FC2ブログ
前スレ:

結標「小学生?」一方通行「……おォ」【前編】



351: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:09:00.37 ID:Ma+TXGl60




××月××日 水曜日

朝、テレビを見ていた打ち止めが「占いランキング一位」だとはしゃいでいた。

血液型占いなんて当てにもならないだろうに――というか妹達は全員同じだろう――、
何故そうも喜べるのか。

チラリと見ると、俺は最下位だった。

「占いなンて信用できねェよ」と言ったら、
「この間あなたが一位だったときは、占いもいいンじゃねェか? って言ってたくせに
ってミサカはミサカは呆れた目であなたを見てみたり」
と返された。

うっせェ。




352: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:09:30.93 ID:Ma+TXGl60




××月××日 木曜日

嫌な奴に会った。




353: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:11:02.41 ID:Ma+TXGl60


「第一位、久しぶりだな」

一方通行「……誰だ、オマエ」

「テメェが殺した男の顔なんて覚えてないってか?」

一方通行「オマエ……いや」

一方通行(ありえねェ、だってコイツは……)

垣根「はっ信じられないって顔だな第一位」

垣根「……俺の未元物質に常識は通用しねぇ」

垣根「アレイスターの糞野郎が何を考えているのかは知らねぇがな」

垣根「利用できるもんは利用する」

垣根「つってもこの身体は、仮の入れ物みたいなもんだがな」

一方通行「……だから、その姿ってわけか」

垣根「あぁ。だから俺の本体は未だに脳味噌ケーキだ」

垣根「これは未元物質自体だと思ってもらって構わねぇ」

一方通行「なンでそこまで話す?」

垣根「テメェと争っても一銭の得にもならねぇってわかったからだ」

垣根「少なくとも今はな」

一方通行「……次またガキに手を出したら、殺す」

垣根「はっ、物騒だな」


354: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:11:46.01 ID:Ma+TXGl60


一方通行「……けど」

垣根「あぁ?」

一方通行「今はオマエのことを信じてやる」

垣根「……丸くなったな、一方通行」ボソッ

一方通行「あァ?」

垣根「いや、何でもない」

垣根(ま、こちらとしては助かるか……)

一方通行「?」

垣根「……そういえば、ここに来る前に耳にしたんだが」

一方通行「なンだ」

垣根「お前って小学生なの?」

一方通行「」

垣根「いやちょっと吃驚なんだけど」

一方通行「」


355: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:12:41.33 ID:Ma+TXGl60


垣根「つーか……実年齢と外見が伴わさすぎだろ、テメェ」

一方通行「……今のオマエに言われたくねェよクソがァ!」

垣根「あぁ? どこからどう見ても普通の美少年だろうが!」

一方通行「だから何でオマエは幼くなってンだよ?!」

垣根「さっきもそれは説明しただろうが!」

一方通行「納得したくねェンだよ!!!」

垣根「見た目は子ども、中身は大人!」

一方通行「その名も!」

垣根「超能力者帝督!」

一方通行「……やらせンな」

垣根「……お前もサンデーとか読むんだな」

垣根「俺はゲッサンの方が好きだが」

一方通行「心底どうでもいい」


356: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:13:41.73 ID:Ma+TXGl60




しかし、打ち止めと同じくらいの外見ってのはどうなンだ?
頭を叩きながらチビだと言ったら、老け顔と言い返された。
そこからはしばらく悪口の応酬となった。

チャイムの音で遅刻寸前であることに気がついた。




357: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:14:10.34 ID:Ma+TXGl60


キーンコーンカーンコーン


一方通行「……っ」チッ

垣根「おい! どこ行くんだよ!」

一方通行「オマエのせいで遅刻しそォなンだよ」カチッ

垣根「遅刻? ってどういうことだよ……っ」


ビュンッ


垣根「……」

垣根「能力使って走っていきやがった」

垣根(しかし、学校だと?)

垣根(……)チッ


358: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/25(土) 10:15:01.05 ID:Ma+TXGl60




何とか遅刻は免れた。
良かった。




368: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:21:28.46 ID:bGTzd9f20




××月××日 金曜日


学校が終わり、職員室に呼び出されたらしい上条当麻を待つことになった。
軽口を叩きながら学校を出ると、校門は先客がいた。




369: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:22:03.47 ID:bGTzd9f20


結標「一方通行、お疲れさま」

一方通行「……なンでオマエいンの?」

結標「昨日留守電に入れておいたじゃない」

一方通行「えェー……?」

結標「最近会えてないわねって入れておいたでしょ、もう」プンスカ

一方通行「なンでそれだけで来ることに繋がるンですかァ?!」

結標「べ、別に会いたくなったわけじゃないのよ?」

結標「自分の心をハッキリと確認させようって言うかね?」

結標「あなたのことが気になったとかじゃないんだから」モジモジ

一方通行「……」

一方通行(コイツこの間から意味わかンねェ)


370: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:23:16.07 ID:bGTzd9f20




ウネウネと身体を捩らせていたが、
トイレでも我慢していたのだろうか。ちょっと引いた。



371: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:23:46.52 ID:bGTzd9f20


青ピ「ナニナニ一方通行くん。その美人なお姉さんは誰やの?」

一方通行「青髪ピアス……いや、えェ……と」

一方通行(なンて言えばいいンだ?)チラッ

土御門「……あー、一方通行の下宿先の知り合いとかか?」

青ピ「そうなん?」

一方通行「……おォ」

青ピ「ふーん。アレなん? ドキッ お姉さんとの怪しい関係! みたいな?」

土御門「ぶはっ」

一方通行「はァ?!」

結標(……)ゴクリ

青ピ「一方通行くんやーらしい」ニヤニヤ

一方通行「ンなわけねェだろ!! 土御門も噴き出してンじゃねーよ!!」

土御門「いや……ホント……っくくっ」

一方通行「あァもうクソ!!」

青ピ「ホンマに?」

一方通行「ねェよ!!」


372: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:24:14.40 ID:bGTzd9f20


青ピ「ムキになるところが怪しいなぁ」ニヤニヤ

一方通行「……ッもう帰れオマエ!!」

結標「ふぇ? えっ来たばかりなのに?!」

青ピ「そやでー、一緒に帰ってあげんと」ニヤニヤ

一方通行「オマエはうるせェ!!」

土御門「……くくっ、いや、一緒に帰ってあげてもいいんじゃないか……にゃー……くっ」プルプル

一方通行「オマエはもう笑うのヤメロォ!!」

結標「焦っている一方通行可愛いわね……」ハァハァ

一方通行「だからなンなンだよオマエは!!」

青ピ「……一方通行くん、俺は年の差とか関係ないと思うで」キリッ

一方通行「はァ?! いきなりなンなンですかァ?!」

結標「むしろ年の差は必要よね」キリッ

青ピ「へぇキミ、話が合いそうやなぁ」

結標「ごめんなさい、あなたみたいな高校生はちょっと……」

一方通行「~~ッもう、俺帰るからな!!」ダッ

結標「あっちょっと待ってよ一方通行!!」タタッ


373: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:24:59.91 ID:bGTzd9f20




――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――

上条「おーい、悪い。待たせた……ってあれ? 一方通行は?」

青ピ「物凄いスピードで帰っていったで」ニヤニヤ

土御門「……ぶはっ」プルプル

上条「……何があったんだ?」



374: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/26(日) 09:25:28.92 ID:bGTzd9f20




結局家についたのは、完全下校時刻ギリギリだった。
……いつのまに自分を転移できるようになったンだアイツ。




385: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:23:27.06 ID:d8Hp2huq0




××月××日 日曜日

黄泉川と芳川は用事があるらしい。
久しぶりに惰眠を貪ろうと布団にくるまっていたところ、
打ち止めと番外個体に叩き起こされた。




386: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:24:44.87 ID:d8Hp2huq0


打ち止め「あなた起きてーってミサカはミサカはあなたにダイブ……って駄目って言われたんだった
ってミサカはミサカは自制してみる!」

番外個体「別にやっちゃっていいんじゃない? 最終信号で辛いとかさすがモヤシだよね☆」

打ち止め「この人はまだまだ成長中なんだからってミサカはミサカは尻つぼみになりながらフォローしてみたり」

番外個体「んなわけないじゃ……」

番外個体(いや待とうよミサカ)

番外個体(男子の成長期のピークは中学生から高校生……)

番外個体(……ガッシリした第一位か)

番外個体(……)

打ち止め「あれ? 突然黙っちゃってどうしたの? ってミサカはミサカは首を傾げてみる」コテン

番外個体「……」ボー

打ち止め「おーいってミサカはミサカは目の前で手のひらを振ってみたり」ヒラヒラ

番外個体「はっ!!」

打ち止め「あ、覚醒した」

番外個体「べっ別にミサカは成長した第一位を想像したとかじゃないし!!」

打ち止め「……」

番外個体「違うんだからね?!」

打ち止め「……うんそっかってミサカはミサカは番外個体から目を逸らしてみる」

打ち止め(恐るべきお姉さまDNAってミサカはミサカは末妹の行く先に不安を覚えてみたり)

番外個体「手を握ったときは華奢だったけど、成長したらもっと骨張るのかなぁとか全然考えてないから!!」

打ち止め「オーケー、とりあえず落ち着けってミサカはミサカはどんどん声が大きくなっている番外個体を落ち着かせてみる」ドウドウ





一方通行(うるせェ)


387: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:25:26.12 ID:d8Hp2huq0




二人揃って言うことときたら「遊びに連れて行け」だそうだ。
勝手に行けと言いたいところだが、
結局、二人で行かせるのは不安だったため、連れて行ってやることにした。




388: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:26:33.63 ID:d8Hp2huq0


一方通行「ンで、どこに行きたいンだよ」

打ち止め「お買いもの!! ってミサカはミサカは先制奪取してみたり」ハイ

一方通行「……番外個体は?」

番外個体「ミサカもそれでいいよ。あなたにタカるのも面白そうだしね☆」ギャハ

一方通行「わかった。じゃあ支度すンぞ」ヨイショ

番外個体(簡単に受け流されるとミサカつまんないんだけど……)ムス

打ち止め「……」ジッ

打ち止め(負の感情とか関係なしに、素直じゃないよねってミサカはミサカは不満そうな顔をしている番外個体に視線をやってみる)

打ち止め(……それはあの人もなんだけど)チラッ


ランドセル<ヘイ!


打ち止め「結局しっかり使っているんだからってミサカはミサカは芳川の顔を頭に浮かべてみたり」ボソ

一方通行「オイ、オマエらも早くしろ」

打ち止め「あっはーい! ってミサカはミサカは番外個体の手を引っ張ってみる!」グイ

番外個体「へあ?!」

打ち止め「ほら早くしないとあの人の気が変わっちゃうかもよ! ってミサカはミサカは慌ててみたり!」

番外個体「う、うん わかったよ!」


389: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:27:53.71 ID:d8Hp2huq0




セブンスミストに着くと、
わかりやすくはしゃぐ打ち止めとソワソワしながら周りを見渡す番外個体が対照的で面白かった。




390: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:29:09.14 ID:d8Hp2huq0


打ち止め「うわぁい! ってミサカはミサカは目移りしてみたり!」キラキラ

番外個体「最終信号はホントにガキだね☆ ミサカは大人だからこのぐらいではしゃいだりしないけど」ソワソワ

一方通行「……へェー」

番外個体「……言いたいことがあるなら言いなよ」

一方通行「別にィ」

打ち止め「ねぇねぇミサカあのお店見たいなってミサカはミサカはあなたの服の裾を引っ張ってみる」ワクワク

一方通行「あァ? じゃあここで見てるから行ってこい」

打ち止め「えー、あなたは?」

一方通行「……いやt」

番外個体「第一位はミサカの洋服選んでよ☆ ダサいセンスの服を笑ってあげるからさ」

打ち止め「あっずるい!! ってミサカはミサカは抜け駆けしようとしている番外個体に待ったをかけてみたり!」

番外個体「ぬっ抜け駆けって……っ別にミサカはそういうつもりじゃっ」


ギャーギャー


一方通行(他人のフリしてェ)


391: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:30:24.05 ID:d8Hp2huq0


一方通行「お、自販機」

一方通行(……ちょっとぐらい離れても大丈夫だろ)ソロ

一方通行(……)

一方通行(……ン、これしかコーヒーねェのか)

一方通行(まァいいか)


チャリン


一方通行「っと」

絹旗「ここはアイスココア超一択ですよね」ポチ


ガコン


一方通行「」

黒夜「えー、それはねぇよ。炭酸が一番うめぇって」

絹旗「自販機のアイスココアの美味しさを超舐めてませんか?」

黒夜「確かにうめぇけどさぁ」

絹旗「む、超納得していない顔ですね」

一方通行(……俺のコーヒー)


392: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:31:08.19 ID:d8Hp2huq0




コーヒーを買ったと思ったら、アイスココアだった。




393: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:32:19.06 ID:d8Hp2huq0


絹旗「それにしても一方通行、こんなところで超何をしているんですか?」

一方通行「ココアについて言うことはねェの?」

絹旗「超ごちそうさまです!」キリッ

一方通行「それもだがそうじゃねェ」

黒夜「絹旗ちゃん、私にもソレちょっとくれよ」

絹旗「ふむ……アイスココアの魅力に超惹かれましたか?」ドヤア

黒夜「……やっぱいい」

絹旗「仕方ないですね、超ちょっとだけですよ」

黒夜「へ?! ちょっ無理矢理飲ませんn」グビグビ

絹旗「一気! 一気!」ハイハイ

一方通行(うわァ)

黒夜「……っぶはっ!! ごほっごほっ」

絹旗「あ、超全部無くなっちゃいました」カラッ

黒夜「いきなり何しやがンだテメェ!!」

絹旗「ついつい飲ませてあげたい気持ちが超大きくなりすぎて……てへ☆」

黒夜「今度こそぶっ潰して……ってあれ」ゴソゴソ

絹旗「イルカなら例のごとく超お留守番です」

黒夜「」


394: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:33:38.94 ID:d8Hp2huq0


黒夜「くそぉ……毎回毎kごほっ」

一方通行「オイ大丈夫かァ?」背中サスサス

黒夜「お、おぉ」///カァア

絹旗「何超赤くなってんですか」ムッ

黒夜「な、なってねーよ!!」

黒夜「ただ男子とこういう風に接することがあんま慣れてねぇって言うか……」ゴニョゴニョ

一方通行「なンか言ったか?」

黒夜「言ってねぇ!!」

絹旗「……私は超年上趣味なので赤くなる気持ちは分かりませんけど、ふむ」

絹旗(超優良物件なのは確かですし)ジー

一方通行(なンか凄ェ見られてる)

絹旗(――アリっちゃアリですね!)キラン

絹旗(……それに超良い機会ですし、ね。よし)

黒夜(あ、嫌な予感)

絹旗「一方通行!」

一方通行「ンだよ」

黒夜「ちょ、絹旗ちゃん待てっt」


395: ◆K3L8qfcNRE 2011/06/27(月) 23:34:46.57 ID:d8Hp2huq0




絹旗「これから超デートしましょう!!」






一方通行「……はァ?」


409: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:05:32.81 ID:MFUCtR/W0


番外個体「……はぁ? なぁに言ってるのかな? このガキは」

打ち止め「……ほんと、何してるのかなあなたってミサカはミサカは腕に抱きついてみたり」ギュ

絹旗「え、超何ですかこの人達」

絹旗「っていうかガキじゃ超ありません!!」

黒夜「そ、そーだそーだ!!」

絹旗「いやあなたの超残念ボディはガキとしか……おっと」

黒夜「……」グスッ

絹旗「え、ちょ、ちょっと……超泣かないでくださいよ!」アワアワ

黒夜「……まだまだ成長期だし、気にしてねぇし」イジイジ

絹旗(思いっきり気にしてるじゃないですか!!)

絹旗「ちょ、超冗談ですってば!」

黒夜「でも胸無いのは本当だし……」グズ

絹旗(超面倒くせぇええええええ!!)

一方通行「なンだオマエらいつのまに……」

打ち止め「だって気がついたら居なくなってて、女の子に絡まれているんだもんってミサカはミサカは眉を顰めてみる」ムゥ

番外個体「……」ブッスー

一方通行「コーヒー買おうと思ったンだよ」チッ

打ち止め「それで女の子に絡まれるとかヒーローさんの体質が移ってきたってこと? 
ってミサカはミサカはヒーローさんへの対応を見直すべきかなって悩んでみる」

一方通行「何でそこで三下が出てくンだ」


410: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:06:16.30 ID:MFUCtR/W0




いつのまにか番外個体が不機嫌になっていたが、どうしたのだろうか。
女心は秋の空ってかァ?




411: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:06:49.01 ID:MFUCtR/W0


絹旗「なるほど、超事情は飲み込めました」フム

黒夜「……おう」

番外個体「じゃあミサカたちは行くから、おチビさんたちとはお別れだね☆」

絹旗「え」

黒夜「え」

番外個体「いやいや何さその意外そうな顔。もしかして一緒に行けるとでも思ってたのかな?」

絹旗「正直超思ってました」ウン

番外個体「……」ヒクッ

打ち止め「なんて真っ直ぐな瞳!! ってミサカはミサカは恐れおののいてみたり!!」オオウ

打ち止め「あと番外個体は落ち着けってミサカはミサカはクールダウンを促してみる」

黒夜「絹旗ちゃん、さすがに図々しいだろ」ヒソヒソ

絹旗「いえ、ここは押して押してが超大切なんですよ」ヒソヒソ

絹旗「というかあなたも一緒に行こうとしてたじゃないですか」ヒソヒソ

黒夜「でもあのデカパイ女何か怖ぇし」ヒソヒソ

絹旗「年増なんて超恐るに足らずですよ」ヒソヒソ

番外個体「……」ヒクヒクッ

打ち止め(やっべってミサカはミサカはどんどん眉間の皺が深くなっていく番外個体を危惧してみたり)

打ち止め(っていうかアイツらワザとだろ? 絶対ワザとだろ?)


412: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:07:26.61 ID:MFUCtR/W0


一方通行「……なァ」

打ち止め「どうしたの? ってミサカはミサカは番外個体を気にしながらも今まで若干空気気味だったあなたを見上げてみる」

一方通行「別に一緒に行けば良くねェか?」

番外個体「へ?」

打ち止め「ん?」

一方通行「いやだからァ、コイツらも一緒に行けばいいだろ」

黒夜「いいのか?」

一方通行「別に駄目な理由もないしな」

黒夜「……いやそれは」チラッ

番外個体「」

黒夜「……まぁ気付いてないならいいけどよ」

打ち止め「さすがあなたってミサカはミサカは呟いてみる」

絹旗「という訳で超お世話になりますね」ポン

番外個体「」


413: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:08:05.37 ID:MFUCtR/W0


打ち止め「まぁミサカは構わないけどねってミサカはミサカはここぞとばかりに心の広さをアピールしてみたり」

打ち止め「さっき番外個体と話合ったんだけど、
あなたにミサカたちの洋服を選んでもらいたいなってミサカはミサカはお店を指さしてみる」

打ち止め「だめ?」コテン

一方通行「いいけどよ……オマエら散々人の服バカにしてきたじゃねェか」

打ち止め「ミサカはバカにしてないもんってミサカはミサカは頬を膨らませてみたり」プクー

一方通行「……了解」

絹旗「えっ、じゃあついでに私達の服も超選んでくださいよ」

一方通行「あァ?」

絹旗「まぁ私は別にいいですが、黒夜の服とか」コレ

絹旗「正直超どうかと思うので」

絹旗「私が言っても変えてくれませんし」

黒夜「なんだよ……カッコイイじゃねぇか」コレ

一方通行「……まァガキがする格好じゃねェな」

打ち止め「あなたがそれを言っちゃう? ってミサカはミサカは呆れてみる」

一方通行「俺はいいンですゥー」

打ち止め「唇を尖らせないでってミサカはミサカは珍しいあなたをこっそり保存してみたり」

一方通行「」


414: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:08:47.17 ID:MFUCtR/W0


打ち止め「後悔するくらいならしなければいいのにってミサカはミサカは頭を押さえているあなたに肩を竦ませてみる」ヒョイ

打ち止め「あとクロヨル? の服装はあなたの趣味と似ているかも……
だからあんまり頼らない方がいいんじゃない? ってミサカはミサカは服装を見比べてみたり」

絹旗「あー……」ジー

一方通行「オイ、俺だってソイツに似合うような服装くらい選べるっつゥの」

一方通行「それに俺は似合ってるからいいンだよ」ドンッ

打ち止め(うわあ)

絹旗(うわあ)

黒夜(……おお)キラキラ

一方通行「つかオマエもソレ、年相応とは言えねェだろ」

絹旗「え? 超エロ可愛いでしょう?」

一方通行「……いや、うン。もうちょっと裾長くても良くねェか」

黒夜「やーいやーい絹旗ちゃんだって言われてんじゃねぇか」ニヤニヤ

絹旗「あなたには超言われたくないです」

黒夜「」


415: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:09:21.26 ID:MFUCtR/W0


絹旗「それにコレは見えないように超綿密に計算されているんです」フンス

打ち止め「うん、ミサカは可愛いと思うよ?」

絹旗「ふっふっふ……どうですか黒夜! これが私の超実力です!!」

黒夜「えー」

一方通行「……オイ、着たいとか言い出すなよ?」

打ち止め「えーってミサカはミサカは不満を唱えてみる」

一方通行「オマエはもうちょっと健全にだなァ」

打ち止め「むぅ。あなたはちょっと過保護すぎるかもってミサカはミサカは下唇を噛んでみたり」ギリリ

黒夜「でもコイツこの間ヒョウ柄のミニワンピ着てたし」

打ち止め「……あ。それは無いかなってミサカはミサカは許容範囲を超えたことを伝えてみる」

絹旗「超失礼ですね」

黒夜「ざまぁ」

絹旗「……」ギリギリ

黒夜「痛い痛い痛い!! 蟀谷押すなよバカ!!」ギブギブ


416: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/03(日) 13:09:49.96 ID:MFUCtR/W0


一方通行「……で、あの店でいいのか?」

打ち止め「あ、うん! ってミサカはミサカは頷いてみたり」

一方通行「オイ、番外個体はいつまで固まってンだ」

番外個体「」

絹旗「何かアレを見ると超可哀想な気もしてきますね」

黒夜「でも遠慮する気は?」

絹旗「もちろん無いですけど」

打ち止め「それはもうちょっとコソコソ話した方がいいんじゃないかなってミサカはミサカは肩を落としてみる」

一方通行「番外個体? 行くぞ」

番外個体「……」ジッ

一方通行「ン?」

番外個体「……だからあなたはモヤシなんだよバーカバーカ!!」タタタッ

一方通行「何いきなりキレてンだよ面倒くせェ……」ハァ

打ち止め「あとそっち違うってミサカはミサカは反対方向に駆けだしていく番外個体に教えてみたり」

番外個体「」コケッ

絹旗「あ、超転びました」

黒夜「豪快だな」


428: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:43:41.45 ID:k0px8K8y0




適当にいくつか服を選らンでやることになった。

打ち止めはともかく、番外個体はどうしたンだ?
気になる男でも出来たのかもしれない。
今度さりげなく聞いてやろう。




429: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:44:12.81 ID:k0px8K8y0


絹旗「……」ピト

一方通行「……冷てェ」

絹旗「さっきの超お詫びです、ありがたく受け取って下さい」

一方通行「コーヒー?」

絹旗「はい。人気ナンバーワンって超書いてありましたから、美味しいんじゃないですか?」

一方通行「……ふン。さっきのは奢ったわけじゃねェンだけどな」

絹旗「細かい男は嫌われますよ? お姉さんからの超忠告です」

一方通行「大して年変わンねェだろ」

絹旗「一年違えばその差は大きいんですよ」

一方通行「そンなもンかよ」

絹旗「超知りませんけど」

一方通行「オイ」


430: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:44:41.55 ID:k0px8K8y0




女共の試着を待っていると、いきなり頬にコーヒーを押しつけられた。
少し驚いた。




431: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:45:09.60 ID:k0px8K8y0


一方通行「で、どうしたンだよ」

絹旗「何がですか?」

一方通行「……オマエは行かなくて良かったのか?」

絹旗「別に服に超困っているわけでもありませんから」

一方通行「それならいいけどよ」

絹旗「でもま、まだまだ超時間がかかりそうですね」

一方通行「あァ?」

絹旗「女の子の試着は超長いんですよ?」

一方通行「……うげ」

絹旗「我慢して下さい」

一方通行「……面倒くせェ」

絹旗「……」

一方通行「……」

絹旗「……あと、さっきから超携帯光ってますけど、いいんですか?」

一方通行「……あー、あァ」

絹旗「そうですか……」


432: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:45:36.26 ID:k0px8K8y0


一方通行「……」

絹旗「……」

一方通行「……なァオマエさ」

絹旗「何ですか? もしかして女の子に囲まれて超調子に乗ったとかいう話ですか?」

一方通行「違ェよ!! それだけは絶対ェねェよ!!」

絹旗「むむ……こんなに超可愛い女の子に対して何てことを……はっ」ピコーン

一方通行「……ンだよ」

絹旗「ははーん? もしかして超照れ隠しですね?」ニヤニヤ

一方通行「だから違ェ!! つゥか自分で言うな!!」

絹旗「だって超事実ですし」ドヤ

一方通行(コイツスゲェ)


433: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:46:02.62 ID:k0px8K8y0


一方通行「……いや、そうじゃなくてよォ。
さっきオマエ俺が選らンだって言って黒夜の奴に服渡してたろ?」

絹旗「」ギクッ

絹旗「……き、気付いてたんですか?」

一方通行「気付かないとでも思うか」

絹旗「……すいません」

絹旗(正直超思ってました……)

一方通行「何を渡してたンだ?」

絹旗「へ?! ……い、いや別に大したものじゃ超ありませんよあはははははははは」

一方通行「もしかして変なもンを渡して俺の評価を下げようって魂胆かオマエ」

絹旗「……もとから超評価されてn」

一方通行「あァ?」ギロッ

絹旗「すみません超口が滑りました」

一方通行「……ったく、でェ? 何でだよ」

絹旗「……」

一方通行「言えない理由でもあンのか?」

絹旗「そういう、わけじゃ、超ないんですが……
一方通行には迷惑はかけないので、聞かないでくれると嬉しいです」シドロモドロ

一方通行「……わァったよ」

絹旗「……ありがとう、ございます」


434: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:46:36.16 ID:k0px8K8y0


絹旗「あ、あの! 超お礼になにかしてあげますよ!」

一方通行「いらねェ」

絹旗「えっちぃなお願いことは超駄目ですけど」

一方通行「しねェよ!!」

絹旗「赤くならないで下さいよ。本気とか超止めて下さい、超引きます」

一方通行「……クソォ」

絹旗「まぁ冗談はともかく、せっかく二人きりなんです。ここでしか超話せない話もあるでしょうし」

一方通行「……」

絹旗「……」

絹旗(超黙りやがった)

絹旗(何かあると思ったんですが……)

絹旗(まぁそんな簡単に相談してくる性格でも超ないでしょうし)

絹旗(……ふむ)

絹旗「ね、一方通行」

一方通行「ンだよ」

絹旗「あの二人って一方通行の超恋人か何かですか?」

一方通行「」


435: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:47:09.15 ID:k0px8K8y0


絹旗「あ、それだと超二股に……いやもしかして」

一方通行「ッどこを見てそう思ったンだよ?!」

絹旗「え、超姉妹丼とかじゃ」

一方通行「ねェから!! 妹だ妹!!」

絹旗「いやいや超似てませんし(笑)」

一方通行「……妹みたいなもンだ」

絹旗「……そうですか」

一方通行「……」

絹旗「で、本当は?」ズイッ

一方通行「本当も何もねェからな?!」

一方通行「あとオマエ全然知らないわけじゃねェだろうが!!」

絹旗「いやまぁそうなんですけど。でもでも、どちらかが超気になってるとか無いんですか?」

一方通行「ねェよ」

絹旗「ふぅん、そうですか……超気の毒ですね」ボソ

一方通行「はァ?」

絹旗「いえ別に」


436: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:47:39.26 ID:k0px8K8y0


一方通行「……に、見えねェか?」

絹旗「へ?」

一方通行「いや何でも……オマエらは姉妹みてェだな」

絹旗「あ、あぁ超言われます。何ででしょうね、見た目は似ていない筈なんですが」

一方通行「……雰囲気が似てるとかじゃねェのか」

絹旗「そうなんですかね……。いやでも昔は超違いましたよ? 実験の時とかは特に」

絹旗「話もしませんでしたし」

絹旗「まぁ超我関せず、と言った方が近いかもしれませんが」

絹旗「喧嘩できるようになったのも超最近ですしね……
一方通行、私は喧嘩というのは相手が好きだからするものだろうと思うんですよ」

絹旗「それこそどうでもいい相手には喧嘩なんて超しませんし、できませんし、ね」

絹旗「殺し合いは超別ですけど」

絹旗「でも好きだからこそ本気で喧嘩をするのに、それが辛いんですよね。
相手を傷つけてしまったときなんて特に。こちらが悪くても、悪くなくても」

絹旗「私も結構調子に乗りますけど、超泣かせたい訳じゃありませんし」

絹旗「……泣かせたときは、超焦ります」

絹旗「ま、良くあることですけどね」


437: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:48:20.25 ID:k0px8K8y0


一方通行「……そうか」

絹旗「っと、超語ってしまってすいません」

一方通行「いや別に構わねェ……し」

絹旗「し?」

一方通行「何でもねェ」

絹旗(全然何でも無いって感じはしませんが)

絹旗「そうですか」

絹旗(……何か、超正解を引いた気がします)

一方通行「……試着、まだ終わンねェのか」

絹旗「そういえば超遅いですね……、もうそろそろじゃないですか?」

一方通行「ン……なァそういえb「あっなたぁ~!! お待たせってミサカはミサカは飛びついてみたり!!」ドーンッ

絹旗「超吹っ飛んだ、だ……と」オオウ

打ち止め「いっけね、やりすぎちゃったってミサカはミサカはあなたの体型を考えるべきだったと反省してみる」テヘ


438: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:50:10.14 ID:k0px8K8y0




いきなり後ろから抱きついてくるのは止めて欲しい。
別に苦しいとかそういう訳じゃねェけど。




439: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:51:08.50 ID:k0px8K8y0


番外個体「あなた、おまたせ☆ どうかな? ミサカに興奮しすぎて勃っちゃったりして」ギャハ

シーン

番外個体「あれ……? 反応なし? ほ、本当に興奮しちゃったとか……?」

番外個体「べっ別にあなたに興奮されたいとかいうわけじゃないけど! 
そうだったらミサカは特別サービスとかしてあげてもいいんだよ?」ボソボソ

番外個体「だっだからってエッチなこととかはさすがのミサカでも恥ずかしいっていうか」ボソボソ

一方通行「……」

打ち止め(また末妹が暴走し始めた件について)

打ち止め「そろそろ面倒でも返事してほしいなってミサカはミサカはあなたに声をかけてみたり」オーイ

一方通行「……」

打ち止め「あ、あれあなた本当にどうしたの?」ペチペチ

一方通行「……」

打ち止め「あれ、あれーってミサカはミサカは慌ててみる」ペチペチ

絹旗「……そろそろ超どいてあげたらどうでしょうか?」

打ち止め「へ? お、おおう!? ミサカまさかずっと乗ってた? 
ってミサカはミサカはあなたの上から退きつつ、恐る恐る確認してみたり」ドイテミテ

絹旗「私の超見てる限りでは」ハイ


440: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:51:39.16 ID:k0px8K8y0


打ち止め「う、わわー……あなたごめんなさいってミサカはミサカは謝ってみる!」

一方通行「……別にィ」ハァ

打ち止め「大丈夫?」

一方通行「あァ……それより、番外個体はさっきから何ボソボソ言ってンだ? 何言ってンのか聞き取れなかったンだが」

打ち止め「え」

絹旗「何て言うか、超ご愁傷様と言うか」チラッ

番外個体「別にでもあなたがどうしてもって言うならしてあげてもいいかなぁなんて……」ボソボソ

番外個体「……え?」

一方通行「ン?」


441: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:52:09.28 ID:k0px8K8y0




結標もそうだが、
番外個体がよくわかンねェ行動ばかり取るのは何か意味があったりすンのか?

黄泉川の奴に聞いたら、
「女の子の秘密ってやつじゃん!」だと。

オマエはもう女の子って年じゃねェだろ。




442: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:52:46.17 ID:k0px8K8y0


一方通行「で、結局そのまま着替えて来たってことは、買ったのか?」

打ち止め「うん! そうだよってミサカはミサカは預かってたカードを返してみたり」ハイ

一方通行「ふゥン……俺が選ンだ服だけじゃねェか、もっと買っても良かったンだぞ?」

打ち止め「ううん、これでいいのってミサカはミサカは口元を緩ませてみる!」ニヘ

一方通行「……そォかよ」

番外個体「ちょっと、二人だけの良い雰囲気とか作らないでくれないかな」ムッ

一方通行「はァ?」

打ち止め「あ、復活したのね」

絹旗「私が超頑張ってフォローしたおかげです……何この人超面倒くさいんですけど」グッタリ

打ち止め「お、お疲れさまってミサカはミサカはキヌハタに労いの言葉をかけてみたり」

番外個体「ミサカが面倒くさいんだったらそれは全妹達もそうってことだし、ミサカの責任じゃないよね☆」

打ち止め「……」

絹旗「……」

一方通行「……」

番外個体「な、なによ……」

打ち止め「何でもないよってミサカはミサカは天使の微笑みを返してみる」ニッコリ



443: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:53:36.64 ID:k0px8K8y0


一方通行「じゃ、気がすンだンならもうイイだろ」

番外個体「え、感想とかないの?」

一方通行「はァ? 何言ってるンですか? 番外個体ちゃンはァ……可愛いとでも言われたいンですかァ?」

番外個体「は、はぁ?! そんなわけないじゃん!!」

一方通行「言えたら言ってやらねェこともねェけど?」ニヤニヤ

番外個体「……へっ?///」ボンッ

絹旗「……あの、一方通行。この人超ショートしたんですけど」

一方通行「あァ? 俺より上手に立とうなンて十年早いンだよ」ハッ

一方通行「コイツは自分からは攻めるくせに、攻められるのは慣れてねェからなァ」

一方通行「好きな奴が相手とかだとどうなンだって心配っちゃ心配だが」ウン

絹旗(これで分かってないとか超詐欺じゃないですか?)


444: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/07(木) 10:54:29.04 ID:k0px8K8y0


打ち止め「ミサカは言われたいよ!」ハイ

一方通行「え」

打ち止め「言ったら言ってくれるんじゃないの? ってミサカはミサカは詰め寄ってみたり!」ジリジリ

一方通行「いやそれは……」

打ち止め「あなたはミサカに嘘を吐くような人なの? ってミサカはミサカは涙目になってみる」ウルッ

一方通行「ちょっオマエ……っ」

打ち止め「あなた?」ウルウル

一方通行「……~~ッ///」カァア

一方通行「……に、似合ってる」フイッ

打ち止め「えへへ、ありがとってミサカはミサカはお礼を言ってみたり」

一方通行「……クソ」

絹旗(何という策士……っ)

絹旗「……あれ、そういえば黒夜はまだですか?」

打ち止め「え? さっき一緒に出てきたはずだけど……ってミサカはミサカはそういえばって不思議に思ってみる」ハテ


460: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 00:57:44.07 ID:3pnlcBhB0





黒夜「……」コソッ





461: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 00:58:40.64 ID:3pnlcBhB0


絹旗「……」

打ち止め「……」

一方通行「……」

番外個体「……」

打ち止め「……いるねってミサカはミサカは壁に隠れているクロヨルを見つけてみたり」

番外個体「あれでバレてないつもりだったら、ミサカにはバカにしか思えないんだけど」

絹旗「いえ、超やりたいことはわかるんですがね」

一方通行「オイ誰か連れて来いよ」

絹旗「……一方通行、超お願いします」

一方通行「なンでだよ?!」

番外個体「ミサカまだ0歳だし、そういう対応とかわかんないから……」

打ち止め「ミサカもってミサカはミサカは同意してみる」

一方通行「」

絹旗「とまぁ冗談は超抜きにして、ちょっと引っ張って来ますね」ハイ

一方通行「……冗談かよ」

打ち止め「うんお願いってミサカはミサカはお願いしてみたり」

番外個体「この人じゃなくていいの?」

絹旗「さっき超約束しちゃいましたし」


462: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 00:59:07.03 ID:3pnlcBhB0





黒夜(これ、スカート短ぇし……)

黒夜(恥ずかしいっていうか)

黒夜(……うぅう)

黒夜(試着の時点でアイツらがやけに褒めるから買っちまったけど)

黒夜(改めて考えると……)

黒夜(くそぉ、出て行きづれぇ)コソッ

黒夜(ん? あれ……絹旗ちゃんがいない?)

「何いつまで超隠れてんですか?」


黒夜「ひやああああああああああああああああああああああああああっ?!!!」


絹旗「……うぇ、超五月蠅いです」キーン

黒夜「なっなっ何でっいつのま、にっ」ドキドキ

絹旗「超普通に近づいてきたつもりだったんですが」

黒夜「……マジかよ」ドキドキドキ

絹旗「超マジです」


463: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 00:59:34.50 ID:3pnlcBhB0


黒夜(私どれだけ思考に没頭してたんだよ……いやでも、うぅう)カァア

絹旗「……」ジー

黒夜「な、何だよ」

絹旗「いえ、別に超何でもないですけど?」ジー

黒夜「……なら見るなよ」

絹旗「……」ジー

黒夜「……」モジモジ

絹旗「じゃ、行きましょうか」クルッ

黒夜「へ?」

絹旗「へ? って……超待たせてるんですよ?」

黒夜「あ、あぁそうだな……」

黒夜(……何を私は考えてんだ)

絹旗「超早くしてください」トテトテ

黒夜「そんな急かすことねぇだろうが」トテテ

黒夜(絹旗ちゃんこっち見ねぇし)

絹旗「……」

絹旗(……えへへ)ニヘラ


464: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:00:02.85 ID:3pnlcBhB0


打ち止め「あっ連れて来たねってミサカはミサカはあなたに報告してみたり」

一方通行「見りゃわかる……なァ、アレって」

打ち止め「可愛いよねってミサカはミサカは同意してみる」ウン

一方通行「いや可愛いとは言ってねェ」

番外個体「双子ちゃんコーデってやつ? あなたはそういうのわかんないかもしれないけど☆」

打ち止め「あれ? 双子ちゃんコーデって色が対象でも良いんだっけ?
ってミサカはミサカは少し気になってみたり」

番外個体「さぁ? どっちでもいいんじゃない?」

打ち止め「でもあの二人って色々と対照的で面白いね
ってミサカはミサカは近づいてくるクロヨルとキヌハタを見ながら話してみる」

番外個体「対照的? ……あぁ髪とか?」

打ち止め「それもあるけど、いろいろかなってミサカはミサカは言外に含めてみたり」

一方通行(……)

番外個体「で、第一位はじーっくり見つめちゃって何なのかな?」ムス

番外個体「発情とかしてんの? キモイんだけど。ぎゃは☆」

一方通行(……なるほどなァ)

番外個体「……スルーとか止めてくれないかな」


465: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:00:29.69 ID:3pnlcBhB0




本当に素直じゃねェ。




466: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:00:59.90 ID:3pnlcBhB0


絹旗「で、この後って超どうするつもりだったんですか?」

打ち止め「え、えっとー……」チラ

番外個体「ミサカたちはこのまま家に帰る予定だったんだけどね」チラ

一方通行「あァ? 帰ンねェのか?」

絹旗「超つまんないです。せっかくなんだからもっと遊びましょうよ」

打ち止め「ミ、ミサカももうちょっと遊びたいかなってミサカはミサカは挙手……してみたり」ハイ

一方通行「もう暗いだろォが」

打ち止め「う、うー……」

番外個体「別にミサカは帰っても第一位に奢らせる機会なんてざらにあるから困らないけどね」

絹旗「その優越感たっぷりの表情とか超ムカつくんですが」

番外個体「あなたに劣等感があるからそう見えるんじゃなくてぇ?」ニヤニヤ

絹旗「……くっ」

絹旗「黒夜も黙ってないで超何か言ってやってください!!」

黒夜「……」

絹旗「……黒夜?」

黒夜「お、おい一方通行!」

一方通行「あァ?」

黒夜「あ、あのさ……メアド交換しねぇか?」

一方通行「……はァ?」

番外個体「はぁ?!」


467: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:01:26.42 ID:3pnlcBhB0


黒夜「そうすればホラ今日じゃなくても遊べるっていうか、今日みたいな偶然なんてそうねぇだろうし!
……別に遊びたいわけじゃねぇし。……駄目ならいいんだけど、よ」

一方通行「……」

黒夜「……」

番外個体「……」

打ち止め「あなた」

一方通行「……別にいいけどよ」ゴソ

黒夜「……お、おぉ!」パァ

絹旗「わ、私も超お願いします一方通行!」

一方通行「……オマエもかよ」

絹旗「こんな可愛い子のアドレスがゲットできるんですよ? 超ありがたく思って下さい」フンス

一方通行「ハイハイ」


ピピピ

<トウロクサレマシタ


黒夜「へへ」ニヘ

絹旗「……一方通行」

一方通行「なンだよ」

絹旗「ありがとうございました」

一方通行「あァ……?」

絹旗「じゃ、じゃあ私たちはそろそろ超帰りますね!!」

打ち止め「また遊ぼうねーってミサカはミサカは手を振ってみる!!」バイバイ

絹旗「はい! ほら行きますよ黒夜!」タタッ

黒夜「お、おぉ。またな!」タタタッ

一方通行「……また、なァ」






打ち止め「偉かったね、番外個体ってミサカはミサカはあの人に隠れて耳打ちしてみたり」コソッ

番外個体「別にぃ」フン


468: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:01:54.89 ID:3pnlcBhB0




夕食の後、絹旗の奴からメールが着た。




469: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:02:32.45 ID:3pnlcBhB0


  ――――――――――――――
  From:絹旗最愛
  Sub:こんばんは

  さっそくですが超メールさせてもらいました!
  今日は超楽しかったです。
  コーヒーの感想教えて下さいね!
  







  あと、その、
  ……黒夜と、仲良くしてもらってありがとうございます。
  私には暗部とはいえアイテムがありましたけど、
  黒夜はそういう存在が超ありませんでしたから。
  
  これからも、仲良くしてもらえると超嬉しいです。

  なんて!
  一方通行相手だと超真面目に話してしまいますね。
  
  じゃあまた遊びましょうね!
  今度は一方通行から誘ってもらえると超嬉しいです!


  絹旗最愛

  ――――――――――――――


470: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/09(土) 01:03:16.47 ID:3pnlcBhB0


一方通行「ふン……」パタン

黄泉川「何ニヤニヤしてるじゃん一方通行」

芳川「突っ込んじゃ駄目よ愛穂……思春期の男の子が携帯でニヤニヤするようなものなんて決まってるでしょ?」

黄泉川「……エロサイトは大人になってからじゃないと許さないじゃんよ?」

一方通行「見てねェよ!!」

番外個体「エロサイトととかマジキモいんだけど☆ 童貞臭ハンパ無いよね。あひゃひゃ」

黄泉川(この年で童貞じゃなかったら逆に心配じゃん……)

一方通行「だから見てねェって言ってンだろォが!!」ウガア

番外個体「で、でもミサカが? モヤシにご教授してやっても? いいっていうか?」

一方通行「オマエは話を聞け!!」

打ち止め「……って間にミサカはミサカはあなたの携帯を取ってみたり!」ジャーン

一方通行「は? オイ、ガキ待て!!」

打ち止め「だが待たん! ってミサカはミサカはあなたの携帯を拝見してみー……」ピタッ

芳川「え? 本当にエロサイトだったりしたの?」

一方通行「……」

打ち止め「ねぇ、あなた……今日遊んでいた時間よねコレ。ってミサカはミサカは確認してみたり」

番外個体「え? どういうこと?」ノゾキ

番外個体「」



打ち止め「結標って人から30件以上メールが着てるんだけど……」


491: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:38:01.39 ID:MtW3W+u80




××月××日 水曜日




492: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:38:28.21 ID:MtW3W+u80


美味いから、と薦められていたのを思い出し、
全国的有名チェーンであるファーストフード店で一服をつく。

客が多いのは考え物だが、
なかなか、このインスタントのチープさも良いかもしれない。

そう頭の隅で考えつつ、
絶対素直にお礼を言ってやるものかと同時に思う。

素直ではない、というのは一体誰の言葉だったか。

ふわりと上がった湯気が、顔に掛かる。


(……あとちょっと、か)


コップの中に残ったコーヒーを一瞥し、また読み途中の本に目線を戻した。

艶やかな黒髪が特徴的な同級生。
彼女にこれを渡されたとき、
一体何のことだかと目を白黒とさせたのは失敗だった。

揶揄されるのは、苦手だ。
言葉が上手く出てこない。
恥ずかしい。否定。気まずい。否定。
感情がごちゃまぜになり、喉を通り越して心の臓に熱が溜まってしまう。

けれど満更でもない、と思えるのは、自分が変わったせいだろうか。


493: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:39:02.06 ID:MtW3W+u80


(魔法少女、ねェ……)


普段読まないような書物に目を通すのは、存外興味深い。

中学生二年生、というと自分よりも年上の――、あァそうか。
一方通行は深い因縁のある少女の顔を思い浮かべた。
自分とは正反対の、光の道を真正面から歩いていくような彼女のことを。


(しっかし……普通、もう少し怪しむもンじゃねェの?)


うまい話には裏がある。
There's no such thing as a free lunch.

世界共通の認識だ。

しかし、それでも。
縋り付きたい現実があることを彼は知っている。


(……はァ)


もう一口飲もうと、言葉の羅列に目を通しながらも目の前のコップに手を伸ばす。

スカッ

と、伸ばした手は目的を達せず、虚しく空を切った。


「は……?」

「一人寂しくコーヒーブレイクってか? 第一位」


494: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:39:32.81 ID:MtW3W+u80


小さな手に包まれたコップ。
子ども特有の高い声。


「オマエ……」


「はっ、まぁこんな美少年が目の前に現れたんじゃ驚くのもムリもねぇけどな」


顔をあげた先に、彼はいた。

少年はにやりと口元を歪めると、明るい茶髪を掻き上げる。
Tシャツにハーフパンツという、外見相応だろう服装にはやけに似合わない。

吐きかけた息を、飲み込む。
太陽に雲がかかったのだろうか。二人の合間に、影が、落ちた。

数秒間の空白。

視線がぶつかる。

一方通行はパタンという音と共に本を閉じた。
目蓋を閉じ、そしてまたゆっくりと開く。


495: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:40:16.72 ID:MtW3W+u80




「……どちら様でしたっけェ?」




496: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:40:46.72 ID:MtW3W+u80


垣根「何でだよ!!?」

垣根「今のは宿命のライバル登場みてぇなノリだろうが?!」

一方通行「いや俺オマエみてェなガキ知らねェし」

垣根「この前会って説明しただろ?!」

一方通行「えー……?」

垣根「え、冗談だよな?」

一方通行「……」

垣根「な、なぁオイ一方通行?」

一方通行「……冗談に決まってンだろ」

垣根「な、何だよそういう冗談言うなよ!!」パァア

一方通行「悪かった。あの、えっと……加藤くン?」

垣根「全然違ぇええええええええ!! やっぱり覚えてないだろ?!」

一方通行「ごめン」

垣根「謝んなよ!! 余計惨めじゃねぇか!!」


497: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:42:45.38 ID:MtW3W+u80


垣根「クソ……いつのまにか暗部は解体されてて行き場はねぇし」ブツブツ

垣根「心理定規のところに行っても『私ショタコンじゃないから』って追い出されるし」ブツブツ

垣根「挙げ句の果てにはこれだよ!!」

一方通行「どれだよ」





垣根「……まぁいい。今日はテメェに言いたいことがあったんだ」

一方通行「あァ?」

垣根「ちょっと言いづらいんだけどな……」

一方通行「勿体振ンな死ね」

垣根「何でそんな辛辣なの? ねぇ何で?」

一方通行「殺し合った相手に辛辣にならねェ方が可笑しいだろ」

垣根「いやそうだけどよ」

一方通行「わかったならいいンだよ」フン

垣根「……スマン」

垣根「ってテメェ覚えてんじゃねぇかよ!!」

一方通行「なンだなンだよなンですかァ? 学園都市第一位の頭脳を舐めてンですかァ?」

垣根「え、今の俺のせいじゃなくね?」

一方通行「……チッ。早く話せ」

垣根「お、おぉ……」エー?


498: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:43:29.40 ID:MtW3W+u80


「いや何て言うかよ」
「テメェ今学校に通ってるらしいじゃねぇか」


トン、と指をテーブルの上に落とす。
いつのまにか戻されていたコップがコトリと揺れた。


「……ン」


一方通行は相手の意図を伺いつつも、小さく首を縦に下ろす。
真っ白の髪が、赤い目を覆い隠した。

――少年は、笑う。

人の不安を掻き立てるような、
人の悪意を煽るような、
人を馬鹿にするかのような、

幼い顔には不釣り合いな表情を浮かべながら。


「天下の第一位がお友達に囲まれて青春してますーってか?」


ヒクリと顔の筋肉が引き攣ったのがわかった。
伏せられたままの頭に視線を感じる。

睫毛が影を落とした。


「ンだよ、喧嘩売ってンのか?」

「いやいや、そういうわけじゃねぇよ」


肩を竦める姿が、まるで映画に出てくる子役のようで。
一方通行は無意識に、ギリと歯を強くかみ締めていた。


499: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:43:58.80 ID:MtW3W+u80


慌てたように取り繕う様子も、
何も自分を優位に立たせてくれるものにはならなかった。

言葉が喉に引っかかったかのように出てこない。
先ほどまでの空気が嘘のように重い。

五月蠅いと感じていた客の声も、どこか遠くの出来事のように聞こえる。

乗り出した拍子に椅子が床を引きずった。
キィィと、嫌な音が耳を攻める。


「ただ、な……。楽しいか? 第一位」

「……どォいう意味だ」

「言い方を変える。テメェは楽しんでいいとでも思ってんのか?」


強い風が吹き、太陽は更に自分の身を隠した。
影が大きく広がる。


「それ……は」

「今までやってきたことはガキの頃の過ちでしたーってか?」
「ハッ!! 良いご身分だな」
「許されると思ってんなら、それは勘違いだ」
「過去にやってきたことは、どんなに上書きしても消せるもんじゃねぇんだよ」





「……わかってンだよ、ンなこたァ」


500: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:44:28.88 ID:MtW3W+u80


「なら、良いんだけどな」


一転。
垣根は表情を弛め、乗り出していた身体を椅子に体重を預けた。


「で、聞きたいことはそれだけかァ?」

「いや?もう一つ」


その言葉に再び肩に力が入る。
心なしか背筋が伸びたように感じた。

嫌な予感は、終わらない。


「……重要なことか?」

「少なくとも、俺にとってはな」


どこまでが本当なのか。
どこまでが嘘なのか。

それこそまさに本人のみぞ知る、だ。

主導権は未だ垣根に奪われたままである。
そのことが一方通行を落ち着かせない。


「そォかよ……話せ」

「言われなくても話すっつーの」
「……テメェがそう思っているってんなら話は早ぇ」


息を呑む。
ゴクリと、唾を飲み込む音がやけに響いたように感じた。

ざあぁ、と木々が揺れる音と共に太陽が姿を現す。
光が影を射した。

垣根は一方通行の目を見据え、薄い唇を開く。


501: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/11(月) 23:45:14.65 ID:MtW3W+u80




「俺も青春したい」

「……あァ?」




523: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:04:28.14 ID:+Ukv5UiQ0


一方通行「あー……ごめン。何て言った?」

垣根「青春したい」

一方通行「……」

垣根「せっかくほら、俺こんな姿だしよ」

一方通行「……青春をやり直すってことかァ?」

垣根「うん」コクン

一方通行「可愛くねェからヤメロ」

垣根「テメェに言われたくねぇよ」ハッ

一方通行「……」キヅツイタ

垣根「いや、ほら」

垣根「だって俺も昔から実験ばっかだし?」

垣根「第一位だけ狡くね?」

一方通行(そォ言われると……あー)

一方通行「……オマエと俺の、ほら、違いだろ。そこは」

垣根「……」


524: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:05:25.81 ID:+Ukv5UiQ0


一方通行「……」

垣根「俺も青春したい」

一方通行「いや何回も言わなくても聞こえてるンで」

垣根「青春したい」

一方通行「いや本当にいらないンで」

一方通行「つゥかどこが重要な話だよ?!」

垣根「俺にとっては、って言っただろ……なぁ、それ何だよ」

一方通行「ン……? あァー……クラスの奴から借りた本」

垣根「……女か」

一方通行「なンでわかった」

垣根「クソ……」

一方通行「いやオイ、答えろっつゥの」

垣根「どうせアレだろ? 今時珍しい黒髪の純和風系の美少女だったりするんだろ?」

一方通行「オイ」

垣根「テメェそんな年齢から女侍らせて、ロクな大人になれると思うなよ!!」

一方通行「ロクな大人になれるとは思ってねェけど……いや、まず侍らせてねェし。つゥか答えろよ」


525: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:06:16.89 ID:+Ukv5UiQ0


垣根「一方通行!!」

一方通行「あァ?!」

垣根「俺の青春手伝いやがれ!!」

一方通行「」

一方通行「は? へ?」

垣根「じゃあほら、コーヒー片付けろよ」ワクワク

一方通行「……えェ?」

垣根「オイ、早くしねぇと置いていくぜ?」ワクワク

一方通行「……えェー?」アレェ?



<カタヅケルワネー

<ア、ドウモ

<ウフフ、イイノヨー


526: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:07:37.44 ID:+Ukv5UiQ0






垣根「ということで!」

一方通行「……」

垣根「ここはどこだかわかるか?」

一方通行「……ゲーセンだな」

垣根「そうゲーセンだ」

一方通行「……で?」

垣根「あぁ? 青春と言えばコレだろ?」

一方通行(そォか?)

垣根「俺来たことねぇんだよ」ワクワク

一方通行「へェ……」

一方通行(そォいえば俺も来たことねェな)

一方通行(三下に誘われたが、用があって断ったンだったか……)

一方通行(初のゲーセンがコイツとってのは癪だが)

一方通行(……ふン)


527: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:08:15.49 ID:+Ukv5UiQ0


垣根「オイ、第一位!」

一方通行「あ、あァ? なンだよ」ビクッ

垣根「アレやりたい」

一方通行「……ワニワニパニックゥ?」

垣根「面白そうじゃね? あれ面白そうじゃね?」ワクワク



<バンバンバンッ

<ジコシンキロクタッセイデス!

<ヨォシ、アタシモマケナイヨー



一方通行(すげェ)キラキラ

垣根「一方通行?」

一方通行「あ、あァ……まァ? やってやってもいいけど?」ワクワク

垣根(何だコイツ)


528: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:09:23.70 ID:+Ukv5UiQ0


垣根「……よし、えーっと? どうすんだこれ」

一方通行「あァ?」

垣根「んだコレ」

一方通行「……カード入れられねェの?」

垣根「……」

一方通行「……」

垣根「オイ、現金とか持ってねぇのかテメェ」

一方通行「持ってるわけねェだろうが」

垣根「……」

一方通行「……」

垣根「……なぁ」

一方通行「……俺ちょっとトイレ行ってくンな」

垣根「……わかった、俺ここ居るからな」

一方通行「……ン」


529: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:10:21.37 ID:+Ukv5UiQ0






「ありがとうお姉さん! じゃあねー」

一方通行(ン? 誰かいるのか?)

一方通行(……誰の声だ?)

「……ふぅ、声を作るのも楽じゃねぇな」

一方通行「……オイ、垣根どうした」

垣根「ん、あぁ。俺の美少年っぷりに免じて女の子が援助してくれたんだよ」フフン

一方通行「地球の言葉で言ってくンねェ?」

垣根「……いや、嘘じゃねぇって」

一方通行「えェ……」

垣根「クソ……でもほら。小銭手に入ったぜ?」

一方通行「三下にしちゃやるじゃねェか」

垣根「ハッ、俺を舐めんなよ」

垣根「じゃあやるか……ん、オイちょっと待て」

一方通行「あァ?」

垣根「アレもやってみねぇか?」アレ


530: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:10:52.56 ID:+Ukv5UiQ0






一方通行「オイ、垣根もっと金くれ」

垣根「……もう止めね?」

一方通行「欲しいのまだ出てきてねェンだよ」ホラ

垣根「……あと1回だからな?」ハイ

一方通行「……」

ガチャ

ガチャガチャ

コロン

一方通行「……」ゴクリ

垣根(何でコイツこんなに真剣なの?)


531: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:11:36.40 ID:+Ukv5UiQ0


パカッ


垣根「ほら、もう終わりにしようぜ」

一方通行「……あァあああああああああああああああ!!」

垣根「」ビクウッ

一方通行「オイ、金」ギンッ

垣根「……あ、あぁ」ハイ

一方通行「……」シンケン


ガチャガチャガチャ


垣根(……どうしようコレ)


532: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/15(金) 00:12:09.10 ID:+Ukv5UiQ0






一方通行「ふふン」ニヤニヤ

垣根「やっと気に入ったの出てきたか」

一方通行「……」ニヤニヤニヤ

垣根「……はぁ」

一方通行「なァ、じゃあワニワニパニックやろォぜ」

垣根「……無理だよ」

一方通行「はァ? 何言ってやがンだオマエ」

垣根「……んだよ」ボソッ

一方通行「あァ?」

垣根「テメェが全部ガチャポンに使っちまったから金ねぇんだよ!!!」グスッ

一方通行「」


545: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:53:16.55 ID:RuId4RNJ0


垣根「……」グスッ

一方通行「……」

垣根「……」

一方通行「……これ、やるから機嫌直せって」ガチャポン

垣根「……これいらなかったやつじゃねぇか」

一方通行「……」バレテーラ

垣根「……言うことは?」

一方通行「……」

垣根「……」

一方通行「あの……青春とか俺もわかンねェし」

一方通行「なんつーか、その……」



一方通行「帰ってもいいか?」



垣根「潔いまでに謝んねーなテメェは!?」


546: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:53:55.67 ID:RuId4RNJ0


一方通行「え……いやだってオマエ相手に謝るとか負けた気がするっていうかァ」

垣根「テメェにとって俺のランクってなんなの? ねぇ?」

一方通行「正直ミミズに謝るよりキツいレベル」

垣根「」

一方通行「で、帰ってもいいかァ?」

垣根「……今そうされたら俺立ち直れねーわ」

一方通行「……じゃあヤメといてやるよ」

垣根「……サンキュ」

一方通行「……別にィ」



垣根(何で俺お礼言ったんだろ)




547: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:54:44.57 ID:RuId4RNJ0


垣根「もうそろそろ日も落ちそうだな」

一方通行「ン」

垣根「……」

一方通行「……」

垣根「案外ゲーセンって見てるだけでも楽しいもんだな」

一方通行「……そォかァ?」

垣根「参考になるっつーか」

一方通行「今度やるって前提での話かよ」

垣根「金が無くなったのはテメェのせいなんだから、次も付き合いやがれ」

一方通行「オマエ……友達いねェンだな」

垣根「テメェに言われたくねぇよ?!」

一方通行「と、友達くらい……いるしィ」ボソ

垣根「うわキメェ」

一方通行「」

垣根「あと友達が女とかだったら爆発しろ」

一方通行「」


548: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:55:11.47 ID:RuId4RNJ0




(黄昏れる少年たちの図……イイわねっ)ハァハァハァ




549: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:55:38.67 ID:RuId4RNJ0


一方通行「」ゾクゥ

垣根「オイどうした」

一方通行「いや何か悪寒が……」ハッ

一方通行「なァ、オマエ誰から金貰ったンだ?」

垣根「あぁ? 言ったじゃねぇか。俺の美少年さに惹かれたお嬢さんっt「そォいうンじゃなくて」

垣根「……髪の長い二つ結びの女だったな」

一方通行「服装は?」

垣根「何でそんな……サラシを巻いてたっけな」

垣根「最初露出狂か何かかとビビッたぜ」ソォイエバ

一方通行「……」

垣根「急に黙ってどうしたんだよ」

一方通行「関係ねェだろ」フン

垣根「……可愛くねーヤローだな」ムカ

垣根「しっかし、そういえばあの女……」

垣根「アレが一回目じゃない気が……あ」

垣根(格好は違うが……ファーストフード店で会った女と一緒じゃね?)


550: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:56:06.52 ID:RuId4RNJ0


一方通行「どォした?」

垣根「いや、あぁー……と、第一位」

一方通行「……ンだよ」

垣根「……」

垣根(いやでも偶然ってこともあり得るし)

垣根(……それだけのためにわざわざ服装を着替えるか?)

垣根(髪型も、メイクも違っていた。誰かから隠れているからか……もしくは)

垣根(いや、いや待て。早計は禁物だ)

垣根(一日に何度も服を変える奴だっている)

垣根(偶然で済まそうと思えば済ませられる、はずだ)

垣根(じゃあこの一方通行の反応は何だ?)


551: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 12:56:32.63 ID:RuId4RNJ0


垣根(……)

垣根「何でもない」

一方通行「途中で止められるのって凄ェ気になるンだが」

垣根「ほら、あの、金がかからねェような遊びしようぜってことだよ」

一方通行「……そォすっか。で、何やンだァ?」

垣根「何だかんだで帰らない第一位(笑)」

一方通行「殺すぞオマエ」

垣根「(笑)」

一方通行「……」

垣根「ヤメて、マジでトラウマ気味だから。無言で黒い羽出すのとかヤメて」


557: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:54:43.25 ID:RuId4RNJ0


夕日を背に、影が伸びる。
拳を空に向かって振りかざし、カンッと小気味よい音と共に靴底をプルタブに押しつけた。


(一方通行が公園で缶蹴り始めようとしてる件についてwww)


無表情の顔を少しも崩さぬまま有名中学の制服を着た少女が通り過ぎるのを、
片目で確認する。

こちら側に顔がずっと向いていたのは気のせいだということにしよう。
 

(え? スマソww俺これから調整だからうpできねーやwww
場所は教えるから来いよwwww学園都市組だけなwwww)


カァとカラス鳴いた。
雀が一斉に羽ばき、木の枝や電線の上と至る所に散らばっていく。

垣根は口端を上げ、一方通行は下げる。


558: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:55:17.00 ID:RuId4RNJ0




「缶蹴りの時間だぜえええええええええええええええええええええ!」

「いや待てコラ」




559: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:56:18.76 ID:RuId4RNJ0


垣根「チッ、何だよ」

一方通行「何だよ……って、缶蹴りを何で始めることになってんだよ」

垣根「とりあえず公園に行こうってことになっただろ」

一方通行「いやだからって」

垣根「オマエ空き缶用意するまで何も言わなかったじゃねーか」

一方通行「うぐ」

垣根「てっきりわかっているもんかと」

一方通行「ぐ……、そもそも二人で缶蹴りとかねェだろ」

垣根「あぁ? そんなもんわかんねぇだろ」

一方通行「どォいう意味だよ」

垣根「そのうちわかる」

一方通行「……意味わかンねェ」ブスッ

垣根「そんな顔すんなよ一方通行」

一方通行「別に普段通りの顔ですゥー」

垣根「うわ憎たらしい顔すんなテメェ」

一方通行「うっせェ」

一方通行(しっかし缶蹴りなァ)

一方通行「……まァ? 仕方ねェから? 付き合ってやってもいいぜェ?」ワクワク

垣根「もう本当面倒くさいコイツ」


560: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:56:45.08 ID:RuId4RNJ0


「じゃあ鬼決めようぜ!」

「仕方ねェなァ!」


この言葉を合図として、
二人は右腕を大きく後ろに引いた。
力強いその動きは、まるで歌舞伎の一挙一動を思わせる。

砂を踏みしめると、じゃりと小石が擦れ合う音がした。


「最初は」

「グー!!」


爪が食い込むほど握りしめられた双方の拳。
小さな風が巻き起こる。


「じゃーん」

「けーん」


歯を噛みしめた。
息が止まる。

二人の間の空気がピンと張り詰めた糸のように張られる。
バチリと、鋭い視線がぶつかり合った。

勢いよく拳が空に上げられ、
そして地に向かう。

大きく息が吸われる。
開かれた唇から白い歯が覗いた。
声が揃う。


561: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:57:13.84 ID:RuId4RNJ0




「「ぽん!!」




562: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:57:39.54 ID:RuId4RNJ0






一方通行「つゥことで、オマエが鬼な」

垣根「正直これは予想してなかった」

一方通行「なンでだよ」

垣根「いや勝てるもんかとてっきり」

一方通行「その自信がどこから来ているのか全くわかンねェンですが」

垣根「これが俺の‘自分だけの現実‘だ。覚えとけ」キリッ

一方通行(それで負けたら駄目じゃねェ?)

一方通行「……えェーと、じゃァ隠れンな」

垣根「おう。5秒でいいか?」

一方通行「無理に決まってンだろォが!! ……30秒でェ」

垣根「へいへい。いーち……」

垣根「にーい……さーん、よー……」


563: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:58:06.59 ID:RuId4RNJ0


一方通行(クソ、隠れねェと)

一方通行(っても何処に?)

一方通行(木の後ろ、だとすぐバレるだろォし……)

一方通行(変に凝っても本気になってるみてェで癪だしなァ)

一方通行(ンー……)キョロキョロ

一方通行「お」

一方通行(あそこでいいか)


564: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 18:58:33.53 ID:RuId4RNJ0


垣根「おーい、もーういいかーい」

一方通行「……」

一方通行(アレ? これって返事するンだっけ?)

垣根「もーういーいかーい」

一方通行「……も、m」

垣根「よし、返事ねぇみたいだから行くぞー」

一方通行(あっぶねェええええええええええ!!!)ドクンドクン

垣根「んー? どこ隠れたんだアイツ」キョロキョロ

一方通行(バレてねェな……セ、セーフ)ハァ

垣根「アイツのことだから俺の真後ろにいるとかいうのも考えたんだが……」

垣根「ま、流石になかったな」

垣根「虱潰しに捜していくとしますかね」フム


573: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 20:35:03.37 ID:dxatfRwDO
――缶蹴りルール――


・鬼が隠れている人を見つけたら鬼の勝ち

・隠れている人は缶を蹴れば勝ち

・飛び入りOK

・鬼がずっと変わらない可能性もある

・いつまで経っても見つけてもらえない

・自分以外がいつのまにか帰っている



574: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/16(土) 20:39:29.34 ID:dxatfRwDO
ルール補足になります
地域によって変わるかと思いますが、このルールで投下させていただきます
575: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) 2011/07/16(土) 20:54:30.75 ID:MS/Pavkl0
>>573
ルール下二行wwwwwwww
580: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2011/07/17(日) 01:18:42.65 ID:wHvlZBc60
>>573
おいやめろ
やめてください・・・
584: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:06:52.20 ID:DjYk2vcI0


電球が切れかけているのか、ジジ……という音と共に点滅している。

公衆トイレの掃除用具庫に入ったのは失敗だったかもしれない。
幸いモップが避けられているため、
身体が汚れることはないが、気分の問題である。


(何かコレ、前テレビで見たなァ……)


打ち止めに言われて見たホラー番組のことを思い出す。
確か学校の怪談というタイトルだったはずだ。

保健室で眠りこんでしまった少年の話。

一方通行は順にストーリーを思い出しながら追っていく。
指を顎に乗せた。
カタリと誰かがトイレに入ってきたような音が鳴る。
彼は、気付かない。


585: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:07:21.35 ID:DjYk2vcI0


(っと確かァ……)


―――――――――――――――――――――
―――――――


外はもう真っ暗で、誰も起こしてくれなかったことに疑問を抱きつつも少年は帰ろうとする。

そこに見たことのない女――学校の先生のような風貌の――が現れ、少年を引き留めるのだ。
それに何とも言えぬ恐怖を感じ、少年はそこから逃げ出した。

女は少年を追いかける。
それこそ、鬼のような形相で、だ。

少年は夜のトイレに逃げ込む。


(あぁ大丈夫だ、もう大丈夫!)


少年はそう自分を安心させようとするが、カタリという音で誰かがトイレに入ってきたことを知る。


586: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:07:56.45 ID:DjYk2vcI0


一つひとつトイレのドアをのぞいて


「いなーい」
「ここにもいなーい」


と順々に確認していく。

だんだん近づき、自分のところまできたのにドアをあける気配がない。


(諦めたのかな? 良かったぁ……っ)


もう行ってしまったのだと安心しているとトイレの上から追ってきた女の


587: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:08:24.24 ID:DjYk2vcI0









「顔がのぞいていた」




588: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:08:51.56 ID:DjYk2vcI0


ゾクリと背筋に汗が伝ったのがわかった。
何でこのタイミングで思い出してしまったのか、一方通行は頭を抱える。


(大丈夫だァ……ンなこと現実にあるわけがねェ)

(アレは所詮作り話ってやつなンだよォ!!)


ガリと、頭皮に爪を立てた。
心臓が知らず波打っている。


(大丈夫、大丈夫だ……)


ドクン、ドクン。
心臓の音が五月蠅い。

一方通行は自分に言い聞かせながら、
しかし、
自分の不安を打ち破るために、

勢い良く顔を上にあげた。


589: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:09:18.43 ID:DjYk2vcI0




「涙目……一方通行……アルビノショタ……」ブツブツブツ




590: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:09:52.22 ID:DjYk2vcI0


「うわァああああああああああああああああああああああァァァァ!!!!!」


自販機の裏を覗いていた垣根は驚いて顔をあげた。


(なんだ……? 便所の方か?)


今の声は確実に一方通行の声である。

しかしそれが垣根には信じられなかった。
一方通行は第一位である。劣ったとは言え、そう簡単に誰かに捕まるような脆弱な子どもとは違う。
そして性格上からも、そう簡単に悲鳴をあげるような奴ではない。

訝しげに眉を潜める。が、それも一瞬。
砂利を蹴り、声の聞こえた方向へ走り出した。


(まぁ何もなくても一方通行を見つけられるチャンスだしな!!)


591: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:10:21.50 ID:DjYk2vcI0


垣根「おい一方通行!! ココか?!」ザッ

一方通行「」チーン

垣根「」

垣根「お、おぉ……オイテメェどうした」

垣根(これは、「一方通行見ーつけた」とか言っていいのか?)

垣根(いやでも固まってるし)

垣根(あと何でコイツのパンツが短パンに変わってるんだ……?)

垣根「と、とりあえず起こすか……」

垣根「お、オイ一方通t「待ちなさい!!」え」

結標「起こしたら写真撮れないじゃない!!」

垣根「……え?」

結標「もう、せっかく着替えさせたと思ったらカメラ忘れちゃうんだもの」

結標「慌てて持ってきたけど」ブツブツ

垣根「お姉さん……さっきの」

結標「あら? やだ数時間ぶりね。ゲームは楽しめたかしら?」

垣根「……はい」

結標「それは良かったわ。じゃあちょっと写真撮る間待っててねー」

垣根「……はい」


592: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:10:48.98 ID:DjYk2vcI0


垣根「じゃねぇッ!!!!!!!!!!」


結標「なによ。せっかちな子は女の子に嫌われるわよ?」

垣根「それは嫌dじゃなくて!!! 思いだしたぞテメェ!! グループの座標移動だな!?」

結標「……何で知っているのよ。一方通行にでも聞いたの?」

垣根「第二位って言えばわかるか?」

結標「第二位? 第二位はあなたみたいなショタじゃなかったはずよ」

結標「超能力者に夢を見る年頃なのかもしれないけどね」

結標「そんなことを言うのは危ないわよ?」メッ

垣根(おぉ、おっぱいが強調されて……)ゴクリ

結標「?」

垣根「」ハッ

垣根「……ふん。これは仮の姿ってヤツなんだよ」

結標「……どういうことかしら?」

垣根「俺の本体は別にある。この身体は能力で動かしているみたいなもんだ」

結標「つまり手っ取り早く言うと?」

垣根「コナンくんみたいなもんだな」ウン

結標「」


593: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:11:37.03 ID:DjYk2vcI0


垣根「まぁだからと言って? 俺の強さには変わりねぇから弱みにはならねぇけどな」ハッ

結標「……うげ」

垣根「え」

結標「ないわーまじないわー」

垣根「」

結標「確かにね? 一方通行は正直ギリギリよ……でもアリ、アリだわ!!!」

結標「実年齢が高校生のコナンくん?」

結標「ショタなら何でもいいんだろ?」

結標「バカにしないでちょうだい」

結標「男の娘が好きって人は、見た目が幼ければいいのかもしれない」

結標「けどね?」

結標「私はなしよ!!!」

結標「ショタっていうのは中身も重視されるの!!」

結標「見た目が美少年だからって……くっ」

結標「惜しい、とっても惜しい存在だからこそ言わせてもらうわね」


結標「私を舐めないでもらえるかしら」キリッ


垣根「」


594: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:12:10.01 ID:DjYk2vcI0


結標「……よし」パシャリ

結標「写真も撮ったし、一方通行が起きる前に帰らなきゃね」

垣根「……おぉ」

結標「まぁ見た目は良いと思うわよ? 私が騙されたくらいだもの」

垣根「……おぉ」

結標「じゃあねー」タタタッ

垣根「……おぉ」





一方通行「……ン」ムクッ

一方通行「アレ、何か嫌な夢を見た気がするンだが……って垣根ェ?!」ビクッ

垣根「……おぉ」

一方通行「まだ負けてねェからな!! ノーカンだノーカン!!」

垣根「……おぉ」

一方通行「? オイどうしたオマエ」

垣根「……おぉ」

一方通行「?」チラッ

一方通行「……って俺何で短パンになってンだよ!!」ガビーン


595: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:13:47.80 ID:DjYk2vcI0




垣根と缶蹴りをしてから一部記憶がない。
気付いたら垣根は可笑しくなっているし、
思い出そうとすると震えが止まらなくなるので、止めた。

途中疑問に思ったことを結標にメールを送ると、
今日はゲーセンにも公園にも行っていないらしい。

俺の勘違いか。




596: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/17(日) 13:15:52.42 ID:DjYk2vcI0


一方通行「ン……」カキカキ

一方通行(結標には悪いことしちまったなァ……なンか今度奢ってやるか)

一方通行(あれ、そういやァ)





一方通行「なンでアイツ公園のこと知ってたンだ?」


610: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:35:04.57 ID:6QJ4q2Ji0




××月××日 木曜日

朝、
テーブルの上に弁当が置いてあったので、持っていくことにした。




611: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:35:49.41 ID:6QJ4q2Ji0


上条「ん? 一方通行。今日は弁当なのか?」

一方通行「ン」ウン

青ピ「へぇ、いいなぁ。ボクはいつもの通りパン食やで~」

上条「上条さんにとってはそれも羨ましいくらいなのでせうが」

土御門「上やんの弁当は日に日に貧しくなっていくからにゃー」

一方通行「……分けてやろォか?」

上条「いや、大変有り難いのですが! それを食べたら一方通行の分が!!」

一方通行「大丈夫だろ。俺こンなに食えねェし」

上条「……でも成長期だし!」

一方通行「重箱に詰まってンのは一人ではキツいし」

上条「でも」

一方通行「これ以上なンか言ったらぶっ飛ばすからな?」

上条「……サンキュ」

一方通行「おォ」

青ピ「優しいなぁ一方通行くん」

土御門「最近デレデレだにゃー」


612: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:36:32.27 ID:6QJ4q2Ji0


上条「これ誰が作ったんだ?」

一方通行「ンー? 黄泉k……同居人だと思う」

上条「ふーん」

青ピ「ところどころ焦げてるなぁ」

土御門「奮闘のあとが忍ばれるにゃー」

上条「頑張って作ってくれたんだろうな」

一方通行「……ふン」

一方通行(ン、でも黄泉川じゃねェのかァ?)

一方通行(炊飯器で焦げたことなンかねェし……)

一方通行(……まァ大した理由じゃねェか)

上条「じゃあ有り難くもらいますねー」ヒョイ

一方通行「黙って取ってけ……あ」


613: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:37:44.34 ID:6QJ4q2Ji0


一方通行「……」ジッ

上条「ん? どうしたんだ?」

一方通行「……い、いやなンでもねェよ」

上条「?」

一方通行「ホラ三下、もっと食え」ポイポイポイ

上条「わわわっ、え、ちょっ一方通行?! 有り難いんですけどもっとゆっくりっ」

一方通行「あァ? オイオマエらも」ポイポイ

青ピ「うわわ、パンの上に置かれるんは不安定やで?」オットット

一方通行「我慢しろォ……ホラオマエも」

土御門「ちょーっと待つにゃー」

一方通行「」ビクッ

一方通行「な、なンだよ」

土御門「一方通行……オマエ嫌いなもんばっかし俺たちに回してないか?」

上条「え」

青ピ(あっちゃー)


614: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:38:50.10 ID:6QJ4q2Ji0


一方通行「……」

上条「オイ一方通行?」

青ピ「まぁ、嫌いなものもあるやんな」

上条「でも好き嫌いは駄目だろ」

青ピ「……せやね」

土御門「ホラ食うんだぜい、一口でいいから」

一方通行「えー……」

青ピ「何? どの辺りが嫌いなん?」

一方通行「野菜って苦ェし」

上条「コーヒーは平気だろ?」

一方通行「苦みのベクトルが違ェもン」

土御門「もんって、にゃー……そんなんじゃ打ち止めが好き嫌いをしたときどうするんだ?」

一方通行「うっ」

上条「自分を棚上げに説教するわけにもいかないよな」

青ピ「あー、あるなぁ。全然心に響かないんよね」

土御門「それでグレたりするんだぜい」

一方通行「……クソォ、わかりましたよォ!! 食べればいいンだろォ?!」


615: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:39:29.57 ID:6QJ4q2Ji0


上条「……」ジー

土御門「……」ジー

青ピ「……」ジー

一方通行「……ッ」


パクッ





一方通行「……」

一方通行(苦ァ……)ウゲェ

上条「頑張れ一方通行! 一気に飲み込んじまえば大丈夫だって!」

一方通行(……ヒーローォ)

一方通行(……ッ)瞼ギューッ


ゴクン


616: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:40:33.56 ID:6QJ4q2Ji0


一方通行「うェェ、まじィ……」

青ピ「食べられたやん」ニコニコ

一方通行「うっせェ黙れ」

土御門「いやでも頑張ったにゃー一方通行」

上条「よくやったな!」

一方通行「……子ども扱いすンじゃねェよ」フン

土御門「じゃあ次はこれを食べてみようぜい」ヒョイ

一方通行「え」

青ピ「一回勇気出せたら大丈夫やって!」

上条「次は人参とかどうだ?」

一方通行「え、え?」




一方通行「え?」


617: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/18(月) 23:41:53.81 ID:6QJ4q2Ji0




結局一種類ずつ食べさせられることになった。

弁当のことを黄泉川に聞くと、
「私は作ってないじゃんよ」だと。
不思議なこともあるもンだな。




634: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:37:55.10 ID:4rfy3SgP0




××月××日 金曜日

放課後、絹旗に誘われて映画館に行くことになった。




635: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:38:27.82 ID:4rfy3SgP0


絹旗「あ、一方通行超こっちです!」

一方通行「ン……」

絹旗「えへへっ、超映画日よりですね!」

一方通行「映画に天気も何も関係ねェだろォ……。なァ、黒夜はよかったのか?」

絹旗「あの子何だかんだで超ホラー苦手ですから」

一方通行「ふゥン」

絹旗「それにホラーじゃなくても私の映画に超付き合ってくれませんし」ムス

一方通行「オマエの映画のチョイスが悪いンじゃねェの?」ニヤニヤ

絹旗「超そんなことありません!」

絹旗「なんてったって超厳選に厳選を重ねた――」

一方通行「あー、悪かった。ほらさっさと行くぞ」

絹旗「むぅ……仕方ありませんね。映画見たあとに語るのでも超遅くはないはずですし」

一方通行(長くなりそォだなァ……)ハァ


636: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:38:56.11 ID:4rfy3SgP0


<ハーイ、ツギノオキャクサマ

絹旗「えっと、『逆転活劇! 真夏のゾンビと夏祭り』の子ども一枚で超お願いします」

<1000エンニナリマース

絹旗「はい。超お願いします」ハイ

<1000チョウドイタダキマス

<デハコチラチケットトナリマス、ドウゾー

絹旗「ありがとうございます」

一方通行「オマエ……」

絹旗「こーいうのは見た目を利用してなんぼなんですよ」コソッ

一方通行「えェ……」

絹旗「じゃあ一方通行、先にコーラとか買ってますね」タタッ

一方通行「……ン」


637: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:39:25.54 ID:4rfy3SgP0


<ハイ、ツギノオキャクサマー

一方通行「……」スタスタ

受付嬢「いらっしゃいませ」

一方通行「えェっと、『逆転活劇! 真夏のゾンビと夏祭り』を子どもで一枚頼む」

一方通行(改めて凄ェタイトルだなァ)

受付嬢「……申し訳ございません。もう一度お願い致します」

一方通行「あァ? ……『逆転活劇! 真夏のゾンビと夏祭り』子ども一枚」

受付嬢「えぇっと……年齢を確認できるものはお持ちになっていますか?」

一方通行「持ってねェけど」

受付嬢「……かしこまりました」

一方通行「?」

受付嬢「申し訳ございません。年齢確認できないお客さまにはお売りになれないことになっていまして」

一方通行「え」


638: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:39:56.88 ID:4rfy3SgP0


受付嬢「どうしてもということでしたら、大人料金ということになってしまいますが……」

一方通行「いやでもさっk」

受付嬢「お客さま」

一方通行「……いやだっt」

受付嬢「お客さま、他のお客様の迷惑になりますので」

一方通行「…………いやでm」

受付嬢「お 客 さ ま」

一方通行「………………いy」


ギャーギャーギャー


絹旗「? あっちが超騒がしいですね?」


639: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:40:22.74 ID:4rfy3SgP0


黒子「ふぅ」シュンッ

黒子「こちらで揉めているという通報がありましたが、どちらですの?」

「あ、あっちです!」

「何か男の子が受付で揉めているみたいで」

黒子「ありがとうございますの。ご協力感謝しますわ」シュンッ


―――――――――――――――
―――――


一方通行「だァーかァーらァーッ!! 俺は子ども料金だって言ってンだろ!!」バンッ

受付嬢「ですから! 証明書を持ってきていただければ!!」

一方通行「持ってきてねェって!!」

受付嬢「でしたら 大 人 料 金 で!!」

一方通行「なンでだよ!!? つゥかさっきは確認なンてしてなかったじゃねェか!!」

受付嬢「もう他のお客さまの!! ご迷惑になりますから!!」

黒子「お二人とも、落ち着いてくださいまし」ババンッ

一方通行「……あァ?」

受付嬢「……え?」

黒子「風紀委員ですの!」キリッ


640: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:40:53.92 ID:4rfy3SgP0


黒子「……ふむふむ、なるほど。こちらは子ども料金だと譲らないということですわね」

受付嬢「……はい」

一方通行「……」ムスッ

黒子(わたくしにも小学生にはとても見えませんが……)

黒子(人は見た目で判断しきれませんものね)

黒子(ならば)

黒子「では調べさせていただきますので、少々お待ち下さいまし」プルルルッ

『はーい、何ですかー?』

黒子「至急書庫で調べていただきたいことがありますの」

『了解です。何をですか?』

黒子「対象者の年齢を……っと、ちょっと待って下さいの」

黒子「あなたのお名前をお聞かせいただいてもよろしいですの?」

一方通行「……一方通行」


641: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:41:21.84 ID:4rfy3SgP0


黒子「能力名ではなく本名でお願いしますわ」

一方通行「……それで登録されてるから大丈夫だ」

黒子「……? わかりましたの。初春」

『はーい。わかりました?』

黒子「えぇ。一方通ー……」

黒子(この名前、どこかで聞いたことが……)

黒子「あ」

『どうしました?』

黒子「……いえ、何でもありませんの。あと解決しましたので、大丈夫ですわ」

『? そうですか? わかりましたー』


プツッ


黒子(この方がお姉様の話していた……)

受付嬢「どうしたんですか?」ビクビク

黒子「いえ……」

黒子「この方は子ども料金で合っていますの。わたくしが責任を持ちますわ」

一方通行「あァ?」

受付嬢「風紀委員がそう言うんでしたら……わかりました」

一方通行「……ふン。最初からそう言ってンだよ」


642: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:42:04.37 ID:4rfy3SgP0


一方通行「……」チケットジー

黒子「では、失礼しましたの」

一方通行「なァ」

黒子「何ですの?」

一方通行「……えっと」

黒子「……お礼なら結構ですわ。風紀委員として当たり前のことをやっただけですので」

一方通行「チッ、別にそォいうンじゃねェよ」

黒子「ならよろしいんですの……、ふむ」ジー

一方通行「ンだよ」

黒子「お姉様の言ってらした通り、本当に小学生には見えませんわね」

一方通行「……お姉様ァ?」

黒子「えぇ。では、わたくし業務がありますので、失礼しますわ」シュンッ

一方通行「……」ポカーン

一方通行(知っている奴でお姉様って言われそうな奴ってェと……)

一方通行「オリジナル、かァ?」


643: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:42:44.57 ID:4rfy3SgP0


絹旗「おーい、一方通行! 何やってるんですか!」

一方通行「お、おォ」ハッ

絹旗「こちらも超並んでたのに、買い終わっちゃいましたよ!」ハイ

一方通行「あァ? コーラにポップコーン?」ウケトリ

絹旗「映画の超基本です!」

一方通行「いやでも俺甘ェのは……」

絹旗「シャァラップ!!
コーラもポップコーンもない映画は超炭酸の抜けたサイダーみたいなものですよ!」

一方通行「えェ……」

絹旗「では行きますよ! もう始まっちゃいます!」グイグイ

一方通行「オイこっちは杖ついてンだから引っ張ンなって!」

絹旗「超れっつごーです!」グイグイ

一方通行「話を聞けェええええええええ!!!」


644: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:43:59.91 ID:4rfy3SgP0




映画はよくわからなかった。
なンだよアレ。
全くどこがホラーか全然わかンねェし。
ゾンビが盆踊りを踊り続ける映画ってどうなンだ?

映画のあと一時間以上語られてから解散した。

口の中は甘ェしなにやらで疲れた。
でも、まァ悪くはねェ。




645: ◆K3L8qfcNRE 2011/07/21(木) 01:44:36.74 ID:4rfy3SgP0


一方通行「なァ」

打ち止め「なぁにあなたってミサカはミサカは首を傾げてみたり」コテン

一方通行「オリジナルってよォ」

打ち止め「お姉さまがどうかしたの?」

一方通行「……いや、何でもねェ」

打ち止め「?」


番外個体「なにさ、二人で秘密の話とかまじキモイんだけど」ププー

芳川「本当は?」

番外個体「ミサカだけ仲間外れとか寂しい……って何言わせるのさ!?」

芳川「ふふ、ツンデレって大変ね」

番外個体「だ、誰がツンデレだってぇ?!」

芳川「きゃー、助けてー」


バタンバタン


一方通行「何やってンだアイツら……」

打ち止め「楽しそうだねってミサカはミサカは追いかけっこをしている二人を眺めてみたり」



次スレ:

結標「小学生?」一方通行「……おォ」【後編】


関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング