七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:29:07.73
昼休み、校舎裏

七咲「え?」

橘「いや、だからいつものようにからかってるんだろ?」

橘「はは、いくら僕でも、もう騙されないよ」

七咲「ち、違います!! こ、こんなこと冗談で言いません!!」

橘「そう言いながら結局、『嘘です』って言う気だったんでしょ?」

七咲「そ、そんなことは...」キーンコーンカーンコーン

橘「あ、チャイムが鳴ったね。そろそろ戻ろないと」

七咲「せ、先輩!! 待ってください!!」

橘「僕、次は移動教室なんだ。だからもう行くね」スタスタ

七咲「せ、先輩!!」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:30:56.39
教室

橘(ふぅ、また七咲にからかわれるところだった...)

梅原「よう、大将。どうしたんだ、溜息なんてついて?」

橘「ああ、梅原か。いや、また七咲にからかわれそうになったんだ」

梅原「ああ、あいつか。確かにちょっと小生意気なところがあるよな」

橘「はは、まぁな」

梅原「でも、『そういうところがいい!!』という奴も多いようだぜ?」

橘「そうなのか?」

梅原「ああ。同学年だけでなく、上級生からも人気があるみたいだな」

橘「...それは知らなかったな」

棚町「なになに? 何の話?」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:31:46.03
梅原「よう、棚町」

橘「なんだ、薫か」

棚町「ずいぶんなご挨拶ね、純一。せっかくこの薫さんが声をかけてあげたのに」

橘「ああ、薫さん!! 私のようなものにお声をかけていただいてありがとうございます!!」

棚町「...それはそれで腹が立つわね」

梅原「おいおい、また夫婦漫才か? 見てるこっちが恥ずかしいぜ」ニヤニヤ

橘「そ、そんなことはないぞ」

棚町「そ、そうよ。あ、あたしと純一に限ってそんな...///」

梅原「わかった、わかった。もうすぐ授業が始まるからまた後でな」

橘「お、おい、梅原!!」

棚町「...///」カァァァ
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:32:36.18
放課後、プール

七咲「はぁ... まさか冗談だと思われるなんて...」

七咲「せっかく勇気をだして告白したのに... 先輩の馬鹿!!」

七咲「でも...確かに今まで先輩のことをからかったりしてたから...」

七咲「そう思われても仕方ないのかな...」

七咲「だって、困った顔の先輩ってすごく可愛いから...」

七咲「どうしてもからかいたくなっちゃう...///」

七咲「はぁ、どうしたら冗談じゃないって信じてくれるんだろ?」

七咲「まともに伝えても、また冗談だと思われるし...」

塚原「どうしたの、七咲? ずいぶん落ち込んでるみたいだけど?」

七咲「つ、塚原先輩!? あ、いえ、その... !! なんでもありません!!」アタフタ

塚原「そう? ならいいんだけど...」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:33:24.01
その日の夜 橘家

美也「にぃに~? 入るよ~?」コンコン

橘「ああ、美也か。どうした?」

美也「ねぇ、にぃに。 ...逢ちゃんに何かした?」

橘「はぁ? なんで僕が?」

美也「だって逢ちゃん、今日の昼休みから様子がおかしかったんだもん」

橘「おかしかったって... どんな風に?」

美也「う~んと... なんだか、落ち込んでるみたいだったんだけど...」

美也「理由を聞いても『何でも無い』って...」

橘「七咲が...?」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:35:23.81
美也「ねぇ、にぃに。昼休みに逢ちゃんと会ったんだよね?」

橘「ああ、一緒にご飯を食べる約束をしてたからな」

橘「でもその時は普段通りだったけど」

美也「本当に?」

橘「嘘をついても仕方ないだろ?」

美也「うん...」

橘「少し様子をみたらどうだ? 明日には元気になってるかもしれないぞ?」

美也「でも...」

橘「何でも無い、ということは、自分で解決できることかもしれないし」

橘「本当に助けが必要な場合は七咲のほうから言ってくるんじゃないか?」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:40:45.29
美也「そっか... そうだね... うん、そうするよ。ごめんね、にぃに」

橘「かまわないさ。でも美也は友達想いだな」

美也「当然でしょ~。逢ちゃんはみゃーの大切な友達なんだもん!!」

橘「そっか。七咲はいい友達をもったな」

美也「にしししし~。もっと褒めてもいいよ?///」

橘「はいはい。そろそろ寝ろよ?」

美也「うん。おやすみ、にぃに♪」

橘「ああ、おやすみ」


橘(う~ん...何が原因なんだろう? まさかあの告白のせいとか?)


橘「いや、まさかね。そんなことないよな。僕もそろそろ寝るか...」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:41:36.29
翌朝、通学路

七咲(結局、あまり寝られなかった...)

七咲(おかげでいつもよりちょっと遅くなっちゃったし...)

七咲(とりあえず...先輩ともう一度話してみようかな)

七咲(でも、先輩に会ったら何て言おう...)

七咲(先輩は変態さんだからきっと正攻法じゃダメだよね...)

七咲(水着姿のほうがいいとか...?)

七咲「あれ? 前を歩いてるのって、もしかして...」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:44:30.69
橘「うう、今日もいつにも増して眠いな...」

橘(昨日は遅くまで梅原から借りたお宝本、『膝裏フェチシズム』を堪能してたからな)

橘(でもまさか女性の膝裏があんなに素晴らしいものだったとは!!)

橘(健康的な太ももの裏側に隠された禁断の園!!)

橘(自分自身でさえ、あまり触れたことのないそこは少しの刺激にも敏感に反応してしまう!!)

橘(その未知の感覚に悶える女性の表情!!)

橘(ああ、機会があれば是非とも女性の膝裏にキスしてみたい!!)


七咲「...あの顔はまた何か変態的な妄想をしている顔ね」

七咲「まったく朝から... でも一人のようだから今がチャンスかも」

七咲「せ、せんぱー...」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:45:16.77
桜井「あ、純一~!! はお~!!」

七咲「あっ...」

橘「おう、梨穂子」

桜井「えへへ。今日も寒いね~♪」ニコニコ

橘「ん? 何かいいことでもあったのか? 顔がにやけてるぞ?」

桜井「だって、朝から純一に会えたから~///」

七咲「...!!」

橘「な、なに言ってるんだよ///」

桜井「えへへ、冗談ですよ~♪」

橘「全く、梨穂子は...」

桜井「ほらほら、早く行かないと遅刻しちゃうよ~?」

橘「そうだな、ちょっと急ぐか」タッタッタ

桜井「あ、待ってよ~。純一~」

七咲「...」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:46:22.16
学校の休み時間

橘「うう、やっと終わったよ。どうして日本史の授業はあんなに眠くなるんだろう?」

梅原「おいおい、今にも眠りそうな顔してるぞ」

橘「梅原か。実は昨日、遅くまでお前から借りたお宝本を読んでてな...」

梅原「おお!! どうだった!? あれは当たりだったろ!?」

橘「ああ、まさか膝裏があんなにも奥深いものだったなんて...」

梅原「そうだろ、そうだろ!! さっすが大将!! お前ならわかってくれると思ってたぜ!!」

棚町「な~に、くっだらない話してんのよ」

橘「なんだよ、薫」

棚町「ほんっと、アンタ達ってどうしようもない変態よね」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:47:17.10
梅原「おいおい、棚町。それは言い過ぎじゃないか...」

棚町「女性の膝裏を熱く語り合ってる男なんて変態以外の何物でもないじゃない」

橘「違うぞ、薫。これは紳士の嗜みというやつさ!!」

棚町「はぁ? 何言ってんの、あんた」

橘「紳士たるもの、女性の身体ならどんな部分でも心から愛さなければならない」

橘「その為にはまず、その魅力を知らなければならないのさ!!」

梅原「よく言ったぜ、大将!! さすが俺の親友だ!!」

棚町「はぁ...もういいわ。とりあえず、あんたにお客さんが来てるわよ」

橘「僕に? ...あ、七咲じゃないか」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:50:32.61
棚町「後輩の前なんだから、もっとまともな話をしなさいよね」

橘「う、うるさいな。 ...そういえば薫の膝裏ってよく見たらすごく綺麗だな」ジロジロ

棚町「なっ!!///」

橘「そうか、薫は脚が綺麗だから、当然、膝裏も...」

棚町「馬鹿なこと言ってないで早く行きなさいよ!!」バキッ

梅原「おいおい、棚町。照れ隠しにしてはちょっとやりすぎなんじゃないか?」ニヤニヤ

棚町「ち、違うわよ!!///」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:51:55.10
教室入口

橘「あ痛たた... やぁ、七咲。どうしたの?」

七咲「...ずいぶん棚町先輩と仲が良いんですね」ムスー

橘「中学からの付き合いだしね。で、何の用かな?」

七咲「そ、そうでした。あの...先輩、今日の放課後ってお時間ありますか?」

橘「今日の放課後? え~と、どうだったかな...」

絢辻「...お話中にごめんね? 橘くん、ちょっといいかな?」

橘「あ、絢辻さん。どうしたの急に?」

七咲「え...」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:53:01.08
絢辻「うん、前からお願いしてた、委員会の手伝いのことだったんだけど...」

橘「ああっ!! そういえば今日の放課後だったっけ!?」

絢辻「...もしかして、忘れてたわけじゃないわよねぇ?」ギロッ

橘「ま、まさか!! そ、そんなわけないよ!!」ビクビク

絢辻「ふふふ。そうよねぇ~」ゴゴゴゴゴ...

橘「ご、ごめん、七咲。そういうわけだからまた今度でもいいかな?」

七咲「あ... はい、わかりました...」

橘「せっかく誘ってくれたのに本当にごめん!! また今度ね!?」

絢辻「...橘くん? そろそろいいかしら?」ゴゴゴゴゴ...

橘「す、すぐ行きます!!」ハヤクシナサイヨ、コノトウヘンボク!!

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・

七咲「先輩って... 結構、モテるんだ...」

七咲「知らなかった...」ズキズキ
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:55:51.83
翌日の昼休み テラス


橘「はぁ、昨日は散々だったな... 絢辻さん、ずっと機嫌悪かったし...」

森島「あ、橘くん発見~!!」

橘「え? あ、森島先輩!! 先輩もテラスでお昼ですか?」

森島「ええ、たまにはね!! 橘くんは一人?」

橘「ええ、そうですけど... よかったら一緒に食べませんか?」

森島「わおっ!! それはナイスアイディアね!!」

橘「ははっ 先輩と一緒にお昼を食べられるなんて、僕は幸せ者ですね」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 00:57:02.49
森島「っ!! ま、また... もう、どうしてそんなことを平気で言えるのよ...///」

橘 (ああ... 照れてる先輩も素敵だ...)ジーン

森島「ほ、ほら!! 早く食べましょ!!///」

橘「は、はい!! いただきます!!」モグモグ

森島「ふふっ♪ 君は食べてる姿も可愛いのね~」

橘「そ、そうですか? 食べてる姿が可愛いなんて初めて言われましたよ」

森島「お腹がすいた子犬ちゃんみたいにもりもり食べてる姿がとってもキュートだわ!!」

橘 (こ、これは褒め言葉なのか? でも先輩が僕の顔をじっと見つめてる...!!)ドキドキ


七咲「もうっ!! ...あんなに鼻の下をのばして...」

七咲「私と食べてるときはあんな顔しないくせに...」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:00:23.71
放課後

七咲「ふぅ、これから部活か...」

七咲「先輩に会いたかったけど、今日は無理かな...」

七咲「...あれ? 玄関に中多さんがいる。誰か待ってるのかな?」

七咲「中多さーん」

中多「あ、逢ちゃん。これから部活?」

七咲「うん。中多さんは美也ちゃんと待ち合わせ?」

中多「ううん、違うの。えっと...」

橘「遅れてごめん、紗江ちゃん!!」

中多「あ、先輩!! い、いえ... 私も今来たところです///」

七咲 (せ、先輩!?)
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:01:24.81
橘「高橋先生に捕まっちゃって... 本当にごめんね?」ゼェゼェ

中多「いいんです。気にしてません///」クスクス

橘「...あれ? 七咲もいたのか」

七咲「は、はい。これから部活に行こうと」

橘「そっか」

七咲「あの... 先輩は中多さんと知り合いなんですか?」

橘「ああ。前に財布を拾ってくれてね。」

中多「た、橘先輩には色々とお世話になってて...///」

七咲「...先輩? まさか中多さんに変なことを...?」ジトー

橘「ち、違うよ!? 紗江ちゃんが早く学校に慣れるために手助けをしてるだけさ!!」

中多「そ、そうだよ、逢ちゃん... 先輩が私に変なことなんて...///」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:02:15.03
七咲「...そうですか。それでこれから2人でどこか行くんですか?」

橘「あ、ああ。紗江ちゃんのお願いでちょっと買い物の付き添いにね」

中多「そうなの。先輩と一緒に...///」モジモジ

七咲「そ、そうなんだ...」

七咲 (中多さん、凄く嬉しそう... 男性は苦手なはずなのに...)

橘「そろそろ行こうか、紗江ちゃん?」

中多「はい!! よろしくお願いします、先輩///」ニコニコ

七咲 (奥手な中多さんが自分から先輩を誘うなんて...)
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:03:21.57
橘「じゃあ七咲、僕らはこれで。部活、頑張れよ?」ニコッ

七咲「っ!! ...は、はい。先輩も気をつけて///」ドキドキ

中多「逢ちゃん、また明日ね」

七咲「うん、また明日ね。中多さん」

七咲 (『紗江ちゃん』か... 先輩、中多さんのことを名前で読んでるんだ...)ズキズキ
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:09:06.77
その日の夜 橘家

美也「にぃに~。いる~?」コンコン

橘「いるぞー。どうした美也?」

美也「ねぇ、にぃに... 逢ちゃんのことなんだけど...」

橘「...まだ元気ないのか?」

美也「ううん、落ち込んではいないんだけど...」

橘「けど? どうしたんだ?」

美也「えっと、普段はいつもの逢ちゃんなんだけど、時々なにか考え込んでるみたいなの」

橘「考え込んでる?」

美也「うん。難しい顔して。 ...悩んでいるようにもみえる」

橘「七咲が...?」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:10:01.34
美也「ねぇ、にぃに。本当に何も知らない? にぃにと昼休みに会ったときからずっとなんだよ?」

橘「でも、あのときは本当にいつも通りだったしな... それに僕は移動教室だったから早めに別れたし」

美也「...」

橘「そのあとは絢辻さんの手伝いや、紗江ちゃんとの用事があったから七咲と会ってないし」

美也「そうなんだ..」

橘「僕からも七咲に聞いてみるよ。何か力になれるかもしれないし」

美也「うん...」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:10:38.10
橘「...そんな泣きそうな顔するなよ。七咲がしっかり者なのは美也もわかってるだろ?」ナデナデ

美也「でも...」

橘「美也がそんな顔してたら、逆に七咲に心配かけちゃうぞ? だからほら、元気出せって」

美也「グスッ... ありがと、にぃに」

橘「ああ、だから今日はもうおやすみ?」

美也「うん。おやすみ」

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・

橘「七咲、本当にどうしたんだろう...?」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:11:17.76
翌朝 通学路

橘「うーん、やっぱり七咲に直接会って聞いてみるか」

塚原「おはよう、橘くん」

橘「あ、塚原先輩!! おはようございます!!」

塚原「ふふ、今朝も寒いわね」

橘「そうですね。布団が恋しくなりますよ」

塚原「そうね。その気持ちよくわかるわ」クスクス

橘 (...! そうだ。塚原先輩なら何か知ってるかも)
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:11:58.37
橘「あの、塚原先輩。つかぬことをお聞きしますが」

塚原「あら、どうしたの? またはるかが何かした?」

橘「いえ、そうではなくて七咲のことなんですが」

塚原「七咲?」

橘「はい。最近、様子がおかしいって妹が心配してまして...」

橘「それで先輩なら何か知ってるんではないかと思ったんですが」

塚原「...確かに最近、変ね。タイムも良くないし...」

塚原「部活にきてもどこか上の空なのよね」

橘「そ、そうなんですか?」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:12:35.17
塚原「ええ、尋ねても『なんでもありません』の一点張りなの」

橘 (こ、これは思ったよりも深刻なんじゃないか!?)

塚原「私も力になってあげたいんだけど...」

塚原「ねぇ、橘くんからも何か言ってあげてくれないかな?」

橘「ええ。早速、今日にでも聞いてみます」

塚原「ありがとう。お願いね?」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:13:12.26
昼休み 一年の教室の前

橘「う~ん、七咲が見当たらないなぁ」

美也「あれ、おにいちゃん? 何してるの、ここで?」

橘「お、美也か。ちょうどいいところに」

美也「ふぇ? みゃーに何か用?」

橘「いや、お前にじゃない。七咲に用があるんだ」

美也「逢ちゃんに?」

橘「美也が言ってただろ? 七咲の様子がおかしいって」

美也「あっ!! そっか!!」

橘「お前、自分で言っておいて忘れてたのか...」

美也「そ、そんなことないもん!!」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:13:51.31
橘「はぁ... まぁ、いいよ。で、七咲がどこにいるか知らないか?」

美也「それがね... 逢ちゃん、最近、昼休みになるとどこかに行っちゃうんだ~」

橘「どこかって、どこに?」

美也「もー、それがわかれば苦労しないよ!!」

美也「紗江ちゃんと一緒に探しても見つからないし、聞いても教えてくれないし...」

橘「うーん、そっか。じゃあ、僕もちょっと探してみるよ」

美也「うん、お願いね。美也は職員室に行かなきゃいけないから」

橘「ああ、わかった。美也もあまり先生には迷惑かけるなよ?」

美也「ち、ちがうよ!! 日直だから日誌を届けにいくの!!」

橘「はいはい、そういうことにしておくよ」

美也「もー!! 信じてないでしょー!! この馬鹿にぃに!!」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:14:28.46
昼休み 校舎裏


七咲「うーん、どういうふうに伝えよう...」

七咲「そういえば、先輩はラーメン好きだったから...」

七咲「丼の底に『好きです』って書いておけば...」

七咲「スープを飲み干した先輩がそのメッセージを読んで...」

七咲「...なんか違う気がする」

七咲「先輩のお宝本に私の『好きです』メッセージ入りの水着ブロマイドをそっと忍ばせておくとか!!」

七咲「...どうやって先輩のお宝本を手に入れよう」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:15:22.65
橘「七咲?」

七咲「え!? せ、先輩!? どうしてここにいるんですか!?」

橘「いや、七咲を捜してたんだけど...」

七咲 (先輩が私を!? 嬉しい...!! じゃなくて、まさか聞かれてた!?)

橘「えーと、七咲? あのさ...」

七咲「先輩!!」

橘「は、はい!!」

七咲「あ、あの... もしかして聞いてましたか...?///」

橘「え? 何が?」

七咲「いえ、なんでもありません!!///」

橘 (何か聞かれちゃマズイことでも言ってたのかな...)
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:16:49.27
七咲「そ、それでなんの用ですか?」

橘「ああ、えっと... 最近、七咲の様子が変だって聞いたから...」

七咲「あ...」

橘「何かあったのかなって。僕でよければ相談に乗るよ?」

七咲「そ、それは...」

橘「うん...」

七咲 (言えない!! 先輩にどうやって告白しようか悩んでるなんて、絶対に言えない!!)

七咲「た、大したことじゃありません!!」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:17:39.04
橘「え? で、でも...」

七咲「ほ、本当になんでもないんです!!」

橘「本当に? 遠慮しなくていいんだよ?」

七咲「その... お気持ちは嬉しいのですが...」

橘「...美也がとても心配してるんだ」

七咲「え?」

橘「...紗江ちゃんもだよ? この前、一緒に買い物に行った時に言ってたし」

七咲「中多さんも...」

橘「塚原先輩も気にしてたし」

七咲「塚原先輩まで...」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:18:25.05
橘「それに...」

七咲「それに...?」

橘「僕も七咲のことがとても心配なんだ」

七咲「!!」

橘「普段、冷静な七咲がそこまで悩んでしまうなんて...」

七咲「先輩...///」

橘「僕じゃ力不足かもしれないけど、でも力になりたいんだよ!!」

橘「だから... 話してくれないかな?」

七咲「...ありがとうございます、先輩」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:19:19.55
橘「それじゃあ、話す気に...?」

七咲「いえ、これだけは先輩にはお話できないんです...」

七咲「私が自分で答えを見つけないと...」

橘「七咲...」

七咲「安心してください。変なトラブルには巻き込まれてません」

橘「へ、変なトラブルって!?」

七咲「...先輩が普段、妄想しているようなことです」

橘「ええ!? 七咲がそんな状況になったら、僕は...」

七咲「...先輩? 顔が真っ赤ですよ」

橘「えぇっ!? こ、これは、違うんだよ!? 決してやましい想像したわけじゃ...」

七咲「まったく... 」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:19:52.85
橘「ご、ごめん。七咲」

橘「でも、とりあえず安心したよ」

七咲「ふふ、ご心配をおかけしました♪」

橘「でも、どうしようもなくなったら相談してくれよ?」

七咲「はい、そうさせていただきます」

橘「あと、心配してた皆にも伝えたほうがいいと思うよ」

七咲「そうですね。そんなに心配かけてたなんて...」

七咲「明日にでも私から皆に伝えておきますね」

橘「うん、そのほうがいいよ」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:20:43.12
その日の夜 橘家

橘「美也? 入るぞー」

美也「あれ、どうしたの、にぃに?」

橘「七咲のことだけど...」

美也「えっ!? 何かわかったの!? どうだったの!?」

橘「わぁっ!? 飛び付いてくるな!! とりあえず落ち着け!!」

美也「む... わかった」

橘「で、七咲のことなんだが」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:21:37.37
美也「うんうん!!」

橘「結局、何が理由かわからなかった」

美也「えー!? じゃあ、意味ないじゃん!!」

橘「最後まで聞けって!! 理由はわからなかったけど、トラブルには巻き込まれてないみたいだ」

美也「ふぇ、そうなの?」

橘「ああ、だから心配しなくてもいいそうだ」

美也「よかった~。それを聞いて安心したよ~」

橘「ああ、僕も安心したよ。とりあえずホッとしたな」

美也「うん!! 紗江ちゃんも心配してたから早く教えてあ~げよっと!!」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:22:25.92
橘「それじゃ、僕はそろそろ寝るぞ」

美也「はーい、おやすみ~」

橘「美也も早く寝ろよー?」

美也「もう、わかってるよー!! ...あ、にぃに!!」

橘「ん? どうした?」

美也「その... ありがと///」

橘「お安いご用さ。じゃあおやすみ、美也」ナデナデ

美也「うん///」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:23:07.85
翌日 放課後 1年教室

美也「ねぇねぇ、逢ちゃん!!」

七咲「あ、美也ちゃん。それに中多さんも。どうしたの?」

中多「逢ちゃん、今日、部活休みなんだよね? よかったらうちにこない?」

美也「にしししし~♪ 紗江ちゃんがね、クッキー焼いたんだって!!」

七咲「あ... ごめん。今日は郁夫と遊ぶ約束があって...」

美也「え~!? そうなの~!?」

七咲「ここ最近、あまり遊んであげられなかったから...」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:23:41.19
中多「あ... 今朝、話してくれた悩み事のせいで?」

七咲「うん... 郁夫にも心配かけちゃったみたいだし、今日は一緒にいてあげたいの」

美也「む~... それじゃあ、しょうがないか~」

七咲「ごめんね。せっかく誘ってくれたのに...」

中多「ううん、いいの。クッキーはまた焼けばいいんだし」

美也「うん!! 郁夫君にもちゃんと話して、安心させてあげないとね」

七咲「うん、そうするつもり」

中多「じゃあ、またね、逢ちゃん」

美也「ばいばーい!!」

七咲「ふたりとも、また明日ね」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:24:14.41
玄関

七咲「さて、早く帰らないと... あれ、前を歩いてるのって、もしかして...」

七咲「やっぱり、橘先輩だ。今日は1人なのかな?」

七咲 「いつもは棚町先輩や絢辻先輩と一緒に帰ったり、茶道部に入り浸ってるのに...」

七咲 (こ、これは一緒に帰るチャンス!!///)

七咲 「よし...!!」

七咲 (な、なんか緊張する...)ドキドキ

七咲「た、橘せんぱーい...」

森島「橘く~ん!!」タッタッタ

七咲「!?」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:24:56.05
森島「むむむ~、聞こえなかったのかしら?」

塚原「なるほど... 急に走り出した原因は橘くんがいたからなのね」ニヤニヤ

森島「ち、ちがうわよ!! あの子が1人で寂しそうだったから、一緒に帰ってあげようと思っただけよ!!///」

塚原「はいはい... あら、七咲じゃない。今、帰り?」

七咲「は、はい」

森島「あら、逢ちゃん。今日もクールビューティね~♪ 今度、一緒に泳がない?」

塚原「はるか、うちの期待の新人にちょっかいをかけないで」

森島「え~!! ひびきちゃんのケチ~!!」

七咲 (は、早く行かないと先輩が帰っちゃう!!)
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:25:33.11
七咲「す、すみません!! 私、今日は急ぎの用があるので!!」

塚原「え、ちょっと七咲?」

七咲「失礼します!!」

七咲「...あ」


桜井「純一~!!」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:26:05.96
橘「梨穂子か。今日は茶道部はないのか?」

桜井「うん。先輩達が進路相談でこられないんだってさ~」

橘「そうか。なら一緒に帰るか?」

桜井「うん!! ね、どこか寄り道してかない?」

橘「う~ん、駅前はこの前、行ったしな...」

桜井「あのメロンパン、美味しかったよね~♪」

橘「じゃあ、今日は久々に隣町まで行ってみるか?」

桜井「うん、行こ~!!」

橘「よし、じゃあ善は急げだ!!」

桜井「あーい、がっちゃ!! えへへ///」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:26:43.85
七咲 (また、先を越された...)ガッカリ...

森島「むむむ...」

塚原「残念だったわね、はるか?」ニヤニヤ

森島「べ、別に!! もともとひびきちゃんと帰るつもりだったし!!」

塚原「ふふ、まったく... あれ、七咲? 用事はどうしたの?」

七咲「あ、いえ... もう、いいんです...」ズーン...

塚原「ど、どうしたの、七咲...? 橘くんがどうかしたの?」

塚原 「...!!」

塚原 (なるほどね。そういうことか...)
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:27:37.15
塚原「あの子も罪作りね...」

森島「ん? ひびきちゃん、何か言った?」

塚原「いや、なんでもない。それよりもはるか」

森島「ど、どうしたの、改まって」

塚原「そろそろ素直になったらどう?」

森島「なっ!!」

七咲「えっ!?」

塚原「いつまでも意地張ってると、橘くんを他の子にとられちゃうわよ?」

森島「むむむ...///」

七咲 (も、森島先輩も橘先輩のことを...?)
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:28:25.37
塚原「橘くんの周りっていつも女の子がいるわよね?」

塚原「同じクラスの棚町さんと絢辻さん、今、一緒に帰った櫻井さん...」

塚原「一年生の中多さんと...あとは」チラッ

七咲「...!!」

七咲 (こ、こっちを見た!? 塚原先輩、もしかして気づいてる...?)

塚原「これだけの女の子の誰かといつも一緒にいるのよ?」

森島「むむむ...」

塚原「今言った子達は間違いなく、橘くんに好意をもってるわね」

森島・七咲「えぇっ!?」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:29:02.01
塚原「そうじゃなきゃ、いつも一緒にいるわけないじゃない?」

森島「そ、そうなのかな...?」

七咲「な、仲がいいだけかもしれませんよ?」

塚原「仲がいいだけにしても、あれだけ一緒にいるのよ?」

森島・七咲「...」

塚原「いつ、友情が愛情に変わるかわからないわよ」

塚原「だから、はるか。もっと素直になりなさい?」

森島「す、素直にって、言われてもどうすればいいのかな...?」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:29:44.91
塚原「それは自分で考えるのね」

森島「え~!?」

塚原「とりあえず先に行ってて。私は七咲に用事があるから」

森島「も~、すぐに来てよ?」

塚原「ええ、わかったわ」

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:30:25.26
七咲「塚原先輩、用事ってなんでしょうか?」

塚原「単刀直入に聞くわ、七咲。あなた、橘くんのことが好きなのね?」

七咲「なっ!! せ、先輩、急に何を!!///」

塚原「やっぱり...」

塚原「ここ最近、悩んでた理由はそれが原因だったのね」

七咲「...はい///」

塚原「ふふっ でも七咲の気持ちもわかるよ」

七咲「え?」

塚原「橘くんって不思議な魅力がある人よね」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:31:06.71
塚原「なんたってあのはるかを虜にしちゃうんだから」

七咲「...まさか、森島先輩も橘先輩のことが好きだとは思いませんでした」

塚原「まぁ、はるかが彼を意識しだしたのはつい最近みたいだけどね」

七咲「...」

塚原「七咲、私ははるかの親友で、あなたの先輩でもあるから正直、心苦しいわ」

塚原「でもね? 後悔だけはしてほしくないの」

塚原「さっきはるかに言ったことは、あなたにも言えることなのよ?」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/06/14(木) 01:31:23.16
これはいい!!
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:32:13.68
塚原「自分の気持ちに素直にならずに悩んで... その結果、大切なものを逃すなんて馬鹿らしいじゃない」

七咲「塚原先輩...」

塚原「誰かを好きになるって素晴らしいことよ? 全然、恥ずかしくなんてないわ」

塚原「だから七咲も、悩む暇があるならその想いを彼に伝えなさい」

七咲「...はい!! わかりました!!」

塚原「ふふっ よろしい」
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:37:15.59
七咲「塚原先輩、ありがとうございました。 私... 先輩と会えてよかったです」

塚原「おおげさだよ、七咲///」

七咲「いえ、心からそう思ってます!! 本当にありがとうございました!!」

塚原「頑張りなさい。ライバルは多いわよ?」

七咲「はい!! では失礼します!!」

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:37:57.28
塚原「あ~あ、まさか七咲も橘くんのことが好きだなんてね...」

塚原「素直になれ、か... 偉そうに言った本人が素直になれてないんだからなぁ...」

塚原「親友と後輩、どちらも失いたくないし...」

塚原「本当に罪作りよね、橘くんって...」」

塚原「ふぅ...」トボトボ...
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:38:50.99
翌日 放課後 ポンプ小屋

橘 (う~ん、七咲に手紙で呼び出されて来てみたけど...)

橘 (呼び出した本人がいないなんてどういうことだ?)

橘 (またいつもの冗談なのかな? いくらなんでもそこまではやらないよな...?)

七咲「先輩?」ギィィ...

橘「七咲? よかった、いなかったから不安だったよ」

七咲「す、すみません。呼び出したのに遅れてしまって...」

橘「いや、いいよ。それよりも話ってなんだい?」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:39:34.06
七咲「は、はい... そのことなんですが...」

橘「うん? どうしたの?」

七咲「すみません... 私がいいって言うまで目を瞑っていてくれますか?」

橘「え? ...うん、わかったよ」ギュッ

橘「これでいいかな?」

七咲「はい... ありがとうございます」

七咲「では、そのままでいてください」

橘 (う~ん、何をするつもりなんだろう...)

シュルシュル、パサ...

橘 (なんだか緊張するな...)

ジィー... シュルシュル
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:40:15.51
七咲「ん... しょ、と」

パサ...

橘 (なんだろうこの音... チャックと布が擦れる音?)

橘 (軽いものが落ちたような音もするな...)

七咲「...いいですよ、先輩。目を開けてください///」

橘「う、うん...」パチ

橘 (う... 窓から差し込む光が眩しい)

橘 (逆光で七咲の姿がよく見えないぞ...)

七咲「...///」ドキドキ
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:42:48.93
橘 (ふぅ、だいぶ目が慣れてきたな...って!!)

橘「な、七咲!? どうして水着姿なんだ!?」

橘 (よく見たら七咲の周りに制服が... ああ、さっきのは服を脱いだ音か!!)

七咲「...先輩!!」ダッ

橘「うわっ 七咲!! そんな抱きついてくるなんて!!」

七咲「先輩!! せんぱぁい!!///」ギュゥゥゥ!!

橘 (おおっ!! 控えめだけどやわらかな感触が、僕の胸に!!)
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:43:40.03
橘「って、そうじゃなくて!! どうしたんだ、七咲!?///」

七咲「橘先輩!! 私、先輩のことが好きです!! 大好きです!!///」

橘「な、七咲!? またそんな冗談を...」

七咲「冗談なんかじゃありません!! 本気です!!」

橘「だったらどうして水着姿で抱きついてくるんだ!?///」

七咲「私が本気だってことを証明するためです!!」

橘「し、証明!?」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:44:18.11
七咲「前に告白したとき、先輩は信じてくれませんでしたよね!?」

橘「そ、それはいつもの冗談だと思ったから...」

七咲「だからです!! 私は先輩のことが本気で好きなんですー!!///」ギュゥゥゥッ!!

七咲「他の人にはこんなことしません!! 先輩だからできるんです!!」

七咲「大好きな先輩にだったら、こんな恥ずかしいこともできます!! それぐらい本気なんです!!」

橘「わかった!! わかったから離れてくれ!!」

七咲「嫌です!! 離れません!!」

橘「じゃあ、せめて力を抜いてくれ!! これじゃあ、落ち着いて話ができないよ!!」

七咲「あっ!! は、はい... わかりました」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:45:08.86
橘「ふぅ、びっくりした...」

七咲「す、すみません。急にこんなこと...///」

橘「いや、いいよ ...そ、それで、さっきのことだけど...///」

七咲「あ... はい、私は先輩のことが... その...///」

七咲「好き、です...///」

橘「七咲...」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:45:44.69
七咲「子供っぽくて、頼りなさげで、変態さんで...」

橘 (う... ひどいな...)

七咲「でも、誰よりも私のことを見ていてくれて、気にかけてくれて、いつもそばにいてくれる...」

七咲「そんな橘先輩が大好きなんです...///」

橘「七咲...」

七咲「誰にも渡したくありません...」

橘「僕も...」

橘「僕も七咲が好きだ...」

七咲「え...?」
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:46:21.41
橘「ちょっと小生意気だけど、家族思いで、努力家で、自分の目標に向かって前進する」

橘「僕はそんな七咲が大好きなんだ」

七咲「先輩...///」

橘「本当は、前に告白してくれたときもすごく嬉しかったんだ」

橘「でも、僕なんかを好きになるわけがないと思って...」

橘「だからいつもの冗談だと思ったんだ...」

七咲「先輩、自分を卑下しないでください」
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:47:06.08
七咲「先輩は誰よりも他人の苦しみや悩みに気づくことができる人です」

七咲「私がスランプになった時や、中多さんが学校に馴染めなかった時...」

七咲「そばにいて励ましてくれたのは先輩じゃないですか」

橘「七咲...」

七咲「それに、先輩の困った顔って... とても可愛いですよ?///」

七咲「だから、私もつい... その、冗談を言ってしまうというか///」

橘「な、七咲... その、なんか照れるな///」
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:47:59.28
七咲「ふふっ♪ そう、その顔です。その顔がとても可愛いんです///」

橘「おいおい、七咲... 勘弁してくれよ///」

七咲「駄目です。もっとその顔を見せてください」ズイ

橘「な、七咲!? 顔を近づけすぎ...」チュ

橘 (こ、これは!! ぼ、僕の唇に七咲の唇が...)
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 01:48:55.65
七咲「ん... ちゅ」

橘 (柔らかくて、なんだか甘くて...)

七咲「む... んむぅ... はぁっ」

橘 (あ、終わったのか... 頭がボーッとして)

七咲「はぁ... キス、しちゃいました...///」

橘「七咲... 顔が真っ赤だぞ...///」

七咲「先輩もですよ? それに胸もこんなにドキドキしてます///」ギュゥ

橘「そ、それは仕方ないだろ。あんなことしたんだから...///」

七咲「恋人になったんだからキスするのは当然ですよ?」

橘「...七咲って結構、積極的なんだね」

七咲「ええ、だって私は橘先輩がのことが大好きなんですから♪」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 11:26:38.90
乙でした
たくさんのキャラを出せるのが羨ましい
次も期待してます
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/06/14(木) 12:37:10.18

次は是非ひびきちゃんルートをお願いします

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク