P「真美が可愛くて仕方が無い」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:25:43 ID:lUO30X2w
P(いかん… 今まで我慢してきたけど…ま、真美が可愛すぎる…)

P(もう我慢の限界だ… よし、行くか…!!)

P「真美!好きだぁあああああああ!」

真美「いぃいい!?///」

P「真美ぃいいいぃいいい」ダキッ!

真美「ちょ、ちょ、ちょっと兄ちゃん!!?」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:26:00 ID:lUO30X2w
伊織「い、一体何が起こってるって言うのよ…」ガクガク

春香「………」ボーゼン

真美「いきなりどうしたんだYO→*」

真美「そ、それより真美のこと好きって…?///」

P「あぁ!真美の事大好きだ!真美可愛いぃ!」ギュウウウウウ

亜美「あぁ→!! 真美だけズルいYO→!! 亜美にも→!!」

響「プロデューサーがぶっ壊れたぞ…」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:26:24 ID:lUO30X2w
真美(に、兄ちゃんが…兄ちゃんが真美のこと可愛いって!!///)

真美「に、兄ちゃん苦しいよ…///」カァアアア

雪歩「あぁ…もうダメですぅ…」フラッ…バタンキュー

P「…」ギュゥウウウウウ

真美「………///」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:27:25 ID:lUO30X2w
真美「…あ、あのね? ま、真美も…兄ちゃんのことす、す、す、好き…だよ…?///」ボソッ…

P「そうか…!! じゃあ今から一時間ずっと真美のこと抱きしめてもいいよな?」

真美「ど→して そうなるの→* って!い、一時間もずっと!?」

P「いやだったか…? ごめん、真美の気持ち全然考えてなかったな…」

P「今どくから…」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:27:44 ID:lUO30X2w
真美「えっ!? 何その切り替えの早さ!!」

真美「ていうか…べ、別に嫌じゃないYO!!//」

真美「む、むしろ、やって…欲しいかな→なんて…」ウヘヘ//

P「ずっきゅーん!!」バタリ!

響「わー! プロデューサーが倒れたぞー!! 救急車だ!救急車呼ぶさー!!」

春香「」ボーゼン
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:28:08 ID:lUO30X2w
__________________________________しばらく後
P「…んっ? ここは?」

響「あっ! みんなープロデューサーが起きたぞー!」

P「響…おれは?」

響「真美に興奮して倒れたじゃんか」

P「ハッ!! 真美は!? 俺の真美はどこだぁあああ!!」

真美・亜美「兄ちゃん!! だいじょ→ぶ!?」バタン!

P「真美ぃいいいいいいいい!」ダキッ!
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:28:32 ID:lUO30X2w
真美「兄ちゃん…// あ、あはは→ 恥ずかしいYO→」テレテレ///

亜美「亜美の扱いがヒドいYO→!! 亜美にもかまってよ→」グスン…

P「ふっ…残念だが俺は真美にしか興味がないんだ またにしてくれ」

亜美「どうして→!? 亜美、真美と同じ顔だし、声だって同じなんだよ→!?」

亜美「なのに、どうして真美だけなんだYO→!!」

P「だって真美の方が可愛いんだもん」

亜美「…っ!! もういいよ!兄ちゃんのばかぁ!!!」ウェエエン
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:29:10 ID:lUO30X2w
亜美(亜美だって…亜美だって兄ちゃんのこと……)グスリ…

真美「ちょ、ちょっと兄ちゃん? さすがに亜美が可愛そうだよ→」

P「真美はイヤか? 俺が真美のこと好きなの…」

真美「い、イヤじゃないよ→!!/// ただ、どうして真美…なの?」

真美(すっごく…すっご→→く嬉しいけど…///)

真美(このままじゃ亜美も真美も納得いかないっぽいし)

P「そうだなー じゃあこれも小一時間ずっと真美の可愛いところを問い詰めてやろう!!」

P「うーん、まず髪型可愛い!!亜美と違って大人っぽさが出てて可愛いよな!!」

P「それから………」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:29:39 ID:lUO30X2w
__________一時間後 誰もいなくなった事務所にて
真美「…………////////」シュー//

P「っと、まあこんな感じかな?」

P「どれだけ俺が真美のこと好きかわかったか?」

真美「………///」コクコクコクコク///

P「じゃあ早速さっきの続きをしようか」

真美「さっきの続き…って?」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:30:01 ID:lUO30X2w
P「真美を抱きしめる続きに決まってるじゃないか!」

真美「ま…まじっすか///」

P「まじまじ、大マジだ!じゃあソファーに座ろうか」

真美「…うん///」

ソファー前にて…

真美「真美はどうしてればいいの…?」

P「俺の上に座ってくれ」

真美「えぇええ* そ、それはさすがに恥ずかしいっぽいよ→///」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:30:28 ID:lUO30X2w
P「まぁ、緊張するなよ お茶でも飲んで!」タンッ

真美「うん ありがと→」ゴクゴク

P(ふふふふふふ… あの中には利尿剤が入っているのだ…)

P(たっぷり可愛がってやるからなwwwコポォwww)

P「それじゃあ、いらっしゃい」

真美「しっ…失礼します!///」ストン
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:30:45 ID:lUO30X2w
P「まぁみぃいいい」ギュー

P「………」スンスン

真美「ひゃあ* に、に、兄ちゃん* 匂いかぐのやめてよ→*///」

P「…ん 真美は良い匂いするから大丈夫だよ?」

真美「真美が大丈夫じゃないんだYO→!!///」

真美(兄ちゃんの鼻が真美の首に…/// むずむずするよ→//)
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:31:01 ID:lUO30X2w
P「じゃあ、つむじならいいだろ?」スンスン

P(真美いいにおいするなー)

真美「そ、それもダメっぽいよ→*/// やめて→恥ずかしいってば→///」

P「ん…? じゃあどこなら良いんだよ?」

真美「ど、どこもダメだよ→* なんだかむずむずするし→*///」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:31:18 ID:lUO30X2w
P「そっか…残念だな… しょうがないな… 耳で我慢するよ」カプッ

真美「ふぁ…* そ、そっちの方がヤバいっぽいYO→!!/// 」

真美(うぅ… 腰の当たりがぞくぞくする…/// 何?この感じ…//)

真美「……ふっ…ひゃ///」プルプル

P「今度は嫌がらないんだな?」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:31:33 ID:lUO30X2w
真美「ううん… 兄ちゃんがしたいなら少しくらい我慢するよ///」

P(ゴハァッァアッ* や…ヤバいぞ俺のRPG7が…)ムクムク

真美「……*」チョン

真美(何かあたってる…? こ、これってもしかして兄ちゃんの…///)

真美「に、兄ちゃん? あ、あのもしかしt
P(もうどうにでもなれ…)
P「真美っ*」ぶちゅー!
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:32:53 ID:lUO30X2w
真美「っっっ!!??」

真美(い、今何が起きて…!? ま、真美もしかして兄ちゃんとちゅーしちゃってる!?///)

真美「……チュクチュクチュ」ポロポロ…

P「…*ま、真美っ* ごめん、俺我慢できなくて…!」

真美「…う、ううん… 違うの! ま、真美ね…! う、嬉しくてぇえ…」ウッ ヒグッ
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:33:10 ID:lUO30X2w
P「…真美…… じゃあ…もっとしよう…か…」ちゅ

真美「んっ………ちゅくちゅっちゃちゅっ…」ちゅるちゅ

真美(ま、また腰がぁ~…* うぁうあ…! 腰が浮いちゃうよ→*?)ちゅぷっ

真美「…っふぁう……」ガクガク

真美(…あ、あれ? なんか湿ってる…? そ、そういえばさっきからトイレ行きたかったし…)ちゅぴ

真美(真美、もしかして…お漏らししちゃった…*)くちゅ
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:33:43 ID:lUO30X2w
真美(どうしよう…すっごくトイレ行きたくなってきたよ→)ちゅら

真美(で、でも今離れられるような雰囲気じゃないっぽいし→…)んちゅ

真美「…ん~」クネクネ

P(おっ? やっと利尿剤がきいてきたかな? よしっ、もう離さないからな?真美)ギューーーー*

真美(って、こんなに抱きつかれちゃ離れられないよね→…)ぷちゅ

真美(今離れちゃったら、もう二度とこんな事できない気がするし…)ちゅぽ

真美(ど→しよ→!?)
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 18:34:22 ID:lUO30X2w
真美「…に、にいひゃん…?///」ちゅ

P「ん…? な、なんだ真美?」ちゅぽっ

真美(あっ、離れちゃった…)

真美「あ、あのね! えーっと…ま、真美、トイレに行きたくなっちゃって…//.」

P(ふふ、ここはこう答えよう)

□「何言ってるんだ?ここでしなさい」
○「いいよ、いって来な」

P「>>21
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 19:49:13 ID:oGx/hW4c
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:02:21 ID:lUO30X2w
□ver.
P「何言ってるんだ?ここでしなさい」ギュゥウウ

真美「えっ*ちょ?兄ちゃん* 漏れちゃうYO→///」

P「うん、漏らしてくれて構わないぞ」

真美「ちょっと!兄ちゃん*正気に戻ってよ→!」

真美「このままじゃホントに漏らしちゃうっぽいよ→*」プルプル

P「何言ってるんだ? 俺はいつでも正常だ」

真美「全然正常じゃないっぽいよ→… 」

真美「真美、もう中学生なのにお漏らしなんかしたくないよ→*///」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:02:52 ID:lUO30X2w
P「………」ギュゥウウウ

真美(あ…もう駄目だ)シワァアアア

真美「……っく」

真美「……ぅ…ぅっ…ぇえええーん ひっ ぅぇええええん…」ビェェェエ

P「漏らしちゃったな」

真美「…ぅっく… 兄ちゃんが離してくれないからじゃんか!!」

真美「なんでこんな事するんだよ→!?」グスン
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:03:23 ID:lUO30X2w
P「…真美が可愛いから」

真美「…え?」

P「真美が可愛いから意地悪したくなっちゃったんだよ…」

P「ごめんな真美…?」

真美「そ、そんな事言ったって許してあげないよ→*///」

真美「そ、そ、そんな事より!これどうにかしなくちゃ→!」ビシャビシャ

P「っと、そうだったな… タオルタオルっと…」

フキフキフキフキフキ……
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:03:44 ID:lUO30X2w
P「ふぅ… なんとか綺麗になったかな? においはちょっととりきれないけど…」

真美「…ねぇ兄ちゃん?」

P「ん?どうした真美?」

真美「真美、着替えなんて持って無いんだけど…」びっしょり

P「あぁっ!ズボンの事忘れてた! 」

P「俺もズボンの替えなんて持ってきてないしな…」

真美「…兄ちゃん家…」ボソッ

真美「に、兄ちゃん家行こうよ→*」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:04:13 ID:lUO30X2w
P「俺の家か? 来ても俺の着替えしかないぞ?」

真美「ここにいるよりましでしょ→? 早く早く→*」

P「わ、分かった分かった、分かったから押すな! 濡れてて気持ち悪い」

真美「っ… 全部兄ちゃんせいでしょ→!?」

真美「 このエロ大王!エロ大魔神!エロエロエロ…」じとー

P「もう、悪かったよ… じゃあさっさと行くか」

真美「う、うん!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:04:39 ID:lUO30X2w
__________P宅にて

真美「こ、ここが兄ちゃん家か→ 案外整頓されてますなぁ→」

P「まぁな、ごちゃごちゃしてるのは好きじゃないんだ」

P「っと、そうだ、濡れてて気持ち悪いだろ? 風呂入って来いよ」

真美「お、お風呂→* そ、そんな→!!」

真美「真美にはまだ早いというか何というか→///」テレテレ

P「何言ってんだ? 早く入って来い!」

真美「…えーっと、兄ちゃんも… 一緒に入ろ?//」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:05:12 ID:lUO30X2w
P「は?」

真美「だ、だって兄ちゃんも濡れてて気持ち悪いでしょ* 」

真美「 すぐお風呂入った方がいいじゃん*///」

P「…真美がいいならいいけど…」

真美「やった→*/// じゃあ早く入ろ!」

真美(兄ちゃんと一緒にお風呂* 真美ってばどうかしてるYO→///)
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:05:35 ID:lUO30X2w
ぬぎぬぎぬぎ…

P「……」

真美(なんか、恥ずかしくなってきた→///)

P「おい、先入ってるからな?」

真美「う、うん! すぐ行くよ→!!」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:06:12 ID:lUO30X2w
-------------------------
P「……」シャアーーー

真美「お、お待たせ→//」

P「おう、流してやるよ 座りな」

真美「え→!? 真美、自分で洗えるよ→!?」タジタジ

P「いいからいいから」ぽん

真美「や、優しくしてね…?///」

P「はいはい…」シャアーーゴシゴシ…
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:06:37 ID:lUO30X2w
真美(さすがに胸とかお股とかまでは行かないよね…?)

P「はい、手上げてー」

真美「は、はぃ!」バッ

真美(やっぱり胸とか触られちゃうのかな…?/// でも兄ちゃんになら…///)

P「前はどうする? って、そりゃ自分で洗うかー」はっはっは

真美「…いいよ?」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:07:32 ID:lUO30X2w
P「……?」

真美「前も洗っていいYO→っていったのー!///」カァアアア

P「お、おう、そうか、じゃ遠慮なく…」こしゅこしゅ

P(くっ…未発達ながらもこの柔らかな感触…!)

P(俺は理性を保てるだろうか…)

真美(ぅあうあ→! 兄ちゃんの手が真美の胸にぃ→!///)
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:07:49 ID:lUO30X2w
真美「…ふっ…んぅ」カァアアア

P「だ、大丈夫か? やっぱり自分で洗うか?」

真美「ん→ん ちょっとくすぐったかっただけだから大丈夫だよ→///」

P「じゃあ、つづけまーす」

真美(なんか兄ちゃんに後ろから抱きつかれてるみたいになってるYO→///)

真美(…ずっとこのままでいたいなー…なんて…)へへへ
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:08:12 ID:lUO30X2w
P「どうしたんだ 真美? 顔がニヤけてるぞ?」ははは

P「そんなに気持ちいいか?」ごしごしごし

真美「いたたたたた!! ちょっと!強すぎるよ→!!」

真美「乙女の肌は傷つきやすいんだからね→!?」

P「ごめんごめん もっと気持ちよくしてやろうと思ったんだけどな」はは

P「女の子の身体なんて洗ったことないから加減がよく分からないんだよ」

P「だから痛かったらすぐ言えよ?」

真美「う、うんわかったYO→」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:08:49 ID:lUO30X2w
P「………」ごしごし

真美(あぅ…おしっこするとこもやるんだ…///)

真美(は、恥ずかSHI→!!///)

P「こ、ここはボディタオルじゃ危ないから 手で洗うぞ?」そっ…

真美「………///」ギュウゥウウ(瞼を強く閉じる)

P(うわ…これが真美の…やわらかいんだな)

P(指入れても大丈夫かな…?)ツプ
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:09:25 ID:lUO30X2w
真美「ひゃ…!?」ビクン

P(おっ…入った!! でもさすがにちょっとしか入らないなぁ…)こすこす

真美「!!??」ビクビクン!

真美(に、にいちゃんの指がおしっこするところに!?)

真美(ていうか、またさっきの腰浮いちゃう感じがぁ…///)
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:09:53 ID:lUO30X2w
真美「んく…っあぅ…///」

P「……」ちゅくぴちゃ

真美(な、なんでおんなじとこばっかり→///)

P「……」ぴちゃぴちゃぴちゃ

真美(うぁうぁー!!なんか頭が真っ白になってきたかも…)

P「……」ちゅくちゅくちゅく

真美(な!!なんかくる!!)ビックン!

真美「ふぁあぁあああん!!」びくびく
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:10:17 ID:lUO30X2w
P(はっ!! もしやイカせちゃった!? 夢中になりすぎたー…)

真美「……///」

P「ま、真美? 大丈夫か…?」

真美「う、うん だ、大丈夫だYO→」

真美(うぅ…恥ずかしくて兄ちゃんの顔見れないや…///)
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:11:03 ID:lUO30X2w
__________________風呂終了 PM9:00
真美「ふぅ→スッキリしたYO→」

P「おう、それはよかったな」

真美「ところで真美のぱんつとか洋服はどうするの→」

P「それなんだが、ぱんつは今洗ってるから無いんだ!!」

真美「え→!? じゃあどうすんのさ→?」

P「今日は真美、お前泊まっていけ」

真美「!?」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:11:21 ID:lUO30X2w
真美「い、いいの?」

P「だから泊まれっていってるだろう?」

真美「わーい!! 兄ちゃん家にお泊まりだ→!!」ぴょんぴょん

P「はしゃぐなはしゃぐな」

P「あと、ぱんつはないけど一応スウェットならあるからコレ着とけ」

真美「うん! ありがと兄ちゃん!」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:11:42 ID:lUO30X2w
P「じゃあ、ご両親に今日は忙しくなっちゃって事務所に泊まるとでも言っといてくれ」

真美「おっ! 兄ちゃん頭が回りますな→!」

真美「さすがは真美の兄ちゃんだ!」

P「そこはプロデューサー、だろ? まったく」ふふ

P「今日はいろいろあって疲れただろう? もう寝ようか?」

真美「うん! 真美もうなんだか眠くなってきたって言おうとしてたんだ!」にひひ
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:12:00 ID:lUO30X2w
P「そうか、よし!じゃあ寝るか!」

真美「って、真美はドコで寝ればいいの→?」

P「ん? 俺と一緒のベッドだけど?」

真美「あ、あはは→/// なんだか照れますな→//」

P「もういまさら照れるも何もないだろ?」ははは

真美「んも→! 兄ちゃんてばホントジェラシーが無いんだね!?」ぷんぷん

P「それを言うならデ・リ・カ・シーだろ?」ハハハ

真美「そんなのどっちでもいいんだよ→!」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:12:28 ID:lUO30X2w
_______ベッドにて

真美「……」

P「……」

真美「…兄ちゃんはさ、女の人とこういう風に一緒に寝た事ってあるの?」

P「な、なんだ唐突に? 無いぞ?真美がはじめてだ」ハハ

真美「そ、そっかー! 良かった!真美も兄ちゃんが初めてで…///」エヘヘ
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:12:52 ID:lUO30X2w
P「真美はかわいいなあ…」ぎゅっ

真美「兄ちゃんもかっこいいYO→///」

真美「真美ね、優しくてかっこいい兄ちゃんが大好きなんだ!」

真美「だから……ずっと…ずっと一緒にいてほしいんだ!」

P「あぁ、もちろんだ」ちゅっ

真美「約束だからね! お兄ちゃん!//」ちゅー
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:13:42 ID:lUO30X2w
・・・・・・・・・・・朝 事務所にて

亜美「あー! 真美だ!真美がいる!」

真美「あー! 亜美じゃーん! おはよー!」

亜美「おはよー……って違うよ! 真美!昨日兄ちゃん家泊まったでしょ!?」

真美「ど、どうしてそれを!」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:14:03 ID:lUO30X2w
亜美「双子の勘ってヤツだね! それにその服の匂い!」

亜美「兄ちゃんの服の匂いと同じだもん!バレバレだよ!真美!」

真美「ぐっ… 鋭いですな→亜美は…」

真美「真美は兄ちゃんと一夜を共にしたのだ→!」

真美「どうだ→うらやましいか-!!」

亜美「……ぅ…うっくひっく… もう!真美なんか知らない! 真美のばか→!!」ダッ
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:14:23 ID:lUO30X2w
真美「どうしたんだろ…亜美ってば 急に泣き出したりして…」

小鳥「ふふふ…」

真美「うわっ! ぴ、ピヨちゃん! いつからそこに!?」

小鳥「話は全部聞かせてもらいました…」フフフ

真美「あちゃー…」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:14:38 ID:lUO30X2w
小鳥「真美ちゃん? 亜美ちゃんは真美ちゃんと同じでプロデューサーさんのこと好きだったんじゃないかな?」

真美「はっ! そうだよね…真美双子なのにそんなことも分かんないなんて…」

真美「お姉さん失格だYO→」

真美「亜美のこと追いかけてくるね! ありがと→ピヨちゃん!」ダッ

小鳥「プロデューサーさんと真美ちゃんが一夜を…///」ハァハァハァ//
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:15:11 ID:lUO30X2w
____________________公園にて

亜美(…どうして亜美じゃないの? どうして真美ばっかり…)ギィギィ…

真美「…アミー! アミー! どこにいるの→? 亜美ってば→!」タッタッタ

亜美「…真美! どうして?」

真美「あっ!亜美→! 心配したんだからね→!」

亜美「ふ、ふん! ほっといてよ→!」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:15:30 ID:lUO30X2w
真美「ごめんね亜美!」

亜美「ふぇ?」

真美「真美、亜美の気持ちぜんぜんわかってなかったよ…」

真美「亜美も兄ちゃんのこと好きなんだよね?」

亜美「っ…! そ、そうだよ…なのに、なのに真美ばっかり!」

亜美「ずるいYO→! 亜美だってなでなでとかもっとして欲しいのに→!」グスッ
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:16:01 ID:lUO30X2w
真美「…亜美! これはね!勝負なんだよ!」

亜美「…しょ、勝負って?」

真美「兄ちゃん争奪戦ってやつですかね→?」

真美「二人が一人の兄ちゃんを好きになっちゃったんだから、もう奪い合うしかないっしょ→!」

亜美「…勝負か… よ→し! 勝負だったら亜美絶対負けないかんね!」

真美「のぞむところだ→! 真美だって絶対負けないかんね!」

真美(真美ってば嘘ついちゃった… この勝負もう決まっちゃってるのに)

真美(ごめんね…? 亜美…)
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:16:41 ID:lUO30X2w
__________________事務所にて

P「おはよー」ガチャ

亜美・真美「おはよ→!兄ちゃん!」

亜美「にいちゃ→ん!」ダキッ

P「っと、どうしたんだ亜美? ご機嫌だな?」ハハハ

P「何かいいことでもあったのか?」

亜美「ううん! 兄ちゃんに抱きつきたくなったから抱きついただけだYO→」

P「こらこら、いつからそんなに甘えん坊になったんだ?」

亜美「今日からだYO→! ずっとだっこしててねんー♪」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:17:46 ID:lUO30X2w
P「………」

P「亜美もめっちゃ可愛かった」


おしまい
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:20:22 ID:lUO30X2w
ちなみに○を選択した場合
_________________
真美「うん、いって来るね→」

P「おう、漏らすなよー」

数分後…

真美「たっだいま→* あ、あり?兄ちゃん? ね、寝てる…」

真美「んっふっふ~ 幸せそうな顔しておりますな~」

真美「……………」

真美「……好きだよ………兄ちゃん…」ちゅっ

ほんとにおしまい
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 20:25:50 ID:rSwzVVi6


次があればあずささんでやってください

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

最高じゃなイカ


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク