P「寝ている女の子に性的悪戯をするのが好き」【エロ注意】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:45:44 ID:6ks2oQLM
P「好きなんだ」

P「これはもうしょうがないこと」

小鳥「zzz・・・」

P「所属アイドルの殆どがAランクに上がって」

P「お祝いだなんだと調子のって飲みまくった挙句の」

小鳥「zzz・・・」

P「この有様よ」 ヨッコイショ

P「小鳥さーん、着きましたよー。マンションですよー」

小鳥「zzz・・・」

P「起きる気配なし。鍵は・・・と」 ガサゴソ

P「勝手にカバン開けますよーっと、あったあった」 チャリン

P「お邪魔しますよーっと。お姫さま抱っこでよいしょ・・・」

P「ベッドに運びます。おぉ意外と綺麗にしてらっしゃる」

P「なんだこれ、シール?あぁ、スクリーントーンってやつか」

P「ささ、ベッドですよ小鳥さーん」


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:46:20 ID:6ks2oQLM
小鳥「うぅーん・・・zzz」

P「起きません」

P「・・・仕方ないよね」

P「こんなムチムチした身体を無造作に見せ付けられて」

P「元気にならない男なんかいないよね」

P「でもまぁ俺は紳士だから」

P「お水なんか汲んじゃうわけですよ」 ジャー キュッキュッ

P「ささ、小鳥さん。飲んで飲んで」

小鳥「うぅーん・・・」 ゴク ゴク

P「おんぶしてる時も、おっぱいと太ももの感触がたまりませんでした」

P「しかたないよね、男の子だもんね」

小鳥「うぅーんzzz・・・」

P「さて、と・・・」

P「そろそろ・・・」

P「・・・かな」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:46:52 ID:6ks2oQLM
小鳥(ピヨフフフ!実は起きているのです!)

小鳥(まぁ気持ちよく酔っ払っちゃったのは事実なんですが)

小鳥(前後不覚になるほどではございません)

小鳥(ですがこれを利用しない手はない!)

小鳥(ナニがあってもお酒のせい!そう、お酒のせいですよ!プロデューサーさん!)

小鳥(この日この時のために下準備はバッチリ!)

小鳥(下着も男の人が好きそうな可愛い系のやつですし)

小鳥(部屋だって綺麗に片付けたもん!)

小鳥(トーンが落ちてる?なんで?まぁいいや・・・)

小鳥(お水?んもう!こんな時まで紳士なんですから。でもそこがス・キ!)

小鳥(お酒の力を借りるとはいえ、これも立派なロストバ・・・ヴァ・・・あれ・・・?)

小鳥(なに・・・?急激に・・・眠く・・・)

小鳥(駄目よ小鳥・・・こんな時に・・・そんな・・・)

小鳥「zzz・・・」

P「そろそろかな・・・」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:47:12 ID:6ks2oQLM
P「・・・寝ました?」

P「寝ましたね」

P「狸寝入りなんかじゃなく」

P「駄目ですよ。寝たふりなんかしちゃあ・・・」

P「楽しめないじゃないですか」

P「俺はね、小鳥さん。本当に眠っている女の子に悪戯するのが好きなんですよ」

P「しかしよく効くなぁ。睡眠導入剤ドリルL」

P「萩原製薬・・・?萩原・・・。まぁいいか。裏で何やっててもおかしくないしな。あそこん家」

P「さて・・・まずは下着チェックといきましょうか」 ススス

P「おお、薄い水色の可愛らしいパンツですね。デザインも可愛い」

P「なんで女の子のパンツってリボンの飾りがついてんだろうな」

P「・・・うむ」

P「ほう・・・」

P「これは・・・」

P「いいね」 パシャッ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:47:39 ID:6ks2oQLM
P「写真は基本でしょ」 パシャッ

P「さて、次は・・・嗅ぐ」

P「嗅ぐんだよ、それはもう」

P「くんかくんかとな」

P「よいしょ、っと。お邪魔しますよー」 ススス

P「ふむふむ」 クンクン

P「・・・ほほぅ」 スンスン

P「なかなかどうして」 クンカクンカ

P「いい匂いだ。下着越しの匂いって大好きだね。ずっと嗅いでいたい」

P「いきなり下から攻めたから、今度は上を攻めよう」

P「そう。おっぱいだ」

P「シャツを脱がせて・・・」 プチプチ

P「ごめんくださーい」 ハラリ

P「おお、こちらもお揃いのブラですか。小鳥さん、構えてたな?」

P「ってことは期待していたってことでいいんですよね」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:50:00 ID:6ks2oQLM
P「おっぱいおっぱい」 ポニョンポニョン

P「すげー」 プヨンプヨン

P「おっぱいってのはなんでこう、あれなんだろうな。すごいんだろうな」

P「あぁ、いつまでも触っていたいなぁ・・・」

P「・・・ブラ脱がそうか」

P「めんどくさいから、っと」 ズルリ

P「上にずらしちゃいました。ホック外すの下手だし、めんどいしね」

P「おっぱいさん、こんばんわ」

P「乳首さん、きれいなピンクだね」

P「ん・・・?谷間にしっとりと汗」

P「しょうがないね」 クンクン ペロペロ

P「しょっぱいね。当たり前だけど」

P「吸っていいかい?乳首さん」

P「イイヨ(裏声)」

P「いただきます」 パクッ
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 20:50:39 ID:6ks2oQLM
P「・・・」 チュウチュウ

P「・・・」 ペロペロ

小鳥「んっ・・・ふっ・・・」

P「寝てても反応しちゃうんだよね、こればっかりは」

P「そして俺は、そういう反応が好きなんだよ」

P「・・・」 ペロペロ クリクリ

P「・・・」 チュパチュパ

P「・・・ふぅ。いいね」 パシャ

P「・・・もう一枚」 パシャ

P「あ、キスすんの忘れてた」

P「これはいけません。順番ってものがあるよね」

P「小鳥さーん?キスしたいんですけどいいですかー?」

小鳥「zzz・・・」

P「沈黙は肯定とみなして、と」

P「いざ!!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 21:07:28 ID:PZYww6LI
このP……できる……っ!
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/07(金) 21:59:02 ID:PFIBqTfM
おぱーいには夢が詰まってるからね
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 02:45:50 ID:oY..oi66
P「うわ、唇ぷるっぷるだな」

P「すごいな・・・唇エロい」

P「指でなぞってみようか」

P「うわぁ、ぷるぷる。ほんとぷるぷる」

P「・・・では」 チュッ

P「・・・焼き鳥の味だ」

P「ふむふむ」 チュッチュペロペロ

P「下唇だけハムハムしてみたり」 ハムハム

P「歯茎を舌でなぞったり」 レロレロ

小鳥「ん・・・ふ・・・う・・・」

P「キスだけでも結構感じるでしょ?」

P「って言っても答えられないだろうけど」 チュッチュ

P「うん、まぁ焼き鳥味だったけどよし」

P「ほっぺにもチュ!」

P「おでこにもチュ!」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 02:46:43 ID:oY..oi66
小鳥「ん・・・ん」 モゾモゾ

P「さて、次は・・・おへそだ!」

P「ふふふ、可愛いおへそじゃないですか」 ペロン

P「んー、スベスベだなぁ、お腹」 スベースベー

P「お腹っていうか肌。柔らかくて温かくてスベスベだぁ」

P「へそにもキスしちゃお」 チュ

P「お腹にもいっぱいキスしちゃおう」

P「跡ついたって平気だしね、ここなら」 チュッチュ

P「よし、この調子で上半身に隈なくキスしよう」

P「チュッチュッチュ」

P「ペロペロ」

小鳥「ん・・・」 モゾモゾ

P「服・・・脱がすか」

P「上半身だけな」 ヌガシヌガシ

P「小鳥さん、ちょっと身体起こしてね。はい」 ヌガシヌガシ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 02:47:33 ID:oY..oi66
P「オーバーニーも脱がすか?」

天使P「脱がせちゃ駄目だよ。それがいいんじゃあないか」

悪魔P「脱がすんじゃねぇ。まずは匂いを嗅ぐんだよ」

P「脱がさない」

P「上半身は素っ裸なのに下半身はパンツ丸見えのスカートたくし上げーので・・・」

P「・・・」 パシャ

P「・・・」 パシャパシャ

P「あ、足の匂い嗅ごうっと」

P「穿いたままで、と」 クンクン

P「・・・」

P「・・・」 スンスン

P「なんだ、あんま匂いしないな・・・」 クンカクンカ

P「そういやこの人、会社じゃ基本サンダルなんだよな・・・」 クンクン

P「味も見ておこう」 ペロペロ

P「しょっぱい」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 02:47:50 ID:oY..oi66
P「靴下穿いたままとかでさ、足コキとか、あるじゃん?」

天使P「あるね」

P「あれちょっと嫌なんだよね。裸足でしてもらうんならともかくさ」

悪魔P「そこは相容れねぇな」

P「ニーソ脱がすね」 ヌガシヌガシ

P「ごめんね、ごめんなさい小鳥さん。これちょっと使いますね」 モソモソ

小鳥「zzz・・・」

P「・・・ニーソでコスってみたかったんだ・・・!」 シュッシュッシュ

P「はぁはぁ、女性が身に着けてる衣服でコスるのってやっぱいいなぁ」 シュッシュッシュ

小鳥「zzz・・・」

P「ごめんなさいね、ちょっとその可愛らしいお顔に出しますね」 ビュッ ビュルッ

P「はぁ・・・はぁ・・・あっ」

P「・・・しまった。これじゃ顔にキスできないじゃないか・・・」

P「フェラしてもらった後キスすんのもほんとは嫌なのに」

P「・・・いや、正直な話さ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:44:48 ID:oY..oi66
P「はぁ、ついでだ。ちょっと咥えてもらえます?」 ノソリ

小鳥「ん・・・」

P「あぁ、口ん中あったかいな。先にキスしといてよかった」

小鳥「ん・・・う・・・」

P「苦しそうだな。鼻詰まってたら大変だ」

P「はぁ、でも・・・あったかくて・・・気持ちよくて・・・」

小鳥「う・・・う・・・」

P「元気になったぞ!でも小鳥さんがマジで苦しそうだからやめとこう」

小鳥「ん・・・zzz・・・」

P「さて、次は・・・腋にキスするか」

P「失礼しまーす」

P「おぉ、処理してあるな。まぁ夏だし、処理するよね」

P「んー?あんま剃り跡ないな。元々薄いのか・・・?」

P「・・・」 クンクン

P「・・・」 チュッ
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:45:46 ID:oY..oi66
小鳥「・・・」 モゾ

P「くすぐったいのかな」 チュッチュペロペロ

P「ちょっとしょっぱいな」

P「あ、おっぱいの下の部分も舐めとこう」

P「下っていうか、おっぱいの裏っていうか・・・、うまく説明できないけど」 ペロペロ

小鳥「ふ・・・う・・・」

P「くすぐったいのかな」 チュパチュパ

P「おっぱい大きい人は谷間とかこことかに汗かいちゃうんだよね」

P「小鳥さんも中々のものをお持ちでらっしゃる」

P「まぁ、あず・・・」

P「いかんいかん、他の女性のことを考えては。小鳥さんに失礼だ」

P「今はただ一心不乱に・・・」 チュッチュペロペロ

P「全力で小鳥さんを愛でる!」

P「そして辱める!!」

P「愛ゆえに!!」 パシャ
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:46:14 ID:oY..oi66
P「腕上げてー。はーい」 パシャ

P「きれいな腋だな。おっぱいも素晴らしいし」 パシャ

P「・・・この人、なんでこれでモテないんだ?」

P「周りの男、見る目ないなぁ・・・」 パシャ

P「すげー可愛いのに」

P「まぁそのすげー可愛い女の子が」

P「今こうして俺の前でとんでもない姿になっているわけですよ」

P「そろそろ・・・いくか?」

天使P「パンツかい?」

悪魔P「パンツだな?」

P「パンツ、脱がすか?」

P「まずはスカート、っと・・・」 ズリズリ

P「小鳥さーん、お尻上げてーって無理だよね」 ズリズリ

P「・・・よし」 スルン

P「これでパンツだけ・・・。み、漲ってきた」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:47:12 ID:oY..oi66
P「い、いったん、これで・・・」 ハァハァ

P「パンツの上から・・・コスってみるぞ」

P「・・・」 ピト シュッシュッシュ

小鳥「は・・・ぁっ・・・」

P「・・・」 シュッシュッシュ

天使P「落ち着くんだ!」

悪魔P「おい何やってる!腰を止めろ!!」

P「はっ!」

小鳥「ん・・・」

P「くっ、しかし止まらんっ」 シュッシュッシュ

P「もう駄目だ!パンツにかけます!小鳥さんごめんなさい!!」 ビュッ ビュッ

小鳥「zzz・・・」

P「こ、これはなんという破壊力・・・」 ハァハァ

P「まだ出る・・・」 ビュルッ ビュッ

P「・・・小鳥さんのパンツで拭いちゃおう」 ゴシゴシ
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:47:30 ID:oY..oi66
天使P「どうするんだい?こんなにしちゃってさ」

悪魔P「全くだぜ。これじゃ脱がせてクロッチ部分を嗅ぐ計画がおじゃんだ」

P「いや、っていうか俺あそこ嗅ぐのあんま好きじゃないし」

P「見るのもあんま好きじゃないな」

P「小鳥さんのこれは多分新しい下着だろうからそんな汚れてなさそうだし」

天使P「いいかい。僕はクロッチ部分に射精して、そのパンツをまた穿いてもらうのが好きなんだ」

P「っていうかお前絶対天使じゃないよね」

悪魔P「天使Pの野郎、なんて悪魔的発想なんだ・・・。下手すりゃ妊娠しちまうじゃねぇか」

P「あぁでもちょっとやってみたいかな。それ」

P「うん、今度やろうっと」

P「しかしどうしようかな。もう2回もヌいちゃったし・・・」

P「正直・・・もういいかな・・・」

P「そういや・・・まだ見てないな」

P「小鳥さんの・・・」

P「・・・」 ゴクリ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:48:16 ID:oY..oi66
P「・・・」 スルリ スルリ

P「おぉ、やっぱり元々薄いんだな・・・」 スルン

P「・・・きれいな色だな。中はピンクで・・・」

P「外側がちょっと黒ずんでるけど、まぁそれはしょうがない!」

P「お、こんな所にもホクロ発見」

P「・・・」 クンクン

P「ちょっと、舐めてみようか」

P「・・・」 ペロリ

P「・・・しょっぱい。しょうがないね。何回かトイレ行ってたしね」

P「・・・」 クンクン

P「匂いもちょっと、アンモニア臭っていうか、まぁぶっちゃけおしっこの匂いだね」

P「・・・」 スンスン

P「ちょっと、舌を入れてみようか・・・」

小鳥「うっ・・・は・・・ぁ」

P「・・・」 レロレロ ズニュル
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:48:34 ID:oY..oi66
小鳥「っ・・・ふ・・・」

P「・・・」 グニュ グニュ ズリュ ズリュ

小鳥「っ・・・っ・・・あっ・・・う」 モゾモゾ

P「しっとりとしてきたね」

P「・・・指を、入れてみようか」

悪魔P「くぱぁしようぜ」

P「・・・」 クパァ

天使P「間違いない。処女だね」

P「そうなの?分かんないや。だって処女としたことないし」

P「まずは、一本」 ニュル

小鳥「っう・・・はぁっ・・・」

P「動かしてみる」 ニュクニュク

小鳥「は・・・ぁ・・・ぁ・・・」

P「・・・」 ニュップニュップ

P「二本目」 ニュルン
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:48:55 ID:oY..oi66
小鳥「はっ・・・あっ・・・」

P「すんなりいったな」 ニュチュッ ニュチュッ ニュチュッ

小鳥「あ・・・んあ・・・あっあっ・・・」

P「こりゃ簡単にいくなぁ。三本目」 グチュッ

小鳥「っ・・・!っ・・・!」

P「ん?意識なくてもイクものなのかな?」 グッチャグッチャグッチャ

小鳥「っ!・・・っっ!!」 ガクンガクン

P「あぁ、今イったのか」 クッポクッポ

小鳥「・・・っ・・・は・・・っ・・・」 ブルブルッ

P「身体が震えてる。これマジイキだったのかな・・・?」

P「お?」

PJr.「おっすおっす」

P「はは。俺もまだまだ若いな」

P「さて、そんじゃそろそろ・・・、とその前に」 パシャ

P「このあられもない生まれたままのお姿を、と」 パシャ
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:49:18 ID:oY..oi66
P「さて、いよいよだ・・・」

P「時は来た!それだけだ」

P「小鳥さん。今から入ります。いいですか?」

小鳥「・・・」

P「イイトモー(裏声)」

小鳥「ぷっ」

P「・・・ふふっ」

小鳥「・・・」

P「じゃ、本当にいきますよ。」 ピトッ

小鳥「・・・」 ビクッ

P「あっ!ゴム!!」

P「冗談じゃない!漫画やゲームだとすんなり生でやってるけど」

P「リスク高すぎて出来るかいな!!」

天使P「いかんのか?」

悪魔P「いかんでしょ」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:50:30 ID:oY..oi66
P「ぐあぁ、どうしよう・・・。今日こうなるって分かってたら・・・」

天使P「あれれー?ここの引き出しに何か入ってるよー?(バーロー)」

悪魔P「お、本当だぜぇ!こいつぁなんだぁ?風船かぁ?(棒)」

P「・・・どれどれ?」 ガサゴソ

P「・・・用意いいなぁ、この人」

小鳥「・・・」

P「じゃ、貰いますよ」 パカ カサコソ

P「装着!」 スルスル

P「薄型だこれ!0.02?大丈夫かよ」

P「あー、でも高いゴムってゴム臭くないからいいなぁ」

悪魔P「安いやつはほんっと駄目なんだよな。臭くて」

天使P「いつも口でしてくれてたのに、二回戦で急にごめん、吐きそうって言われた時のあのショック」

P「よし、やっぱりお前天使じゃない」

P「さて、準備は万端。いよいよですよ小鳥さん」 ノソリ ピトッ

小鳥「・・・」 ギュッ
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 03:56:53 ID:oY..oi66
P「・・・」 ニュル ニュル ニュル

小鳥「・・・はっ・・・あっ・・・」

P「・・・入り口をね、こうやってなぞるのが好きなんですよ」 ニュルンッ ニュルッ

小鳥「・・・ふ・・・あ・・・」

P「下手するとこのままイっちゃいそうなんですが、まぁ今は大丈夫でしょう」 ニュル ニュル

P「・・・」 ピタリ

小鳥「・・・?」

P「小鳥さん。本当にいきます。覚悟は出来てますか?俺は出来てます」

小鳥「・・・」

P「・・・」 ググッ

小鳥「・・・っ!!」

P「お邪魔します!!」 ニュプッ

小鳥「はっ・・・ぁ・・・あっ」

P「・・・」 ニュルン

小鳥「っ!!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 12:15:22 ID:vx2/uxGM
これ絶対起きてるよね…(小声)
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/08(土) 22:35:44 ID:UqKce2mQ
寝てる所を襲われてひゃっはーするけど、実は起きてて「後でこの事をネタに脅してやるんだからっ!」とか思ってたらだんだん気持ちよくなってきちゃって、声出そうなの我慢しながら狸寝入り続けてたら「気持ち良い?起きてるんだろ?」とか言われて、全力で責められちゃって快楽に溺れさせられちゃう女の子最高です
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 00:31:11 ID:13qzRFuo
お、おう……
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:51:08 ID:efUbh4Es
P「すんなり入りましたね。あんまり痛くないでしょう?」

小鳥「っ・・・!!っ・・・!!」

P「だって散っ々時間をかけてトロットロにしときましたもんね」

小鳥「はっ・・・、うっ・・・」

P「まぁまだ動きませんから。馴染むまではゆっくりとね」

小鳥「あっ・・・うぅ・・・」

P「あぁ、温かいなぁ、小鳥さんの中。ゴムしてても分かります」

P「っていうかやっぱ薄型って凄いな・・・」

P「ちゃんと熱を感じるというか・・・これいいな」

小鳥「・・・っ!・・・はっ・・・!」

P「ちょっと・・・抱きしめますね」 ギュウ

小鳥「・・・っ!」

P「あぁ、こうしてるだけで気持ちいいな」

P「小鳥さん、好きです」

小鳥「えっ・・・?」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:51:51 ID:efUbh4Es
P「こんな状態で言うのもおかしな話だけど、好きです」

P「あなたを構成している全ての要素が好きです」

P「あなたの笑顔が好きです」

P「さらさらの髪の毛が好きです」

P「この首筋の匂いとか最高に好きです」

P「そのホクロが好きです」

P「あなたの声が好きです」

P「きれいなおっぱいが好きです」

P「その太ももが好きです」

P「お尻なんて最高に好きです」

P「真っ赤になってる耳が好きです」

P「柔らかい唇が好きです」

P「油断してだらしないところも好きです」

P「体重気にしてるくせに間食をやめられないところも好きです」

P「全部好きです」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:52:15 ID:efUbh4Es
P「どうしました?眠っているはずなのに、どうして涙なんか流すんですか?」

小鳥「・・・」

P「・・・ゆっくり、動きますね」 ニュク

小鳥「あっ・・・」

P「ゆっくり、ゆっくり・・・」 ヌププ ニュル ヌプッ ニュルル

小鳥「・・・はぁっ、あっ・・・うぁっ・・・」

P「しまった。おっぱい使ってパイズリすんの忘れてた。まぁ今度やってもらおう」

小鳥「えっ?」

P「えっ?」

天使P「えっ?」

悪魔P「えっ?」

P「あぁ、あと後ろの方もいただきますから、そのつもりで」

小鳥「・・・えっ?」

P「いきなりは無理なんで、半年くらいかけてゆっくり慣らしていきましょうね」

小鳥(さっきまでの感動的な空気はどこへ・・・。嬉し涙まで流したのに・・・)
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:52:54 ID:efUbh4Es
P「うん、意外と早く馴染んだな。これならあれが出来るぞ」

小鳥「あれ?」

P「えぇ、エロゲーとかエロ漫画にある、初めてなのにイっちゃう!ってやつです」

小鳥「・・・」

P「実際にやってみましょう」 ヌルン

小鳥「えっ?えっ?」

P「ほいっ」 ズチュン

小鳥「ひあっ!!」

P「いい声ですねぇ」 ズンッ ズンッ ズンッ

小鳥「あっ!あっ!駄目っ!そんなっ!!」

P「痛くないですか?」 ヌッチュ ヌッチュ ヌッチュ

小鳥「いたっくはっ、ないですっけどっ!はぁっ・・・」

P「けっこうですね。なんかもう普通に起きてるし」 ヌップ ヌップ

小鳥「眠ってっられるっわけっないでしょうっ!」

P「そりゃそうですね」 ズッチュ ズッチュ
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:55:03 ID:efUbh4Es
P「一人でしたことは?」 ズチュズチュズチュ

小鳥「なっ、なにをっ!?あうっ!だっ、駄目っ、そこ駄目ですっ!」

P「イキかた知ってるんなら身体が勝手にイキますから、集中してくださいね」 ヌチュヌチュヌチュ

小鳥「ひああっ!らめっ!らめぇぇっ!!」

P(おぉ、生らめぇ・・・だと・・・?) ヌチュヌチュヌチュヌチュヌチュ

小鳥「駄目っ!駄目っ!駄目ぇぇっ!お願いっ!おかしくっなるからっ!もうっ!」

P(なんで女の子はいいのに駄目って言うんだろうな) ヌプヌプヌプヌプヌプ

小鳥「っ!!っ!!うぁっ!!あぁっ!!あっ!!」 ガクンガクン

P(お、中がキュッてなった)

小鳥「はっ、はぁっ、はぁっ・・・はっ・・・」 ブルブル

P(ははぁ、小鳥さんはイケば足がガクガク震える人なんだな・・・)

小鳥「・・・っ、・・・っ」

P「あぁ、ちょっと休みましょうか。目的も果たせたし」 ヌルッ

小鳥「あぅ・・・う・・・」 ブプッ

P「ん?」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:55:23 ID:efUbh4Es
小鳥「えっ?なにっ?」 ブリュ ブプッ

P「あぁ、小鳥さんのとこから空気漏れて」 パンッ

P「いたいっ><」

小鳥「急に抜くからぁぁぁあ!!」

P「あ、すいません・・・。マジ泣きしないでくださいよ、ほんとすいません・・・」

小鳥(もうやだぁぁぁ、絶対ゆるいって思われたぁぁ・・・)

P「大丈夫です、ゆるくなかったですかr」 パシンッ

P「いたいっ><」

小鳥「心読むなぁああああ!!」

P「いや、ほんとすいません。・・・でも女性によっては鳴る人もいるk」 バシンッ

P「すんません」

小鳥「ひっ、ひぐっ、ひぇえええええんん・・・」

P(うわ、マジ泣き始めた・・・)

小鳥「うあああぁあぁぁぁぁん・・・!!」

P(これはいけません)
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:56:23 ID:efUbh4Es
P「集合!集合です!」

天使P「どうしたどうした?」

悪魔P「なんだなんだ?」

P「小鳥さんを泣き止ませる方法をはよ」

天使P「有無を言わさず後ろからガツンと突いてあげたらいいんじゃないかな?」

悪魔P「抱きしめて身体を撫でてキスしてやりゃいいだろ」

P「それ採用。あとお前絶対天使じゃない」

天使P「天使なんかじゃない!」

悪魔P「はよ」

天使P「●REC」

P「よし、いざ!」

小鳥「うぇぇええん、ぶわぁぁあああん」

P「小鳥さん!」 ギュッ

小鳥「うぁうぅぅ・・・」

P「言ったでしょ、全部好きだって」 ナデナデ チュッチュ
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:56:58 ID:efUbh4Es
P「なるほど」

小鳥「ひっく、ひぐっ」

P「分かりました」

小鳥「・・・?」

P「・・・」 ズルン パチン

小鳥「えっ?」

P「そいや!」 ヌチュッ!

小鳥「ひあぁっ!!」

P「分かります?小鳥さん。何もつけてません。完全に生ですよ」

小鳥「へっ?あっ、いやっ、駄目っ」

P「泣き止まないならこのままですよ」

天使P「僕の案よりワルな件」

悪魔P「●REC」

P「さぁいくぞぉ!」

小鳥「ちょっ、ほんとに駄目っ!駄目だからっ、んぁっ!!」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:57:16 ID:efUbh4Es
P「分かりました」

小鳥「駄目っ、妊娠しちゃうっ!赤ちゃん出来ちゃ・・・え?」

P「じゃあつけます」 ガサゴソ ペリペリ スルスル

P「大事よね。避妊」

P「いざ!!」 ズチュッ

小鳥「んあぁっ!!」

P「さぁ、繋がったままくるんと後ろ向いてください」

小鳥「えっ?ど、どうやって?」

P「このまま、なんとか」 モゾモゾ

小鳥「んっ、こ、こう?ですか?」 ゴソゴソ

P「あ」 ヌポン

小鳥「あっ・・・」

P「そいや!」 ズンッ

小鳥「うぁっ!!」

P「そいやっ!そいやっ!!」 バスンバスン
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:57:44 ID:efUbh4Es
小鳥(やだもうこの格好すっごい恥ずかしいしもうなんでこんなもう・・・!) パンパンパン

P(これ何がいいってお尻の穴が丸見えで征服感が凄まじいことだよね!!) パンパンパン

小鳥(すっごい・・・恥ずかしいのにっ・・・なんでこんなにっ・・・ゾクゾクするのっ?) パンパンパン

P「このまま松葉崩しに移行します」 パンパンパン

小鳥「あっ」 ゴロン

P「あぁ、これもいいなぁ」 ヌチャヌチャヌチャ

小鳥「ひっ、ひぁっ、あっ、あっ・・・」

P「足を俺の肩に乗せてください、そう。両足」 グイッ

小鳥(なんでこんな格好・・・ほんとにみんなこんな格好してるのっ!?) グィン

P「こうやって突くと」 ズンッ

小鳥「あぁぁっ!!」

P「奥まで届くでしょう?」 ズンッ ズンッ

小鳥「あっ!うあっ!あぁぁっ!しゅごっ!しゅごいぃっ!!」

P(うん、やっぱりいい。とても初めてとは・・・) ズンッ ズンッ

小鳥「あぁっ!あっ、あっ!」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:58:17 ID:efUbh4Es
P「・・・どうして口を塞ぐんです?」

小鳥「声・・・出ちゃうからぁ・・・」

P「いいじゃないですか」 ズンッ

小鳥「うっ・・・!ふぐっ・・・!」

P「俺、小鳥さんの声好きですよ。大好き」

小鳥「でっ、でもっ、うっ、うあっ」

P「小鳥さんの声でほら、こんなに」 ビキビキ

小鳥「・・・あっ、あんっ!あっ、あっ、あっ、ああっ!!」

P「ふぅ」 パタリ

小鳥「はっ!あっ・・・、え・・・?」

P「すいません、これ疲れるんです・・・」

小鳥「・・・」

P「もっかい、最後の方、これでイカせますから」

小鳥「・・・っ」

P「ちょっと、休ませてください・・・」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/09(日) 23:58:37 ID:efUbh4Es
P「ちょっと腰、失礼しますね。あ、腕は俺の首に回して、そうです」 グィンッ

小鳥「ふわっ!」 トサッ

P「ふぅ。騎乗位ってやつですね。休む時はこれが一番」

小鳥(なんか、これ・・・いいかも・・・)

P「ちょっとだけ、休みますんで。自分のペースで動いてみてください」

小鳥「えっと、・・・こう、ですか?」 グィ グィ

P「そうそう」

小鳥「・・・」 クニ クニ

P「・・・」

小鳥(やだ、これ・・・すごくいい・・・) クィ クィ

P(腰の動かし方ぎこちないなぁ。でも・・・段々と・・・)

小鳥「・・・っ、・・・っ」 クィ クィ クィ

P(ノってきたな・・・)

小鳥「はぁっ・・・、はぁっ・・・」 クニ クニ クニ

P(下から思いっきり突き上げたい衝動に毎度駆られる・・・)
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/10(月) 16:44:20 ID:InvwkAnY
挿入がイタズラ……?
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/11(火) 20:11:26 ID:FpyKnNCY
ちょっと従姉にイタズラしてくるわ
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:28:00 ID:8b0S0CUQ
P(すごく・・・おっぱいぷるんぷるんです)

P(どうだろうか、もう腰を押さえつけて突き上げてみようか・・・)

P「よし、充分休んだ」 ガシッ

小鳥「へっ?」

P「いきます」

小鳥「あのっ、何を・・・ひあっ!!」

P「フンフンフンフンフンフンフンフンフン!!」 ドドドドドドドドドドド

小鳥「あぁっぁああぁっぁああぁああっぁあぁあ!!」

P「フンフンフンフンフンフンフンフンフン!!」 ドドドドドドドドドドド

小鳥「だだだだ駄目ぇえええぇぇぇ壊れちゃううぅううう!!」

P「フンフンフンフンフンフンフンフンフン!!」 ドドドドドドドドドドド

小鳥「あひっ!あぁっ!うぁっ!あんっ!あっ!」

P「ふひぃ・・・」

小鳥「あっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・、こ、壊れるかと思った・・・」 クタァッ

P「壊してあげましょうか?」 ニッコリ
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:28:50 ID:8b0S0CUQ
小鳥「ひぁっ」 ビクッ

P「ん?」

小鳥「あ、何でも・・・ないです」

P「・・・あぁ」 ティン

P「もっかい、顔近づけて・・・」

小鳥「は、はい」

P「それじゃ、もう一回いきますね」

小鳥「は・・・ぁっ」 ゾクッ

P(やっぱり。耳元で囁かれるのが好きなんだな)

小鳥(・・・耳に息がかかるだけでジンジンしちゃう・・・)

P「あぁいいんですよ、身体起こさなくても」

小鳥「・・・はい、あっ・・・」 ゾクッ

P「そのままもたれかかっててください。ゆっくり動きますから」

小鳥「は、はい・・・」

小鳥(駄目・・・、息が・・・) トロン
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:30:04 ID:8b0S0CUQ
P(耳たぶ噛んじゃう?)

天使P「YES」

悪魔P「YES」

P(パクッてやった後にレロレロしちゃう?)

天使P「YES YES」

悪魔P「YES YES YES」

P「いただきます」 ハムッ

小鳥「ふぁっ!」

P「おいひいおいひい」 ハムハムカジカジ

小鳥「ひゃっ、くすぐった・・・」

P「ペロペロ」

小鳥「はっ・・・ぁ・・・」

P(ははぁ、これほんとに好きなんだな。鳥肌立ってるわ乳首立ってるわで)

P「首筋ー」 カプッ

小鳥「んぁっ!」
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:30:42 ID:8b0S0CUQ
P「はむはむちゅうちゅう」

小鳥「はぁっ、んっ、んんっ」

P「耳が弱点と見つけたり」

小鳥「はぁ・・・はぁ・・・」 ジンワリ

P(おや?心なしかゆったりとした締め心地・・・。弛緩したのかな?)

P「よいしょ!」 ガバッ

小鳥「ひゃああっ!」 トサッ

P「うん。最後はやっぱりこのカタチでしょう」

P「それじゃ、ラストスパートです。もう止まりませんから」 グイッ

小鳥「え?あの、ちょ・・・」

P「これ、この体勢、好きでしょ?」 グッ

小鳥(・・・あぁぁ・・・だってもう奥まで入って・・・)

P「じゃあ一気にいきますね」 ジュポッ

小鳥「ひぃぃんっ!!」

P「銃身が焼け落ちるまで!撃ち尽くす!!」
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:31:32 ID:8b0S0CUQ
P「いちにっ、さんしっ、にーにっ、さんしっ」 ジュップジュップジュップ

小鳥「ひぐっ、奥っ!奥ぅっ、すごいぃっ!!」 ガクガク ビクビク

P「もうイっちゃうんですか?イっちゃうんでしょ?いいですよ!」

小鳥「駄目っ!駄目っ!駄目ぇぇっ!!」 キュウッ

P「あぁイきましたね。今イきましたね。分かります」 ヌップヌップヌップ

小鳥「ひぁっ!もうイった!もうイったからぁ!動くの駄目ぇ!」

P「何言ってんですか。俺がイってないんですよ」 グッポグッポグッポ

小鳥「だって!だってこんなのっ!おかしくなるっ!からっ!!」

P「いいんですよ、おかしくなっちゃって」 ジュポジュポジュポ

小鳥「駄目っ!またっ!またイくぅっ!!」 ガクンガクン

P「・・・」 グッチョグッチョグッチョ

小鳥「あっ!あぁっ!ひっ!あっ!んぁっ!」 ギュウッ

P「あぁ出そうだ・・・」 グポグポグポ

小鳥(早くイってぇ・・・!おかしくなるからぁ・・・) ビクビクッ

P「中で出してって言ってもらえます?」 ヌッチョヌッチョヌッチョ
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:31:58 ID:8b0S0CUQ
小鳥「へ?」

P「中で出してって、言ってもらえます?」 ヌプッヌプッヌプッ

小鳥「え?だ、だって」

P「えぇ、つけてます」 グィングィン

小鳥「はぁんっ!それ駄目っ・・・」

P「この動きですか?円を描くこの動きですか?ロビン戦法ですが?」

小鳥「中っ・・・かき混ぜられてっ・・・!」

P「じゃあいいんじゃないですか。それはともかく言ってもらえますか?」

小鳥「・・・で・・・て」

P「・・・セーィ?(言ってごらん)」

小鳥「中で・・・出して・・・」

P「・・・」

小鳥「・・・?」

P「・・・」

小鳥「あ、あの・・・?」
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:32:21 ID:8b0S0CUQ
P「・・・」 ビキッ バキッ ビキビキッ

小鳥(なっ、中でおっきくっ・・・なって!)

P「・・・!!」 ドドドドドドドドドドドドドッ!!

小鳥「あぁっ!!あぁっぁあああっぁああああっぁああ!!!」

小鳥「壊っ!れるっ!ほんとにっ!壊れっ!ちゃうっ!からっ!」

小鳥「駄目!駄目!駄目!駄目・・・!」

P「・・・!!」 ドドドドドドドドドドドドドッ!!

小鳥「・・・っ!・・・っっ!!」 ガクンガクン

P「・・・!!」 ドドドドドドドドドドドドドッ!!

小鳥「・・・っ!・・・、・・・」 ガクガク

P「あ、出ますぞコレ」

P「ゴムつけてるからこのままでいいよね!」 ドビュッシー!

小鳥「・・・」 グテン

P「あらら、気絶しちゃってる・・・」

P「もう少し小鳥さんの中を堪能・・・ん?」
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:34:43 ID:8b0S0CUQ
P「・・・」 ヌルン パチン

P「・・・」

小鳥「・・・」 コポォ…

P「・・・」

P「・・・どういうことか、三行で」

天使P「激しい動き、薄型、破れた」

悪魔P「良かったな、本当に、中だ」

P「・・・マジか」

天使P「●REC」

悪魔P「おい、早く流出させようぜ」

小鳥「う・・・、うぅん・・・」 トロッ

P「拭け!拭け!ティッシュ!」

天使P「手遅れだよ。きっともう着床したよ」

悪魔P「ハーレルヤ♪ハーレルヤ♪」 

P「あぁもうちくしょう!」 シュッシュッ フキフキ
64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:35:06 ID:8b0S0CUQ
小鳥「あぅ・・・、んぁっ!な、なにやってるんですかっ!?」

P「あぁ、いや、その、後始末を・・・」

小鳥「もうっ、恥ずかしいから拭かなくていいです!」

P「・・・」

小鳥「・・・あれ?」

P「・・・」

小鳥「・・・」 ドロリッチ

P「・・・」

小鳥「・・・三行で」

P「銃身が焼け落ちました」

小鳥「それで暴発したわけですね!」

P「あははっ!」

小鳥「うふふっ!」

小鳥「うえええええええええええええんんんん!!!」

P「マジ泣きkt・・・」
65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 20:36:02 ID:8b0S0CUQ
小鳥「だってゴムしてるって言うからああああああ!!」

P「してましたよ!してました!本当に!!」

小鳥「だったらなんでええええええええ!!」

P「薄かったんス!破れたんス!ちょっとアレだね!激しすぎたんだね!」

小鳥「初めてでこんなのってひどいよおおおおおおお!!」

P「責任取ります!ちゃんと取ります!ご両親に挨拶させていただきます!!」

小鳥「これに名前書いて判子押してええええええええ!!」 ピラッ

天使P「用意よすぎでしょ、この子」

悪魔P「もう自分とこに名前書いてあるし」

P「はいはい!書きました!書きましたよ!」

小鳥「判子おおおおおおおおおお!!」 つ朱肉

P「よーし押しちゃうぞ!シャチハタじゃないぞ!ちゃんとしたヤツだぞ!」 ポン

小鳥「勝った・・・!計画通り・・・!」

P「まぁいいんですけどね。遅かれ早かれ」

P「全部ひっくるめて貰うつもりだったんだから」
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 00:21:53 ID:RhMUtOHw
 数日後

小鳥「・・・はぁ」

天使鳥「なにため息ついてるのよさ!そんなんじゃ幸せが逃げるのよさ!」

悪魔鳥「計画通りにいったんじゃねぇか。あたい達の言うこと聞いといて良かったろ?」

小鳥「・・・最後のアレは計画に入ってません!」

天使鳥「ま、まぁ終わりよければ全てよしって言うわさ」

悪魔鳥「結局すぐ生理きたくせに」

小鳥「・・・軽い女って思われてないかなぁ・・・」

小鳥「あぁぁぁぁ、思い出すだけで恥ずかしい・・・」

小鳥「・・・」 カタッ サーッ

小鳥「・・・」 ピラッ

小鳥「フヒッ」

天使鳥「婚姻届見てニヤニヤすんのやめてほしいわさ」

悪魔鳥「事務所まで持ってくんなよ。誰かに見られたらどーすんだ」

小鳥「フヒッ」
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 00:22:36 ID:RhMUtOHw
小鳥「わたーしーはーかごーの中の鳥 あなーたーのーペットー」

小鳥「まるでアクセーサリーかーんーかくねー」

小鳥「愛が足りなーいよー」

天使鳥「何が足りないの?」

小鳥「愛が足りなーいよー」

悪魔鳥「何が足りないの?」

小鳥「愛が足りなーいよー」

P「何が足りないの?」

小鳥「それじゃわたーしーをモーノーにできない」

P「ウォゥ!」

小鳥「・・・」

P「・・・」

小鳥「・・・」

P「・・・?」

小鳥「いつからですか・・・?」
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 00:22:52 ID:RhMUtOHw
P「たぶん、初めて会った時から」

小鳥「・・・本当なら泣くほど嬉しいんですけど」

P「本当ですし」

小鳥「でも私は今違う意味で泣きたいです」

P「そいつぁ大変だ」

小鳥「はぁ・・・。あ、その、・・・きましたよ」 ゴニョゴニョ

P「ん?何か言いました?って言ってみたかったんだこのセリフ」

小鳥「・・・生理」

P「そっか。まぁほっとした半分、残念半分です」

小鳥「・・・その」

P「じゃあ今からしますか」

小鳥「へっ!?な、な、何を・・・!?」

P「・・・」

小鳥「仕事中ですから!」

P「はぁい」
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 00:23:05 ID:RhMUtOHw
小鳥「まったくもぅ。もしも本当にしちゃって他の子たちに見られでもしたらどうするんだか」 ブツクサ

小鳥「はぁ寒い寒い。こないだまで暑かったのに、あっという間に寒くなっちゃって・・・」 モゾモゾ

小鳥「春夏秋冬の内の秋が無くなっちゃったわよねぇ・・・」

小鳥「でもうちの事務所にはコタツがあるのでした!」

小鳥「ブランケットと電気ストーブじゃ冷えちゃうんだもん」

小鳥「ここまで全部独り言です」

小鳥「ここからも全部独り言です」

小鳥「さて、さっき淹れたばかりのコーヒーを、と・・・」

小鳥「うーん、こんなに甘かったっけ?砂糖あんまり入れて・・・」

小鳥「入れ・・・て・・・」 ウトウト

小鳥「・・・」 ピヨ

小鳥「」 スゥスゥ

P「・・・」

P「さすがだぜ、萩原製薬」

P「さて、と・・・」 モゾリ
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 00:23:51 ID:RhMUtOHw
P「さすがに会社じゃ最後までできないけど・・・ちょっとイタズラするくらい、いいよね」

P「それじゃコタツの中に、潜行開始!」

P「あ、暗い!なんだこれ暗い!」

P「あんまり明るくなかった。仕方ない、スマホのライトアプリだ」

P「こんなことに使われるなんて、製作者も思ってなかっただろうに」

P「どれどれ、今日のおパンツは?」

P「あんま分かんない・・・」

P「灰色・・・?かな。なんか野暮ったいデザインだな・・・」

P「もうちょい足を広げてもらおう」 ググイ

P「うむ、灰色だ。あれ?」

P「・・・あ、そういや生理きたって・・・」

P「今日はこのくらいにしておこう」

P「匂いとか嗅げないし・・・」

P「指入れたり舐めたり出来ないんじゃなぁ」

P「よっ、と・・・」 モゾモゾ
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:26:39 ID:wufB9CeE
 さらに数日後

小鳥「生理終わったああああああああああ!!」 ピーヨー

小鳥「んふふ!今回は私がイタズラをしちゃいます!」

小鳥「仮眠室で死んだように眠っているプロデューサーさん」

小鳥「事務所はもう閉めちゃったので誰もいません」

小鳥「私とカレ以外は。キャ!」

小鳥「・・・カレ・・・だって」 ポッ

小鳥「はっ、こうしてる場合じゃない。早速いただきましょう」 ペロリ

小鳥「おっとと、獲物を前に舌なめずりとは。三流ですね、私も」

小鳥「お邪魔しまーす」 カチャリ キィッ

小鳥「んふふ、鍵かけてないなんて無用心な人ね」

小鳥「おお、ぐっすり・・・」

小鳥「プロデューサーさーん?」

小鳥「追いかけて、逃げるふりーをして」

小鳥「・・・うん、寝てるわね・・・。それじゃ」 ゴソゴソ
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:28:05 ID:wufB9CeE
小鳥「んしょ・・・、あれ?開かない・・・」

小鳥「・・・」 モゾモゾ

小鳥「はぁ・・・はぁ・・・」 モゾモゾ

小鳥「な、なんか興奮してきた・・・」 ジィィッ

P「うぅーん・・・」

小鳥「・・・」 ポロリ

小鳥「コンバンワ(小声)」

p「コンバンワ(裏声)」

小鳥「・・・う、ちょっと匂いが、意外ときつい」

小鳥「しょうがないよね。スタジオに缶詰だったもんね」 クンクン

小鳥「ちょ、ちょっと・・・舐めてみようかな」 ペロリ

小鳥「・・・しょっぱ」

小鳥「え?なに?しょっぱい。あれ?漫画とかじゃ・・・」

小鳥「あ、これおしっこ・・・?」

小鳥「・・・そういえば私が眠ってた時もこうやって・・・?」
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:28:27 ID:wufB9CeE
小鳥「・・・はっ?あれっ?私なんで興奮してるの?」 ハァハァ

小鳥「匂い?プロデューサーさんの匂い?これで?」 ハァハァ

小鳥「やばい。やばいやばい。なんかすっごい濡れてきた」 ギュッ

P「うっ・・・」

小鳥「あっ、強く握っちゃった・・・」 ナデナデ

P「ぐぅ・・・」

小鳥「はぁはぁ、それじゃ、ちょっと本格的に・・・」

小鳥「大丈夫よ小鳥。知識だけなら127通りの攻め方をストックしてるわ」

小鳥「それを実践するだけよ・・・!」

小鳥「いざ!」

小鳥「キスをするように軽く軽く」 チュッ チュッ

小鳥「舌先で先っぽを」 チロチロ

p「ワーォ(裏声)」

小鳥「わ。一気におっきく・・・」

小鳥「・・・こんなのよく私の中に入ったなぁ・・・」
87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:28:45 ID:wufB9CeE
小鳥「う、裏側を舌で・・・」 ナゾリナゾリ

P「う・・・うぅ・・・」

小鳥「口を離してる間は右手で・・・」 シュッシュッ

小鳥「ん・・・布団邪魔・・・」 ハラリ

小鳥「・・・脱がしちゃおうか・・・」 ゴクリ

小鳥「・・・」 ハァハァ

小鳥「っていうかもう・・・入れちゃおうか」

P「うぅーん、やめろ・・・美希・・・」

小鳥「・・・」

小鳥「はぁ?」

小鳥「・・・え?なに?聞こえない」

P「・・・ぐぅ・・・」

小鳥「・・・」 レロレロ

小鳥「・・・」 レルレル

小鳥「・・・」 ヂゥゥッ
88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:29:03 ID:wufB9CeE
P「うっ!真美・・・今日はダメだって・・・」

小鳥「・・・」 玉ギュウッ

P「ぎゃああ!!」

小鳥「・・・」 ギュウウウ

P「あぎゃぎゃぎゃぎゃ!ごめんごめんごめんなさいウソウソウソだから!!」

小鳥「・・・」 ピタリ

P「はへぇぇぇぇぇ・・・」

小鳥「・・・」 ニギニギ サワサワ

P「・・・」

小鳥「・・・」 ギュウウッ

P「あーっ!マジすんませんマジすんません!もうあんなウソ冗談でも言いません!!」

小鳥「・・・本当に、ウソなんですよね?」

P「もちのロンさ!」

小鳥「・・・」 クッ

P「ふざけません、もうふざけません、爪はやめてください死んでしまいます」
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:29:18 ID:wufB9CeE
小鳥「・・・」 グスッ

P「・・・」

P「ごめん、ごめんね。もう本当にあんな冗談言わないよ」

小鳥「・・・そんなモノ出しっぱなしで慰めないでください」

P「出したのそっちのくせに・・・」

小鳥「・・・」 クッ

P「おい尿道口に爪はやめろマジもうそれやられたら死ぬ」

小鳥「ふぇっ、うえぇぇん・・・」

P「あー、もう小鳥さんは可愛いな」 ナデナデ

小鳥「ひっく、ひっく」

P「なんだろうな、小鳥さんの泣き顔見てると・・・」 ムクムク

天使P「分かります」

悪魔P「分かります」

P「辛抱たまらんばい!!」 ガバッ

小鳥「あっ、やんっ(棒)」
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:29:46 ID:wufB9CeE
P「・・・」

小鳥「・・・」 ドキドキ

P「・・・臭い」

小鳥「えっ」

P「あ、なんだこれ。俺臭い」 クンクン

小鳥「・・・あぁ、そういう」 ホッ

P「そういや何日風呂入ってないんだっけ・・・、シャワーすら・・・」

P「やだ、本当に臭い。え?こんなんで抱けない」

小鳥「わ、私は別に・・・(確かにすごい匂いなんだけどなんかすっごい濡れてくるし・・・)」

P「ごめんなさい。俺が気になるんです」

小鳥「・・・そう、ですか」 ションボリ

P「だから壁に手ぇついて」

小鳥「えっ?」

P「お尻こっちに向けてください」

小鳥「は、はい・・・」 ジュン
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:30:03 ID:wufB9CeE
P「よいしょ」 スルリ

小鳥「・・・」

P「ビショビショじゃねぇか」

小鳥「・・・」 ゾクッ

P「・・・」 ズプッ

小鳥「っ!はぁっんっ!!」 ビクン

P「声大きいですよ。まぁ誰もいないからいいけど」

小鳥「い、いきなり入れるからぁ・・・」

P「だってもう準備万端じゃないですか」 ヌプヌプヌプヌプ

小鳥「んっ、あっ、はぁっ」

P「・・・あ(ゴムしてない!)」

小鳥「・・・あっ(ゴムつけてない!)」

天使P「やっちゃいなよ、そのまま」

悪魔P「ゴムつけない男はバカだけど、それを許す女はもっとバカ」

P「もうほんとお前ら逆だよね」
92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:30:32 ID:wufB9CeE
P(しょうがない。抜いて・・・) ブルリ

P「あっ、やばっ、久しぶりだから」 ドビュッシー!!

小鳥「えっ?あっ」

P「・・・」

小鳥「・・・」

P「・・・す、すいません・・・」

小鳥「また中ですか・・・。好きですね、中に出すの」

P(あっ、ちょっと本気で怒ってる時の声だ)

小鳥「・・・ダメって言っても中に出すんですもんね。中出しマシーンですね」

P(あ、これまずい。集合かけないと)

天使P「呼ばないでください」

悪魔P「留守です」

P「くそっ、なんて時代だ・・・」

小鳥「・・・いつまで入れっぱなしにするんですか?そのまま2回目も出すんですか?」

P「・・・あれ?」 ムクムク
93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:30:45 ID:wufB9CeE
小鳥(ちょっ、なんで・・・!)

P「あれ?なんで・・・。すいません小鳥さん。もっかい罵ってください」

小鳥「は?はぁぁ?あのねぇプロデューサーさん!あなた自分の立場分かってます?」

P(俺に突っ込まれたまま壁に手ぇついてお尻こっちに向けて涙目で怒ってる小鳥さん・・・) ビキビキ

小鳥(えぇぇぇぇ?だからなんでまた大きく・・・)

P「辛抱たまらんばーい!!」 尻肉ガッシ!!

小鳥「ふあっ!?」

P「うおおおおお!1回も2回も同じじゃい!!」 パンパンパンパンパンパン

小鳥「ちょっ!なに言ってっ!あっ!あっ!あんっ!ダメっ!ダメだからっ!」

P「行き着くところまで行ったるんじゃい!!」 パンパンパンパンパンパン

小鳥「ダメっ!ダメだからぁっ!ひぁっ!あぁっ!あぁんっ!くっ!」

P「どんなもんじゃーい!!」 パンパンパンパンパンパン

小鳥「はぁっ、あっ、イクっ、イっちゃうっ、もうっ」 ガクガク

P「ドビュッシー!!」 ドビュッシー!!

小鳥「あああぁぁぁああぁぁっ!!」 キュウウッ
94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:32:14 ID:wufB9CeE
 5分後

小鳥「・・・」 モソモソ

P(緩慢な動きでパンツをはく小鳥さん可愛い)

小鳥「・・・」 モソモソ

P(中から垂れてきちゃうからティッシュ当ててる小鳥さん可愛い)

小鳥「正座」

P「すでに」

小鳥「3回です。初めての時も合わせて3回」

P「はい」

小鳥「責任は取ると断言してくれているのは嬉しいです」

P「はい」

小鳥「結婚はしたいけどまだ妊娠は考えてません」

P「はい」

小鳥「・・・どうするんですか」

小鳥「い、今までエ、エッチした時全部中に出して・・・どうするんですか!」
95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:32:48 ID:wufB9CeE
小鳥「貯金は?」

P「あ、それは結構あります。だって使う暇なんかなかったし」

小鳥「結婚費用」

P「問題ないかと」

小鳥「も、もしも妊娠してた時の出産費用!」

P「あ、大体色々補助金制度合わせると50万くらいあればいけます」

小鳥「う、うぅぅ・・・」

P「・・・」

小鳥「出来ちゃった結婚だけは嫌あああああああああ!!!」

P「あぁ、それは俺も嫌だな・・・」

小鳥「おめでた婚とか授かり婚とか言葉を変えたって!」

P「失敗しましたって言ってることに変わりはないですからね」

小鳥「じゃあなんで中に出すのぉおおおおおおお」 ビェーン

P(毎回泣いてるなこの人。いや俺のせいなんだけど)

P(3回も出してりゃ当たるかな・・・。あ、初回のは生理前だからノーカンか)
96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:33:04 ID:wufB9CeE
 翌日、産婦人科帰り

小鳥「・・・」

P「・・・」

小鳥「・・・」

P「良かった?のかな?どうでしょうか」

小鳥「もしかして私・・・妊娠できない身体なんじゃ・・・」

P「そういう心配になってきますよねぇ」 ハハハ

小鳥「笑い事じゃありません!!」

P「試してみればいいじゃないですか。これからは全部ナマで」

小鳥「怒りますよ!」

P「はーい」

P(怒った顔も可愛い)

P「ただあれですよ、小鳥さんとしちゃう時ってなんか事故みたいな感じばっかだったから・・・」

小鳥「う、確かに」

P「だから、今日はしっかり普通にしましょうか」
97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:33:21 ID:wufB9CeE
しっかり普通にしましょうか

しましょうか

しょうか



・・・

 音無宅・浴室

小鳥「・・・考えてみれば、ちゃんとするのって初めて・・・かも」 シャワー

小鳥「可愛い下着つけてかないと・・・」

小鳥「プロデューサーさんのお家行くのも初めてだし、ほ、本当の意味での初体験を・・・!」

小鳥「・・・ちゃんとゴム用意してくれてるよね・・・」

小鳥「よし、ちゃんと洗った。無駄毛・・・なし!自分完璧だからな!」

小鳥「・・・」

小鳥「うぅ、今から抱かれる為に行くのよね・・・」

小鳥「き、緊張してきたァ!」

小鳥「とりあえず(薄い)聖書読んで気を高めてから行きましょう!」
98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:33:36 ID:wufB9CeE
 P宅

ピンポーン

P「あ、いらっしゃい」

小鳥「おおおおおおお邪魔します」

P「ははは、落ち着いてください。まぁ汚い所ですが、どうぞ」

小鳥「は、はい」

P「コタツありますんで。好きでしょ?コタツ」

小鳥「は、はい・・・。(おぉぉ、男の人の部屋って感じ!)」

P「ちょっとだけ飲みますか?何か用意しますが」

小鳥「あ、はい。(酔い潰れちゃ前と同じ。今回は節制しないと)」

小鳥「あー、コタツぬくい・・・」 ヌクヌク

P「はい、紅茶ですが」

小鳥「わぁ、ありがとうございます。ん?お酒?」

P「カンパリをちょっとだけ入れてます」

小鳥「いい匂い・・・」 クィッ
99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:34:13 ID:wufB9CeE
P「・・・」

小鳥「あぁ美味しい~。これ美味しいですねぇ」

P「でしょう?」

小鳥「身体も温まっていい気持ちです」

P「・・・でしょう?」

小鳥「・・・」 ピ ヨ

P「・・・さすがだぜ、睡眠導入剤ドリルL」

小鳥「・・・」 スヤスヤ

P「くくくっ、あははっ!」

P「事務所で出来なかったコタツ戦、今こそここでさせていただく!!」

天使P「普通にするんじゃなかったのかい?」

悪魔P「また眠らせてどうするんだよ、前もやったろ」

P「やかましい!俺は眠っている女の子にイタズラするのが好きなんだよぉ!!」

P「潜行開始!」

P「ライトアプリ・・・えぇい、カメラと併用出来んとは!目標を視認。これより接近する!」
100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:34:36 ID:wufB9CeE
P「ふむ、今日のパンツはブラウンをベースにブルーのヒラヒラ・・・」

P「やっぱり青い大きなリボンがついてるんだな。なんで女物の下着は決まってこうなんだ?」

P「P少尉、吶喊します!!」 ズボッ

P「・・・」 クンカクンカ スーハースーハー

P「・・・ずっとこうしていたい・・・」 スンスン

P「コタツん中暑い・・・。切っちまおう」

P「・・・あぁ、人間はここから生まれてくるんだな。今なら分かるよ・・・」 クンクン スーハー

P「・・・俺さ、もう挿入れたいんだが」

天使P「ちょっと待ちなよ。相手はまだ準備すら・・・」

悪魔P「おいおい、物には順序ってもんが・・・」

P「そんな道理、俺の無理で抉じ開ける!」 ガバッ

天使鳥「待つわさ!まだ全然濡れてないのにそんなの挿入れたら!!」

悪魔鳥「おいバカせめてゴムつけろ」

P「言われるまでもない!もはや偶然には期待せん。装ちゃ・・・、くそ、つけにくい」 モゾモゾ

P「装着!」 ヌルリ
101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:35:01 ID:wufB9CeE
P「来たぜ・・・ぬるりと」 ツプッ

天使P「パンツ穿かせたままの挿入はロマンだよね」

悪魔P「ロマンだな」

P「・・・やっぱきつい」 ググッ

小鳥「・・・うっ」

P「全然入んね」 グッ

P「頭埋まった」

小鳥「・・・っ」

P「少しずつ埋めていこう」

小鳥「・・・」

P「埋め」 グッ

P「埋め」 ググッ

小鳥「・・・っ、・・・っ」

P「苦しそうだなぁ」

P「・・・埋め」 グッ
102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:35:18 ID:wufB9CeE
天使鳥「苦しそう、じゃなくて実際に苦しいのよさ」

悪魔鳥「バカヤローが。濡れてねーと痛ぇんだからな」

P「・・・でもな、こいつの利点は・・・」 ジンワリ

P「来た来た・・・。こうやって、濡れていくのを実感出来るんだよ。ココでな」 ズニュッ ニュルッ

小鳥「あっ・・・、はっ・・・」

P「ほら、だんだんじんわり濡れてきた・・・」

天使鳥「当たり前なのよさ。じゃないと中に傷がつくのよさ」

悪魔鳥「っつかなんでコイツはナチュラルにあたい達の声が聞こえてるんだ?」

P「くくく、ほら、もう動くのにあんまり苦労しなくなったぞ」 ニュップ ニュップ

小鳥「・・・っ、あぁっ・・・、んっ・・・」

P「そして俺は・・・」 ガバッ クンカクンカ

P「小鳥さんの首筋の匂いを嗅ぐとぉ・・・」 ビキビキ

P「さらに硬度がアップするんだよォ!!」 ジュップジュップ ジュッポジュッポ

P「好きなシチュでいつもの2倍!小鳥さんの匂いでそれが4倍!」

P「俺の通常時の戦闘硬度が10だとしたら、今の俺は硬度80!!」
103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:35:46 ID:wufB9CeE
天使P「?」

悪魔P「?」

P「分からないならいい。そんな目で俺を見ないでくれ」 ニュクニュクニュク

小鳥「んぁっ・・・、あっ・・・、ぁっ・・・」

P「キスしちゃおう」 チゥー

小鳥「んっ・・・」

P「・・・あー、気持ちいいな。この人の身体は全部が気持ちいい」

小鳥「はっ、あっ、あっ、またっ、こんなっ・・・」

P「おや、どうしました小鳥さん」

小鳥「普通にっ、するってっ、言ってたっ、のにぃっ」

P「しますよ、この後。まさか1回で終わるとは思ってないでしょ?」

小鳥「そうっ、だけどっ、あんっ、も、もっとっ、優しくっ」

P「耳たぶー」 カプッ

小鳥「はぁぁっ」 ビクン

P「ウェヒヒ」
104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:36:01 ID:wufB9CeE
P「首筋ー」 チュウウ

小鳥「はっ、あっ」 ゾクゾクッ

P「耳にふーっ」

小鳥「ひぁぁっ」 ゾクリ

P「やっぱりこれ好きなんですねぇ」 ボソリ

小鳥「耳元で囁かないでぇぇぇ」

P「だってほらもう濡れ方半端ないですよ」 ヌポッ

小鳥「あっ」

P「今聞かせてあげます。パンツ脱がせますね」 モゾモゾ スルリ

小鳥「いいです!いいから!!」 ジタバタ

P「ほら」 クチャクチャクチャクチャ

小鳥「嫌だぁ!嫌ぁ!!」

P「耳真っ赤ですよ」 グッチャ グッチャ グッチャ グッチャ

P「指3本入れますね」 ジュッポジュッポジュッポ

小鳥「ひぁぁっ!嫌っ!ダメっ!」 ビクッ ビクッ
105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:36:43 ID:wufB9CeE
小鳥「はぅっ!あっ!あぁぁっ!」 ガクンガクン

P「あぁイキましたねぇ」 ツプッ

小鳥「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・」 ブルブル

P「足ガックガクじゃないですか。ちょっと休みますか」 ペロペロ

小鳥「なっ!なに舐めてるんですか!」

P「へ?だって小鳥さんのが指にすごいついちゃってるから」

小鳥「拭いて!拭いてください!」

P「はぁい」

小鳥「はぁ・・・はぁ・・・」

P「落ち着いてください。ひっひっふー、ひっひっふーですよ」

小鳥「・・・」 バシン

P「痛い」

小鳥「もう・・・すっごい恥ずかしいこれ・・・」

P「でしょうね。最高に可愛かったですもん」

小鳥「・・・」 パシン
106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:37:00 ID:wufB9CeE
P「なぜ叩くのですか」

小鳥「・・・知らない」

P「やべぇこの人超可愛い」 ムクムク

小鳥「・・・ひっ」

P「よっと」 ガバッ

小鳥「わわっ」

P「好きでしょ?お姫様抱っこ」

小鳥「その手に私のパンツ持ってなかったら好きですけど・・・」

P「このままベッドに運びまーす」

小鳥「・・・」 ゴクリ

P「到着ー」 ソッ

小鳥「こーゆー時だけ優しいんだから・・・」

P「小鳥さん」

小鳥「はい?んっ・・・」

P「・・・はい、じゃあ本当にちゃんとしますよ」
107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:37:22 ID:wufB9CeE
小鳥「・・・もっと」

P「ん?」

小鳥「もっと、キスしてください。じゃないとさせてあげません」

P「喜んで」

小鳥「んっ・・・、ふっ・・・」

P「・・・ぷはっ」

小鳥「はぁっ・・・」

P「服、脱いで」

小鳥「こーゆー時って脱がせてくれるんじゃ・・・」

P「見てください、これ」

小鳥「・・・」

P「今にも暴れそうなんですよ。なんとか抑えつけてますから」

小鳥(静まれ!俺の右手・・・)

P「正直今すぐにでもあなたをめちゃくちゃにしたいんです」

小鳥「・・・」 ジンワリ
108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:37:42 ID:wufB9CeE
小鳥(なんでこれで・・・私Mだったのかしら・・・) モジモジ

小鳥「分かりました、自分で脱ぎますよ、もう・・・」 プチプチ ヌギヌギ

P(くくく、女の子が羞恥に震えながら自ら脱ぐ・・・。これを見るのも好きなんだよォ!)

小鳥「あ!私だけずるいですよ。そっちも脱いでください!」

P「・・・」 バッ

小鳥「・・・ウホッ、いい身体・・・」 ドキリ

P「・・・む、パンツが引っかかって・・・、よいしょっと」 ズルッ バインッ

小鳥「・・・」 ハァハァ

小鳥「ま、まじまじと見るのはこれが初めてかも・・・」

P「え?仮眠室で」

小鳥「暗かったし」

P「あぁ、そういやそうでしたね。じゃあ存分にどうぞ」

p「マタアエタネ(小声)」

小鳥「さ、触りますね」 ソッ

p「ッ!!」 ビキビキ
109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:37:58 ID:wufB9CeE
小鳥「く、口でしてあげた方が・・・いいんでしょうか?」

P「お好きなように」

小鳥(くっ、この余裕ぶり。ちょっと腹立ってきたわ・・・)

小鳥(私だって、知識だけなら負けない!今こそそれを活かす時!!)

小鳥(そしてプロデューサーさんをイカす時!なんちて)

p「ハヨ(威圧)」

小鳥(いいわ、見てなさい!音無流 陽派 七字の淫契!!)

小鳥「いざ!」 チュッ ペロリ

P(一生懸命だ。可愛いなぁ)

小鳥「んっ、んっ」 チュパチュパ

小鳥「はむっ、んっ」 レロレロ

小鳥「んんっ」 レルレル

P「・・・」

小鳥「・・・」 チラッ

P「すごい気持ちいいですよ」
110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:38:15 ID:wufB9CeE
小鳥「・・・」 ニッコリ

P(咥えたまんまで上目遣いってやっぱいつ見ても最高にエロいな)

小鳥「んっ、んっ」 チュッポチュッポ

P(慣れてない感丸出しなんだけどそれが逆にいいんだよなぁ・・・)

P(慣れたら慣れたでそれもいいんだが)

P「あ、出ますぞこれ」 ブルリ

小鳥「んむっ、んっ、んっ」 レロレロ レルレル

p「切り替えていく」

P「いや無理だ。小鳥さんすいません、ちょっと」 チュポッ

小鳥「あっ・・・」 パクッ

P「ちょ、なんでっ・・・!」

小鳥「んっ、はむっ、んっ」 ヂゥゥーッ

P「おおおおちょっとままま」

p「ドビュッシー!!」

小鳥「んっ!!」
111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:38:51 ID:wufB9CeE
小鳥「んんっ!」 チュポッ

P「はぁ、はぁ・・・、まいった・・・」

小鳥「・・・っ」

P「吐き出しちゃっていいですから、そんなもん、あ」

小鳥「んっ」 コクッ コクッ

P「・・・」

小鳥「はぁ、はぁ、・・・まず・・・」

P「・・・そりゃそうだ」

小鳥「漫画とかだと美味しそうに飲み込むのにぃ」

P「美味しいわけないでしょう、こんなもん」

p「僕自身、出し切る喜びみたいなものはあった」 シオシオ

小鳥「あ、ちっちゃくなった」

P「それはもう」

小鳥「うふふっ。おっきい時は凶悪そうなのに、こうなると可愛いですね」

P「ちくしょう。こうなったらめちゃくちゃ恥ずかしい思いさせてやる」
112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:39:10 ID:wufB9CeE
P「えい」 トン

小鳥「あっ」 トサッ

P「じゃあ今から小鳥さんの全部にキスしていきますから」

小鳥「・・・」 ドキドキ

P「よいしょ」 ギシッ

小鳥「・・・」 ジワッ

小鳥(まだ何もされてないのに・・・なんでこれだけで・・・)

P「首筋から足まで、全部ですよ」 チュッ

小鳥「んっ」 ピクッ

小鳥「く、口にはしてくれないんですか?」 フフッ

P「・・・おぅ、したらァ!」

小鳥「んっ、んんっ・・・」

P(ちくしょう、正直したくねェ!自分の精液飲んだばかりの口に!でもあの笑顔は反則だ!)

小鳥「・・・はぁっ」

P「こうなったらとことんしたらァ!」 ガバッ
113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:39:24 ID:wufB9CeE
小鳥「あっ・・・。んっ・・・」

P「・・・」 モゾモゾ チュッチュッ

小鳥「んっ・・・」

P「おっぱいおっぱい・・・」 サワサワ

小鳥「・・・っ」

P「・・・」 サワサワ ナデナデ

小鳥「・・・」

P「おへそ・・・」 チュッチュッ

小鳥「・・・っ。んっ」

P「からのー・・・」 チュッチュ ペロペロ

小鳥「・・・」

P「太ももー」

小鳥「はぁっ・・・」

P「内ももー」

小鳥「んっ」
114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:39:49 ID:wufB9CeE
 10分後

P「そして足の裏ー。戻って首ー」

小鳥(・・・なんで・・・。なんで・・・)

小鳥(なんで肝心なとこ全然触ってくれないの!?)

小鳥(胸も周りを優しく撫でるか揉むだけで・・・)

小鳥(・・・こっちも触って欲しいのにっ・・・。はっ!?)

P「鎖骨ー」

小鳥(わざとかっ!)

小鳥(徹底的に周りだけ攻める気だ・・・!)

小鳥「うぅっ・・・」 ムズムズ

P「脇ー」

小鳥「・・・はっ、はぁっ・・・」 モジモジ

P「二の腕ー」

小鳥「んんっ・・・」 モゾモゾ

P「・・・」
115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:40:07 ID:wufB9CeE
小鳥(ずっとこんなの・・・生殺しじゃない・・・) キュッ

P(唇を噛んだ・・・。相当焦れてるな)

P(乳首くらい攻めますか) ソッ

小鳥「はぁっ!」 ビクッ

P「・・・」 チュッ

小鳥「んっ!」 ビリッ

小鳥(なに?・・・電気が走ったみたいに・・・)

P「・・・」 チゥゥ

小鳥(こ、ここでこんなになっちゃったら、下を触られたら・・・) ゴクリ

P「・・・」 モミモミ アマガミカミカミ

小鳥「はっ、んぁっ、あっ」 ピクッ ピクッ

小鳥「んんっ!」 ビクッ フルフルッ

P(・・・乳首だけでイったな・・・)

小鳥(か、軽く・・・イっちゃった・・・)

P「・・・」 モゾリ
116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:40:25 ID:wufB9CeE
小鳥(下に移動した・・・。い、いよいよなのね・・・)

P(ところがどっこい) サワサワ ナデナデ

小鳥(・・・またそうやって焦らして・・・)

P「・・・」 チュッ

小鳥「うっ・・・、うぁっ・・・」

P(これ以上はもう可哀相だな。一気に本丸を攻めるか)

P(クリトリスとかすごいことになってるし) ナゾリ

小鳥「ひあぁぁっ!!」 ビクッ

P「足、もうちょっと開いてもらえます?」

小鳥「は、はい・・・」

P(素直に言うこと聞いたな。もっと恥ずかしがるかと思ったが、それどころじゃないんだな)

小鳥(ひえぇ、やっぱりこの格好恥ずかしい・・・)

P「・・・」 レルーン

小鳥(舌・・・、だめっ、これ・・・あぁぁああぁっぁあああ)

P「うぐ!足閉じないでくださいよ・・・」 グイ
117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:40:48 ID:wufB9CeE
 5分後

小鳥「あぁっ!んあぁぁっ!」 ビクッ ビクンッ

P(ん、これで何回目だっけ) レルレル クポクポ ジュッポジュッポ

小鳥「あぁっ!も、もうダメです!ダメ・・・!だめっ・・・!!」 ガクンガクン

小鳥(もうダメ・・・何も考えられないっ!頭ん中真っ白で・・・!!)

P「んー、指3本いってみっか!」 チュッパチュッパ ジュプジュプジュプジュプ

小鳥「はああぁぁぁっ!もう無理っ!無理ぃぃ・・・」 ガクガクッ

P「あらら」

小鳥「」 クタッ

P「んー、やりすぎたか。気絶しちゃった」

P「シーツすごい濡れてんな。まるで漏らしたみたいになってる」

P「あー、マットまでいってるぞこれ。どうすっかな・・・」

小鳥「・・・う・・・ぁ・・・」

P「あ、気がつきました?」

小鳥「・・・?」 ボンヤリ
118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:41:06 ID:wufB9CeE
P「もうやめときますか?それとも続けますか?」

小鳥「・・・プ、プロデューサーさんは・・・、どうなんですか?」

P「無理そうならいいですよ。こっちは一人でもできるし、何も急ぐことないでしょう?」

小鳥「・・・」 ムッ

P(ありゃ?ちょっと不機嫌そうになったぞ・・・。今の言い方はまずかったか)

小鳥「・・・」 グイッ

P「っとっとっ」 ドサッ

小鳥「・・・」 ノシカカリ

P「・・・や、優しく・・・」

小鳥「・・・ぷっ、あははっ。何ですか、それ」 ケラケラ

P「いやぁその、なんか取って食われそうだったんで・・・」

小鳥「へぇ」 ニギリ

P「ちょっ」

小鳥「さぁ。さっさと大きくしてください」

P「へいへい。失礼しますよ」 ヨイショ
119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:41:53 ID:wufB9CeE
小鳥「?」

P「あぁ、俺はですね、小鳥さんの匂いが大好きなので・・・」 スンスン

P「小鳥さんの匂いだけで・・・こうなるんですよ」 ビキビキ

小鳥「・・・っ!」

P「お待たせしました」

小鳥「・・・待ってないけど・・・、まぁいいです。では」 ノシッ

小鳥「お、重くないですよ・・・ね?」

P「全然」

小鳥「それじゃあ、いきます」 グッ

P「おわっ!」

小鳥「えっ?」

P「あぁ、いや、何でも・・・(冷たくってビックリしちゃったYO)」

小鳥「んっ・・・はぁっ」 ヌプッ

P(ゴムつけてねぇぞ。いいのか・・・?)

小鳥「あ、ゴムつけないと」
120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:42:08 ID:wufB9CeE
P「ちっ」

小鳥「聞こえてますよ。はい、今してあげますからねー」 カブセカブセ

P「小鳥さん、それ逆です」

小鳥「うっ。わ、分かってます!」 モドシモドシ カブセカブセ

小鳥「今度こそ!」 ツプッ

小鳥「んんっ」 ヌルン

P「・・・大丈夫ですか?」

小鳥「はぁっ、入ったっ・・・。んふふ、散々めちゃくちゃにしたくせに、今さらそんなこと言うんですか?」

P「・・・」

小鳥「・・・プロデューサーさん可愛い」

P「えっ?」

小鳥「・・・んっ、んっ」 クィ クィ

P(小鳥さんのペースに任せよう・・・)

小鳥「はぁっ・・・はぁっ・・・んっ・・・」

小鳥(やっぱりこれ気持ちいい・・・)
121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:42:41 ID:wufB9CeE
P「小鳥さん」

小鳥「はい?」

P「キスしたい」

小鳥「・・・」 キュゥン

P「キスしよ?」

小鳥「んふふっ、はぁい」 チュウッ

P「・・・」

小鳥「んっ・・・ふっ・・・」

小鳥「はぁっ・・・んっ・・・」

P「・・・」 ソッ

小鳥「めっ!ですよ」 パシッ

P「おっぱいくらい触らせてくれたって・・・」

小鳥「だーめ!今は私のターンです」

P「・・・可愛い(可愛い)」

小鳥「んふふっ。んっ、あっ」 クィッ クィッ
122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:42:58 ID:wufB9CeE
P(腰を回すように動いてるけど、これで気持ちいいんだなぁ)

P(おっぱい触りたいなぁ・・・)

P(小鳥さんの両腕がっちりと掴まえて下から思いっきり突き上げたいなぁ・・・)

P(よし・・・、やるか!) ギラリ

小鳥(目の色が変わった・・・!)

P「失礼します」 ガシッ

小鳥「っ・・・!」 ドキドキ

P「よっと」 グンッ

小鳥「んあぁっ!はぁんっ!!」

P「今度は俺のターンですよ」 ズンッ ズンッ ズンッ ズンッ

小鳥「あんっ!ずるいっ!はぁっ!ああっんっ!!」

P「ダメダメ、腰が逃げてますよ」 ガシッ

小鳥「あっ!」

P「逃げちゃダメですよ。ほら!ほら!」 ズンッ ズンッ

小鳥「あっ!あぁっ!あんっ!んぁっ!あっ!」
123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:43:13 ID:wufB9CeE
P「はい、体勢変えますよー」 グイッ

小鳥「あんっ」

P「はい、お尻こっちに向けて」

小鳥「これ恥ずかしいのに・・・」 スッ

P「だからいいんじゃあないか」 ヌプッ

小鳥「んっ」

P「はぁ、はぁ・・・」 パンッ パンッ パンッ パンッ

小鳥(ヤだぁ、本当にこんな音するんだ・・・)

P(やっぱこの人、バックが一番締まるぞ。どういうことだ!)

小鳥(犬みたいな格好で恥ずかしいのに・・・)

P「ちくしょう!なんでこんなに気持ちいいんだ!」 パンッ パンッ パンッ パンッ

小鳥「んっ、んっ、あっ、あぁあっあぁぁぁぁぁっ!」

P(くそっ、これじゃすぐ・・・)

小鳥「んっ!あっ?」 グルッ

P「・・・ふぅ。やっぱ最後は顔を見たままイキたいな」
124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:43:31 ID:wufB9CeE
小鳥「・・・」

P「隠さないでくださいよ。小鳥さんの恥ずかしがってる顔、最高に可愛いんですから」

小鳥「・・・ほんと?」

P「俺が嘘ついたことあります?」

小鳥「嘘ばっかりなくせに・・・」

P「・・・好きだよ」

小鳥「っ!」

P「大好き。愛してる」

小鳥「・・・」

P「小鳥さんってさ、絶対泣きますよね」

小鳥「だって・・・嬉しいんだもん」

P「・・・これからもっとたくさん、言ってあげますよ」

小鳥「・・・じゃあ私も言います。好き。大好き。ずっと前から好き」

P「・・・うわ、なんだこれ、照れる」

小鳥「あははっ!なんかやっと一本取れた感じがします」
125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:44:29 ID:wufB9CeE
P「・・・」

小鳥「・・・んっ」

P「愛してる」

小鳥「私も・・・。んっ、あっ!あっ!んぁっ!」

P「・・・」

小鳥「好きっ!好きっ!好きっ!好きぃ・・・!」

P「・・・」

小鳥「大好きっ・・・!」

P(なんだおい、今すっごい幸せだぞ。死ぬのか、俺)

天使P「そうだよ。君は死ぬんだ」

悪魔P「ふふふ、ようやく気付いたか?」

P「やっぱりそうか」

天使P「あぁ、君はこれから死ぬ」

悪魔P「あと70年後くらいにな!」

P「くそっ!なんて時代だ!!」
126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:45:07 ID:wufB9CeE
P「だが俺も765プロの男だ!無駄死にはせん!!」

小鳥「んぁっ!あんっ!好きっ!大好きっ!しゅきぃっ!!あぁっ!!あんっ!!」

P「まだ見ぬ我が子らよ・・・!765プロを・・・任せたぞ!!」

小鳥「あっ!あんっ!はぁっ!んっ!んっ!!」

P「765プロに!栄光あれぇええええぇえぇぇぇえええぇぇぇっ!!」 ドビュッシー!!

小鳥「はぁっ!んっ・・・!」 ビクッ ビクンッ

P「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

小鳥「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

P「だ、出し切ったった・・・」 ヌルッ パチン

小鳥「・・・あっ?」

P「えっ?」

小鳥「・・・」 コポポッ ドロリ

P「えっ?」

小鳥「えっ?」

P「・・・えっ?」
127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:45:22 ID:wufB9CeE
 1ヵ月後

社長「うむ、話は分かった。まぁめでたいことだ。いいじゃないか」

P「すいません。なんか順序が狂ってしまって・・・」

小鳥「・・・もうこの報告するのヤだ・・・」

社長「はっはっは!今は珍しいことでもないだろう。で、日取りはいつかね?」

P「あぁ、お腹が目立つ前にってことなんで、すぐにでも」

小鳥「ドレス入らなくなっちゃうんで・・・」

社長「今は結婚シーズンではないからねぇ。まぁ式場が取れてよかったじゃないか」

P「えぇもう本当に」

小鳥「で、挨拶の件は・・・」

社長「もちろん。私などでよければさせてもらうよ」

P「ありがとうございます」

小鳥「ありがとうございます」

社長「はっはっはっ!いやぁめでたいことだ。こういう事は何度あってもいいものだね」

春香「・・・」
128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:45:57 ID:wufB9CeE
 ドアの向こう

春香「・・・」

美希「で?どうなの?聞こえたの?」

真「春香?春・・・気絶してる」

美希「あちゃーなの」

あずさ「」

伊織「こっちも気絶してるわ」

雪歩「やかん持ってましたぁ」

律子「じゃあ頭からかけてあげてちょうだい」

真美「やめたげてよぉ!」

亜美「もうはるるんのライフはゼロだよぉ!」

響「いいなー。結婚式出たいぞ」

貴音「出られるのではないでしょうか」

千早「どうかしら。急なことだし・・・」

やよい「うっうー!出たいですー!」
129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:46:42 ID:wufB9CeE
春香「ふはっ!」 ガバッ

春香「・・・夢・・・?」

春香「そっか、夢かぁ・・・」

春香「はぁ、びっくりした。まさかあんなENDだったなんて・・・」

春香「いやぁ、でもリアルな夢だったなぁ。正夢なんかにならなければいいけど・・・」

春香「え、っと・・・、ここ、どこ?」

千早「何やってるの春香。出番よ」

春香「あ、うん!今いくね」

春香「台本台本、と・・・」

春香「・・・何これ?結婚式・・・予定表・・・?」

春香「・・・」

千早「どうしたの春香?」

千早「春香、何をボンヤリしてるの?私たちの歌が始まるのよ?」

千早「まぁいいわ。このまま連れて行きましょう」

千早「いい天気。最高の思い出になるわね。ねぇ春香・・・?春・・・気絶してるわ」
130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:52:31 ID:wufB9CeE
 結婚式後

小鳥「・・・」

P「どうしました?」

小鳥「こんなに幸せでいいのかなって」

P「大丈夫ですよ。これから幸せなことしか起きませんから」

小鳥「どうしてですか?」

P「俺が小鳥さんの人生をプロデュースするからです」

小鳥「・・・」

P「小鳥さんってほんっとすぐ泣きますよね」

小鳥「バカっ」 パシン

P「なぜ叩かれるのか」

小鳥「はぁぁ、もうやだこの人。うふふっ」

P「・・・愛してます。小鳥さん。もう一度ここで誓います」

小鳥「はいはい。私も愛してますよー。あ・な・た!」

                               END
132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 01:55:13 ID:2DiAPBIg

よく完結した
133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 02:00:35 ID:vucBo2Hk
完結おめ&乙
小鳥さんはエロいなぁ
135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/19(月) 22:52:33 ID:gejk8Jps
乙!
小鳥さん好きにはたまらないお話だった・・・
待ってて良かった!
136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 00:47:59 ID:CQbxdqh2
おお、なんか久々に見た気が……完結お疲れ様でした

小鳥さんが好き過ぎて辛い

P俺と替われ

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

これすごい好き、、
寝てる振りが出来なくってくる、、っていうの憧れてしまう、

まあ、こんな事は実際には出来ないけど、それを平然とやってのけるPにしびれる、あこがれる♫


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア