FC2ブログ
前スレ:

武内P「ムラムラ、ですか」【前編】



488: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:09:49.49 ID:c8+n4sgeo
>>483
書きます


武内P「ロックです」
489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:11:33.41 ID:c8+n4sgeo
みく「えっ?」

李衣菜「はいっ?」

みく「ねえ……Pチャン?」

李衣菜「あの……プロデューサー?」


みく「可愛いフリフリを着て、ネコミミの衣装だよ!?」

李衣菜「全然、ロックじゃないと思うんですけど!?」


武内P「いえ、ロックです」


みく・李衣菜「……!?」
490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:15:54.46 ID:c8+n4sgeo
みく「あの、Pチャン。さすがに、李衣菜ちゃんでも騙せないにゃ」

李衣菜「みくちゃん!? それ、どういう意味!?」

みく「そのままの意味にゃ! ねえ、説得するなら真面目にやって!」

李衣菜「私は、説得されませんからね!? ロックじゃないですもん!」


武内P「多田さんは、ロックではないから……」

武内P「……フリフリの、ネコミミは嫌だ、と」

武内P「……そう、仰るのですね?」


李衣菜「はい! 全然、ロックじゃないです!」
491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:17:37.37 ID:c8+n4sgeo
武内P「……成る程、わかりました」

李衣菜「わかってくれました!?」

武内P「はい」


武内P「フリフリの、ネコミミから――」


武内P「――逃げる」


李衣菜「にっ、逃げる!?」


武内P「それが、多田さんの信じるロックなのですね?」


李衣菜「おっ、お……ええっ!?」
493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:22:35.72 ID:c8+n4sgeo
李衣菜「にっ、逃げるって……言い方、ずるくないですか!?」

武内P「そう、でしょうか?」

みく「まあ、でも……間違ってはないよね」

李衣菜「みくちゃんまで!?」


武内P「……多田さん」

武内P「逃げるのではなく――立ち向かう」

武内P「それこそが、ロックなのでは、と」

武内P「……そう、思います」


李衣菜「っ――!」

李衣菜「確かに……確かに、その通りです!」

李衣菜「プロデューサー! 私、やります!」

李衣菜「――フリフリの、ネコミミを!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」
495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:27:51.96 ID:c8+n4sgeo
  ・  ・  ・

夏樹「だりー、お前それ騙されてるぞ」

李衣菜「なつきち!? 何て事言うの!?」

夏樹「上手くのせられてるだけだぞ?」

李衣菜「じゃ、じゃあ……なつきちだったらどうすのさ!?」

夏樹「アタシに、フリフリのネコミミが似合うと思うか?」


李衣菜「逃げるの!?」


夏樹「……おいおい」
496: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:31:09.97 ID:c8+n4sgeo
夏樹「そういう話じゃなくてだな」

李衣菜「……ショックだよ、なつきち」

夏樹「はぁ?」

李衣菜「なつきちなら、立ち向かうと思ってた!」

夏樹「……おいおい、だりー」


夏樹「アタシが、フリフリのネコミミから逃げる?」


夏樹「――ハッ! 見くびって貰っちゃ困るな!」


李衣菜「……なつきちっ!」パアアッ!
497: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:34:48.73 ID:c8+n4sgeo
  ・  ・  ・

夏樹「――なあ、待ってくれって!」

李衣菜「プロデューサー! 話が違います!」

みく「みくは賛成! 大賛成にゃ!」


夏樹「みくと同じ喋り方!? アタシ『にゃ』を付けろって!?」

李衣菜「これ、全然ロックじゃないですよね!?」


武内P「いえ、ロックです」


李衣菜・夏樹「……!?」
498: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:38:29.24 ID:c8+n4sgeo
夏樹「どこがロックなんだ!? なあ!」

李衣菜「納得出来ませんよ、プロデューサー!」

みく「ネコチャンユニットの完成にゃ!」

武内P「……」


武内P「多田さんと、木村さんは……」

武内P「……語尾に『にゃ』をつけるのは嫌だ、と」

武内P「……そう、仰るのですね?」


夏樹「どう考えても、そうだろう!?」

李衣菜「嫌ですよ! 語尾に『にゃ』をつけるなんて!」
499: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:41:59.58 ID:c8+n4sgeo
武内P「……成る程、わかりました」

李衣菜「良いですか!? やりませんよ!?」

夏樹「フリフリのネコミミで、もうギリギリだっての!」

武内P「そうですか」


武内P「語尾に『にゃ』をつけるだけで――」


武内P「――揺らぐ」


李衣菜「ゆっ……」

夏樹「揺らぐ!?」


武内P「それが、貴女達の信じるロックなのですね?」


李衣菜「ちょっ、はっ……んえっ!?」

夏樹「いや、そん……はあっ!?」
501: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:46:51.10 ID:c8+n4sgeo
李衣菜「ゆっ、揺らぐって……」

夏樹「……アンタ、その言い方は卑怯じゃないか!?」

武内P「そう、でしょうか?」

みく「……」ジイッ

李衣菜・夏樹「……!?」


武内P「……多田さん、木村さん」

武内P「迷わされずに――己を貫く」

武内P「それこそが、ロックなのでは、と」

武内P「……そう、思います」


李衣菜「っ――!」

李衣菜「やろう……やろうよ、なつきち!」

李衣菜「――ううん! やるにゃ!」ニコッ!

夏樹「だりー……へっ、しょうがないにゃあ!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」
502: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:53:31.90 ID:c8+n4sgeo
  ・  ・  ・

菜々「あのっ!? それ、騙されてますよ!?」

李衣菜「菜々ちゃん、そんにゃ事にゃいよ!」

菜々「みくちゃんより上手くやっちゃ駄目ですよ!?」

夏樹「菜々、あんまり大声をだすにゃよ」

菜々「いえあの、ナナが悪い流れですか、これ!?」


李衣菜・夏樹「にゃあ」


菜々「わからないですよ、それじゃ!」
503: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 21:57:44.42 ID:c8+n4sgeo
菜々「う~っ……わかりました!」

李衣菜「? にゃにが?」

菜々「ナナが、代わりに話をつけてきます!」

夏樹「にゃぁ?」

菜々「このままじゃ、二人のロックがピンチです!」


李衣菜「ロックがピンチ?……にゅふふ!」

夏樹「……追い詰められても、諦めないのが――」

李衣菜・夏樹「――ロックにゃ!」


菜々「……」

菜々「これは……急がないと!」
506: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 22:05:45.67 ID:c8+n4sgeo
  ・  ・  ・

菜々「……」

みく「ナナチャンも参加してくれるなら、百人力にゃ!」

李衣菜「うん! アスタリスクwithなつなな――」

夏樹「再形成、だにゃ!」


菜々「……十代のアイドルだけのイベント、ですか?」


武内P「……はい」


みく・李衣菜・夏樹「?」


菜々「……!?」
507: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 22:09:59.62 ID:c8+n4sgeo
菜々「……いやいや、えっ?」

みく「まあ、さすがにそうだよね」

李衣菜「うん、二十代でフリフリのネコミミの……」

夏樹「語尾に『にゃ』は……にゃあ?」

菜々「で……ですよねー」


夏樹「まあ、アタシもギリギリセーフだけどにゃ!」

李衣菜「そんな事ないにゃ! なつきち!」

みく「そうにゃ! カッコイイネコチャンも居るにゃ!」


菜々「……」
508: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 22:17:17.92 ID:c8+n4sgeo
菜々「なっ……ナナはウサミン星人なので……その」

菜々「今回は、遠慮した方が良いって電波が!」

菜々「ピピッと! ピリピリドンガラガッシャンきてます!」

菜々「はっ!? これは、やったらまずいです!」

菜々「だからですね、あの――」


みく「大丈夫だよ、ナナチャン!」

李衣菜「ロックの魂……ううん、魂がウサミン星人なら!」

夏樹「フリフリのネコミミ、語尾に『にゃ』をつけたって――」


みく・李衣菜・夏樹「――ウサミン星人にゃ!」グッ!


菜々「っ……!」バッ!

武内P「……」サッ!

菜々「……!?」
510: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 22:26:37.56 ID:c8+n4sgeo
みく「Pチャン! Pチャンも説得して!」

李衣菜「お願いにゃ、プロデューサー!」

夏樹「聞かせてやるにゃ、アンタの熱い思いを!」

武内P「……」


武内P「……安部さん」


菜々「はっ、はい!?」


武内P「ロックです」

武内P「時の流れに逆らっている、貴女ならば」

武内P「……何とか、はい、大丈夫だと……ええ、思います」


みく・李衣菜・夏樹「……なんか、最後がふわっと」


菜々「そうですよね! ロックですよね!」
511: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 22:32:41.71 ID:c8+n4sgeo
菜々「ぃよぉ~し! ネコミン星人、行きますにゃ~!」

みく「おおっ! すっごいやる気だね、ナナチャン!」

李衣菜「へへっ! 負けれられないよにゃ、なつきち!」

夏樹「にゃあ! そうだにゃ、だりー!」


みく・李衣菜・夏樹・菜々「……にゃはっ!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」
512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 22:40:26.55 ID:c8+n4sgeo
  ・  ・  ・

ちひろ「あの……また、バラエティー方面のお仕事ですか?」

武内P「ええ、そうですね」

武内P「木村さんと、安倍さんもスケジュールを調整してくださいました」

ちひろ「えっ? あの二人も、ですか?」

武内P「おかげで、企画の幅が広がりました」

ちひろ「……そろそろ、怒られるんじゃないですか?」

武内P「問題ありません」


武内P「彼女達――アイドルの皆さん自身の、輝きを引き出す」

武内P「そのためならば、専務の方針と対立しようと……はい」

武内P「何の問題もありません」


ちひろ「……ロックですねぇ」



おわり
513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 23:52:23.46 ID:/Lxh/P4d0

この武内Pならスカウトもたやすくできちゃいそう
514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 23:55:38.60 ID:pRNPjnU10
扱いやすいアスタリスクはPの中では癒しだろうな
527: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:30:12.14 ID:/Nu1mpJFo
書きます


武内P「悩み、ですか」
528: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:33:16.22 ID:/Nu1mpJFo
卯月「……はい、そうなんです」

智絵里「……プロデューサーに、聞いて欲しくて」

かな子「……悩みのせいで、カップケーキが喉を通りにくいんです」

杏「ってなわけらしいからさ、聞いてあげてよ」


卯月・智絵里・かな子「お願いします!」


武内P「……皆さん」

武内P「はい、私で良ければ」

杏「がんばれ~」ヒラヒラ
529: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:37:29.69 ID:/Nu1mpJFo
武内P「皆さんお揃いで、ということは……」

武内P「全員、揃った状態の方が良いのでしょうか?」

杏「杏はさ、全員の悩みなんて大したことないって言ったんだよ」

杏「だけど、ぜ~んぜん効果が無いんだもん」

武内P「そう……なのですか」

杏「ま、そういうわけだからさ、大した悩みじゃないんだよね」

杏「だから、全員まとめてで良いと思うよ~」


卯月・智絵里・かな子「……」


武内P「……わかりました」
530: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:41:27.01 ID:/Nu1mpJFo
武内P「では、まず……島村さんから」

卯月「……はい」

武内P「島村さんの悩みとは、何なのでしょうか?」

卯月「……私、普通すぎると思うんです」

武内P「えっ?」


卯月「だから……みくちゃんみたいに、キャラを付けた方が良いのかな、って!」

卯月「最近、そんな事ばっかり、ずっと考えちゃうんです!」


武内P「待ってください」

武内P「私は、島村さんは普通ではない、と」

武内P「……そう、思っているのですが」


卯月「えっ!?」
531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:46:40.05 ID:/Nu1mpJFo
卯月「どっ、どこがですか!?」

武内P「あ、いえ……それは……」チラッ

智絵里・かな子・杏「……」

卯月「……!」ジイッ!

武内P「……」


武内P「アイドルとしては――」

武内P「ルックス、スタイル、歌唱力、ダンス」

武内P「……どれも、高い水準にあります」


卯月「ふえっ!? そ、そうでしょうか……?///」
532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:49:58.94 ID:/Nu1mpJFo
卯月「そっ、それじゃあ……アイドルとしてじゃなくは!?」

武内P「えっ!? いえ、それは……」チラッ

智絵里・かな子・杏「……」

卯月「……!」ジイッ!

武内P「……」


武内P「島村さん、個人としては――」

武内P「優しい人柄は、言うまでもないですが……」

武内P「とても、周囲の環境に恵まれている方だ、と」

武内P「……そう、考えています」


卯月「周囲に……恵まれてる……?」
533: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 20:55:11.39 ID:/Nu1mpJFo
武内P「はい。それは、普通とは言い難いです」

卯月「あまり……考えたこと、ありませんでした」

武内P「島村さんは、ご家族や友人など、沢山の方に恵まれています」

武内P「今も、一緒に悩みを相談出来る方と……はい」


卯月「!」チラッ

智絵里・かな子・杏「……えへへっ」


武内P「それは、貴女の人柄によるものです」

武内P「普通と言い切ってしまうのは、勿体無いかと」

武内P「……そう、思います」


卯月「――っ! はいっ!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」
534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:01:29.79 ID:/Nu1mpJFo
卯月「そっか……そうですよね、プロデューサーさん!」

武内P「悩みは、解決しましたか?」

卯月「はいっ♪」

智絵里「えへへっ、良かったね、卯月ちゃん」

卯月「うん、ありがとう♪ そっかぁ……私、恵まれてたんだ」

かな子「こういうのって、自分じゃどうしようも無い部分もあるけど……」

杏「だから言ったでしょ? 運も実力の内、ってね」

卯月「はいっ! おかげで、スッキリしました!」


卯月「島村卯月、頑張ります♪」


武内P「……」

武内P(……双葉さんの言う通り、些細な事でした)

武内P(ですが……島村さんの心は晴れたようですね)
535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:07:52.16 ID:/Nu1mpJFo
武内P「では、次に……緒方さん」

智絵里「……はい」

武内P「緒方さんの悩みとは、何なのでしょうか?」

智絵里「……わたし、このまま良いのかな、って」

武内P「えっ?」


智絵里「わたし……自分を変えたくて、アイドル目指して……」

智絵里「一生懸命、頑張って……頑張ってきたんです」


武内P「……緒方さん」


智絵里「わたしが変われば……変わるかなって思って」

智絵里「昔みたいに……家族皆で、笑い合えるって信じて……」


武内P「……」

武内P(重い! 待ってください、あまりに重すぎます!)
536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:14:35.83 ID:/Nu1mpJFo
智絵里「アイドルになって、少しは変われた気がして……!」

智絵里「なのに……なのに、何も変わらなくて……!」

智絵里「わたしが、いけないんでしょうか……!?」

智絵里「何をしても、もう、駄目なんでしょうか……!?」


武内P「……!?」チラッ

卯月・かな子・杏「……」

武内P「……」


智絵里「プロデューサー……!」

智絵里「わたし……どうしたら良いんですか……!?」


武内P「……」


武内P「――笑顔です」
538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:19:25.14 ID:/Nu1mpJFo
智絵里「……えっ?」


武内P「緒方さん」

武内P「貴女は、無理に笑顔を作っていませんか?」

武内P「自分一人で何とかしよう、と」

武内P「……そう考え、無理をされていませんか?」


智絵里「で……でもっ! 無理でもしないと――」


武内P「緒方さん、思い出してください」

武内P「キャンディアイランドで……シンデレラプロジェクトで」

武内P「貴女が――笑顔だった、その時」

武内P「緒方さんは……無理をされていたのでしょうか?」


智絵里「っ――!」
539: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:26:54.36 ID:/Nu1mpJFo
智絵里「無理なんか……無理なんか、してないです!」


武内P「それを聞いて、安心しました」

武内P「私には、緒方さん……貴女が」

武内P「楽しんで――心からの笑顔をしている、と」

武内P「……そう、見えていましたから」


智絵里「――はいっ♪」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P「その笑顔を忘れずにいれば――」

武内P「――必ず、道は開けます」


智絵里「プロデューサー……これからも、宜しくお願いします!」

智絵里「わたし、これからも一生懸命頑張ります!」

智絵里「だから……」


智絵里「見捨てないで、くださいね……?」


武内P「……ええ、勿論です」
540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:32:27.70 ID:/Nu1mpJFo
智絵里「……えへへ、お話……聞いてもらって良かった」

武内P「悩みは、解決しましたか?」

智絵里「はいっ♪」

卯月「良かったね、智絵里ちゃん♪」

かな子「これからも、一緒に笑顔で頑張ろうね!」

智絵里「……うんっ♪」

杏「だから言ったでしょ? 笑う門には福来る、ってね」

智絵里「……えへへ、そうだね」


智絵里「幸せの、おまじない♪」ニコッ!


武内P「……」

武内P(……想像以上の、重さでした)

武内P(ですが……緒方さんの心は晴れたようですね)
541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:38:12.41 ID:/Nu1mpJFo
武内P「では、最後に……三村さん」

かな子「……はい」

武内P「三村さんの悩みとは、何なのでしょうか?」

かな子「……美味しいから、大丈夫だと思ってたんです」

武内P「えっ?」


かな子「……プロデューサーさん」

かな子「私、もしかして……もしかして、なんですけど」


武内P「……」


かな子「……太りました?」


武内P「……」

武内P「えっ?」
542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:46:37.78 ID:/Nu1mpJFo
武内P「あの……三村さん?」

かな子「……」

武内P「三村さんの悩みは……それ、でしょうか?」

かな子「……はい」

武内P「あっ、いえ……その、すみません」

武内P「少し……ですね、はい、落差がありまして」


かな子「心の準備は出来てます!」

かな子「プロデューサーさん、私……太りましたか!?」


武内P「あっ、いえ……そうは、見えませんが」


かな子「本当ですか!? 良かったぁ~!」

かな子「昨日体重計に乗ったら3キロ増えてたけど、太ってなかった!」


武内P「三村さん!? あの……三村さん!?」
543: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 21:52:20.85 ID:/Nu1mpJFo
武内P「3キロと言うのは……本当ですか!?」

かな子「? はいっ♪」ニコッ!

武内P「……良い、笑顔です」

武内P「――ではなく! あのっ、一体何が!?」

かな子「えっ? どっ、どうしたんですか?」

かな子「もう、私の悩みは解決しましたよ?」

武内P「悩みは! 確かに、悩みは解決したかも知れません!」

武内P「ですが……その、問題が!」


かな子「っ!?」

かな子「……なっ、何の問題ですか!?」


武内P「えっ!?」

武内P「いえ、三村さん……3キロ、増えていたんですよね!?」
544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 22:03:06.18 ID:/Nu1mpJFo
かな子「そうですけど……えっ、太ってないんですよね?」

武内P「三村さん……少し、質問をしても良いでしょうか?」

かな子「えっ? な、何ですか……?」

…ゴソゴソッ、トンッ


武内P「そのバスケットは、何ですか?」


かな子「バタークリームのケーキですよ~♪」

かな子「最近、すっごくハマちゃってて……えへへ」

かな子「でも、太ってないって聞いて、安心しました!」


武内P「三村さん、待ってください!」

武内P「バタークリームのカロリーは、あまりに高すぎます」


かな子「美味しいから大丈夫ですよー」


武内P「大丈夫では! 大丈夫では、決してありません!」
545: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 22:12:02.40 ID:/Nu1mpJFo
武内P「皆さん! 三村さんを止めてください!」


卯月・智絵里「はっ、はいっ!」

かな子「今日のバタークリームはね? ふふっ!」

かな子「じゃ~ん♪ 卵黄を入れた濃厚クリームだよ~♪」

卯月・智絵里「えっ、えっ?」

かな子「はい、二人共ど~ぞっ♪」

卯月・智絵里「……あ、ありがとう」

かな子「……お味はどうかな?」


卯月・智絵里「ん~っ! 美味しいっ!」


かな子「ねっ、プロデューサーさん!」

かな子「とっても美味しいんですよ!」


武内P「三村さん、あの……だから何だと言うのでしょうか!?」
546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 22:22:07.27 ID:/Nu1mpJFo
かな子「美味しいから、大丈夫なんです」

卯月「はいっ♪ 島村卯月、幸せですっ♪」

智絵里「えへへ……自然と、笑顔になっちゃいます♪」

かな子「ねっ? プロデューサーさん♪」


武内P「待ってください!」

武内P「ですが、3キロ増はあまりにも!」


かな子「……それでも、私はアイドルです」

かな子「ファンの皆さんと、そして……皆の笑顔」

かな子「そのためなら……美味しいから、大丈夫です♪」ニコッ!


卯月・智絵里「かな子ちゃん……!」ジーン…!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P「……」

武内P「待ってください! 笑っている場合ではありません!」
547: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 22:35:50.72 ID:/Nu1mpJFo
  ・  ・  ・

杏「プロデューサー、お疲れ様~」ヒラヒラ

武内P「……」

杏「ねっ? 大したことない悩みだったでしょ?」

武内P「そう、でしょうか?」

杏「そうに決まってるじゃんか」


杏「人に相談して解決する悩みなんだもん」

杏「ましてや、こ~んなすぐにだよ」

杏「ねっ? 大したこと無いっしょ?」ケラケラ


武内P「……」

武内P「そう……ですね、はい」
548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 22:44:56.78 ID:/Nu1mpJFo
杏「まっ、かな子ちゃんは抵抗してたけどね~」

武内P「ですが……衣装の問題もありますから」

杏「うんうん」


杏「まあ、他の二人に関してもさ」

杏「下手に深刻にさせない方が良さそうだったからね~」

杏「これで、杏達にも何かあったら気軽に相談しやすくなったろうしね」


武内P「! 成る程……確かに、そうかも知れません」

武内P「双葉さん……ありがとう、ございます」

杏「お礼なんて良いってば、友達のためだしね~」

武内P「……」


杏「ところでさ、杏の悩みも聞いてくれる?」


武内P「? はい、何でしょうか?」


杏「杏ってさ、働きすぎだと思わない?」



おわり
549: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 23:39:15.88 ID:Tzwijue60
>>1乙
他の(濃いメンツ)に隠れているだけで、キャンディーアイランドも十分めんどくさいんだなぁ
557: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 22:58:26.16 ID:J/fnfotTo
書きます


武内P「お先に失礼します」
558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:01:23.73 ID:J/fnfotTo
早苗「はぁ? はぁ~っ? はあぁ~っ?」

瑞樹「まあまあ、まあまあまあまあ」

楓「ふふっ! お先におさっふふっ!」

武内P「では……これで」


早苗・瑞樹・楓「……」ジィッ


武内P「あの、無言で見るだけは……はい」
559: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:03:58.52 ID:J/fnfotTo
早苗「今の、意味わかった?」

瑞樹「わからないわ」

早苗「わかった?」

楓「お酒おっ、ふっふふ! うふふっ!」


早苗・瑞樹・楓「……」ジィッ


武内P「正直に、申し上げます」

武内P「皆さん、とても酔われているので……はい」

武内P「……帰りたいのです」
560: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:07:17.57 ID:J/fnfotTo
早苗「あー! そういう事言う!?」

瑞樹「テンション下がるわー!」

楓「テンションの点、ションボリうっふふっ!」

早苗「そんな事より、アレやりなさいよ! アレ!」


早苗・瑞樹・楓「……」ジィッ


武内P「……」

武内P「えっ!?」

武内P「……あの、どれでしょうか!?」
561: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:10:30.73 ID:J/fnfotTo
早苗「アレと言ったらアレよ! あーれ!」

瑞樹「見たいわ~。早く見たいわ~」

楓「とても、楽しみです……っふふ!」

武内P「待ってください! どれですか!?」


早苗・瑞樹・楓「笑顔」


武内P「……」

武内P「……!?」
562: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:15:21.79 ID:J/fnfotTo
早苗「はやく! はーやく! ハイハイハイハイ!」

瑞樹「スマイル、ハイハイ! 見たいわハイハイ!」

楓「笑顔は、スマイル……あっこれ普通うっふふっ!」

武内P「わ、笑えば……帰って良いのでしょうか?」


早苗・瑞樹・楓「?」


武内P「……なるほど」

武内P「普通に、帰すつもりが無いだけですね!?」
563: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:18:30.71 ID:J/fnfotTo
早苗「じゃあ、アレ! アレやんなさいよ!」

瑞樹「わ・か・る・わ~! 私も聞きたかったの!」

楓「ハイボールですよね? 注文しておきました、うふふっ!」

武内P「ありがとうござ……待ってください!」


早苗・瑞樹・楓「ポーエーム♪ ポーエームーっ♪」


武内P「……」

武内P「……!?」
564: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:24:23.59 ID:J/fnfotTo
早苗「じゃあねー、お題は、そうねー」

早苗「あたしのスタイルについて! はい、ポエム!」

瑞樹「期待してるわ! ナイスポエムを!」

楓「ふふっ! お題をお大事……ぷっふふっ! うふふっ!」


武内P「えっ!? いえ、あの……」チラッ

早苗「はーっ! 目がエロい! エロ罪でタイホタイホー!」

バッシバッシ!

武内P「痛っ! あの、加減が……片桐さん! 片桐さん!」
565: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:32:18.61 ID:J/fnfotTo
瑞樹「それじゃあ次は私ね!」

瑞樹「私の可愛い所をポエって貰うわ!」

早苗「んぐっんぐっ……プハーッ! ポエれポエれーっ!」

楓「瑞樹さんの、水着さ……あっこれ全然関係ないうっふふっ!」


武内P「えっ!? いえ、あの……」チラッ

瑞樹「やーっだ、もうっ! ジロジロ見ないで欲しいわ!」

バッシバッシ!

武内P「うんんっ!? あの、ルールが! ルールが、よく!」
566: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:35:51.86 ID:J/fnfotTo
楓「それじゃあ、次は私ですね」

楓「けれど……何をポエって貰おうかしら」

早苗「明日の運勢とか良いんじゃない!?」

瑞樹「それだわ! さあ! さあさあさあ!」


武内P「えっ!? いえ、あの……」オロオロ

楓「……!」

バシバシ!

武内P「えっ!? 何故、叩かれて……あの、高垣さん!?」
567: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:40:43.31 ID:J/fnfotTo
早苗「はー! なんか今日楽しいわねー!」

瑞樹「わかるぅ~……わっ! ふふっ! 楓ちゃん、わっ!」

楓「わっ! ふふっ、わっ! わっ! うふふっ!」

早苗・瑞樹・楓「わっ!」


武内P「……えっ?」


早苗・瑞樹・楓「……」ジィッ


武内P「……」

武内P「えっ!?」
568: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:46:21.21 ID:J/fnfotTo
早苗「はぁ~……ため息、はぁ~……からの、わっ!」

瑞樹「わかるわわかるわわっわっわっ、わわわの、わっ!」

楓「っ……っふふふふっ! わ、わ……うふふふっ!」

早苗・瑞樹・楓「……はぁ」ジィッ


武内P「っ……!」

武内P「わ……わっ///」


早苗・瑞樹・楓「あははっ! わっ! あはははっ!」


武内P「もう……もう、帰してください!」

武内P「お願いします、帰らせてください!」
569: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:50:31.95 ID:J/fnfotTo
早苗「じゃあ、アレ! アレやって! アレ!」

瑞樹「わかるわー。アレやらないと、ねぇ?」

楓「はい。帰ると言う話、お受けできません」

武内P「あの……どれでしょうか!?」


早苗「さーて、ここでクエスチョン!」

瑞樹「私達が言ってるアレとは?」

楓「一体、何でしょう♪」


武内P「……」

武内P「えっ!?」
571: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:57:28.59 ID:J/fnfotTo
早苗「正解したら、帰ってもいいわよ!」

瑞樹「そうね。グラスも空いてるし、丁度いいもの」

楓「お料理も、もう少ないですし」

武内P「! ほ、本当ですか!?」


早苗「当たり前でしょ! あたし達を信じなさいよね!」

瑞樹「そろそろ日本酒でいいわよね。注文しておくわ」

楓「お刺身は……盛り合わせで、二人前」


武内P「待ってください!」

武内P「そもそも、正解を出す気がありませんね!?」
572: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:04:36.71 ID:6G7vBzhxo
早苗「まあまあ! そんな、困った時は!?」

瑞樹「ほらほら! 右手を首筋にやって!」

武内P「えっ、あ……はい」スッ

早苗「んー……な~んか足りないわね」

瑞樹「あっ、そうだわ。左手も首筋! はやく!」

武内P「えっ!? は……はい」スッ

早苗・瑞樹「からのぉ~、少し仰け反ってぇ~」


武内P「……はあ」キュッ


早苗・瑞樹「セクシーポーズ」

楓「っぷふっ!?……っ!……ふっ! ふっく、ふ、ふふふっ!」


武内P「勘弁していただけますか!?」
573: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:12:55.20 ID:6G7vBzhxo
早苗「いやぁー、セクシーだったわーギルティーだわー」

瑞樹「急なセクシーずるいわずるいわー、晴れ時々セクシー」

楓「ふふっ! あっ、待ってまだっふふっ! ふうっ、ふっふふっ!」

武内P「……」

早苗「んもー、何よ! ムスッとしちゃってー!」

瑞樹「怒ったなら、右手はそのままで、左手は腰に!」


武内P「……」キュッ


早苗・瑞樹「セクシーポーズ」

楓「ふううっ……!? お腹、お腹いたっ、いたたっくふふっ!」


武内P「あの、本当に帰っていいですか!?」
574: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:20:13.70 ID:6G7vBzhxo
早苗「まあまあ! セクシーすぎてごめ……あっははっ!」

瑞樹「耐えるのよ早苗ちゃ、ぷっ、うっく……笑うふふぅっ!」

楓「……ふぅ……ふぅ……落ち着いて……あ駄目、うふふっ!」

武内P「……」


武内P「セクシーです」キュッ


早苗・瑞樹・楓「っ、ふうっふ、ふうっくっくっくっく!」


「お待たせしました。ご注文の品、お持ちしました」


武内P「っ!?」ビクッ!

武内P「あっ、いえ、はっ、はい」ワタワタ!


早苗・瑞樹・楓「あはっはははははっ!」
576: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:27:48.47 ID:6G7vBzhxo
早苗「はー……! はー……! 今の……今のは!」

瑞樹「ふっふふっ! ずるいわー、今のはずるいわー、っくく!」

楓「はー……頬が上がっちゃって、戻りません……ふふっ!」

武内P「……」


武内P「カンパーイ!」


早苗・瑞樹・楓「カンパーイ♪」


武内P「んぐんぐっ……プハーッ!」

武内P「……」

武内P「あの、普通に黒ビールが回ってきたのですが!?」
577: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:36:27.26 ID:6G7vBzhxo
早苗「でも……キミって、よく付き合ってくれるわよね」

武内P「いえ、あの……帰りt」

瑞樹「ええ、何だかんだ言いながら、最後まで……ね」

武内P「ですから、その……帰しt」

楓「本当に、感謝してるんですよ」

武内P「……」


武内P「皆さん」

武内P「そう仰っていただけるのは、嬉しいのですが……はい」

武内P「そろそろ、帰っt」


早苗・瑞樹・楓「カンパーイ♪」


武内P「……カンパイ」
579: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:50:10.39 ID:6G7vBzhxo
早苗「……でもま、これ片付けたら出ましょっか」

瑞樹「そうねぇ……あー、今日も笑ったわー!」

楓「プライベートのこういう時間も、大事ですよね」


武内P「っ!」

武内P「お開き、ですか!?」


早苗・瑞樹・楓「えっ?」


武内P「……」

武内P「えっ?」
580: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 00:55:48.28 ID:6G7vBzhxo
早苗「いやいやいや……はぁ? 何言ってるの?」

武内P「えっ!? いえ……店を出る、と」

瑞樹「そうは言ったけど、お開きとは言ってないわ」

武内P「えっ!? あの……店を変えるだけ、ですか!?」

楓「えっ? 帰りたいって……仰ってたじゃないですか」

武内P「えっ!? それは……言いました、が」


早苗・瑞樹・楓「……」


武内P「……」

武内P「待ってください」
581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 01:05:25.57 ID:6G7vBzhxo
早苗「……あ、友紀ちゃん来るって! やったわね!」

武内P「何がですか!?」

瑞樹「エースで四番だもの、わかるわ」

武内P「何がですか!?」

楓「一緒に、笑顔で!」

武内P「何がですか!?」


早苗・瑞樹・楓「宅飲み」


武内P「待ってください」

武内P「……」

武内P「待ってください! 宅とは、一体!?」
582: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 01:18:59.24 ID:6G7vBzhxo
早苗「……お、釣れた釣れた! もう三人釣れたわよ!」

武内P「あの、皆さん!?」

瑞樹「ふふっ! 今日のタクシー代は、私が出すわ!」

武内P「待ってください!」

楓「ふふっ! わたくし、は、タクシーに乗って……うふふっ!」

つんつんっ!

武内P「つんつんしないでください!」


武内P「あの! まさかとは思いますが、皆さん!?」


早苗・瑞樹・楓「ピンポーン♪」


武内P「……!?」
583: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 01:36:23.01 ID:6G7vBzhxo
武内P「……皆さん、二軒目はどうしますか?」

早苗「やめとくわ。あたし……もう、大分酔ってるし」

武内P「でっ、でしたら! もう、帰った方が!」

瑞樹「そうね。途中、スーパーに寄って帰らないと」

武内P「ご自宅に! ご自宅に、お願いします!」

楓「ふふっ! うふっ、うふふっ! ふふふっ!」

つんつんっ!

武内P「高垣さん!? あの、何故つんつんを!?」


早苗・瑞樹・楓「……」ジイッ


武内P「……!?」


早苗・瑞樹・楓「失礼します」ニコッ!



おわり
587: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:18:49.68 ID:6G7vBzhxo
書きます


武内P「諸星さんが一番です」
588: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:22:46.28 ID:6G7vBzhxo
拓海「……あ?」

武内P「346プロダクションで、一番力があるのは諸星さんだ、と」

武内P「……そう、考えています」

拓海「んだとコラ! マジで言ってんのか!?」

武内P「はい」


武内P「諸星さんが一番です」


拓海「……!」
589: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:27:05.69 ID:6G7vBzhxo
拓海「テメエ、アタシをなめてんのか?」

武内P「いえ、そんなことは、決して」

拓海「……早苗さんは、わかる」

拓海「まあ、他の面子でも……納得はしてねえが、わかる」

拓海「でもなぁ! アタシが、アイツより腕相撲弱いってのか!?」

武内P「……少し、誤解があるようなので訂正を」


武内P「諸星さんが一番です」

武内P「これは、相手がどうこうの話では……はい、ありません」


拓海「っ……!?」
590: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:31:18.46 ID:6G7vBzhxo
拓海「……面白え、やってやんよ」

武内P「えっ?」

拓海「アタシと、テメエんトコの力自慢とのよぉ!」

拓海「女と女のプライドを賭けた、腕相撲対決だよ!」

武内P「っ!? 待ってください!」

拓海「ははっ! 何だよ、今更ビビってんのか? あぁ?」


武内P「向井さんのプライドが、粉々になってしまいます!」


拓海「……」

拓海「やっぱアタシをナメてんだろ!?」
592: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:35:38.56 ID:6G7vBzhxo
拓海「オイ、良いから腕相撲させろってんだよ!」

武内P「それは……出来ません」

拓海「ふざけんじゃねえぞ!」

拓海「ああまで言われて、引き下がれるかよ!」

拓海「腕相撲やらせろや! オラァァ!」


武内P「……お願いします、向井さん」

武内P「駄々をこねるのは……やめてください」


拓海「だっ、駄々をこねる!?」

拓海「お前、コラ! 可愛い表現すんじゃねえよ!」
593: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:42:02.20 ID:6G7vBzhxo
拓海「……チッ! どうしてもやらせないつもりか?」

武内P「申し訳、ありません」

拓海「まあ、それじゃあ仕方ねえか」

武内P「……」

拓海「実際どうかはわからねえしな」

拓海「腕相撲ってのは勝負……やってみなきゃわからねえ」


武内P「いえ、そんな事はありません」

武内P「諸星さんが一番です」


拓海「じゃあ呼べってンだよ!」

拓海「勝負をさせろよ! 勝負をよぉ!」

バンバンッ!
594: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:46:52.74 ID:6G7vBzhxo
拓海「アイツの力にどんだけ自信があんだよ! あぁ!?」

武内P「笑顔です」

拓海「……あ?」

武内P「諸星さんの、あの、輝くような笑顔」

武内P「私は、それを見続けていきたい、と」

武内P「……そう、思います」

拓海「……チッ! そういう事ならしゃあねえか」


拓海「いや! 騙されねえぞ!?」


武内P「……」


拓海「オイ、テメエ!」

拓海「……弱ったなぁ」

拓海「って顔してんじゃねえぞ、コラァァ!!」
596: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 10:55:26.58 ID:6G7vBzhxo
武内P「……向井さんには、話しておく必要がありそうですね」

拓海「んだよ、急に改まって」

武内P「諸星さんは、神に愛されている」

武内P「……そう言って差し支えない程の、身体能力を持っています」

拓海「は?」

武内P「そして、笑顔が源の――きらりんパワー」

武内P「その二つが合わさる事により、有り得ない程の力を発揮します」

武内P「なので――」


武内P「諸星さんが一番なのです」


拓海「……おう」

拓海「後半は何なんだよ! 後半はよぉ!?」
598: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:02:27.25 ID:6G7vBzhxo
武内P「……ですので」

武内P「向井さんも、たくみんパワーを習得すれば……あるいは」

拓海「あるいは」

拓海「……じゃねえよ! 何だよそりゃあよぉ!?」

武内P「それは、貴女自身が見つけるものです」

拓海「……あん?」


武内P「――これが、たくみんパワーだ」

武内P「……と、私が貴女に伝えたとして、ですね」

武内P「向井さん、貴女はそれで納得出来るでしょうか?」


拓海「……っ!」
599: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:08:40.64 ID:6G7vBzhxo
拓海「……へっ! 良くわかってんじゃねえか、なぁ!」

拓海「今のアタシじゃ、力が足りてねえっつーんだな?」

武内P「……」


拓海「上等じゃねえか! やってやんよ、オラァ!」

拓海「たくみんパワーを身につけたら、勝負だからな!」

拓海「良いか? 忘れんじゃねえぞ? 夜露士苦ぅ!」


武内P「……はい、わかりました」


拓海「っしゃ!」グッ!
600: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:12:58.80 ID:6G7vBzhxo
  ・  ・  ・

拓海「オイ、テメエ! コラァァ! オラァァ!」

武内P「? どうか、されましたか?」

拓海「すっとぼけてんじゃねえぞ!」

拓海「何なんだよ! たくみんパワーっつーのはよぉ!」

武内P「それは、貴女自身が見つけるものです」

拓海「それはもう良いんだよ!」


拓海「おかげで夏樹にクッソ笑われたじゃねーか!」


武内P「っ……それは……」

武内P「良い、笑顔でしたか?」


拓海「腹立つくらいの爆笑だったわ!」
601: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:23:58.97 ID:6G7vBzhxo
拓海「良いから勝負させろっつーんだよ!」

武内P「いえ……ですが」

拓海「ゴチャゴチャ言ってんじゃねえぞ、オラァ!」

武内P「……わかり、ました」

拓海「お……おぉ!」


武内P「諸星さんは、今……凸レーションでレッスンを受けています」

武内P「それが終了してからで……宜しいですか?」


拓海「上等だぁ! やってやんよ、オラァ!」
602: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:30:08.82 ID:6G7vBzhxo
  ・  ・  ・

武内P「……如何でしたか?」

拓海「……オイ、何なんだよ、ありゃあ」

武内P「? 何なんだ、とは?」


拓海「にょわっ☆」

拓海「――って言ったと思ったら、負けてんだよ!」

拓海「気付いたら手がついてんだよ! おかしいだろ!?」


武内P「っ! 向井さん!」

武内P「もう一度……にょわっ、と、言って頂けますか?」


拓海「それは置いとけやコラァァ!///」
603: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:35:26.48 ID:6G7vBzhxo
武内P「……勝負して、おわかり頂けたと思います」

武内P「あれが――きらりんパワー、です」

拓海「……単純な力だけじゃねえって事か」

武内P「ええ、ですが……」

拓海「んだよ、まだ何かあんのか?」

武内P「いえ、そうではありません」


武内P「単純な力に於いても――」

武内P「諸星さんが一番です」


拓海「お前、やっぱアタシを煽って遊んでんだろ!?」
604: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:46:02.83 ID:6G7vBzhxo
拓海「……きらり、覚えておくぜ」

武内P「向井さん?」

拓海「確かに、アイツは強かった」

拓海「でもなぁ! 負けっぱなしで大人しくしてられるほど!」

拓海「特攻隊長、向井拓海のプライドは安かねーんだよ!」

武内P「……良い、気迫です」

拓海「へっ! 舐めんじゃねぞ、オラァ!」グッ!

武内P「そんな事は、決して」


武内P「ですが、諸星さんが一番です」


拓海「お前ホント何なんだよ!?」
605: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 11:51:53.73 ID:6G7vBzhxo
武内P「346プロダクションには、多くのアイドルの方が在籍しています」

武内P「中には……向井さん」

武内P「貴女のように、腕力に自信の有る方も」

拓海「……」

武内P「しかし、やはり諸星さんが一番なのです」

武内P「これは……変えようのない、事実です」


拓海「……面白えじゃねえか」


武内P「……向井さん?」
606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 12:02:23.88 ID:6G7vBzhxo
拓海「……アタシは、忘れたわけじゃねえぞ」

拓海「たくみんパワーっつー言葉をよぉ!」

武内P「……」

拓海「……へっ、わかっちまったぜ」


拓海「――羅武璃ーでフリフリフワフワな衣装!」

拓海「アタシが、そいつを着せられてる意味がなぁっ!」ビシッ!


武内P「……向井さん」

武内P(一体、何を?)
607: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 12:08:44.72 ID:6G7vBzhxo
拓海「ハッハァ! どうだ、当たってんだろ!」

武内P「……」


拓海「アイツの――きらりの衣装は、いつも可愛い!」

拓海「それが……きらりんパワーの秘密だろう!」

拓海「へっ! 私服まで可愛いとは、徹底してるじゃねえか!」

拓海「おうおう! 黙ってねーで何とか言ったらどうだ?」

拓海「ビビってんのか? あぁん?」ニヤァッ!


武内P「……」
608: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 12:21:22.77 ID:6G7vBzhxo
拓海「きらりに伝えとけや!」

拓海「アタシが、たくみんパワーを身につけたら――」

拓海「――次は、ぜってぇ負けねえってなぁ!」

武内P「……わかりました」

武内P「向井さんの、たくみんパワー」

武内P「……楽しみにしています」


武内P「諸星さんが一番ですが」


拓海「ハッ!……いや、ちげぇな」

拓海「キャハッ☆ エンジン全開で、羅武璃ーにキメるぞ☆」
610: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 12:32:25.48 ID:6G7vBzhxo
武内P「しかし……向井さん、忘れないでください」

拓海「あん? 何だよ……じゃねえ」

拓海「え~っ? なぁにぃ?」


武内P「諸星さんに本気を出して頂くには、条件がある事を」

武内P「……今回も、そうです」

武内P「勝てば、凸レーションの皆さんの、買い物に付き合う」

武内P「ええ……私の休日を使わなければ、ならない事を」


拓海「……おう」
611: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 12:52:56.26 ID:6G7vBzhxo
武内P「向井さん、それだけは、お忘れなきよう」

武内P「スケジュールの調整が、どうしても必要になりますから」

拓海「……チッ! わかってるよ!」

武内P「ありがとうございます」

拓海「都合がついたら言えよな!」

拓海「それまでに、たくみんパワーをモノにしとくからよ!」

武内P「はい、必ず」


拓海「アタシは……必ず、てっぺん獲ってやる!」

拓海「たくみんパワーで、仏恥義理でなっ☆」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P(しかし、これで――)


武内P(――方針に、従って頂きやすくなりましたね)


武内P「可愛らしい衣装、期待しています」



おわり
614: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:31:19.72 ID:6G7vBzhxo
書きます


武内P「腰を痛めた!?」
615: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:34:20.39 ID:6G7vBzhxo
みく「そうなの! リハーサル中に、突然!」

武内P「安部さん、大丈夫ですか!?」

菜々「ぜ、全然問題ないで……アイタタタ!」

みく「ナナチャン! 無理しちゃ駄目だよ!」

菜々「……今が、頑張り時ってやつなんです」


菜々「だって――ファンの人達が、待ってるんですから!」


みく「ナナチャン……!」

武内P「……安部さん」
616: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:38:05.37 ID:6G7vBzhxo
菜々「だから、ちょっと腰がピリピリ―ンとイッタタタタ!」

みく「~~っ! Pチャン、何とかならないの!?」

武内P「方法が……無いことも、無いのですが」

みく「! 本当に!? でも……代役とかじゃないよね!?」

菜々「イタタ!……な、ナナは、絶対に諦めませんからね!」


武内P「マッサージ、です」


みく・菜々「……マッサージ?」
617: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:41:50.43 ID:6G7vBzhxo
みく「マッサージって……Pチャンがするの?」

武内P「ええ、ですが……」

みく「もーっ! どうして、そんなに躊躇ってるの!」

武内P「……止められているからです」

みく「えっ?」


武内P「千川さんに、マッサージはするな、と」

武内P「……そう、言われています」


みく「……ちひろさんに?」

菜々「……」
618: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:46:25.85 ID:6G7vBzhxo
菜々「お願いします……イタタ、やってください……!」

武内P「……安部さん」

菜々「少しでも、痛みが収まるなら! あいっ、大声を出しイタタ!」

みく「みくからもお願いするにゃ! マッサージ、してあげて!」

武内P「……前川さん」


みく「滅茶苦茶痛くても、ナナチャンなら大丈夫にゃ!」


菜々「えっ!?」


武内P「……わかりました」

武内P「マッサージを……させていただきます」


菜々「まっ、待ってください!」

菜々「そこまで痛いなら湿布とかでイイッタタタタ!」
619: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:51:13.19 ID:6G7vBzhxo
武内P「安部さん、そこにうつ伏せに寝ていただけますか?」

菜々「そんなに痛くないですよね!? ねっ!?」

みく「Pチャン、遠慮はいらないよ! ガツンとやっちゃって!」

武内P「……はい、わかりました」

菜々「ガツンは! ガツンは違……イイイッタタ!」


武内P「……では、行きます」

菜々「まっ……待って待って待ってください! やっぱり――」

武内P「……!」

グッ!

菜々「んうんんっ♡」ビクンッ!


みく「……」

みく「あか――んっ!?」
620: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:55:00.83 ID:6G7vBzhxo
みく「ナナチャン!? なんか、変な声出てるよ!?」

菜々「ふえっ!? へ、変な声!?」

みく「気付いてないの!?」

菜々「あ、あの……ナナ、声出てました?」

みく「……!?」


武内P「……続けます」

グッ、グッ、グッ、グッ!

菜々「あうっ♡ うあっ♡ あっ♡ ああっ♡」ビクビクンッ!



みく「あかんあかんあか――んっ!」

みく「ストップストップ! ストップにゃPチャン!!」
621: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 14:59:59.52 ID:6G7vBzhxo
武内P「前川さん? どうか、されましたか?」

みく「おかしいおかしい! ぜ~ったいおかしい!」

菜々「あ、あの……みくちゃん?」

みく「ナナチャン! なんか色っぽい声出てるよ!?」

菜々「え、ええっ!?///」

みく「Pチャンも聞こえてたでしょー!?」

武内P「あ、いえ……すみません」


武内P「マッサージに、集中していて……」

菜々「ナナも、早く治さなきゃって、そればっかり考えてて……」


みく「……!?」
622: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:07:02.79 ID:6G7vBzhxo
みく「とっ、とにかく! 二人共、ちょっと気をつけて!?」

武内P「……はあ、わかりました」

菜々「は、はい……みくちゃんが、そこまで言うなら」

みく「お願いだよ!? 本当に、お願いだよ!?」


武内P「……では」

グッ、グッ、グッ、グッ!

菜々「ひっ♡ ひんっ♡ うっふ♡ あうっ♡」ビクビクッ!

武内P「……!」

グウッ…! グウゥッ…!

菜々「あっあぁ――っ♡ んあああ~~っ♡」


みく「止めて止めて!/// スト――ップ!///」

みく「ノー!/// マッサージ、ノー!/// ノォ――ッ!///」
623: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:12:03.50 ID:6G7vBzhxo
武内P「前川さん? どうか、されましたか?」

みく「どうもこうも無いにゃ!/// 何なん!?///」

菜々「み……みくちゃん……?♡」トロ~ンッ

みく「ナナチャン、正気に戻って! 早く!」

菜々「ええっ……?♡」トロ~ンッ


みく「ナナチャン! 駄目だよ!」

みく「その気だるい感じ、17歳が出しちゃ駄目なやつにゃ!」


菜々「えっ? いや、だって……」

菜々「……」

菜々「っ! そうです! ナナは、17歳ですよね!」
624: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:17:32.76 ID:6G7vBzhxo
菜々「そうですよね! 17歳ですから!」

菜々「もっと、シャッキリしてないと駄目ですよね!」

みく「そうだよ、ナナチャン! その意気にゃ!」

菜々「腰の痛いのも、どっか吹き飛んじゃいましたよ!」

みく「おおっ! マッサージ……効果、あったんだね!」

菜々「はい! もう、バッチリです! キャハッ☆」


武内P「では……終了で、よろしいですか?」


菜々「続けてください!」


みく「あっれぇ!?」
625: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:24:59.28 ID:6G7vBzhxo
みく「ナナチャン!? もう、痛いの治ったんでしょ!?」

菜々「みくちゃん?」

みく「だったら、もうマッサージする必要無くない!?」

菜々「ええ、と……ですね? それは、その~……」

みく「……ナナチャン、見損なったよ」

菜々「みっ、みくちゃん!?」


みく「ナナチャンは、やっぱりウサミン星人なんだね!」

みく「いつでも交尾可能な、エッチなウサギさんにゃ!」


菜々「そっ、そんな事ありませんって!」

菜々「ただ、ちょっとマッサージが気持ちいいなー、ってだけですよ!」


みく・菜々「……!」
626: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:30:49.04 ID:6G7vBzhxo
みく「――Pチャン! みくにも、マッサージして!」

武内P「えっ?」

みく「ナナチャンと同じ様に、腰のマッサージ! 早く! ほら!」

武内P「いえ……ですが」


みく「みくが、証明してみせる!」

みく「マッサージなんかに負けない!」

みく「みくは、自分を曲げないよ!」


武内P「……わかりました」

グッ、グッ!

みく「んひっ!?♡ あっ!♡ うわ駄目コレ駄目コレ!」


菜々「ほーらね! ほーらね!」
627: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:38:00.01 ID:6G7vBzhxo
武内P「……!」

グッ、グッ、グッ、グッ!

みく「ん゙っ♡ ふゔっ♡ ゔっ♡ お゙っ♡」ビクビクッ!


菜々「どうですか、みくちゃん!」

菜々「我慢しても、ピピッとポイントをついてくるんですから!」

菜々「ほーらほら、変な声出ちゃってますよー!」


武内P「……!」

グウッ…! グウゥッ…!

みく「にゃあああっ♡ ふにい゙い゙い゙い゙っ゙♡」ビクビクーンッ!


菜々「……」

菜々「ヤバヤバヤバヤバ! 止めないと! 止めないと――っ!」
628: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:46:48.58 ID:6G7vBzhxo
  ・  ・  ・

みく「……ごめんね、ナナチャン」

菜々「……ナナも、謝らないといけませんよ」

みく「あれは……声、出ちゃうにゃ」

菜々「凄かったですよね……本当に」

みく「ナナチャン、腰痛いの……取れた?」

菜々「ええ! それはもう、バッチリですよ!」

みく「……Pチャン、そろそろ戻ってくるかな?」

菜々「スタッフさんの所に行っただけですから、そろそろかと」

みく・菜々「……」
629: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:54:11.05 ID:6G7vBzhxo
みく「でも、Pチャンのマッサージが禁止な理由、わかったね」

菜々「はい、あれは何ていうか、本当に駄目なやつです」

みく「……ふっ! あ、まだ無理にゃ」

菜々「……んっ! あ、菜々もまだ無理です」

みく「これなら、痛めてただけの方が良かったね」

菜々「そうですね、みくちゃんは完全にとばっちりですもんね」


みく・菜々「――よいしょっ!」


みく・菜々「……あー、まだ無理」


みく・菜々「……」


みく・菜々「腰が砕けてる」



おわり
630: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/01(土) 15:54:56.34 ID:gUNQur6ro
うーんエチエチ
642: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:35:45.92 ID:yIjW6U6Mo
書きます


武内P「肩揉み、ですか」
643: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:39:29.98 ID:yIjW6U6Mo
美波「はいっ! 是非、やらせてください!」

武内P「いえ……しかし」

文香「こんな事でと……思われるかも、知れませんが……」

武内P「ですが、アイドルの方に肩を揉ませるというのは、ですね」

奏「それ位、良いんじゃないかな?」


美波・文香「……!」ジッ!


武内P「……はあ」

奏「ふふっ、戸惑った顔もチャーミングね」
644: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:42:33.84 ID:yIjW6U6Mo
武内P「しかし、何故……?」

奏「ほら、貴方っていつも首筋を抑えてるでしょう?」

武内P「それは……癖、ですね」

奏「だから、疲れが肩にきてるんじゃないか、って……ね?」

美波「そうなんです。だから、肩を揉んで――」

文香「――少しでも、お世話になった……お礼がしたいのです」


美波・文香「……!」ジッ!


武内P「……わかりました」

武内P「では……少しだけなら」

奏「そうそう、善意は素直に受け取っておくものよ」
645: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:46:32.54 ID:yIjW6U6Mo
美波「あっ、お仕事は続けてて大丈夫ですよ♪」

武内P「良いのですか?」

美波「はいっ。だって、何かチェックしてましたよね?」

武内P「ええ、新曲の音源の確認を」

美波「あっ! だったら、それを聞いててください!」

武内P「えっ?」


美波「素敵な音楽を聞きながら、肩を揉んでリラックスして貰う……」

美波「これなら、バッチリ疲れが取れると思いません?」


武内P「……そう、ですね」

武内P「では……お言葉に甘えて」

…カポッ
646: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:51:22.15 ID:yIjW6U6Mo
武内P「……」

美波「……よーし、それじゃあ」


美波「――プロデューサーさんの肩揉み」

美波「美波、行きますっ!」


文香「私は、本を読んでいますので……」

文香「交代する時は……仰ってください」

奏「私は、説得の手伝いに来ただけだし……どうしようかしら」


美波「――あっ、ヤダっ……!」

美波「えっ、ウソ……凄く硬い……!」

武内P「……」


文香・奏「……」
648: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 20:57:09.58 ID:yIjW6U6Mo
美波「どうして……えっ、ええっ?」

美波「んっ! んっ! んんっ……凄い、ガチガチ……!」

武内P「……」


奏「……ねえ、文香」

文香「……」

…ペラッ…ペラッ

奏「……」


美波「プロデューサーさん、こんなになって……!」

美波「んっ! うぅんっ! んっ! うんっ!」

美波「はぁっ……はぁっ……硬すぎ……!」


奏「本、逆さまよ」

文香「っ!?///」ワタワタワタワタ!

…トサッ!

奏「……」
649: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:01:26.71 ID:yIjW6U6Mo
美波「んっ! んしょっ! んんっ! んっ!」

美波「プロデューサーさんったら、もう……んっ!」

武内P「……」


奏「……ねえ、文香」

文香「……!///」

ペラッペラッペラッペラッ

奏「……」


美波「はぁ……はぁっ……! まだ、ガチガチ……!」

美波「こんなになっちゃうだなんて……んっ! うぅんっ!」

武内P「……」


奏「さっきの嘘、今が逆よ」

文香「っ!?///」ワタワタワタワタ!

…トサッ!

奏「……」
650: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:06:26.37 ID:yIjW6U6Mo
美波「はぁっ……うんっ! んっ!……はぁっ」

美波「まだこんなに……こんなの初めて……んっ!」

武内P「……」


奏「……ねえ、文香」

文香「っ……!///っ……!///」

ペラペラペラペラペラペラッ!

奏「……」


美波「あっ……もうっ、もう駄目……凄すぎ……!」

美波「まだ全然ガチガチで……んっ! ぅんっ!」

武内P「……」


奏「私、帰って良い?」

文香「っ!?」フルフルフルフル!

ガシッ!

奏「……まあ、そうよね」
652: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:11:57.53 ID:yIjW6U6Mo
美波「もう少し……んっ! もう少し、ぅんっ!」

美波「ああっ、もう……ガチガチで……んっ!」

武内P「……」


奏「帰らないから、此処に居るから」

文香「っ……!///」

ガシッ!

奏「……」


美波「はぁっ、はぁっ、んっ……もう、駄目……!」

美波「……んんっ!」

美波「……はぁ……はぁっ……!」

武内P「……」


奏「……美波は、ギブアップみたいね」

文香「……!///」
653: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:16:47.37 ID:yIjW6U6Mo
美波「……文香さん、交代して貰っても良い?」

武内P「……」


文香「っ……は、はい……///」

奏「文香、頑張って」

文香「あ……ありがとう、ございます……///」


美波「? 文香さん?」

美波「なんだか、顔が赤いけど……どうかしたの?」

武内P「……」


文香「なっ、何でも……ありません……///」

奏「変に態度に出すと、彼に不審に思われちゃうわよ」

文香「っ!」

文香「……気をつけます」
654: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:22:28.11 ID:yIjW6U6Mo
文香「……で……では、次は私が……!」ビクビク!

武内P「……」


奏「ねえ、美波。彼……そんなに肩が凝ってたの?」

美波「もう……本当に凄かったわ」

美波「本当に、ガチガチで……ビックリしちゃった」

奏「……そ、そう」


文香「っ……!……っ……!」オドオド!

武内P「……」


奏「つ、疲れが……溜まってたのね」

美波「ええ……本当、溜まりに溜まってたんでしょうね」

美波「だから……どれだけやっても硬いままだったの」

奏「……そ、そう」
655: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:32:41.13 ID:yIjW6U6Mo
文香「……っ!///」キョドキョド!

…ちょんっ

文香「~~っ!///」オロオロ!

武内P「……」


奏「か、彼……体が大きいから、揉みにくかったんじゃない?」

美波「そうなの! プロデューサーさん、大きいから……」

美波「大きい上に、ガチガチに硬くて……ふふっ、参っちゃったわ!」

奏「……う、うん」


文香「すぅ……はぁ……///」

文香「っ……ふぅ……すぅぅっ……はぁぁっ……!///」

武内P「……?」


奏「そ、それは大変だったわね」

美波「でも、自分で言いだしたことだし……それに――」

美波「プロデューサーさんに、気持ちよくなって貰いたかったから♪」

奏「……う、うん」
656: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:37:30.81 ID:yIjW6U6Mo
武内P「あの……鷺沢さん?」

…カポッ!

文香「っ!?/// は、はいっ……?///」

武内P「どうか、されましたか?」

文香「いっ、いえ……その……///」モジモジ

武内P「……?」


美波「ねえ、奏さん」

奏「な、何?」

美波「文香さん、さっきから顔が赤いけど……どうしたのかしら?」

奏「……さ」


奏「……さあ?」
657: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:42:37.42 ID:yIjW6U6Mo
武内P「あの……無理は、なさらないでください」

文香「いっ、いえ! 無理は……していないのです……///」モジモジッ!

武内P「……?」


美波「あっ! もしかして、緊張してるのかしら?」

奏「そ、そうね……ええ、そうだと思うわ」

美波「う~ん……あっ、そうだわ!」

奏「ど、どうしたの?」


美波「ふふっ! 少しだけ、お手伝いしてくるわね♪」


奏「み……美波……?」
658: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:46:32.86 ID:yIjW6U6Mo
美波「――文香さん」

文香「みっ……美波さん!?」ビクッ!

武内P「新田さん? どうか、されましたか?」


美波「文香さん、ちょっと緊張してるみたいなので……」

美波「だから、私がちょっとだけお手伝いしますね♪」


武内P「は……はあ」

美波「だから、ホラ! プロデューサーさんはお仕事しててください!」

武内P「……わ、わかりました」

…カポッ!


美波「――さっ! 頑張りましょう、文香さん!」

文香「は……はい……」ソワソワ


奏「……」
659: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 21:55:30.42 ID:yIjW6U6Mo
美波「……さあ、まず手を添えてみて」

文香「わ……わかり、ました」

…そっ

美波「どう? プロデューサーさん、ガチガチでしょ?」

文香「は、はい……とても、硬い……です」

武内P「……」


奏「……」


美波「プロデューサーさん……こんなになっちゃってるの」

美波「私だけじゃ無理だったの……ふふっ、悔しいけどね」

美波「……ねえ、文香さんは……どうしたい?」

文香「……少しでも……楽に……」


文香「この人を気持ちよくして……さしあげたい、です……」


美波「こ~らっ! 言い方がちょっとエッチよ、文香さん♪」


奏「それは理不尽じゃない!?」
660: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:02:37.00 ID:yIjW6U6Mo
美波「さあ、文香さん! 頑張って!」

文香「はい……!」

美波「そう……そうよ、まずはゆっくりで良いの……うん、うん」

文香「ゆっくり……んっ、んっ……ぅんっ……!」

武内P「……」


奏「……」


美波「いい感じ……そう、いい感じよ、文香さん」

文香「……あぁ、本当に……硬いですね……んっ、ふぅっ……!」

美波「でしょう? 凄いわよね、こんなにガチガチになるなんて」

武内P「……」


奏「……」…ソワッ
661: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:09:36.49 ID:yIjW6U6Mo
文香「んっ、んっ……男の人……だからなのでしょうか……んっ!」

美波「んー……きっと、プロデューサーさんだから、かな」

美波「いつも私達の事を思って……ううん」

美波「だからこそ、こんなにガチガチになるまで……我慢してたのかも」

武内P「……」


奏「……」…ソワソワッ


文香「だったら……んっ! 何とか、しないと、んんっ……いけない、ですねっ……!」

美波「ええ……少しでも、楽にしてあげないとね」

文香「でも、ずっと……んっ! 硬い、ままで……! ふぅっ!」

武内P「……」


奏「……」ソワソワソワッ
662: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:16:57.24 ID:yIjW6U6Mo
文香「ふぅ……ふうっ! んっ!……んっ!」

美波「どう、文香さん? まだ、ガチガチのまま? まだ硬い?」

文香「は……いっ! どうして、ずっと……! こんな……んっ!」

武内P「……」


奏「……!」ソワソワソワソワッ!


武内P「……」

武内P(ん……曲が……終わったか)

武内P(まだ、続けているようだが……そろそろ、終わりにして頂こう)

武内P(肩揉みだけでなく、お二人のお気持ちで……十分、癒やされましたから)

武内P「……」

…カポッ!


奏「……ね、ねえ!」


美波・文香「……?」


武内P「……?」
664: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:24:00.39 ID:yIjW6U6Mo
文香「? どうか……されたのでしょうか……?」

美波「そう言えば、さっきから落ち着かなさそうにしてたけど……」


奏「……あのさ」

奏「ちょっと、触らせて貰って良いかな?」


美波・文香「えっ?」


奏「私、ちょっと興味が出てきちゃって」

奏「チャーミングなこの人が、どんなになってるのかが……ね」

奏「だって、ガチガチに……硬くなってるんでしょう?」

奏「ふふっ! 触ってみたくなるのが、人の心ってものじゃない?」


武内P「……す、すみません」

武内P「そのお話は……お、お断りさせて……ください……!」


奏「……」

奏「えっ?」
665: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/02(日) 22:32:28.11 ID:yIjW6U6Mo
奏「ねえ、どうして?」

武内P「どっ……どうして、ですか……!?」

奏「だって貴方、ガチガチに硬くなってるのよね?」

武内P「いっ、いえ! そんな事は、決して!」

奏「隠さなくて良いわよ。溜まってるんでしょう?」

武内P「はいっ!? あ、あの……速水さん!?」


奏「……もうっ、楽にしてあげるって言ってるの」


武内P「待ってください! あの、止まってください!」


奏「じゃあ、選ばせてあげる」

奏「触らせるのと、キスするの……どっちが良い?」


武内P「どちらも肩を叩かれてしまいます!」



おわり
669: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/03(月) 00:40:49.62 ID:+Z/mc7s80
これはエッチすぎる……。
673: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/09/03(月) 12:28:38.41 ID:+gaVRKiGO
好きな男性のタイプってインタビューされて、迷いなくPって答える年少組をください!
677: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:39:05.66 ID:F+hM+d4do
>>673
亀ですが書きます


武内P「好きな男性のタイプは?」
678: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:41:16.79 ID:F+hM+d4do
莉嘉「Pくん!」みりあ「プロデューサー!」

武内P「……」

莉嘉・みりあ「えへへ!」ニコッ!

武内P「……好きな男性のタイプは?」


莉嘉「Pくん!」みりあ「プロデューサー!」


武内P「……そう、答えてはいけない、と」

武内P「どう言えば……理解して頂けますか?」
679: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:44:03.89 ID:F+hM+d4do
莉嘉「えーっ! だって、ホントのコトだし☆」

みりあ「うんうん! ウソよくないもんね!」

莉嘉・みりあ「ね~っ♪」

武内P「いえ、ですが……」


美嘉「こ~らっ、アンタ達!」

美嘉「あんまり困らせちゃ、かわいそうでしょ!」


莉嘉・みりあ「えーっ?」


武内P「……」
680: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:46:46.23 ID:F+hM+d4do
美嘉「アンタも、もっとしっかりしてよね!」

武内P「……すみません」


莉嘉「でもでも、本当にタイプだったらしょーがなくない?」

みりあ「雑誌のインタビューの練習でも、ウソはダメだよ!」

莉嘉・みりあ「ね~っ♪」


美嘉「……」

武内P「すみません、先程から……この調子で」

美嘉「はぁ……だからアタシを呼んだワケね」
681: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:50:00.23 ID:F+hM+d4do
莉嘉「だってぇ、Pくんってクラスの男子よりチョー大人だしぃ!」

みりあ「それに、背も高いし、顔も見慣れたら全然怖くないしね!」

莉嘉「むしろ、ちょっぴりキュートってカンジ☆」

みりあ「うんうん! たまにだけど、笑うと可愛いよね!」

莉嘉・みりあ「ね~っ♪」


美嘉「わかる」


武内P「……あの、城ヶ崎さん?」


美嘉「!?」

美嘉「な、何でもない! ただの独り言だから!」アセアセ!
682: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:54:55.62 ID:F+hM+d4do
莉嘉「お姉ちゃんも、そう思うでしょ?」

みりあ「ねえねえ、美嘉ちゃんも思わない?」

美嘉「……」チラッ


武内P「……」


美嘉「……あっ、アタシのタイプじゃなくて!///」

美嘉「今は、雑誌インタビューの練習が先決でしょ!?///」


莉嘉・みりあ「……は~い」
683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 20:58:35.73 ID:F+hM+d4do
莉嘉「でも~、アタシウソはつきたくないな~……」

みりあ「うん……やっぱり、みりあも……」

美嘉「別に、ウソをつけって言ってるんじゃないってば」

莉嘉・みりあ「えっ?」


美嘉「要は、特定の個人を挙げるんじゃなくてね?」

美嘉「どういう人がいい~、ってちょっとボカすの」

美嘉「そうすれば、ファンの人がヤキモチ焼かなくて済むでしょ?★」


莉嘉・みりあ「……なるほどー!」
684: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:02:53.49 ID:F+hM+d4do
美嘉「だから、出来るだけ範囲は広めに」

美嘉「頑張れば出来るようになる、ってのがベターかな★」

莉嘉・みりあ「う~ん……」


莉嘉「……お姉ちゃん、お手本見せてよ!」

みりあ「……うんうん! 美嘉ちゃんのお手本が見たい!」


美嘉「おっ……お手本?」

美嘉「まあ、そういうインタビューは何度もあるから……」

美嘉「……」


美嘉「――よし★ それじゃ、お手本見したげる★」


莉嘉・みりあ「イエーイっ♪」
685: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:06:27.64 ID:F+hM+d4do
莉嘉「それじゃあ、お姉ちゃんの好きなタイプは?」

美嘉「う~ん、莉嘉みたいな人かな★」

莉嘉「えっ、ええっ!?///」

美嘉「アハハッ、冗談だよ~★ 驚いた?」

莉嘉「もっ……もー! ビックリするじゃん!」


みりあ「すごいすごい! 小悪魔、っていうやつだよね!」

武内P「そうですね」

武内P「城ヶ崎さんには、参考になる回答かも知れません」
686: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:10:32.79 ID:F+hM+d4do
みりあ「はいはーい! それじゃあ、次はみりあね!」

美嘉「オッケー! なんでも聞いて★」

みりあ「プロデューサーの、どんな所がステキだと思う?」


美嘉「そうだねぇ……やっぱり、真面目なトコかな★」

美嘉「その分、融通もきかなかったりするケドさ」

美嘉「でもま、アタシだったらフォロー出来るし★」


莉嘉「お姉ちゃん……カッコイイ~!」

武内P「あ、あの……城ヶ崎さん?」
687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:15:25.96 ID:F+hM+d4do
莉嘉「はーい、次はアタシ! アタシの番ね!」

美嘉「オッケーオッケー! どんどん来なー★」

莉嘉「Pくんをメロメロにするのって、どうすれば良いの?」


美嘉「アタシも、たまーに胸の谷間とかチラッと見せるんだケドさ?」

美嘉「イマイチ反応が無いんだよねぇ……ムカつくケド」

美嘉「だから、やっぱりアイドル活動を頑張るのが一番っしょ★」

美嘉「それで目を離せないようにしちゃう、みたいな★」


みりあ「なるほどー! すっごく参考になる!」

武内P「参考にするのは……ま、待ってください!」
688: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:21:47.46 ID:F+hM+d4do
みりあ「はーいっ! それじゃ、またみりあの番ね!」

美嘉「へへっ! まだまだヨユーだよー★」

みりあ「告白は、自分からする? それとも、されたい?」


美嘉「う~ん……アタシとしては、されたいかなぁ」

美嘉「待ってるだけじゃダメだとも思うんだケドさ?」

美嘉「立場も、それに年の差もあるし難しいよねー」

美嘉「まっ、それはお互い様だから、なるようになるって★」


莉嘉「お姉ちゃんだったら、きっと告白される側だよ!」

武内P「待ってください! あの……しませんよ!?」
689: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:28:33.94 ID:F+hM+d4do
莉嘉「それじゃあね、それじゃあねー!」

美嘉「おいおーい、慌てなくても逃げないって★」

莉嘉「理想のキスって、どんなの?」


美嘉「理想の、かぁ……そうだなぁ……」

美嘉「皆が帰っちゃって、此処に二人っきりになってさ」

美嘉「それで、不意をついてホッペにキスするじゃん?」

美嘉「そしたら、こう、抱き寄せられて唇に……みたいな?★」


みりあ「うわーっ! それ、すっごくステキだね!」

武内P「城ヶ崎さん!?……城ヶ崎さん!?」
690: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:36:05.51 ID:F+hM+d4do
みりあ「はーい! はいはいはーい!」

美嘉「おおっ、チョー元気なインタビュアーさんじゃん★」

みりあ「それでそれで、キスした後は?」


美嘉「それは……アタシにもわかんないかなー」

美嘉「だって、不意をついたと思ったら、反撃されるんだよ?」

美嘉「それで……美嘉……なんて名前で呼ばれたらさ!」

美嘉「その時点で、頭がフットーしちゃうって★」


莉嘉「アハハッ! お姉ちゃんが、メロメロにされちゃうんだ☆」

武内P「……!」
691: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:42:33.49 ID:F+hM+d4do
武内P「じょ、城ヶ崎さん!」

美嘉「んー? どうしたの?」


武内P「今は、好きな男性のタイプについて、という質問に対する……」

武内P「練習中……です、よね!?」


美嘉「うん。二人が、ウソつきたくないって言ってるしさ」

美嘉「……って、アンタが呼んだんでしょ?」


武内P「そ、それは……そうですが、しかし……!?」


美嘉「わかってるなら、ホラ! 邪魔しないで!」


武内P「で……ですが、城ヶ崎さん……!?」
692: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:48:11.93 ID:F+hM+d4do
美嘉「――お待たせ! さっ、続きをどーぞ★」

莉嘉・みりあ「それじゃあ――」

莉嘉・みりあ「――好きな男性のタイプは?」


美嘉「……困ったコトに、アイツ」

美嘉「ほーんと、鈍すぎてたまにイヤになるケドね」

美嘉「まっ、アタシはカリスマJKアイドル城ヶ崎美嘉★」

美嘉「そのくらいで、へこたれてらんないっしょ★」


武内P「……」


美嘉「……?」

美嘉「……」

美嘉「…………」


美嘉「あっ」
693: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/15(月) 21:57:22.53 ID:F+hM+d4do
  ・  ・  ・

莉嘉「まっ、アタシはカリスマJCアイドル城ヶ崎莉嘉☆」

莉嘉「ぜーったい、メロメロにしちゃうんだから☆」

みりあ「あのねあのね、みりあ一生懸命頑張るよ!」

みりあ「だから……えへへ♪ ちゃんと見ててね♪」


武内P「……」


美嘉「悪い見本――ッ!///」

美嘉「さっきの、悪い見本だって言ってるでしょ――ッ!?///」


莉嘉・みりあ「え~っ?」


莉嘉・みりあ「やっぱり、ウソは良くないよ♪」



おわり
698: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 13:20:29.87 ID:cwVGxon8o
書きます


「夏色」
699: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 13:39:13.46 ID:cwVGxon8o

「もー! マジでイミわかんないよー!」


 頭の中がこんがらがって、テーブルの上に突っ伏した。
 テーブルはひんやりと冷えていて、ほっぺがちょっと気持ち良い。
 そのまま体を前後に揺らし、ほっぺがムニムニ動くのを楽しむ。
 カリスマJCアイドルのアタシだけど、今は家だから良いよね?


「こーら、行儀悪いよー」


 台所の方から、お姉ちゃんがそれを見咎めて声をかけてきた。
 バタンと、冷蔵庫が閉まった音。
 歩いて来る両手には、麦茶が注がれたコップが二つ。
 氷も、仲良く二つずつ。


「だって~……」


 アタシがこうなるのも、無理無いってカンジ!


 今度発表する、カバー曲――『夏色』。
 ジャカジャカ鳴るギターと、ハーモニカの音色がチョーステキな曲。
 歌詞の内容も、あっつーい昼間だったり、熱い夜だけど風が気持ち良いとか……。
 とにかく! チョー良い曲なの!


「ホラ、お茶飲んで気分転換しな」


 お姉ちゃんが、苦笑しながら麦茶を勧めてきた。
 さっき入れたばっかりなのに、コップにはもう水滴がついてる。
 どんどん増えていく水滴を見続けてると……あっ、垂れた。


「……はーい」


 頬にかかった髪をかきあげながら、体を起こす。
 冷たいテーブルからちょっと離れたくなかったけど、しょうがない。
 氷が溶けて、水っぽくなった麦茶って美味しくないもんね。
 せっかくお姉ちゃんが持ってきてくれたんだから。


「……っぷはー、生き返るぅ~!」


 冷たい麦茶を飲むと、汗をかいて失った水分が一気に補充された気になる。
 ゆだっていた頭も、おかげで、ちょっとスッキリした。
 テーブルの正面で、そんなアタシの様子を見ながらお姉ちゃんがクスリと笑った。
 Tシャツにハーフパンツのラフな格好なのに、
その笑顔がキマってて、妹のアタシ贔屓目を抜きにしてもカッコイイ。


「ねえ、お姉ちゃん」


 だらけていた気持ちを追いやって。



「どうして、ブレーキいっぱい握りしめるの?」



 妹から、姉への相談ではなく。
 後輩アイドルから、先輩アイドルへとアドバイスを求めた。
701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 14:01:55.03 ID:cwVGxon8o
  ・  ・  ・

「……んむぅ~っ」


 今日も今日とて、唸り声をあげた。
 ここ数日は、それが癖のようになっていて、全然イケてない。
 気を抜いて、歌詞の意味を考えると、こうなっちゃうの。
 唸り声をあげるなんて、全然カワイクないよー!


「――どうか、されましたか?」


 運転席から、心配そうな低い声が聞こえてきた。
 今日は、お願いして助手席に乗せてもらってるの!
 だってさ、いっつも後部座席に座ってて飽きちゃったんだもん!
 それに、アタシみたいなイケてるJCを隣に乗せてた方が、
Pくんも運転してて気分が良いだろうしね☆


「あっ、ううん! 何でもないよ!」


 ……なんて思ってたのに、これじゃ逆だよ~!
 Pくん、前を向いてるけど心配そうな顔しちゃってるもん。
 ちょっと前までは、何を考えてるかワカンナイって思ってた。
 だけど、実はPくんってすっごい過保護だと最近は思ってる。


「ちょっと、お姉ちゃんのコト考えてて!」


 もー、お姉ちゃんが、ちゃんと答えてくれないから!
 アタシが、真面目に質問したのに、


 ――それは、自分で気付いた方がイイ。


 ……なんて、言うんだもん!
 そんなコト言われたって、わかんないんだよー!


「……そう、ですか」


 Pくんは、それだけ言うと、また運転に集中した。
 家庭の――アタシと、お姉ちゃんの間のコトだと思ったみたい。
 そういう時は、Pくんはあまり踏み込んだ質問をして来ない。
 アタシが言えば、きっと真面目に応えてくれるんだろうケド……。


「……」


 シートベルトの位置を直しながら、チラチラと横を見る。
 いつもとは違う、助手席からの景色。
 座った位置が違うだけなのに、なんだか、ちょっとオトナになったカンジ。
 そう思うと、ちょっとだけ気分が良い。


「……」


 そ・れ・に! 車の中には、アタシとPくんの二人っきりだしね☆
 これってもしかして、ドライブデートってやつ?
 ヤーン、チョーテンション上がるんだけど!
 ……でも、やっぱり気になっちゃう。


「……」


 歌詞の中に、女の子にキレイな景色を見せるために、
自転車の後ろに乗せて長い下り坂をくだっていく、っていうのがあるの。


 でも、速度は……――ゆっくり。


 さえない顔してるんだったら、急ぐべきじゃない?
 それに、二人乗りで坂を下るなんて、スピードを出した方が楽しいじゃん!
702: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 14:26:01.91 ID:cwVGxon8o

「……」


 そうだなぁ、もしもアタシが元気がなかったとしたら。
 それで、Pくんがどこかに連れてってくれるとしたら。


「……」


 って、ダメダメ!
 二人っきりで旅行なんて、さすがに無理だよー!
 嫌って言うわけじゃないけど……心の準備が出来てないもん!
 でも、もしもPくんがゴーインに迫ってきたら……。


「……」


 なーんて、そんなコト有るはず無いよね。
 だって、そういうコトをしないから、PくんはPくんなんだもん。
 そこまでさせる程、まだアタシの魅力は凄くない。
 成長途中、ってやつ!


「……」


 心を落ち着かせるため、助手席の窓から外を見た。
 まだ太陽な落ちきってなくて、夕焼けが街を赤く染め上げている。


「……大きな五時半の夕焼け~♪」


 まあ、今はそれよりも遅い時間なんだケド。
 きっと、歌詞の男の子が見せたい景色って、こういうのだと思うんだよね。


「子供の頃と同じように~♪」


 多分、この子供の頃って……本当に、小さい時のコトだと思う。
 ちっちゃい時に見たものって、物凄く記憶に残ってたりするでしょ?
 そりゃあ、アタシだって今も大きいとは言えないケドさ。
 今よりももっと……もっと、小さかった時の話!


「海も空も雲も~♪」


 ビルも空も雲も~……ってね!
 あー! 海、行きたーいっ!
 セクシーな水着を着て、ドキドキさせちゃうんだから!
 そうして――


「僕らでさ~えも~♪」


 ――……そうして?


 窓に写った、Pくんの横顔。
 いつもは、ホントにわかりにくいのに。



「染~め~て~ゆくから~♪」



 楽しそうに、笑ってる。
703: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 14:52:03.88 ID:cwVGxon8o

「この長い~な~が~い~下り~ざ~かを~♪」


 やった。
 やったやったやった!
 Pくんが、アタシの歌を聞いて笑顔になってる!


「君を自転車の~後ろに~乗~せて~♪」


 でも、見られてるとわかったら、笑顔が引っ込んじゃうカモ!
 あーん! 写真撮りたいよー! すっごい笑ってるのに!
 ……とりあえず、目に焼き付けておこうっと!


 口の端を釣り上げて歌いながら……見る。


 だって、ずっとこうしてられるワケじゃ――



「ブレーキ~いっぱい~握りしめて~♪」



 ――あっ、そっか。



「ゆっくり~ゆっくり~下ってく~♪」



 例えばの話。本当、例えばの話ね。
 もしも、今が自転車の二人乗りで。
 アタシが、Pくんを後ろに乗せてて、長い下り坂があったとしたら。
 きっと、この歌詞の通りにしてる。


 自転車は降りちゃいけない。
 だって、距離が離れちゃうから。
 だから、


 ブレーキいっぱい握りしめて――


「ゆっくり~ゆっくり~下ってく~♪」


 出来るだけ、長い間……一緒に居るために。


「~♪」


 きっと、男の子は、女の子に見せたいものを見せたんだ。
 だから、急ぐ必要なんて無かったんだよね。


「~♪」


 頭の中で、軽快なハーモニカの音が響いた。
 いつもの安全運転が、今は妙に嬉しく思えて。
 だから、


「えへへっ♪」


 窓に映るPくんに、笑いかけた。
 二人乗りだけど、背中越しじゃない。


 えっ? なんで、直接笑いかけないのか、って?


 それは……えっ、と……夕焼けが眩しいから!



おわり
708: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 19:47:23.07 ID:cwVGxon8o
書きます


武内P「ハロウィンLIVE当日の確認をします」
709: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 19:52:12.87 ID:cwVGxon8o
武内P「木村さんと松永さんは、ピューロランド内でLIVEを」

夏樹「あいよ、任せな」

涼「……まさか、ピューロランドでLIVEとはね」

武内P「藤本さんと大和さんは、園外で野外LIVEを」

里奈「うぃっす☆ 気合いれていくよん♪」

亜季「了解しました!」


武内P「向井さんは、ご自宅の警備をお願いします」


拓海「っしゃあ! 全開バリバリだぜ!」

拓海「……」

拓海「ってオイコラ、ふざけんじゃねえぞ!?」
710: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 19:57:34.75 ID:cwVGxon8o
拓海「おいテメエ! 舐めてんのか!?」

武内P「いえ……そんな事は、決して」

拓海「だったらよぉ! なんでアタシが自宅警備なんだ!?」

武内P「そう、伝えておいて欲しいと言われましたので……」

拓海「っつーかよぉ!? アイツはどこ居んだよ!?」


武内P「絶対怒るから、と」

武内P「……そう言っていたので、はい」


拓海「……!」
711: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:02:55.21 ID:cwVGxon8o
涼「落ち着きなよ、この人に文句を言ってもしょうがないだろ?」

拓海「……チッ! そりゃあそうだけどよぉ」

里奈「りょーちゃの言う通り! 怒っちゃダメんぽー☆」

拓海「……すまねえな、アタシが悪かった」

武内P「いえ、お気になさらず」


夏樹「任せな。ピューロランドの平和は、アタシ達が守ってくるさ」

亜季「ゴーストピエロなど、私達の歌で殲滅してみせましょう!」


拓海「お前ら、アタシを煽ってんのか!?」
712: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:11:05.95 ID:cwVGxon8o
涼「しかし、ゴーストピエロは小梅も好きそうだな」

拓海「あぁ!? ピューロランドを乗っ取ろうとしてんだぞ!?」

里奈「それをシナモンフレンズが、『ロックパワー』で、だよね☆」

拓海「そうだよ! モカ姉さんのピンチなんだよ! わかんだろ!?」

武内P「それを助けるため、というコラボ企画ですね」


https://www.youtube.com/watch?v=XDJaTZHwRY4



夏樹「へえ、ゴーストピエロってのは結構迫力あるんだな」

亜季「これは、激しい戦いが予想されますな!」


拓海「お前ら、ほんっ、ちょっ……オラァァ!!」
713: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:17:06.43 ID:cwVGxon8o
涼「しかし、一人だけ自宅警備ってのもねぇ」

拓海「だろ!? 特攻隊長として、締まらねぇよな!?」

里奈「たくみんは、真っ先にやっつけに行くタイプだよね☆」

拓海「そうだよ! さすが里奈、わかってんじゃねえか!」


武内P「毎年、特攻服を着た女性が……ですね」

武内P「ゴーストピエロのキャストを襲うと言う事件が……」


夏樹・亜季「……」


拓海「……」
714: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:23:12.92 ID:cwVGxon8o
涼「ま、まぁ! 今回は、仕事だし!」

拓海「! おおよ! 今年は、アイドルとして行く!」

里奈「おおぅ、気合充分ぢゃん! あげぽよー☆」

拓海「『ロックパワー』で、ゴーストピエロをボコってやんよ!」


夏樹「そういえば、ギターで素振りしてんのを見たな」

亜季「私も、急所の位置を聞かれたりしました」


武内P「向井さんは、自宅警備でお願いします」


拓海「バッ!? あれは、その……気合が! 気合が、なっ!?」
715: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:28:26.24 ID:cwVGxon8o
涼「ギターを壊すパフォーマンスも、あるにはあるけど……」

拓海「! それだよ! ロックが溢れちまったんだよ!」

里奈「ぢゃあ、ゴーストピエロなんてチョチョイだねん!」

拓海「トリック・オア・トリートじゃねえ! パンチ・オア・キックよ!」


夏樹「とりあえず、ランド内のLIVEの確認、いいかい?」

亜季「終わりましたら、園外の野外LIVEの確認も頼みます」

武内P「はい、勿論です」


拓海「聞けよオラァ! そこの三人よぉ!?」
716: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:34:36.01 ID:cwVGxon8o
拓海「夏樹ィ! テメエだけに良い格好はさせねえぞ!」

夏樹「アタシだけじゃなく、他の三人もだけどな」

拓海「んがっ!? あ、アタシを頭数から抜いてんのか!?」

亜季「当然でありましょう。それが、本作戦ですから」


武内P「松永さんと藤本さんは、衣装の確認はされましたか?」

涼「ああ、ちょっと角が大きいけど、LIVEに支障は無いよ」

里奈「あの角まぢカワイクない? リナリナホーン♪」


拓海「……」

拓海「オイ、衣装なんて確認してねえぞ!?」
717: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:41:02.54 ID:cwVGxon8o
夏樹「そりゃあ、自宅警備なんだから衣装なんて無いだろ」

拓海「ふっざけんなよ!? マジで言ってんのか!?」

亜季「拠点防衛も、立派な任務であります!」

拓海「それを仕事にした覚えはねえんだよ!」


武内P「構成は二部」

武内P「前半と後半で、ランド内と園外を交代します」

涼・里奈「うんうん」


拓海「お前らぁ! 仕事してんじゃねえぞコラァァァ!!」
718: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:46:41.65 ID:cwVGxon8o
夏樹「それじゃあ、拓海は一階と二階を……だな」

拓海「自宅の!? 誰と交代すんだよ!」

亜季「単独任務……拓海、幸運を祈ります!」ビシッ!

拓海「おい、やめろ! 敬礼すんな! やめろ!」


涼「なあ、終了後に写真撮影とか……出来るかい?」

里奈「あっ、それ良いぢゃん☆ どう? どう?」

武内P「はい、問題ないと思います」


拓海「仕事した後の話をすんじゃねええ!!」
719: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 20:54:04.36 ID:cwVGxon8o
拓海「てめェら、聞け!」


夏樹「なあ、園内を移動中に歌っても良いかい?」

涼「確かに。このコンセプトなら、それも有りだな」

亜季「ゲリラLIVEですな! 私も、望む所です!」

里奈「しんどい系だけど、アタシ達ならいけるぽよぽよー☆」


武内P「……そう、ですね」

武内P「先方と確認して、可能な限り実現しよう、と」

武内P「……そう思える、良い企画です」


拓海「聞けってぇ! 聞けよ、オマエらよぉ!?」
720: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:02:41.21 ID:cwVGxon8o
拓海「なぁ、アタシらは五人で炎陣じゃねえのか!?」


涼「まあ……確かに、拓海の言う通りだな」

里奈「うん……四人じゃ全開にならないよねー」


拓海「そうだろ! 全開じゃない? 有り得ねえ!」

拓海「そんなんで倒せる程、ゴーストピエロはヤワじゃねえぞ!」


夏樹「でも、やるしかない。だったら、答えは一つだろ?」

亜季「一人一人が! 四人が、全開以上の力を発揮するでありますな!」


拓海「違うだろ! もっと他に道はあんだろ!?」

拓海「っつーか、アタシの最初の言葉をシカトこいてんじゃねえ!」
721: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:10:10.57 ID:cwVGxon8o
拓海「特攻隊長抜きでやれんのか!? あぁ!?」

亜季「今回は防衛戦でありますし、可能かと」

拓海「ピューロランドのピンチに、家で寝てろってか!?」

夏樹「任せな。拓海の分まで、暴れてきてやるさ」


涼「小梅とか……スケジュール、空いてるかな?」

里奈「おおっ! それなら五人になるから、バリバリだねー☆」

武内P「確か、空いていたと思いますが……」


拓海「っだらぁ! テメエらよぉ!?」

拓海「マジでテメエら……テメエらよぉっ!? あぁん!?」
722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:22:58.68 ID:cwVGxon8o
拓海「マジで、アタシ抜きでやるつもりか!?」

涼・里奈・夏樹・亜季「……」コクリ

拓海「……マジでか?」

涼・里奈・夏樹・亜季「……」コクリ

拓海「……!?」


武内P「その……ですね」

武内P「今回、暴力等の問題が起こった場合……」

武内P「連帯責任で、全員出入り禁止にする、と」

武内P「……そう、先方に言われていまして」


拓海「……」
723: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:29:02.92 ID:cwVGxon8o
拓海「いや……んな事、しねえって」

夏樹「言い切れるか?」

拓海「んだよ……しねえっつってんだろ」

涼「でも、さっきまでの言動を聞いてると、な」

拓海「あれは……そんだけの気合で臨む、ってだけだよ」


里奈「出禁になったら、アタシはまぢでキレるぽよ」

亜季「私はわかりませんな。自分が、何をするかが」


拓海「……」


武内P「……」
724: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:35:25.48 ID:cwVGxon8o
武内P「向井さん」

拓海「……んだよ?」

武内P「向井さんの、この仕事に対する情熱」

武内P「それは、とても素晴らしいものです」

拓海「……お、おぉ」


武内P「ゴーストピエロに、パンチもキックもしない」

武内P「……そう、約束して頂けますか?」


拓海「! オイ、それって……まさか!」

拓海「頭突きだけなら、参加しても良いって事か!?」


武内「違います」
725: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:40:54.03 ID:cwVGxon8o
武内P「向井さん」

拓海「何なんだよ! 意味わかんねえぞ!」

武内P「先程の言葉で、わかって頂きたかったです」


武内P「ゴーストピエロに、一切手を触れない」

武内P「……そう、約束して頂けますか?」


拓海「約束したら何だってんだ!?」

拓海「回りくどいんだよ! テメエの話はよぉ!」


武内P「約束して頂けた場合」

武内P「私も一緒に、この仕事への参加を許可するよう掛け合います」


拓海「うん! するぅー! 約束するぅーっ!」
726: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:51:12.41 ID:cwVGxon8o
  ・  ・  ・

拓海「――今回は、本当に助かった!」

武内P「いえ、当然の事をしたまでです」

拓海「アンタには……借りが出来ちまったな」

武内P「いえ、お気になさらず」

拓海「いや! アンタには本当に世話になった!」

武内P「問題ありません」


武内P「……無意識に放たれた、向井さんの拳」


武内P「それから、ゴーストピエロの方を守っただけですから」
727: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 21:57:15.36 ID:cwVGxon8o
  ・  ・  ・

拓海『――!』

ヒュッ―

ゴーストピエロ『ひいっ!?』


ガシィッ!

武内P『……待ってください』

拓海『――っ!? アタシの拳が止められた!?』

武内P『念の為、周囲で見守っていましたが――』


拓海『テメエが、ゴーストピエロの親玉かぁ!』


武内P『!? 待ってください!』

武内P『照明が暗いとはいえ、地顔で……向井さん! 向井さん!?』
728: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 22:05:30.31 ID:cwVGxon8o
  ・  ・  ・

拓海「……なんつーか、あん時はすまなかった」

拓海「雷舞がよぉ、仏恥義理に盛り上がってて、つい……な?」

武内P「いえ、大丈夫です。私にも……」

武内P「……ゴーストピエロの方達からの、声援がありましたから」

拓海「おぉ! あれは、盛り上がったなぁ!」


武内P「お蔭で、来年は白坂さんとユニットを組み」

武内P「ゴーストピエロ側で参加して欲しい、と」

武内P「……そう、サンリオさん側からお願いされただけですから」

武内P「一切、気にする必要はありません。はい、一切」


拓海「……すまねえ」
729: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 22:16:57.19 ID:cwVGxon8o
拓海「ま、まぁ! 来年も夜露士苦な!」

拓海「へへっ! それまで、鍛えておくからよ!」

武内P「鍛えておく、ですか?」

拓海「おうよ!」


拓海「来年こそ、ぶっ倒してやるからな!」ニカッ!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P「向井さん……残念ですが――」


武内P「来年は、自宅警備でお願いします」



おわり
707: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 19:36:29.73 ID:z6xeohwdo
おっぱいに包まれる武内Pをオナシャス!
731: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:29:46.17 ID:cwVGxon8o
>>707
書きます
732: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 23:57:18.73 ID:cwVGxon8o

「あっ、今おっぱい見たでしょー?」


 顔を赤くした早苗さんが、右手のジョッキを掲げながら言った。
 その赤さは、照れているからじゃなく、酔っているから。
 普段だったら、早苗さんもわかっていてもそういう事を言わない。
 何でも、指摘していたらキリがないから、だそう。


「……すみません」


 私の隣に座るこの人もまた、顔を赤くしている。
 彼も、かなりの量を飲んでいるから、酔いが回っているみたい。
 けれど、その顔の赤さは、お酒と……照れのせい。
 申し訳なさそうに、右手を首筋にやってるけれど、


「珍しいわ」


 そう、珍しい。
 彼が、アイドルをそういった目で見る事は、とっても珍しい。
 瑞樹さんも、ちょっと驚いた顔をしながら、ゴボウのフライを口に運んだ。
 一口齧り、咀嚼しながらも、彼のことを見続けてる。


「何よ、もー! エッチねー!」


 大きな胸を揺らしながら、早苗さんはケラケラと笑った。
 言葉とは裏腹に、上機嫌でジョッキを傾け、琥珀色の液体を流し込んでいく。
 ゴクリ、ゴクリと喉が動くその飲みっぷりは、見ていて気持ちよく、
また、同性の私から見ても、いやらしさのない色気がある。


「その……ジョッキに当たって、倒れてしまいそうだ、と」


 低い、消え入りそうな声での弁明。
 早苗さんのおっぱいが当たって、ビールのジョッキを倒してしまいそうだった。
 だから、胸に視線が行ってしまったのは、仕方のない事だ。
 ……そう、言葉にされずとも、わかった。


「早苗ちゃん、たまにやるわよね」


 私も、その光景を何度か目撃している内の一人だ。
 本人としては気をつけてはいるつもりでも、起こってしまうのが、事故。
 この人が、早苗さんのおっぱいを見たのも、そういう類のもの。
 だから……責めるのは、かわいそうだと思います。



「胸は、やっぱり大きい方が?」



 好きなんですか、とは言わない。
 彼としても答えにくくなっちゃうだろうし、何となく、口に出したくない。
 これは別に、責めてる訳じゃ、ありませんよ。
 ただ、聞いてるだけです。


「……えっ?」


 私の隣で、こちらに視線を向ける気配がした。
 正面の席でも、早苗さんと瑞樹さんが、私の事をまじまじと見ている。
 けれど、私は誰とも視線を合わせず、目の前のお猪口の中身をクイと飲み干した。
733: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 00:36:37.59 ID:KuX77SX5o

「……」


 ガヤガヤと、周囲の席の話し声が聞こえてくる。
 さっきまでは気にならなかったのに、今は、それが鮮明に感じられた。
 大きな理由は、私達が囲んでいるテーブルから、音が消えたから。
 私はそれに構わず、お猪口を置き、徳利の中身を注いだ。


「まっ、まあ……人によるんじゃない?」


 静寂を破ったのは、早苗さんのそんな一言だった。
 傍から見て、ちょっと慌てているように見えるのは、気のせいじゃない。
 この静寂の、最初のきっかけが自分の発言だったから、責任を感じている。
 ぎこちない笑みではあるけれど、それでも十分、可愛らしい。


「そっ、そうね……好みってあるもの」


 ねっ、と、瑞樹さんが早苗さんに続いて言った。
 瑞樹さんも、とてもスタイルが良い。
 水着でのグラビア撮影も多く、早苗さんと系統は違うけれど、とってもセクシー。
 今も、体のラインを強調する様な服じゃないのに、胸が目立ってる。


「えっ、ええ……そうですね」


 そうですね?


「……」


 また、お猪口の中身をクイッと一気に飲み干し、テーブルに置いた。
 コトリと、ほんの小さな音が立ち、再び会話が止まった。
 徳利の中身を今度は波々と、お猪口に注いでいく。
 ゆっくり、ゆっくり注いでいる間も、会話は無かった。



「貴方は、どうなんですか?」



 すみません、さっきの聞き方だと、紛らわしいですよね。
 だから、もう一度聞き直します。


「わ、私……ですか」


 隣から、困ってる気配が伝わってくる。
 別に、そのくらい良いじゃありませんか。
 好みの問題、でしょう?
 責めてるわけでも、怒ってるわけでも無いんですから、ねえ?


「はい、貴方です」


 貴方と言いつつ、視線はそちらに向けずに。
 私の視線は、手元のお猪口にずっと固定されてる。
 視界の端で、早苗さんと瑞樹さんがため息をついているのが写った。


「……」


 返答が、無い。
 また、お猪口の中身がスルリと消えてしまった。
734: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 01:13:21.55 ID:KuX77SX5o
  ・  ・  ・

「……」


 注文したお酒が来る間に、お手洗いに。
 据え付けられた大きな鏡に写った私は、驚くほどの無表情。
 誰が見ている訳でも無いけれど……。
 これじゃあ、どこかの誰かさんみたいじゃないの。


「……」


 パタパタと、ハンカチで手を拭く。
 そして、ふと鏡に視線をやると、どうしても目が行ってしまう。


「……」


 小さいわけじゃ、無い。
 けれど、大きいと言うには、不相応。


「……」


 そもそも、彼の周囲の女性陣が、スタイルが良すぎるの。
 そうでない子も居るけれど、それは、それこそ好み。


「……ふぅ」


 考えてても、しょうがないわよね。
 だって、あの人は結局、何一つ答えてくれてないんだから。
 答えがないのに、答え合わせなんて出来ません。
 戻ったら、ちゃんと答えて貰わないと。


「……」


 でも、彼はきっと言葉を濁して、誤魔化してしまう。
 考えたことは無い、意識したことは無い……なんて、そんな言葉で。
 いつもだったら、それに流されて、納得しちゃう。
 けれど、今日は別。


「……」


 ドアを開け、コツリコツリと靴音を立て、席に戻る。
 盛り上がっている楽しそうな声をかき分けて。
 席を立つからと声をかけた時、気まずそうな顔をしていた彼の所へ。


「……」


 席の近くまで戻ると、早苗さんと瑞樹さんが神妙な顔をしてるのが見えた。
 少し、前のめりになりながら、小さな声で彼に何かを言っている。
 彼もまた、寝癖のついた後頭部が見えるくらい、何度か体を前に傾けていた。


 ……また、おっぱい見てるんですか?


「……」


 足音を立てず、気づかれないよう、近付く。
 こっそり……こっそりと。
735: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 01:51:35.53 ID:KuX77SX5o

「……」


 最初に私に気付いたのは、通路側に座ってた、早苗さん。
 それに続いて、その隣に座ってた、瑞樹さん。
 最後に、早苗さんの正面に座ってた、


「す、すぐにどきます」


 この人。
 背が高いけれど、座っている状態だと、さすがに私でも見下ろす形になる。
 私も身長が高いけれど、この人は、それよりもずっと高い。
 だから、この人に見上げられるのは、ちょっと新鮮。


「あ、あの……?」


 私がこっそり近づいて隣に立ったから、スペースが無い。
 スペースが無ければ、彼は立ち上がれない。
 無理やり押しのけるような事をする人じゃないから、結果、止まる。


「……」


 見下ろす私と、見上げる彼。


「……」


 交わる視線から先に逃げ出したのは――彼だった。
 右手を首筋にやって、ゆっくりと、奥側へと移動していく。



「――待ってください」



 私は、それを捕まえた。
 逃さないように、ガッチリと。
 だって、私の腕は細いから。
 力を込めないと、逃げられちゃうわ。


「私だって、ムッとする時くらい、あるんですからね?」


 そう言って、彼を解放した。
 一歩下がって、呆けた顔をする彼に、一旦立って貰うよう促す。
 彼は、無言のまま、フラフラと立ち上がって、道を譲った。


「……もしかして、物凄く酔ってる?」


 席に戻った私に、二人は揃って聞いてきた。


「いえ、酔ってません」


 全然、そんな事ありません。
 貴方も、私が酔ってると思いますか?
 横を見ると、呆然とした顔で見られていた。
 だから、


「えっち」


 そう言って、隣に座る彼の太ももをパシリと叩いた。


 ……ふふっ! 胸に関する旨、聞かせて貰えますか? うふふっ!



おわり
736: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 02:54:58.67 ID:DiF2eULy0
サイズを気にする姿こそ可愛いのだと再確認した
ハロウィン近いし小梅監修のガチ仮装した武内Pとかどうでしょう
744: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:48:04.72 ID:KuX77SX5o
>>736
書きます


武内P「私がハロウィンの仮装、ですか?」
745: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:50:50.99 ID:KuX77SX5o
小梅「う、うん……ダメ、かな……?」

武内P「駄目というわけでは、ありませんが……」

小梅「ほ……本当に? やってくれる……の?」

武内P「白坂さん監修、との事ですが」

小梅「うん……頑張る、よ?」


武内P「それはゾンビですか?」


小梅「……えへへ///」
746: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:55:15.24 ID:KuX77SX5o
小梅「凄く、可愛くなると思ってて……///」

小梅「ず、ずっと……やって、欲しかったの///」

武内P「……そう、なのですか」


小梅「だから……す、凄く……嬉しいっ///」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P「……」

武内P「本番前に、試す必要がありますね」
747: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 20:59:18.37 ID:KuX77SX5o
  ・  ・  ・

武内ゾンビ「……これは」

武内ゾンビ「想像以上に……本格的なメイク、ですね」


武内ゾンビ「……」

武内ゾンビ(プロダクション内のメイクの協力まで得ていたとは)

武内ゾンビ(鏡で自分で見ても、恐ろしいと思える仕上がりになっている)

武内ゾンビ(これは……出歩くのは危ない、か)


コンコン


武内ゾンビ「……はい、どうぞ」
748: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:03:33.13 ID:KuX77SX5o
ガチャッ

小梅「し、失礼しま――……」


武内ゾンビ「……どう、でしょうか?」


小梅「……ぁ……あぁぁ……!」プルプル!

小梅「ひぃっ、うぅ……あっ、あ……!」ブルブル!


武内ゾンビ「っ!? し、白坂さん、大丈夫ですか!?」

武内ゾンビ「やはり……刺激が強すぎる見た目だったでしょうか!?」


小梅「あぁぁ~っ♡ かっ、かわっ、可愛い~っ♡」ガクガク!


武内ゾンビ「……」

武内ゾンビ「えっ?」
749: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:10:08.12 ID:KuX77SX5o
小梅「だっ、ダメぇっ♡ か、可愛いっ……♡」

小梅「可愛すぎる、よぉっ……♡ はあぁぁんぅっ♡」


武内ゾンビ「ま、待ってください、白坂さん!」

武内ゾンビ「その反応は、誤解を招く恐れが!」


小梅「んひぃっ♡ ぞ、ゾンビの大声ぇ♡」

小梅「んあぅっ、ううっ♡ す、凄いぃぃあぁっ♡」


武内ゾンビ「こ、声を! 声を抑えてください」ボソボソ!


小梅「ひうんっ♡ さ、囁きも……もっとぉっ♡」


武内ゾンビ「私は、どうすれば!?」
750: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:15:26.46 ID:KuX77SX5o
  ・  ・  ・

武内ゾンビ「……落ち着かれましたか?」

小梅「う……うん、ごめん……ね♡」ウットリ

武内ゾンビ「あの……申し訳ありません」

武内ゾンビ「少し、距離が……ですね」

小梅「ち、近いと……食べたく、なっちゃう……?」コウコツ

武内ゾンビ「いっ、いえ! そうではなく!」


小梅「あああぁっ♡ 可愛いゾンビに、た、食べられちゃうぅっ♡」…ツーッ


武内ゾンビ「っ!? 白坂さん、鼻血が!」

武内ゾンビ「鼻血が出ています、白坂さん!」
751: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:20:37.07 ID:KuX77SX5o
  ・  ・  ・

Pヘッド「……落ち着かれましたか?」

小梅「う……うん、ごめん……ね」

Pヘッド「鼻血は、止まったようですね」

小梅「……こ、興奮……しすぎちゃった///」


小梅「その位……えへへ、可愛かったから///」ニコッ!


Pヘッド「……良い、笑顔です」

Pヘッド「……」

Pヘッド「ゾンビの仮装は、今日だけにしておきましょう」
752: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:26:39.75 ID:KuX77SX5o
小梅「えっ? ど……どうして……?」

Pヘッド「また、鼻血が出てはいけませんから」


小梅「わ、私……ちゃんと、我慢する……からっ!」

小梅「二人っきりの時だけでも、良い……!」

小梅「もっと……もっと……! お、お願い……!」


Pヘッド「待ってください、白坂さん!」

Pヘッド「その反応も、誤解を招く恐れが!」


小梅「わ、私……! 良い子にする、よ……!」

小梅「だから、お、お願い……! そんな事、言わないでぇ……!」


Pヘッド「白坂さん! 落ち着いてください、白坂さん!」
753: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:31:38.94 ID:KuX77SX5o
Pヘッド「わ、わかりました! 善処します!」

Pヘッド「どうか……落ち着いて、話を!」

小梅「……また……してくれる……?」

Pヘッド「……はい、約束します」


小梅「……えへへ……良かったぁ……!」ニコッ!


Pヘッド「……良い、笑顔で――」


卯月・美穂「……」


Pヘッド「――……す」
754: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:35:48.78 ID:KuX77SX5o
Pヘッド「し、島村さんに……小日向さん?」

Pヘッド「あの……いつから、そこに?」


卯月・美穂「……」

チョイチョイッ


小梅「? な、何……?」

トテトテトテ…


卯月・美穂「!」

ぎゅっ!

小梅「わぷっ!? ど、どうした……の?」

卯月・美穂「……!」


Pヘッド「……」

Pヘッド「待ってください、話を……聞いてください……」
755: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:41:18.64 ID:KuX77SX5o
卯月「が、我慢するって……どうして?」


小梅「えっ? ち、血が……出ちゃって……」


美穂「」

卯月「美穂ちゃん、しっかり!」

美穂「――っ!? ご、ごめんね卯月ちゃん!」

美穂「っ……お、お願いって……何を?」


小梅「そ、それは……す、凄いの……を///」

小梅「……え、えへへ……///」


卯月「」

美穂「卯月ちゃん、頑張って!」

卯月「――っ!? が、頑張ります!」



Pヘッド「待ってください! 私の話を聞いてください!」
756: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:47:53.12 ID:KuX77SX5o
卯月「その声、プロデューサーさんですよね!?」

美穂「良い人だと……良い人だと、思ってたのに!」


Pヘッド「待ってください! 島村さん、小日向さん!」

Pヘッド「あまりにも、判断が早すぎます!」


卯月「小梅ちゃん、痛い所はありませんか?」

美穂「もう大丈夫だから、安心してね」

小梅「? い、痛い所は……無い、よ?」


小梅「で……でも、ガブッってされたかった……///」


卯月・美穂「」

卯月・美穂「――っ!? 駄目! それは、駄目!」


Pヘッド「お願いします! まず! 先に! 私の話を!」
757: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:56:10.34 ID:KuX77SX5o
小梅「そ、それに……ね?」


小梅「す、凄く……ぁはぁっ……可愛かったから……♡」


卯月・美穂「」

卯月・美穂「――っ!? か、可愛い!?」

卯月「その、えっと……モンスターじゃなく!?」

美穂「うんと、その……パオパオって感じじゃ!?」


Pヘッド「お二人とも、それ以上は!」

Pヘッド「それ以上は、いけません!」
758: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 21:59:22.74 ID:KuX77SX5o
小梅「ふ、二人も……見せて貰うと……良い、かも」


卯月・美穂「えっ!?」


小梅「見たら、きっと……うふふ、可愛くて可愛くて……♡」

小梅「さ、触ったり、頬ずり……したく、なっちゃうよ♡」


卯月・美穂「ええっ!?」


小梅「ね、ねえ……二人にも、見せてあげよう……?」


Pヘッド「……」

Pヘッド「こ、この流れで……ですか……!?」
759: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:05:28.71 ID:KuX77SX5o
卯月「……しっ! 島村卯月、頑張ります!///」

美穂「卯月ちゃん!? 頑張るって……えっ!?」

卯月「美穂ちゃんっ!」

がしっ!

美穂「えっ、な、何!? 手を握って……」


卯月「どうぞ! 見せてください、プロデューサーさん!」


美穂「卯月ちゃん!?」

卯月「美穂ちゃんと一緒なら……大丈夫だと思う♪」

美穂「!? 卯月ちゃんが、見てみたいだけじゃないの!?」

卯月「……え、えへへ///」

美穂「……!?」



Pヘッド「……」
760: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:09:43.55 ID:KuX77SX5o
小梅「そ、それじゃあ……見せる、ね……?」

トテトテトテ…

Pヘッド「……」


卯月「はいっ!」

美穂「ノォーッ! あっあっ! 心臓がチュワチュワする!」

卯月「えへへっ!/// 私も、ちょっとドキドキしちゃう///」

美穂「違うの! これは、そういうのじゃないの!」


小梅「――えいっ」

…カポッ


武内ゾンビ「……」


卯月・美穂「……」
761: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:17:49.58 ID:KuX77SX5o
  ・  ・  ・

卯月・美穂「――すみませんでしたっ!」


武内ゾンビ「いえ……お気になさらず」


卯月「冷静に考えたら、そんな筈ありませんもんね!」

美穂「うん、卯月ちゃんは後でちょっと話があるからね」


小梅「あぁっ……や、やっぱり可愛い……うぅんっ♡」


卯月・美穂「……あ、あははははは」


武内ゾンビ「……」
762: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:25:15.37 ID:KuX77SX5o
卯月「でも……本当に凄いメイクですね~」

美穂「確かに……かなり手間がかかってそう」

卯月「うん、思わずビクッとしちゃったもんね」

美穂「驚いたよね、全然予想出来てなかったし」


武内ゾンビ「あの……一つ、お聞きしたいのですが」


卯月・美穂「はい?」


武内ゾンビ「――大きな悲鳴をあげたり」

武内ゾンビ「――気絶したり、と」

武内ゾンビ「……そう、なりませんでしたね?」



卯月・美穂「えっ?」


武内ゾンビ「……」
763: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:30:41.99 ID:KuX77SX5o
卯月「う~ん……そこまで、怖くなかったから、ですかね?」

美穂「驚きはしましたけど、そこまでじゃなかったですよ」


武内ゾンビ「…………なるほど」


卯月「――顔を見て、大きな悲鳴をあげたりなんてしません!」

美穂「――気絶なんて、そうそうするものじゃないです!」


武内ゾンビ「…………そう、ですか」


小梅「で、でも……凄く似合ってて、か、可愛い……♡」


美穂「……う~ん、だけど」

卯月「やっぱり、プロデューサーさんは――」


卯月・美穂「普段通りが、一番ですよ♪」



おわり
764: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:34:01.94 ID:iM7qD7Uc0
2人ともなにげにキツイこといってるな
765: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/17(水) 22:35:12.29 ID:hpe0KZ3XO
小梅ちゃんがいかがわしすぎる
769: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 01:24:43.68 ID:U1xJrUaX0
説教的な小梅は可愛い
ありがとうございます
774: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:03:00.74 ID:A7X2MAVio
混ぜます


武内P「ウインク、ですか」
775: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:06:47.16 ID:A7X2MAVio
ありす「はい、ウインクです」

ありす「片目をつぶってする――」パチッ⌒☆

ありす「……この、ウインクです」

武内P「それを見て欲しい、と」

ありす「はい、お願いします」


ありす「――さあ、どうぞ文香さん!」


文香「……! あ、あの……!」アワアワ!
776: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:10:08.41 ID:A7X2MAVio
ありす「? どうしたんですか?」

文香「ありすちゃん……えっと、その……」チラッ

武内P「?」

文香「っ……ど、どうして……?」

ありす「?」


ありす「片目をつぶって――」パチッ⌒☆

ありす「……こうですよ?」


文香「えっ、と……やりかたじゃなくて……!」アセアセ!
777: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:12:59.61 ID:A7X2MAVio
ありす「? 文香さん……?」

武内P「あの、恐らくですが……」

武内P「何故、私にウインクを見せるのか、と」

武内P「……そう、仰っしゃりたいのですよね?」

文香「は……はい……」


ありす「? だって、文香さ――」


文香「やります!」


武内P「……」

武内P「えっ?」
778: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:16:31.25 ID:A7X2MAVio
文香「ありすちゃん、やるから……ねっ?」

文香「それ以上は、その……ねっ?」

武内P「あの、一体何が……?」


ありす「あの時から、文香さ――」


文香「あっ、あり、ありすちゃ……!///」ワタワタ!


武内P「……」

武内P「……?」
779: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:19:31.90 ID:A7X2MAVio
文香「とっ、とにかく……やりますから……!///」

武内P「は……はあ」

ありす「頑張ってください、文香さん!」


文香「……すぅ……はぁ……」

文香「――!」


武内P「……」ジィッ


文香「……!///」

文香「……」

…ペラッ…ペラッ…


ありす「文香さん!?」
780: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:24:20.11 ID:A7X2MAVio
ありす「文香さん!? 文香さんっ!」

文香「……ありすちゃん」

…パタンッ

ありす「あの、どうして本を読み出したんですか!?」

文香「そ、それは……続きが気になっ」


ありす「文香さん、貴方に――」


文香「ありっ、あああっ、ありすちゃん!///」ワタワタ!


武内P「……」

武内P「……?」
781: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:27:38.33 ID:A7X2MAVio
ありす「良いですか、文香さん」

ありす「片目をつぶって――」パチッ⌒☆

ありす「……こうですよ」

文香「はい……それは……はい……///」

ありす「ウインク、出来ますよね?」

文香「……!///……!///」


武内P「……」

武内P「――いえ、ウインクが苦手という人も居ます」


ありす・文香「……えっ?」
782: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:30:18.90 ID:A7X2MAVio
ありす「ウインクが……」

文香「苦手……?」

武内P「なので、お気になさらず」

文香「……は、はい……///」

ありす「そんな人、本当に居るんですか?」


武内P「……はい、実は――」

武内「私も、苦手です」クシャッ


ありす・文香「……」

ありす・文香「……本当ですね」
783: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:33:52.49 ID:A7X2MAVio
ありす「でっ、でも! 文香さんのウインクは素敵なんです!」

文香「あっ、ありすちゃん?」

ありす「だから、貴方に見て欲しいんです!」

文香「そ、それは……気持ちだけで……!」


武内P「ありす、文香が困っています」クシャッ


ありす「ありすです!」

文香「す、すみません……」


ありす・文香「……」


ありす・文香「!!?」
785: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:39:32.88 ID:A7X2MAVio
ありす「えっ……た、橘です! 橘ありすです!」

文香「鷺沢……鷺沢文香と、申します……!」


武内P「ありす? 文香?」クシャッ


ありす「どっ、どういう事ですか!?///」

文香「ほ、本……!/// 書、書、書……!///」ワタワタ!


武内P「……?」パチッ

武内P「橘さん、鷺沢さん……?」

武内P「どうか、されましたか?」


ありす・文香「……」

ありす・文香「あ、えっ!?」
786: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:44:28.35 ID:A7X2MAVio
美波「――多分、距離感ね」


美波「ほら、片目だけで物をみると……」

スッ、スッ

美波「両目で見た時と違って、距離感が掴めなくなるでしょ?」

美波「プロデューサーさんの仕事は、アイドルを見ること」

美波「ふふっ! 勿論見てるだけじゃないんだけどね?」

美波「……でも、その目が半分閉じたことによって――」


美波「――アイドルとの距離感も狂った」


美波「……って言う事だと、私は思うわ」


武内P「新田さん?」


ありす・文香「……いつからそこに……!?」
787: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:50:25.60 ID:A7X2MAVio
美波「そんな事より、プロデューサーさんっ♪」パチッ⌒☆

武内P「は、はい……?」

美波「ウインク♪ ウインク♪」パチッ⌒☆

武内P「は、はあ……」


武内P「美波?」クシャッ


美波「んあっ♡ これすっごい♡」ビクンッ!


武内P「!? 美波! あの、何がですか!?」クシャッ


美波「ひいいっ♡ いっ、いいっイキますっ♡」ビクーンッ!


武内P「……!?」パチッ


ありす・文香「……」
788: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 21:55:03.46 ID:A7X2MAVio
武内P「新田さん!? あの……何故!?」

美波「……そんな事より! そんな事よりも!」

武内P「待ってください!」

武内P「『そんな事』で片付けるには、あまりにも!」


美波「――今、ウインクしたのは左目ですよね!」

美波「利き目――右目では、ウインクしないんですか!?」


武内P「いえ、あの……新田さん!?」


ありす・文香「……利き目」

ありす・文香「……」

ありす・文香「!」
789: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:01:54.15 ID:A7X2MAVio
ありす「――絶対、右目のウインクもするべきです!」

武内P「た、橘さん?」

文香「見えている景色だけが、全てでは……ありませんから」

武内P「さ、鷺沢さん?」


美波「――とった」

…そっ

武内P「っ!?」


ありす「! 一瞬で――」

文香「右目を手で覆い隠した……!?」
790: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:07:37.73 ID:A7X2MAVio
美波「……ふふっ、どうですか?」

美波「利き目を塞がれて――距離感は♪」

武内P「……ふぅ」

…そっ


ありす「! 塞いでる手をどけようとしてます!」

文香「いえ、あれは……重ねているだけみたい」


武内P「……美波」

美波「イキ――」


美波「――っ!?」


ありす「? なんだか、美波さんの様子が……?」

文香「戸惑っているのでしょうか……?」
791: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:11:50.78 ID:A7X2MAVio
武内P「美波」

美波「いっ……イケない……!?」


ありす・文香「!?」


武内P「美波」

美波「何で……!? どうして……!?」

武内P「美波」

きゅっ

美波「あっ!?/// てっ、手をそんな……握っちゃ……!///」


ありす・文香「……!?」
792: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:14:55.39 ID:A7X2MAVio
武内P「美波、わかるね?」

美波「は……はい……!///」

美波「み、美波は……イケない事をしました……!///」

武内P「……」

きゅっ!

美波「っ!///」ビクッ!

美波「……ご、ごめんなさい……もう、しません……!///」


ありす・文香「……!?」
793: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:17:40.43 ID:A7X2MAVio
美波「だ、だから……あの……!///」

美波「てっ……手を……うぅっ……!///」

武内P「……」

ぱっ!

美波「っ!///」

ダダダダッ!


美波「はぁ……/// はぁっ……///」


ありす・文香「……!」


美波「みっ、見ないで!/// お願い!///」

美波「こんな、イケない私を見ないで!///」


ありす・文香「……あ、はい」
795: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:24:24.64 ID:A7X2MAVio
武内P「――あの……新田さん」

武内P「急に目を隠されると……驚いてしまいますので」


美波「は、はい……すみませんでした……///」

ありす「美波さん、大丈夫ですか!?」

美波「あぁ、顔が熱い……!///」

文香「その……何が、そこまで美波さんを……?」

美波「それは……駄目、思い出すだけで……!///」


ありす・文香「……!?」


武内P「?」
796: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:33:35.18 ID:A7X2MAVio
ありす・文香「……あ、あのっ!」

武内P「ど、どうか……されましたか?」


ありす「右の頬を叩かれたら、左の頬を差し出すという言葉があります」

ありす「今回の場合は左右逆ですが、意味は通りますよね」

ありす「左目でウインクをしたら、右目でもウインクをするべきです」

ありす「そうでなければ、右目が可哀想だと思います」

ありす「自分の体を大切にしろ、という言葉もご存知ですよね?」

ありす「体を可哀想な目にあわせない――つまり、右目を大事にしないといけません」

ありす「よって、貴方は右目でウインクをしなければなりません」

ありす「――はい、論破!」


文香「……!……!」コクコク!


武内p「は……はあ……?」
797: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:38:41.69 ID:A7X2MAVio
ありす「早く! さあ、早く右目でウインクを!」フンスフンス!

文香「……!……!」ソワソワソワソワ!

文香「……」

…ペラッ…ペラッ…

文香「っ!?」

文香「……!」フルフル!

…パタン

文香「ファンタジーな世界に、逃げてるだけじゃ……!」


武内P「で、ですが……私は……」

武内P「――右目で、ウインクが出来ないのです」…ムギギ!


ありす・文香「……」

ありす・文香「はい?」
798: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:42:39.34 ID:A7X2MAVio
ありす「こうですよ! こう――」パチッ⌒☆

ありす「……片目をつぶるだけです!」


武内P「それが……その、難しく……はい」…ムギギッ!


文香「この様に、軽く右目を――」パチッ⌒☆

文香「……力を入れず、閉じるだけで良いのですよ……?」


武内P「……良い、ウインクです」


文香「……」

文香「……!///」テレテレ!
799: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:51:46.82 ID:A7X2MAVio
ありす「ふっ、文香さん! それで満足しちゃ駄目です!」

文香「ありすちゃん……で、でも……///」

ありす「多分、今は物凄いチャンスで――」


武内P「橘さんと、鷺沢さん」

武内P「方向性は違いますが……どちらも魅力的なウインクだ、と」

武内P「……そう、思います」


ありす・文香「……」

ありす・文香「……!///」テレテレ!
800: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 22:59:12.51 ID:A7X2MAVio
ありす「……文香さん」

文香「……ありすちゃん」

ありす・文香「……」


ありす・文香「っ♪」パチッ⌒☆


ありす・文香「……ふふっ!」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」

武内P「橘さんと、鷺沢さんは……とても素晴らしい――」


武内P「アイドルデュオですね」



おわり
808: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:10:09.81 ID:XNpZWEUzo
書きます


武内P「私の部屋は隣です」
809: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:12:39.06 ID:XNpZWEUzo
凛「わかってる。何度も言わなくて良いから」

武内P「いえ、一応確認ですので」

アーニャ「何かあった時のため、ですね?」

武内P「はい、その通りです」


武内P「それでは、また明日」

武内P「おやすみなさい」


凛・アーニャ「おやすみなさい、プロデューサー」
810: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:16:12.46 ID:XNpZWEUzo
  ・  ・  ・

凛「……ホント、心配性なんだから」

アーニャ「フフッ! それが、プロデューサーのいい所、です♪」

凛「……まあ、否定はしないけど」

アーニャ「同じ部屋で寝るのは、初めてですね」

凛「二人っきりで、っていうのは……そうかも」


凛・アーニャ「……」チラッ


凛・アーニャ「……」
811: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:18:52.44 ID:XNpZWEUzo
凛「ねえ、今……何を見たの?」

アーニャ「リンも、どこかを見ていましたね?」

凛「私は……まあ、壁だけど?」

アーニャ「ダー、私も、壁です」

凛・アーニャ「……」


凛・アーニャ「……」チラッ


凛・アーニャ「……」
812: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:22:34.39 ID:XNpZWEUzo
凛「……とりあえず、シャワー先にどうぞ」

アーニャ「ニェート……いいえ、リンが先に、どうぞ」

凛「私は後で良いって」

アーニャ「アー、遠慮は、しなくても大丈夫、ですよ?」


凛「アーニャ。アーニャが、先にシャワーを」


アーニャ「リン。リンが、先に浴びるべき、です」


凛・アーニャ「……」
813: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:26:25.61 ID:XNpZWEUzo
凛「……じゃあ、こうしようか」

アーニャ「シトー?」

凛「……ジャンケン」

アーニャ「っ!?」


凛「…………五回勝負」


アーニャ「……それなら」

アーニャ「それなら、アー、受けて立ちます」
814: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:28:16.12 ID:XNpZWEUzo
アーニャ「……勝負の前に、トイレに行っても?」

凛「良いよ、行ってきて」

アーニャ「スパシーバ、リン」


ガチャッ、バタンッ


凛「……」


凛「……」


凛「……アーニャ?」
815: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:30:53.37 ID:XNpZWEUzo
凛「……アーニャ?」

コンコン

凛「アーニャ、居るんでしょ?」

コンコン

凛「……ごめん、開けるね」

カチャッ


凛「……――居ない……!?」


凛「――まさか!」バッ!
816: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:37:27.96 ID:XNpZWEUzo
  ・  ・  ・

武内P「――待ってください、アナスタシアさん!」

アーニャ「ニェート! 待てない、です!」

ぐいぐいっ!

アーニャ「早く、中に! 早ーく! ヴィーストラ!」

ぐいぐいっ!

武内P「だ、駄目です! いけません!」

アーニャ「ヴィーストラ! ヴィーストラ! ヴィーストラ!」

ぐいぐいっ!

武内P「な、何が……何故……!?」
817: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:40:33.78 ID:XNpZWEUzo
  ・  ・  ・

凛「――ふーん、間取りは同じなんだ」

凛「……って、同じホテルの隣の部屋だし、そうだよね」

アーニャ「……早かった、ですね?」

凛「そうかな」

アーニャ「……」


武内P「あ、あの……!」

武内P「自分の部屋に、戻って頂けませんか……!?」
818: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:45:37.38 ID:XNpZWEUzo
凛「別に良くない? まだ、九時前だし」

アーニャ「ダー、まだ眠るには早い、ですね?」

武内P「いえ、しかし!」

武内P「アイドルの方が、夜にプロデューサーの部屋に――」


凛・アーニャ「――!」


アーニャ「シトー? シトシトー? アー、ンー?」

凛「ごめん、ちょっとわからないんだけど」


凛・アーニャ「何が、問題?」


武内P「……」

武内P「えっ?」
819: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:48:50.83 ID:XNpZWEUzo
武内P「いえ、ですから……!」


凛「何? もしかして、私達の事……そういう風に見てるの?」

アーニャ「ニェート! プロデューサーに限って、有り得ない、です!」


武内P「そ、それは……はい」

武内P「で……ですが!」


凛「私達、ちょっと話でもしようかな、って思っただけなんだけど」

アーニャ「それも駄目、ですか? プロデューサー?」


武内P「……!?」
820: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:51:55.12 ID:XNpZWEUzo
凛「ねえ、それも駄目なの?」

アーニャ「プロデューサー?」


武内P「あ……あの」

武内P「先程、物凄い剣幕で部屋に押し入ってきたのは……」

武内P「……ただ、話をしたいと思ったからだ、と……?」


凛「うん」

アーニャ「ダー」


武内P「……!?」
821: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:55:58.44 ID:XNpZWEUzo
武内P「で……でしたら」

武内P「ロビーの方へ……移動しましょう」


凛「私、もう寝る時の格好しちゃってるんだけど」

アーニャ「私も、です。この格好で、ロビーは……」


武内P「な……ならば!」

武内P「寝て、起きたらで……それで、お願いします!」


凛・アーニャ「……」


武内P「……!」
822: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 20:59:39.00 ID:XNpZWEUzo
凛「……はぁ……そこまで言うなら、わかった」

アーニャ「……ダー……プロデューサーの言うことは、絶対、です」


武内P「!」パアッ!


凛「――それじゃ、寝ようか」

アーニャ「――おやすみなさい」

もぞもぞっ…


武内P「!?」

武内P「渋谷さん、アナスタシアさん!?」

武内P「何故、この部屋のベッドに潜り込んでいるのですか!?」
823: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:04:53.93 ID:XNpZWEUzo
凛「一人なのに、ツインの部屋で助かったかな」

アーニャ「ダー、ベッドの取り合いになる所、でした」

凛「あっ、そうだ……シャワー浴びてない」

アーニャ「オー……私も、忘れてました」

凛「パジャマには着替えたけど――」

アーニャ「このまま、だと――」


凛・アーニャ「――ベッドに、匂いがついちゃう」


武内P「……!?」
824: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:12:38.52 ID:XNpZWEUzo
武内P「お……お二人とも、何を仰っているのですか……!?」


凛「別に、そのままの意味だけど」

アーニャ「特に、おかしな事は言っていませんね?」

凛「別に良いでしょ、寝ろって言ったのはプロデューサーだし」

アーニャ「ダーダーダー! 私も、聞いていました!」


武内P「いえ、あの……!」

武内P「ご自分の部屋に、戻って頂けませんか……!?」
825: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:18:16.49 ID:XNpZWEUzo
凛「部屋に戻れって……もう、寝る体勢なんだけど」

アーニャ「目を閉じたら、朝までスヤスヤ、です」


武内P「あの……私のベッドが、なくなったのですが」


凛「くっつけば、二人は寝られると思う」

アーニャ「枕は、アー、腕枕で良い、です」


武内P「……」


凛・アーニャ「プロデューサー」

凛・アーニャ「寝るベッドは、どっち?」


武内P「……」
826: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:22:35.61 ID:XNpZWEUzo
武内P「その……どちらかを決める前に、ですね」

武内P「シャワーを浴びてこよう、と」

武内P「……そう、思います」


凛・アーニャ「えっ?」


武内P「仮に、一緒に眠る場合ですが」

武内P「清潔な方が良い」

武内P「……そう、思いますから」


凛・アーニャ「……!」
827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:30:39.02 ID:XNpZWEUzo
凛「せ、清潔な方と……一緒に寝るって事!?」

アーニャ「プロデューサー!?……本当、ですか!?」


武内P「……」


凛「ふざけないでよ!」

凛「――違う、間違えた! 今の、無し!」

凛「……この状況は何なの!?」


アーニャ「――部屋に、戻ります!」

アーニャ「急いで、アー、ンー! ちょ、チョッパヤ!」

アーニャ「チョッパヤで、シャワーを浴びてきます!」


凛・アーニャ「!」バッ!
828: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:35:13.97 ID:XNpZWEUzo
凛・アーニャ「っ!」

バッ!

凛・アーニャ「……!」

ダダダダダッ!

凛・アーニャ「!」

カチャッ、バタンッ!


凛「――ふざけないでよ! 部屋に戻るんでしょ!?」

アーニャ「――ニェ――ット! リンが、戻ります!」

凛「その間に、私を締め出すつもりでしょ!?」

アーニャ「当然、です! 一緒に寝るのは、アーニャ!」


武内P「……」
829: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:44:12.62 ID:XNpZWEUzo
「有り得ない! 私、ここでシャワー浴びるから!」

「……ニェニェニェニェ――ット! エッチな下着、です!」

「何それ!? ねえ、パンツすらはいてなかったの!?」

「リンには、見えない下着、です! リンには!」

「はあっ!? 何、バカって言いたいわけ!?」

「シト~ッ? そんな事、言ってませんね? シィットォ~~ッ?」

「ふ――んっ!」

「ニェ――ット! 冷たい! バカ! リン、バカ!」


武内P「……」
830: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 21:56:52.93 ID:XNpZWEUzo
「あっ、ごめん! まだ、下着つけてたんだよね!」

「ウラ――ッ!」

「わっ、ぷ!? 何するの!? ビショ濡れになっちゃったでしょ!」

「イズヴィニーチェ、すみません……アー、発情期、ですか?」

「そういう意味じゃないから! 何なの!? はっ、は、発情期!?」

「リン、ボディソープ、取ってくれますか?」

「うん……じゃなくて!」

「ニェ――ット! 即、流さないで、ください!」


武内P「……」
831: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 22:00:59.43 ID:XNpZWEUzo
武内P「……」

コンコン

武内P「すみません」


「「ちょっと待って!」」


武内P「……クローゼットの中に、ガウンが入っています」

武内P「着ていた服は濡れてしまっていそうなので……」

武内P「……そちらを着て、この部屋で寝てください」


「「……プロデューサー?」」


武内P「……」
832: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 22:11:04.38 ID:XNpZWEUzo
武内P「千川さんに……何かあった時のため、と」

武内P「そう、言われていたのですが……正解でしたね」

武内P「……本当に、残念ですが」


「「プロデューサー!?」」


武内P「お二人とも、シャワーを浴びたら」

武内P「この部屋で、一緒に寝てください」


「「プロデューサーは!?」」


武内P「私の部屋は隣です」

武内P「もう一つ、隣になります」
833: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 22:18:08.98 ID:XNpZWEUzo
「……冗談! 冗談だから!」

「……ダー! リンの言う通り、です!」


武内P「渋谷さん、アナスタシアさん」

武内P「明日の朝、お話がありますので」


「「……」」


武内P「それでは、また明日」

武内P「おやすみなさい」


「「……おやすみなさい、プロデューサー」」



おわり
835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 22:53:19.64 ID:XNpZWEUzo

「……」


 息を潜め、気配を殺す。
 自分でさえ、ここに自分が居ない様に錯覚する程に。
 悟られては、いけない。
 気付かれてしまっては、全てが終わってしまう。


「ちょ、ちょ~っとわかんないにぃ!」


 すぐ近くで、私の担当するアイドルの声が聞こえた。
 普段よりも、声の調子が幾分高いのは、気の所為ではない。
 彼女は……耐えているのだ。
 きっと、その額には脂汗が滲み、いつもの陽気な笑顔には、
苦悶という名のラインが引かれている事だろう。


「うん……ごめんに゙ぃっ!」


 だが、今の私には、それを確認する術は無かった。
 すぐ近くに居るとは言っても、表情は全く見えない状況。


「うっ、ううん! 何でも無いゆ!?」


 恐らくだが、今の言葉に合わせて身振りをしたのだろう。
 それにより、彼女の耐久値は削られ、深刻な被害をもたらした。
 被害状況は、確認出来る。



 ――ビニール袋を持った私の手に、彼女のガクガクと震える足が当たっているので。



「にょ……わぁぁ……!」


 此処は、プロジェクトルームの、私のデスクのすぐ近く。
 入り口からは、陰になって見えない場所。
 ただ、状況は――最悪を通り越し、どう表現するのが正しいのか判断がつかない。


「……」


 今、私は、中に居る。


 腹痛に耐えている担当アイドルの、ロングスカートの中に。


「……」


 助けは、呼べない。
 声も、あげられない。
836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 23:24:19.36 ID:XNpZWEUzo

「……」


 この足の震えから察するに、恐らく、一歩も移動出来ないだろう。
 一歩を踏み出し、その足が地に着いた時点で、崩壊する。
 むしろ、一歩を踏み出そうと片足に力を込めた時点で、そうなる可能性が高い。
 今も、ダムが決壊していないのが不思議な位だ。


「うぇへへ……!」


 そうなっていないのは、私がここに……スカートの中に居るから。
 彼女は、私のため――だけではないだろうが――耐えているのだ。
 強靭な意志と、括約筋の大活躍によって。
 そんな私に出来る事は……あまりに、少ない。


「……」


 スカート中から、出る。
 それは、彼女の尊厳を守る一本の細い蜘蛛の糸を切るに等しい行動だ。
 私の存在が防波堤となっている現在、それがなくなった時に迎える未来は――脱糞。
 それも、彼女を慕う仲間達の前での、壮絶な脱糞だ。


「……」


 加えて、確実に誤解される。
 私がスカートの中から出た途端の爆発は、
私が中に何らかの爆弾を仕掛けたようにしか見えないからだ。


 デスクの下の引き出しから、袋を取り出している間に、スカートの中に入れられただけ。


 こう言って、信じてくれる人間が果たしてどれだけ居るだろうか?


「……」


 もう一つの選択肢は、諦める。
 諦めて、この擬似的な密室の中で、至近距離で、レッツゴーハッピーする。
 輝いてぜったい、ははい! だってぜったい、ははい!
 元気百倍の未来へ――


 ――は、無理です! さすがに、それは出来ません! すみません!


「……!」


 どうすれば……!?
 私は……彼女は、一体どうすれば救われるのだ!?



「ハピハピするに゙ぃ!」



 アンハッピーな、この状況。
 止まってしまいそうだった心の車輪が、彼女の声でまた動き出す。


 彼女は、今もまだ戦い続けている。


 ならば、私も諦めるわけにはいかないのだ。


「……!」


 良い、笑顔のために。
837: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/19(金) 23:52:40.22 ID:XNpZWEUzo

「……」


 恐らく、勝負は一瞬。
 チャンスは、一度切り。


「……」


 成功率を高めるため、スカートの中を移動する。
 刺激をしないよう、ゆっくりと。
 気づかれないよう、ひっそりと。


「……」


 暗闇に目が慣れてきたため、位置取りは完璧だ。
 長身でスタイルの良い彼女の、長い脚と丸い臀部の形がハッキリとわかる。
 羨ましい、と、そう思う方も居るかも知れません。
 ですが、今の私には、アームストロング砲と、それを運ぶ車輪にしか見えません。


「……」


 カサリと、可能な限り音を立てずにビニール袋を広げる。
 口の広がったそれを左手で持ち、彼女の尻の少し上の方に位置させた。
 そして、右手を足を迂回するようにして前に回し、待機させた。
 これで、あとは機を待つのみ。


「が……がん゙ばろうに゙ぃ!」


 無謀と言えば、無謀。
 だが、この状況下においては、これが最適だと判断した。
 これは、勇気。
 蛮勇ではなく、紛れもない、勇気ある行動だと言えよう。


「……」


 ……一瞬。


「……」


 一瞬で、前に回した右手を彼女の脚と脚の間に滑り込ませ、


「……」


 後ろにセットした袋を掴んで引き抜いた後、


「……」


 爆発が、全てビニール袋の中に収まるよう、広げて、覆う。


「……」


 この様な、絶望的な選択肢しか選べないのだ。
 もしも、アイドルの神に会う機会があったとしたら。
 私は、己の全てを拳に乗せて、神に叩きつける事だろう。
838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 00:23:58.42 ID:vkkE8umeo

「う、うん……また、後で……に゙ぃ゙!」


 どうやら、会話の相手が部屋から出ていくようだ。
 勝負の時は、近い。
 ドアが開き、閉まった――その一瞬。
 いくら彼女とは言え、気が緩むのは避けられないだろう。


「……」


 その緩みが――精神が、肉体に影響を及ぼす。
 閉じられた砲門と、耐えるためにピッタリと閉じている脚が、開く。
 タイミングは、そこしかない。
 それを逃せば、死あるのみだ。


 ――ガチャッ。


「……!」


 来る。
 大きなウン命の分かれ道が。


 ――バタンッ。


「!」


 右の手刀を両脚の間に滑り込ませ――


「!?」


 ――手が、脚に当たる感触が無い!?
 いや、今はビニール袋を――


 ――明日を掴め!



「……P……ちゃ、ん……!」



 絞り出すような声。
 それを聞き、私は全てを察した。


 彼女は……私を信じてくれていたのだ。


 だからこそ、決壊の瞬間、両脚をあえてパカリと開いたのだ。
 私が、彼女を救うための、何らかの手立てを講じている、と。


「にょ――」


 ……ああ、何と、


「――わぁっ……!」


 何と反応して良いか、わからない信頼だと、そう、思います。
839: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 00:45:48.36 ID:vkkE8umeo
  ・  ・  ・

「……」


 ナイアガラの滝を皆さんは御存知だろうか。
 世界三大瀑布の一つでありながら、周辺の観光地化の臭いためか、
世界遺産に登録されていない、有名な臭う滝だ。
 しかし、自然の雄大……大……雄大さを! 感じられ、う、むっ!


「……」


 スカートの中に漂う異臭は、尋常では無い。
 可能な限りビニール袋で封印を施しているのだが、
完全にその臭いを閉じ込めるには至っていない。
 おおっ……ぐ、うおおっ……!


「……」


 すぐにでも、ここから出たい。


 が、



「そっ……そうだにぃ!」



 ……居るのだ。


 私と、彼女以外にも、人が!


 事が済み、いざスカートから出ようとした時、ドアが開く音がした。
 そして、入ってきて――会話が、始まってしまった。
 誰かはわからないが……それが、良いだろう。
 私は、誰かを憎いとは思いたくありませんから。


「……」


 だから、今はただ待とう。


「……」


 何故か、目頭が熱くなった。
 きっと、臭いが目にしみたのだ、と。


 ……そういう事に、しておきます。




おわり
840: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 01:50:26.36 ID:SiTEfulz0
改めてここの武内PはどこのssのPよりも苦労人だわ…
843: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:07:36.47 ID:vkkE8umeo

「……」


 毎日が、面白くねえ。
 別に、つまらねえって事は無い。
 ただ、面白くねえんだ。


「……」


 聖羅服を着て、ガッコに行って。
 そういう、所謂『当たり前』ってヤツが、どうも性に合わねえ。
 勉強が嫌いなんて、そんなしみったれた理由じゃないぜ?
 むしろ、そっちは割と得意……まあ、柄じゃねえけどな。


「……」


 こうやって、教室の机に大人しく座って、空を見てると。
 あの青空が、太陽が、「なんで大人しくしてんだ?」って言ってる気がすんだよ。
 別に、好きで大人しくしてんじゃねえっての。
 教室で、無意味に暴れるほど、アタシはガキじゃねえってんだ。


「……」


 胸の奥で、何かが燻ってる。
 マジになれるだけの何かを求めて、爆発寸前だ。
 それが毎日続いてるのが、今のアタシだ。
 どうだ? 少しは、アタシの気持ちってもんがわかったか?


「……」


 流行りの何かなんて、興味ねえ。
 そんなもんじゃ、アタシの気合を受け止められねえ。


 ――何か、ねえのかよ。


 ――アタシの全部……ありったけをぶつけられる、何かが。



「――……井! 向井拓海!」



 チッ……うるせえな。
 でけえ声出すんじゃねえよ。



「居るよ。見りゃわかんだろ」



 教壇の上に立つ先公を見て、言う。
 ……別に、睨んじゃいねえし、無視してたわけでもねえっての。


 アタシだって、考え事して上の空になる時もあんだよ。
844: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 20:39:35.97 ID:vkkE8umeo
  ・  ・  ・

「……」


 単車に乗って、走ってる時。
 風の抵抗を受けて、それを切り裂いて。
 まるで、アタシ自身が風になったと思えるくらい、かっとばす。
 アタシは、その瞬間が一番好きだ。


「……」


 頭ん中が空っぽになって、全てを忘れさせてくれる。
 胸の奥で燻ってる何かも、置き去りにして、ぶっちぎれる。
 ずっと走り続けられるとしたら、
それが多分、今のアタシが考えらえる最高の生き方だ。


「……」


 ……けどよ、さすがにそりゃ無理だ。
 事故って死にてえ訳じゃねえしな。



「オイ! 何ボケっとしてんだ、あぁ!?」



 眼の前の、頭の悪ぃ奴らの中から、一際頭の悪そうなのがズイと一歩前に出た。
 目つきは鋭く、真っ直ぐにアタシにガンくれてきやがる。
 それを見て、アタシの周囲の仲間たちが色めきだった。
 オイオイ、慌てんじゃねえよ。



「キャンキャンうるせえんだよ、コラ」



 先陣は、アタシが切る。


「んだとぉ!?」


 相手が、一歩近づいた。


「うるせえって言ってんだろ」


 金の刺繍が入った紫色の特攻服を翻し、アタシも前に出る。
 きつく巻いたサラシが、高ぶる気合と一緒に身を引き締めてくれる。
 ビシッとキメたこの格好が、アタシの勝負服だ。
 あぁ? 何の勝負かって?



「特攻隊長――……向井拓海」



 決まってんだろ。
 喧嘩だよ、喧嘩。
845: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:08:56.09 ID:vkkE8umeo

「テメエの名前なんて聞いちゃいねえよ!」


 アタシが名乗っても、目の前の奴はビビらなかった。
 地元じゃ、そこそこ名前が知られてきたと思ってたんだがよ。
 アタシ達みたいな奴の間では、だけどな。


「――はっ! 上等だ!」


 アタシにビビらないってのは、最高だ。
 ビビってる相手に拳を振るうのは、ダセえからな。
 ブリーチした髪の生え際が黒く、プリンになっちまうよりも。
 喧嘩する気の無い相手をボコるのが、一番ダセえ。


「来いよ、プリン頭」


 ニイッと笑って、言い放つ。


「……ブッ殺す!」


 それに、目の前のコイツは応えた。


 相手の、頭の悪ぃ奴らの中の、一番頭の悪ぃ奴。
 そしてアタシは、アタシらの中で、一番頭が悪ぃ。
 先ずは、頭の悪ぃテッペン同士のタイマンだ。


 それがアタシらの流儀ってやつだ。



「――オイ! なんだテメエ!」



 そんな、良い喧嘩に邪魔が入りやがったらしい。
 向こうのチームの背後から、誰かが来たみてえだ。
 ポリじゃあねえみたいだが……チッ!
 これからって時に、邪魔すんじゃ――



「GURUUUUOOOOOOOO!!」



 ――……あ?
 んだよ、今の……叫び声は?
 人間が出すようなもんじゃ……ねえ。


 まるで……獣の咆哮。



「GUUUURUUOOOOOOAAAAA!!」



 また、空気が震えた。
 アタシらは、頭が悪ぃなりに、わかっちまった。
 何かヤベエのが来やがった、ってよ。
846: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 21:38:49.32 ID:vkkE8umeo

「……!」


 人垣が、割れていく。
 得体の知れねえ何かから、遠ざかるように。
 そして、見えた。
 真っ直ぐ、ゆっくりとこっちに向かってくる――



「GURRRRR……!!」



 ――ライオンの……怪物が。


「な……何、あれ……?」


 アタシに背を向けたプリン頭が、素の声を出しやがった。
 さっきまでの気合の入ったもんじゃねえ、可愛いと言っても良い声で。
 って、んな事考えてる場合じゃねえだろ!


 どう見ても、アイツはヤベえ!


「――オイ! 何ボケっとしてんだ、あぁ!?」


 さっき、全く同じ台詞を言われた気がしやがる。
 けどよ、さっきとは状況がまるで違う。
 アタシらがやろうとしてたのは、喧嘩だ。
 アイツが、これからやろうとしてるのは、



「GUUUURROOOOOOOAAAA!!」



 一方的な、狩りだ。


「さっさと逃げるんだよ!」


 アタシのチームの奴らは、アタシが「逃げろ」と言った事の意味。
 特攻隊長、向井拓海がそう言ったことの意味をキッチリわかった。
 バイクに乗れば、逃げ切れると思う。
 停めてある場所までに追いつかれ、襲われたら……終いだ。


「GURRRRR……!!」


 幸か不幸か、チームの皆は標的にされなかった。
 アイツは、もう獲物に狙いを定めていた。
 ライオンの顔をしてやがるのに、その口元が笑っているように見える。
 いや……あれは、笑っていやがるに違いねえ。


「……上等だよ」


 ビビったら、負けだ。
 狙われてんのは――アタシだ。


「かかって来い、オラァ!」


 アタシは、きっとあの怪物……いや、半分人の形をしてるから、怪人だな。
 怪人に、殺されるだろう。
847: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:09:59.96 ID:vkkE8umeo

「なっ!? お前!?」


 プリン頭が、驚いた顔でこっちを見てきやがる。
 んな暇があったら、テメエもさっさと逃げろってんだよ。
 まとめて殺される理由なんてねえんだ。
 ビビって逃げらんねえって訳でも無いだろうが。


「アイツは、アタシを狙ってる」


 アイツの細められた目は、楽しそうに笑ってる証拠だ。
 ヤロウ、やっぱり笑ってやがったな。
 ふざけんじゃねえ。
 アタシは、特攻隊長――向井拓海だぞ。


「テメエは逃げろ」


 ライオンの怪人から、目を逸らさずに言った。
 目を逸らした瞬間、アイツは襲いかかってくるだろう。
 何が目的か、全部はわからねえ。
 アタシをやった後……チームの皆を襲わないとも限らねえからな。


「ケツは、アタシが持つ」


 特攻隊長がケツ持ちたぁ、何とも締まらねえな、オイ。


「ふっ……ざけんなよ!」
「!? オイ!」


 プリン頭が叫び声を上げ、アタシの特攻服の袖を掴んだ。
 完全に、予想外の行動。
 この馬鹿は、アタシをこの場から連れ出そうとしやがったんだ。
 そのせいで――



「GUUURUOOOOOOOOAAAA!!」



 ――ライオンの怪人の標的が、アタシから移った。
 無防備に背を向けて、走り出そうとしてる……プリン頭に。


「やめ――」


 止めようと思って声を上げた所で、それは何の壁にもなりやしねえ。
 迫りくる巨体も、鋭い爪も、牙も、何一つ止められねえ。
 ライオンの怪人が右腕を振り下ろすのが、やけにゆっくるに感じる。


 やられる。


 そう、思った時――



『ぴにゃぴっぴ』



 ――そんな、低い、間抜けな鳴き声と共に現れた巨大な黒い塊が、



「GUUUURRROOOOOO!?」



 ライオンの怪人を撥ね飛ばした。
848: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 22:46:39.87 ID:vkkE8umeo

「なっ、何だ!? 何が……」
「早く!」


 強引に腕を引かれ、確認する暇を与えられなかった。
 チラリと見えたが、あの黒い塊は――バイクだった。
 けど、誰も乗っちゃ居なかった。
 誰も乗ってないバイクが……まるで、意志があるみてえに、アタシ達を助けた。


「っ!?」
「うおっ!? オイ、何で急に……」


 立ち止まってんだ、って言葉を飲み込んだ。
 プリン頭が立ち止まった理由が、わかっちまったからよ。
 そいつは、すげえ単純な理由。



「……」



 アタシ達の正面から、一人の野郎が歩いてきたからだ。
 でかくて、無表情で、スーツ姿。
 淀みなく、何の躊躇いもなく、こっちに来やがる。
 特攻服を着た、アタシらに向かって。


「……」


 普通だったら、避けるような格好をしてるのはわかってんだぜ。
 だってのに、あの野郎は、真っ直ぐに。


「っ……!」


 さっきの怪人を見てなきゃ、当たり前に喧嘩を売ってたかもしれねえ。
 ……だけどよ、なんつーか、空気がちげえんだ。


 でなきゃ、こんなにヒリついた感じはしねえ。



「――失礼」



 低い、低い声。
 周りには、誰も居ねえ。
 明らかに、アタシらに向かって放たれた言葉。
 それを聞いて、アタシもプリン頭も身構えた。


「っ……!」
「……」


 そんな、身構えたアタシ達の横を野郎は通り過ぎて行った。
 まるで、何事も無かったみてえに。
 ……って!


「まっ、待てよ! オイ!」


 そっちには……怪人が居んだよ!
849: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:06:47.70 ID:vkkE8umeo

「すみません。急いでいるので……」


 男は、チラッとだけこちらを振り返ってそう言うと、
また、ライオンの怪人が居る方へ歩き出した。
 普段だったら、アタシから逃げたと思う所だ。
 でもよ、あれは……そうじゃねえ。


「オイ! もう放っとけって! でなきゃ――」


 プリン頭が、アタシの袖を引いた。
 その時、



「GUUUURRRUOOOOOOO!!」



 聞きたくなかった咆哮が、聞こえやがった。
 アタシの視線の先。
 スーツ姿の野郎の向こうから、ライオンの怪人が走ってきてやがる。
 ……だってのに、


「……」


 あの野郎、ボサッと突っ立ってやがる!
 明らかにヤベエ状況だってのに、どうして何の反応もしねえんだよ!



『ぴにゃ~』



 さっきも聞いた、低い、間抜けな鳴き声。
 鳴き声と共に、巨大な黒いバイクが姿を現した。
 最初の時に比べて、その鳴き声は申し訳なさそうだ。



「ピニャコラッター、彼女達を安全な所へ」



 ぴ、ぴにゃこらったー?


『ぴにゃぴっぴ!』


 任せろと言わんばかりの、気合の入った鳴き声。
 巨大な黒いバイクは、アタシ達の前にピタリと停車し、


『ぴにゃ~』


 また、一声鳴いた。


「の……乗れっつってんのか……?」
『ぴにゃっ!』


 ……オイオイ、マジかよ。
850: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:29:16.49 ID:vkkE8umeo

「で、でけえな、オイ……」


 プリン頭が、おずおずと車体に跨った。
 あまりにもでかい車体に、乗るってーか、載せられてやがる。
 いや、まあ……今の場合、その方が合ってんだろうけどよ。


「ホラ! お前も!」
『ぴにゃ~』


 差し出された、手。
 乗れという、鳴き声。



「……アタシは良い、行け」



 ……だけどよ、しょうがねえだろ。



「GUUUUURROOOOOOOOO!!」



 見たくなっちまってんだ。



「……」



 ライオンの怪人の前に立ちはだかる、あの野郎が何をするのか。


「行けっ!」


 それに、人に言われた通りに行動するなんて、まっぴらゴメンだ。
 んな器用な真似が出来るんだったら、ヤンキーなんてやっちゃいねえ。
 胸の奥で燻ってる、何か。
 その何かが、叫んでんだよ!


 ここが、気合の入れ所だってな!


「……お前、とんでもねえ馬鹿だな」


 プリン頭が、信じられないという顔をした。


「うるせえ、ブッ殺すぞ」


 わかってんだよ、んな事ぁよ。
851: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/20(土) 23:59:02.54 ID:vkkE8umeo

「GUUURRRRR……!!」


 ライオンの怪人が、唸り声を上げている。
 怪人と、アタシの丁度中間の位置に立つ野郎は、
右手を首筋にやって、少しだけ背を丸めた。
 ……んだよ、文句あんなら口で言え、口で!


「仕方……ありませんね」


 野郎は、上着のボタンをプチリプチリと外し、上着を翻し言った。
 振り返った腰元には、大きな銀色のベルトが輝いていた。


「貴女のお名前を聞いても、よろしいですか?」


 そう言いながら、右のポケットからスマートフォンを取り出した。
 それ……この状況で聞くことか?
 だけど、まあ……聞かれたからには、


「特攻隊長――向井拓海だよ!」


 ビシッと、笑って答えねえとな!
 ハッ! んだよ、その顔?
 怪人には驚かねえのに、目を丸くしやがって!


「……良い、笑顔です」


 野郎はそう言うと、スマートフォンのホームボタンを素早く三回押し、画面を起動。
 流れるように、暗証番号を画面を見ずに打ち込んでいった。


 ――3――4――6!


『LIVE――』


 スマートフォンから、女の声が聞こえた。
 そして、野郎はそれを銀色のベルトにかざし、



「変身ッ!」



 そう、言った。


『――START!』


 野郎の体を光が包み込んでいく。



「GUURRRROOOOOOO!!」



 ライオンの怪人が、その光に飛びかかった。
 圧倒的な力で振り下ろされただろう右腕は――


「……お待たせしました」


 ――黒い、鋼鉄の手で受け止められていた。
858: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 03:39:57.98 ID:4eXdRCL1o

「……」


 さっきまでは、普通のスーツ姿だった。
 今の野郎は、スーツみてえな色合いの鎧に全身を覆われてやがる。
 黒を基調とした鎧には白い箇所もあって、胸元にはピンクとブルー、イエローの宝石が。
 フルフェイスの頭は、さっきの黒いバイクに似ていた。


「GUUURRRRR……!?」
「……」


 腰を入れてもねえ、ただ、手を上げてるだけ。
 だってのに、ライオンの怪人の腕を掴んで離さず、微塵も動かない。


「GURUUUOOOAAA!!」


 ライオンの怪人が、左腕を振りかぶった――が、


「――企画!」


 それよりも早く、野郎のピンク色の光を纏った右の拳が、
軌跡を描きながらライオンの怪人の腹にぶち込まれた。


「GUUUUUOOO……!?」


『Cute!!』


 腹パンに、ライオンの怪人の体が折れ曲がった。
 無防備になったライオンの怪人の頭に、


「――検討中です!」


 ブルーの光を纏った右足による、ハイキック。


『CooL!!』


 綺麗に決まったそれは、ライオンの怪人の体を吹き飛ばした。
 離れた、距離。
 野郎は、一瞬でその距離を詰め、


「……!」


 再び襲いかかろうと、鋭い牙が並ぶ巨大な口を開けていたライオン怪人の、
その、口の中に左手を差し入れた。


「せめて!」


 イエローの光が、ライオンの怪人の後頭部を貫いて溢れ出した。


『Passioooooooon!!』


 ライオンの怪人の巨体が、光の粒子になって消えていく。


「……名刺だけでも」


『LIVE SUCCESS!!』


 空に登っていく光の粒子を見ながら、アタシは思った。
 やっぱ、気合の入れ所だってのは間違いじゃなかった、ってよ。
854: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 01:04:51.94 ID:4eXdRCL1o

「……」


 パキン、と音を立てて、野郎の纏っていた鎧が光の粒子になり、消えた。
 外れていたスーツの上着のボタンを留めるその姿は、
さっきまでの戦いが無かったかのように、落ち着いていやがる。
 野郎は、身だしなみを整えると、アタシに向かって歩いてきた。


「向井、拓海さん……でしたか」


 でけえ。
 目の前に立たれると、身長差で見上げる形になっちまう。
 でもよ、そんなのはゴメンだ。
 顎を引いて、腕を組み、気合を入れて両脚を伸ばして、立つ。


「あぁ、そうだよ」


 さっきのヤツは、何だ?
 テメエは、何者だ?
 全部、聞かせてくれんだろうな。
 じゃなきゃ、承知しねえぞ、オラ!


「私は……こういう者です」


 野郎は、胸ポケットから小さなケースを取り出すと、
中から一枚の紙を抜き取って、両手でそれを差し出してきた。
 ……んだよ、コレ?
 それを右手でむしり取り、見る。


「……名刺?」


 346プロダクション?
 プロデューサー?



「向井さん。貴女は、今、楽しいですか?」



 低い声で、そんな事を言われた。
 楽しくは……無い。
 でも、だから何だってんだよ?
 テメエには、関係ねえだろうが。



「アイドルに、興味はありませんか?」



 ……は? オイ、今何つった?
 ……アイドル?


「っ!?」


 手元の名刺を確認すると、書いてありやがった。
 アイドル事業部……ってお前、まさか!


「アタシをスカウトしてんのか!?」


 何なんだ……何なんだよ、この馬鹿野郎は!


https://www.youtube.com/watch?v=nwdaxlsUPds






おわり
856: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 01:08:55.67 ID:4eXdRCL1o
『炎の華』がカッコイイから書きたくなっただけでした
寝ます
おやすみなさい
861: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 10:25:48.09 ID:w6fZsL7Q0
サンド伊達ちゃんのゼロカロリー論を説くかな子をください!
864: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:33:09.32 ID:4eXdRCL1o
>>861
書きます


武内P「ゼロカロリー論、ですか」
865: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:35:30.30 ID:4eXdRCL1o
かな子「はい♪」ニコニコ!

武内P「それが、何か?」

かな子「私、ゼロカロリー論を知って感動したんです!」ニコニコ!

武内P「あの、何故?」

かな子「えっ? だって、ゼロカロリー論だと――」


かな子「ゼロカロリーだから、食べ放題ですよね♪」ニコニコ!


武内P「……」

武内P「三村さん?」
866: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:38:16.65 ID:4eXdRCL1o
かな子「本当に、世界が広がりました!」ニコニコ!

武内P「あの、三村さん」

かな子「もっと早く、この理論を知っていればなぁ~!」ニコニコ!

武内P「待ってください」

かな子「でも! これからは安心してください♪」ニコニコ!


かな子「ゼロカロリー論で大丈夫です♪」ニコニコ!


武内P「……」

武内P「三村さん」
867: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:41:57.59 ID:4eXdRCL1o
かな子「うふふっ、遠慮なくお菓子を作っちゃいますよ♪」ニコニコ!

武内P「ゼロカロリー論と言うのは、ですね」

かな子「あっ! 皆にも、教えてあげないと!」ニコニコ!

武内P「三村さん」

かな子「それで、皆で事務所でお茶会をするんです♪」ニコニコ!


かな子「お菓子たっぷりの……ふふっ! 幸せな毎日です♪」ニコニコ!


武内P「……」

武内P「……三村さん」
868: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:45:51.82 ID:4eXdRCL1o
かな子「プロデューサーさん、甘い物は大丈夫ですよね?」ニコニコ!

武内P「三村さん、待ってください」

かな子「明日はケーキにしちゃおっと!」ニコニコ!

武内P「三村さん」

かな子「生クリームたっぷりの、あま~いケーキ♪」ニコニコ!


かな子「一人ずつに、ワンホールで!」ニコニコ!


武内P「……」
869: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:49:01.52 ID:4eXdRCL1o
武内P「三村さん」

かな子「生クリームは、北海道産のを使うのがポイントです♪」ニコニコ!

武内P「本当は、わかっているのでしょう?」

かな子「北海道の雄大な大地に、カロリーが還っていくんです♪」ニコニコ!

武内P「三村さん」


武内P「ゼロカロリー論は、幻です」


かな子「……」

かな子「プロデューサーさん?」
870: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 19:54:09.54 ID:4eXdRCL1o
武内P「ドーナツ等の、中心が空洞の食べ物は――」

かな子「ゼロカロリーです!」

武内P「カロリーは、中心に集まる性質がある、でしたか」

かな子「だから、ゼロカロリー! 形も、ゼロを表してます!」

武内P「……」


武内P「それは、間違いです」


かな子「!?」

かなこ「プロデューサーさん!?」
871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:00:25.22 ID:4eXdRCL1o
武内P「ドーナツ化現象をご存知ですか?」

かな子「! それは……素敵な響きですね?」

武内P「夜間は、都市郊外や衛星都市の人口が増加」

武内P「結果的に、中心部に空洞が発生するという都市現象です」

かな子「えっと……つまり?」


武内P「夜に食べるドーナツは、物凄く太ります」


かな子「!?」

かな子「プロデューサーさん!?」
872: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:04:06.24 ID:4eXdRCL1o
かな子「待って……待ってください……!」

武内P「昨晩、ドーナツをいくつ食べましたか?」

かな子「三個! 三個です!」

武内P「本当の事を仰ってください」

かな子「三個! 三個です!」


武内P「三個と三個で、合計六個ということですね?」


かな子「……」

かなこ「美味しかったですよ?」
873: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:08:04.84 ID:4eXdRCL1o
かな子「でも、理論的に考えてください」

武内P「三村さん」

かな子「ドーナツ化現象とドーナツに、関連性はありません」

武内P「三村さん」

かな子「ううん、もしも関係してるとしたら――」


かな子「ドーナツ化現象の、中心の空洞部分」

かな子「そこは、ゼロカロリー地帯です」

かな子「つまり、そこでは何を食べてもゼロカロリーです」


武内P「……」
874: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:12:06.98 ID:4eXdRCL1o
武内P「では、都市中心ではカロリーを摂取出来ないのでしょうか?」

かな子「そんな事はないですよ、大丈夫です」

武内P「はい、当然ですね」

かな子「ただ、本気を出せばゼロカロリーです」


かな子「私、本気です」

かな子「だから、ゼロカロリーです♪」ニコッ!


武内P「……」

武内P「……三村さん」
875: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:17:32.30 ID:4eXdRCL1o
武内P「こちらに、体重計があります」

かな子「はい♪」ニコニコ!

武内P「はい、ではなく」

かな子「いいえ?」ニコニコ!

武内P「違います」


武内P「こちらの体重計に、乗って頂けますか?」


かな子「!?」

かな子「プロデューサーさん!?」
876: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:21:05.43 ID:4eXdRCL1o
かな子「体重計に乗せて、何をするつもりですか?」

武内P「体重を量ります」

かな子「? 体重を……えっ? 何がですか?」

武内P「三村さん、体重計に乗ってください」

かな子「? カロリーは、ゼロですよ?」


武内P「量るのは、貴女の体重です」


かな子「!?」

かな子「プロデューサーさん!?」 
877: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:24:19.19 ID:4eXdRCL1o
かな子「どうして、私の体重を量るんですか?」

武内P「説明が、必要ですか?」

かな子「すみません、マシュマロを食べても?」

武内P「何故ですか?」

かな子「ちょっと、理解が追いつかなくて……」


かな子「マシュマロは、白いからカロリーは白紙」

かな子「それに、美味しいから大丈夫です」


武内P「……」

武内P「三村さん」
878: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:29:58.62 ID:4eXdRCL1o
武内P「体重計に、乗ってください」

かな子「ゼロカロリーです」

武内P「三村さん、体重計に、乗ってください」

かな子「美味しいから大丈夫です」

武内P「三村さん」


武内P「本当に、そう思っていますか?」


かな子「……」

かな子「プロデューサーさん」
879: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:34:21.01 ID:4eXdRCL1o
かな子「私だって、わかってるんです」

武内P「そう、ですか」

かな子「レッスン前の更衣室で、ですね」

武内P「……」

かな子「皆が、『マジで?』って顔で私を見たんです」


かな子「それで、私は悲しくなりました」

かな子「だから、お菓子を食べて嬉しくなれば――」

かな子「――打ち消し合って、カロリーゼロですね?」


武内P「……」

武内P「三村さん?」
880: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:37:57.25 ID:4eXdRCL1o
かな子「確かに、ゼロカロリー論は幻かも知れません」

武内P「間違いなく、幻です」

かな子「でも、私はアイドルなんです」

武内P「三村さん?」


かな子「ファンの皆さんに、幻想的で幸せな世界を見て貰いたい」

かな子「そう思うのって、いけない事でしょうか?」

かな子「ゼロカロリー論で、更に、美味しいから大丈夫」

かな子「それじゃ、駄目なんでしょうか?」


武内P「……」

武内P「駄目です」
881: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:43:40.05 ID:4eXdRCL1o
かな子「甘いものを食べて、美味しいと思った……幸せな気持ち」

武内P「……確かに、貴女が甘い物を食べている時の表情」

武内P「それは、とても幸せそうです」


かな子「その幸せな気持ちにカロリーを乗せて、ファンの人たちへ届ける」


武内P「待ってください」


かな子「それが――私の、ゼロカロリー論です」ニコッ!


武内P「三村さん」

武内P「……良い、迷惑です」
882: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:52:09.03 ID:4eXdRCL1o
  ・  ・  ・

かな子「――どうしたんですか?」

かな子「また、呼び出しだなんて……」

武内P「三村さん」

武内P「ゼロカロリー論を広めましたね?」

かな子「今日は、チョコチップスコーンを焼いてきました♪」


武内P「私に、苦情が届いています」


かな子「スコーンは、体重がスコーンと落ちるのが語源です」

かな子「だから、ゼロカロリー」

かな子「むしろ、痩せすぎ注意の食べ物です」
883: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 20:56:29.58 ID:4eXdRCL1o
武内P「担当アイドルの体重が増えた、と」

武内P「どうしてくれるんだ、と」

武内P「……そう、苦情が届いています」

かな子「怒ってましたか?」

武内P「どう、思われますか?」


かな子「怒ってたなら……大丈夫ですね♪」ニコッ!


武内P「……」

武内P「三村さん?」
884: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:04:23.14 ID:4eXdRCL1o
かな子「怒ると疲れるのは、カロリーを消費するからです」

かな子「そんな、カロリーを消費する程の、熱意」

かな子「その熱意が、担当アイドルに向いていれば」

かな子「すぐにカロリーは消費されて、体重も減ります♪」ニコッ!


武内P「なるほど」

武内P「怒りの矛先が私だからいけないのだ、と」

武内P「だから、私の体重が減っていくのだ、と」

武内P「……そういう訳ですか」


かな子「……」

かな子「プロデューサーさん?」
885: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 21:11:36.26 ID:4eXdRCL1o
かな子「体重、減ってるんですか?」

武内P「はい」

かな子「ずるくないですか?」

武内P「いいえ」


かな子「ゼロカロリー論は幻だって……!」

かな子「……そう、言ったのに!」

かな子「あっ……このクッキー、美味しい~♪」ニコニコ!


武内P「ゼロカロリー論が、本当ならば」

武内P「貴女は、今、物凄い勢いでカロリーを消費している筈です」

武内P「それこそ……ガリッガリになってしまう程」


かな子「美味しいから大丈夫です♪」ニコッ!




おわり
887: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/21(日) 23:25:58.67 ID:jW1F5RIU0
心肺蘇生法を行う武内Pとそれを見て勘違いするアイドルをお願いします!
890: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 12:59:15.86 ID:3HMiyVtS0
>>887から思わず熊本弁を捨てる蘭子もお願いします
892: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:13:56.88 ID:QGHjuQ5Eo
>>887>>890
先に書きます


武内P「心肺蘇生法……?」
893: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:17:05.44 ID:QGHjuQ5Eo
部長「ああ、そうだ」

武内P「それを習得する必要がある、と?」

部長「勿論だ」

まゆP「部長、なんでいきなりそんな話になったんです?」


部長「これは、重役会議で決まった事だからね」


武内P・まゆP「重役会議で……?」
894: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:19:06.67 ID:QGHjuQ5Eo
部長「だから君達には、心肺蘇生法を習得して貰う」

部長「まさかとは思うが、異論はあるまいね?」

武内P「何故、その様な決定が?」

まゆP「プロデューサーの業務とは、ちょいとばかし違うんじゃないですか?」

部長「……ふむ」


部長「では、説明しよう」


武内P・まゆP「はい」
895: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:22:24.14 ID:QGHjuQ5Eo
部長「芸能界は、波乱に満ちている」

部長「アイドル達が、いつ何時、その波に飲まれてもおかしくはない」

部長「……そして、呼吸を止めてしまう事も有り得る」

部長「そんな時に、我々には何が出来る?」

部長「……そう」


部長「――心肺蘇生法だ」


武内P・まゆP「……」
896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:26:02.18 ID:QGHjuQ5Eo
まゆP「……いやいやいや、えっ? はい?」

まゆP「やだなぁ、部長! 本題の前の小粋なジョークですか?」

武内P「ですが……心肺蘇生法というのは、ですね」

武内P「人工呼吸も、含まれるのでは?」

まゆP「おいおい、乗るな乗るな! 話が長くなっちゃうでしょうが!」


部長「――ああ、その通りだ」


武内P「っ……しかし、それは……!」


まゆP「……」

まゆP「えっ?」
897: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:31:38.95 ID:QGHjuQ5Eo
まゆP「おい、待てって。何、ちょっと、ええっ?」

まゆP「どうして普通に話が進んじゃってるわけ?」

まゆP「お前、アレだよ? 上司の冗談に付き合いすぎるのも考えものだよ?」

まゆP「付き合うなら、専務のポエムだけにしとけってマジで」


部長「――別室に、研修用の人形がある」

部長「……着いてきたまえ」


武内P「……!」

武内P「……わかり、ました」


まゆP「ちょっとォォォォォ!?」

まゆP「……わかり、ました」

まゆP「じゃねえだろ! 何がわかったってんだよ、ええ!?」
898: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:35:50.50 ID:QGHjuQ5Eo
  ・  ・  ・

部長「――あれが、今回用意した人形だ」

武内P・まゆP「……」


蘭子「……」

まゆ「……」


まゆP「……部長?」

武内P「あの……」


部長「あれが! 今回用意した! 人形だ!」


武内P・まゆP「……!?」
899: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:40:12.40 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「待ってください!」

まゆP「そうですよ! あんなん、どう見たって!」

武内P「研修用の人形に、どれだけの予算を!?」

まゆP「そうじゃねえだろ!? よく見てみろよ、アレをよぉ!」


蘭子「……」

まゆ「……」


武内P「……良い、出来です」

まゆP「何言ってんの!?」

まゆP「どっからどう見ても本物だろうが!」

まゆP「何だお前、スタドリでもキメてんのか!?」
900: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:47:44.06 ID:QGHjuQ5Eo
まゆP「部長! こりゃ、一体どういう事ですか!?」

部長「私にも、家族が居る……わかるね?」

まゆP「わかるかーい! 何、家族を人質にでも取られてるですか!?」

まゆP「……おい、何しれっと寝転がってんだ!」

まゆP「オイ、お前らも何か言え!」


蘭子「……う、うーん……うーん……!」

まゆ「苦しーい……死にそうですぅ……!」


武内P「っ!? 喋る機能まで!?」

まゆP「ぶっとばすぞ!?」
901: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 20:54:42.48 ID:QGHjuQ5Eo
部長「人工呼吸のやり方は、わかるね?」

武内P「それは……はい、知識だけですが」

まゆP「部長、洒落になりませんよ!?」

まゆP「アイドルと、プロデューサーですよ!?」

部長「君は、何を言っているのかね?」


部長「人間と、人形だよ」

部長「……そういう訳だから、なっ?」


武内P「はあ……?」

まゆP「お前、今度何かあっても絶対助けねえからな」
902: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:00:47.28 ID:QGHjuQ5Eo
部長「まずは、気道確保だ」

部長「額に手を当て、反対の手の人差し指と中指を下顎に」

部長「下顎を引き上げるようにし、頭部を後方に傾けなさい」


武内P「――こう、ですか」

クイッ

蘭子「ふぁ……あ、顎クイ……!///」ボソッ!


まゆP「こうですね」

ガシィッ!

まゆ「!?……!……!」ジタバタ!


部長「君! アイアンクローは!」

部長「女の子……の、人形にアイアンクローはやめなさい!」
903: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:06:41.38 ID:QGHjuQ5Eo
部長「きっ、気道の確保は出来たね!?」


武内P「はい」

蘭子「……///」ドキドキ!


まゆP「うい~す」

まゆ「っ……!っ……!」ジンジン!


部長「頼むよ? 良いね? 本当に、頼むよ?」

部長「君達のとった行動が、一つの命を救うんだ」

部長「その事を理解して……くれるね? くれるよね?」


武内P「はい、勿論です」

まゆP「そりゃまた、一体誰の命なんすかねぇ~?」
904: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:12:45.16 ID:QGHjuQ5Eo
部長「そうしたら、鼻をつまんで、空気が漏れないようにする」


武内P「わかりました」

きゅむ

蘭子「んむっ!///」


まゆP「部長、質問があります」

まゆP「空気が漏れないようにするだけで良いんですよね?」

まゆP「なら、鼻の穴に指を突っ込んでも問題ないですよね?」


まゆ「!?」


部長「!?」


武内P「!? 今、鼻をつまんだ時に、声が!」


まゆP「お前ちょっと黙っててくんない!?」
905: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:25:42.85 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「……この人形は、まさか本物では!?」

武内P「神崎さんに似せて作られた、精巧な人形ではなく……」

武内P「本物の、神崎さんでは!?」

まゆP「よっし! この流れ! この流れだよ!」

まゆP「良いよー! 大事にしていこう、はい、もう一本!」


蘭子「我は、堕天使の魂を宿す人形」

蘭子「真なる姿、力の解放には未だ至っていない」

蘭子「偽りのこの身なれど、我は求める」

蘭子「命の錬成、蘇りの秘法を!」


武内P「っ!?……本当に、良い出来ですね」

まゆP「俺の話聞いてた!?」
906: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:32:55.93 ID:QGHjuQ5Eo
まゆP「……ああもう! 部長!」

部長「何だね?」

まゆP「人工呼吸も大事ですけどね、あっちが先じゃないですか?」

武内P「あっち、とは?」

まゆP「そりゃお前、決まってんだろ。心肺蘇生法なめてんの?」

まゆP「人工呼吸の前にやる事っつったら、アレしかねえだろ」


まゆP「――心臓マッサージだよ」


蘭子・まゆ「……」

蘭子・まゆ「!?」
907: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:39:04.60 ID:QGHjuQ5Eo
蘭子「そ、それは……///」ボソッ

まゆ「む、胸を……///」ボソッ

蘭子・まゆ「……!///」モジモジ!


武内P「……確かに、彼の言う通りです」

部長「う、うむ……まあ、そうだね」

まゆP「まあ、適切な心臓マッサージは……」

武内P「ええ」


武内P「肋骨を骨折する可能性もある、と」

武内P「……そう、聞いています」


蘭子・まゆ「……」

蘭子・まゆ「!?」
908: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:46:28.08 ID:QGHjuQ5Eo
まゆP「だけど、命にゃあ代えられねえ……だろ?」

武内P「はい、その通りです」


武内P「肋骨が折れても、笑顔は出来ます」


蘭子・まゆ「……!?」

蘭子「……!……!」ソギャンコトイワレテモ!

まゆ「……!……!」ムリデスヨゥ!


部長「ま、待ちたまえ! 落ち着きなさい!」


まゆP「馬鹿野郎、人形が相手なんだ」

まゆP「むしろ、折ってやる、位じゃねえと練習にならねえさ」


蘭子・まゆ「……!?」
909: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 21:55:25.95 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「確か……胸が、最低5センチは沈むように押す、と」


蘭子・まゆ「……」

蘭子・まゆ「ごっ……!?」


まゆP「一分間で、大体100~120回のテンポだってな」

武内P「では、練習ですので120回にしましょう」


蘭子「……!……!」ムリッチャモン! ムリ!

まゆ「……!……!」シンジャイマス!


部長「……」

部長「確実性を上げるため、10センチで200回いっておこうか」


蘭子・まゆ「!?」
910: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:02:31.91 ID:QGHjuQ5Eo
部長「私にも家族がある……わかるね?」

武内P「はあ……?」

まゆP「わかります」


蘭子・まゆ「……!?」

蘭子・まゆ(こ、殺される……!?)


武内P「――それでは」

まゆP「――やるか」

部長「少し、懲らしめてやりなさい」


蘭子・まゆ「……!」
911: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:10:23.21 ID:QGHjuQ5Eo
蘭子・まゆ「あっ……あっ……!?」


武内P・まゆP「……」

カツン、カツン…


蘭子・まゆ「あっ……!」

蘭子・まゆ「――ふうっ」

…カクンッ

蘭子・まゆ「」


武内P「気を失った……ようですね」

まゆP「……何でえ、やっぱり気付いてたんじゃねえか」
913: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:16:05.98 ID:QGHjuQ5Eo
部長「これで、今回は一見落着かな」

武内P「いえ、ですが……」

まゆP「このまま、放っておくわけにもいきませんから」


武内P・まゆP「心肺蘇生法の、最初の手順」

武内P「反応があるか――」

まゆP「――確認しないと」


蘭子・まゆ「」


武内P「――神崎さん! 神崎さん!」

まゆP「――起きろ! おーい!」


蘭子・まゆ「……」

蘭子・まゆ「っ!? こ……殺さないで!」



おわり
891: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 16:06:20.23 ID:BXmzxgE9o
アイドルをGoogleレンズで見てみたら見てはいけない情報が見えてしまった武内Pお願いします


914: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:46:11.65 ID:QGHjuQ5Eo
>>891
書きます


武内P「Googleレンズ、ですか」
915: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:49:02.65 ID:QGHjuQ5Eo
未央「そうそう! 起動して、対象に向けてから――」


藍子「えっ、私?」


未央「――画面をタップ!」


『高森藍子』


未央「おー! あーちゃんは、名前が出るね!」

武内P「……はあ」


藍子「ふふっ、なんだかちょっと嬉しいかも」ニコッ!
916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:51:47.57 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「それが、一体……?」

未央「えっ、凄くない?」

未央「画面を更にタップすると、詳細情報が――」


サイズ:74
カップ:AAA
感度:B
形:B
柔らかさ:D
色:B
成長性:E


武内P・未央「!?」


藍子「えっ、何々? どうしたの?」
917: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:55:13.26 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「ほっ……本田さん……?」

未央「違う違う! 変な仕込みなんてしてないって!」

武内P「で、ですが……!?」

未央「待ってよ、これ……ちょっと……!」


藍子「? どんな情報が出たの?」


武内P・未央「……」

武内P・未央「何も!?」
918: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 22:58:46.84 ID:QGHjuQ5Eo
未央「ぷっ、プロフィール! プロフィールだよ!」

武内P「はっ、はい! 公式サイトの、プロフィール画面が!」

未央「えっ!? 公式なの!?」

武内P「違います、本田さん!」

未央「……あっ、そういう事ね!? うん、公式だね!?」


藍子「そういえば、公式にどんな事書いてたっけ」


武内P・未央「……!?」
919: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:01:30.60 ID:QGHjuQ5Eo
藍子「ちょっと、私も見せて貰って良い?」


武内P・未央「……」


サイズ:74
カップ:AAA
感度:B
形:B
柔らかさ:D
色:B
成長性:E


武内P「いえ! その必要は、無いと思います!」

未央「うんうん! うん! 見るまでも無いって!」


藍子「……?」
920: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:05:20.51 ID:QGHjuQ5Eo
藍子「なんだか、二人共様子が……」


未央「ちょっと待って! これから、大事な打ち合わせが!」

武内P「申し訳ありません! すぐに、済みますので!」


藍子「は……はい」


未央「……まずいよまずいよまずいってぇ!」ボソボソ!

武内P「何故……何故、あんな情報が……!?」ボソボソ!

未央「他の項目は兎も角! 最後!」ボソボソ!

武内P「『成長性:E』……つまり、完成しているという事……!」ボソボソ!


藍子「……?」
921: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:09:30.06 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「――すみません!」

武内P「確認のための資料を取りに行ってきます!」

未央「――あっ、私も行くよ!」

未央「歩きながらでも、打ち合わせは出来るしね!」


藍子「あっ、それじゃあ私も――」


武内P・未央「行ってきます!」

ガチャッ! バタンッ!


藍子「い……行ってらっしゃい……?」
922: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:16:16.13 ID:QGHjuQ5Eo
  ・  ・  ・

未央「――どうしよう!? ねえ、プロデューサー!」

武内P「本田さん! まずは、冷静に!」

未央「『成長性:E』って……あんまりすぎるよ!」

武内P「待ってください!」


武内P「情報が、間違っている可能性も!」


未央「!」

未央「確かに!」
923: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:20:52.62 ID:QGHjuQ5Eo
未央「ちょっ、ちょっと! ちょっと試しに!」

武内P「ほ、本田さん?」

未央「私を画面に入れて、タップして……タップ!」


サイズ:84
カップ:D
感度:C
形:A
柔らかさ:D
色:B
成長性:A


武内P・未央「……」


未央「どう反応したら良いかわかんないよ!」

武内P「私に……私に言われても!」
924: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:28:12.45 ID:QGHjuQ5Eo
未央「上2つは良いよ、合ってるもん!」

未央「カップは、メーカーによる!」

未央「でも、『感度:C』と『柔らかさ:D』って何!?」


武内P「私に……私に聞かれても!」


未央「あっ! 張り!? 張りがあるってこと!?」

未央「それに、『成長性:A』だから……感度も上がるってこと!?」


武内P「本田さん、待ってください!」

武内P「私に聞かれても! 赤裸々に、言われましても!」
925: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:36:57.18 ID:QGHjuQ5Eo
  ・  ・  ・

武内P「……落ち着かれましたか?」

未央「…………すみませんでした///」

武内P「いえ、お気になさらず……」

未央「とっとと、とにかく!/// 当たってるっぽくない!?///」

武内P「いえ……それは、まだ判断するには早いかと」


未央「『形:A』の『成長性:A』だよ?」

未央「当たってた方が……嬉しいんだけど」


武内P「……」
926: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:45:27.43 ID:QGHjuQ5Eo
武内P「いえ、まだ本田さんと高森さんだけしか……」

未央「他に、もっと誰か……」



部長「~♪」



未央「……あっ、部長さんだ」

未央「――てりゃっ」

武内P「!?」

武内P「あの……本田さん!?」

未央「まあまあ! まあまあ!」

武内P「……!?」
927: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:50:01.57 ID:QGHjuQ5Eo
未央「試しに! 試しに、ねっ?」

武内P「いえ、ですが……!」

未央「どれどれ~?」


サイズ:90
カップ:AA
感度:A
形:A
柔らかさ:C
色:A
成長性:E


未央「何か凄いんだけど!?」

武内P「待ってください!」

武内P「その、不要な情報を……待ってください!」
929: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/22(月) 23:54:37.23 ID:QGHjuQ5Eo
未央「『柔らかさ:C』なのは、男の人だから良いよ!?」

未央「でも、見て! ほらココ! プロデューサー!」

武内P「結構ですから! あの、本当に!」

未央「『色:A』って、どういう事!? 乳首ピンクって事!?」

未央「感度も形もAだし!」

未央「ねえ! 私のおっぱい、なんか負けてない!?」

武内P「お願いします! 聞かせないでください!」
930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 00:03:06.48 ID:735jcq23o
未央「色……色って、どうすれば良い!?」

未央「成長したら……下がったりしない!?」

武内P「本田さん、落ち着いてください!」

未央「……あっ、ご……ごめん」

武内P「……」

未央「でも……これ、当たってるっぽいよね」



藍子「何が当たってるの?」



武内P・未央「!?」
931: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 00:07:22.02 ID:735jcq23o
未央「あ……あーちゃん……!?」

武内P「ど……どうして、此処に……!?」


藍子「戻ってこないから、探しに来たんです」ニコッ!


武内P・未央「……!」ホッ

未央「さっきの話、聞かれて……」ヒソヒソ

武内P「……いなかったようですね」ヒソヒソ


藍子「未央ちゃんのおっぱい、負けてるの?」ニコ~ッ


武内P・未央「!?」
932: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 00:16:10.62 ID:735jcq23o
武内P「そ……それは、ですね!?」

未央「上には上が居るなー、ってだけの話でね!?」

藍子「うん、そうだよね♪」


藍子「Googleレンズで、詳細が表示されるもんね?」


武内P・未央「……」


藍子「……」


武内P・未央・藍子「……」
933: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 00:24:58.16 ID:735jcq23o
武内P「ですが……正確でない可能性も、十分にあります」

未央「うっ、うん! 気にすること無いって!」


藍子「……」

スッ…


サイズ:74
カップ:AAA
感度:B
形:B
柔らかさ:D
色:B
成長性:E


藍子「うふふっ、私……気にしてるなんて言ってないよ?」ニコ~ッ


武内P・未央「……」
934: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 00:36:43.32 ID:735jcq23o
藍子「『成長性:E』だって、うふふっ♪」ニコ~ッ


未央「な、何か……何かフォローを!」

武内P「い……良い、笑顔です」

未央「そうかなぁ!?」


藍子「――成長したら、Eカップになるかも知れないって事よね?」

藍子「だったら、ちょっと位硬くても……ふふふふっ!」ニコニコッ!


武内P・未央「!」
935: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 00:45:14.08 ID:735jcq23o
  ・  ・  ・

未央「――いやー! 本当、どうなる事かと!」

武内P「あの表示も、されなくなりましたね」

未央「……本当、何だったんだろうね」

未央「今、こうやってプロデューサーをやってみてもさ」


武内P「……」


未央「おっぱいの詳細は表示――」

未央「――されて……無い……け、ど……」


武内P「……本田さん?」


未央「……あぅあ///」


武内P「あ、あのっ、本田さん!?」

武内P「今度は、何が表示されているのですか!?」




おわり
947: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 21:49:18.05 ID:735jcq23o

「……」


 皆の――アイドルの子達の私物が置かれていた、この部屋。
 シンデレラプロジェクトの、プロジェクトルーム――だった場所。
 今では、もうすっかり片付けがされていて、机やソファーには白いシートが。
 ついこの間まで、此処には笑顔が溢れていたのが、まるで嘘のみたい。


「……」


 けれど、それは本当のこと。
 シンデレラの――夢のような物語。
 女の子達は、お姫様になり、そして……羽ばたいて行った。
 それがとっても嬉しくて、ほんのちょっぴりだけ、寂しい。


「……」


 壁にかけられたホワイトボードは、そのまま残してあった。
 それには、一緒に歩んできた事への感謝。
 そして、未来への想いが、カラフルに、個性的に綴られている。
 名前が書かれていなくても、誰が書いたかわかっちゃう程に、ね。


「……っとと、いけないいけない」


 思い出に浸っている暇は無い。
 だって、思い出話ばっかりしてたら、すぐに時間が過ぎちゃいますから。
 私達は、これからも見守っていくんですもの。
 成長していく、アイドルの子達の姿を。


「……」


 半分地下の、専務――あの時は常務だった――に言われて移動になった、この部屋。
 上階の、設備も新しく、綺麗だった最初のルームと比べると、やっぱりグレードは落ちる。
 でも、私はこの部屋が気に入っていた。
 だって、この部屋はプロデューサーさん専用のルームが無いから。


「……」


 電気を消して、ドアノブに手をかけながら、もう一度部屋を見渡す。
 薄暗く、陽の光もあまり差し込まない、追いやられた場所。
 私だって、最初はムッとしましたよ?
 ダンボールに入った資料も散乱してて、ひどい有様だったんですから!


「……」


 それをプロジェクトの皆で片付けて、掃除して。
 めげずに、前向きに。
 トラブルもあったけど、一丸となって乗り越え、やり遂げた。


 プロデューサーさんとメンバーの14人は。
 シンデレラプロジェクトを成功させたのだ。


「……」


 ドアを閉め、鍵をかけた。
949: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:20:32.71 ID:735jcq23o
  ・  ・  ・

「――千川さん」


 廊下を歩いて居ると、前から、よく知った人が。
 背が高くて、声が低くて、真面目で。
 無表情……とは言わないまでも、感情をあまり表に出さなくて。
 不器用だったのが、ほんの少しだけ器用になった、


「プロデューサーさん」


 元、シンデレラプロジェクトの、プロデューサーさん。
 アイドルのプロデュースは続けているから、
こう呼ぶのは、別に不自然な事じゃない。
 それに、今更名前で呼ぶのも、気恥ずかしいものがある。


「あの部屋、少し掃除すれば大丈夫ですよ」


 ニコリと笑いかけながら、確認してきた事を報告する。
 それを聞いて、プロデューサーさんは右手を首筋にやった。
 ほんの少しだけ下がった眉尻と、ほんの少しだけ上がった口角。
 この人の笑顔は、とても優しい。


「そう……ですか」


 その様子が、おかしくって。
 込み上がってくる笑いを左の手の平で隠しつつ、
右の手を上げ、人差し指をピンと立てて、


「ふふっ、先回りです♪」


 してやったり、という表情でプロデューサーさんの顔を見上げた。
 本当の所は、偶然なんですけどね。
 それでも、先んじて行動出来たという事は、喜ばしい。
 だって、アシスタントとして優秀に感じるでしょう?


「一緒に確認を……と」


 そう、思っていたのですが……なんて。
 プロデューサーさんは、右手を首筋にやったまま、言った。
 この人の中では、そういう予定でいたらしい。


 ……もう、それならそうと、先に言っておいてください。


「……」


 プロデューサーさんにクルリと背を向ける。
 そのまま、努めて冷静な口調で、言う。


「ほらっ、行きましょう、プロデューサーさんっ」


 ……つもりだったのに、声が少し跳ねてしまった。
 今の私の表情と心情が、伝わってしまったかと思う程度には。
950: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 22:47:09.30 ID:735jcq23o
  ・  ・  ・

「……それで、どちらにするつもりですか?」


 346プロダクションの敷地内にあるカフェの端のテーブル。
 正面に座るプロデューサーさんに、質問を投げかけた。
 どちら、というのは、ルームの事。


 シンデレラプロジェクトの――二期。


 その、二期生のためのプロジェクトルームをどこにするかの選択肢。


「正直、迷っています」


 あまりにも素直なその答えに、少し意表をつかれた。
 前までなら、「迷っている」とは言わず、「検討中」と答えていたから。
 驚きが顔に出てしまったのか、プロデューサーさんと目が合い、止まる。
 そして、数秒間の沈黙の後、



「千川さんは、どちらが良いと思いますか?」



 私に、意見を求めてきた。
 これまでも、事務的な事で意見を求められる場面は、何度もあった。
 けれど、今回の質問は……かなり、重要なもの。


 一年間に渡るプロジェクトの活動場所。


 それをどこで過ごしたいか、聞かれている。


「えっ、と……」


 さすがに、言い淀んだ。
 私は、あくまでもアシスタントだ。
 プロデューサーさんのお仕事をサポートするのが役割であり、
私の意見が直接アイドルの子達に関わってくるとなると、範疇を越えている。


「あくまでも、参考までに……ですので」


 なんて言ってるけど、わかってしまう。
 この人は、私の意見を重要視する……してくれる。


「……」


 だから、考える。
 考えて、考えて、考えて、考えて――結果、



「上階の、一期生の子達が、最初に使っていたルームです」



 そう、答えた。
951: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/23(火) 23:32:52.55 ID:735jcq23o

「……」


 ほんの少しだけ渇いた喉を潤すため、紅茶を一口。
 音を立てないよう、カップをソーサーにそっと置いた。
 紅茶はあまり詳しくないけれど、ここの紅茶は美味しい。
 今後のために、少し勉強してみようかしら。


「私、あのルームも好きなんですけど」


 一拍置き、


「でも、二期生の子達がそう思ってくれるかは……」


 正直、自信がない。
 過ぎ去った時間は、記憶を美化してしまう。
 思い出があるから、あそこは、かけがえの無い場所に感じられるのだ。
 だけど、やっぱり、


「客観的に見たら、広くて綺麗な方が良いんじゃないかな、って」


 ルームを主に使用するのは、二期生の子達。
 私の――私達の思いは、関係が無い。
 だったら、より良い環境を提供するのが、望ましい。
 346プロは――大手プロダクションなんだから。


「……」


 それに、本人には言えないですけど……プロデューサーさん、顔、怖いですから。
 プロジェクト始動時の親密度が低い状態だと、
アイドルの子達もきっと萎縮しちゃうと思うんですよね。
 勿論、私はそんな事ありませんけど。


「ありがとうございます。大変、参考になりました」


 ……ほら、やっぱり!
 気軽に答えちゃ、駄目な質問だったじゃないですか!


「はい、それなら良かったです」


 多分だけど、プロデューサーさんも私と同じ結論だったんだと思うんです。
 それを決定事項と判断するだけの材料が足りなかったんですよね?
 だから、私に――アシスタントに、意見を求めた。
 ですよね、プロデューサーさん?


「ええ、貴女の意見は重要ですから」


 ――アイドルの方達は女性なので、貴女の考えも聞きたかった。
 ――それに、これからも一緒に成長を見守っていくのだから。
 ――私一人で決めるのは、正しいとは思えなかった。


「……」


 ……なんて、そんな事を真剣にプロデューサーさんは語り出した。
 ピカピカに磨かれたカフェの窓ガラスには、
思わず頬を赤く染めた、アシスタントらしからぬ笑顔が映っていた。



 この時の会話があらぬ誤解を招き、その日の午後は仕事にならなかった。
 魔法使いさんも、誤解を解く魔法は使えないらしい。



おわり
962: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/24(水) 20:28:03.15 ID:+i1+XKxAO
正直ジョジョとのクロスを見てみたいような気もする
チープトリックとかしたしぶりん
968: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 18:43:12.39 ID:sRjUcr26o
>>962
書きます


凛「ちゃんと見ててよ」
969: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 18:44:59.13 ID:sRjUcr26o
凛「ねっ!」

ガシィ!

武内P「しっ……渋谷さんッ!?」


凛「目を離したら、承知しないから」

凛「ねっ!」

ガシィ!


武内P「待ってくださいッ!」

武内P「背中にしがみつきながら言われてもッ!?」
970: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 18:48:28.74 ID:sRjUcr26o
凛「ふ――~~んんん~~ッ?」

凛「私が、背中にしがみついちゃあ駄目って事?」

ガシィ!

武内P「その通りですッ!」

凛「……それじゃあさ」


凛「おんぶして」

凛「ねっ!」

ガシィ!


武内P「駄目に決まってるじゃあないですかッ!?」
971: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 18:53:41.47 ID:sRjUcr26o
武内P「渋谷さんッ! 何かあったのでしょうか!?」

凛「何か? 何かって、何?」

凛「何か無かったら、しがみついちゃあ駄目って事?」

武内P「きっと、何か理由がある筈ですッ!」


凛「……無い、って言ったら?」


…ドド…


武内P「……えっ?」


ドドドド


凛「特に理由が無いって言ったら……どうする?」


ドドドドドドドドドド


武内P「……今……今、何と……!?」
972: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 18:59:18.41 ID:sRjUcr26o
凛「……」

ガシィ!

武内P「そんな……そんな馬鹿なッ!?」

武内P「正直に、理由を仰ってくださいッ!」

凛「それじゃあさ……代わりに――」


凛「おんぶして」

凛「ねっ!」

ガシィ!


武内P「理由を話す代わりに、おんぶ……!?」

武内P(渋谷さんは、何を仰っているのだ……!?)

武内P(どう考えても、交換条件としてはこちらが不利!)

武内P(……だと言うのに……!)


凛「ねっ!」

ガシィ!


武内P(まるで、平等であるかのように平然としているッ!)

武内P(むしろ、譲ってあげてるじゃあないのと言わんばかりにだッ!)
973: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:05:34.09 ID:sRjUcr26o
武内P「わ……わかりました……!」

凛「何がわかったって?」

武内P「おんぶ……させていただきます……!」

凛「ふ――~~ううううん?」

ガシィ!


凛「言っておくけど、私を騙そうとしたら承知しないから」

凛「そうだね……もしも、おんぶせずに逃げたら――」


武内P「に……逃げたら……!?」


凛「プロデューサーの名前を呼びながら、全裸でジョギングする」

ズギャァァァンン!


武内P「……!?」

武内P(し……渋谷さんは、本当にやるッ!)

武内P(恥も外聞も……未来さえも賭けている凄みがあるッ!)
974: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:14:12.54 ID:sRjUcr26o
凛「良い……?」

凛「優しく、花を慈しむようにおんぶして」

凛「ねっ!」

ガシィ!

武内P「は……はい……!」


凛「――行くよ」

凛「蒼い風が、駆け抜けるようにッ!」

ピョインッ!


武内P「……!」


凛「ふうううウウウンンン!」

シャカシャカシャカ!

……ストンッ

凛「手ッ!! 手で足を掴まないと、おんぶにならないでしょォォォォ!?」


武内P「すみません! すみません、渋谷さんッ!」
976: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:21:29.32 ID:sRjUcr26o
凛「ふざけないでよッ!?」

凛「アンタ、おんぶって知らないの!? ねえッ!?」

凛「おんぶって言うのは!」

凛「アンタの手が、私の足を掴むのッ! わかるッ!?」

凛「こう、ガシィッと! ガシィッとさああ~~~ッ!?」

ガシィ!

武内P「は……花を慈しむようにと言われたので……!」

武内P「か……勝手がわからず……すみませんッ!」


凛「良い!? ちゃんとおんぶして」

凛「ねっ!」

ガシィ!


武内P「は……はい……!」
977: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:27:12.26 ID:sRjUcr26o
凛「――行くよッ!」

凛「蒼い風が、駆け抜けるようにッ!」

ピョインッ!


武内P「くっ……!」

ガシィッ!


凛「! やったッ! おんぶッ!!」

ガシィ!

凛「目を離したら、承知しないから」

凛「ねっ!」

ガシィィ!


武内P「っ……!」
978: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:37:29.74 ID:sRjUcr26o
武内P「……し……渋谷さんッ!」

武内P「これで、理由を教えて頂けるのですよね……!?」

凛「ンンン~~ッ! プロデューサー?」

凛「プロデュゥゥゥサァァァ――~~ッ?」

武内P「なッ……何でしょうか……!?」


凛「おんぶをしたらさあ~~」

凛「……おぶっている相手に対してッ!」

凛「優しい言葉ってものをかけるべきじゃあないのッ!?」


武内P「やっ……優しい言葉ッ!?」

武内P(む……無理矢理! 無理矢理に、おんぶさせておいてッ!?)

武内P(そんな相手に、優しい言葉をかけろとッ!?)
979: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:46:48.90 ID:sRjUcr26o
武内P「そ……そう、言われましても……!」

凛「優しい言葉ッ! あるでしょーッ!」

凛「アンタッ! 私のプロデューサーでしょ――ッ!?」

武内P「くっ…………い、良い!」


武内P「良い、笑顔ですッ!」


凛「……」

シィ――ン


武内P「なっ……!?」

武内P(今のでは駄目だとッ!?)

武内P(その沈黙は! 何もおっしゃらないと言う事は!)

武内P(納得していただけないと言う事ですかッ!?)
980: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 19:52:01.73 ID:sRjUcr26o
コンコンッ!


武内P「!」

武内P「し……渋谷さんッ」ボソボソッ

武内P「誰か来たようですので、降りてくださいッ」ボソボソッ


凛「……どうして?」

ガシィ!


…ゴゴ…


武内P「えっ?」


ゴゴゴゴ


凛「私、まだ優しい言葉をかけて貰ってない」

凛「なのに……どうして降りなくちゃあいけないの?」

ガシィッ!


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!


武内P「……!?」
981: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:00:41.93 ID:sRjUcr26o
武内P「待ってくださいッ! 渋谷さんッ!」ボソボソッ

凛「ホラ、優しい言葉をかけてよ」

凛「ねっ!」

ガシィ!

武内P「そんな事を言っている場合では……!」ボソボソッ!



「あれェ~~? 誰も居ないのかなァ~~ッ?」

「プロデューサーさんは、此処に居るって話だったじゃあないですか」

「そうだよね、しまむー。おっかしいな~~ッ?」

ガチャガチャッ!

「……鍵がかかってますね」


武内P「……!」

武内P(早くッ!)

武内P(渋谷さんが降りるのでも! お二人が諦めるのでも!)

武内P(どちらでも良いッ! 早く、そのどちらかになってくれッ!)
982: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:08:41.27 ID:sRjUcr26o
武内P「……!」

凛「優しい言葉をかけてよ」

凛「ねっ!」

ガシィ!


「ふっふっふ……どジャアアぁぁぁ~~ン!」

「あっ、鍵! 未央ちゃん、鍵を持ってきたんですねッ!」

「しまむーと会う前にさ~~ちひろさんとも会ってたんだよね~~」

カチャカチャッ


武内P「!?」

武内P(な……何てことだッ!)

武内P(このままではマズイ! マズすぎるッ!)

武内P(この、おんぶした状態をお二人に見られてしまうッ!)


カチャッ


武内P「……!」
983: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:16:02.06 ID:sRjUcr26o
ガチャッ!


未央「オッハヨーございまァ~~すッ!」

卯月「プロデューサーさん、おはようございますッ♪」


武内P「――本田さん、島村さん」

武内P「おはよう、ございます」


未央「……なァ~んだ! 居たんじゃん!」

卯月「私達の話し声、聞こえませんでしたか?」


武内P「すみません」

武内P「先程まで、音楽データの確認をしていたので……」


未央・卯月「……成る程ォ~~!」


武内P「……」
984: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:23:49.56 ID:sRjUcr26o
未央「それだったら、声が聞こえなくてもしょうがないよねェ~~」

卯月「プロデューサーさん、お仕事お疲れ様ですッ♪」


武内P「ありがとうございます」

武内P(……危なかった)

武内P(本田さんと島村さんに気付かれる所だった)

武内P(……だがッ!)


武内P・凛「……」

バ――ン!


武内P(スーツの上着の二着目!)

武内P(渋谷さんの上から、それを更に着用する事で!)

武内P(乗り越えたッ! 二人羽織でッ!!)
985: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:31:52.01 ID:sRjUcr26o
武内P・凛「……」

武内P(幸い、渋谷さんも静かにしている……)

武内P(さすがに、お二人に知られるのは恥ずかしいのだろう)

武内P(だが……このままで居ればバレるのは時間の問題……!)

武内P(……何とか、この部屋を脱出しなくてはッ!)


武内P「……すみません」

武内P「少しだけ、席を外します」


卯月「はいっ、わかりました」

未央「行ってらっしゃ~~い」


武内P・凛「……」

武内P(背中を見られないよう……慎重に……!)

武内P(違和感を与えず、自然に移動しなければ……!)
986: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:39:46.18 ID:sRjUcr26o
武内P・凛「……」


未央「ところでさァ――ッ!」


武内P「!?」

武内P「ど……どうか……されましたか?」


未央「……何が言いたいか、わかってるんじゃあないの?」


…ズズ


武内P「な……何のこと、でしょうか……?」


未央「言ってたんだよねェ~~『先に行ってる』ってさァ~~ッ」


…ズズ…ズズズ…!


未央「来てるハズなんだよ……しぶりんが」


ズズズズズズズズズズ…!


武内P「……!」
987: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:46:57.26 ID:sRjUcr26o
卯月「……プロデューサーさん」


武内P「し……島村さん……!?」


卯月「今日の歩き方……おかしいんじゃあありませんか?」

卯月「その歩き方……まるで……」


卯月「背中を見られたくない」


卯月「……そんな、強い意志を感じますよ」


ズギャァァァン!


武内P「……!」

武内P(う……疑われている……いや、確信を持っているッ!)

武内P(本田さんと島村さんは……!)

武内P(私の背中に、渋谷さんが居ると確信を持っているッ!)
988: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 20:55:35.62 ID:sRjUcr26o
武内P「い……いえ……そんな事は、決して……!」

凛「……」

ガシィッ!


未央・卯月「……」ジィ~ッ


武内P「……!」

ドクン…ドクン…ドクン…


未央「……まっ! どこか寄り道でもしてるのかもねッ!」

卯月「はい♪ きっと、そうに違いありませんッ!」


武内P「……え、ええ……そうですね」

ドクン…ドクン…ドクン…


未央「うんうん! そう言えばさァ~~、プロデューサァ~~」

卯月「……今日は、困ってても右手を首筋にやらないんですね?」


武内P「!」

ドクンッ!!
989: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:02:45.61 ID:sRjUcr26o
未央「まるでさァ~~、右手を使えないみたいだよねェ~~ッ?」

卯月「あのクセ、やめちゃったんですか? プロデューサーさん?」


武内P「……!」

武内P(し……しまったッ!)

武内P(右手は、渋谷さんの足を掴んでいるッ!)

凛「……」


武内P「そ……それ、は……!」

武内P(一瞬だけ、手を離して首筋にやるか!?)

武内P(いいや! 渋谷さんの足がプラリとなってしまう可能性が高い!)

武内P(クッ……どうすれば!? どうすれば、誤魔化せるッ!?)


未央「ンンン~~ッ、プロデューサー?」ニコッ!

卯月「困ってるのは、否定しないんですね?」ニコッ!


武内P「!?」
990: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:10:27.05 ID:sRjUcr26o
未央「……プロデューサー」

未央「隠し事って、良くないんじゃあないかな?」


武内P「か……隠し事とは……!?」


卯月「……プロデューサーさん」

卯月「おんぶ……してるんじゃあないですか?」


武内P「お……おんぶ、ですか……!?」

武内P(このままでは……このままではッ!)


未央「見えてるんだよおォォォ~~ッ!! 首元にッ、手がッ!!」

卯月「肩の所もッ!! 不自然に盛り上がってますもんッ!!」


武内P「……」

武内P「はい」
991: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:21:59.20 ID:sRjUcr26o
  ・  ・  ・

未央・卯月「せ~~のォ~~ッ!」

…コチョコチョコチョコチョコチョッ!

凛「ふうっ、うっ、うっくくくふふふふっ!」

凛「やめっ! 本当、無理ッ! あはは無理無理無理無理ッ!」

パッ!


武内P「! やっと……やっと、離れて頂けたッ!」


ガシィ!


武内P「なっ!? まだ、諦めないと!?」


卯月「次は私をおんぶしてください」


武内P「……えっ?」

卯月「ねっ!」

ガシィ!

武内P「……!?」
992: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:30:08.83 ID:sRjUcr26o
武内P「な、何故ッ!? どうしてそうなるのですかッ!?」


未央「しぶりんだけをおんぶってのはさあ……」

未央「……贔屓、だよね?」

未央「贔屓は……良くないんじゃあない?」

未央「未央ちゃん的にはさあ、メチャ許せないんだよねェ~~」


卯月「……だから」

卯月「おんぶしてください」

卯月「ねっ!」

ガシィ!


武内P「……!」
993: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:34:51.17 ID:sRjUcr26o
卯月「――島村卯月」

卯月「頑張りますッ♪」

ピョインッ!


武内P「……」


卯月「頑張りッ、頑張ッ、頑張り頑頑頑張りッ!」

シャカシャカシャカシャカッ!

武内P「……」

ガシィッ!

卯月「! やりましたッ! おんぶですッ♪」


未央「やったね、しまむ――ッ!」


武内P「……」
994: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/25(木) 21:47:11.79 ID:sRjUcr26o
武内P「確かに……贔屓はよくありませんね」

卯月「はいッ♪」

ガシィ!


未央「次は、私をおんぶしてよ」

未央「ねっ!」


武内P「ええ……ですが、どうしたものでしょうか……」


未央「しぶりん、スタンドプレーは良くないよッ!」

凛「……まあ……確かにそうだね、ごめん」


武内P「皆さんの、奇妙な行動に巻き込まれる」

武内P「私は、そういう運命なのだ、と」

武内P「……そう、思うようになってきました」


武内P「徐々に、ですが」



おわり

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング