比企谷八幡「俺たちは! 口数少ない芸人です!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/17(月) 08:59:06.18
宮迫「はいはいどーも」

蛍原「こんばんわー」

イェーイ パチパチパチパチ

蛍原「さ、今回は」

宮迫「まあゲストの人数自体はすくないですね」

蛍原「そうですね」

宮迫「ただねwwww皆さんこれ覚悟したほうがいいかもしれませんwwwwww」

蛍原「どゆことよ?」



注目記事




2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/17(月) 09:03:46.24
宮迫「今回はめちゃくちゃ静かな回になりますよwwww」

蛍原「別に覚悟ってほどでもないやろwwwwww」

宮迫「違います蛍原さん。シーン、の静かじゃなくてドンヨリ、の静かですwwwwwwww」

蛍原「えぇー? 大丈夫なん?」

宮迫「ぼく楽屋行ってみたんですけどねwwww」

蛍原「ほうほう。そんでどやった?」

宮迫「案の定ですwwwwwwww 打ち合わせなのにものすごい沈黙してましたwwwwww」

蛍原「アカンやろこれ」

宮迫「お客さん、帰るなら今のうちですよwwww」
3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/17(月) 09:05:42.59
蛍原「さあ、一体、そんな静かな方々とは誰なんでしょうか」

蛍原「そしてどんなトークになっていくのでしょうか」

宮迫「めっちゃしんどくなりそー今日wwwwww」

蛍原「そろそろお呼びしましょう」

蛍原「今回のゲストはこの方々です!どうぞー!」
4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/17(月) 09:08:44.57
BGM「アザレアをさかせーてー 暖かい庭まーでー 連れだーしーてー 連れだーしーてー なんてねー」ダダンダンダン


宮迫「みなさんwwwwwwそんなブスッっとした表情したらアカンですよwwww」

蛍原「笑ってください笑って」

宮迫「ホンマにwwwwww不安なってきたwwwwww」

蛍原「はいはいうつむかないうつむかない。カメラみてカメラ」
5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/17(月) 09:14:16.21
蛍原「では!聞いてみましょう!」

蛍原「みなさんは! なんのくくりですか!」

八幡「俺たちは!」

八幡雪乃沙希「口数少ない芸人です!」

イェーイ パチパチパチパチパチ


宮迫「ちょっとお客さんwwwwイェーイwwwwやあらへんがなwwww」

蛍原「なんやねんもうwwwwww」
9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/18(火) 08:49:47.77
蛍原「じゃあ一人ずつ話を聞いていきましょう」

蛍原「じゃあ最初は…」

八幡「…比企谷八幡」

蛍原「はちまん? でええの」

八幡「はい」

雪乃「受け答えがまるでロボットね」

八幡「うるせ」

宮迫「ほんまに口数少ないなwwwwww」
10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/18(火) 08:53:07.71
蛍原「つぎ!」

雪乃「雪ノ下雪乃です」

宮迫「あらまたきれいな子」

雪乃「宮迫さん、番組進行に関係ないことは言わないでください」

宮迫「はいwwwwすいませんwwww」

宮迫「ってなんでMCがそんな注意されなアカンねんwwww!」

蛍原「口数少ないからできるだけ話したないんやないか?」

宮迫「効率重視もええけど楽しさも大事やで雪乃ちゃん」

雪乃「善処します」
11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/18(火) 09:03:29.33
蛍原「つぎ!」

雪乃「雪ノ下雪乃です」

宮迫「あらまたきれいな子」

雪乃「宮迫さん、番組進行に関係ないことは言わないでください」

宮迫「はいwwwwすいませんwwww」

宮迫「ってなんでMCがそんな注意されなアカンねんwwww!」

蛍原「口数少ないからできるだけ話したないんやないか?」

宮迫「効率重視もええけど楽しさも大事やで雪乃ちゃん」

雪乃「善処します」
12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/18(火) 09:06:57.27
蛍原「つぎ!」

沙希「…川崎沙希」

宮迫「沙希ちゃん? 沙希ちゃんも口数少ないの?」

沙希「まあ…そうみたいです…」

宮迫「もったいないなー美人やのに」

沙希「そういうのは…いいんで…」

宮迫「あっホンマ?」

八幡「口数は多けりゃいいってもんじゃないんですよ」

蛍原「その辺も今日の収録で話を聞いていこうと思います」
13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/18(火) 09:10:35.46
蛍原「はい。とりあえずひな壇に座りましたけど」

宮迫「なんやねんwwwwwwこの空気はwwwwww」

蛍原「いつもは騒がしいくらいしゃべんのに今日はしずかーやな」

宮迫「みなさん! これ絶対言わんとこ思てたけどもう言います!」

宮迫「これはテレビショーですよwwww普段よりはしゃべってくださいwwwwお願いしますwwww」

蛍原「wwwwwwww」
14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/18(火) 09:21:06.60
蛍原「さあこれではwwwwwwさすがにアカンのでww」

蛍原「特別ゲストの方々をお呼びしておりますwwwwww」

宮迫「これはさすがに呼ばなアカンやろwwwwww」

蛍原「さあそれではお呼びしましょう」

宮迫「誰? 誰?」

蛍原「特別ゲストはこの方々です! どうぞー!」
15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/02(日) 21:29:01.61
BGM「アザレアをー咲かせーてー 暖かい庭まーでー 連れ出してー連れ出してーなんてねー」ダダンダンダン

結衣「やっはろー!」

小町「やっはろー!」

蛍原「こちら、比企谷小町ちゃんと、由比ヶ浜結衣ちゃんでーす!」

イェーイ パチパチパチパチ

宮迫「見るからに口数多そうやな」

小町「今日はどんどんスタジオ盛り上げていきますよー」

宮迫「ちょっとゲストに盛り上げさせちゃアカンで君らwwww君らも頑張らんとwwww」
17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:33:08.04
雪乃「そうですね」

八幡「…」

沙希「…」





宮迫「ちょっとお二人さんwwwwwwしゃべってください!wwwwwwwwww」

蛍原「アカンwwwwwwwwこれアカンwwwwww」
18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:35:10.89
パパパパーン

蛍原「口数が少なくてー損したことーーー」

パチパチパチパチパチ

蛍原「さあ、口数すくないことでどんな損をしたのかを聞いていきましょう」

蛍原「じゃあ八幡から」

宮迫「これめっちゃあるやろwwww絶対wwww」
19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:39:40.27
八幡「…存在をナチュラルに消されたことあります」

宮迫「うわあ…それきつっ!」

蛍原「八幡もうちょい詳しく」

八幡「えっと、班行動とかあるじゃないですか?」

宮迫「あるな」

八幡「課外活動の前にそれ組んで、当日なったんですよ」

八幡「班は5人なんですけど、4人しかいなくて…もう1人は誰だ、って言っても誰も知らない」

宮迫「まさか」

八幡「その一人俺だったんですけど」

宮迫「wwwwwwwwww」

八幡「空気的に言い出せなくて」

宮迫「結局どうしたん?」
20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:44:22.49
八幡「班を決める日に学校やすんでて、どこの班かわかりませんって先生に言いました」

蛍原「先生やったらその嘘さすがにばれるんちゃう? 出席簿とかもっとるやろ?」

八幡「バレませんでした」

宮迫「ホンマかいなwwwwwwwwww」

雪乃「ボッチになるべくしてなった、というわけなんですよ。この男は」

八幡「ばっかお前。行動の一つ一つ見られるよりはましだろ」

雪乃「そうね。あなたなら病気になって学校休んだとしたら、一年後に気づかれるタイプね」

八幡「学年かわってるじゃねーか」

宮迫「あれ? そういえばこの収録にだれか一人足りない気するけど?」

八幡「ここにいますよ!」
21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:47:12.05
蛍原「続いて雪乃ちゃん」

雪乃「私の場合は損をしたと感じた事はありません」

宮迫「えぇ~!」

蛍原「ホンマ?」

雪乃「はい。なんというか…男も女も寄ってくるんです」

八幡「自慢かよ…」

宮迫「雪乃ちゃんかわええもんな~ モテるんか?」

雪乃「告白されたことなら何度か」

蛍原「やっぱしか~」
22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:51:16.62
宮迫「あれか、ちょっとカリスマ性持ってるって奴か君は」

雪乃「ええ。しかし同姓からはうとまれていたようで」

宮迫「なんかこわいわ」

雪乃「私に嫉妬したんでしょうね。でも大丈夫です。返り討ちにしてやりましたから」

宮迫「それはもっとこわいわ」

八幡「見てくれに騙されちゃだめですよ宮迫さん。こいつはこういう奴なんですからね。俺にも暴言はくし」

雪乃「どうしてあなたが喋っているのかしら?許可をとった覚えはないのだけれど」

八幡「……」
23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:54:50.72
蛍原「次は沙希ちゃん!」

沙希「あたしもないです」

宮迫「はい!沙希ちゃんスタジオ来て初めて喋りましたwwwwwwww」

沙希「ぺちゃくちゃしゃべるのあんま好きじゃないんで」

蛍原「かわええのに~ もったいないわー」

沙希「キャッキャッしている女に寄って行くような軽薄な男はやです」

宮迫「固いな~ 君ちょっとアッコさんのにおいするわwwwwww」

蛍原「姉御肌っぽいもんなwwwwww」

八幡(キレるなよ川崎…あくまでバラエティだからな…)
24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 13:58:26.83
蛍原「小町ちゃん! ここまで聞いてどうやった?」

小町「うーんやっぱり自己主張は必要だとおもいますよー。兄みたいなことになると手遅れですし」

蛍原「やってや八幡」

八幡「余計なお世話だコラ」

蛍原「結衣ちゃんは?」

結衣「あたしは…うーん」

八幡「こいつは人に合わせるのはできるけど自己主張なんてできませんよ。自己がありませんから」

結衣「はああ!? 意味わかんない! あたしにだってあるから!」
25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:02:21.31
宮迫「たとえばなんやねん」

結衣「たっ、たとえば…」

結衣「犬が好きーーー!」

宮迫「ただの好みやないかwwwwwwwwww!」

結衣「じゃあじゃあ宮迫さんやってくださいよ」

宮迫「えー俺? 蛍原さんやってや」

蛍原「なんでよ! ふざけんなや!」

小町「小町はできますよー お兄ちゃん好きーーー!」

小町「あっ、今の小町的にポイント高い♪」

宮迫「何がやwwwwwwww!」バシッ
26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:06:16.92
パパパパーーン
蛍原「口数少なくてー得をしたことーーー」

パチパチパチパチ


蛍原「さっ、それでは話を聞いていきましょう」

宮迫「あるとおもえんけどなあ」
27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:10:25.95
蛍原「八幡!」

八幡「まず妙な争いに巻き込まれないことですね」

蛍原「どゆこと?」

八幡「大体もめごとっていうのはどちらかの失言から始まることが多いじゃないですか?」

宮迫「せやな。思わず口滑ってとかな」

八幡「口数が少なければそんなことは起きないんですよ」

八幡「口数が少ない人間といれば平和にすごせますよ」

宮迫「平和やけどwwwwおもんないわなwwwwww」

蛍原「友達にはなりたないわwwwwwwww」

雪乃「だそうよ。友達のいない比企谷八幡くん」

八幡「うわべだけの付き合いはごめんだ」

小町「お兄ちゃんかっこいいー!」

小町「あっ、今の小町的にポイント高い♪」

宮迫「やかましわwwwwww」バシッ

小町「wwwwwwwwwwwwww」
28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:15:54.51
蛍原「雪乃ちゃん!」

雪乃「やはり失言のリスクが抑えられるかと」

宮迫「高校生が計算高いこと考えよるなwwwwwwww」

雪乃「変なことをいって勘違いされては困るので」

宮迫「あっ異性の話か」

雪乃「男子には冷たく接するのが私の流儀です」

蛍原「モテる子はモテる子で大変なんやなあ~」

八幡(聞いてるほうは不愉快だけどな)
29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:18:23.29
蛍原「沙希ちゃんは?」

沙希「くだらないことに労力つかいたくないので」

蛍原「ほ~」

宮迫「あのねwwwww君らwwwwしゃべることに対してネガティブすぎんねんwwww」

宮迫「しゃべるの仕事のぼくらとしてはちょっとそれ複雑やwwwwwwww」

沙希「宮迫さんたちを馬鹿にしているわけじゃありませんよ」

宮迫「それはわかっとるけどwwwwwwなんかなwwwwww」

30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:20:49.20
小町「沙希さんと雪乃さんはともかく兄はしゃべっても面白くないと思いますよー」

八幡「おい…テレビでそんなことをいうなよ」

小町「いいのいいの。テレビでて人気出るよりは小町だけのお兄ちゃんでいてくれれば」

宮迫「小町ちゃんwwwwwwさっきから君八幡好きすぎやろwwwwwwなんやねんwwwwww」

小町「ポイントポイント♪」

蛍原「ブラコンもほどほどになwwwwww」
31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:24:08.60
蛍原「結衣ちゃんどう?」

結衣「わたしは沈黙苦手なんで…面白くなくても喋ってくれると助かるなー」

結衣「ゆきのんとかヒッキーとかは同じ部活なんですけど」

宮迫「ほうほう」

結衣「二人黙って本読んでることが多くって」

蛍原「八幡、雪乃ちゃん会話しよーやwwww」

雪乃「雑談は苦手なので」

八幡「同じく」

蛍原「頑張れやwwwwww」

小町「お兄ちゃんは小町と家でたくさんしゃべってるからいいんだよねー」

八幡「…」
32 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:27:06.19
蛍原「さ、口数少ない芸人、というわけでお話をきいてきましたけど」

宮迫「きみら、ちょっとヤバいわwwwwwwもう少し喋ったほうがええで」

宮迫「それと八幡、小町ちゃんwwwwww」

小町「なんですかー?」

宮迫「愛し合うのもええけど場所はえらぼうなwwwwww」

小町「そ、そんなお兄ちゃんとは少しでもしゃべっていたいんですwwwwww」

小町「今の小町的にポイント高い♪」

宮迫「低いわwwwwww」バシッ
33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:30:10.35
蛍原「さっ盛り上げ役はほとんど結衣ちゃんと小町ちゃんがやってしまいましたけど」

宮迫「こんな回は初めてや」

蛍原「口数が少なくても必ずしも悪いことばかりではない、ということがよくわかりました」

結衣「でももうすこし口数増やしてねゆきのん、ヒッキー」

雪乃「がんばるわ」

蛍原「というわけで今回のアメトークはここまで」

蛍原「来週またお会いしましょー! さよならーー!」

小町「バイバーーイ!」ブンブン

パチパチパチパチ
34 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 14:30:46.27
お わ り



35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 15:58:39.96
乙っ!
小町可愛い
36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 16:33:03.26

すげー笑ったわw
37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/04(火) 19:17:54.66
久々にこういうので笑ったわww

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

こんな糞ssで笑う奴は流石にいないで在ろう事を願う。まず最初にいくらssだとはいえ良いコラボレーションは一目見て分からる。このssは俺ガイルの微ハーレム状態、神妙なシリアスな雰囲気、主人公の比企谷八幡の性格など全てを台無しにした見事なまでの完璧な糞ssであった。そしてなお、これで笑ってしまう頭のネジが何本か外れている輩がいる事に私はとても残念に思った。

とあるSSの訪問者

※1
めっちゃ早口で話してそう


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。