火神(やべ!目にゴミが!)赤司「!」グサッ

1 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 21:34:30.89


火神「ぐあっ!?」バッ

黒子「火神君!」

緑間「火神!」

黄瀬「火神っち!」

青峰「赤司お前何やってんだ!」

紫原「今のモロに刺さってたね」

赤司「……(マズい……避けると思ってて、天帝の眼使ってなかった)」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 21:42:06.23
出場停止確定
4 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 21:45:46.41


黒子「火神君!目は!目は無事ですか!?」

火神「目は何ともねえつっ」

黄瀬「ちょっ右手に!」

緑間「見せるのだよ!なっ!?」

火神「こっこんなの何ともねえよ!」

緑間「……火神、悪いことは言わん……今すぐ病院に行け」

火神「大丈夫だって「愚か者!」」

緑間「こんな手でバスケが出来ると思うのか!ドリブルどころかパスを受けるのすらままならんぞ!」

火神「いっ今なら左手の方が上手く」

黄瀬「左手だけでプレイするつもりっスか?青峰っち相手に」

火神「っ!……くそっ」

黒子「火神君、今はまず医務室に行きましょう、傷の手当てが最優先です」

火神「……くそっ……くそっ……」

青峰「……ちっつまんねー事しやがって」

紫原「うわーいたそー」

赤司「……(マズいな……まさかこんな事になるとは……)」
5 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 21:54:02.09


緑間「おい赤司、いくらお前でも今回ばかりは見過ごせないのだよ」

黄瀬「先生達に報告させてもらうっスよ」

黒子「さあ火神君行きましょう」

火神「くそっ……すまねぇ黒子」

黒子「火神君は何も悪くないですよ、悪いのは……」キッ

青峰「……一回戦……ちったあ楽しめるかと思ったんだがな」

紫原「残念だったね黒ちん」

赤司「……(報告だと?マズいな……傷害事件→警察沙汰→出場停止→退学→人生において負けが確定する→僕が負ける……マズい!)」
6 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 22:01:03.61


緑間「おい赤司、何とか言ったらどうなのだよ?」

黄瀬「もっとも言い訳なんて聞きたくないっスけどね」

赤司「……(えっと……ハサミ……そうだ、とりあえずまず邪魔な髪を切って)」ジョキジョキ

青峰「こんな時に何やってんだよ」

紫原「何で赤ちんには貸して俺にはいやなんだろ?」

黒子「赤司君?」

火神「……」

赤司「……僕に逆らう奴は親でも殺す」

緑・黄・青・黒「「「「……」」」」ブチッ
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 22:01:06.48
ハサミ手を貫通してんの?
9 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 22:09:31.17


黄瀬「こんな時にふざけるんじゃないっスよ!」

緑間「完全に見損なったのだよ!」

青峰「何が親でも殺すだ!?お前馬鹿か!?」

黒子「赤司君……最低です」

紫原「いくら赤ちんでも、今のはさすがにどうかと思ったな」

火神「何なんだよコイツ……何でこんな奴に俺達が……くそっ」

赤司「……(マズい……益々空気が、何とかしなければ!)」
12 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 22:21:26.99


赤司(一つずつ整理していこう、まず僕は火神に向かってハサミを突き出した、あいつなら確実に避けると思ったからだ)

赤司(だがあいつは避けなかった、むしろ直前で目を閉じていた、そしてそこに出してきた手にハサミが刺さった、これが概要だ)

赤司(今までの試合のデータから、あいつが確実に避けるレベルで刺していたが、まさか目を閉じるとは思っていなかった)

赤司(そもそも何故あいつは目を閉じた?あの状況で瞬き以外の理由で、自分から閉じるとは思いにくい、しかも手をそこに持ってきている)

赤司(……半ば強制的に目を閉じ、手で何かをしようとしていた、この情報から導き出される答えは……そう!)

赤司(火神は目にゴミが入った!)
13 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 22:27:21.36


赤司(そうだ!それがあいつが避けなかった理由!もし目にゴミが入っていなければこんな事にはなっていない筈!)

赤司「今のは……事故だ」

緑・黄・青・黒「「「「は?」」」」

火神「事故だと?」

紫原「んー?あれ?もしかしてこれって、赤ちんヤバいのかな?」
15 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 22:38:04.03


赤司「確かに僕は火神に向かってハサミを突き出した、だがそれは彼なら確実に避けると思ったからだ」

緑間「……」

赤司「何もなければ彼はハサミを避けていた、そう……少しばかり脅かすつもりだったんだよ」

黄瀬「……」

赤司「だが実際には彼は避けなかった、あるトラブルによって避けられなかったんだ」

青峰「……」

赤司「彼は僕がハサミを突き出す直前、突如として目を閉じていた」

黒子「……」

赤司「恐らく彼は目にゴミが入ってしまったんだろう、思わず目を閉じ手で擦ろうとした」

火神「……」

赤司「そしてその結果……ハサミが右手に刺さってしまったんだ、つまりこれは偶然起きた事故なんだ」

紫原「……あっそうなの?」

赤司「分かってくれたかな?僕がわざと彼の手を刺した訳じゃないと」

緑・黄・青・黒「「「「……はぁ!?」」」」
18 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 22:51:12.74


緑間「ふざけるな!そんな言い訳が通じる訳が無いのだよ!」

黄瀬「火神っちが絶対避けるなんて、分かる訳ないっスよ!」

青峰「それが仮に本当でも刺したのは事実だろうが!」

黒子「言うに事欠いて事故だなんて、最低ですね」

火神「本当にこんなのが奇跡の世代のキャプテンなのかよ」

紫原「さすがに今回ばかりは、赤ちんの肩はもてないかな?」

赤司「……(……やっぱりダメだったか……)」
19 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 23:07:33.46


赤司「こうして僕の高校でのバスケは……いや、高校生活は終わりを告げた」

赤司「傷害事件を起こしたとして洛山バスケ部は出場停止、僕自身も退部そして退学を余儀なくされた」

赤司「家に帰れば当然のように父が落胆していた、そしてゴミを見るような目で僕を一瞥し、それからは顔を合わせる事すらない」

赤司「そんな僕にはもう、未来なんてなかった……」
20 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 23:17:00.37


赤司「父は僕を見限り、事件の揉み消しなどせずに僕を赤司家から追い出した」

赤司「周りからも奇跡の世代として、半ばヒーローのような扱いだったのが、手のひらを返したように冷たくなっていった」

赤司「元チームメイト達も、インタビューで『あいつにはこういう事をやりかねない、そんな危険な雰囲気があった』などと言い出す始末だ」

赤司「はっきり言ってもう僕に味方なんていない……そうだな、僕は負けた……もう僕の存在意義なんて無い」

赤司「さあ……もう僕は消えるよ、後は君に任せるよ……さようなら本当の僕」

本当の赤司『だが断る』

赤司「……やっぱりダメだったか……」

21 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 23:18:36.15


赤司「どこで間違えたんだろう?」

  完
23 : ◆vW0p6JfeiQ :2014/07/16(水) 23:20:23.25
以上です、思ったよりも短かった。
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 23:21:47.54
ここから赤司のサクセスストーリーが始まるのか
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 23:24:12.48


面白かった
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/16(水) 23:29:46.53

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク