黒子「もう限界です!!」【黒バス】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:26:43.09
火神「ど、どうしたんだよ黒子。そんなこえー顔して」


黒子「…火神くんはよく平気な顔していられますね…」


火神「え?なんのことだよ?」


黒子「ほんとそのぶっとい神経羨ましいです」


火神「え?!なに悪口!?」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:27:40.16
赤司「僕がかわりに説明しよう」

火神「赤司!??」

黄瀬「黒子っちが怒るのも仕方ないッスよね…」

火神「うおっ黄瀬まで!」

緑間「人事を尽くしてもこればかりは避けられないのだよ」

青峰「お前ほんとそればっかだな」

紫原「サクサクサクサク」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:29:09.19
火神「なんでキセキ全員集合してんだよ!!」

黒子「みなさん集まっていただいて感謝します」

火神「えっ!?なに?お前がこいつら呼んだのか!?」

黒子「では赤司議長よろしくお願いします」

赤司「ああ、任せてくれ」

火神「(え、無視?)」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:31:43.69
赤司「こほん、それでは第486回キセキ会議をはじめる」

火神「ちょ、ちょっと待て!キセキ会議ってなんだよ!」

緑間「その名の通りキセキの世代の会議のことなのだよ」

火神「そのまんまじゃねーか!」

黄瀬「なにか問題が起きたらキセキの世代で集まって会議してるんスよ」

青峰「今週は二回目だな」

火神「えっ!?お前らそんな頻繁に集まってんのか?!」

青峰「なんだよ、知らなかったのか?」

火神「ああ…黒子なんも言わねえから…」

黒子「火神くんに報告する義務はありませんから」

火神「ま、まあそうだけどよ…」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:34:54.04

赤司「話を戻すぞ。今回の議題提案者はテツヤだ。テーマは『腐女子の蛮行を止めるにはどうすればいいのか』

火神「ちょ、ちょっと待ってくれ!」

青峰「またかよ!」

黄瀬「もー火神っちー、止めてばっかじゃ進まないッスよー」

紫原「サクサクサクサク」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:41:51.88

火神「す、すまん…でもテーマがよくわかんなくて…」

赤司「腐女子の蛮行を止めるにはどうすればいいのか、だ」

火神「いやその、ふじょし?ってなんだ?」

黄瀬「まあ簡単に言えばBLがだいすきな女の子のことッスね!」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:42:17.78
まあ頭にくるよなそりゃあ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:44:42.56

赤司「今や黒子のバスケはBL市場を代表する作品の一つだからな。
腐女子支持のおかげでジャンプで準看板にまで登りつめたんだ」

火神「え、ってことは俺たちもそのにじそうさく?されてるのか?」

黒子「だからさっきからそう言ってるじゃないですか。
火神くんには物事を理解する能力がないんですか?今時三歳児でもそれくらいやってのけますよ」

火神「」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:47:51.60

赤司「ではテーマに関するみんなの見解を聞こう、意見があるものは挙手を」

黒子「はいいいいいィィィィィィィッッッッッッ!!!!!」

火神 (ビクッ)

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:50:25.40

赤司「元気があってよろしい。テツヤ発言を許可する」

黒子「ありがとうございます。ぶっちゃけもう僕は腐女子にガマンならないんですよ!!あいつらにガングロやモデル(笑)と勝手にカップリングされて全裸で絡ませられるは、女体化でセーラー服着せられるは、こないだなんてpixivでなんちゃって帰国子女のチンコ咥えてる画像見つけちゃってそれから本物見る度切り落としてやりたい衝動にかられる毎日で…」

赤司「それは辛かったな…よく耐えたえらいぞ」

火神「おい、そのなんちゃって帰国子女って俺のことじゃないよな?」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:52:32.45

青峰「まあ確かにテツとの絡みは俺が1番多いかもな」

緑間「元相棒で今はライバル同士、という設定が腐女子の心をくすぐるらしいのだよ」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:54:09.51

黄瀬「ちょっと待つッス!黒子っちとのカップリングなら俺も青峰っちに負けないくらい人気ッスよ!」

赤司「初登場時のプロポーズともとれる黒子っちください宣言に加えて誠凜が試合の度に黒子の応援に来てるからな、黒子に片思いしているように見えなくもない」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:55:27.10

青峰「は…黄瀬え…ここでも俺に張り合ってくんのかよ?俺に勝てるのは俺だけだっつったろ」

黄瀬「ふ…青峰っち、まだ自分が最強だと思ってるんすか…?本誌での俺のチートっぷりは半端じゃないッスよ?」

火神「いや、ここ張り合うとこじゃねーだろ」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 20:59:30.64

赤司「黄瀬は単体でも人気だな」

黒子「イケメンモデル(笑)なのにいじられキャラ、というギャップにやられるんでしょうね」

青峰「試合中キリッとすると、モデルの本気(笑)とかキャーキャー言われてるからな」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:00:25.13

赤司「そもそも黄瀬は言うほどモデル(笑)の仕事をしているのか?」

緑間「作中ではモデル(笑)の仕事をしているような描写はなかったのだよ」

黒子「あれじゃないですか?ファッション感覚で、俺モデルもやってんスよ!って言ってるんじゃないですか?(笑)」

紫原「サクサクサクサク(笑)」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:01:26.77

黄瀬「ちょ、ちょっと!なんでみんな俺に一斉攻撃してくるんスか!?」

火神「これはさすがに黄瀬が不憫だな…」

黄瀬「流れ的に今日の落とし所は火神っちッスよ!」

火神「おい」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:03:24.95

緑間「赤司も黄瀬に負けず劣らず人気なのだよ」

赤司「え?そうかい?」

黒子「確かに赤司くんは登場回数が一番少ないですしキャラクター的にもまだ謎の部分があるにも関わらず大人気ですね」

赤司「洛山はまだ秀徳としか試合をしていないからね、それは仕方がないよ」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:05:11.44

黄瀬「初登場時のインパクトはんぱなかったッスけどね…ハサミ持ってオヤコロって…」

緑間「ああ…その後もズガタカにエンペラーアイに厨二全開だったのだよ…」

青峰「両目くりだすはさすがにひいたわ」

赤司「ん?なにか言ったかい?」

黄瀬・緑間・青峰「いえ、なにも」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:06:21.32

黒子「腐女子はこういう厨二病末期なキャラ大好物ですからね。
奴らには赤司くんの低身長もジャージを肩にかける痛いスタイルもすべてが魅力的に見えるんです。
全く恐ろしいですよ、腐女子フィルターは…!!」

赤司「同感だよ」

火神「黒子に緩いなオイ」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:07:17.78

黄瀬「緑間っちはアレっすよね、パターン決まってるッスよね」

青峰「ああ、大体相手は高尾だよな。それか赤司」

紫原「サクサクサクサク」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:08:13.68

赤司「高尾は分かるがなぜ僕なんだい?」

黒子「それには身長差が大きく関わってくると思います。
緑間くんは195センチで長身ですからね、バランス的に173センチの小さめな赤司くんとが
キセキでは1番しっくりくるんだと思います」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:10:14.03

火神「それなら黒子でもいいだろ?」

黒子「僕とのもありますがそんなに多くはありませんね。
赤司くんと緑間くんは帝光時代よくつるんでいましたし、原作でも2人が話すシーンが何回か出てきます。
そういった繋がりからも腐女子の妄想は膨らんでいくんですよ。
火神くんは知ったかぶって話に入ってこないでください、目障りです」

火神「す、すまん」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:12:18.55

赤司「真太郎は原作公認の変人キャラだからな。そんな真太郎と唯一仲良く出来ている高尾が相手役になるのは自然な流れだろう」

黄瀬「しかも緑間っちツンデレッスからね!受けでも攻めでも対応可能な万能キャラッス!」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:13:26.57

緑間「ふん、悪いが高尾とはチームメイト以上の関係はないのだよ」

黒子「腐女子には事実なんてどうでもいいんです。大切なのは男と男が並んで立っていることです。
奴らにかかったらすれ違っただけの赤の他人もあっという間に丸裸にされてちちくりあわされるんですよ!!!」

緑間「」

黄瀬「黒子っち…熱いっす…!」



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:16:04.80

赤司「緑間とは反対に青峰のカップリングは組み合わせが豊富だな」

青峰「ああ、定番のテツや黄瀬に赤司、桜井も多いな。ろくに話したこともねー笠松や氷室との見た時はさすがの俺もビビったわ」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:18:51.43

黒子「青峰くんはアホ峰、エロ峰、ザリ峰という呼び名からも分かるようにアホでエロでザリガニなんです」

青峰「ザリガニってなんだよ」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:19:47.97

緑間「こういったタイプのキャラクターを受け止めるには包容力のある相手でなくてはいけないのだよ」

黄瀬「だから年上の笠松先輩と氷室さんなんスね!」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:22:00.81

黒子「それと青峰くんは攻め側が多いですからね、受け属性の強い僕や黄瀬くんが相手役になるのは仕方ないんですよコンチクショウ」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:22:49.88

赤司「敦は僕とが多いな」

紫原「うん~、あと室ちんとも~」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:23:49.45
なんかスゲェ勉強になるスレだなぁ……
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:24:51.85

青峰「お前今日初めてしゃべったな」

黄瀬「ずっと菓子くってたッスもんね」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:34:22.07

黒子「紫原くんの場合は赤司くんと氷室さんをいれた三角関係が人気ですね」

黄瀬「紫原っちはおっきい子供っすもんねー!仲良く出来るのは氷室さんくらいッス」

黒子「腐女子からしたらイチャイチャしてるように見えるんですよ、目腐ってますから」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:36:52.07

青峰「紫原は赤司とは戦いたがんねえからなあ、二人の間になんかあんじゃねえかって深読みが妄想に繋がってんだろうな」

黒子「ザリ峰にしてはいい分析です」

青峰「ザリガニネタもういいから」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:43:09.54

紫原「俺どっちとも付き合ってないけどね~」

黒子「元カレと今カレの間をふらふらさせておいしいとこだけもってくのが腐女子の手口ですよ」


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長崎県) :2012/11/17(土) 21:44:06.72
ここまで語れるということはさては>>1もまた腐った死体だな
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:45:49.90

黄瀬「帝光時代相方だったにも関わらず才能が目覚めた瞬間黒子っちをポイ捨てした元光の青峰っち。

傷心の黒子っちを励まし共にキセキ打倒を誓い合った新しい光の火神っち。
でも黒子っちは青峰っちのことを引きずってて今でも気にしている。
そんな黒子っちの気持ちに火神っちも気づいてて…」


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:46:34.50

緑間「昼ドラみたいな展開なのだよ」

赤司「光を彼氏に変えてもしっくりくるな」


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:49:04.46

黒子「うわああふdyvjsgdfhfじょほ;sd:pvfkjhf!!!!!!」

黄瀬「く、黒子っち大丈夫ッスか!?キーボード適当に連打したみたいな声ッスよ!!??」


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:53:25.12

黒子「ハアハア…すみません、つい取り乱してしまいました…」

青峰「拒否反応はんぱねーな」


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 21:59:48.81

黒子「だめなんです…僕、腐女子が地球上から殲滅してやりたいくらい嫌いなんです、出来れば一人一人この手でひねりつぶしてやりたい」

青峰「憎悪はんぱねーな」

紫原「黒ちんそれ俺の決めセリフ~」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:06:59.74

黒子「みなさんは平気なんですか!?」

黄瀬「俺はこーゆーの慣れてるッス!芸能人同士のカップリングも腐女子の間では人気なんッスよ!某国民的五人組アイドルグループとか最近代替わりした人気ドラマの二人組とか!」

黒子「うわ、黄瀬きもっ」

黄瀬「」
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:14:41.09

青峰「まあいい気はしねーけどよ、俺はまだマシかもな、攻めるのが大半だし。男のチンコケツの穴に入れるなんて考えただけでも死にたくなる」

83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:17:44.33

黒子「は?僕は君と組まされる度にその汚いイチモツぶっこまれてるんですけど?
でも僕主人公ですからね、死にませんよ?死んだらこの漫画終わりますからね?
君は誰のおかげでバスケが出来てると思ってるんですか?え?え?」

青峰「お、俺が悪かったよ…」

86 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2012/11/17(土) 22:22:22.25
なにこれおもしろい上に勉強になる
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:28:05.37

緑間「……実は最近高尾とキマヅイのだよ…」

黄瀬「えっ?なんかあったんッスか?」

緑間「高尾の奴がふざけてチャリアカ・高翌緑で検索をかけてな…出てきた画像がすごかったのだよ…」


89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:30:20.74

黒子「!!!!!!そこは鬼門ですよ!!??」

緑間「未知の領域だったのだよ…」

青峰「チャリアカってなんだ?」


90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:40:07.77

黄瀬「チャリとリアカーを合体させた呼び名ッスよ!緑間っちいつも高尾くんにリアカーひかせてるじゃないッスか」

赤司「それがそのまま二人の愛称になっているんだな」

黒子「腐女子はなんでも略称にしてしまいますからね…チャリアカ、という単語はそれだけで、緑間くんと高尾くんのカップリングを示しているんですよ…!!!」


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:43:20.84

赤司「真太郎と高尾のカップリングはかなり人気なんじゃないかい?」

黄瀬「キャラソンのデュエット部門でもかなり話題になったッスもんね!」

95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:47:57.80
>>1は腐だろwwwwwwww
じゃなかったら詳しすぎてちょっと引くレベル
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:55:09.24

黒子「この二人はいかんせんキャラの相性がぴったりですからね。ツンデレ俺様キャラにお調子者のムードメーカー」

黄瀬「緑間っちが心を開くのは高尾くんだけで、高尾くんも緑間っちが実は影で努力している苦労人だ、って知ってるから緑間っちのわがままも素直に聞いてるんスよ。
やっぱこういう絆みたいなのがあるコンビは人気ッスよね!!」



97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 22:56:16.80

黒子「うわ、なに語ってんのこのデルモ、きもいんですけど」

黄瀬「」



99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:04:17.93

緑間「高尾がリアカーを引くのはじゃんけんに負けているからだ、毎回な。
あいつが人事を尽くさなかった結果だ。
さっきも言ったが俺たちはただのチームメイトでそれ以上でもそれ以下でもないのだよ。
それなのに愛だの恋だの嫉妬だの迷惑この上ないのだよ」

青峰「お前相変わらずだなー」
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:07:16.91

黒子「緑間くん!!だめですよそれではっっ!!!!」ガタン!!

緑間「く、黒子?なにがなのだよ」


101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:14:32.84

黒子「今の発言では緑間くんの属性上ただツンツンしているようにしか聞こえません!!それでは腐女子に今後のデレ展開を期待させるだけです!!」

緑間「ツンツン??いやこれは俺の本心で他意はな」
黒子「しゃらああああああああっぷううううう!!!!!」

緑間(びくっ)

赤司「黒子の言うとおりだな。真太郎、ここはもっとひねらないといけないよ」


102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/11/17(土) 23:19:39.45
黒子テンションやべぇwwww
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:20:15.76


青峰「緑間と言えばアレも多いよな、レイプもの」

黄瀬「あー確かに!緑間っちがモブにヤられてるところに高尾くんが助けにくるパターンッスね!」

青峰「逆もあるよな。つーかこんな巨男犯したい奴なんていねえよなwww」

黄瀬「しかも学校でwww」


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:27:30.93

黒子「ふ…二人共甘いですね…腐女子は僕たち一般人が悪路としている航路をあえて選んで特攻してくるんですよ!!!
緑間くん×モブ×レイプなんて奴らにとっては常識中の常識!!!!これくらい知っておかないと腐女子とは戦えませんよ!!??」

黄瀬「さすが黒子っちッス!」

青峰「全くだぜ…!!!」

火神「」
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:31:18.85

緑間「黒子は連載初期の段階から腐女子につけ狙われているからな、恨みも相当なのだよ」

赤司「そうだな、第一話の時点で火神とのカップリングがすでに成立していたからな」



106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:32:24.04

火神「お、おい!俺と黒子はそんな関係じゃねーぞ!?俺たちは純粋に全国制覇に向けて一緒に頑張ってるだけで…!
そりゃ信頼はしてるけどよ…恋愛感情なんてねえぞ!?」

黒子「当たり前です、僕たちはビジネスライクな関係ですから。あと信頼とか気持ち悪いので使わないでください」

火神「お前今日なんか冷たくね!?」


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:34:05.51

青峰「まあ結論、1番の被害者はテツってことだ」

赤司「キセキ、誠凜、他校とまんべんなくカップリングが存在するからな」

黄瀬「ジャンプ漫画主人公の性って奴ッスね…」

緑間「手の施しようがないくらい浸透してしまっているのだよ」

黒子「くそっ…!!やはりもう手遅れなのか…!!」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:34:42.63

赤司「テツヤ、ここは一つ発想を逆転してみたらどうだい?」

黒子「?」

109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:35:23.22

赤司「腐女子人気があるのはそれだけテツヤに魅力があるからだよ。彼女達は目が肥えているからね、テツヤがもし魅力がないキャラクターだったらここまで執着しないさ」

黒子「…」
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:36:21.58

赤司「それに腐女子は一度愛したキャラクターはとことん愛しつくしてくれる。
彼女達のおかげで打ち切り危機を回避し、アニメ化することが出来たんだ。グッズも売れているし、集英社的にも黒子様様だろう」

黒子「…」


111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:37:06.17

赤司「彼女達が黒子のバスケを支持してくれればそれだけ原作も長く連載される。連載されている期間が長ければ長いほど僕たちはバスケをすることが出来るんだよ」

黒子「……!!!」

112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:37:52.58

赤司「僕はね、思うんだ。連載がこの先もずっと続けばまたいつかキセキのみんなと同じチームで戦える日が来るんじゃないかってね…」

黒子「…赤司くん…!」

青峰「…赤司…!!」

黄瀬「…赤司っち…!」

緑間「……赤司!」

紫原「赤ちん……!」


113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:38:58.85

黒子「みんなでまたバスケやりましょう!」

青峰「おお!燃えてきたぜッ!」

緑間「やってやらないこともないのだよ!」

黄瀬「よし!そうと決まれば早速練習ッス!」

紫原「その前にコンビニ行ってくる~」

赤司「全く…お前らって奴は…。よし!帝光まで競争だ!最下位の奴はスクワット500回!」

キセキ「オウッ!!!!!」だだだだ…

火神「…………ナニコレ」


114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:41:11.22

END





115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/17(土) 23:42:57.72

まぁ緑間の活躍で持ちかえした後安定したのは腐女子のお陰ってのは割と事実
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) :2012/11/17(土) 23:58:17.01
腐女子怖ェえ……乙した
118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岡山県) :2012/11/18(日) 00:01:21.16

>赤司「僕はね、思うんだ。連載がこの先もずっと続けばまたいつかキセキのみんなと同じチームで戦える日が来るんじゃないかってね…」
これは絶対やるよな。スポーツ漫画の定番オールスター

この書き手のSS:

黒子「もう限界です!!」


黒子「キセキのみんなにドッキリを仕掛けます」


黒子「いやキセキの世代ってなんだよ」


黒子「今日は僕の誕生日です」


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

皆が同じチームで戦う日が楽しみだな


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク