FC2ブログ
2: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:08:14.33 ID:Rlcr0C9rO

杏「言葉って、どうやって伝わるんだと思う?」

杏「もちろん、波長が空気の振動によって伝わる…それは、たぶん誰もが知ってると思うけど」

杏「じつは、言葉って口から発されるものだけじゃないんだよね」

杏「ボディーランゲージってものがある通り身振り手振りで思いを伝える事だって、目で会話できる通り目で想いを伝えることだって出来るし」

杏「そのなかで、一番真っ直ぐ、一直線に伝えられるのが口から発される言葉ってだけ」

杏「じゃあ、その一番には…」

杏「どんな力が、おもいが含まれてるんだと思う?」

杏「言霊って、何が含まれてるんだと思う?」

杏「…なんだよもー、プロデューサーが前説っぽくよろしくっていったんだろー笑うなよー!」

4: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:08:47.47 ID:Rlcr0C9rO

フレデリカ「フンフンフフーン、ランゲージ!」

文香「エンゲージ、リング…それは、誰もが求めてやまない絆の証。しかしある時、彼女のそれは地獄からの鎖に変わりました…逃げたくても逃げ出せない、決して外れない枷を付けられた彼女が頼った相手は、とある古書堂の女学生で…」

肇「トリップしてるところ悪いんですけど、エンゲージじゃなくてランゲージです」

杏「言葉がどうかしたの?」

フレデリカ「言葉遊びしたいなーって」

肇「しりとりはもう嫌ですよ?」

フレデリカ「前回失敗したマジカルバナナやろー!」

文香「ミステリアスな雰囲気を纏ったその女学生…その真の顔は、超美少女現役アイドルで」

杏「帰ってこい文香ちゃん」

肇「超美少女現役アイドル()」
6: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:09:19.99 ID:Rlcr0C9rO


杏「マジカルバナナってあれだよね?連想ゲームみたいなやつ」

肇「バナナと言ったらフルーツ、みたいなゲームですね」

文香「知識量と思考速度がモノを言うゲームでしたら、私は負けませんよ?」

フレデリカ「じゃー連想出来ないモノ縛りで!」

杏「…つまり、どーゆー事?」

肇「連想出来ないモノ…?」

文香「…なるほど、そう言う事ですか」

フレデリカ「前の人が言った単語から連想出来ない単語しかダメ!」

杏「…おお、割と頭使いそーだね」

肇「そうですか?てきとうに言っていればいいだけ簡単な気がしますが」
7: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:09:49.67 ID:Rlcr0C9rO

フレデリカ「それじゃー1回やってみよっか」

杏「マジカルバナナ、バナナと言ったらラーメン」

文香「ラーメンと言ったら古書堂」

フレデリカ「古書堂と言ったらエッフェル塔!」

肇「エッフェル塔と言ったらスカイツリ…陶芸!」

杏「陶芸と言ったら狂想曲」

文香「狂想曲と言ったらジューンブライド」

フレデリカ「ジューンブライドと言ったらカフェオレ!」

肇「カフェオレと言ったら喫茶て…田植え!」

杏「ほら、案外前の単語に引っ張られるでしょ?」

肇「ですね…やってみないと分からないものでした」

9: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:10:50.84 ID:Rlcr0C9rO

フレデリカ「次なにするー?」

杏「飽きるのはっや」

肇「でしたら、カッコいい言葉しりとりなんてどうでしょう?」

文香「それは以前やったので…」

杏「前に言ってたワードウフルは?」

肇「私がルールを把握してないので却下で」

フレデリカ「物理学トーク!」

杏「はいはいフィジックスFF、文香ちゃんが入れないでしょ」

文香「余裕ですが?」

肇「私が得意でないので却下で」


10: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:11:22.45 ID:Rlcr0C9rO


フレデリカ「じゃーなんたらとチョコ!」

杏「糠に釘!」

文香「馬の耳に念仏」

肇「文香さんにタブレット」

杏「…で、それどんなゲームなのさ」

フレデリカ「えっとねー、解決するゲーム!」

肇「杏ちゃんの疑問を解決してあげて下さい」

文香「タブレットぐらい余裕ですが?」

杏「タブレット砕かずに電子書籍読める?」

文香「…やってみせます」

肇「無理なやつですね」

11: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:11:53.68 ID:Rlcr0C9rO

杏「そもそもこないだやった超理論も言葉遊びみたいなもんだよね」

フレデリカ「あ、アタシまた無から有を生み出す方法見つけたよー!」

文香「ほう…」

肇「大したものですね」

フレデリカ「えっとねー、2で割って2をかけたら元の意味と一緒でしょー?」

杏「…あー!その手があったか!」

文香「…どう言うことでしょう?」

フレデリカ「無い×1/2で半分無い、でしょー?つまり、半分有る、って事だよね?」

肇「…!半分有るに2をかけたら…!」

文香「…有る!つまり、無いは有るだった…!」

12: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:12:24.97 ID:Rlcr0C9rO

フレデリカ「他に何か面白い遊びないかなー?」

杏「どんな言葉でもこれを付けるとかっこよく聞こえる単語ゲーム!」

フレデリカ「いぇーい!勇気!」

文香「…レッスンをサボる勇気!」

肇「暴力を振るう勇気!」

杏「寝坊する勇気!」

フレデリカ「よーし、フレちゃん先制点!」

肇「あ、そう言うシステムなんですね」

13: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:12:55.31 ID:Rlcr0C9rO


文香「それでは、次は私が…それはまた、別のお話…」

杏「杏は明日寝坊するけど…それはまた、別のお話…」

フレデリカ「アタシはいつもてきとーだよ?だけど…それはまた、別のお話…」

肇「…だめです、思いつきません」

文香「それでは、肇さん減点ですね」

杏「あ、そういうシステムなんだ」

肇「それでは、汚名返上させて貰います。守護(まも)ってみせる!」

杏「この休日を、守護ってみせる!」

フレデリカ「まるまるもりもりまもってみせる!」

文香「私が思い付かないので、肇さんが減点です」

肇「暴力を振るう勇気!」

文香「すみません…」

14: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:13:27.20 ID:Rlcr0C9rO


杏「…あ!夏の香りがした!」

文香「…!彼が、部屋の扉を開けた。待ち焦がれた、恋に焦がれた彼の姿。光の差し込むその扉の外の世界からは…夏の香りがした」

フレデリカ「わーお文学っぽい!文香ちゃん加点2Fポイント!」

肇「Fポイントって貯めるとどうなるんでしたっけ?」

杏「Fになれるんじゃなかった?」

肇「私やっぱり減点でいいです」

フレデリカ「洗濯機に洗剤を入れ過ぎた。洗濯物からは…夏の香りがした」

肇「方向性違いません?」

15: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:13:55.41 ID:Rlcr0C9rO

杏「…そろそろ夏だね」

肇「一面に広がる畑、流れる用水路」

フレデリカ「とーくまで真っ赤に染まった夕方の空を見上げながら、蝉の鳴き声をbgmに歩く砂の道」

文香「暑かった、騒がしかった時間は終わって…一人で家へと歩く時間は、なんだか寂しくて…」

杏「…つらい」

肇「回帰りたい…」

文香「あ…っ…あの頃は良かった…」

フレデリカ「ママ゛ーー!!」

杏「…なにこれ、何の話さ」

文香「別のお話」

16: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:14:28.62 ID:Rlcr0C9rO

フレデリカ「さー、そろそろレッスンの時間だよー!」

文香「…サボる勇気!」

杏「この休憩時間を守護ってみせる!」

肇「たくさん汗をかいて夏の香りを感じましょう!」

杏「それにほら、7割の法則を使えば休憩時間無限だし」

フレデリカ「それだとレッスン時間も無限だよー?」

文香「よし」

杏「レッスン行くか」
17: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:14:55.55 ID:Rlcr0C9rO

杏「とまーそんな感じの休憩時間だったんだよ」

杏「まったく休めてないんだけどね」

杏「これ本当に言葉遊びなのか?って思ってるそこのプロデューサーよ、安心して、それが正常だから」

杏「あー、勇気、ねぇ」

杏「まぁいいや。プロデューサーも夏の夕方思い浮かべると消えたくなるタイプ?」

杏「…叫ぶな!ママ゛ーじゃないよ!!」

杏「やめろ近寄るな離れろ気持ち悪い!!」

18: ◆TDuorh6/aM 2017/06/11(日) 20:17:10.59 ID:Rlcr0C9rO
田舎の夏の夕方を思い浮かべると危険
ごっこです、タイトルはごっこです、やってしまった
文香の話はもう数本シリーズを書いたらきちんと完結させます
お付き合い、ありがとうございました

最近のss、よろしければ是非

モバP「俺自身がママになる事だ」


【モバマスSS】マッチ売りのアイドル



関連スレ:

この書き手のSS
(このシリーズの他の作品もこちらに)


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング