15:02:39 ID:oQIT.DWM
男(思えばいつもそうだった)

男(何をしても、何が起きても、信じてくれてた)

男(さっきのは恐らく……俺を失うのが怖かったんだろう)

男(ずっと一緒って約束したしな……)

男(だからこそ俺は……幼馴染に……)

幼「来ないの?」

男「あ、うん」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 15:06:17 ID:oQIT.DWM
・・・

幼「美味しい?」

男「うん」パクパク

幼「さっきね、おじさんが追いかけてきたんだ」

男「なに?」

幼「私逃げたよ、ガッシュみたいな走り方で」

男「うわぁ……」

幼「ひ、引かないでよ」

男「怖かったろ?」

幼「ううん、男と一緒だったもん」

男「え?」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 15:10:08 ID:oQIT.DWM
チャラ

幼「このキーホルダーがあったからさ」

男「それって…」

幼「覚えてる?」

幼「小学校の入学式の日に一緒に買ったよね」

幼「クラスが違っても一緒……って」

男「あぁ……」

幼「ふふ」チャリン

男「なぁ……俺がこうして動いてるのはいいの?縛らなくていいの?」

幼「うん、あとでほどくつもりだったし」

男「あっ、そうですかー…」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 15:13:17 ID:oQIT.DWM
・・・

幼「明日私の誕生日だよ」

幼「一緒にいようね」スリスリ

男「暑い暑い」

男「……俺の事好きなの?」

幼「なっ!なに言い出すのよ!」バチン

男「アラビアーン」ビタン!

幼「あああ……ごめんね、ごめんね!」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 15:19:35 ID:oQIT.DWM
男「だ、大丈夫……」

男「それより誕生日か……もう20か?」

幼「うん、男と同じ年齢」

男「そうかー……誕生日……あ…」

男「あああ!」

幼「な、なに?」

男「幼馴染!頼む!外に出してくれ!」

幼「……ダメ」

男「頼む!逃げない!戻ってくるから!」

幼「保証がないじゃない」

男「信じてくれないのか……?」

幼「そういうわけじゃ……」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 22:31:02 ID:oQIT.DWM
男「頼む」

幼「……じゃあ私もついてく」

男「それは……ダメだ」

幼「なんで?何でダメなの?」

男「言えない」

幼「女?女なんだ?」

男「…友達」

幼「嘘!絶対浮気!」

男「浮気じゃない……って付き合ってもないよね」

幼「っ……」

幼「……」

男「なぁ頼む…」

幼「わかった……そんなに言うなら行けばいい……」

男「…ありがとう」タタタタ

幼「………」
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 22:35:39 ID:oQIT.DWM
幼「もうやだ……大好きな人にも振られて、独りぼっちになって」

幼「男が……男だけが私の生きてる意味なのに……」

幼「やっぱ私じゃダメなんだ……ダメなんだダメなんだダメなんだダメなんだダメなんだ………」

幼「こんな想いなら生きたくない……生きていたくないよ………」

幼「……リストカット………」ボソ

・・・
男「ごめん!」

女「遅い!」

男「ちょっと……」

女「もう……はい」

男「ありがとう」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 22:40:14 ID:oQIT.DWM
男「手間かけて悪かったね」

女「でも何でキーホルダーを指輪にいれて、なんて言ったの?」

男「だっていくら高価なものでも、思い出には届かないからさ」

女「ふーん……羨ましいなぁ…」

男「女もいつかいい人見つかるよ」

男「それじゃっ!」タタタタ

女「……ばーか」

・・・
幼「お風呂場がいいよね」

幼「……あの小説通りにはいかなかったな……」

幼「……さよなら」ザシュッ
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 22:44:34 ID:oQIT.DWM
・・・

男「今戻ったぞ!」

シーン

男「幼馴染…?」

ピタ

男「水?………………まさか!」タタタタ

バンッ

幼「……」クター

男「おい!おい!幼馴染!おい!!」

男「あ……あ…き、救急車!」

・・・
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 22:49:50 ID:oQIT.DWM
……………
温かい……
気持ちいい…

私死んじゃったのかな
ヤンデレとか言われてたけど、これじゃメンヘラだよ

ごめんね、ごめんね
迷惑な女でごめんね

嫌だったよね、ウザかったよね、気持ち悪かったよね

でもね、私ね、今でも、いつまでも、あなたが……

・・・
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 22:54:34 ID:oQIT.DWM
病院

男「……生きてくれ」

男「……死なないでくれ」

男「まだ言ってないことあるんだよ……」

男「なぁ……目を開けてくれよ……頼むよ……」

・・・

あれ……
声が聞こえる……

誰?
どこにいるの?

……この声……男?
男なの?
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 23:01:20 ID:oQIT.DWM
男「幼馴染ぃ……」

男……?

男だよね?
そうだよね?

良かった……最期の最期に声が聞こえて

……?あれ?何か……眩しい……

男「頼むよぉ……」

待って、まだ逝きたくない、言いたいことが……

……あのね、私ね
言いたいことがあるんだ

男「……目を開けて言わせてくれよぉ……」

男・幼「好きだよって……」
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 23:05:14 ID:oQIT.DWM
男「え?」

幼「男……?」

男「あ、あ……幼馴染!」

男「誰か!誰か来てくれ!」

幼「なんだ……夢かぁ……」

男「夢じゃない、夢じゃないよ!」

幼「えへへ……夢でも優しいね……」

男「違う!」

幼「……ありがとう、大好きだよ」

幼「夢じゃないと言えないや」

男「俺も!俺も大好きだ!」

ドイテドイテ
コキュウガヒクイデス!
ハヤクマスクヲ!

男「頑張れ!生きてくれ!」
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 23:10:19 ID:oQIT.DWM
・・・・・・・・・

男「おーい」

幼「ん?」

男「はいこれ」

男「婚約指輪」

幼「え?」

男「ほら、この前渡しそびれたからさ」

男「返事は……」

幼「そ、そんないきなり………答えはもちろん……はい…///」

男「イィヤッホォォォォォォォ!」

男「フィィィィ!」

幼「うわぁ……」

男「もうあんなことしないでくれよ」

幼「テンションの高低差がすごい」
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 23:13:22 ID:oQIT.DWM
男「もうどこにも行かないから」

幼「うん」

男「傍にいるから」

幼「うん」

男「遊びもするね」

幼「うん?」チャキ

男「しないからね」

幼「うん」スッ

男「これからもずっと一緒にいような」

幼「こちらこそ」

男「愛しちゃってるぜ(キララッ」

幼「私も♪」


終わり
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 23:27:20 ID:NPQhfR.Y
良かったぁ...

乙!
64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/10(金) 23:31:09 ID:/g53Pi9w
ようがんばった
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/11(土) 10:56:32 ID:mwyr6Uck
最初のヤンデレもすきだったり

乙!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア