FC2ブログ

ドラえもん「音痴の劣等と優越」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 17:42:48 ID:9V/ipZeo
俺のものは俺のもの

お前のものは俺のもの

力に頼りすぎて見失う
そんな事ばかりじゃないけど

でも

思いつくまでも、俺は力で生きていた。


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 17:47:11 ID:9V/ipZeo
もともと身体は大きい方だった

それに伴って力もついてきた

小学生の頃にはガキ大将の異名から

ジャイアン、と呼ばれるようになった。
まぁ、悪い気はしなかった
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 17:55:16 ID:9V/ipZeo
嫌なことがあったらすぐに解決できた
怒ればよかったから

スネ夫からおもちゃを奪い
のび太から道具を奪う

弱みといえばかあちゃんぐらいだ
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 18:06:55 ID:9V/ipZeo
そんな俺は喧嘩に負けたことなどなかった
いや、

まず誰も俺に挑んでなどこなかった
もし最強なんて言葉があったら

当時の俺は最強だった。
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 18:36:29 ID:9V/ipZeo
そんなある日だった
俺は静香ちゃんからあるモノを奪った

いつも通りに、静香ちゃんは引き下がり
スネ夫達も何も言えずにいた

そういつも通り
でも、あいつだけは違った
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 18:59:46 ID:9V/ipZeo
「それは静香ちゃんの大切なものだ!」

そう言い俺に殴り掛かってきた

初めてのび太が俺に刃向ってきたのには驚いたが
俺も意地になっていた

返り討ちにした
でも

あいつは引き下がらなかった
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:00:42 ID:9V/ipZeo
食いつき、投げ飛ばされ
それでも引き下がらず、また殴られ
蹴られうずくまり

メガネが割れた時に俺も我に返った

「やばい、本気で殴りすぎた」、と

小学生の力で死ぬことはないだろうが
それでも、のび太ほど貧弱なやつなら病院送りになりそうなほど殴っていた
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:01:14 ID:9V/ipZeo
呻いて転がるのび太
やっちまったのは俺だが、ちょっと心配してしまった

だからと言って「大丈夫か」なんて声をかけることはできない
そう、今思えばいらない

ただの意地だ
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:02:17 ID:9V/ipZeo
俺は自分が何をしたのかわからなくなってしまった

奪ってきた
身を、時間を、モノを、

傷つけ、からかい、諦めろとは言わずに屈服させる
それが俺の普通になっていたからだ

「、、、、ごめん」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:02:47 ID:9V/ipZeo
静香ちゃんにモノを返し、俺は家へと帰った

のび太に投げかける言葉、
スネ夫に謝るための言葉、

思いつかない
そんなことしたことが無かったから

そう、俺はジャイアンでいた、ずっと、、、、
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:03:54 ID:9V/ipZeo
次の日
いつも通りの日常に戻っていた

誰も変わらない

でもわかる
今まで気づかなかった事


みんな、俺を恐れている
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:37:55 ID:9V/ipZeo
当時の小学生の俺には重すぎた

それについて考えてしまった俺には
もう、その事を楽観的に思うのは無理があった

馬鹿な俺でもわかる
もう戻れないのだ

俺がのび太にやってしまった事
スネ夫にやってきた事









「後悔した。」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:39:11 ID:9V/ipZeo
放課後
いつも通り、そういつも通りに終わった
みんなと笑い、みんなと話
のび太をからかい

そうやって終わった。

それが怖かった
それを普通にしてしまった自分が、悲しかった
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:43:58 ID:9V/ipZeo
ある日俺は空地の土管の裏で昼寝していた
何も考えていなかった

眠気に負けて寝てしまった、
夢は見ていたかわからない

のび太「ジャイアン?」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:45:36 ID:9V/ipZeo
ジャイアン「、、、、のび太」

のび太「どうしてこんなところで寝てるの?」

ジャイアン「なんとなくだよ」

のび太「そっか、」

ジャイアン「のび太、、、」

のび太「ん?」

ジャイアン「その、、、悪かったな、、、あんなに殴って」

のび太「ううん、僕こそ、殴り掛かってごめんね」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 20:46:12 ID:9V/ipZeo
辛かった
謝ることがじゃない

のび太は許してくれる
謝れば、いつもの関係に戻ってくれる

そうわかってしまうのが
辛かった

ジャイアン「俺は、、、」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 21:26:50 ID:Wn4zsx12
ジャイアン・・・
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 22:06:57 ID:pfhPwu62
ジャイアンがんばれ!
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 22:24:08 ID:9V/ipZeo
「後悔してるんでしょ?」
、、、、あぁ

「でも、大ジョブだよ」

え?

「まだ間に合うから」

のび太「みんな、ジャイアンの事が好きだから」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 22:25:52 ID:9V/ipZeo
ジャイアン「そんなこと、」

のび太「僕達をいざって時に助けてくる、守ってくれるジャイアンを知ってるから」

ジャイアン「のび太、、、」

のび太「あ、でもジャイアンリサイタルは勘弁してほしいなぁw」

ジャイアン「あ、この野郎!」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 22:26:28 ID:9V/ipZeo
痛みを伴った

身体の大きさに力がついてきたわけじゃない

今、俺は初めて力ができたことに気づいた
弱いけど確かに

心に対して痛みを伴い
助けてくれる友達がいて

その友情を守る力を、今感じた
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/05(日) 23:33:22 ID:0eVUWFwk
映画版見たくなってきた
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/06(月) 00:00:03 ID:Hv8KSfYY
いらないのだ、
ずっと持っていたもの

誰もが持っているもの
いや、もしかしたら必要かもしれない
でも、俺のこれはいらない

だから捨てて言おう

ジャイアン「のび太、ありがとう」

感謝もできない

そんな、

ただの意地なんて。
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/06(月) 00:03:00 ID:Hv8KSfYY
四作目になります。
今まで見てくれている人ほんとにありがとうございます!
ジャイアン編でしたー

のび太の性格やその他もろもろ意見があると思いますが
僕の独断と偏見です


本編に沿っているかは、期待しないでください
過度なひいきや、過度に落としていることがあります
作者はのび太大好きですw

ではまた次回作で。


このシリーズSS:

ドラえもん「メガネの劣等生の優等生」


ドラえもん「優等生の劣等と優越」


ドラえもん「金持ちの劣等と優越」


ドラえもん「音痴の劣等と優越」


ドラえもん「メガネの劣等と優越」


ドラえもん「先生の劣等生と優等生」


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

ジャイアン

なんでか、ジャイアンSSって好きだわ


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。