【ごちうさ】ココア「チノちゃんに私をプレゼントするよ!」チノ「いりません」

1 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:28:44.64
ココア「そんなこと言わずにぃ~」モフモフ

チノ「んぅ…/// ココアさん、急にどうしたんですか」

ココア「今日って、チノちゃんの誕生日でしょ」

チノ「そうですが」

ココア「千夜ちゃんが、プレゼントが思い浮かばないならリボンでぐるぐる巻きになって自分をあげれば喜ぶって」

チノ「真に受けないでください…」


2 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:29:57.19
ココア「というわけで、チノちゃんに私をプレゼントだよ~」モフモフ

チノ「だからいりませんってば」

ココア「あ…ひょっとして嫌だった?」

チノ「そんなことはありませんが……は、恥ずかしいです」

ココア「大丈夫だよ、部屋には二人っきりなんだし」

チノ「そういう問題じゃ」

ココア(……誰も見てないし、恥ずかしいことなんて、なんにもないよ)コショコショ

チノ「ふあぁ……!///」ゾクゾクッ

ココア(って耳元で囁いたらチノちゃんが悦ぶって千夜ちゃんが言ってた)
3 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:31:50.73
ココア(ね、チノちゃん、お姉ちゃんと楽しいこと、しよ?)コショコショ

チノ「た、愉しい、こと……?」ドキドキドキ

チノ「ひょっとしてココアさん、さ、誘ってるんですか…?」

ココア「? うん!(遊びに)」

チノ「そうでしたか…し、しかしそういうのは、やっぱり恋人同士でないといけないと私は思います……」

ココア「? ……?」

ココア(モフモフして、ナデナデして、ぎゅーってして、一緒にお風呂入って、一緒に寝る…恋人同士でなくても、するよね?)

ココア(チノちゃんとも結構するし……ひょっとして)

ココア(恋人同士でなきゃいけないことだから、恥ずかしいって思ってるのかな?)

ココア「そんなことないと思うよ~。千夜ちゃんとシャロちゃんもよく(モフモフ)してるし」

チノ「えっ!?」
4 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:33:09.59
チノ(千夜さんとシャロさん……怪しいとは思っていましたが、やはりそういう関係でしたか…しかし)

チノ「多分ですが、二人は恋人同士なんじゃないですか。それならおかしくはありません」

ココア「えっ、そうなのかな? じゃあ……うーん。あっ、千夜ちゃんとリゼちゃんもこの間(モフモフ)してたよ」

チノ「えっ!!?? う、浮気じゃないですか!! 何してるんですか千夜さん!」

ココア「えっ、浮気になるの!?」

チノ「当たり前じゃないですか!」

ココア(そっか、チノちゃんにとっては、お互いモフモフするのは浮気に入っちゃうんだ……)

ココア「……私、チノちゃん一筋なのに、色んな人と(モフモフ)しちゃったよ、ごめんね」

ココア「でも、チノちゃんのこと大好きだから、チノちゃんが悲しむならもう他の人とは(モフモフ)しないよ!」

チノ「」
5 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:34:39.26
チノ「えっ…………ココアさん、ちなみに誰と」

ココア「リゼちゃんと、千夜ちゃんと、シャロちゃんと、メグちゃんマヤちゃんとも(モフモフ)したことあるなあ」

チノ「そ、そんなに……」

ココア「この間千夜ちゃんシャロちゃんと三人で(モフモフ)したら、すごく気持ちよかったよ」

チノ「三人!?」

チノ「そ、そんな、一体どこで……そんな気配今まで微塵も感じなかったのに…?」

ココア「? 学校とか、公園とか……ここでもよくしてるじゃない?」

チノ「えええぇぇえぇえぇ!!」
6 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:37:25.07
チノ(も、もう頭が……処理がおいつきません。ひょっとして、私の方が間違っているんでしょうか)

チノ(保健体育の授業は表向きそう言っているだけで、実は世の中というのはもっと性におおらかなものなのでしょうか…?)

チノ(でも…)

チノ「……ココアさん」ギュッ

チノ「たとえ世間的にそれが浮気でなかったとしても、ココアさんには、他の人とそんなことしてほしくありません」

チノ「私だけのココアさんでいてほしいです……」

チノ「私はココアさんのこと……好きですから」

ココア「チノちゃん……」

チノ「それから……私も、ココアさんと、その……したいです」

ココア「うん。勿論良いよ」モフモフー

チノ「ココアさん…」ドキドキドキドキ
7 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:38:37.14
ココア「……」モフモフー

チノ「……」ドキドキ

ココア「……」モフモフー

チノ「……?」

チノ「あ、あの、ココアさん?」

ココア「ん、どうしたのチノちゃん?」

チノ「その……ゴニョゴニョ……するんじゃないんですか」

ココア「? してるよ? モフモフ足りなかった?」

チノ「えっ」
8 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:39:51.83
チノ「あの、ココアさんがさっきから、「する」と言っていたのは…ゴニョゴニョ…じゃないんですか」

ココア「なんのこと?」

チノ「だ、だから、ココアさんは……えっちなことの話をしていたんじゃ、ないんですか」

ココア「」

ココア「そ、そんな話してないよ!」

チノ「ということは、リゼさんやシャロさん、千夜さんとしていたのも」

ココア「モフモフだよ! 私そんな軽い女じゃないよ!」

チノ「もちろん、公園でしていたのも」

ココア「私そんな変態じゃないよーっ!」
9 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:42:58.48
ココア「そっか……そういうことなら、確かに恋人同士じゃなきゃダメだよ」

ココア「もう、いくら私でも、そういう知識くらいあるんだよ…?」

チノ「ココアさんならあり得ると一瞬でも思ってしまって申し訳ないです」

ココア「……それより、チノちゃん。そうすると」

チノ「はい?」

ドンッ

チノ「えっ、ココアさん?」

ココア(さっき、勘違いしながら、私とえっちしたいって、チノちゃんは言ったんだよね…?)コショコショ

チノ「あっ…うぅ///」ゾクゾクッ

ココア(勘違いしちゃった悪い子に、おしおき、してもいいかな)コショコショ

チノ「こ、ココアさん…?」ドキドキ

ココア「私も、チノちゃんのこと大好きだよ」

ココア「チノちゃんに、私をあげる……受け取ってくれる?」

チノ「……はい、ココアさん///」


おしまい
10 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:46:54.16
えろしーんさぶん、そんなのないよ(あっりっえない)





と思ったけど、本編が短かったから官能小説もどきを用意してしまったんだ。
最初だけ貼って、文章的にもし需要があったら後で続き貼る。
無かったらそんなのないよですます。

……ところで、R-18って書いていいんですよね…?
11 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 16:49:17.76
以下小説形式文、えろしーん差分。不要なら飛ばしてくだしあ。


 チノの柔らかな唇に自分の唇を重ねる。ちゅっ、と小さな音が部屋に響く。それが、私とチノの息づく音でかき消された。


「お姉ちゃん……」


 そう言って、チノは物欲しそうな顔を赤くしている。


「チノちゃん……すごく可愛い。そそられるよ」


 頬をそっと撫で、再びキスをする。三度目のキスで舌を入れると、一瞬びくっと体を震わせた。しかし、舌で口の中を探り回すと、それに合わせてチノの舌が私に絡んできた。


「んっ……んん」


 慣れない舌使いでお互い必死に絡ませ合う。下手ながら気持ちよくなれる箇所を探し、互いに舐めあい続けた。ピチャ、クチャ、と卑猥な音が漏れ、唾液が頬を伝う。お互いの唾液と吐息が混ざり合い、意識がぼんやりとしてくる。


 そんな中、私の内側に段々と、明確な欲望が芽生えてくるのがわかった。


 チノちゃんが欲しい。


 妹のように誰より大切と思ってきた少女が、私に告白し、体を任せてくれている。目の前にいる蕩けた顔のチノ、その全てが欲しい、そう思った。

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/16(土) 17:01:57.77
需要しかないんだよなぁ
14 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 19:39:58.08
「はぁっ……はぁっ」


 チノの顔は赤く色づき、その目はもっと、とおねだりをするように私を見つめている。幼く可愛らしい、けれど立派な、メスの顔だ。


 チュッ……ピチャッ。
「ふぁ……」


 期待に応えるよう首筋に舌を這わせると、チノはくすぐったそうに体を揺らした。続けて耳たぶを優しく噛む。


「んっ!」


 チノ自身が少し驚くような、いやらしい嬌声が口から漏れ出す。どうやら耳が弱いらしい。全体を丁寧に舐め、時折甘噛みを耳の柔らかなところに与えた。


「こ、ココアさん……私、変です……気持ち良いです……」


 チノの表情が不安げになる。それを見た私には、申し訳なさよりもむしろ、ゾクゾクとこみ上げる背徳的な感情が襲ってきた。


「耳で感じちゃうんだ……チノちゃん、変態さんなんだね……」


「そ、そんな……あぅっ」


 耳の穴に舌を触れさせると、チノは体を強張らせ、吐く息を荒くした。そのまま、中を優しく舐めあげていく。クチュクチュといやらしい音が耳に届いた。


 直接聞いているチノなら、なおさらこのエッチな音が良く聴こえるだろう。チノはベッドのシーツを強くつかんだ。


「あっ、そ、そこはダメです……ココアさ……あんっ」


 想像以上に声が出たのか、チノは恥ずかしそうにしている。よしよし、と言って撫でると、安心しきった、幸せそうな顔をした。

15 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 19:41:50.09
「チノちゃん……脱がすよ」


 コク、とチノが頷く。寝巻きの上下を脱がして下着の露になった姿は、更衣室で見慣れたものであったはずだが、緊張が高まり、心臓が早鐘を打つ。チノの水色のキャミソールに手をかけ、そのままするりと脱がした。


 露になった肌は白く透き通るようで、赤い蕾の様な乳首が胸につん、と立っている。成長途中の幼い体だ。このあどけない少女といけないことをすると思うと、自然と私の体が、その準備を始めるのがわかった。私も服を脱ぎ、チノの体に指を置く。


 指を二本、右の胸を挟むように立て、すぅっと下腹部にかけてなぞるように動かす。チノはむずがるように体をくねらせた。指の先、下着は既に湿り気を帯びている。


 指を二本、三本と立て、体をなぞるように動かす。そして、乳首の周りをついばむようにくすぐると、チノは不満の声をあげた。


「じ、焦らさないでください……もっと……」


「……もっと、どうしたの? ちゃんと言ってくれなきゃわかんないよ」


「う……お姉ちゃんの、いじわる」


 チノのいじらしい睨み顔に、再び背筋をゾクゾクとした快感が走った。私はひょっとすると、Sっ気があるのかもしれない。あえて、チノの耳元で、囁くように言う。


「ね、チノちゃん……言ってくれたら、その通りにしてあげる。そのお口で、素直に言ってごらん…?」


 再びぺろっと、耳たぶを舐めた。チノの呼吸が荒くなる。私の言葉に興奮しているのは明確だった。


「……乳首とか、……こことか、いっぱいいじってください……!」


 恥ずかしそうに、しかし期待に満ちた目つきで、チノはそう言った。

16 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 19:45:26.44
 言いながら、チノは下着越しに自分の陰部を弄り始める。もう我慢できないらしい。私は快楽を得ようとするチノの手をどかした。


「な、何で」


「自分で慰めちゃダメだよ……お姉ちゃんがしてあげるんだから」


 言いながら、乳首に舌をあてがい、チノの股間を優しく撫でる。チノの体は、ほんの少し甘い匂いがする気がした。


「あっ、…ん」


 ピチャ、ピチャッ、ジュルッ、と淫猥な音を立てて、チノの乳首をさくらんぼを舐めるように舌で転がし、啜る。同時に、湿り気を増す下着の上から、チノの割れ目を撫で回した。


「や、だ、ダメです、ココアさん、そんなにっ」


「この程度じゃダメ? もう、チノちゃんってばえっちなんだから」

 チノの言いたいことを知りながら、あえてさらに激しくする。チノの下着へ手を差し入れ、直接、割れ目にある小さな突起へ指を伸ばした。チノの幼い体が僅かに震える。

「私、私こんなの知りません……ココアさんに弄られるの、気持ち良くて、んあっ、頭の中、変になっちゃいます…!」

「大丈夫だよ、お姉ちゃんに任せて、気持ちよくなっちゃって良いんだよ」


 擦るように指先で撫で続ける。下着はビシャビシャに濡れ、指を動かすたびにグチュグチュと音を立てた。


「あ、あっ、ココアさん、ココアさん……」


 私の名前を呼びながら、私の手をしっかり握り、快楽に耐えるように小さく震えている。そんなチノの顔を見上げ、安心させるように言った。


「チノちゃん、いつでもイっていいからね……」


 それだけ言って、チノの柔らかな乳首をついばむのを再開する。さらに二本の指で陰部の突起部分を挟むような形にし、擦り続ける。グチュッ、ビチャッと音が響く。


「あっ、だ、ダメです、気持ちよすぎてイっちゃいます、ココアさ、ダメっ…んっ」


 やがて、チノの小さな体がビクッと震えた。口を押さえようとするチノの手をつかむ。

「あっ、んっ、ふあぁんっ……」


 チノの口から、抑え切れない嬌声が漏れ出す。大きな声が出てしまったことが恥ずかしいのか、顔を真っ赤にしてチノはこちらを睨んでくる。


「ごめんね……でも、チノちゃんの声、すっごく可愛くて、お姉ちゃんも興奮しちゃったよ……」

 そう言って、チノの濡れた下着を脱がし、私も興奮して湿った下着を脱いだ。

18 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 20:26:39.70
「チノちゃんのここ、もうビシャビシャだね」


「あ、あんまりじっくり見ないでください……」


 チノは恥ずかしそうに手で顔を隠した。


「こっちを隠さずに顔に手をやっちゃうなんて、本当はじっくり見て欲しいんでしょ……?」


「!」


 慌ててチノは手を股にやろうとするが、それを阻み、顔を近づける。そして両手で割れ目を広げた。


「赤くなって、綺麗だよ。興奮してビシャビシャ……チノちゃん、エッチな子なんだね……」

「そんなことありません……これくらいが普通のはず、です……」

 不安げなチノの顔に情欲をかきたてられ、そのままチノの下の口へとキスをした。

「こ、ココアさん、そんなところ、あっ、汚いですよ……」

 止めるチノの言葉も聞かず、穴の周囲を丁寧に味わう。少しずつたまっていくような快楽に反応するように、チノの足が小刻みに動いた。

「んふふ、美味しい」

「……ココアさんのほうが変態さんみたいです」

「あ、そんなこと言っちゃうんだ……ふふふ」

 おしおきに、舌先でチノの陰核をつつくように舐める。途端にチノの体全体がぴくっと震えた。

「あぁんっ! ……ご、ごめんなさい、お姉ちゃん、優しくし……んっ!」

 淫らな声を発し、私の頭を痛いほどに押さえてくる。しかし言動とは裏腹に、無理に引き剥がしたりしようとはしない。

「やめちゃって良いの……?」


「う…………」
 チノが涙目になる。しかしその顔を見ても、私の興奮はむしろ増すばかりだった。


「続けて、ください……」

 良い子良い子、と印核の先を撫でながら舐めた。チノは体を震わせ、ベッドシーツをつかむ。

「良い子はちゃんと、イかせてあげるから、ね」

 チノの陰核へと舌を突き出し、全力で舐め、啜った。さらに、指を中に差し入れ動かす。


「あっ、それダメ! ダメです! ココアさん、イっちゃ、イっちゃいますっ!」


 チノが体をびくりと震わせたかと思うと、内分泌液が溢れ、私の顔を濡らした。チノの中に入れていた指に締め付けられるような感覚が走る。

「はぁ……はぁ……」

 肩で息をし、惚けた顔のチノの頬を撫でる。一瞬不満げな顔をしたが、すぐに小さな子供のように、その手を握り返し、微笑を浮かべた。

19 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 20:28:27.10
「ねえ、チノちゃん。貝合わせって知ってる?」


 未だ絶頂の余韻に浸っているのか、チノはぼぅっとした表情で首を横に振る。


「じゃあ、お姉ちゃんが教えてあげるね……体を横にして」


 言われたとおりに動いたチノのすべらかな右足をつかみ、持ち上げる。不安そうな顔でこちらを見上げてくるチノの髪をさらさらと撫で、チノの割れ目に私のそこをあてがった。


「ココアさんの……当たってます」


「じゃあ、動くよ……」


 腰を押し付けるように、また上下するように動かし始める。体中を駆け抜けるように快楽が走った。


「あっ、ふあっ」

「ココアさん、あんまり、んっ、激しくしないで……」

「で、でも……が、我慢できないよ!」


 手に持ったチノの足をむしゃぶりつくように舐め、腰を振る。無我夢中で、必死になって快楽を貪ろうとする。自分の体の内側を熱いものが上り詰めてくるような感覚を覚えた。


 私にされるがままになっている少女の顔は、快楽にやや恐怖が混ざっている。気持ちよすぎて恐ろしい、そんな感情を物語っているようだった。しかし、今の私はそれでも貪欲に快楽を求め、むしろその顔に性的な興奮を覚えていた。
「んっ、あぁっ、はっ、さっきイったばかり、なのにっ」

「ごめんねっ、でもっ、熱くて、気持ち、良くて……あんっ」


 お互いの愛液が溶け合い、グチュグチュ、グチャグチャと淫猥な音を立てる。その音がさらに興奮を呼び、腰の動きを誘発した。


「チノちゃん、チノちゃん大好き……んっ、可愛くて……はぁっ」

「私もココアさんのこと……大好きです……お姉ちゃん、ぅんっ」

 動くたびに脳の焼けるような心地よさが体を満たしていく。やがて、絶頂の快感が目の前まで迫ってきた。もう、頭の中には気持ちよさと目の前の少女への愛しかない。全身をビリビリと快楽が駆け抜け続ける。

「わ、私もう、イっちゃいそうだよ……チノちゃん、チノちゃんっ!」

「私も、もう、い、イキます、イっちゃいますっココアさんっ! イクーッ!」

「「あ、ああぁぁあーっ!!」」

20 : ◆8GtO9Q8Y8U :2014/08/16(土) 20:29:35.01
…………

ココア「ごめんね……ちょっとやりすぎちゃったね…」

チノ「ちょっとじゃないです。もう……怖かったです」ギュッ

ココア「よしよし……今度からは、もっと落ち着いてするからね」

チノ「してるときのココアさん、いじわるでした…」

チノ「……明日は私が、主導権握りますからね」

ココア「えっ、明日もするの」

おわり
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/17(日) 01:31:00.30
乙乙
素晴らしい

この書き手のSS:

【ごちうさ】チノ「ココアさんにプレゼントをします」


リゼ「今日こそ決着を」千夜「つける時みたいね」シャロ「私のために争わないで!」


【ごちうさ】マヤ「女の子同士の恋愛なんて……」


【ごちうさ】ココア「ロゼちゃんに恋愛相談するよ」


【ごちうさ】シャロ「リゼ先輩に振られた…」千夜「よしよし」


【ごちうさ】ココア「チノちゃんに私をプレゼントするよ!」チノ「いりません」


【ごちうさ】チノ「お母さんみたいな人」


【ごちうさ】あんこ、頑張る


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク