FC2ブログ

ほむら「私は・・・誰?」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)05:50:29 ID:LWmrZ0bye
ほむら「ここは・・・?」

ほむら「私の家なの・・・?」

ほむら「うぅ、頭が痛いわ」

ほむら「・・・・・・」

ほむら「・・・ダメだわ・・・何も思い出せない・・・」

ほむら「」トテトテ・・・

ほむら「暁美・・・ほむら・・・」

ピンポーン

ほむら「・・・!!」
※短いです
3: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)05:53:48 ID:LWmrZ0bye
ほむら(どどどどうしよう・・・)

ほむら(だ、誰が訪ねてきたのかしら・・・)

ほむら(新聞勧誘とかならいいのだけれど・・・)

ほむら「は、はーい」ガチャ

まどか「あ、ほむらちゃーん」

さやか「ほらぁ、やっぱりピンピンしてんじゃん!」

ほむら(・・・ピンク色と青色の髪の毛・・・)

ほむら(・・・ダメだわ・・・何も思い出せない・・・)

まどか「ほむらちゃん昨日急に倒れちゃったから心配したんだよ?」

さやか「ほんとまどかは嫁のこととなると・・・」

まどか「もう、さやかちゃん!」
4: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)05:56:33 ID:LWmrZ0bye
ほむら(ピンク色の子が・・・まどか・・・青髪がさやかね・・・) 

ほむら「お、お見舞いに来てくれたのかしら?」

さやか「そうそう、感謝しなよー?」
 
まどか「ほむらちゃん相当具合悪そうだったから・・・」

ほむら「そ、そう、ありがとう、二人とも」

さやか「お、今日はやけに素直だなー!」

まどか「ふふふ、元気でよかったよー」

ほむら「・・・」
5: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)05:58:51 ID:LWmrZ0bye
ほむら(やばい・・・)

ほむら(何もありがたくない・・・)

ほむら(誰よこの子達・・・)

さやか「どした?難しい顔して」

まどか「もしかして迷惑だったかな・・・?」

ほむら「め、迷惑なんてとんでもない!すごく嬉しいわ、ま、まどか?」

さやか「なんで疑問系なんだよ・・・」

まどか「ふふ、よかったぁ」
6: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:00:43 ID:LWmrZ0bye
ほむら「ようやく帰ったわ・・・」

ほむら「知らない人と話すのってこんなに疲れるのね・・・」

ほむら「・・・まどか・・・かぁ・・・」

ほむら(・・・?)

ほむら(・・・何かしら・・・この感じ・・・)

ほむら(・・・)

ほむら「とりあえず明日から学校・・・なのかしらね・・・」
7: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:02:24 ID:LWmrZ0bye
次の日

ほむら「はぁ・・・ぬかったわ」

ほむら「まさか教科書を忘れまくなんて・・・」

ほむら「というか記憶がないんだからどうしようもないじゃない」

ほむら「・・・はぁ・・・」

ドンドンドンドン!

ほむら「ほむっ!?」  

ドンドンドンドン!
8: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:06:10 ID:LWmrZ0bye
ほむら「・・・はぁい・・・」ガチャ

杏子「ほむら!ちょい来てくれ!今さやかが抑えてる!」

マミ「お願い暁美さん!あなたの力が必要なの!」

ほむら(あ、赤髪に金髪!!?な、なんなのよこの街は!しかもコスプレまでして!)

杏子「何ほうけてんだ!早くしろ!」

マミ「佐倉さん!強引にしてはダメよ!」

杏子「だけどよマミ!このままじゃさやかが!」

ほむら(はいはい、マミに佐倉ね・・・)
9: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:08:58 ID:LWmrZ0bye
ほむら「行くのはいいけど何をするのかしら?」

杏子「はあ!?何言ってんだ!魔女だよ!」

マミ「あけみさん、取り敢えずついてきてくれないかしら、あなたの力が必要なの!」

ほむら(ま、魔女・・・?) 

ほむら(何を言っているの?この人達は?)

ほむら「ね、ねぇ魔女って・・・」

杏子「はぁ!?寝ぼけてんのか!早くしてくれ!」

ほむら(良く分からないけどなんだか焦ってるわね・・・)

ほむら「わ、分かったわ・・・」
10: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:10:04 ID:J0qU8UBem
記憶がないと銃器も扱えないよなぁ
11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:10:49 ID:LWmrZ0bye
魔女「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!」ドゴォ!

杏子「さやか!生きてるか!」

さやか「ぎりぎりね!でもやばいかも!」

マミ「大丈夫よ!あけみさんを連れてきたから!」

魔女「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!」

ほむら「」
13: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:13:25 ID:LWmrZ0bye
ほむら「な、な、・・・」

ほむら(なにこれぇ!)

ほむら(すごく大きいわ!いや、それ以前にこんなの・・・もう・・・なんか・・・)

ほむら「ありえない!」

さやか「ほむら!?」

マミ「お願いあけみさん!あなたの力を貸して!」

ほむら「ち、力!?」

ほむら(力って何よ!何?石でもぶつければいいの!?)

ほむら「え、えいっ」ブンッ

杏子「ふざけてんのか!」

ほむら「ほ、ほむ!?」
14: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:15:35 ID:LWmrZ0bye
さやか「ほ、ほむら!は、はや・・・キャアッ!!」ドゴォ!

杏子「さやか!!!!」

マミ「美樹さん!!」シュルル!

ほむら(り、リボンで敵を!?)

マミ「とりあえず引きましょう!長くは持たないわ!」

杏子「ちっ!!」

マミ「あけみさん!早く!!」

ほむら「え、えぇ・・・」
15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:19:22 ID:LWmrZ0bye
さやか「・・・はぁ・・・はぁ・・・」

杏子「マミ・・・さやかはどうだ?」

マミ「大丈夫よ・・・これくらいの傷なら・・・私と彼女自身の魔法でなんとかなるわ・・・」

杏子「そうか・・・オイ!」ドン!

ほむら「ほむ!」

杏子「テメェ・・・なんで変身しなかった・・・!」

ほむら「へ、変身・・・?」

杏子「なんで戦わなかったかって聞いてんだ!」

ほむら(た、戦えるわけないじゃない!)

マミ「佐倉さん!やめなさい!」

杏子「だけどよ!」

マミ「もとはといえば三人係で倒せなかったわたし達の力不足が原因よ」

杏子「・・・ちっ!!」パッ

ほむら「・・・」
16: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:20:44 ID:BjTwjGEGs
トテトテ(誰よこの子達・・・)

ドンドンドン!

ほむら「ほむっ!?」 

ドンドンドン!

ほむっ←

ドンドン!ドゴォ!ドゴォ!
ドンドンドン!

ほむっ←

ドンドンドン!
ドンドンドン!

ドンドン!トテトテ
ドンドンドン!(誰よこの子達・・・)

ブンッ
シュルル!

ブンッ
シュルル!

ブンッ
シュルル!
シュルル!

パッ
17: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:21:48 ID:LWmrZ0bye
マミ「・・・でも・・・」

マミ「あけみさん・・・なんで戦ってくれなかったのかしら?」

ほむら「・・・」

ほむら(え?前の私はあんなのと戦ってたの?)

ほむら(あんなのと?何のために?)

ほむら「・・・」

杏子「おい・・・何とか言えよ・・・!」

マミ「佐倉さん」

ほむら「・・・じ、実は・・・」
18: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:24:48 ID:LWmrZ0bye
杏子「は?」

マミ「き、記憶が・・・?」

ほむら「えぇ・・・」

杏子「えぇじゃねぇよ、なんで最初に言わなかったんだよ」

ほむら「そ、それは・・・」

ほむら(だってあなたが怖かったんだもん!)

マミ「・・・そんなこと・・・」

ほむら「ごめんなさい、ほんとに何も思い出せないの・・・えーと・・・佐倉さん・・・?」

杏子「それはあたしだ!そして杏子ってよべ!!」

ほむら「あ、ご、ごめんなさい、杏子」
19: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:27:04 ID:LWmrZ0bye
杏子「どうするよ、マミ」

マミ「どうするもこうするも・・・」

ほむら「まって、とりあえず聞かせて」

ほむら「あの化物は何?」

杏子「お前そこまで忘れちまったのか・・・」

マミ「相当ね・・・」

ほむら「なんであんなのと戦ってるの?怖くないの?あたしも戦ってたの?見返りとかあったの?」

杏子「早い早い早い!」

マミ「と、とりあえずある程度説明するわね」
20: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:30:23 ID:LWmrZ0bye
マミ「・・・ということなの」

ほむら(分かるか)

ほむら「いや、突拍子も無さすぎて何もわからないわ」

杏子「うっせえ、分かんなくても分かれ」

ほむら「理不尽ね」

マミ「でも仕方ないわ・・・どうしましょう・・・これから」

杏子「そうだな・・・あいつを野放しにしておくわけには行かねえ」

ほむら(なんだか良く分からないけど迷惑をかけているのかしら・・・)
21: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:32:03 ID:LWmrZ0bye
ほむら「ようやく開放されたわ・・・」

ほむら(ほんと、あんなのと進んで戦うなんて・・・前の私は頭がおかしいのね)

ほむら「はあ・・・」

ほむら「何も思い出せないわ・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・」

ほむら「・・・はぁ・・・」
22: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:34:02 ID:BjTwjGEGs
ほむら「・・・」

ほむら「・・・」

みむら「・・・」

ほむら「・・・はぁ・・・」

ほむら「・・・」

たむら「・・・」

ほむら「・・・はぁ・・・」

ほむら「・・・」

ごむら「・・・」

そどむ「・・・」

みむら「・・・はぁ・・・」
23: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:35:39 ID:LWmrZ0bye
次の日の放課後

まどか「結局今日もほむらちゃんこなかったね」

さやか「うーん、この前見たときは元気そうだったんだけどなぁ・・・」

マミ「あら、貴方達・・・」

まどか「あ、マミさん」

マミ「どうしたのかしら?元気がないようだけど?」

さやか「いやー、まどかの嫁が学校に来なくてー」

まどか「も、もう!さやかちゃん!」

マミ「・・・」

マミ(そうか・・・美樹さんは気絶していたから知らないのね・・・)

マミ「・・・」

さやか「・・・マミさん・・・?」

マミ「二人ともよく聞いて・・・」

マミ「・・・実はね・・・」
25: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:38:59 ID:LWmrZ0bye
さやか「ええ?」

まどか「ほ、ほむらちゃんが・・・!?」

マミ「事実よ・・・」

マミ「実際昨日の戦いでは何もしてくれなかったわ」

まどか「そんな・・・」

さやか「・・・あのほむらが・・・」

マミ「・・・正直・・・私にもどうしたらいいか分からないわ・・・」

まどか「そうですか・・・」

マミ「ごめんなさいね・・・、あら、もうこんな時間・・・ごめんね、私帰るわ」

さやか「あ、いえ」

まどか「さ、さようなら」
26: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:40:42 ID:LWmrZ0bye
まどか「・・・」

さやか「・・・」

まどか「・・・」

さやか「ま、まぁなんとかなるって!いつかひょこっと思い出すかもしれないじゃん!」

まどか「・・・」

さやか「ま、まどか!」

まどか「・・・」

さやか「・・・ま、まどかぁ・・・」

まどか「さやかちゃん・・・」

さやか「・・・?」
27: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:42:43 ID:LWmrZ0bye
まどか「大丈夫だよ・・・」

さやか「え?」

まどか「私ね、信じてる」

まどか「ほむらちゃんを信じてるから」

まどか「きっとまた、私のことを思い出してくれるって」

さやか「まどか・・・」

まどか「だから、私達はそれまで待ってよ?」

さやか「・・・う、うおー!なんて健気な娘なんだまどかは!こんないい子ほむらにはやらん!」スリスリ!

まどか「わっ、くすぐったいよぉ!」
28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:44:35 ID:LWmrZ0bye
さやか「んじゃーね!気をつけるんだよまどか!」

まどか「うん、ばいばい」

タッタッタッ

まどか「・・・」

まどか「はぁ・・・」

まどか(あんなこと言ったけど・・・)

まどか(やっぱり寂しいよ、ほむらちゃん・・・)

まどか「・・・ん?」

まどか「あれは?ほむらちゃん・・・?」
29: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:46:38 ID:LWmrZ0bye
ほむら「・・・」フラフラ・・・

まどか「なんかフラフラしてる・・・大丈夫かな・・・?」

まどか「・・・!あの首のって!仁美ちゃんと同じ・・・!」

まどか「な、なんで!?記憶がないから・・・?」

まどか「と、とにかくついて行かなきゃ!」

ほむら「」フラフラ・・・
30: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:49:42 ID:LWmrZ0bye
ほむら「・・・」フラフラ

まどか「ほ、ほむらちゃん!」

ほむら「・・・?」

ほむら「・・・誰・・・?」

まどか「私だよ!まどかだよ!」

ほむら「・・・そう」

まどか「言っちゃダメだよ!」

ほむら「・・・離して・・・」

まどか「ほむらちゃんは魔女に操られてるんだよ!」

ほむら「離して!」

まどか「嫌だよ!大切な友達だもん!」

まどか「誰よりも大切な、最高の友達だもん!」

ほむら「・・・」
31: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:52:39 ID:LWmrZ0bye
ほむら「ありがとう」

ほむら「でも」

ほむら「そんな言葉・・・今の私には届かない・・・」

ほむら「私はあなたのほむらじゃないから」

まどか「そんな!ほむらちゃんはほむらちゃんだよ!」

ほむら「・・・違うのよ・・・」

まどか「違わない!」

ほむら「違う!」

ほむら「私は!親も友達も!先生も!思い出も!何も思い出せないのよ!」

ほむら「こんなにも・・・私のことを・・・思っているあなたのことも・・・」

ほむら「何も思い出せないのよ・・・!!」ポロポロ・・・
32: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:54:43 ID:LWmrZ0bye
まどか「ほむら・・・ちゃん・・・」

ほむら「・・・ごめんね・・・」

ほむら「あなたの涙も・・・ただの水・・・」

ほむら「何も・・・心が動かない」

まどか「・・・そんな・・・」

ほむら「・・・」フラフラ

まどか「・・・け、結界に・・・」
33: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)06:57:18 ID:LWmrZ0bye
魔女「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!」

ほむら(・・・あぁ)

ほむら(怖いな・・・)

ほむら(でも・・・一人でなくよりは・・・マシ・・・なのかしら)

ほむら(ごめんね・・・)

魔女「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!」ブオオォ!!

ほむら「ごめんね・・・暁美ほむら・・・」

ドンッ!!

ズシャァァァッ!!
34: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)07:00:12 ID:LWmrZ0bye
ほむら「・・・?」

ほむら「・・・な、何してるの・・・」

まどか「・・・えへへ、ごめんね」

まどか「やっぱりダメだよ・・・」

まどか「ほむらちゃんに拒絶されたって・・・」

まどか「見捨てることなんてできない・・・よ」ポタポタ

ほむら「・・・あなた・・・!血が・・・!!」

まどか「えへへ、やっと・・・少し・・・お返し、出来たのかなぁ・・・」

ズキッ

ほむら「・・・なんなのよ・・・」
35: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)07:03:25 ID:LWmrZ0bye
さやか「ほむらぁぁ!!」

ほむら「・・・!あなたは!」

ズキズキ・・・

杏子「何してやがんだ!もういいだろ!」
 
どんどん頭痛が大きくなっていく

マミ「あけみさん!思い出して!」

ズキズキッ!

ほむら「・・・何を・・・言って・・・」

さやか「そんなんじゃ!まどかはっ!やれないね!」

まどか・・・

ズキズキズキズキ!!

ーーーにーーれるーーーーをーーーくれないーな?

ほむら「な、何が・・・!」
36: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)07:07:19 ID:LWmrZ0bye
ズキズキズキズキ!

それがーーーにーーーったーーしるべ

ズキズキズキズキ!

ーーーーーーーー 

ーのーーのーもだち

ズキズキズキズキ!!!  
 
ほむら「・・・うううぅぅぅ!!!」

なんで、前の私は、こんな化物と戦っていたのか

私は誓を立てたんじゃないのか

私は進むべき道を進むために戦っていたんじゃないのか

ズキズキズキズキッ!!!!

ほむら「ーーーーーーっ!!」
37: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)07:10:38 ID:LWmrZ0bye
誰かを守ると

ほむら「・・・」

この手で守ると

ほむら「誓ったのよ・・・」

それは私にとっての最後の

ほむら「道しるべ・・・」

今も前も変わらない

これからもずっと・・・!!

ほむら「・・・たかが・・・頭痛が・・・」

私の

ほむら「私の」

最高の友達

ほむら「邪魔をするんじゃないわよっ!!!!」


カチッ!


終わり
38: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)07:10:54 ID:LWmrZ0bye


ほむら覚醒で終わらせてくれ
39: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)07:12:34 ID:0ruXEpvTi
乙!

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング