【ごちうさSS】あんこ、頑張る

1 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 08:59:29.74
ココア「こんにちはー!」

千夜「あら、いらっしゃいココアちゃん。チノちゃんともふもふちゃんも一緒なのね」

チノ「こんにちは千夜さん。席は空いてますか?」

千夜「ええ、案内するわね」

あんこ「」ジーッ

ティッピー(のう、チノ。ワシまたあの兎に飛び掛られたりせんじゃろうか…)ブルブル

チノ(大丈夫ですよおじいちゃん。ちゃんと言い聞かせたらしいですし)

チノ(……最悪、私に兎の叔父さんや叔母さんができるだけです……)

ティッピー(ノオオォォォォオオォォオオォ!!)

チノ(冗談です。おじいちゃんなら多分、逃げ切れますよ)

あんこ「」キラーン


2 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:00:53.89
あんこ「」ドゴォ

チノ「ふもっふ!!」

ティッピー「ノオオオォオ!!」

ココア「え、わ、チノちゃ」

バターン

千夜「だ、大丈夫!?」

ココア「いたた……私は大丈夫だけど、チノちゃんは……チノちゃん?」

チノ「…………」

チノ(ココアさんの顔がすぐ近くに……というかココアさんを押し倒した形に)

チノ(わ、私は何をドキドキしているんでしょう……////)

ココア「えっと、チノちゃん……どいてくれると嬉しいな」
3 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:02:40.64
千夜「ごめんね~。あんこはきつく叱っておくわ……」

千夜「お詫びに、今月の新メニュー『氷点下の支配者』をあげるわ」

チノ「す、すごいです……黒蜜のたっぷりかかったカキ氷…」

ココア「これは……討伐が難しそうだよ」

チノココ「いただきます!」

モグモグ……

チノココ「……!!」キーン

千夜「二人とも反応が一緒……本当に姉妹みたい」

お客「店員さーん」

千夜「は~い」タタタッ
4 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:04:06.75
ココア「食べさせあえば頭痛くならないよ。ほらチノちゃん、お口開けて」

チノ「嫌ですよ。そんな子供っぽい……」

ココア「そんなことないよ~。ほら、あーん…」

ティッピー「ノオオォォォオオオォォォォォォ」ズドドドド

あんこ「」ダダダ

あんこ「」ドゴォ

ココア「ふもっふ!!」

ムチュッ

チノ「」

ココア「」

ティッピー「ノオオォオオォォォオ」

あんこ「」ダダダダダ
5 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:05:43.81
チノ「う、ぁ……///」

ココア「……その……チノちゃん、ごめんね。きっと、初めてだったよね…」

チノ「…………」

ココア「事故だったとはいえ……やっぱり、嫌だよね。私じゃ」

チノ「……いです」

ココア「えっ」

チノ「嫌じゃない、です。……全然、嫌じゃないんです」

チノ「ココアさんの唇が触れて、私、ドキドキしました」

チノ「ずっと、そんなことは無いって、思っていました……けど」

チノ「私、ココアさんのこと、好きみたいです」

ココア「チノちゃん……」


ココア「私も。私も大好きだよ。チノちゃんのこと」

ココア「いつだって本気で、チノちゃんのこと好きだって言ってたよ!」

チノ「ココアさん……」

ココア「チノちゃん……」


千夜「キス以上のことしそうになったら止めなきゃ……」ドキドキ
6 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:06:53.45
夕方

シャロ「お、お邪魔…しまーす」ソロソロ

あんこ「」ジッ

シャロ(あいつ、今日は飛んで来ないわね……)

千夜「あらシャロちゃん。どうしたの、お風呂?」

シャロ「そうよ。……いつも悪いわね」

千夜「良いのよ。シャロちゃんのためだもの」

あんこ「」キラーン
7 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:08:08.19
あんこ「」ダダッ ガジガジガジ

シャロ「痛っ! いやああぁぁあ足噛まないでえぇ!」ダキッ

あんこ「」ペロペロペロ

シャロ「ひいいぃいぃ! 舐めないでええぇえぇ!」ギュウッ

千夜「し、シャロちゃん落ち着いて! そんなに強く…んっ」

シャロ「離れて、離れなさいよ! 離れてください!! いやああぁぁぁぁ……うう……ぐすっ」

あんこ「」ペロペロペロペロ

シャロ「取って、取ってよぉ、千夜あぁ…」グズッ

千夜「ごめんねシャロちゃん。今日のあんこ、興奮してるみたいで……」ヒョイッ

あんこ「」ジッ

シャロ「ふうぅうぅぅ…」グスグス

千夜「あんこをケージに戻したら、一緒にお風呂に入りましょうか」

シャロ「…………」コクコク
8 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:09:36.52
チャポン

千夜「シャロちゃんがあんなに乱れるなんて思わなかったわ」

シャロ「その言い方やめてくれない? ……仕方ないじゃない。舐められたら噛まれる以上に気持ち悪かったのよ」

千夜「ごめんね……今日のあんこ、もふもふちゃんに飛び掛ってから、ずっと興奮しっぱなしみたいで」

シャロ「ティッピーね。それはあの子も災難だわ…」

千夜「シャロちゃん、小さい頃はいつも、兎に絡まれたらあれくらい泣いてたわよね」

シャロ「それは言わないでよ……」

千夜「最近は、あんな風に頼られることも減って、ちょっと寂しい気もするわね……」

シャロ「まあ、少しは自分で対処できるようになったし、リゼ先輩もいるし」

千夜「そうよね……リゼちゃんがいるものね……」
9 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:10:20.43
千夜「あんこ、そろそろ寝るわよ。……明日はもう、あんな風になっちゃだめよ?」

あんこ「」ジッ

千夜「……やっぱり、シャロちゃんはリゼちゃんが好きなんですって」

千夜「私よりしっかりしてるもの……きっと、そっちのほうが幸せよね」

あんこ「」ガッ ガッ

千夜「あんこ? どうしたの、まだ興奮してるの?」

あんこ「」ガッ ガッ

千夜「ダメよ。今日はもう寝なさい」

あんこ「」ガッ ドゴォ

千夜「ケージが壊れた!? ま、待ってあんこ!」
10 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:12:58.84
あんこ「」ピタッ

千夜「どうしたのあんこ、シャロちゃん家になんて来て」

千夜「また、シャロちゃん齧りたくなったの?」

あんこ「ジーッ」

千夜「?」


シャロ「千夜……千夜ぁ……」

千夜「私を呼んでる? シャロちゃーん?」ガチャッ

シャロ「!!?」ゼンラー

千夜「あっ……」
11 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:16:07.43
シャロ「な、なななな」

千夜「ご、ごめんシャロちゃん!!」バタン

シャロ「なんであんたがここに来るのよーッ!!」ドンドン

千夜「ご、ごめんなさい! 私何も見てないから大丈夫、大丈夫よ!!」

シャロ「嘘言うな馬鹿ぁ! 見えなかったわけないでしょ! バッチリ目があったでしょ!」

千夜「なんで鍵閉めて無いの!?」

シャロ「そ、それは……千夜とお風呂入って、その……」ボソボソ

千夜「……シャロちゃん。さっき、私のこと呼んでたわよね?」

シャロ「…………呼んでない。絶対、そんなこと無いんだから」

千夜「シャロちゃんの好きなのって、リゼちゃんじゃなかったの?」

シャロ「……違うわ。私の一番好きな人は、もっと身近にいるもの」
12 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:16:54.66
千夜「ねえ、シャロちゃん。私、シャロちゃんのこと、好きよ」

シャロ「ふぇ…?」

千夜「シャロちゃんが可愛くて、大好きで、ずっと一緒にいたいと思ってた」

千夜「シャロちゃんが私のこと呼びながら、そんなことしてるのを見て、私、ちょっと嬉しかった」

シャロ「……馬鹿」

シャロ「千夜のお馬鹿。なんでこんな時に入ってくるのよ。なんでこんな時に、そんなこと言うのよ」

シャロ「千夜の馬鹿ぁ……私も。千夜のこと好きよ。大好き」

シャロ「千夜……愛してる」

千夜「シャロちゃん……///」


あんこ「」テクテク
13 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:17:50.87
ティッピー「やれやれ、今日は酷い目にあったわい」

タカヒロ「俺に兄弟が増える日も近いのか……」

ティッピー「誰が生むか馬鹿もんが!」

チリンチリン

タカヒロ「いらっしゃ……」

あんこ「」ジッ

ティッピー「えっ」

あんこ「」ドゴォ

ティッピー「ノオオォオオオォオオオオオオォォォォォ!!」ドドドドド

あんこ「」ダダダダダ

タカヒロ「あ、親父……」

タカヒロ「……行っちまった。この場で動かなければ、俺が外に追い出したのに」

タカヒロ「まあ、親父なら逃げ切れるだろう」
14 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:21:03.61
約一ヵ月後

ティッピー「」

ココア「わぁ、これが生まれたての子兎なんだね! なんかむくむくしてて可愛い!」

チノ「……その、なんというか。……おめでとうございます? おじいちゃん」

チノ「しかし、叔父さんも叔母さんも可愛いです……見分けはつきませんが」キラキラ

ティッピー「」

ココア「この子達をお店に出したら、ほんとに兎のいるラビットハウスだよ」

チノ「そうするには色々準備が必要ですし、兎のストレスにもなりますから、家で飼いましょう」

ココア「そっかー……あ、お父さんのあんこにも見せに行こうよ!」

チノ「ええ、行きましょう」


ティッピー「」

タカヒロ「……その、なんだ。……おめでとう?」

ティッピー「」シクシク


おしまい
15 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/22(金) 09:24:13.11
あんこ、頑張った(性的な意味で)

思いつかなくて大変でした。結構ゴリ押ししてしまった気がするよ…。
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/22(金) 10:03:51.24
乙あんこ
うさぎは常に性欲パンっパンだからね、仕方ないね
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/22(金) 12:22:14.32
リゼ「」

面白かった乙
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/22(金) 12:24:46.55
おつ
やはりあんこ有能だな
この書き手のSS:

【ごちうさ】チノ「ココアさんにプレゼントをします」


リゼ「今日こそ決着を」千夜「つける時みたいね」シャロ「私のために争わないで!」


【ごちうさ】マヤ「女の子同士の恋愛なんて……」


【ごちうさ】ココア「ロゼちゃんに恋愛相談するよ」


【ごちうさ】シャロ「リゼ先輩に振られた…」千夜「よしよし」


【ごちうさ】ココア「チノちゃんに私をプレゼントするよ!」チノ「いりません」


【ごちうさ】チノ「お母さんみたいな人」


【ごちうさ】あんこ、頑張る



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク