FC2ブログ

タカトシ「俺が生徒会長ですか!?」

2 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:08:29.10
シノ「私たちももうすぐ卒業だからな」
3 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:09:08.77
タカトシ「でも、なんで俺なんですか?萩村の方が適任じゃ……」

シノ「これはもう決めたことだ!いいな!」

タカトシ「あっ、会長!……行っちゃった」

アリア「ちょっといろいろ考えることがあるみたいなんだー、シノちゃんも」

タカトシ「はぁ……しかし、もう卒業なんですね」

アリア「うん、早いよね」

タカトシ「……」

アリア「どうしたの?」

タカトシ「いえ、なんでもないです」
4 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:09:44.66
スズ「津田ー、資料できたの?」

タカトシ「ごめん、忘れてた!」バタバタ

スズ「ったく……」

アリア「次期会長なんだからしっかりしないとねー」

タカトシ「まだ受けたわけじゃ……」

スズ「決まったんですか?」

アリア「さっきシノちゃんに言われたんだよねー?」

タカトシ「だから一方的に……」

スズ「何言ってんのよ、あんた以外に誰がやるの」

タカトシ「いや、萩村が……」

スズ「あんたねー……ちょっとは会長の気持ちも考えさないよ」

タカトシ「気持ち?」
5 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:10:30.10
スズ「もういいわ、さっさとやって」

タカトシ「わかったよ……」

アリア「津田君、シノちゃんはね、今回のこと急な思いつきで決めたわけじゃないよ」

タカトシ「え?」

アリア「シノちゃんはずっと前から決めてたよ、津田君を会長にって」

タカトシ「そ、そうなんですか?」

スズ「やっぱり気付いてない……」

アリア「ふふ」
6 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:11:22.66
数日前

シノ「アリア、次期会長なんだが……」

アリア「津田君でしょ?」

シノ「よ、よくわかったな」

アリア「知ってるよーそれくらいー」

シノ「あいつは、受けてくれるかな」

アリア「んーどうだろう、津田君のことだからあたふたしそうだけど」

シノ「あり得るな」

アリア「ねえ、シノちゃん、津田君に言うことって他にあるんじゃないの?」

シノ「何のことだ?」

アリア「私たちもうすぐ卒業だよ?時間、ないんじゃないかな」

シノ「……な、何を言ってるんだ、いったい」
7 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:11:56.00
現在

アリア(結局まだ言えず、じれったいなーもう)

タカトシ「あの、七条先輩」

アリア「ん、なーに?」

タカトシ「俺で務まるんでしょうか、生徒会長なんて」

アリア「私は大丈夫だと思うよー?」

タカトシ「でも、俺、勉強もできないし、いまだに生徒会の仕事だって手伝ってもらいながらだし」

タカトシ「天草会長と比べたら俺は……」

アリア「津田君」

タカトシ「え?」

アリア「シノちゃんは津田君にシノちゃんの代わりになってもらおうなんて思ってないよ?」

タカトシ「それはどういう……」
8 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:12:25.40
アリア「そこは自分で考えてね」

タカトシ「は、はあ……」

アリア「じゃあ私もちょっと席外すよー」

タカトシ「あ、はい」

スズ「津田ー」

タカトシ「なに?」

スズ「あんた、鈍すぎ」

タカトシ「なんだよ、それ」

スズ「はぁ……」

タカトシ「?」
9 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:13:15.36
廊下

アリア「シーノちゃん」

シノ「アリアか」

アリア「なんで津田君から逃げるの?」

シノ「なっ、逃げてるわけじゃ……」

アリア「そんなことしても時間はあっという間に過ぎちゃうよ?」

シノ「言われなくてもわかっている!大学の準備は怠りない!」

アリア「そうじゃないでしょー」

シノ「……留年とかしちゃダメだろうか」

アリア「シノちゃんの成績でどうやって留年するの」

シノ「じゃ、じゃあ浪人とか……」

アリア「もう学費も払ってあるんでしょ?」

シノ「う……」

アリア「シノちゃん」

シノ「……卒業したくないな」
10 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:14:19.46
アリア「またそんなこと言って」

シノ「……だって」

アリア「シノちゃん」

シノ「……わかってる」

アリア「津田君のことでシノちゃんが留年なんかしたら、津田君はどう思うかなー」

シノ「し、しかしな、津田はまだ生徒会の仕事は完璧じゃないし、勉強だって、他にも」

アリア「似たようなこと言わないの」

シノ「え」

アリア「心配しなくても津田君なら大丈夫だよ」

シノ「それは……わかってる」

アリア「シノちゃんがやらなきゃいけないのは、ちゃんと津田君に伝えることだよ」

シノ「何を……というのはもういいな」

アリア「なら、行くよー」

シノ「い、今か!?しかし心の準備がだな」

アリア「いいからー」

シノ「ちょっと待てアリアー!」
11 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:15:22.54
生徒会室

タカトシ「これってこれであってる?」

スズ「合ってるわ」

ガラ

シノ「ちょっ」

アリア「とうちゃーく」

タカトシ「あれ?もう用事はいいんですか?」

シノ「あ、う、うむ」

シノ「津田、その、あのだな」

タカトシ「なんですか?」

シノ「卒業の前に言うことが……」

タカトシ「はい?会長の引き継ぎのことですか、それなら……」

シノ「そ、そうだ、いいか、生徒会長ならば、ガードはあそこも固くなくてはならない!」

タカトシ「は?」

シノ「つまりだなー会長になったからといって、種馬のようにやりまくるなということだ」

タカトシ「聞いた俺が馬鹿でした……」

シノ(し、しまった)

アリア「はぁ……」

スズ「あー……」

シノ(ま、まずい)
12 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:16:22.46
シノ「津田!」

タカトシ「なんですかー?」

シノ「あまりに会長職が不安なら、私が残ってやってもいいのだぞ」

タカトシ「それはどういう……」

アリア「ちょっと、シノちゃん」

シノ「津田はそのまま副会長で、私が留年して会長となれば今まで通りだ!」

タカトシ「……」

シノ「あ、あれ」

タカトシ「そんなに俺が不安なら俺なんかに任せなくていいですよ」

シノ「え、いや、その」

タカトシ「会長は俺が心配でそんなこと言うなら、俺は生徒会を辞めます」

シノ「な、そんな勝手なこと!」

タカトシ「元々、俺は会長に誘われていつの間にか副会長になって、俺は別にやりたk」

スズ「津田、そこまで」
13 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:37:58.49
タカトシ「すいません、とにかく会長は安心して卒業していいですから」ダッ

スズ「ちょっと、津田!あー、もう……」

アリア「シノちゃん、今のはシノちゃんが悪いよ」

シノ「私……何を言って……」

スズ「会長……」

シノ「……私……」

アリア「卒業前なのにこんなことになっちゃうなんて……」
14 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:38:51.25
翌日

スズ「会長、来ませんね」

アリア「うーん、連絡しても出ないんだよねー」

タカトシ「……」

スズ「ちょっと、津田も何とか……」

タカトシ「萩村、新学期からの内容ってこれでいいかな」

スズ「え?あー、うん、いいんじゃない?……いつの間に作ったのよ」

タカトシ「昨日作った」

スズ「何、意地になってるの」

タカトシ「なってないよ」

スズ「あんたね……」
15 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:39:15.38
タカトシ「俺だって、やろうと思えばできるってことだよ」

アリア「それは昨日のシノちゃんのことがあったから?」

タカトシ「そうですよ!天草会長は俺に任せるなんて言って……あんな……」

スズ「あれは、津田のことを信用してないからじゃないと思うけどー」

タカトシ「じゃあ何さ」

スズ「それは自分で考えなさいよ、……私に聞かないで」

アリア「スズちゃん……」

タカトシ「……ちょっと、トイレに」スタスタ
16 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:39:49.50
アリア「スズちゃん」

スズ「わかってますよ、だいたいは」

アリア「そっか」

スズ「辛くないかー、なんて聞かないでくださいよ、辛くないですから」

アリア「うん……」ナデナデ

スズ「……あー、もう数字間違えちゃった……」
17 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:40:51.31
タカトシ「はぁ……」

シノ「あ」

タカトシ「会長」

シノ「……」

タカトシ「待ってください」

シノ「なんだ」

タカトシ「俺できますよ、生徒会の仕事」

タカトシ「勉強だって、萩村に教わりながら、生徒会長として恥ずかしくないように頑張ります」

シノ「……そうか」

タカトシ「会長がいなくても、俺は……だから!」

シノ「ああ、わかっているさ、君なら十分に生徒会長として任せられる」

タカトシ「じゃあ昨日はなんで!!」

シノ「あれは……私のわがままだ」
18 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:41:19.74
タカトシ「わがまま?」

シノ「正直、卒業したくないんだ」

タカトシ「そんなのダメですよ!大学だって!」

シノ「わかってる、だから、ただのわがままだ」

タカトシ「会長……」

シノ「気にしないでいいよ」

タカトシ「でも!」

シノ「……ほら、そろそろ生徒会室に戻れ」スタスタ

タカトシ「……会長」
19 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:41:45.02
卒業式 当日

アリア「あれから、津田君とまともに話したの?」

シノ「いや、話してない」

アリア「シノちゃん!」

シノ「いいんだ、私は、これで……」

アリア「そんなのダメ!!」

シノ「ほら、式が始まるぞ」

アリア「シノちゃん……」
20 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:43:59.82
「続いて、在校生代表による祝辞です」

タカトシ「桜の芽も膨らむこのような佳き日に、卒業される皆さんへ心からお祝い申しあげます」

シノ(津田?そうか、次期生徒会長だもんな……うまくやってるじゃないか)



タカトシ「先輩方の想い出は語りつくせず……、……えっと……」

アリア「津田君……?」

スズ「……ちょっと、津田!」ボソッ

シノ「津田……?」

タカトシ「私はこの学校に入学して、素晴らしい先輩に出会いました」

スズ(そんなこと書いてないじゃない……もう……)

タカトシ「その人は才色兼備という言葉にふさわしい方でした」

タカトシ「リーダーシップに優れ、何をやっても完璧な人のようにも思えます」

タカトシ「でも、決して完璧じゃなく、くだらないことも言う、少し抜けてるところもある人です」
21 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:45:15.05
タカトシ「私の学園生活はその人に振り回されてばかりでした、しかし、そのおかげで様々な経験ができました」

タカトシ「少し残念だけど、俺はその人を尊敬しています」

タカトシ「いつか、その人に追いつけるようにその人の背中を見ながら過ごしてきました」

タカトシ「そんな人だから、俺も……卒業してほしくありません!」

シノ「……」

タカトシ「まだ、一緒にいたいです」

シノ「津田……」

タカトシ「それは尊敬してるからだけじゃなく、きっと……俺はその人が好きなんだと思います」

シノ「……っ」

司会「あの、津田君?」

ナルコ「いいから、止めるな」

タカトシ「今頃こんなことに気付くなんて遅いかもしれません、でも、俺はあなたが好きです」

シノ「津田……」

タカトシ「後悔したくないから、卒業の前に伝えます、好きです」
22 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:45:43.79
司会「あー、えーっと……祝辞でした」

ランコ「これは最後にぶちこみましたねぇ」

カエデ「い、今のって……」

アリア「シノちゃん、シノちゃん」

シノ「うん……ぐすっ、うん……」

司会「続いて、卒業生代表による答辞です」

アリア「頑張って」

シノ「うん……」
24 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:47:58.35
シノ「と、答辞……暖かな春の日差しが……ぐすっ……射すこの日に、卒業できることを……」

アリア(シノちゃん、がんばって!)

スズ(もう会長……ぐすっ)

シノ「心から……う……津田ー!私も好きだー!うわぁーん!!」

スズ「ちょっ」

タカトシ「ちょっと!台無しだよ!それじゃ!!」ダッ

シノ「津田ー!」ギュッ

タカトシ「か、会長!」

シノ「好きだ、津田、ずっと、ずっと……」

タカトシ「……はい、ありがとうございます」ギュッ

ランコ「これは撮らねばー!!」パシャパシャ

司会「あの、生徒会のお二人、えっと、あのー?」

アリア「よかったね……シノちゃん」

スズ「もう卒業式台無しじゃない、……ふふっ」

シノ「津田ー!」ギュッ
25 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:49:35.33
数か月後 生徒会室前

タカトシ「コトミ、お前な、生徒会入ったならそれなりの行動をだな」

コトミ「わかってるってー」

スズ「あんたも去年まで赤点ギリギリだったじゃない」

タカトシ「う、それは……」

スズ「まったく、でも、すっかり生徒会長ね」

タカトシ「だろ」

ガラッ

アリア「あ、久しぶりー」

スズ「七条先輩!!お久しぶりです!」

アリア「ふふ、休講だったから遊びにきたよー」

スズ「事前に言ってくれれば待たせなかったのにー」

アリア「ごめんね、津田君も元気そうだね」

タカトシ「はい!」

アリア「こっちも元気だねー」

タカトシ「そっちはいいですから!」
26 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:50:29.36
スズ「あれ?一人ですか?」

アリア「ううん、えっとー」

「こら、そこ、スカートの丈が短い!」

タカトシ「いたいた、会長」

シノ「まったく、もう少し厳しくしないとダメだぞ」

タカトシ「わかってますって」

シノ「それと、会長はやめろー!」

タカトシ「はは、そうですね、シノさん」

シノ「……うむ///」
27 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:51:19.19
スズ「こうして、あの卒業式は桜才高校の伝説となったのでした」

スズ「なんで私がナレーションを……」




タカトシ「あの後大変だったなー……」

シノ「……もう思い出すな」

アリア「卒業式で反省文だもんねー」

スズ「いろいろ伝説でしたね」

おわり
28 : ◆Atc9liOquhXC :2014/05/07(水) 20:51:46.19
終わりです
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/05/07(水) 21:26:16.31
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/05/07(水) 22:50:01.56
おつでした。

そういや何気にシノメインの役員共SSって初めて見た。
(内訳:役員共SS自体少ないから仕方ないね)
この書き手のSS:

ネネ「出来たよ、津田君!身体が入れ替わる機械!」


アリア「津田君とお互いの心の声が聞こえちゃうやーつ」


ネネ「出来たよ、津田君!性格が正反対になっちゃう機械!」


津田「正直、五十嵐さんを性的な目で見てしまう」


シノ「この結果を見てくれ、こいつをどう思う」


タカトシ「俺が生徒会長ですか!?」


シノ「えっと……嫁にしたいのは誰?っと」


ウオミー「タカ君が寝てる」




関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ