マルコ「好きだ、付き合ってくれ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 18:08:11 ID:TTvK05M.
クリスタ「すまない....」

マルコ「やっぱり...ダメか...」

クリスタ「というか実は私はクリスタではないんだ」

クリスタ「キースなんだ.....」

マルコ「...」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 18:20:34 ID:8oB27wDs
どういうことなの……
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:15:00 ID:TTvK05M.
マルコ「いや、変な冗談はやめry」

クリスタ「特殊メイクだ....」

マルコ「...」

クリスタ「....」

マルコ「.....どうみてもクリスt」

クリスタ「今の特殊メイク技術は凄いんだ...」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:18:47 ID:TTvK05M.
マルコ「........................いつから?」

クリスタ「本物は入隊初日にやめた...」

マルコ「じゃあ....二日目からずっと...」

クリスタ「....」コク

マルコ「...」

クリスタ「....騙しててすまない」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:24:30 ID:TTvK05M.
マルコ「...じゃあ二日目以降のキース教官....いや..」

マルコ「僕達がキース教官と思っていた人は誰なんですか?」

クリスタ「....知らん、私もあいつが誰だかわからない...」

マルコ「...」

クリスタ「どっかの知らないおじさんだ....」

マルコ「......そうですか」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:25:39 ID:IN3UrnHg
俺の読みではベノレトノレトさんが怪しいな、
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:25:44 ID:QAeizE/2
なんだ…と?
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:28:50 ID:TTvK05M.
マルコ「.....あの....」

クリスタ「....何だ?」

マルコ「なぜクリスタに変装してるんですか?」

クリスタ「...可愛らしい女の子になってみたかった....それだけだ」

マルコ「...そうですか」

クリスタ「....そうだ」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:33:49 ID:TTvK05M.
マルコ「.....僕以外にこの事を知ってる人は....?」

クリスタ「いや、君にしか言ってない...」

マルコ「...皆には黙っておいた方がいいですか?」

クリスタ「それは君の意思で決めればいい...」

マルコ「.....はい」

クリスタ「......うむ」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:40:31 ID:TTvK05M.
マルコ「何故......僕にだけ言ったんですか?」

クリスタ「....何も言わず君の告白にokした方が良かったかね?」

マルコ「言ってくれて大変感謝してます」

クリスタ「うむ....ではそろそろ私は女子寮に戻るよ」ザッザッ...
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:42:17 ID:IN3UrnHg
ちょっと待てオッサン
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:45:11 ID:TTvK05M.
マルコ「あ、待って下さい!最後に一ついいでしょうか?」

マルコ「本当に....本当にクリスタじゃないんですか?」

クリスタ「....」

クリスタ「肉棒カーニバル」ボソ...

マルコ「...」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 19:49:22 ID:TTvK05M.
クリスタ「.....本物はこんな言葉を発すると思うかね?」

マルコ「....いえ」

クリスタ「ではまた明日...」ザッザッ...

マルコ「...」

マルコ「..」

マルコ「」グスン...
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 20:22:29 ID:TTvK05M.
男子寮

マルコ「」ガチャ...

ジャン「おぉ!どうだった!?マルコ!告白できたか?」

マルコ「....」

マルコ「.......なかった」

ジャン「え?何?」

マルコ「クリスタじゃ...なかった....」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 20:28:48 ID:TTvK05M.
ジャン「ん???」

マルコ「キース教官.....」

ジャン「?......よくわからんが、告白してきたんだろ?」

マルコ「....間違えてキース教官に告白しちゃった........」

ジャン「何をどう間違えたんだよ」

マルコ「.....」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 20:40:32 ID:TTvK05M.
マルコ「....クリスタと思ってたら...キース教官で...」

マルコ「キース教官は....知らないおじさんで....」

ジャン「......全く意味がわからん..........」

マルコ「でも.....本物のクリスタにフラれたわけじゃないんだ....」

マルコ「.....フラれたわけじゃない」

ジャン「...お...おぅ!...そりゃ良かっ...たな?」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 20:51:35 ID:S789jDZs
面識もないけどな
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:12:09 ID:TTvK05M.
翌日

ジャン「ミカサ!率直に言うぜ!俺はお前が好きだ!!」

ミカサ「......すまん、私はミカサじゃない....エルヴィンなんだ」

ジャン「............ははっミカサでも冗談言うんだなwますます好きにry」

ミカサ「エレンキモい死ね....」ボソッ

ジャン「......」

ミカサ「本物はこういう言葉を冗談でも発すると思うか?」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:12:58 ID:IN3UrnHg
まさか... 俺のヒロインもか!?
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:18:02 ID:TTvK05M.
ジャン「......言いません」

ジャン「あの.....いつから?」

ミカサ「入隊初日に本物は開拓地に戻ってしまってな...それ以降だ」

ジャン「....じゃあ...今調査兵団を率いている人は....?」

ミカサ「わからない....知らないおじさんだ...」

ジャン「........」

ジャン「...................そっすか」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:25:56 ID:TTvK05M.
ジャン「....なぜミカサに変装を?」

ミカサ「東洋系の美しい少女になりたかった.....それが理由だ」

ジャン「....」

ミカサ「そろそろ私は女子寮に戻る.....また明日会おう」ザッザッ.....

ミカサ「あ、最後に一つ君に言いたいことがある」

ジャン「....?」

ミカサ「この世界は残酷だ....しかしとても美しい」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:31:37 ID:TTvK05M.
男子寮

ジャン「」ガチャ

マルコ「ジャン!どうだった!?」

ジャン「...」

ジャン「昨日....お前の言ってることがわかった...」

マルコ「あぁ...そんな........」

ジャン「間違えてエルヴィンさんに告白してしまった....」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:41:09 ID:TTvK05M.
マルコ「ジャン....」

ジャン「...これ.....精神的に辛いな...」

マルコ「わかるよ...すごい辛い....」

コニー「よぉ!何二人暗~い顔してんだよ?何かあったのか?」

ジャン「.....別にお前には関係ねぇだろ」

コニー「何だよ怖い顔すんなよっ!」

コニー「俺は今から愛の告白をするってのによぉー!!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:50:49 ID:TTvK05M.
マルコ「!?....誰に告白するんだ?」

コニー「へへっ....サシャだ///」

ジャン「..............やめとけ」ボソ...

コニー「何だよ!俺じゃサシャとつり合わないってのかよ!?」

コニー「...たしかに俺はチビだけど、でもそんな理由で諦めたくry」

マルコ「そういう意味じゃないんだ!」

コニー「何だよ?.....今日のお前等怖いぞ......」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:55:06 ID:QAeizE/2
まさかまた知らないおじさんが増えるのか?
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 21:59:36 ID:TTvK05M.
マルコ「ま.....まぁ...サシャは絶対ではないけど....」

ジャン「いや.....流れからして9割以上は...」

コニー「何ブツブツ言ってんだ?とにかく俺は行ってくるぜぇ!!」ダッ

数十分後 男子寮

コニー「」ガチャ

マルコ「コニー....その表情は!?」

コニー「ごめん.....お前等が正しかった」グス
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:07:30 ID:TTvK05M.
ジャン「.......サシャと間違えて誰に告白しちゃったんだ?」

コニー「..................................リヴァイ」グスン

マルコ「じゃあ今...人類最強の看板背負って戦ってる人は...」

コニー「......わかんねぇ、知らないおじさんだって...」

ジャン「コニー......」

マルコ「辛かったね....」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:14:48 ID:0f0YGDaY
知らないおじさん大量発生
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:26:35 ID:wA4I5Mf.
もう訓練兵団なんてやめておっさん兵団にしろよ!
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:28:05 ID:TTvK05M.
コニー「しかし酷いぜ、俺はずっとあんなオッサンに恋を....」ポロポロ

ジャン「全くだ!畜生!!」グスッ...

マルコ「変態........変態だよっ!悔しい!」

ライナー「よぉ.....お前達も女子3名の正体を知ってたのか...」

ベルトルト「僕とライナーだけかと思ってたよ...」

ジャン「ッ!.....ライナー達も告白したのか!?」

ライナー「いや、見ちまったんだ....一週間前に...」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:35:14 ID:TTvK05M.
一週間前

ライナー「さて、女神クリスタの風呂を覗くか」

ベルトルト「ワクワクするなぁ~」

ガラッ.....

ライナー「!!」

ベルトルト「!?」

そこには特殊メイクを外してるハゲジジィの姿が......!!
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:38:04 ID:dKgl3ehQ
女子たちが嘘をついている可能性を信じていたんだが
へし折られたようだ……
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:40:25 ID:TTvK05M.
キール「ふぅ...クリスタに変装してれば女子のオッパイ触り放題だ」チャプ...

キール「ずっとクリスタとして生きて行こう」ザブゥーン

ライナー「(何てことだ.....)」

ベルトルト「(最低な男だ....)」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:51:16 ID:TTvK05M.
現在

ライナー「あれから女子全員の風呂を覗いんたんだが....」

ベルトルト「サシャとミカサも同じような光景が見られた...」

ジャン「あいつら...エロ目的で女装してやがったのかぁ~」ビキビキ

ライナー「それで....復讐しようと思うんだが....お前達乗るか?」

3人「「当然乗る!!!」」

ライナー「よしっ、決行は明日だ、今から作戦を説明するぞ!!」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 01:52:01 ID:6XoM/jKc
ちょっと待て!

この2人サラッと全員の風呂覗いたって言ったぞ
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:06:05 ID:yS4MmpBs

翌日

クリスタ「何だね?急に呼び出して.....」

マルコ「すいません、無理を承知で頼みたい事があるのですが.....」

クリスタ「頼みたい事?」

マルコ「はい.....実はミカサとサシャはレズなんです...」

クリスタ「!!」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:12:19 ID:yS4MmpBs
クリスタ「そ....そうのか....しかしそれが私と何の関係が....?」

マルコ「さらに二人はクリスタが好きみたいで...」

クリスタ「まさか!?」

マルコ「二人の相手になってもらえませんか?」

クリスタ「.........ふむ」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:19:24 ID:yS4MmpBs
マルコ「やっぱり........無理ですよね?」

クリスタ「そんな事はない!」

マルコ「!?」

クリスタ「私は元教官、訓練兵のために体を張ってきた男だ...」

クリスタ「訓練兵が望むなら私はそれに応じる義務がある!」

マルコ「じゃ....じゃあ!?」

クリスタ「引き受けよう.....」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:24:54 ID:yS4MmpBs
マルコ「ありがとうございます!」

マルコ「じゃあ早速ですがこれを...」スル...

クリスタ「.....目隠し?」

マルコ「はい!二人は目隠しプレイがやりたいと言ってたので!」

クリスタ「ほぉ....それも良かろう///」

マルコ「(ジャン、コニー...頼むぞ.....)」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:31:20 ID:yS4MmpBs
その頃...

ジャン「クリスタとサシャがミカサと3Pがしたいと言ってましたが...」

ミカサ「いいだろう!二人が望むならしかたない!!」

ジャン「目隠しプレイがしたいみたいですが....」

ミカサ「何でもいいのだよ....何でも....///」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:42:22 ID:yS4MmpBs
同じ頃...

サシャ「はぁ?ミカサとクリスタの相手だと....やるわけねぇだろ」

コニー「いいじゃないですか!リヴァイさんからすれば美味しい話ですよ!?」

サシャ「そんな事目的で俺は女装してるわけじゃねぇんだ....俺はもっと純粋な」

コニー「二人がサシャじゃないと絶対嫌だって言ってました!」

サシャ「チッ....」

コニー「お願いしますっ!!」

サシャ「......................今回だけだぞ///」


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 01:52:26 ID:yS4MmpBs
立体起動訓練場

クリスタ「ここはどこだ?......何も見えない」

マルコ「......目隠しはとらないで下さいね」

マルコ「もうすぐミカサ達が来ます、ここで待ってて下さい」

クリスタ「わかった、私の正体は二人には絶対言うなよ....」

マルコ「もちろんですよ、言いません...」

クリスタ「(女装して本当に良かったぜ....興奮が収まらん)」ハァハァ...

マルコ「(キモ....)」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 02:02:10 ID:yS4MmpBs
マルコ「...じゃあ僕は邪魔物なのでここで失礼します」スタスタ...

クリスタ「あぁ...後は任せなさい」ハァハァ...

数分後、クリスタと同様に目隠しを巻いたミカサとサシャがやって来た

ミカサ「クリスタとサシャは....どこにいるんだ?」ハァハァ...

ジャン「もうそこにいるよ、後は真っ直ぐ歩いて下さい...!」

サシャ「早くヤリたい!早くヤリたい!」ハァハァ...

コニー「後3m歩けばいますよ、俺はもう寮に戻りますから..」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 02:10:09 ID:yS4MmpBs
ミカサ「...」スタスタ....ドン!

クリスタ「ひゃっ!///」

ミカサ「その声は....クリスタ?」

クリスタ「うん....ミカサ...だよね?」

サシャ「見つけました!」ガシッ

ミカクリ「!?///」

サシャ「さぁ、やりますよっ~!!」ブッチュゥウウウウ!!
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 02:26:05 ID:yS4MmpBs
ライナー「......うまく行ったようだな」コソ...

ベルトルト「女装3人組はお互いの事を知らないかったみたいだね...」

ライナー「仕上げに掛かるぞベルトルト、何をやるか覚えてるな?」

ベルトルト「あぁ、3人の濃厚なプレイに紛れて特殊メイクをはぎ取る!!」

ライナー「正解だ、行くぞっ!!」ダッ
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 03:02:00 ID:yS4MmpBs
ミカサ「クリスタ!クリスタァ~!!」ベロベロべロ

ライナー「(オラッ)」べりべりっ!

サシャ「ミカサ......ハァハァ.......好きだ!」チュパチュパ...

ベルトルト「フンッ」べりべりべりっ!

キース「い....入れるよ!ミカサっ!」

エルヴィン「え!?入れる?」

キース「あっ!......ぺ.....ぺ二バン付けてるか」アセアセ

エルヴィン「そ....そっか!いいよ入れて!」
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 03:08:50 ID:yS4MmpBs
ライベル「(オラァ!)」べりぃべりぃ!

リヴァイ「あ、私も実はぺ二バン付けてるんです、ミカサしゃぶって下さい!」

エルヴィン「ええ、いいわよ...サシャも来て」

キール「えい!」ズプッ....

エルヴィン「んっ///」

リヴァイ「それ!」ガボッ

エルヴィン「んがっ///」
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 03:17:18 ID:yS4MmpBs
キール「うぅ!....ミカサって結構毛深いんだね!」パンパンッ

エルヴィン「んっ...ん...ん///」

リヴァイ「ハァ.....ミカサッ!舌が凄いザラザラしてますねっ....あぁ!///」


ライナー「(よしっ特殊メイクはこれで全部はがしたな...)」

ベルトルト「(........地獄絵図だ)」
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 03:39:14 ID:yS4MmpBs
ライナー「(よしっ復讐は成功だ、寮に戻るぞ)」ヒソヒソ

ベルトルト「(了解!)」親指グッ



キール「あぁ...あああああっ!!イクイクゥ~!!」パンパンパンパン!

キール「ミカサ...!最後に貴方の可愛いらしい姿を見せて」目隠しぺリッ

エルヴィン「んんん!あんっ!///」

キール「ミカs............あれ......?」ドピュウ
62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 03:45:25 ID:yS4MmpBs
リヴァイ「あっ、イク.....!」ビュルル

リヴァイ「ふぅ........ミカサ良かったですよ」目隠しぺリ

リヴァイ「」

エルヴィン「ハァ...ハァ...どうしたの?皆黙って....」目隠しぺリ

エルヴィン「..........え........えっとこれは.......................え?」
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 08:03:55 ID:rd3sSBfw
現実は残酷だ…
67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 11:35:09 ID:KacJLTes
地獄絵図www
68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 12:07:32 ID:yS4MmpBs
エルヴィン「..............リ.......ヴァイ?..............何故......お前がここに......いる?」

リヴァイ「................................そりゃこっちの台詞だ.....................どういう状況か説明しろ」

キース「......」グスン

エルヴィン「......」

リヴァイ「.......」

エルヴィン「とと....とりあえず気持ち良かったぞ、リヴァイ」混乱

リヴァイ「そ.............そうか、なら良い」錯乱

キース「死にたい........死にたいっ」ポロポロ
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 12:14:34 ID:yS4MmpBs
男子寮

ライナー「面白い程上手く行ったな!」

ジャン「へっ、そろそろ気付いた頃かな?」

マルコ「.....でも少し彼らに同情するな~」

コニー「俺達の夢を壊したんだからこのくらい当然だろ!」

ベルトルト「あ........一つ気になることがあるんだけど」
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 12:22:17 ID:yS4MmpBs
ベルトルト「彼らが変装してる間、変わりの人誰だったんだろ?」

ジャン「知らないおじさんって言ってたけど...」

ベルトルト「.....あまりにキース教官似すぎじゃないか?」

コニー「特殊メイクとかじゃね? それより本物のサシャ達はどこにいるんだ?」

マルコ「開拓地って言ってたじゃないか....」

ライナー「開拓地?いやそれは変だぞ.....」
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 12:30:21 ID:lSAJAHRc
まさか……
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 14:35:26 ID:yS4MmpBs
ライナー「俺達は訓練が休みの日は必ず開拓地に行ってたんだ...」

ベルトルト「そこで可愛い女の子の風呂を覗いてたんだけど......ミカサ達は見たことないよ」

ライナー「開拓地にいたらもっと早く異変に気付くはずだしな!」

ジャン「じゃあ本物は.......まさか.....!?」

マルコ「何となくそんな気もしてたけど..................あ!!」

コニー「マルコどうしたんだ? 今までクリスタに指導されてた事に興奮してんのか?」
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 14:38:45 ID:rd3sSBfw
またサラッと覗き告白したぞ
74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 14:39:49 ID:yS4MmpBs
マルコ「.....違う、クリスタはいいとして今日は....」

コニー「?」

ジャン「あっ!!」

ライナー「これは......まずいぜ....」

ベルトルト「うん....まずいね...」

マルコ「調査兵団の壁外遠征の日だ!!」
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 14:48:52 ID:yS4MmpBs
コニー「あ!!サシャ.......」

ジャン「いや落ち着けっ 今から助けに行けば間に合うぞ!」

マルコ「予定通り行くと......後30分くらいで出発か....」

ライナー「俺も行くぜ、立体機動の準備だ!!」

ベルトルト「もちろん....僕も行くよ」

マルコ「......あちゃ~」
76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 14:56:17 ID:yS4MmpBs
倉庫

ジャン「よし、装備はいいな皆!?」

コニー「もちろんだ!絶対助ける!」

ベルトルト「全力で町に向かって5分.....急ごう!」

キース(偽)「貴様等....無断で立体機動を装備して何をするつもりだ..」ガチャ

マルコ「.......もう無理しなくていいんだよ、クリスタ」ニコッ

キース(偽)「!!」
77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 15:09:32 ID:yS4MmpBs
ライナー「教官にどんな脅され方されたか知らねぇが...今まで教官のフリをしてたんだろ?」

キース(偽)「ち.....違う!一体貴様等は何の話をしてry」

ベルトルト「本物のキースは僕達が天誅を下したよ、だから安心して」

キース(偽)「....」ウルウル

コニー「もうこんな臭い特殊メイク取っちまえよ!」べりべりッ

クリスタ「....皆、今まで騙してて....ごめんなさい」ウルウル

マルコ「やっぱりクリスタだったんだね...」

クリスタ「う....うわぁあああああぁん」泣き
78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 18:06:19 ID:KacJLTes
なんてこったい
79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 18:50:24 ID:yS4MmpBs
マルコ「よしよし、辛かったね....」

ベルトルト「もう無理をする必要はないんだよ」

ジャン「おいお前等、急ぐぞ!」パシュ

ベルトルト「ごめんごめん、そうだったね」パシュ

クリスタ「.........どこ...........行くの?」

マルコ「後二人助けなきゃいけないんだ!」パシュ

クリスタ「?」
80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 19:00:13 ID:yS4MmpBs
トロスト区 門付近

ぺトラ「リヴァイ兵長.....手が震えてますよ」

リヴァイ「あ...あぁ、気にするな、ただの武者震いだ」ガタガタ

ぺトラ「変な汗も出てますよ?怖いんじゃないんですか!?」

リヴァイ「暑いだけだ........気にするな」ガタガタ

オルオ「馬鹿かぺトラ?強い兵士程戦場を恐れるもんなんだぜ...」

ハンジ「ん~...それにしても様子がおかしいような」

エルヴィン「.............」
81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 19:23:34 ID:yS4MmpBs
ゴロゴロゴロ.....

ハンジ「門が開いたようだね、行こうか」

エルヴィン「うむ.....行こう....」ブルッ

リヴァイ「............あぁ....」ガタガタ

パシュウウウウ

オルオ「!.......誰だ!?」


ジャン「ハァ....ハァ.....間に合った......」
82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 19:34:41 ID:yS4MmpBs
その後、無事ミカサとサシャは救出され、ライナーとベルトルトは
覗き常習犯として偶然その場にいた憲兵団に逮捕された。

ジャン「たくっ....今日は休日だってのにめちゃくちゃ疲れたぜ」

コニー「まぁいいんじゃね?女子達も戻ってきたし...」

マルコ「調査兵団からお詫びとして高級なお菓子を沢山貰えたしね!」

コニー「まぁな....そしてやっと愛の告白ができるぜ!」
83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 19:45:26 ID:yS4MmpBs
ジャン「へへっ!俺も本物のミカサに想いを伝えるぜ!!」

マルコ「僕も、僕もクリスタに本当の告白をっ!!」

ジャン「あ、そういえば女装変態三銃士はどうなったんだ?」

コニー「知らねぇよ!逮捕されたんじゃねぇの?どーでもいい!!」

ジャン「まぁそうだな!どーでもいいな!」

3人「あはははは」
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 19:55:08 ID:rd3sSBfw
嫌な予感がする…
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 20:11:31 ID:yS4MmpBs
リヴァイ「キキッー!ウキウキ!キャー!」ピョンピョン

キース「ウッホ!ウッホホ!ウッホー!」ドンドコ ドンドコ

エルヴィン「ホーウホゥ....」木の枝ハミハミ

立体機動訓練場、その深い森の奥に猿、ゴリラ、チンパンジーが
生息している。 彼等3人は急性ストレス障害により精神が猿人
に戻ってしまったのだ。 彼等3匹を見る者はこれから先誰もいない........

END
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 12:25:11 ID:..DTsReo
後日談

憲兵「おい、囚人が二人脱走したぞ!」

憲兵2「一体どこに消えたんだ!?」

立体起動訓練場


リヴァイ「キキィ?」

ライナー「ウホウホ!」

ベルトルト「ホァーウ!アイアイ!」


完結
87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 12:33:01 ID:SeWPtIiQ
ライナーはともかくベルトルさんまでwww
88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 02:58:04 ID:7kti/mCo

最後ホラーじゃないか…

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるへいちょ好きのSS訪問者

へいちょおおおおおおおおおおおお

第11の使途

うわ・・・変態ばっかじゃねぇか・・・なんて所に迷い混んでしまったんだ・・・


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク