千棘「楽と桐崎千棘って人が恋人同士になった」

◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:07:05.16 ID:CLQbBnGt0
千棘(楽と桐崎千棘って人が恋人になった…)







千棘「って、私じゃん!!!!!」

千棘「ふわあああああああ、一体どうするのよーーー//」ゴロゴロゴロゴロ

千棘「って、そもそもあいつが告白してきたせいで…」

千棘「いや、私も好きだったからいいんだけど…」

千棘「…」

千棘「告白してきた時の楽…かっこよかったな…」

千棘「えへへ//」


千棘「って、ちがーーーーーう!!!」

千棘「ああっ!もうっ!私は明日からどんな顔してあいつに会えばーーーーー」

千棘「あぁぁぁぁぁぁーーーーーー//」


■関連SS(話の繋がりは無し)

千棘(楽と小咲ちゃんが恋人同士になっちゃった)



千棘「楽と万里花が恋人同士になった…」



小咲「一条君と春が恋人関係に…」



つぐみ「私と一条楽が恋人同士になった」



集「オレとるりちゃんが恋人関係に」るり「なるわけがない」



VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/05/30(金) 23:09:09.06 ID:tynLEUbEo
ついに来たか
◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:13:13.05 ID:CLQbBnGt0
■次の日 朝

千棘「え、えーと…どこもおかしくないわよね?」

千棘「髪もオッケー。リボンもオッケー。制服も大丈夫ね」

千棘「…」

千棘「可愛いとか言ってくれるかな…」

千棘「って、彼氏よ!彼氏!言ってくれるに決まってるわよね!」

千棘「私が読んだ本だと、毎日がラブラブだし!」

千棘「…」



千棘「どうしよう…会うのが凄く楽しみなのに、凄く恥ずかしい…」

千棘「うぅ//」
◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:19:22.64 ID:CLQbBnGt0
■朝の登校


千棘「おはよう」

楽「おう」


千棘「…」

楽「…」


千棘(って、なんなのよ!『おう』って何!?『おう』って!)

千棘(もうちょっとなんか、ほら、気のきいた挨拶は無いわけ!?)

千棘(…)

千棘(でも、なんか今日の楽…すっごくカッコよく見える気がする…)


楽「…」

楽(くそ…)

楽(本当の恋人になったと考えれば考えるほど、意識しちまって…)

楽(なにか気のきいた事を言わねーと…)

楽(…)

楽(ああっもう!なんか今日の千棘…すっげー可愛く見える気がする)


千棘(恋人になったからって意識しすぎなのかな…)

楽(恋人になったからって意識しすぎなんだろうか…)


………


千棘(結局、一言もしゃべらなかった…)

千棘(でもなんでだろう…)

千棘「」チラッ

楽「…」

千棘「ふふっ♪」

楽「?」

千棘(ちょっとだけ幸せかも♪)
◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:24:42.16 ID:CLQbBnGt0
■数時間後

万里花「楽様~♪」

ギュウウウ

楽「って、おい!やめろ!」

万里花「楽様楽様楽様楽様」スリスリスリスリ

千棘「…」ゴゴゴゴゴゴゴ

楽「おい!本気でやめろ!やめてください!」

万里花「あらあら?桐崎さん?なにか文句でも?」


千棘「恋人の前でくっつきすぎじゃありませんことー?」ゴゴゴゴゴ

楽(ひぃっ!千棘がスーパー○イヤ人みたいに!)

万里花「ふふふっ。自分から楽様に、くっつく事ができないからって、ひがまないで欲しいですわ」

千棘「なっ!わ、私だって、ギュッくらいできるし!」

万里花「またまたお冗談をー」


千棘「楽っ!」ギロッ

楽「え?」

万里花「え?」


ギュウウウウウウウウウウ


千棘「//」ボンッ

楽「っ~//」カァー

万里花「え?らく…さま?」

つぐみ「」

小咲「」

るり「小咲!?」
◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:31:19.09 ID:CLQbBnGt0
■お昼の時間

千棘「え?私の為にお弁当を?」

楽「ああ。恋人同士なんだから当たり前だろ」


千棘(嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい)

千棘(こいつが私の為になんて…嬉しい)

千棘(嬉しいなぁ~)

千棘(えへっえへっ)






千棘(でも、どうしよう)

千棘(私、弁当持ってきてるのに…しかも、今日は超多めに…)

千棘(ったく!作ってくれるなら作ってくれるって、ちゃんと言いなさいよ!バカもやし!)


千棘「…」

楽「?」


楽「…」

楽「……」

楽「あっ」

楽「えーと…わりぃ…千棘っていつも弁当持ってきてたよな…」

千棘「え?ま、まぁ、持ってきてない事もないけど」

楽「その…すまんな。この弁当はオレが食べるからさ…」シュン

千棘「…」

千棘(楽のそんな顔、見たくない!)


………


千棘「美味しかったわ。ごちそうさま」

楽「おっおぉ!すげーな!あの量を食べるやつ、初めて見たぜ!」

千棘「あははははは」

千棘(喜んでくれたけど、なにかを捨てたような気がする…)
◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:36:35.15 ID:CLQbBnGt0
■放課後


スッ

千棘「えっ?」

楽「その…手…繋いで帰ろうぜ」

千棘「う、うん。そ、そうようね。恋人同士だし不思議じゃないよね」


ギュッ


楽「いや、こうじゃなくて…」

千棘「え?」


ギュッッ


千棘「こ、これって」

楽「その…恋人繋ぎってやつだよ。偽物の恋人の時はやらなかったしな」

千棘「…ぁ」

楽「ん?千棘?」

千棘「ああああああぁぁぁぁ//」

楽「え?」


ドカーン

千棘「無理ーーーーーー!ごめんなさーーーーい!!」ダダダダダダ

楽「」チーン
◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:42:45.58 ID:CLQbBnGt0
■帰宅後

千棘「うわあああああああ。私のバカ!私のバカ!!!」

千棘「せっかくあいつから手を繋いでくれたのに!繋いでくれたのに!!!」

千棘「…」


楽『その…手…繋いで帰ろうぜ』

楽『その…恋人繋ぎってやつだよ。偽物の恋人の時はやらなかったしな』


千棘「わ…わーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

千棘「あいつの手のぬくもりが感触が今でも鮮明に!?」ゴロゴロゴロゴロ

千棘「きゃあああああああああああーーーーーーー//」

つぐみ「お嬢…?ニヤニヤしながらゴロゴロ転がって…何をしてるんですか?」

千棘「きゃーーーーーーーーーー!!!!」
10  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:50:03.65 ID:CLQbBnGt0
■次の日 朝

千棘「昨日は楽と恋人繋ぎをしたのが嬉しくて嬉しくて…すっかり忘れていたわ」

千棘「私…あいつの事…ボコボコにしちゃった…」

千棘「どうしよう。あいつ絶対に怒ってるよね…」

千棘「どうしよう。もし、別れようと言ってきたら…」

千棘「私のバカ!バカ!バカ!バカーーーーー!」ポカポカポカ


楽「自分の頭を叩いて……何やってるんだお前?」

千棘「ら、楽!?」

楽「ったく、ケガしたらどうするんだよ?」

千棘「いや、その…」

千棘(昨日の事を謝らなきゃ!ごめんなさいって!)


楽「その…さ。お前は可愛いんだから、ケガしたら…ダメだろ?」

千棘「ごめんなさ………ふぇっ//」カァー

楽「あのさ…今日こそは手繋がないか?」

千棘「う、うん//」








ドカーン

「やっぱり、無理ーーーーーーーー!!!」
11  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:53:25.43 ID:CLQbBnGt0
■放課後 屋上

千棘「死にたい…」

千棘「嬉しいはずなのに…嬉しいはずなのに…嬉しいはずなのに…」

千棘「どうしてこうなっちゃうのよ…」

集「背伸びしすぎじゃないのかな?」

千棘「え?」

集「ごめん。聞いちゃったからさ」

るり「ちょっと!舞子君!」


千棘「え?なんで二人がここに?」

るり「散歩してただけよ。散歩を」

集「え~。るりちゃんは桐崎さんが心配になって、探しに来たんだよね~?」

るり「ふんっ」

ガスッ

集「」チーン
12  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:55:56.90 ID:CLQbBnGt0
るり「まぁ、このバカの言うとおりだと思うわ」

千棘「え、えーと、なんの話だったっけ?」

るり「『背伸びしすぎ』だと思うわ」

千棘「え?なにが?」


るり「恋人になったからって、すぐに変化を求めるのは間違いだと思うわ」

千棘「え?で、でも、せっかく本物の恋人関係になったわけだし」

るり「今度は期間限定の恋人じゃなく、無期限の本物の恋人なんでしょ?」

千棘「…ぁ」

るり「期限はたくさんあるのに、慌てる理由が私にはわからないわ」

千棘「あ」

るり「まぁ、そもそも恋をした事がない私の意見なんて、参考にならないかもしれないけどね」

千棘「あーーーーーー!!!」

るり「え?なに?」

千棘「そうだ!そうだよ!るりちゃんの言うとおり!」
13  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:56:23.15 ID:CLQbBnGt0
 
ギュウウウ


るり「え?え?」

千棘「ありがとう!るりちゃん!私、なにかわかったかも!」

るり「千棘ちゃん…抱きついて来て…苦しい…」

千棘「慌てなくていいんだよ。私達は私達なんだから、無理しなくても!」


千棘「私、楽のところに行ってくる!!」


ダダダダダダ


るり「苦しかった…」

集「ほんと、あの真っ直ぐは見習うべきかもね」

るり「ええ、あなたがね」

集「アハハハ。るりちゃんはきっついなぁー」

るり「…」



るり(ごめんね。小咲)

るり(私…もう一人の親友も応援したかったの…)

るり(だから、ごめんね…)
14  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/30(金) 23:56:53.92 ID:CLQbBnGt0
 
………


千棘「楽!帰りましょう!」

楽「おう!今度こそ手を繋いで帰ろうぜ!」

千棘「…」





千棘「それは無理♪」ニコッ
15  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/31(土) 00:04:23.23 ID:Hxta2btC0
楽「…え?」

千棘「楽。私ね、手を繋がなくても、楽と一緒に帰られるだけで幸せなんだ…」

千棘「そう、すっごく、すっごく幸せなんだよ」

楽「…」

千棘「楽はどう?幸せじゃない?」

楽「え?あっ、う~ん。幸せ…じゃないな」

千棘「………………え?」

楽「でもさ、お前と一緒だと…なんつーか。ドキドキ。…あー、嬉しくはなるかもな」
16  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/31(土) 00:05:29.46 ID:Hxta2btC0
千棘「そっかー。楽は嬉しいのかー。えへへっ♪」ニコッ

楽「な、なんだよ」

千棘「ううん。私達ね。今のままでも幸せだし、嬉しいんだと思うんだ」

楽「ま、まぁ…そうだけどさ…」

千棘「だからね。もうちょっとこのままでいようよ」

楽「…え?」

千棘「せっかくだから、少しずつ少しずつ、一緒に一歩ずつ進んで幸せに嬉しくなっていこうっ」

楽「…」


楽「あー、確かに一度に階段を進めたら、楽しくないな」

千棘「うん♪だから、まだ恥ずかしくて手は握れないけど…」

楽「ああ。少しずつもっともっと幸せになっていこうぜ」


千棘「私達のペースでね♪」
楽「オレ達のペースでなっ」



千棘「今度は高校三年間のニセモノじゃなくて、これから一生付き合って貰うんだから!」

楽「ったく、当たり前だ。一生よろしくな千棘」

千棘「うん。一生よろしくね楽♪」









       終わり
17  ◆xW69XHZIXl2A[saga] 2014/05/31(土) 00:06:00.59 ID:Hxta2btC0
これにて終わりになります。
読んでくれてありがとうございました!
また、機会があればよろしくお願いします!
18 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/05/31(土) 00:24:20.33 ID:Top+sZwWo
おつおつ

関連スレ:

この書き手のまとめ
(俺ガイル・ニセコイ中心の書き手です)


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

この続きが物凄く気になる!

とあるSSの訪問者

もっとアダルティを入れちょくれ!
何ぞとお願い致します。

とあるSSの訪問者(上から二番目の奴

結婚初夜のお話を載せてください!!!!!!!!!!!


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク