FC2ブログ

ミカサ「相談事」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:33:53 ID:iksO3NQ2
キャラ崩壊・捏造あり
温く会話してるだけ


注目記事




2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:34:26 ID:iksO3NQ2
ミカサ「エレン」スゥ..

エレン「!!」ビクウゥッッ

エレン「…っミカサ?なんだよいきなり、つーかお前むぐっ」

ミカサ「一先ず話を聞いて。緊急の相談がある」クチフサギ

エレン「~~~っ」コクコク

ミカサ「」スッ

エレン(鼻ごと抑えやがった…!)プハッ

エレン「…手短にな」

ミカサ「ありがとう」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:35:05 ID:iksO3NQ2
ミカサ「私はたまにエレンの事が好きなのかと尋ねられるのだけど」

エレン「は?」

ミカサ「当然好きに決まっているので毎回そうだと答えている」

エレン「お、おう」

ミカサ「ただその度にアニの名前が挙がる」

エレン「アニ?何か関係あんのか」

ミカサ「聞くと以前対人格闘でアニと組んだ話をされる」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:35:52 ID:iksO3NQ2
エレン「あぁ…?」

ミカサ「エレンを過剰に痛め付けていたので私が仲裁した時」

エレン「あーあれか。頼んでもねぇのに妙な事しやがって」

ミカサ「あんなに一方的な技、訓練の範疇を超えている」

エレン「…ミカサが止めなくても自分で抜けるつもりだったんだ」

ミカサ「嘘。エレンは降参していたはず」

エレン「なっ何で知ってんだよ!自分の訓練に集中しろよ!」

ミカサ「でもあのままでは意識を落とされていたかもしれなかった」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:37:37 ID:iksO3NQ2
エレン「止めるにしたってやり方ってもんがあるだろ。ミカサはライナーと組んでたんだよな?」

ミカサ「…うん」

エレン「ちゃんと謝ったか?」

ミカサ「…」コクッ

エレン「そうか」

ミカサ「…エレン怒ってる?」

エレン「怒ってねぇよ」

ミカサ「そう、よかった」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:38:14 ID:IsevzdKE
エレン「んでそれが?」

ミカサ「あれは嫉妬してやったのかと聞かれる」

ミカサ「勿論違うと答えている」

エレン「ふーん」

ミカサ「何故あの場面で私が嫉妬したことになるのだろう」

ミカサ「それと…アニにも嫉妬だと思われているのだろうか」

エレン「まあ、それはそう思われてもおかしくはないんじゃねぇか?」

ミカサ「どうして?」

エレン「なんつーかそういうもんだろ」

ミカサ「?」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:39:10 ID:iksO3NQ2
ミカサ「…アニはあまり人と交流しない。私もたまにやり取りする程度」

エレン「意外だな。アニと会話すんのか」

ミカサ「ええ、多少。前にフードが裏返しだったのでそっと近づいて直してあげたことがある。すごく驚かれた」

エレン「普通に声かけりゃいいだろ」

ミカサ「アニが珍しくぼーっとしていたので、つい」

エレン「蹴られるぞお前…」

ミカサ「そんなことは無い。苦い顔で照れたようにお礼を言われた」

エレン(想像つかねぇ…)
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:39:42 ID:iksO3NQ2
ミカサ「他にもある」

ミカサ「アニが資料室にいた時」

ミカサ「棚の本に手が届かないようだったのでタカイタカイの要領で後ろから持ちあげた」

エレン「!?」

ミカサ「あれは怒られた。せめて一言掛けてほしいと言われた」

エレン「そりゃそうだろ」

ミカサ「私はただ驚くアニをもう一度見たかった…」

エレン「」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:42:48 ID:IsevzdKE
ミカサ「ともかく、私は何故嫉妬したと思われるのか知りたい」

ミカサ「確かに時々エレンを羨ましく思うことはあるけど嫉妬とは違う」

エレン「ん?アニをじゃなくて?」

ミカサ「え?」

エレン「え?」

エレン「…いやいい、続けろ」

ミカサ「私はあまり人との会話が得意じゃない。どういった話題を振ると適切なのかも分からない」

ミカサ「なので、アニに話し掛けられない」

エレン「今こんだけ喋ってるてるけどな」

ミカサ「エレンは特別。アルミンも」

エレン「ん」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:44:50 ID:iksO3NQ2
ミカサ「アニとは今までも関わりが少なかったのにあの件以来、更に近付き辛くなってしまった」

ミカサ「絞め落とそうとしたのは許せないけれど、日頃エレンに格闘術を指南してくれているのは事実」

ミカサ「私は冷静じゃなかった…エレンがお世話になっている事、いずれお礼するつもりだったのに」

エレン「お前は親かよ、いいよそんなの」

ミカサ「このまま勘違いされていては気まずい」

エレン「まあとにかく…アニとぎくしゃくしたくないって話だな?」

ミカサ「うん」

エレン「回りくどい」

ミカサ「…」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:45:21 ID:iksO3NQ2
エレン「あと時間を考えろ。もう消灯だし、ここは男子宿舎だろ」

エレン「何でわざわざ今来たんだ?」

ミカサ「…」

エレン「怒んねぇから」

ミカサ「…宿舎に向かう途中教官に会った」

エレン「おう」

ミカサ「話によると明日で対人格闘の訓練は最後らしい」

ミカサ「その時にアニと仲直りがしたい」

エレン「そうか」

ミカサ「うん…あと」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:45:51 ID:iksO3NQ2
ミカサ「宿舎でアニはいつも自ら一人になる。でもどこか寂しそうにしているときがあるように思う」

ミカサ「此処には壁崩壊後やむなく一人になった人も少なくない」

ミカサ「もしかしたらアニもその一人かもしれないけど、私はあの子の事をよく知らない」

ミカサ「…アニも寒い思いをしているかもしれない」

エレン「…」

ミカサ「だから…いえ、やはり上手く説明出来ない」

ミカサ「これがアニの益になるかも分からないけれど」

ミカサ「私はアニと友達になりたい」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:52:23 ID:iksO3NQ2
ミカサ「でも私は話すのが下手。お互いあまり喋らないので、情けないけれどきっかけが無ければ私からは関わりづらい」

ミカサ「ので、エレンが差し支え無ければでいい。明日の対人格闘、私…アニと組み…たい…」ウル

エレン「馬鹿、我慢しろ。泣いたら枕に染みるだろうが」アタマバシッ

ミカサ「うぅ…私はアニに嫌われていないだろうか」ゴシゴシ

エレン「大丈夫だろ、あいつ以外と優しいし」

ミカサ「優しい…?何故エレンが知っているの」

エレン「面倒そうにしてても何だかんだ対人格闘付き合ってくれるしな。悪い奴じゃないと思うぞ」

ミカサ「エレンはアニの事、好き?その…女性として」

エレン「はぁ?何の話だよ。訓練に必死でんなこと考える余裕ねーよ」

ミカサ「そう」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:54:50 ID:iksO3NQ2
エレン「…俺がアニを好きじゃまずいか?」

ミカサ「…?訓練に支障が出なければ特には」

エレン「…」ムギュ-

ミカサ「エレン痛い、鼻を抓らないで欲しい」

エレン「うるせー解決したなら早く宿舎戻れ」

ミカサ「」ゴゾゴゾ

エレン「…おい」

ミカサ「ほんのちょっとだけど、あわよくばここで一緒に寝られるかもしれないという打算が無かった訳ではない」フトンカラカオダシ

エレン「」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:55:24 ID:iksO3NQ2
ミカサ「この三年間エレンとアルミンと離れてしまって寂しかった」

エレン「いつも一緒にいるじゃねーか」

ミカサ「宿舎は違う。二人は同じなのに私だけ別。仕方ないけれど」

ミカサ「なので今日くらいは二人の間で寝ても問題は無いはず」

エレン「いや問題だろ。朝の点呼に居なきゃ罰則受けるぞ」

ミカサ「早朝に戻るので、お願い」

ミカサ「…だめ?」

エレン「…」

ミカサ「…」

エレン「夜中に出歩いて捕まるよりはいいか」ハァ

ミカサ「嬉しい…」フフッ
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:56:13 ID:IsevzdKE
エレン「ただし布団はアルミンの使え」バサッ

ミカサ「あっ」

エレン「お前でかいから狭いんだよ。アルミンとなら大丈夫だろ」ソッポムキ

ミカサ「それは私にもアルミンにも失礼」シカタナイ…アルミン、オジャマシマス

ミカサ「エレン」

エレン「今度はなんだ」

ミカサ「夜分にごめんなさい。ありがとう」

エレン「…ああ」

ミカサ「おやすみなさい」

エレン「おやすみ」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 00:56:52 ID:iksO3NQ2
早朝

アルミン(ななななな何でミカサがここにいるんだ??!!!)



おわり
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:07:45 ID:kp9ExwH.
アニを高い高いして怒られるミカサw
44話より後の7話で普通に会話してるんだから険悪なわけがないのに
ミカサとアニが仲悪いと思い込んでる奴が多くてな…
こういうssは嬉しい
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 01:20:12 ID:ZTGCV/sQ
こういうの大好き
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 12:13:58 ID:VrFPBqZM
アニミカは大正義
しかしエレンとミカサかわええ
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 12:37:47 ID:HNRmmhs2

俺もミカサとアニは仲良し派

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS