橘「○○を抱き締めてみる」

1: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:22:38 ID:K2RssXbI

アマガミのSSです。
それぞれの話はパラレルワールドだと思って下さい。

橘「お、あれは梨穂子。早速いってみよう」

>>廊下

橘「おーい、梨穂子ー」

桜井「んー?あ、純一!どしたの?」

橘「梨穂子、寒くないか?」

桜井「え?うーん、そう言われるとちょっと寒いかも?」

橘「そうか。よし」

ぎゅっ

桜井「へっ?…ふぁぁあ!!」

橘「大きな声だすなよ、びっくりしたぞ」

桜井「だ、だって、急にこんなことされたら驚くよー!」

橘「寒いって言ってたからさ、温めようと思ったんだけど嫌だったか?」

桜井「う…。嫌じゃ…ないけど…ちょっと恥ずかしいよぉ」

2: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:23:17 ID:K2RssXbI

橘「梨穂子はぷにぷにふわふわしてて抱き心地最高だなぁ」

桜井「…もう…えへへ」

橘「よし」

ぱっ

桜井「あっ…。」

橘「それじゃ、僕はもう行くよ。」

桜井「う、うん。えっと…また、温めてね」

橘「当たり前だろ。じゃあまたな、梨穂子」

桜井「うん!ばいばーい」

橘(梨穂子が満面の笑みで手をふっている。梨穂子はかわいいなぁ!!!)

3: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:25:38 ID:K2RssXbI

>>保健室

橘「誰かいるかな」

中多「あれ…橘先輩ですか?」

橘「紗江ちゃんじゃないか。」

中多「えと、こんにちは…。どこか怪我なされたんですか?」

橘「いや、何となく寄ってみただけだよ。紗江ちゃんはどうしてベッドに?」

中多「あ、私は体育の持久走で目眩がしてしまって…今まで休ませてもらっていたんです」

橘「ええっ、それは大変だったね。大丈夫?」

中多「はい、もう気分も良くなりましたし…その、橘先輩にも会えましたから元気が出ました。」

橘「そ、そっか…。」

中多「はい…。」

橘「…」

中多「…」

4: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:29:01 ID:K2RssXbI

橘「その…もっと元気が出ること、するよ」

中多「え?」

ぎゅっ

中多「……あ…」

橘「嫌、かな」

中多「いいえ…とっても、嬉しいです…。夢みたい…。」

橘「紗江ちゃん…」

中多「橘先輩…」

橘「ふかふかだね…」

中多「は、恥ずかしいです…。」

橘「ん…。」

ぱっ

中多「えっ…。」

5: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:32:43 ID:K2RssXbI

橘「おしまい。元気出たかな」

中多「はい……」

橘「良かった。じゃ、そろそろ行くよ」

中多「え、あの」

橘「ん?」

中多「…いえ。その…また、してください」

橘「うん、約束する。それじゃね」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/25(火) 08:33:54 ID:vcXdFBAQ

ほぼ直球で抱きしめに行くたぁ流石大将だぜ!!そこに痺れ(以下略

7: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:34:11 ID:K2RssXbI

>>校庭

棚町「えいっ」

かぷ

橘「うわっ!」

棚町「んふふ~」

橘「か、薫、びっくりさせるなよ…。」

棚町「アンタがぼーっと歩いてるからでしょー」

橘「反省してないな」

棚町「してないわよ?」

橘「…」

棚町「あ、怒ったの?」

8: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:35:03 ID:K2RssXbI

橘「…」

棚町「ごめんって、そんな拗ねないでよー」

橘「いまだっ!」

棚町「えっ?ひゃっ!」

ぎゅっ
棚町「い、いいきなりなななな何してんのよっ!」

橘「仕返しだ!」

かぷ

棚町「んひゃあっ!こ、このっ!」

9: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:35:55 ID:K2RssXbI

ドカッ!

橘「痛てっ」

棚町「ふん!自業自得よ」

橘「ちぇ、薫の愛情表現に僕なりの愛情表現で返したつもりだったんだけどな」

棚町「なっ…」

橘「気に入らなかったみたいだね」

棚町「…当たり前よ。そういうのは、その、時と、場所を選んで…。」

橘「わかったよ、ごめんな。ただ、ちょっと薫を抱き締めたい気持ちが抑えられなかったんだ」

10: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:36:47 ID:K2RssXbI

棚町「………。」

棚町「…ぷっ、恥ずかしいセリフ」

橘「…顔が真っ赤だぞ。」

棚町「うるさい」

ぎゅっ

橘「えっ」

棚町「じゃね!」

橘「…行ってしまった」

橘「薫は意外と照れ屋なんだよな。可愛いやつだ」

11: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:37:50 ID:K2RssXbI

>>3年教室

橘「森島先輩は、と」

森島「むむむー」

橘「あ、森島先輩…ってうわっ!」

ぎゅっ

森島「えい!えいえいえい!」

橘「(急に目の前が真っ暗になったぞ!それになんだか柔らかくて良い匂い…ってまさかこれは!)」

12: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:38:49 ID:K2RssXbI

森島「来るの遅ーい!!ずーっと待ってたんだからねー!」

森島「確かに他の女の子とも話して良いって言ったけど…それはきちんと愛するって条件付きなんだからっ!」

橘「ひゅいまひぇん…」

森島「許さない!ぎゅってして、なでなでしてくれないと許さないんだからね!」

橘「(嬉しい…けど、苦しくなってきた!やばい!)」

橘「ギブ!ギブでひゅ!」

森島「えっ?あ、そっか」

ぱっ

13: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:39:41 ID:K2RssXbI

橘「はーっ、はーっ」

森島「ご、ごめんね、大丈夫?」

橘「へ、平気…です…。それよりっ!」

森島「え?」

橘「嬉しいです!ヤキモチ妬いてもらえるなんて…。」

森島「ち、違うよ?ヤキモチじゃないもん」

橘「え?」

森島「これは、そのー…」

橘「何ですか?」

森島「妬いてなかった訳じゃないというだけだもん。と、とにかく、ほらっ」

14: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:40:53 ID:K2RssXbI

橘「…はい」

ナデナデ…。

森島「ぎゅっ、も!」

橘「は、はい」

ぎゅっ

森島「ふふっ…」

橘「…森島先輩は、素敵ですよ」

森島「えっ…」

15: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:41:32 ID:K2RssXbI

橘「心配しなくたって、大丈夫です」

森島「…もう。ずるいなぁ」

橘「え?」

森島「なんでもないよー」

橘「そ、そうですか…。あ、そろそろ…」

森島「…もう、ちょっと」

ぎゅ

橘「先輩…」

森島「…ウ、ソ!」

ぱっ

森島「さっ、いってらっしゃいな」

橘「は、はいっ」

たったった…。

森島「…もう、本当に罪な男の子なんだからっ」

16: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:42:20 ID:K2RssXbI

>>校舎裏

橘「…お、あそこに居るのは…」

橘「おーい、七咲」

七咲「あ、先輩。どうしたんですか?なんだか、ご機嫌ですけど」

橘「わかるか?」

七咲「ええ。なんだかいやらしいことしそうな雰囲気です。」

橘「…。」

七咲「ふふっ、冗談ですよ。それで、何の用ですか?」

橘「あ、うん。えっと、七咲は猫好きだったよな?」

七咲「はい。」

17: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:43:10 ID:K2RssXbI

橘「だから、ちょっと抱き締められてくれないか?」

七咲「はい。…はいっ!?」

橘「ああ、いや、この前猫を抱こうとしたら引っ掻かれちゃってさ。七咲は猫を抱くのが得意だろ?」

七咲「…確かに良く抱っこしますけど…」

橘「だから、僕が七咲を抱っこしてみるから、駄目なところがあったら指摘して欲しいんだ」

七咲「先輩…正直に言ったらどうですか」

橘「七咲を抱き締めたい」

七咲「…はぁ…先輩は本当に変態ですね」

18: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:43:51 ID:K2RssXbI

橘「…やっぱり駄目か?」

七咲「…ちょっとだけなら…」

橘「本当か!?」

七咲「ほ、本当にちょっとだけですよ。」

橘「うん、ありがとう!…じゃあ…。」

七咲「…どうぞ」

橘「よし」

ぎゅっ

七咲「んっ…」

橘「七咲…。」

七咲「せん…ぱい…。」

橘「(恐る恐るといった感じで七咲も手を回してきてくれたぞ。)」

19: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:44:54 ID:K2RssXbI

橘「七咲って、すごく引き締まってしなやかな身体だよな…」

七咲「なっ、なっ!」

ぱっ

七咲「ここまで、ここまでです!全く、変態な先輩にはもう付き合えません!」

橘「僕はただ、七咲が水泳をとても頑張ってるのが良くわかる、って言いたかっただけなんだけどな」

七咲「う…。にしても、言い方があります!」

橘「そっか。なら、もう次からはしないよ」

七咲「…え…と。」

20: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:45:27 ID:K2RssXbI

橘「ごめんな、七咲。じゃ、また…。」

七咲「先輩!」

橘「ん?」

七咲「…その…えっちなことをしないなら、また…しても…。」

橘「…ありがとう、七咲!…あ、でも本当に用事を思い出したから、もう行くよ」

七咲「…はい!では、また明日。」

橘「うん。」

21: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:46:08 ID:K2RssXbI

>>屋上

橘「…。」

絢辻「あら、橘くん。どうしたのかしら?」

橘「あ、あのさ、絢辻さん」

絢辻「い、や!」

橘「まだ何も言ってないよ…。」

絢辻「あたしを抱き締めたいとか言うんでしょう。」

橘「うっ!」

絢辻「はぁ…。キスの時といい、バレバレなのよ、あなたは。」

橘「だ、だって…」

絢辻「なによ」

橘「ど、どうしても絢辻さんを抱き締めたいんだもん」

22: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:46:51 ID:K2RssXbI

絢辻「理由は?」

橘「…絢辻さんは、一人じゃないよ、って」

橘「僕がいつまでも側にいるよ、って、伝えたいんだ」

絢辻「………。」

橘「…。」

絢辻「…ん。」

橘「…」

絢辻「ん!」

橘「え?」

絢辻「あ~、もう!!良いよって言ってるのよ!察しなさいバカ!」

橘「ご、ごめん」

23: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:48:31 ID:K2RssXbI

絢辻「…ん!」

橘「いくよ…」

ぎゅっ

絢辻「…」

橘「…的外れかもしれないけど」

橘「本当はさ」

橘「僕を罵ったりする絢辻さんも、ある意味では猫を被ってるんじゃないかって思ったんだ」

絢辻「……続けて」

24: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:49:18 ID:K2RssXbI

橘「本当の絢辻さんは、自分をみてほしくて仕方がなかったのに、誰にも見てもらえなかった」

絢辻「…」

橘「誰にも見て貰えない寂しがりの自分。そんな自分を守る為に、冷たい鎧を着込んだ。」

絢辻「…」

橘「でも、余りにも冷たすぎる鎧では誰も近寄れない。だから、鎧の上から、また鎧を着込んだんだ。真っ白で綺麗な鎧を。」

絢辻「…。」

25: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:49:59 ID:K2RssXbI

橘「ねえ、絢辻さん」

絢辻「なに」

橘「僕は、絢辻詞が大好きだよ。…だから、心配しなくても大丈夫。ずっと君の側を歩いていくから。」

絢辻「……何がいいたいのかぜーんぜんわかんないわね」

橘「そっか。」

絢辻「……わたしは、心配してないから。」

橘「…ん。」

絢辻「もっと、強く抱き締めなさい」

橘「うん。」

ぎゅうっ

絢辻「…ねぇ」

橘「うん?」

ちゅっ

おしまい。

26: ◆K96Jk4jthA 2014/03/25(火) 08:51:48 ID:K2RssXbI

スト子…忘れてた…。
書き溜めないしもう仕方ないよねっ!

おしまいです。

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/25(火) 11:20:41 ID:Zn41H/KQ

エキストラパートオナシャス

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/25(火) 15:22:24 ID:weFrYWe.

おい、妹とか響…他いるぞ

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/25(火) 19:45:26 ID:tmMF/pHc

ダディャーナザァーン! オンドゥルルラギッタンディスカー!



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク