FC2ブログ

出島サヤカ「ふたりの」津田タカトシ「長い夜」

1 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 01:36:14.06
[その日のお昼]

タカトシ「天体観測 ですか?」

アリア「うん 夕方から みんなで行かない?」

シノ「私はかまわないが 急な話だな」

アリア「天文部の友達から新しい天体観測スポットのことを聞いてね

    今夜は月がないし きれいな星空が見れると思うの」

スズ「いいですね 行きますよ」

シノ「私はそろそろ月のものが来るぞ」

タカトシ「その報告は余計だ」



注目記事




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 01:38:21.68
まさか出島さんメイン?俺得
4 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 01:38:55.64
タカトシ「俺は今夜 両親がまた海外出張なので

     見送りついでに家族で食事することになってるんです…」

アリア「あ…そうなの それじゃあまた別の日」

タカトシ「いえ 俺のことは気にせずみんなで楽しんできてくださいよ」

アリア「でも」

シノ「アリア 津田が気を使ってくれてるんだ

   たまには甘えるのも悪いことじゃない」

アリア「そうね ありがとう津田くん」

シノ「それに 複数男女が夜に出歩いてると

   乱交パーティに行くと間違われそうだからな」

タカトシ「会長 あなたが思ってるより世の中は健全です」
5 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 01:41:11.81
[夕方]

タカトシ「それにしても ずいぶんと荷物が多いんですね」

アリア「そうね 天体望遠鏡と双眼鏡 床に敷くビニールシート

    それにお茶とお菓子」

タカトシ「持っていくの 大変じゃないですか」

アリア「大丈夫だよー 私最近腕力ついてきたし」

タカトシ「そうなんですか?」

アリア「うん ひとを吊るすぐらいはできるよー」

タカトシ(あー聞くんじゃなかったぜ)
6 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 01:43:01.16
スズ「でも会長 ああいう場所大丈夫ですか?」

シノ「なに 楽しいことは別腹だ」

アリア「スズちゃんも おそくなっても眠くならない?」

スズ「なっ? 大丈夫ですよ…多分」

タカトシ「皆さんもう楽しそうですね」

シノ「そうだな 初夜を迎えるときもこういう気分なのだろうな」

タカトシ「じゃあ俺そろそろ約束の時間なのでお先に失礼しまーす」
7 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 01:45:44.77
[津田家の食事&お見送りは難なく終わってその帰り]

コトミ「いやー 楽しかったねタカ兄」

タカトシ「楽しかったのお前だけだろ」

コトミ「どうしてー? お父さんもお母さんも楽しんでたよ

    タカ兄のアレでアレなアノ話」

タカトシ「された本人が楽しめるかッ」

コトミ「いいじゃなーい

    ご飯おいしかったし 買い物もたくさんしたし」

タカトシ「全部俺が持たされてるけどな」

コトミ「もータカ兄ィ

    サービスのあとソー○嬢に説教するお客さんみたいだよ」

タカトシ「なんだその例え」
10 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 01:49:46.11
                                        trrrrrr trrrrrr trrrrrr


コトミ「あ タカ兄 うちの電話なってるよ」

タカトシ「確かにあの音はうちだなー」

コトミ「私出てくるね」

タカトシ「おい 慌てるなよ」


ガチャ ドタドタドタ ハイツダデース アハイコンバンハー


タカトシ「やれやれ ただいまっと」

コトミ「え タカ兄? いますよ はい代わりまーす」

タカトシ「どした? 誰から?」

コトミ「出島さんだよ アリア先輩とこの」

タカトシ「出島さん…?」

    「はい 代わりました」

    「はい…あ はい 俺とコトミとはいま帰って…」

    「はい 今日は一緒じゃなかったです 3人で行くと」

    「あの…先輩たちがなにか?」

    「ええ!? 七条先輩たちが行方不明?」

出島『はい』
13 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:17:52.06
出島『夕方にお嬢様より

   天体観測に行くと連絡をもらってそれきりです

   こちらからの電話は繋がりません』

タカトシ「そんな…」

出島『天草さんと萩村さんにも電話は繋がりませんでした』

タカトシ「圏外の場所にいるか電源を切ってるってことでしょうか…

     でも三人とも電源を切るなんて不自然ですね」

出島『お嬢様たちの行き先をご存知ではないですか?』

タカトシ「すみません 俺も天体観測に行くとしか聞いてないんです」

出島『そうですか…

   …私に内緒で乱交パーティに出かけたというコトは』

タカトシ「自分のご主人様をもっと信じましょう」
14 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:24:40.71
タカトシ「すみません… 俺がもっとちゃんと聞いてれば」

出島『誰かが悪いわけではないですよ』

タカトシ「はい あの出島さんは

     これから七条先輩たちを探しに行くつもりなんですか?」

出島『…これから?』

タカトシ「それなら俺も行きます」

出島『わかりました』

                                           ブロロロロロ


                      キィィィィィ!!


出島『それでは』



ガチャ

出島「参りましょう」バーン

タカトシ「すっげぇかっこいい」

    「あ 運転しながらの携帯は違反ですよ」
15 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:32:16.34
コトミ「タカ兄! 出島さん! 私は どうしたらいい!?」

出島「コトミさんはここに残って

   お嬢様たちに連絡を取り続けてもらえますか」

  「もしも繋がったら すぐに私たちにお伝えください」Pi(連絡先交換)

コトミ「うん やってみます!」

タカトシ「頼んだぞ じゃあ行ってくる」

コトミ「タカ兄 みんな大丈夫だよ! 絶対見つかるよ!」

タカトシ「コトミ…」

コトミ「みんなさらわれて洗脳されて

    私たちの前に敵になって現れてくる…

    なーんてありえないよ!!」

タカトシ「その厨二 いまは頼もしいぜ!」
16 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:36:35.51
[車で捜索に向かいます]

出島「では これ(タブレットPC)で

   このあたりの天体観測スポットを調べてもらえますか」

タカトシ「はい やってみます」

出島「ここに来るまで私もいくらか探してみたのですが…」

タカトシ「出島さんは天体観測にも詳しいんですか?」

出島「いえ 私が詳しいのは青カンスポットです」

タカトシ「」

出島「星の綺麗に見える場所も多いですよ」

タカトシ「こういうときぐらいブレてください」
17 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:39:43.26
タカトシ「桜才学園のホームページから天文部のコーナーを見てみますよ」

    「ここにある写真を撮った場所に行けば見つかるかもしれません」


[とある公園]

出島「…いますね」

タカトシ「え? 先輩たちですか!?」

出島「いえ 青カンカップルが ざっと見て七八組」

タカトシ「」


[とある河川敷]

出島「ここも 10‐15メートルごとに一組といったところでしょうか」

タカトシ「」


[とある総合運動場]

出島「ここは同性同士の方たちがお盛んのようです」

タカトシ(うちの天文部はこういう所ばかり来てるのか――!?)
18 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:43:38.55
[とあるコンビニでタカトシトイレ休憩]

タカトシ「どうぞ ついでに飲みもの買ってきました」つゴゴティー

出島「…どうも」

  「…」ゴクゴクゴクゴク

  「…」ゴクゴク

  「…」ゴク

出島「…」

タカトシ「…」

出島「すぐには出ませんよ」

タカトシ「期待してませんよ」
19 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/25(金) 18:46:33.61
タカトシ「でも 出島さんと二人だけでいるってめずらしいですね」

出島「フラグが立つか気になりますか」

タカトシ「そういうつもりじゃ…」

出島「同じ目的で動いている男女がいつしかひかれあう

   なんてよくあることです」

タカトシ「…」ドキッ

出島「ひかれあった男女はまた同じ目的で動くことになりますね

   ベッドで激しく」

タカトシ「はい折れたー 即効で折れたよ」
21 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:11:13.62
[別の公園]

出島「ここは車からでは中がよく見えませんね」

タカトシ「じゃあ 俺が見てきますよ」

出島「ひとりでは危険です」

タカトシ「物騒なところなんですか?」

出島「いえ 童貞男子が一人歩きしていると

   ノゾキに間違えられる可能性があります」

タカトシ「」

出島「ここはこのように手をつないで」ギュッ

タカトシ「あ…///」

出島「どのラブホも満室で仕方なく公園に流れ込んできた

   メイド趣味の彼氏となんでもアリな彼女のカップルを装えば自然です」

タカトシ「その長い説明からもう不自然」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:12:09.65
実に良い
23 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:15:59.59
[とある高台の駐車場]

タカトシ「駐車場だけあって車ばかりですね

     先輩たちはいそうにありません」

キィィィ

タカトシ「どうして止めるんです?」

出島「ご覧ください」

タカトシ「確かに 星がきれいですね」

出島「星だけではないですよ」

タカトシ「うわぁ 夜景もすごいですね」

出島「私も数多くのスポットを知ってますが ここは格別です」

タカトシ「…一応聞いときますが なんのスポット?」

出島「カーセスポットですよ 周りの車は全部―」

タカトシ「ここは(俺の身が)危険です すぐに離れましょう!」
24 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:18:13.32

ブロロロロロロロ

出島「あぁ…」

タカトシ「どうしました?」

出島「そろそろ出そうですが どうしましょう?」

タカトシ「…ちゃんとしたところで済ましてくださいよ」
25 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:22:20.94
[またさっきのコンビニ前]

タカトシ「残りの写真は遠い場所で撮ったものばかりです

     学校帰りに気軽に行くような所じゃないと思います」

出島「そうですか」

タカトシ「先輩たち どこ行っちゃったんでしょう…」

出島「あまり悲観的にならないでください」

タカトシ「わかってます…」

出島「こういうときは 他愛ない話をしてみるのもひとつの手かと」

タカトシ「話ですか」

出島「はい 何気ない会話から解決の糸口が引き出せるかもしれません」

タカトシ「そういうもんでしょうか」

出島「ちなみに

   ご希望であれば私の下の口からも糸を引き出せますが」

タカトシ「俺たしかに思春期男子だけど

     そんなお願いしたこと一度も無いよねえ?」
26 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:28:13.89
タカトシ「とは言うものの なにを話しましょうか」

出島「なんでも結構ですよ」

タカトシ「そうは言っても…」

出島「思春期童貞男子が

   目の前にいるなんでもアリなメイドに話すことがないと?」

タカトシ「…出島さんはいつも通りで落ち着いてますよね

     俺なんか心配で参りそうなのに」

出島「私はお嬢様を信じるだけです」

   「どれだけ離れていても 主の様子や

   心の中がわからないようではメイドは務まりません」

   「メイドと主は一心同体です 常に心は繋がっています

   ときには身体も繋がりたいものです」

タカトシ「うん 平常運転でちょっと安心してきました」
27 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:31:45.91
タカトシ「そういえば 俺んちの電話番号知ってたのはなぜですか」

出島「何度かお邪魔したことがあるので そのときに控えておきました」

タカトシ(抜け目ないな…)

    「じゃあ 会長と萩村のは?」

出島「あのお二人はお嬢様と特に仲がいいので私も狙っていました」





   「…いえ 連絡先を伺っていました」

タカトシ(やっぱりこのひと だいぶダメなんじゃないだろか)

出島「ちゃんと口に出してイッてください」

   「あ 声に出して という意味です」

28 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:35:49.18
タカトシ「そうだ

     七条先輩の言っていた天文部の友達を出島さんは知らないんですか?」

    「その人の連絡先がわかれば先輩たちの居場所を聞き出せそうですが…」

出島「生憎ですが存じません」

   「お嬢様は交友関係が広いので私もなかなか把握しきれてません」

タカトシ「そうですか… さすがに

     七条先輩のことならなんでも知ってるわけじゃないんですね」

出島「申し訳ございません

   これからはもっと精進します

   お嬢様のことなら隅々まで 毛も穴も ア○ルのシワも!」

タカトシ「それはいらん精進だ」





タカトシ(待てよ…なんでも知ってる…)

    (学校のことならなんでも知ってる…といえば)

    (……あのひとかぁ――)
29 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:39:30.00
タカトシ(あ でも俺 畑さんの連絡先知らなかったな)3巻#41参照



タカトシ「これ(タブレットPC)もう一度使いますね」

出島「どうぞ」

タカトシ(たしか新聞部のコーナーもあったはず……ここか)

タカトシ(桜才新聞のバックナンバーと WEB限定記事?)

タカトシ「ハハハ こりゃひどい」

出島「?」

タカトシ「あ…こっちのことです」

    (これはまた今度会長たちに報告するとして…)
30 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/26(土) 01:44:41.46
タカトシ(連絡先は…これか)

 ――――――――――――――――――――
|桜才新聞部への情報提供・相談・タレコミはこちら

|     shinbunbu◎ousai.ed.jp     


タカトシ(さすがに畑さんへのアドレスは載ってないな…)


Pi

 ――――――――――――――――――
|津田です

|畑さん

|これを見たら連絡していただけませんか

|いま困ったことになってます

|0X0-5555-XXXX

|津田タカトシ


タカトシ(すぐ見てくれるかどうか…)

Pi





♪ハイハイシギョウアルシュノシュギョウ

タカトシ「早ッ!」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:55:17.77

着信音でふふってなった
名曲だよな
33 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:06:28.59
畑『あらめずらしい 津田副会長自らタレコミ?』

タカトシ「…違いますよ チカラを貸してほしいんです」

畑『どうかしたの?』

タカトシ「実はこれこれこういうことで会長たちを探してるんです」

畑『ほ~ぉ 生徒会役員謎の失踪事件ですか』

タカトシ「そんなんじゃありません」

畑『それでは 秘密の乱交パーティ中?』

タカトシ「それ何度も言われました」
34 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:10:33.55
畑『それで 津田くんは いま誰といるの?』

タカトシ「出島さんと一緒です メイドの」

畑『ほ~ぉほ~ぉ 七条家専属メイドの出島さんと…』

タカトシ「はい ふたりで探してるんです」

畑『じゃ いろいろと当たってみるわ』

タカトシ「お願いします 畑さん 顔が広そうなので」

畑『そうね いろんな部や委員にスパイ……知り合いがいるわよ』

タカトシ(ものすごいこと聞いたけど

     いまはこのひとが頼りだから無視しよう…)
35 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:14:07.56
タカトシ「それじゃあお願いします」

畑『はい まかせて』

Pi

タカトシ「ということで 畑さんからの連絡待ちです」

出島「そうですか」

タカトシ「連絡が来るまでしばらくなにをしましょうか」

出島「なにをしましょう」

タカトシ「なにをしましょうか」

出島「ナニをいたしましょう」

タカトシ「たしかにふったのは俺ですけど それ以上手を伸ばすな」
36 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:18:05.74

♪ハイハイシギョウアルシュノシュギョウ

タカトシ「ほら来ましたよ」

出島「チッ」

Pi

畑『お待たせ』

タカトシ「いえいえ 全然早いですよ」

畑『あまり早いと嫌われちゃう?』

タカトシ「なに言ってんですか」

畑『お隣にね』

出島「いえ 聞かれながらの行為も…」

タカトシ「割り込むんじゃねー」
37 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:22:30.19
タカトシ「それで なにかわかりましたか?」

畑『そうね ここかもしれないってところをね』

タカトシ「お願いします」

畑『津田くん 郊外にある観光ホテルのことは知ってる?』

タカトシ「えっと 行ったことはないですが

      学校からも見える大きなトコですね」

畑『うんそう ラブホじゃなくて残念』

タカトシ「そういうのはいいです」

畑『そこの屋上で天体観測イベントをやってるの

  つい先週始まったばかりよ』

タカトシ「そうなんですか…でもそんなしっかりした場所にいて

     携帯が通じないなんてありえますか?」
38 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:26:18.04
畑『津田くん

  ビルの高層階なんかは専用の基地局を置いたりしないと

  携帯がほとんど通じなくなっちゃうの』

 『ココの屋上 普段は開放されてないから

  わざわざ置いてないのかもね』

タカトシ「そうか…」

畑『このホテル 歩いて行くのは遠いけど

  7-8分で着く専用シャトルバスが駅から出てるわ』

 『私の掴んだ情報はこの程度 役立ちますか?』

タカトシ「十分です ありがとうございます」

畑『じゃ 無事に見つかるといいわね』

Pi
39 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:30:50.25
タカトシ「…ってことですが」

キィィィィ(急発進)

タカトシ「うわッ!! ちょ 待っ 止まってください!!」

キィィィィ(急ブレーキ)

出島「なンですか?」ムッ

タカトシ「あの いきなり行くより

     いるかどうか確認したほうがよくないですか

     呼び出してもらったり」

    「番号も すぐ調べますから」

出島「…そうします」

タカトシ「はい どうぞ」つタブレットPC

Pi

出島「呼び出しをお願いしたいのですが」

   「いえ 宿泊ではなく 天体観測イベントに参加中の

   七条アリアの呼び出しをお願いします」

   「こちらは 出島サヤカ」

   「はい お願いします」

   「…」
40 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/27(日) 01:33:48.58
タカトシ「…」

出島「…」





   「…はい 私です」

   「いまから お迎えに参ります」

   「はい お待ちください」



Pi

出島「…」

   「…」

   「ハァァァ」タメイキ

タカトシ「出島さん?」

出島「…」

   「…」

タカトシ「あの…」

出島「津田さん」

タカトシ「はい?」

出島「ありがとうございます」

タカトシ「どういたしまして」

ブロロロロロ
43 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/28(月) 01:02:16.70
[観光ホテル前]

シノ「…」

アリア「…」

スズ「…」

タカトシ「…」


シノ「どうして津田が?」
アリア「どうして津田くんが?」
スズ「なんで津田が?」


タカトシ「えっとそれは…」

出島「駆け落ち中です」


シノ「」
アリア「」
スズ「」


タカトシ「キレイに終わらせてくださいよ」
44 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/28(月) 01:08:45.41
アリア「そうだったの…」

   「ごめんなさい

    学校を出るとき慌てていたから 詳しい場所を言い忘れちゃった」

タカトシ「慌ててたって なにかあったんですか?」

シノ「津田が帰ったあと 急な仕事が入ったり 

   横島先生が暇つぶしに来たりで遅くなったんだ」

タカトシ「そうだったんですか…」

スズ「それに ホテルにいた天体観測ガイドの人の話が面白くて

   完全に時間を忘れちゃってましたね」

シノ「桜才出身の方だというからな

   私たちが後輩とわかると ほとんど付きっ切りでいてくれた」

アリア「出島さん 津田くん 心配 だった?」

タカトシ「はい でも皆さんが楽しく過ごせてたみたいでよかったですよ」

出島「同感です 私も 楽しい時間を過ごせましたよ」

タカトシ「え?」

出島「連絡が取れないのはお嬢様からの放置プレイだと思うようにして

    この数時間ずっと欲情しています」ハァハァ

タカトシ「みんな直ちに車から降りるんだ!!」
45 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/28(月) 01:12:44.91
タカトシ「三人とも おうちに連絡しておいたほうがいいですよ

     家のひと 心配してると思います」

シノ「そうだな こんな時間になってしまった」

Pi

アリア「あら…コトミちゃんからの通知がいっぱい」

シノ「私もだ」

スズ「」クー





シノ「…ストーカーみたいだな」
アリア「ストーカーみたい」

タカトシ「…兄としてそれは認められません」

スズ「」クカー
46 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/28(月) 01:18:14.97
アリア「津田くん 今日はありがとう

    明日また学校でね」

津田「はい おやすみなさい」

アリア「出島さん ちゃんと津田くんを送ってあげてね」

出島「承知しています」


[3人は無事に送り届けました]


出島「お疲れですか」

タカトシ「はい さすがに」

    (半分は出島さんに振り回されたからの気がするケド)

出島「それは 申し訳ございません」

タカトシ「なんで心の中わかってんですか」

出島「それで 今日のお礼ですが」

タカトシ「いいですよ そんなことは」

出島「やはり肉体的なことがいいですか」

タカトシ「最後の最後までそれか」
47 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/28(月) 01:22:27.27
[津田ん家玄関前]

タカトシ「出島さんも お疲れさまです」

出島「いえ」

タカトシ「気をつけて帰ってくださいね」

出島「お心遣い ありがとうございます」

タカトシ「それじゃあ…」

出島「お待ちください」ムナグラ ガシッ 

タカトシ「はい?」

グググッ

タカトシ「あの…近いです…///」

出島「…」キッ

タカトシ「…」ゴクリ

出島「…精神的がいいですか」

タカトシ「はいおやすみなさい」ガチャ バタン
48 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/28(月) 01:30:46.64
[タカトシの部屋]

タカトシ「そうだ 畑さんにもお礼を言わないとな」

Pi
                                        .       ♪シャッターチャンスハミノガサナーイpi

畑『あらお帰り 津田副会長』

タカトシ「おかげで3人とも無事見つかりました

     ありがとうございます」

畑『いえいえ お役に立ててなにより

  マーコチラノヤクニモタッテモライマスガネ』

タカトシ「え?」

畑『いえこちらのことー』

タカトシ「それで 今日のことなんですが…」

畑『あぁ 書きませんよ 3人のことはね』

タカトシ「本当ですか?」

畑『はい 面白おかしく書けないこともないですが』

タカトシ「それはやめてくださいね」

畑『えぇえぇ 書きませんとも 3人のことはね』

タカトシ「じゃあお願いします おやすみなさい」

畑『はい ガンバッテネ』

Pi

タカトシ「なんか違和感というか…
     引っかかるというか…まあいいか」
54 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:00:57.21
[深夜]

ガチャ
コトミ「ねえタカ兄」

タカトシ「ノックしろ というかまだ起きてたのか 風呂は?」

コトミ「もう入ったよ」

タカトシ「んー で どうした?」

コトミ「今ちょっと外見たんだけど 出島さんの車 まだあるみたい」

タカトシ「ええっ?」
55 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:05:33.90
タカトシ(出島さん 車の中で…倒れてる!?)

    「出島さん!」ドンドン

出島「」

タカトシ「出島さん!!」ガチャ

出島「」クカー

   「オジョーサマ…」クー

   「ソコデイッキニ! イッキニヒッパリアゲテ…」クカー

タカトシ「…」

ユサユサ

ユサユサ

ユサユサユサユサ!!

出島「」ハッ

タカトシ「大丈夫ですか?」

出島「…寝込みを襲うとは 見直しました」

タカトシ「レッカー呼ぼうか」
56 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:09:56.46
出島「すみません ひとりになると急に気がゆるんでしまいました」

タカトシ「出島さんも疲れてるんですよ」

コトミ「今日はもう泊まってってくださいよー」

出島「いえ そこまでお世話になるわけには…」

タカトシ「なに言ってんですか

     疲れきってる女の子をこのまま帰らせるなんてできません」

出島「…いまなんと?」

タカトシ「…このまま帰らせるなんて?」

出島「その前です」

タカトシ「疲れきってる?」

出島「次です」

タカトシ「…女の子」

出島「お世話になります」ペコリ

タカトシ「はいどーぞ」
57 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:14:31.36
タカトシ「コトミは風呂と着替えを頼む

     俺は布団と なにか食べるもの用意するよ」

コトミ「うん」

出島「お構いなく 休む場所をいただけるだけで十分です」

タカトシ「そうはいきませんよ

     出島さん 夕方から探しに出てたみたいだし

     今夜はなにも食べてないんじゃないですか」

出島「そんなことはありません 使用人は賄いを」グー

   「食べる前に出てしまいました///」

タカトシ「こんなものしかできないですが どうぞ」


[サ○ウのごはんとレトルトの豚汁と残りモノの煮物]


出島「いただきます」

  「…」モグモグ

  「…」モグモグ

  「…」モグ

出島「…」

タカトシ「…」

出島「こういう視姦プレイはめずらしいですね」

タカトシ「発想が豊かですね」
58 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:18:49.07
出島「ごちそうさまです」

コトミ「お風呂 入れますよー」

タカトシ「じゃあどうぞ入ってください」

出島「いきなりそう言われましても 心の準備が」モジモジ

タカトシ「は?」

コトミ「ダメだなあタカ兄ィ こういうときはあのセリフだよ」

タカトシ(コイツらは…)

    「……さっさとシャワー浴びてこい!!」

出島「身体の隅々までキレイにして参ります…ね///」

タカトシ(…部屋に鍵かけとこ)
59 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:25:05.89
[翌朝]

PiPiPi PiPiPi(目覚まし)

PiPiPi Pi


タカトシ「―」





コンコンコンコン

タカトシ「?」

コンコンコンコン

ガチャ

出島「おはようございます

   ゆうべはお楽しみでしたね」

タカトシ「……おはようございます」

出島「そろそろ七条のお屋敷に戻ります」

タカトシ「はい ちゃんと休めましたか?」

出島「はい」

タカトシ「それならいいんですが…」

出島「お目覚めが悪いようですね」

タカトシ「そう見えますか?」

出島「思春期男子憧れ

   メイドによるお目覚めフ○ラなどいかがでしょう」

タカトシ「しなくていーでーす」
60 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:29:58.71
タカトシ「なんだかいい匂いがしますね」クンクン

出島「お食事とお弁当を用意しました」

[キッチン]

タカトシ(すごい豪華な弁当…… が三つ?)

出島「こちらはお嬢様の分です 一緒に作らせてもらいました」

タカトシ(こんな重箱も食材もウチになかったよな…)

出島「七条家から取り寄せました」

  「お食事は 冷めないうちにどうぞ」

タカトシ「はい コトミもすぐ起こしときますよ」

    「というかキッチンとリビングがだいぶキレイになってますが

     あの洗濯モノも」

出島「出来る事はしておきましたので」

タカトシ「やっぱり あまり寝てないでしょう」

出島「どうぞお気遣いなく」


[玄関]

出島「ここまでで結構ですよ」

タカトシ「いろいろありがとうございます」

出島「こちらこそ

   またなにかあったときにはよろしくお願いします」ペコリ





  「では」

ガチャ   バタン
61 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:33:15.51
コトミ「さすが出島さん! どれも絶倫だ! あ 絶品だ!」

タカトシ「せめて着替えてから食えよ」

コトミ「着替えてる間にタカ兄食べちゃわない?」

タカトシ「おまえの分まで食べないよ まったく」

コトミ「出島さん 毎日いてくれないかなー

    ゴハンとお掃除と送り迎えと してくれたら楽なのに」

タカトシ「そうはいかないだろ」

コトミ「だってトイレもお風呂もピカピカだったよ

    吉原の高級ソー○みたいに」

タカトシ「おまえの心も真っ白に磨いていってほしかった…」
62 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:37:06.35

[生徒会室・朝]

スズ「やたら大きなお弁当を持ってきたと思ったら

   そんなことがあったのね」

アリア「楽しみだね 津田くん

     出島さんのお弁当は絶倫だよ」

タカトシ「はい… 楽しみですね」

スズ(言い直さないんだ?)

シノ「津田 おまえはそうやって

   いったいどれだけの人にフラグを…

   いや 世話を焼かせるんだ」プンプン

アリア「シノちゃん 津田くんなら仕方ないよー」

タカトシ「ホント会長の言う通りです

     出島さんにはいろいろしてもらっちゃいましたから(家事を)」

シノ「いろいろ…一晩中あんなことやそんなことをいろいろか!?

   ご奉仕を受けていたのか!!?」

タカトシ「う…なんでそうやっていつもいつも

     話を変な方へ持ってくんですか」
63 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:42:03.61
コトミ「たたたた たいへんだー!!」バーン

シノ「どうしたコトミ そんなに慌てて

   昨日はいろいろすまなかったな」

アリア「あらコトミちゃん 昨日はありがとう」

スズ「ノックぐらいしなさいよ

   それはそうと 同じく昨日はありがとう」

コトミ「大変だよ! タカ兄が… タカ兄が…」

シノ「どうした!? 津田がどうしたと言うんだ!?」

アリア「津田くんの身にいったいなにが!?」

タカトシ(いや俺ここにいるよね…)

スズ(津田ここにいるでしょ…)

コトミ「タカ兄が 七条家メイドとドライブデートして

    お持ち帰りして朝帰りさせたって新聞部の号外が出てるよ!!」

シノ「なんだとぉー!!

   津田! これはいったいどういうことだ!!!?」

アリア「津田くーん 出島さんになんてことをー(棒)」

タカトシ「いやさっきからずーっとその話だったよねえ?」

スズ「…モノは言いようってことね」

タカトシ「というか畑さん 仕事早ッ!!」
64 : ◆CnuooyNUm. :2014/07/29(火) 01:44:27.61
終わりです
見てくれた方どうもありがとう

肉体的なお礼があったかどうかは、別の話
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/29(火) 01:48:41.30
>肉体的なお礼があったかどうかは、別の話

おい
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/29(火) 01:58:53.70
乙です
出島さんのSSとかはじめてだったけど最高だな。タカトシ×出島さんもっと読みたい!!
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/29(火) 09:32:54.56
これからも絡みがみたいなー

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。