FC2ブログ

エレン「俺の好きになった相手は…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:45:26 ID:Bc5tTS5I


とある小屋の前

エレン(俺、一体なにやってんだろ…)

エレン(小屋の窓から二人の行為だけ見てるなんて…)

エレン(最高に情けなくないか…?)


アニ「ばか…手つきがいやらしいって…!」

ベルトルト「アニのお尻やわらかい」モミモミ

アニ「な、バカバカ…あん…!」

ベルトルト「ねえ、まだ本番させてくれないのかい?」

アニ「今日はだめだよ…!」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:46:15 ID:Bc5tTS5I
エレン「……」

ユミル「……」

ユミル「ていうかあの二人、こんな関係だったのかよ…」

エレン「…ああ…みたいだな」

ユミル「とにかく離れた方がよくないか?」

アニ「ちょ…あ、あ…」

ベルトルト「アニ、舌も出して」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:47:05 ID:Bc5tTS5I
エレン「くっ…」

ユミル「おい、来いっての…!」グイ


男子寮 

ユミル「おい、一人で歩けよ…!けっこう重いんだからな!」グイグイ

エレン「…」

ユミル「あ~疲れた…じゃあ、またな」スタスタ

エレン「…」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:48:41 ID:Bc5tTS5I
翌朝

ガヤガヤ

クリスタ「ユミル~おはよう」

ユミル「おう、クリスタ。今日も可愛いな」

クリスタ「もう…やめてよ」

ユミル「ははは、冗談じゃねぇけどな」

クリスタ「ところで…昨日見に行ったの?」

クリスタ「ハンナがよく行ってるていう小屋…」

ユミル「う~ん、まあな…」

クリスタ「そ、それで…どうだったの…?」ドキドキ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:49:35 ID:Bc5tTS5I
ユミル「まあ、フランツとハンナじゃなかったけどな」

クリスタ「別のひと…?」

ユミル「まあ、とにかくクリスタは行ったら駄目だかんな」

ユミル「刺激が強すぎるし」

クリスタ「私子供じゃないもん!」

ユミル(おもしろ半分で行ったのに…あいつと出くわすとはね)

ユミル(しかも、ベルトルさんとアニがねぇ…)

ユミル(エレンの奴大丈夫かよ…?)
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:50:15 ID:Bc5tTS5I
アルミン「エレン、食べないの?」

エレン「ああ…食べるって…」

アルミン「でも、驚いたよ…」

アルミン「エレンがアニのこと好きだなんて言い出して」

エレン「…」

アルミン「ミカサもビックリしてたしさ…」

エレン「そうだっけ…」

ミカサ「うん、アニを削ごうかと思ったくらい」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 13:50:59 ID:Bc5tTS5I
アルミン「あはは…まあ、一緒に格闘訓練もしてたし、自然の流れなのかな」


ミカサ「エレン、アニに告白はできた?」

エレン「いや…」

アルミン「昨日、会いにいったんじゃないの?」

エレン「…」

エレン「悪い…その話、また今度にしてくれるか?」ガタ

ミカサ「エレン?」

アルミン「行っちゃった…」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:02:58 ID:Bc5tTS5I


エレン「……」

エレン「こういうのが、失恋っていうのか…?」

エレン「いや、違うか。告白まだだったしな…」

エレン「アニ…」

スタスタ

ユミル「おい」

エレン「今日も、格闘訓練あるよな…どうしようか…」

ユミル「おい…!」

エレン「もう、あいつの顔見れないのか…」シュン
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:08:01 ID:Bc5tTS5I
ユミル「おい!無視すんな!」

エレン「うお!ユミルかよ…!」

ユミル「ユミルかよ、じゃねぇよ!何回呼ばせんだ」

エレン「な、なにか用かよ?」

ユミル「別に用なんかねぇけど…」

エレン「じゃあ、なんで声かけたんだよ…」

ユミル「昨日あんなことあったろ」

ユミル「一応声かけてやったんだよ」

エレン「…おもしろがってるんじゃねぇのか?」

ユミル「お前がまさか、アニを好きだとは思わなかったぜ」

ユミル「普段、巨人巨人行ってる奴がな…」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:12:00 ID:Bc5tTS5I
エレン「うっせーよ…」

ユミル「そういや、格闘訓練がどうとか言ってたよな」

エレン「今日あるじゃねぇか…アニと組みづらい…」

ユミル「ま、そうだろうな…」

エレン「…」

ユミル「しょうがねぇな」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:16:51 ID:Bc5tTS5I
格闘訓練

クリスタ「ユミル~~今日も一緒に組んでくれない?」

ユミル「あ、悪いなクリスタ。今日は別の奴と組むわ」

クリスタ「え、そうなの?」

ユミル「ごめんな」

クリスタ「う、うん…いいんだけど…」


ミカサ「アルミン、一緒に組もう」

アルミン「エレンはいいの?」

ミカサ「多分今日もアニと組むだろうから」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:26:50 ID:Bc5tTS5I
エレン「おらっ!」ブン

ユミル「うお、あぶねぇ!」サッ


アルミン「エレン…アニと組んでないみたいだよ…」

ミカサ「…」

アルミン「ユミルと組むなんて…どういう風の吹き回しだろう…」

ミカサ「アニは誰と組むんだろう」チラ
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:33:15 ID:Bc5tTS5I
ミーナ「アニ~今日はエレンと組まないんだ?」

アニ「…」

ミーナ「アニ…?」

アニ「そうだね」

ミーナ「そっか、じゃあ一緒にやらない?」

アニ「いいよ、やろうか」


ライナー「ふん!」ブオン

ベルトルト「うぐ…!」バシ

ライナー「次はお前の番だな」

ベルトルト「ああ」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:40:43 ID:Bc5tTS5I
ライナー「そうだ、ベルトルト」

ベルトルト「なんだい?」

ライナー「お前、昨日帰ってくるの遅くなかったか?」

ベルトルト「うん…まあね」

ベルトルト「僕はもう待たないことにしたんだ」

ライナー「ん?」

ベルトルト「ぐずぐずしてると、訓練兵もすぐ卒業してしまうしね」


ベルトルト「だから、君も早くクリスタに告白した方がいいんじゃない?」

ライナー「な…!」

ベルトルト「彼女を狙ってるのは、君だけじゃないだろうし…」

ライナー「お前の口から、そんな言葉が出るとはな…」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:47:38 ID:Bc5tTS5I
エレン「次、ユミルが暴漢役か…」ポイ

ユミル「だな」パシ

エレン「…」チラ

ユミル「…?どうした?」

エレン「いや…なんでもねぇ」

ユミル「…アニの奴がベルトルさんと組んでで安心したんじゃねぇの?」

エレン「……」

ユミル「お前…今日も見に行く気か?」

エレン「……」

ユミル「なんとか言え」

エレン「…わかんねぇ」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 14:55:48 ID:Bc5tTS5I
夜 小屋の外

エレン「……」

ユミル「……」

エレン「なんで、お前もいんの?」

ユミル「まあ、流れだな」

エレン「流れって…」

ユミル「来ると思うか?」

エレン「わかんねぇけど…」

ユミル「昨日のあれはもう、決定的だろ…」

ユミル「まだ信じたくねぇのかよ」

エレン「うっせ…」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:03:51 ID:Bc5tTS5I
スタスタ

ユミル「おい、来たみたいだぞ…!」

エレン「あれは…アニにベルトルト…」

ユミル「もう少ししゃがめって!」サッ

ガチャ バタン

アニ「…どうするんだい?」

ベルトルト「そうだな…」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:05:26 ID:Bc5tTS5I
ベルトルト「アニは何がしたい?」

アニ「あんたの身長がほしい」

ベルトルト「それは無理だけどさ」

アニ「…じゃあ、キスとかかい?」

ベルトルト「ん…」チュ

アニ「んむ…」チュウ


エレン「…」

ユミル「…」

エレン「アニ…」

ユミル「おい、震えてるぞ。大丈夫か?」

エレン「ふ、震えてねぇよ…」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:17:45 ID:Bc5tTS5I
ベルトルト「やっぱりアニは柔らかいな」ナデナデ

アニ「ん…あんたは…」

サワサワ 

アニ「んあ…!そ、そこは…」


ユミル「お~ドキドキするな、これは…」

エレン「…」

アニ「あ…ベルトルト…だめだってば…!」

ベルトルト「そんなこと言ってもだめだよ」

アニ「あん…!」


ユミル「おいおい、アニの奴、服ぬがされ始めたぞ!」

エレン「……」

ユミル「どんどんエスカレートしていきそうだし、行ったほうがいいんじゃねぇか?」

エレン「ああ…」

ユミル「んじゃ、行くか」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:23:13 ID:Bc5tTS5I
寮の近く

エレン「…」フラフラ

ユミル「…」

ユミル「私はいいもん見させてもらったけどよ…」

エレン「俺は…」

ユミル「元気ねぇな、シャキっとしろよ」

エレン「簡単にはな…」

ユミル「そんなに好きだったのかよ?」

エレン「うん…まあな」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:27:53 ID:Bc5tTS5I
ユミル「しかしよ、あの様子見る限り…もう付き合ってるだろ」

ユミル「諦めるしかないだろ」

エレン「……わかってるっての」

ユミル「ホントかよ…」

エレン「気持ちの整理がまだなだけだ…」

ユミル「ふ~ん」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:33:35 ID:Bc5tTS5I
1週間経過

エレン「うりゃ!」ブン

アニ「…」バシ

ヒュン バシ バシ


アルミン「ここ何日かで、エレンとアニがまた組むようになったね」

ミカサ「うん、腹立たしいけど」


ユミル「…」

クリスタ「ユミル?どうしたの?」

ユミル「いや、なんでもねえ」

ユミル(エレンの奴…やっと整理つけやがったかな)
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:49:50 ID:Bc5tTS5I
ライナー「あの二人、またペア組むようになったな」ヨカッタ

ライナー「最近ペアから離れてたからな」

ベルトルト「うん…ところでライナーはどうなんだい?」

ライナー「何がだ?」

ベルトルト「クリスタとのことだよ」

ライナー「クリスタか…う、うーむ…」

ベルトルト「まったく…そんなにでかい図体して…情けないよ」

ライナー「大きなお世話だ…!」

ライナー「大体お前はどうなんだ!?」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 15:56:20 ID:Bc5tTS5I
ベルトルト「僕かい?僕はもう手に入れたよ」

ライナー「な…アニか?」

ベルトルト「うん、まだ肉体関係にはなってないけど」

ライナー「生々しいな…」

ライナー「しかし、あそこでエレンとペア組んでるぞ」

ベルトルト「うん、でもアニを信用してるしね」

ライナー「な、ならいいんだが」

ベルトルト「でも、今夜辺り問い詰める必要があるかもね」

ライナー「だから、生々しいぞ、お前…」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:01:34 ID:Bc5tTS5I
ユミル「…」

ユミル(今夜問い詰める…か)

ユミル(こりゃ、まずいな)

夕方

ユミル「おい、エレン」

エレン「ユミル…なんだ?」

ユミル「お前さ…また見にいくとか考えてるか?」

エレン「いや…どうしたんだよ?」

ユミル「今夜はやめとけ」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:14:58 ID:EnR9hFk.
エレンよ…アニ対に打撃はぬるい…暗黒地獄極楽落しでもかけてやれ
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:12:20 ID:26lwdNDY
エレン「な、なんでだよ…?」

ユミル「さっき小耳に挟んだんだけどな」

カクガクシカジカ

ユミル「てなことで、ベルトルさんが問い詰めるとかなんとか…」

エレン「アニに俺のことをどう思ってるかを…?」

ユミル「まあ、そうだろうな」

エレン「…」

ユミル「まあ十中八九いい結果にはならないだろうしな…今夜はやめとけよ」

エレン「…」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:13:15 ID:26lwdNDY
ユミル「聞いてるか?エレン」

エレン「聞いてる」

ユミル「わかったな?行くなよ?」

エレン「……」


夕方 食堂

ミーナ「アニはまた、エレンと組みはじめたね」

アニ「だから?」

ミーナ「お熱いんだから」

アニ「何のこと?」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:13:59 ID:26lwdNDY
ミーナ「あれ、違うの?」

アニ「何が違うのか知らないけど、あんたの勘違いだね」

ミーナ「じゃあ、私がもらってもいいんだ?」


アニ「え?」

ミーナ「もらってもいいんだ?」

アニ「あんた、あいつのこと好きだったの?」

ミーナ「うん、まだよくわかんないけど…好きかな」

アニ「……」

アニ「好きにすれば?」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:14:54 ID:26lwdNDY
エレン「…」パクパク

ミカサ「エレン、大丈夫?元気がないように見える」

エレン「だ、大丈夫だよ」ハグハグ

アルミン(なにか色々起きてるんじゃないかな…)


夜 小屋の側

スタスタ

エレン「はあ…」

エレン「結局来てしまった…ユミルに悪いことしたかな」

ユミル「そう思うなら、なんか奢ってもらうか」

エレン「おお、ユミル!な、なんでいるんだよ!?」

ユミル「どうせお前のことだから、来ると思ったんだよ」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:16:00 ID:26lwdNDY
ユミル「乗りかかった船だし…私も行ってやろうかと思ってさ」

エレン「……ユミル…お前ホントに本物のユミルか?」

ユミル「なんだ?その失礼な言い方は…!」

エレン「い、いやすまん…案外優しいんだな、お前…面倒見がいいっていうか…」


エレン「クリスタが慕うのもわかる気がする…」

ユミル「真顔でそんなこと言えるのは、お前くらいだな…」

ユミル「恥ずかしいからやめてくれ…」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:17:49 ID:26lwdNDY
リーリー

ユミル「あいつら、来るかね」

エレン「どうかな…場所がこことは限らないだろうしな」

ユミル「…」

ユミル「しかし、お前も一途っていうか、諦めが悪いっていうか…」

ユミル「女なんか他にもたくさんいるじゃねぇか」

エレン「いや、まあ…そうだけど…」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:19:04 ID:26lwdNDY
ユミル「ミカサと付き合ってると思ってたんだけどな…」

エレン「あいつは、家族だからな…そういうんじゃない」

ユミル「そうか」

ユミル(そういやこいつ、意外とモテるんじゃなかったか?)

ユミル(ミーナとかが付き合いたいとか言ってたっけ?)

ユミル(成績もかなり高いしな。頼りがいって意味ではまあ…わからなくもないな)

ユミル(クリスタに近づくなって言ってた、私が言うのもなんだけど…)

エレン「でも、不思議な感じだな…」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:20:08 ID:26lwdNDY
ユミル「ん?何がだよ」

エレン「ユミルとヒョンなことから、秘密の共有みたいな関係になるなんて」

ユミル「ああ…そうだな…」

エレン「正直俺ひとりで見てたら、耐えられなかったかも…」

ユミル「今日のお前も弱気だな…」

エレン「感謝してるぜ」

ユミル「なら、今度飯奢れって」

エレン「わかってるって」

エレン「しかし、そんなことでいいのか?」

ユミル「そうだな…なら、試しに私と付き合って…」

エレン「おい、誰か来た…!」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:42:07 ID:26lwdNDY
ガチャ バタン

ベルトルト「…」

アニ「話ってなに?」

ベルトルト「君に聞きたいことがあるんだ」

アニ「うん、なに?」

ベルトルト「エレンのことだけど…」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:43:08 ID:26lwdNDY
アニ「…」


エレン「…」

ユミル「…」


アニ「エレンがどうしたの?」

ベルトルト「君はエレンをどう思ってるの?」

アニ「…」

アニ「好きだね」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:43:52 ID:26lwdNDY
エレン「!!」

ユミル「んな…!」

ユミル(アニの野郎…)


ベルトルト「そうだったんだ…」

アニ「悪いね」

ベルトルト「僕のことは?」

アニ「もちろん好きだよ」

アニ「じゃなきゃ、身体を許したりしないさ」

ベルトルト「でも、エレンの方が好きなんだね…」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:45:18 ID:26lwdNDY
アニ「安心して。私はあんたから、離れるつもりはないから」

ベルトルト「…」

アニ「それに、私たちは幸せになる資格なんかないだろ?」

アニ「あいつと一緒になる資格なんかないさ…」

ベルトルト「使命は頓挫したはずだけど…」

アニ「それでも過去の過ちが消えたりはしないさ」


エレン「なんの話してるんだ…あいつら」

ユミル「さあな」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 15:46:20 ID:26lwdNDY
アニ「私達の関係に言葉はあんまりいらないだろ?」

アニ「あとは…身体に聞いて」

ベルトルト「そうだね、そうさせてもらう」

ベルトルト「処女は?」

アニ「駄目」

ベルトルト「ケチ」

アニ「文句言うんなら、帰るよ」

ベルトルト「もう言わない」
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 16:08:47 ID:26lwdNDY
ユミル「うわ…!また始めやがった…!」

エレン「アニ…」スタスタ

ユミル「エレン…?」タタタ


小屋から離れた場所

ユミル「おい」

エレン「……」

ユミル「もうアニのことなんか忘れろよ?」

ユミル「どんな奴か、わかったじゃねぇか」

エレン「……」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 16:12:21 ID:26lwdNDY
ユミル「アニの野郎…ベルトルトと関係築いてながら、エレンのことも好きだってな…!」

ユミル「なんて奴だ…!」

ユミル「お前も、さすがに冷めただろ?」

エレン「…」

ユミル「お前も、もっとマシな奴と付き合えよ?」

ユミル「…」

ユミル「候補とかいないんだったら、わ、私が立候補してやっても…」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 16:13:58 ID:26lwdNDY
エレン「ユミル」

ユミル「な、なんだ…」

エレン「俺、明日アニに告白してくる…」

ユミル「…」(こいつ私の話聞いてなかったかな…まあ、いいけど…)

エレン「アニが、ユミルがさっき言ってたようなことをできるとは思えないんだよな」

ユミル「さっきてなんだ?」

エレン「浮気?的なことかな…まあ、俺まだ、告白してないし、浮気も何もないんだが…」

ユミル「お前の気持ち踏みにじってるだろ」

エレン「いや、告白してないしな…アニが自分の中でどう考えようと自由じゃねーか」

ユミル「あいつ、エレンのこと好きで、ベルトルトと関係持ってるんだぜ?」

ユミル「その時点でおかしいだろ?そんな女と付き合うのか?」
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 16:21:46 ID:26lwdNDY
エレン「意外だな…」

ユミル「なにが…?」

エレン「ユミルなら、そういう複雑な気持ちは考えないと思ってたんだけど…」

ユミル「お前の為を思って言ってんだよ…!」

ユミル「なんであんな複雑そうな女なんだよ…?もっと普通の女選べよ!」

エレン「いや…惚れた弱みかな…」ポリポリ

ユミル「……」

ユミル「あ~そうですか…これ以上言っても駄目そうだな」

ユミル「行ってこいよ、行って玉砕されてこい!!」

エレン「ひでぇな…応援してくれよ…」

ユミル「馬鹿…」
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:40:24 ID:w8V3XBQM
次の日

クリスタ「ねえ、ユミル、ユミル~~」

ユミル(エレンの奴…どうしてっかな…)

ユミル(まじで告白しに行ったのか…?)

クリスタ「ユミルってば~~」ユサユサ

ユミル(今までああいう現場見てて告白って…)

ユミル(本当に馬鹿な奴だな…)

クリスタ「ユミル…」グス
67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:42:12 ID:w8V3XBQM
ユミル「ん?…ああ、クリスタ。悪い、どした?」

クリスタ「大丈夫?今日の訓練中も上の空って感じだったけど…」

ユミル「あ、ああ…平気だよ。問題ねぇ」

クリスタ「…あの小屋に行ってからだよね。ユミルが考え事するようになったの」

ユミル「そうか?」

クリスタ「なにかあったの?」

クリスタ「ユミルが考え事なんて…変だよ」

ユミル「…」
68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:42:48 ID:w8V3XBQM
ユミル「それは、私が無神経だって解釈でいいのかな?」

クリスタ「え…そ、そうじゃないよ…アハハ」

ユミル「どもってるなクリスタちゃん」

クリスタ「恐いよ…ユミル…」


アルミン「エレン」

エレン「アルミンか」

ミカサ「私もいる」

エレン「なんだよ、二人して」

アルミン「あのさ…」
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:45:12 ID:w8V3XBQM
アルミン「この話題は避けてきたけど…アニとはどうなの?」

ミカサ「告白の件…どうなったのか教えてほしい」

エレン「そのことか…」

エレン「今日改めて、告白しに行くことになったんだよ」

アルミン「あ、そうだったんだ…」

ミカサ「そう…わかった…」
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:45:43 ID:w8V3XBQM
エレン「ミカサ…ごめんな、なんか色々…」

ミカサ「ううん、心配しなくていい」

ミカサ「まだ、アニに振られる可能性だってある」

エレン「なんだよそれ…」

アルミン「がんばってね、エレン」

エレン「おう」
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:46:36 ID:w8V3XBQM
訓練庁舎の裏辺り

アニ「…」

エレン「アニ、待ったか?」

アニ「別に」

エレン「そうか、ならいいんだけど…」

アニ「で、話っていうのは?」

エレン「…」

エレン「俺さお前のこと好きなんだ」

アニ「…」
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:51:40 ID:w8V3XBQM
アニ「そうだったんだ…」

アニ「あんたもね…」


エレン「あんたも…か」

アニ「うれしいよ、エレン」

アニ「ホントに…訓練兵になって一番うれしいことかもしれない」

エレン「アニ…ならさ…」

アニ「でも、駄目…」

エレン「……」
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:53:04 ID:w8V3XBQM
アニ「あんたと一緒にはなれないんだ…」

エレン「理由は聞けないのか?」

アニ「ごめん…言えない…」

エレン「そっか…」

アニ「うん…」

アニ「私にあんたと一緒になる資格はない…」

エレン(昨日も言ってたよな…)
74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 20:59:10 ID:w8V3XBQM
アニ「…」

エレン「…わかったよ…」

アニ「エレン…」

エレン「すげぇ残念だけど、納得する」

エレン「お前に迷惑かけたくねぇし…」

アニ「悪いね。そう言ってもらえると助かる…」

エレン「でも…いつか言ってくれる時って…来ないか?」

アニ「…わからない…」

エレン「そうか…わかった…」
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/13(木) 21:00:14 ID:w8V3XBQM
アニ「話はそれだけ?」

エレン「ああ、それだけだ。悪いな、時間とらせて」

アニ「……」

エレン「じゃな、アニ」

エレン「あ、できれば、明日以降も普通に接してくれるとうれしいな」

アニ「え…う、うん…わかったよ」

エレン「ありがとな、じゃ」スタスタ

アニ「エレン…」
81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:22:53 ID:LosP13DY
別の場所

ユミル「おい、エレン」

エレン「あ…ユミルか…」

ユミル「…

ユミル「告白…してきたんだろ?」

エレン「ああ…」

ユミル「…どうだったんだ?」

エレン「振られた」

ユミル「やっぱりか…」

エレン「…」

ユミル「ベルトルトとあんなことにもなってるし、当たり前じゃねぇか」
82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:23:37 ID:LosP13DY
エレン「まあ…そうかもな…」

ユミル「吹っ切れたのか?」

エレン「わかんね」

ユミル「はっきりしねぇ奴だな…」

エレン「ま、少し時間はかかりそうだな…」

ユミル「…」

ユミル「そうかよ…」

エレン「心配してくれてたのか?」

ユミル「…別に心配なんかしてねぇよ」

エレン「そうだよな、それでこそユミルだよな」

ユミル「殴り殺すぞ、てめぇ」

エレン「いや、待て…落ち着け…」
83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:24:21 ID:LosP13DY
ユミル「ふん、馬鹿野郎…」

エレン「あははは」

エレン「でも、少しすっきりしたかな」

ユミル「へえ」

エレン「やらずに後悔するより、やってから後悔した方がいいってのがわかった」

ユミル「それ時と場合によると思うけどな…」

エレン「そうか?」

ユミル「やっぱお前鳥頭だよな…」

エレン「なんだよ、それ…」

ユミル「そのまんまの意味だよ」
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:25:04 ID:LosP13DY
エレン「言ってろ…」

ユミル「…」

エレン「なあ、ユミル」

ユミル「ん?」

エレン「改めて言うけど…」

ユミル「ああ」

エレン「その…ありがとな…色々」

ユミル「……ああ、いいって」

エレン「前も言ったけど…お礼とかいらないか?」

ユミル「それか…そうだな…なら…」
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:26:00 ID:LosP13DY
数日経過


ミカサ「…」

アルミン「…」

ミカサ「アルミン」

アルミン「なに?ミカサ…?」

ミカサ「おかしい…エレンはアニに告白をしたはず」

アルミン「うん」

ミカサ「それなのに、エレンはクリスタとユミルと一緒にご飯を食べてる」

アルミン「そうだね…何があったんだろう」

アルミン(別に付き合ってるわけでもないはずだけど…)

アルミン「ミカサ的には納得できないか」
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:26:45 ID:LosP13DY
アニ「…」チラ チラ

ベルトルト「アニ?どうしたの?」

アニ「…なんでもないよ」


ライナー「ふふふ」ニヤニヤ

アニ「…」

ベルトルト「アニ…今日も体に聞かなきゃ駄目みたいだね…」

アニ「な…何言ってんだい?」

ライナー「生々しいって、お前ら…」
87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:27:30 ID:LosP13DY
クリスタ「でも、驚いたよ。エレンと急にご飯食べることになるなんて」

エレン「悪い、迷惑じゃないか?」

クリスタ「全然そんなことないよ!」

エレン「ならよかった」

ユミル「ま、こういうのも悪くないだろ」

エレン「ていうか、お礼が一緒に飯食べることって…」

エレン「意味わかんねーよ…」

ユミル「いいんだよ」

クリスタ「お礼がなんのことかわからないけど…」

クリスタ「エレン、本当にわかってないの?」
88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:28:21 ID:LosP13DY
エレン「なにが?」

ユミル「…」

クリスタ「駄目だよ、女心もっと学ばないと」

エレン「お、おう…」

ユミル「そんなことはいいから、さっさと食べようぜ」

エレン「ああ」

エレン「それより、ホントにこれだけでいいのか?」

ユミル「今のところはなー」

エレン「今のところって…ゆする気か…」

ユミル「人聞きの悪いこと言うんじゃねぇよ」

ユミル「追々考えていくっての」
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:31:28 ID:LosP13DY
エレン「なんだよそれは…ま、いいけどな」

クリスタ「…」ジー

ユミル「どした、クリスタ?」

クリスタ「ユミル、楽しそう」クスクス

ユミル「ああ、楽しいぜ。意外なところで充実した感じだな」

エレン「ふ~ん、充実か…」

ユミル「変なところでお前との関係深くなっちまったし…」

ユミル「これからも、色々付き合ってもらうぜ、エレン」ニヤ

エレン「ち…わかったよ…」

エレン(ユミルのやつといるのも楽しいしな…)

エレン(…)

エレン(もしかして、俺…いや、まさかな…)

エレン(でも、ここ最近色々あったし…)

エレン(もしかして、俺の好きになった相手は…)


終わり
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:32:34 ID:LosP13DY
終了しました、ありがとうございました。
もしかしたら、続きを書くかもしれないですが…
91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:35:02 ID:PGTnPmlY

続きがきになる
93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/24(月) 19:36:49 ID:tfofsR1Q
おつ。アニとのこと、ユミルとのこれから、納得してないミカサ、話の落としどころを書いて終わったほうが
122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 07:41:08 ID:YuAKA0Mk
後日談


ユミル「いつまで悩んでんだよ、さっさと選べよ」

エレン「ちょっと待ってくれよ、俺こういうのあんまり買わないんだよ」

ユミル「それにしても悩み過ぎだっての、女子かお前は」

クリスタ「ユミル、エレンに悪いよ」

ユミル「いいんだよ、こいつは。こいつが言葉でへこむタイプかよ」

エレン「たく、お前は…アルミン、もう買ったのか?」


アルミン「うん、僕はもう買ってあるよ」
123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 07:47:50 ID:YuAKA0Mk
クリスタ「でも、もうすぐクリスマスだね~」

アルミン「うん、そうだね。クリスマスは地方によって色々種類があるみたいだけど…」

アルミン「この辺りは親しい人にプレゼントを贈るみたいだね」

ユミル「私はそんな行事があったことすら知らなかったよ」

クリスタ「でもすっごい良い行事だと思うんだ!」キラキラ

アルミン(なんだか乙女の目をしてる、かわいい)

ユミル「しかしなんでこんな面子でプレゼント買にきてるんだか…」
124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:03:18 ID:YuAKA0Mk
クリスタ「元々はユミルがエレンを誘ったんでしょ?」ニコ

アルミン「あ、やっぱりそうなんだ」ニヤ

ユミル「な、べ、別によ…!」

アル クリ「」クスクス

ユミル「ちっ…!」

アルミン「それで、エレンが僕を誘って…」

クリスタ「ユミルが私を誘ってくれたんだよね」

ユミル「くそ…ところでクリスタは誰にプレゼントあげるんだ?」
125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:04:12 ID:YuAKA0Mk
クリスタ「えっと、ユミルは確定で…」

ユミル「さすが私のクリスタ!」ダキ

クリスタ「苦しいよ、ユミル~~!」ジタバタ

アルミン「あははは」

クリスタ「もう…あとは…」チラ

アルミン「?」
126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:04:59 ID:YuAKA0Mk
クリスタ「アルミン」

アルミン「え、僕も…!?」

クリスタ「う、うん…エレンもだけど…アルミンはその…」

アルミン「え、え?」

ユミル「おい、そこまでだ!」

ユミル「要するに、クリスタは今日一緒に来た手前、エレンやアルミンにプレゼントするって考えなわけだ!」

ユミル「わかったな?それだけだかんな?」

アルミン「う、うん…わかってるよ…あははは」

アルミン(さっきのクリスタの態度はひょっとして…期待してもいいのかな?)ワクワク
127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:13:34 ID:YuAKA0Mk
エレン「悪い悪い、待たせたか」

ユミル「やっと終わったのかよ」

アルミン「良いもの、選べたかい?」

エレン「そうだな」

ユミル「……」

ユミル「どんなの買ったんだよ…?」

エレン「え…それ言っちゃうとクリスマスプレゼントおもしろくないだろ?」

ユミル「じゃ、じゃあ誰に渡すんだよ…」チラチラ

エレン「えっと…さすがにみんなに渡すわけにもいかないからな~」

アルミン「金銭的な問題もあるもんね」

エレン「まずミカサだな」
128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:14:08 ID:YuAKA0Mk
クリスタ「今日、ミカサは?」

アルミン「エレンからのプレゼントを楽しみにしたいからとかで、今日は断腸の思いで来なかったんだ」

クリスタ「へぇ~~」

ユミル「…」

エレン「あと、ユミルだな」

ユミル「!!」

アルミン「あ、やっぱり」

クリスタ「うん、やっぱりだね」クスクス
129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:20:36 ID:YuAKA0Mk
ユミル「アルミン、後で覚えとけよ…」

エレン「なんだよ、やっぱりって…」

クリスタ「ううん、最近仲良かったからさ」

エレン「ああ、そういうことか…」

ユミル「ふん、まあせっかくだし、もらってやるよ」

エレン「ああ、ミカサよりも悩んだんだからな」

ユミル「お前…ここでそういうことを…!」
130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/28(金) 08:21:20 ID:YuAKA0Mk
エレン「ん?」

クリスタ「あやしいね~~」クスクス

アルミン「あはは、まったくだね」ニヤニヤ


エレン「あとは…」

ユミル「ん?まだあんのか?」

ユミル「アルミンにプレゼントしたら、そっち系に思われるぞ」

エレン「いや、ここのメンバーじゃなくてさ…」

ユミル「え…おいまさか」

エレン「アニにもさ…」
140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 17:54:54 ID:xnN7aRdQ
訓練庁舎 女子寮

クリスタ「ね、ねえ…ユミル」

ユミル「ん~なんだ、クリスタ」

クリスタ「やっぱり、あれから機嫌悪いよね…」

ユミル「…」

クリスタ「エレンがアニにもプレゼント渡すって言った後から…」

ユミル「そんなことねぇよ…」
訓練庁舎 女子寮

クリスタ「ね、ねえ…ユミル」

ユミル「ん~なんだ、クリスタ」

クリスタ「やっぱり、あれから機嫌悪いよね…」

ユミル「…」

クリスタ「エレンがアニにもプレゼント渡すって言った後から…」

ユミル「そんなことねぇよ…」
141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 17:56:07 ID:xnN7aRdQ
クリスタ「エレン…まだ、諦めきれてないのかな…」

ユミル「わかんねぇ」

アニ「…」

ユミル「ん?アニじゃねぇか…なんか用かよ」

アニ「別に…なんでもないさ」

ユミル「…お前は今日もお散歩かよ?」

アニ「悪いかい?」

ユミル「別に、しかしいいご身分だよな~」
142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 17:57:09 ID:xnN7aRdQ
アニ「どういう意味だい?」

ユミル「さあな…自分の胸にでも聞いてみろよ」

アニ「…」


クリスタ「ゆ、ユミル駄目だよ…!アニもごめんね」

アニ「いいさ、気にしてないよ」ガチャ バタン


クリスタ「今日もベルトルトと会うのかな…」

ユミル「だろうな…」

クリスタ「アニはエレンとそういう関係になるんだと思ってたから…」

クリスタ「すごく意外だったかな」

ユミル「まあな…」

ユミル「エレンの奴が不憫で仕方ねぇ」
143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 17:58:01 ID:xnN7aRdQ
ライナー「なあ、ベルトルト」

ベルトルト「なに?」

ライナー「今日もアニとか?」

ベルトルト「うん、その約束なんだけど」

ライナー「上手くいってるのか?」

ベルトルト「そうだね、上手くいってると思うよ」

ライナー「うらやましいな…俺も彼女がほしい」

ベルトルト「だから早くクリスタを手に入れたらって言ってるのに…」

ベルトルト「彼女、ライバルたくさんいるだろうし」
144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 17:59:04 ID:xnN7aRdQ
ライナー「ぬうう…そういえば、もうすぐクリスマスイベントか」

ベルトルト「だね、丁度いいんじゃないかな、がんばりなよ」

ライナー(ベルトルトの奴…こんなに積極的だったか?)



別の場所

ミカサ「エレン、クリスマスの日を楽しみにしている」

エレン「ああ、もちろん期待しててくれよな」

アルミン「もうすぐクリスマスなんだね」

ミカサ「アルミンはクリスタに告白をするんでしょう?」
145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 17:59:51 ID:xnN7aRdQ
エレン「え…!?」

アルミン「み、ミカサ…!」

ミカサ「言っては駄目だった?」

アルミン「そんなことないけどさ…」

エレン「アルミン、それマジか?」

アルミン「えっと…機会があればね…」アハハハハ

アルミン「え、エレンの方こそしないの?」

エレン「なにを?」

アルミン「告白だよ、告白…ほら、アニにさ」

ミカサ「……」

エレン「ああ、そういうことか」

アルミン(この話題はまずかったかな…?振られたらしいし…)
146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 20:51:19 ID:uC0cUYJI
エレン「振られたってのは言ったよな」

アルミン「うん、聞いてる」

エレン「振られたけどさ、まだ脈はないわけじゃなさそうなんだよな」

ミカサ「エレンはまだ未練が残ってるの?」

エレン「さあな…」

ミカサ「彼女はベルトルトと付き合ってるっていう噂もある」

エレン「なんだ、そんな噂あったのかよ」
147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 20:52:14 ID:uC0cUYJI
アルミン「知ってたの?二人があやしいって」

エレン「ああ、現場見たこともあるしな。それでも告白だけはしたんだよ」

アルミン(うわ~これは思ったよりも複雑そうだな~)

ミカサ「よくわかった」

エレン「本当か?」

ミカサ「エレン、アニの様子はあれからも見てきたけれど…」

エレン「うん」

ミカサ「あなたのことをじっと見てた印象がある」
148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 20:53:03 ID:uC0cUYJI
エレン「それは…俺のこと好きだとは言ってくれてたからな」

エレン「でも、ある理由から付き合えないって」

アルミン(ああ…そんなところは初めて聞いたよ…)

アルミン(状況が全然わからないけど…アニは、ベルトルトよりもエレンの方がより好きなんじゃないかな…)

アルミン(これは…どうなるんだろう…ややこしいことになりそうだ…)

ミカサ「エレン、私は応援している」
149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/29(土) 20:53:37 ID:uC0cUYJI
エレン「ああ…」

ミカサ「アニと付き合うのなら、私はまだ認める」

エレン「?お前は俺の母親かよ」

ミカサ「違う、エレンの母親はカルラおばさん」

エレン「はは、わかってるっての。しかし、懐かしい響きだよな…」

ミカサ「うん…」
156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/06(日) 19:32:02 ID:2GUgS4sA
次の日 格闘訓練

アニ「…またあんたとか」

エレン「まずいのか?」

アニ「いや、そうじゃないけど…」

ベルトルト「………」

アニ「変なのが一人覗いてるからね…」

エレン「ベルトルトか?」

アニ「!…意外だね、ミカサって言うかと思った」

エレン「ということは、正解なんだな」
157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/06(日) 19:32:39 ID:2GUgS4sA
アニ「…気づいてたの?」

エレン「何のことを言ってるかにもよるけど…そうだな」

アニ「…ひょっとして、見てた?」

エレン「……」

アニ「それは、イエスってことだね」

エレン「すまん」

アニ「はあ……」
158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/06(日) 19:33:13 ID:2GUgS4sA
エレン「あんまり、俺としては気分がいいもんじゃないな」

アニ「何言ってんだい、あんたは」

エレン「寝技に持ち込んで、見せつけてやりたい」

アニ「なな…ば、バカ…!」

エレン「行くぞ、アニ!」

アニ「くっ!」
159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/06(日) 19:37:48 ID:2GUgS4sA
ベルトルト「アニ…」

ライナー「おお~、あれは恋のライバル誕生って感じか」

ベルトルト「まさか、そんなわけないじゃないか」ハハハ

ライナー「しかし、エレンの奴もやるな。あのアニ相手に寝技に持ち込めるとは…」

ベルトルト「これは、今夜はお仕置きかな」

ライナー「身体に聞くから、お仕置きに変わった…」
160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/06(日) 19:42:25 ID:2GUgS4sA
休憩時間


ユミル「エレン」

エレン「ユミル…どうした?」

ユミル「相変わらず、アニとは普通に接してるんだな」

エレン「ああ、まあな」

ユミル「…お前が辛くないんならそれでいいけどさ…」

ユミル「こんなことしてても、あいつが振り向くと思ってんのか?」

エレン「難しいかもな…」
166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 22:39:56 ID:LeRJNngM
エレン「でも、告白のときのもだけど、アニは言ってくれたんだよ…」

エレン「俺が告白したのが、嬉しいってさ…」

ユミル「……」

エレン「断られた理由はまだ聞いてないけど、ベルトルトと付き合ってるから断られたわけじゃないだろうしな」

ユミル「それが理由だったら、もう付き合ってる人がいるからで終わるしな」

エレン「ああ…だから、今度のクリスマスにまた聞いてみようかなって思ってんだよ」
167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 22:45:20 ID:LeRJNngM
ユミル「ふ~ん」

エレン「なんだよ?」

ユミル「なんていうか…お前のその一途さは呆れるというか…」

ユミル「そういや、巨人駆逐も一途に貫いてるもんな」

エレン「それ、褒め言葉か?」

ユミル「誰が褒めてるって言ったよ」

エレン「そうだな」
168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 22:46:12 ID:LeRJNngM
ユミル「…しかし、恋敵がベルトルトとはな…意外っていうか…あいつあんな積極的だったんだな…」

エレン「だな…単純に負けたくないってのもあるぜ」

ユミル「…かなりリードされてるけどな…」

エレン「言うなよ…」

ユミル「ひとつ、いい方法があるぜ」

エレン「なんだよ?」
169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 22:56:54 ID:LeRJNngM
その頃

ベルトルト「アニ」

アニ「ベルトルト…なんだい?」

ベルトルト「ん…」チュウ

アニ「む…ん…んん」

ベルトルト「ふう…」

アニ「いきなり、なにするんだい…キスとか…」

ベルトルト「さっき、エレンとイチャイチャしていたみたいだから、一応ね」
170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 22:58:24 ID:LeRJNngM
アニ「…」

ベルトルト「どんな話してたの?」

アニ「どうも、私たちの行為見られてたみたいだね…」

ベルトルト「じゃあ、使命に関する会話も?」

アニ「さあそこまでは…まあ、そっちは聞かれても大丈夫だとして、頓挫したし…」

ベルトルト「うん…」

アニ「……///」カアア
171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 23:03:04 ID:LeRJNngM
ベルトルト「アニのあられもない姿とかエレンに見られてたのか…」

ベルトルト「最近だとフェラとかも、見られてた可能性も」

アニ「言うな…恥ずかしくなる…」

ベルトルト「アニがいつまでたっても、処女くれないのが悪いんじゃないか」

ベルトルト「せめてフェラくらいしてもらわないと、僕も我慢できないよ…」

ベルトルト「まあ、君の身体を好きに弄れるだけでも満足ではあるんだけど、抑えるのが大変なんだよ…」

アニ「わかってるよ…」

ベルトルト「僕らは同じ罪を背負ってる者同士…」

アニ「うん」

ベルトルト「そこに、エレンが入れる余地はないし、僕らの関係に適わないよ」

アニ「私が今さら、許してほしいなんて言えたものじゃないからね…」
172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 23:09:11 ID:LeRJNngM
エレン「嫉妬させる…?」

ユミル「ああ、アニの奴にな。それで、アニの奴を振り回すんだよ」

ユミル「あいつまだ、ベルトルトに処女渡してないみたいだしな」

エレン「ああ、そう言ってたのは聞いたけど…まだ、ユミルは見に行ってるのか?」

ユミル「まあ、たまにな…とにかく嫉妬させてクリスマスを迎えろ!」
173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 23:10:13 ID:LeRJNngM
エレン「まあ、それはいいとしてさ…相手がいるじゃねぇか、その作戦」

ユミル「ここにいるだろ」

エレン「ユミルが?いいのかよ?」

ユミル「色々事情の知ってる私以外に適任者なんていねぇだろ」

エレン「まあ、そうだけどさ…」

ユミル「よし、決まりだな!」

ユミル(よし、このままエレンを奪ってやるからな…覚悟しとけよエレン!)
178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:14:42 ID:hVHu3isc
次の日

ユミル「よう、エレン」

エレン「あ、ユミルか」

ユミル「手筈はわかってるだろ?今日から、早速やるぜ」

エレン「わかってるっての…しかし、うまくいくかね…」

ユミル「そんなもん、やってみなきゃわかんねぇだろ。やる前から諦めんじゃねぇよ」

エレン「そうだな」
179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:15:33 ID:hVHu3isc
馬術訓練

ユミル「エレン、組もうぜ!」

エレン「お、おう今日の馬術は楽しめ…そうだな」

ユミル「よし、決まりだな!」


アルミン「あれ?エレン、ユミルと馬術組むみたいだよ」

ミカサ「最近仲がいいとは思っていたけども…」

アルミン「アニとはあんなことがあるわけだし、ユミルと組んでも不思議ではないんだけど…クリスタといつも組んでるのにね」


アニ「……」
180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:16:35 ID:hVHu3isc
午後 格闘訓練


ユミル「よし、エレン!組むぞ!」

エレン「馬鹿…お前、そんな大声で…!」

ユミル「これくらいしないと、アピールにならないだろ」

エレン「ま、まあ、そうかもしれないけど…」

ユミル「とにかく組もうぜ!」



アニ「…」

ミーナ「アニ?どうしたの?」

アニ「エレンの奴、ユミルと組んでるね」
181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:17:15 ID:hVHu3isc
ミーナ「…なんだか、最近仲いいもんね」

アニ「あんた、以前あいつのこと好きとか言ってなかった?」

ミーナ「うん、言ってたけど…」

アニ「あいつも、罪作りな男だね…まったく」

ミーナ「アニは…いいの?」

アニ「え?どういう意味だい?」

ミーナ「とぼけても駄目よ。エレンのことずっと見てるじゃない」

アニ「それは…」

ミーナ「好きなんでしょ?」
182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:24:05 ID:hVHu3isc
アニ「…」

ミーナ「でも、アニはベルトルトと一緒にいること多いよね」

アニ「…バレてるか…」

ミーナ「付き合ってるの?ベルトルトと」

アニ「……付き合ってるよ」

ミーナ「本当に?」

アニ「…」

ミーナ「私には、付き合ってるっていう噂は事実じゃない気がするんだけど…」

ミーナ「よかったら、話聞かせてくれないかな…?」

アニ「…あんたには適わないね…」
183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:25:35 ID:hVHu3isc
夕食

ユミル「よしよし、今日みたいなことを続けて行こうぜ」

エレン「お、おう…」

クリスタ「ねえ…二人は今日ずっと一緒にいなかった?」

ユミル「ああ、いたぜ」

クリスタ「ちょっとした噂になってたよ、あれは本当だったんだって」

エレン「あれって?」
184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:26:13 ID:hVHu3isc
クリスタ「二人が付き合ってるって言う噂…」

エレン「な…!」

ユミル「へえ…そんな噂流れてんのか…」

ユミル「でも、あいつに意識させるには効果的なんじゃねぇか?」

エレン「い、いや…でもな…」

ユミル(まさかそんな噂立ってるとはな…まあエレンと一緒に行動してる時間も長くなってるし当然か…)
185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:27:18 ID:hVHu3isc
………


ミーナ「じゃあ、つまりアニがエレンに想いを言えないのは、その罪のせいなんだ…」

アニ「だね。あいつは告白してくれたけど、一緒にいる資格なんて私にはないからね」

ミーナ(その罪の内容については教えてくれなかったけど…よっぽど大きいんだろうな…)

ミーナ(例えば、アニがエレンの母親を殺しちゃったとかかな?)

ミーナ「じゃあ、ベルトルトと一緒にいるのは罪を背負う者同士だからってこと?」

アニ「まあ端的にいえば…ベルトルトは私が欲しいみたいだし、私も別に嫌いじゃないし…」

ミーナ(思ったよりも重い話よね…)

ミーナ(本当なら、その罪背負ってでもエレンと一緒になれば?って言いたいけど…)

ミーナ(ここは誰かに相談しようかな…アルミンとか…?)
186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:35:42 ID:hVHu3isc
数日後

格闘訓練

アニ「ねえ、エレン」

エレン「アニ?」

アニ「今日は私と組まない?」

エレン「え…えっと…」


アニ「最近ユミルとばっかりじゃないか。格闘訓練に限らず」

エレン「た、確かにそうだけどさ」
187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:38:06 ID:hVHu3isc
アニ「…あんた、あいつと付き合ってるの?」

エレン「え…!?」

アニ「だから、付き合ってるのかい?」

エレン「い、いや…それは…」カアアアア

アニ「………」イラ

アニ(ったく…こいつ私のこと好きって言ってくれてたのに…)イライラ

アニ(いや、駄目だね…振ったのは私だし、そもそも私が文句なんか言えないね…)
188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:38:53 ID:hVHu3isc
ベルトルト「アニ…またエレンと仲良くしてる…」

ベルトルト「これはまた、今夜も…」

ライナー「ベルトルト、お前も気づいてるんじゃないか?」

ベルトルト「何がだい?」

ライナー「お前とアニが身体だけの関係でしかないことだよ」

ベルトルト「………」
189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 12:48:11 ID:hVHu3isc
その夜、女子寮

アニ「…あんたさ」

ユミル「ああ、なんだよ?」

アニ「あんたって…あのバカ…エレンと付き合ってるの?」

ユミル「はあ?お前の知ったことじゃねぇだろ」

アニ「…」

ユミル「付き合ってたとしても、それがなんなんだ?」

アニ「なんだってことはないけどさ」

ユミル「そもそも、あの小屋でベルトルトとちちくり合ってるお前には、関係ないだろ」

アニ「……」

ユミル(こりゃ、作戦成功か?)
192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 21:39:59 ID:Pe2hZOrI
ミカサ「アニ」

アニ「ミカサかい…」

ミカサ「私は、あなたが好きではない」

アニ「なに?急に…」

ミカサ「しかし、エレンは好きだと言う…」

アニ「…」
193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 21:41:44 ID:Pe2hZOrI
ミカサ「私は、それを理解したいと思ってる…」

ミカサ「でも、今の話は…ベルトルトとは本当?」

アニ「付き合ってないよ、別にあいつとは」

ミカサ「向こうはそう思ってないかも」

アニ「身体だけの関係は理解してるさ。処女も渡してないしね」

ミカサ「……」

アニ「あんたがエレンをどれだけ大切かはわかってるつもり」

アニ「私も、エレンのことは大好きだからね」
194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 21:42:51 ID:Pe2hZOrI
ミカサ「ならそれを証明して。今のままの関係は私が許さない」

アニ「…」

ユミル「おい…これ、どうなるんだよ…」



小屋

ベルトルト「身体だけの関係…そんなことはわかってたけどね」

ベルトルト「そもそも、アニは僕のことを恋愛の対象にはしてないし…」

ベルトルト「同じ罪を背負ってるから、僕が告白した時に身体だけ許してくれたんだしね」

アニ「あんた、さっきから何言ってんの?」
195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 21:58:19 ID:Pe2hZOrI
ベルトルト「何でもないよ」

アニ「そう…で、するのかい?」

ベルトルト「いや…君はもう覚悟を決めてるんだろ?」

ベルトルト「なら、こんなこと意味ないよ…」

アニ「悪いね…あんたの傍を離れないって言ってたけど…」

アニ「やっぱり、自分の気持ちに素直にならないと、後悔しそうだし…」

ベルトルト「アニ…」
196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 21:58:55 ID:Pe2hZOrI
アニ「でもさ、今夜はいいよ。あんたの好きなことしても」

ベルトルト「なら…」

ガバ

アニ「きゃ…!」

ベルトルト「………」ポロポロ

アニ「あんた…泣いてるよね…」

ベルトルト「そりゃね…振られたんだから…」ポロポロ

アニ「男が泣くもんじゃないよ」

ベルトルト「偏見だよ、それは…」

ベルトルト「悔しいから、エレンに見せつけてやろうかな…」

アニ「なんだいそれ…」
197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 21:59:48 ID:Pe2hZOrI
それから少し経過

ユミル「おい、エレン」

エレン「ユミル…どうした?」

ユミル「うまくアニを嫉妬させられたみたいだな」

エレン「ん…まあ…」

エレン「なんか、今夜呼び出されたんだけど…」

ユミル「ほう、こりゃひょっとするんじゃねぇか?」

エレン「………」
198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 22:00:24 ID:Pe2hZOrI
ユミル「えっとな…一応言っておくけど…」

エレン「なんだ?」

ユミル「私と付き合ってくれないかな…なんてな」

エレン「んなっ!?」

ユミル「なんだよ…そんな驚くなよ…!」

エレン「いや……驚くだろう…」

ユミル「どうだ…?」

エレン「ごめん、ユミル」

ユミル「だよな…まあ、わかってたよ」

エレン「すまねぇ…」
199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/18(金) 22:01:17 ID:Pe2hZOrI
ユミル「いいって…じゃあもう行くからな…」タタ

エレン「ユミル…」

ユミル「ったく、アニの野郎…まさかこんな簡単に心変わりするとは…」

ユミル「くそ…!」


ミーナ「ねえ、アルミン」

アルミン「なに?」

ミーナ「ユミルがかわいそうだったかな?」

アルミン「とは言っても、僕らがしたのは、アニを説得したことだけだし…」

ミーナ「罪を背負ってでも告白した方が、後悔しないよって言っただけだもんね」

アルミン「あとはもう、当事者たちの問題になると思うよ」

ミーナ「うん、そうよね…アニ、がんばってね」
208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:42:14 ID:1cbRzMtw
訓練庁舎の端

エレン「アニ…!」タッタッタ

アニ「エレン、悪いね。いきなり呼び出して」

エレン「いや、いいって…そんなの」

アニ「…」

エレン「それよりも、用件はなんだ?」
209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:43:03 ID:1cbRzMtw
エレン「その…色々と期待してしまうんだが…」

アニ「なんだい、それ…」

エレン「……」

アニ「私さエレン…やっぱり、あんたのことが大好きだよ」

エレン「アニ…」

アニ「私には罪があったから、断ってたけど…」

アニ「やっぱり、あんたのことは忘れられないんだ…」
210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:43:40 ID:1cbRzMtw
エレン「ほ、本当なのかよ…嘘じゃないよな…?」

アニ「もちろんさ…」

アニ「あんたはどうなんだい?」

エレン「どうって…」

アニ「ユミルのこととかさ…私の想いとか…変わってるんじゃないかい?」

エレン「……」

アニ「もしもその…あんたがいいなら…」

アニ「私と…付き合ってくれないかい?」
211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:44:17 ID:1cbRzMtw
エレン「アニ……」




エレン「ユミルに告白されたんだけどさ…」

アニ「ああ、そうなんだ」

エレン「でも、断ったんだ」

エレン「考えたら、ユミルにはお世話になったのに、悪いことしちゃったかな…」

アニ「ああ、悪いことしてるね。私なんかを選んだんだから」

エレン「まだ選んだとは言ってないけどな」

アニ「凄い恥ずかしいこと言ってるじゃないか、私…」
212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:44:56 ID:1cbRzMtw
エレン「冗談だよ」

アニ「後で蹴るから」

エレン「うぐ…」

アニ「ベルトルトにも悪いことしちゃってさ…」

エレン「別れたのか?」

アニ「まあ、付き合ってもなかったし…同じ罪を背負った者の慣れあいだよ」

エレン「その罪ってのは、なんなんだ?」

アニ「……」

エレン「いや、無理には聞かねぇよ。言えるときに言ってくれ」

アニ「うん…ありがとう…」
213: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:45:36 ID:1cbRzMtw
エレン「あ~あとさ…これ…」

アニ「なんだいそれは?」

エレン「マフラーだよ。この前買ったんだ」

アニ「それを私に?」

エレン「俺とお揃いって感じなんだけどさ…嫌じゃなければ…」

アニ「嫌なわけないじゃないか…」

エレン「本当はクリスマスに渡そうかと思ってたんだけどな」

アニ「まあ、もうすぐだしね、クリスマス…」
214: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:46:11 ID:1cbRzMtw
エレン「どうだよ?」

アニ「暖かいね。あんたとお揃いというのが特にいいよ」

エレン「そっか、ならよかった…」

アニ「エレン…」

エレン「ん?」

アニ「色々ややこしいことになったけど…よろしくね…」ギュウ

エレン「こんな風にくっつくとか、アニでもやるんだな…」

アニ「うるさいよ」ポカ

エレン「いてっ」
215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:46:51 ID:1cbRzMtw
ベルトルト「…うまくいっちゃったか…」シュン

ライナー「まあ、ベルトルト涙を拭けよ」

ベルトルト「君はどうするの?」

ライナー「今度のクリスマスにデートの約束を頼んでるんだが」

ベルトルト「君にしては上出来だね」
216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:47:22 ID:1cbRzMtw
ユミル「はあ…」

クリスタ「ユミル…ため息ばっかり…大丈夫?」

ユミル「大丈夫だって…またすぐ元気なユミルさんに戻るからよ」

クリスタ「ならいいけど…」

クリスタ「ねえねえ、ところでさ、私デートに誘われたんだ」

ユミル「はあ?誰にだよ」

クリスタ「アルミンと…ライナー」

ユミル「あいつら…」

クリスタ「二人共クリスマスだから、どっちかにしないと駄目だよね…」

ユミル「どっちにするんだよ?」

クリスタ「えへへ、アルミン…かな」
217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:47:58 ID:1cbRzMtw
アルミン「ん?…今すごくいいことが起こったような」

ミカサ「アルミン、それはよかった」

アルミン「ミカサはクリスマスどうするの?」

ミカサ「エレンとアニの邪魔ををしてくる。それだけ」

アルミン「だめだよ、絶対…」

ミカサ「残念」
218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:48:28 ID:1cbRzMtw
エレン「それで…ベルトルトとはどんなことしてたんだよ?」

アニ「う…言わなきゃ駄目かい?」

エレン「当たり前だろ」

アニ「あんたは、見てたんだろ…?」

エレン「アニの口から聞かないとな…」

アニ「いじわるだね…」

エレン「ほら、アニ」サワサワ

アニ「うあ…バカ、スケベ」

エレン「処女くれるのか?」

アニ「ああ、もちろんだよ。あんたにならなんでもあげる」

219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 08:49:23 ID:1cbRzMtw
これで終了です。どうもありがとうございました!
220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/26(土) 11:30:56 ID:oRfdJb3Q
乙!
221: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/27(日) 11:18:23 ID:iG2mjsIA
ユミル不憫すぎ
話の内容的にエレンとベルトルト振り回しまたアニが報いを受けるべきやろ
まぁおもしろかった、乙

関連スレ(同じ書き手)

アルミン「掘りごたつを設置する」

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2014年05月22日

    エレンがクソビッチのどこに惚れたのか分からない
    それに作者が原作まともに読んでないのバレバレ

  2. とあるSSの訪問者 2014年05月22日

    胸糞悪いな。
    ゴミ。

  3. とあるSSの訪問者 2014年05月23日

    何でエレアニSSはすぐ他キャラsageてしまうん?

  4. とあるSSの訪問者 2014年05月23日

    キチガイだからさ

  5. エレアニ 2014年05月23日

    おれは、エレアニ好きなんだけどな。

  6. とあるSSの訪問者 2014年06月29日

    ベルさん死www.

  7. とあるSSの訪問者 2015年01月21日

    おもしろかった!

  8. とあるSSの訪問者 2015年06月03日

    エレアニかよ、エレユミの方がよかったわ

  9. ちぇりじゃす 2015年06月30日

    何か、って言うか全て違う。エレアニのどこがいいんだか。

  10. とあるSSの訪問者 2015年09月05日

    ただのクソエレアニファンかよ
    この流れはどう考えてもエレユミの方が良作になっただろうにな

  11. とあるSSの訪問者 2015年11月17日

    作者は童〇か? またはガキんちょだな。

  12. とあるSSの訪問者 2015年12月12日

    こいつ女知らんな(ww

  13. とあるSSの訪問者 2016年08月02日

    少女漫画では割とよくある展開。しかもその場合アニが主人公。

  14. コn…とあるssの訪問者 2016年08月04日

    期待をいい意味で裏切ってくれてよかった…!でもアルクリが中途半端でちょっと違和感…乙です

  15. とあるSSの訪問者 2018年08月05日

    アルクリの続きが見たい私はおかしいのだろうか・・・
    エレユミが見たかったー。
    アニひどいナー

  16. とあるSSの訪問者 2019年06月13日

    エレアニ叩いてるの絶対全部同じやつだろwww
    まあこの作品ではユミルとくっついて欲しかったっていうのは否定しない、

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング