FC2ブログ

御坂「だめんず」麦野「うぉ~か~」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/05(金) 23:42:50.72
学園都市 某所

御坂「…こんな所に呼び出してどういうつもりかしら――――レベル5第四位、麦野沈利?」

麦野「…ふん」

麦野「…何故わたしがアンタを呼び出したと思う?」
御坂「…さあ、皆目見当が付かないわね」

麦野「…でしょうね」




注目記事




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/05(金) 23:48:04.96
御坂「さて、目的を話してもらいましょうか…」ビリッ

麦野「…早合点すんなよ、第三位。アンタとやり合うつもりはないわ」

御坂「…確かに。アンタがその気ならこんな回りくどい真似はしない、か」

麦野「…ふん」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/05(金) 23:52:22.12
御坂「…なら、余計に気になるわ。どうしてアンタがあたしを呼び出したのか」

麦野「…それは」




麦野「…そうね、この際だし恥を忍んで言うわ…」


御坂「…………」ゴクッ

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/05(金) 23:55:10.96
麦野「……わたしに、







男との付き合い方を教えてください…………!!!!」



御坂「…………は?」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/05(金) 23:59:56.30
御坂「………………は?」


麦野「む、無理ならいいの!!でも、あの、せめて相談くらいには乗って欲しいかな~…って///」モジモジ



御坂「はあああああああああ!!!!!!!!!!!!!?」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:08:02.02
御坂「な、な、な、何であたしがんなことしなきゃなんないのよ!?」

麦野「だっ、だって、わたしにはアンタくらいしか頼れるヤツが…」

御坂「ア、アンタ、普段言ってるじゃない!?わたしには頼れる男がいるって!?」

麦野「……その頼れる男の問題なのよ!!」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:13:48.96
御坂「って、アンタにも友達がいるじゃない!?わざわざあたしに相談しなくたって…」

麦野「……無理、絶対無理」

御坂「な、何でよ……?」


麦野「……だって、その子もおんなじグループ内だもん……」

御坂「……ま、まあ、確かに……」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:19:04.09
御坂「でっ、でも、その子以外にも他の友達に頼めば……」


麦野「……わたし、暗部だったから……」

御坂「おおう……」



麦野「……ね?だから……」


御坂「……、うーむ……」




10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:27:19.81
―――


固法「……大体話は分かったけど……」

固法「私じゃあんまり力になれかいかもしれないわよ?」

御坂「いえ!今のあたし達には固法先輩の力が必要なんです!」

固法「……うん、そこまで頼りにしてくれるのはありがたいんだけど……、えっと、何をしたら……」

麦野「……ずばり」


「「だめんずの落とし方について!!!!!」」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:36:35.97
これはwwww
はまり役すぎるだろ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:38:52.16
――――――



固法「へえ、この子が例の……」ペラッ

麦野「そっ///浜面って言うんだ///」

固法「結構、格好いい人じゃない」

麦野「あ///分かる?///」


御坂「……あたしにはボサボサの冴えない男にしか見えないけど……」

麦野「んだとぉ!!?」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:47:42.50
なにこの第三位と第四位かわいい
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:50:35.13
麦野「そういうアンタのご執心の上条ってのも、冴えないウニ頭だろーが!!」

御坂「……っんですって!!?」ビリビリ

固法「はいはい、喧嘩しない」ポンポン

固法「お互い好きな人を罵りあっても仕方ないじゃない?」

麦野「う……」

御坂「は、はい……」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 00:55:39.90
固法「で、麦野さんは浜面くんとどうなりたいの?」

麦野「うっ……」

麦野「そ、それは、出来たらもっと仲良くなりたいな~…、って///」

固法「あら、だったら積極的にアピールしなきゃならないじゃない」

麦野「……それなんだけど」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:04:03.98
固法「ダメよ、恥ずかしがってちゃ?大丈夫よ、麦野さんみたいな魅力的な女性なら」

麦野「う、うん……、けど……」

固法「けど?どうしたの?」

麦野「………」スッ…

固法「あれ?この子は……」

御坂「へえ、おっとりとした感じだけど、可愛い子じゃない」ペラッ

御坂(胸の凶器も大したもんだけど…)

固法「この子がどうしたの?」

麦野「……その子、浜面と出来てる……」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:09:35.21
固法「…えっと、その…」


御坂「それはどういう……」

麦野「……ぶっちゃけ、まだ付き合ってはいないと思う。けど、八割方は……」ポロポロ…

固法(うわぁ)

御坂(うわぁ…)
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:16:34.36
麦野「……はっきり言って、前はそいつをぶっ殺してでも、浜面を奪おうと思ってた」

御坂(お、重い……)

麦野「……でも、その子も大事な友達だし、もう、どうしたらいいのか……」ポロポロ…


麦野「……ぶっちゃけ、二号でもいいと思う今日この頃です……」

御坂(重すぎる……)

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:23:38.20
固法「……麦野さん」キュッ…

固法「……そんな風に思っちゃダメよ?まだ、浜面くんに何の思いも伝えないんでしょ……?」

麦野「……うん」グシッ

固法「なら、そんな風に泣いちゃダメよ、ね?」ニコッ

麦野「……うんっ」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:24:14.43
美琴さんも似たようなものですよね
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:30:24.32
固法「じゃあ、出かけましょうか?」スクッ

御坂「ど、何処に行くんですか?」

固法「決まっているでしょう?浜面くんに会いに」ニコッ

麦野「……あげないわよ?」

御坂「あぁ、大丈夫大丈夫、先輩にも好きな人がいるから」

麦野「へぇ~、どんなの?」ニマニマ

御坂「えっと、確か…」ピッピッ

固法「ちょっと、御坂さんっ///」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/06(土) 01:35:13.61
麦野「……えっと」

固法「///」

麦野「………うん」


麦野「……わたし達ってさ」

御坂「……多分、だめんずうぉ~「その先は言っちゃダメ!!」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 00:38:47.00
―――――――――


固法「あれが浜面くんね」

麦野「ええ、そうよ」ガンガンガン

御坂「うーむ、やっぱボサボサな感じが……」

麦野「ふん、お子様には男を見る目がまだないってか?」ガンガンガン

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 00:44:13.50
固法「それであっちが……」

麦野「ええ、滝壺よ」ガンガンガン

御坂「……何かアンタと正反対な感じね」

麦野「そうかしら?」ガンガンガン

御坂「見た感じ、ぼーっとしてるけど、あーいうタイプは庇護欲を誘う感じね」

麦野「あ~、言われてみればそうかも」ガンガンガン
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 00:47:49.58
固法「…………ところで麦野さん」

麦野「なに?」ガンガンガン



固法「テーブルに顔ドラムはやめなさい」


御坂「あ、二人でカップル用のジュース飲んでる」


麦野「…………」ガンガンガン

固法「だから、およしなさいってっ」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 00:52:22.02
―――――――――


固法「実際に二人の様子を見てみたけど……」

御坂「……思いの他、





お似合いよね……」


麦野「……………」ガンガンガン!!

固法「ああっ、麦野さんの顔ドラムが更にリズミカルにっ」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 00:55:40.78
御坂「……で、どうですか?」

固法「……はっきり言って、まだ隙はありそうだけど……」


麦野「っ」パァァ…

固法「でも、あからさまに寝とりを推奨する訳には……」

麦野「…………」シューン…

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 00:59:54.45
御坂「……仕方ない、もう一人助っ人を呼ぶか」

麦野「助っ人、って……」


御坂「……ええ、学園都市にはいるのよ。こういう事の専門家がね……」

固法「……それって」


御坂「……ええ、ヤツの事です」ニヤ…
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:02:31.92
顔ドラムwwww
むぎのん可愛いよ
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:03:47.34
―――――――――


固法「……助っ人、って」


麦野「まさか、こいつなの……!?」

御坂「……ええ、以外かもしれないけど、確実に力になるはずよ……」ニィ…





一方通行「……帰りてぇ」

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:07:44.84
麦野「……でも、いや、しかし……」


御坂「まあ、確かに一見は信じられないかもしれないけど、実績は折り紙つきよ」

麦野「……実績って、何の?」

御坂「決まってるじゃない




ハーレムの、よ」ニィ
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:11:03.23
固法「ハ、ハーレムって……」

麦野「テメエ、御坂!!ふざけた事ぬかしてんじゃねーぞ!!」


御坂「ふざけてなんかないわよ!!」


一方通行「…………」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:18:10.96
御坂「いい?もし、アンタとあの滝壺って子が浜面さんの取り合いをしてみなさい。どっちもケガした挙げ句、男は手に入らない、友達は失うで踏んだり蹴ったりで良い結果にはならない」

固法「ま、まあ……」

麦野「た、確かに……」

御坂「かといって、アンタが浜面さんを諦める事はない」

麦野「う、うん……」

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:20:12.91
御坂「ならば、取りうる道は一つ!!」

御坂「浜面さんをしてハーレムの主となり、それを経営させるのよ!!」

固法「なっ……」


麦野「なんだってーって!!?」


一方通行「……つーか帰りたいンですけど…」

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:24:11.53
麦野「つか、んなこと出来るはずねーだろうが!?」

御坂「出来る!!」ドン!!

麦野「つか、それじゃあいつがわたしのものに……」


御坂「それよ!!」バン!!


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:27:15.79
御坂「いい?アンタが男をものにしようとしたらダメよ?」

御坂「むしろ、アンタが浜面さんのものにならなきゃならないのよ!!!!」バァー―――ンッッ!!!


麦野「!!!!!!!?」



一方通行「……暇だ」

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:36:28.89
麦野「……そうね」


麦野「……確かにわたしはあいつを自分のものにしようとばかり考えてた」


麦野「でも違う……。真に必要なのは全てを捧げる覚悟なのよ……っ!」

御坂「……麦野」
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:42:57.20
固法「で、でも、それって一歩間違えたら……」

御坂「大丈夫ですよ、先輩。麦野が好きになった男なんですから」


固法「……けど」

麦野「……ありがとう、固法さん。でも、大丈夫。あいつはそんな男じゃないわ。……それと、御坂」


麦野「アンタのお陰で目が覚めたわ。……ありがとう」



一方通行「……暇だ」カチンカチン
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:47:40.83
麦野「これからはアンタの事を戦友(とも)と呼ばせてもらうわ」

御坂「ええ、よろしくね、戦友!!」


固法「美しい友情ね……」ウンウン


一方通行「そろそろ帰っていいですかァ?」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 01:52:45.87
固法「でも、ハーレムを運営していくなんて……」


麦野「……そうね。簡単なことじゃないし……。せめて、モデルでもあれば……」ウーン…

御坂「何言ってるのよ二人とも」クスッ


御坂「ここにいるじゃない、ハーレムの主が」ポンッ


一方通行「……え゛?」
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 02:06:37.89
一方通行「おいテメェ、いい加減な事ぬかしてンじゃねーぞ!!」

御坂「……アンタさあ、この間黄泉川先生と外で待ち合わせて、ジムに行ったらしいじゃない?」

一方通行「ギクッ」

御坂「そんときさぁ、なーんでか夜中帰りだったんですってねー…」

一方通行「ウッ…」ギクッ
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 02:11:53.47
御坂「それにさぁ、芳川って言う女の人と研究に行くって言って連絡がつかない時があるそうじゃない」

一方通行「ギクギクッ」

御坂「それにアンタ、うちのちっこいの連れて何処にしけこんでるのかなぁ~?」

一方通行「ギクギクギクッ」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 02:18:52.02
御坂「その他にも、随分とうちの妹達の間で遊んでくれちゃってるみたいだしぃ」

一方通行「いや、その、それは」ダラダラ…


御坂「あ、そう言えば、随分と前の仕事仲間とも仲良いらしいじゃない?確か名前は……」

一方通行「やめてェェェェェェ!!」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 02:20:23.16
もやし……
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 02:22:47.82
一方通行「や、やめてくれ、頼むから!!!」

御坂「あらそう?」ニコォ…


一方通行「……なンだ?何が目的だ!?」


御坂「いや、ね?教えて欲しいだけなのよ」ニコニコ




御坂「ハーレム運営の秘訣を、ね?」

73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/07(日) 11:38:00.24
アクセラさんマジパネェっす
さすが第一位
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 00:39:26.13
――――――


固法「……一方通行」

固法「……学園都市レベル5第一位にして最強の、能力者……」

一方通行「……ふん」

固法「……にして、屈指のクズ……」

一方通行「おィィィィィィ!!」
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 00:43:35.25
固法「えっと、あとペド」

一方通行「ウォッ!」グサッ


固法「ヒモ」


一方通行「ウォウォウォ!?」グサグサグサッ


固法「ロリコンの甲斐性なし……」

一方通行「ウガァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!?」
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 00:48:46.59
一方通行「てっ、テメェ、言いたい放題……」プルプル…

固法「……えっと、手元の資料にはそう書いて…」

一方通行「貸せッ!」バッ



製作者 番外個体

ギャハッ♪


一方通行「あのくそアマァァァァァァァァァァァァァァァァァァッッッッ!!!!!!」

79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 00:55:42.10
麦野「まあ、これでコイツの事は大体分かったけど」ペラッ

一方通行「いや、よくねェよ!?」

御坂「まあ、大概ゲスよね、アンタ」

一方通行「だから、違うッてんだろが!!」

御坂「へえ、どの辺が?」

一方通行「……いや、まあ、なンだその……」

麦野「ついでに、優柔不断っと」カキカキ

一方通行「書き加えてンじゃねェェェェェェェェェェ!?」

80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:02:12.27
固法「でも、性癖や人間性は置いといて」

一方通行「いや、置いとくなよ!?」

固法「結構、将来性はあるんじゃない?」

一方通行「……分かってんじゃねェか」

麦野「……アンタって、借金結構あったんじゃないの?」

一方通行「あン!?あんなモン、チャラだチャラ」ヒラヒラ

固法「……うわぁ」ドンビキ

御坂「流石、人間のクズ……」ドンビキ

一方通行「おィィィィィィ!?」
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:09:45.47
御坂「でも、借金を平気で踏み倒す人間性は置いといて」

一方通行「だから、あれは」

麦野「……まあ、確かに頭は良いし、奨学金のお陰で金もある……。ペドだけど」

一方通行「おィィィィィ!?」

麦野「……そう考えると、ウチの浜面は……」ハァ…

82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:17:03.86
固法「でも、浜面くんには浜面くんの良い所があるじゃない?」

麦野「そりゃ、そうだけど……」ハァ…

御坂「そうそう。所詮、あたし達の能力とかレベルなんて学園都市基準のモンなんだし、気にしなくても良いんじゃない?」


麦野「……そりゃ、まあ、そうだけど……」

一方通行「……さりげなく、下げられてる気がすンですけど…」
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:23:23.12
御坂「それにさ、お互いに支え合うってのがあるべき姿じゃない?」

固法「あ、あるべき姿って……」

麦野「……な、何の?」ゴクリ


御坂「な、何のって……」



御坂「そりゃ、夫婦に決まってるじゃない///」

麦野「」///

固法「っ!?」///

一方通行「……帰りてェ」
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:30:32.62
固法「ふっ、夫婦って……///」

麦野「おいおい、そりゃ気が早すぎンだろうが第三位さんよぉ!!」///


御坂「だだだだって、考えなくない!?その、例えばー――――――子供の事とか、さ」///



固法「こっ」

麦野「子供ォー―――ッ!?」
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:35:09.24
御坂「いやほらだってさ、もしもよもし、付き合ってさ……」


御坂「そのまま結婚しちゃったら!!」

固法「けっ」

麦野「…結婚!?」

御坂「そ、そしたらさ、必然的にさ、そ、その子作りしちゃう訳でさ!!」///
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:41:20.22
固法「そしたら、わたしは二人くらい欲しいかなー?」

御坂「んー、あたしはもうちょっと姉妹が多いほうが……」

麦野「……」///

御坂「で、アンタは何人くらいなの?」

麦野「いや、ちょっと待って」

固法「うん」

麦野「……結婚して、子供を作るって事は、アレよね?」ゴクッ…
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:47:31.86
ゴクリ…
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:47:34.70
麦野「……って事は、アレしちゃう訳よね!?」

固法「う、うん…」ゴクリ…

麦野「……となると、アイツの子種がたっぷりと注がれちゃう訳よね!?」

固法「……」ゴクリ…


御坂「………」ゴクリ…



一方通行「滝壺ッてヤツの中にな」



麦野「……………………………へ?」


89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 01:53:55.38
麦野「……えっと」

固法「……その」

御坂「それはどういう……」

一方通行「どういうッてそのまンまだろうが」



一方通行「浜面のガキを孕むのは、今付き合ってる滝壺ッてヤツになるだろうが」



麦野「そ、そうだったー――――――!!!!!!」
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 02:00:19.68
麦野「くっ……、油断してたわ……。浜面と平和な家庭を築く事ばかりに気がいって肝心な事を失念するなんて!!」

一方通行「失念ッて、そもそもそっちが本題だろうが」


麦野「くそっ、思わぬところで大敵が……!!」

固法「落ち着いて、麦野さん。まだチャンスはあるわ」


麦野「で、でも……」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 02:05:13.44
御坂「落ち着いて麦野。まず、アンタは一番何したい?」

麦野「そりゃ、アイツと……」

固法「……でも、そこには滝壺さんがいる。そして、あなたは浜面くんを強引に奪いたくはない……」

麦野「う、うん……」

92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 02:10:37.43
御坂「……なら、気づいてるんじゃない?まず、最初にしなきゃならない事を」


麦野「……最初にしなきゃならない事……?」


麦野「……そうか!!」






麦野「……と、言うわけで滝壺!!」







麦野「わたしと結婚して!!!!」


滝壺「いや、それはおかしい」




つづく
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/12(金) 03:54:22.10
おつー
麦野さん落ち着いてくださいwww
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 00:38:01.48
――――――


滝壺「ねえ、むぎの」

麦野「なに?」


滝壺「むぎのははまづらのこと、好き?」

麦野「ええ、好きよ。自分の命がささやかだと感じるほど」


滝壺「ねえ、むぎの」

麦野「なに?」

滝壺「むぎのはわたしのこと、好き?」

麦野「ええ、好きよ。自分の命を投げ出せるくらいに」
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 00:44:27.99
麦野「ねえ、滝壺」

滝壺「なに?」

麦野「滝壺は、わたしのこと、好き?」


滝壺「……すきだよ」

麦野「……そう」

滝壺「……でも、likeであってloveじゃないけど…」

麦野「……そう。でも、わたしはあなたが好きよ?もちろん、love、でね?」ニコッ

滝壺「……えっ」ドキッ


絹旗「ドキッ、じゃ超ありませんよ、滝壺さん!?」
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 00:48:54.93
絹旗「滝壺さんを呼び出したかと思えば、超なにしやがってるんですか!?」


麦野「何って……、愛の告白?」

滝壺「……えっ///」

絹旗「臆面なく答えんなあぁぁぁぁぁあ!!!!!!」
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 00:55:35.07
絹旗「いきなり滝壺さんを呼び出したかと思えばいきなり麦野のレズ宣言にバイ宣言にどうしたらいいんですか。とりあえず、滝壺さんの隣から離れて下さいよ超こんちくしょー」グイグイ

麦野「やーよ。滝壺の隣、暖かかいんだもん」キュッ


絹旗「キュッ、って何ですか。超キャラとあってないんですけど寒いんですけど」

滝壺「……でも、むぎのもあったかい///」キュッ



絹旗「だから、超なにしてやがんですかー―――っ!!!!!!」
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 00:59:42.41
絹旗「とりあえず、二人とも離れて!!!!」グイグイ

滝壺「あ、ちょっと、きぬはた」

麦野「なーに、アンタ妬いてるの?」ニヤニヤ


絹旗「何処をどう見たらそんなお花畑が咲いてるみたいな意見が超出てくるんですか!!!?」
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 01:05:39.03
絹旗「とにかく!わたしはそんな話、超認めませんからね!!!」

麦野「え~?」

絹旗「え~?、じゃありませんよ!!大体二人とも女の子じゃないですか!?」


麦野「大丈夫よ、同性婚を認めてる国もあるわ!!」


絹旗「超だまりやがれええええ!!!!!!」

106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 12:58:13.56
麦野「……そっか」

麦野「まあ、始めからこんな話受け入れられるとは思ってなかったから」スッ



絹旗「ですよねー。こんなの超タチの悪い冗談……」

麦野「あっ、言っとくけど」スッ

麦野「別に滝壺の事、諦める訳じゃないからね?」


チュッ


絹旗「」

滝壺「///」カァッ




絹旗「って、事になってるんですよ!!」

浜面「」

108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 23:42:53.59
絹旗「どうするんですか浜面!!」

浜面「いや、どうするたって……、……どうしよう?」

絹旗「浜面がびしっと麦野に言わないからこんな超ややこしい事態になったんじゃないですか!?」

浜面「い、いや、そのへんは分かってくれてると……」

絹旗「じゃあ、もし麦野に付き合って~って、言われてもちゃんと断れるんですね!?」

浜面「ま、待て!!そんな事したらフレンダよろしく真っ二つに!?」

絹旗「大丈夫ですよ、もし浜面が浜/面になってもちゃんと死に水はとってあげますから!!」

浜面「真っ二つ前提!?」
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 23:49:18.09
一方通行「よお、随分盛り上がってるじゃねェか……」ズイッ…

浜面「あ、お前は」

絹旗「一方通行!?」



浜面「な、何でこんなところに……」

一方通行「いや、普通にコーヒー飲んでたんだが、こんなファミレスでギャーギャー楽しそうに騒ぎまくってからよォ……」
ニヤニヤ


110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 23:53:15.96
一方通行「で、何の話してるんだ?」

絹旗「あなたには超関係ない話ですよ」

一方通行「ほう……、てっきり原子崩しのヤツがお前の女を寝とろうって話かと思ったんだけどよォ…」

浜面「しっかり聞き耳立ててんじゃねぇか!!」

111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/13(土) 23:56:25.19
浜面「てか、さっきの話ってそういう事だったのかよ!!?」

絹旗「……まあ、ちょっとニュアンスは違いますけど、大体そんな感じですかね…」

浜面「なっ





なんだってー―――――――――――――――!?」

112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:02:20.91
浜面「おっ、おい!!マジでやべーじゃねぇか!?」

絹旗「だからさっきから言ってるじゃないですか!?」

絹旗「今やアイテムは超存亡の危機なんですよ!?」

浜面「……くそっ、一体どうしたら……」


113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:08:21.38
一方通行「じゃあよ、二人ともと付き合っちまえば良いんじゃねェか?」

絹旗「えっ?」

一方通行「それだったら誰も損しねーし」

絹旗「却下」

一方通行「……あん?」

絹旗「浜面を貴方みたいな超ダメ人間と一緒にしないでくれますか!!」

一方通行「……なんだと?」

114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:16:38.54
絹旗「聞きましたよ、女とみれば見境なくとっかえひっかえ!!まるで絵に書いたような超ダメ人間だと!!」

一方通行「ハッ!!誰が言ってやがったんだそんな事……」

絹旗「黒夜ですけど」


一方通行「……あンのクソガキ……」

115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:26:43.31
絹旗「さあ、浜面。こんな超ダメ人間の言う事なんか聞かずに、善後策を考えましょうっ」

浜面「いや、俺は二人同時に付き合っても……」

絹旗「ぶち殺しますよ?」


一方通行「ハッ!!誰が一度に一人の女しか愛しちゃいけねェって決めたんだよ!!」

絹旗「そういう事は超倫理に反しますから!!」

一方通行「なら、テメェにはもっと良い解決案であるってのか!?」

絹旗「あ、ありますよ!!超とっておきのヤツが!!」

一方通行「ハッ!!だったら言ってみろよ、その解決案とやらをよォ!!」

絹旗「うぐぐ……」

116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:30:22.92
絹旗「……浜面」


浜面「お、おうっ」


絹旗「……一度しか言いませんから、超聞き逃さないで下さい」

浜面「あ、ああ…」ゴクッ


絹旗「わたしと






付き合って下さい――――――――――――っ」



浜面「…………………………………………………えっ?」
117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:41:32.48
浜面「あ、あの、絹旗さん……?」

絹旗「わたしと浜面が付き合えば麦野と滝壺さんが付き合あおうが何しようが超バランスがとれますし」

浜面「ちょっと待て!俺には滝壺が!!」

絹旗「超大丈夫!!すぐ忘れるくらいわたしに夢中になりますよ!!」

浜面「待て待て!大体アイテムのためにって、好きでもないヤツと付き合ってもっ!!?」

絹旗「大丈夫、大丈夫。わたし、浜面の事超結構好きですから」

浜面「どっち!?」

119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:47:47.32
絹旗「さあ、二人に報告行きましょうか」

浜面「待て待て待て待て早まるな!!」

絹旗「大丈夫ですって、ば……?」





麦野「ほう……、





何が大丈夫なのかにゃーん?」ガシッ


浜面「げっ」

絹旗「む、麦野……」

一方通行「…………」ニヤニヤ

121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 00:57:41.78
絹旗「いっ、一体いつから……」

麦野「え~、結構前に来てたんだけど、浜面とのおしゃべりに夢中で気づかなかったのかにゃ~」ニコニコ

滝壺「ひどいよきぬはた」グスッ

浜面「た、滝壺まで…」

滝壺「わたしたちを出し抜いてはまづらと付き合あおうとする、そんなきぬはたは応援できないよ…」

絹旗「あわわ」


122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:06:22.01
麦野「つかさ、浜面。アンタ絹旗と付き合う訳?」

浜面「い、いや、それはコイツが勝手に……」

滝壺「じゃあ、わたしたちはもうお仕舞いなの?」グスッ…

浜面「いやそれは!!?」

絹旗「ちょっと待って下さいよ浜面!!今のさっきでいくら何でも超酷すぎませんか!?」

浜面「いや、だから……」


麦野「……ふーん、二人とは付き合えても、わたしとは無理なんだ……」

浜面「」

123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:13:25.42
浜面「あ、あの、一体どうすれば!?」


一方通行「……良いじゃねぇか、三人一緒に付き合っちまえばよ」

浜面「」



固法「そうよね、その方がいっそ男らしいわよね」


御坂「そうそう、フラグばっか立てて全く未消化の誰かさんよりも潔いわ」


浜面「うるせーよ!!!」

124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:19:24.90
一方通行「で、どうすんだよ、なあ、ヒーローよォ!!」




浜面「……俺は」




浜面「俺は、滝壺、麦野、絹旗!!お前ら全員と付き合う、いや、付き合いたい!!」

125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:20:05.64
いっ……言った!?
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:21:20.18
滝壺「……うん」

麦野「……そっか」


浜面「…………」



麦野「……ありがと、浜面」



128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:29:06.02
絹旗「あーあ、結局訳のわからない形に……」ハァ…

一方通行「まあ、良いじゃねぇか」

絹旗「わたしは出来れば普通の恋愛がしたかったんですけど、あの、そろそろ離して欲しいかなって、何処につれて行くつもりですか麦野!!?」

麦野「さっきも言ったでしょ?滝壺とも付き合うって」ズルズル

絹旗「いや、それとこれと何の関係が!!?」

滝壺「大丈夫、わたしたち二人に手込めにされて女同士でも仲良くなる、そんなきぬはたをわたしは応援している」ズルズル

絹旗「超応援しないで下さいそんな事!!」


129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:35:32.41
滝壺「じゃあ、ちょっと行ってくるね?」

浜面「あ、うん」

麦野「じゃあ、後でねー」

浜面「あ、はい」



一方通行「……終わったな」

御坂「ええ……」

固法「そうね……」





かくして一人の女の戦いは訳がわからないうちに終わりを告げた!!

がんばれ御坂、負けるな固法、爆ぜろセロリ!!

更なる戦いが彼らを待っている!!



浜面「……帰ろ」




130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 01:55:24.95


どうしてこうなったwwww
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 02:10:42.25
アイテム編が完という認識でよろしいな!?

乙!
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/14(日) 02:17:21.08

さあ次は御坂の番だ!
関連スレ(同じ書き手のSS)

御坂「だめんず」麦野「うぉ~か~」



御坂「先輩って」麦野「呼ばれたい!!」




 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。