幼馴染「死ね」 男「ばっちこい」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:12:56 ID:85V3gdYU
幼馴染「死ね」

男「よっしゃーw」

幼馴染「お前なんて大嫌いだ」

男「うっひょーwww」

幼馴染「とっとと地獄行け」

男「うんうんww」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:16:44 ID:85V3gdYU
幼馴染「社会のクズ、人間のカス」

男「わはははw」

幼馴染「綿ぼこり以下のゴミが」

男「ゴミって言った?えへへw」

幼馴染「照れてんじゃねえよ、さっさと死に逝けゴミカス」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:19:43 ID:85V3gdYU
幼馴染「こんなクズのために、私が苦労しなくちゃならないなんて」

俺「おーオムライスだーw」

幼馴染「うざいわー」

俺「ひゃっほーwミャンマーww天気予報www幼馴染大好き」

幼馴染「なっ」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:35:09 ID:85V3gdYU

男「幼馴染大好きだー」

幼馴染「…そういう事言わないでよ」

男「もーまじ大好きwww」

幼馴染「だーまーれー」

男「大好きだよー」

幼馴染「…ふん。別に嬉しくなんかn」

男「いただきまーす!うっひょー卵ふわふわー!もふもふー!」

幼馴染「…」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:37:41 ID:85V3gdYU
男「幼馴染は食べないの?」

幼馴染「食べるよ」

男「食べる?じゃあ俺が、ケチャップで文字を書いてやろう」

幼馴染「余計なお世話よ」

男「なんか言った?」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:40:37 ID:85V3gdYU
俺「何て書こうかなー♪」

幼馴染「うざいなー」

俺「よし!決めたあ!お前に決めた!」

幼馴染「誰よ。ポケモントレーナーかよ」

俺「…」むにゅー

幼馴染「真剣な顔がきもいわ…あ、元々か」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:41:29 ID:85V3gdYU
俺「何て書こうかなー♪」

幼馴染「うざいなー」

俺「よし!決めたあ!お前に決めた!」

幼馴染「誰よ。ポケモントレーナーかよ」

俺「…」むにゅー

幼馴染「真剣な顔がきもいわ…あ、元々か」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:46:14 ID:85V3gdYU
男「出来た!」

『幼馴染 は 俺 の 嫁 』

幼馴染「なんか上手いだけにムカつくわ…」

男「お前が欲しいっ!」

幼馴染「変態は変態でも、本家はいけめ」

男「オムライスうめー」

幼馴染「…はあ」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:49:37 ID:85V3gdYU
男「おいしーw」

幼馴染「まじうざい」

男「だよねw我が青春に悔いなし」

幼馴染「ほんとに変態みたいよ」

男「うんうんw」

幼馴染「大嫌い。死ね」

男「てへぺろwww」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 19:55:15 ID:85V3gdYU
幼馴染「嫌い」

男「居合い?」

幼馴染「黙って食べてよ」



男「ごちそうさま!美味しかったー幸せー最高ー幼馴染は俺の嫁ー」

幼馴染「はいはい」

男「俺が片付けるー」

幼馴染「私がやるの。私の仕事。おーけー?」

男「やるの?」

幼馴染「やる」

男「分かったー。よろしく」

幼馴染「ふん…食器が穢れるっての」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 20:03:55 ID:85V3gdYU
幼馴染「まったく…あの消しカス…」

男「なーなー」

幼馴染「何ようっさいわね」

男「電話が鳴ってる気がするんだけど、取ってほしい…」

幼馴染「電話?はいはい」

男「すまなんだー」

幼馴染「いいから、どっか行ってなさい目障りだから」

男「うん?うん。幼馴染は優しいね」

幼馴染「…」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 20:29:26 ID:85V3gdYU
男「電話、誰から?」

幼馴染「友くん」

男「友?」

幼馴染「うん。遊びに来るってよ」

男「遊びに?まじかw両手に花ww」

幼馴染「馬鹿じゃないの…」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 22:52:50 ID:uEV6cY3c
男「ばっちこい」

幼馴染「……」

男「ばっちこーい」

幼馴染「一言言わせてもらっていい?」

男「ばっちこーーい」

幼馴染「まずそれをやめろ」

男「なんでですか!?」

幼馴染「うぜえからに決まってんだろうが!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 22:58:51 ID:uEV6cY3c
男「な、何がうざいんですか? ばっちこいですよ? 何もおかしくないでしょう!?」

幼馴染「絶妙に古いんだよ、ばっちこいとか。私の周りで言ってるの男だけなんだよ」

男「う、嘘ですよ、そんなわけないじゃないですかあ!」

幼馴染「周りで誰かばっちこいって言ってる人いる? いないでしょ」

男「いないですね」

幼馴染「十年近く前のネタだしな。おっさんが無理やり若い人の真似してるみたいで痛いんだよ」

男「そ、そんな~」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:04:13 ID:uEV6cY3c
男「じゃあ俺はばっちこいをどうしたらいいんですか!?」

幼馴染「知らないものは知らないし、中途半端にばっちこいとか古いネタ使うならもっと取っ付きやすいのにしろよ」

男「いやだいやだいやですー。ばっちこいって使いたいです。意味もなくばっちこいって言って周りを白けさせたいです」

幼馴染「気持ち悪いな」

男「じゃあ幼馴染がばっちこいを使ってよ」

幼馴染「流れが急すぎるし、どういう理論を頭の中で組み上げたらそのような結論に至った?」

男「いいから! おねがいだから一回だけ! 一回だけでいいからヤッて!」

幼馴染「何故私がそんなことを」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:12:18 ID:uEV6cY3c
幼馴染「だいたい何故今回私は幼馴染になってるわけ?」

男「何が?」

幼馴染「幼馴染って呼び方だと無駄に仲睦まじい感じが出て嫌だわ。というわけで今から女で行きます」

男「えぇ~」

女「黙れ」

男「だってぇ~。両者が幼馴染だと思ったらその時点で幼馴染だと名乗っていいのではないでしょうか?」

女「辞書を穴が開くまで読んで幼馴染の意味を理解しろ。話はそれからだ」

男「人間関係が軽くミステリーだよ。サスペンスだ。複雑な人間模様を描く様は昼ドラだ」

女「ばっちこいとか言う男には昼ドラはお似合いじゃない?ブラウン管のテレビの前で実況中継でもしてしなさい」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:17:48 ID:uEV6cY3c
男「昼ドラを馬鹿にするなですよ。あれでもある一定の需要はあるんですからね」

女「不思議よね。あんなの見ても胸が重くなるだけで得るものなんて何もないのに」

男「重くなる胸があるんですか?」

女「いつか成長した私の胸で男を天国に導いてあげる」

男「寿命が尽きるのとどちらが早いですかね」

幼馴染「死ね!」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:26:32 ID:qfV/4soU
女「良いこと教えてあげる。女っていうのは年をとると脂っこいものを体が受け付けなくなるの」

男「急に何の話でしょうか?」

女「黙って聞きなさい、時代遅れ」

男「時代遅れ!?」

女「脂っこいものは食べたいけど体が受け付けない。だからフラストレーションの捌け口を探すのよ。その結果が昼ドラなのよ」

男「そ、そうなのですか!?」

女「胸にタール油のようにずっしりくる話を女は常に求めているのよ。それが性だから」

男「お、女の性……」

女「そうなのです。女の子はコンビニの廃棄の油よりもドロドロしたエピソードに飢えているのです!」

男「おい」

女「あっ」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:34:23 ID:qfV/4soU
男「いい感じに普段と違うふいんきを出せてたのに素を出すなよ」

女「男がいけないんだよ! 私をノリノリにさせちゃうからついつい調子に乗っちゃったんだよ」

男「俺のせいにするなよ」

女「今回もまたつまらない会話させるし。なんでミステリーとかサスペンスとかなんですか? ばかちんがあ」

男「癖なんだから仕方ないだろ。ミステリーは作れなくても語ることはできるだろ」

女「なんだか悲しいです……ふぁっ!? な、ナニするんですか!?」

男「口封じ」

女「くっ……この話の流れだと私が殺されるみたい! 実際には唇で唇を塞れてるんですけどね!」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:47:12 ID:qfV/4soU
女「何故このような流れになったのでしょうか?伏線らしい伏線も振り今回は存在してないような気がするんだけど」

男「唐突な展開によって人気下降気味の漫画の活性化を目論んでいる感じと言うと分かりやすい」

女「ばかちんがあ。そういうことをすると寿命を縮めるんですよ。堅実に行くべきです」

男「今回は冒頭から唐突な展開が続いてるんで問題ないです。最初が滅茶苦茶な展開だとそのあと何しても許されるんですよ」

女「ばっちこいについてボロクソに言いすぎたせいで男がおかしくなった!?」

男「ばかちんがあ。そんなわけないでしょう」

女「それ私の台詞です。男の口からばかちんがあって聞くと気持ち悪い」

男「自分でもそう思います」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:54:25 ID:qfV/4soU
女「私たち今日一日何やってたんだろうね」

男「人生なんて365日あったら半分以上は無駄にして捨ててるようなものだから気にしない方がいいよ」

女「半分も……睡眠時間のことか!」

男「睡眠時間ではないけどもうなんかこの時間まで騒いでるとさすがに疲れるね」

女「今日はばっちこいとばかちんがあの新しい可能性に気づけたら無駄ではありませんでしたよ!」

男「昼ドラのように胸にくる何かがあるんだよな…………」

女「今後しばらくばかちんがあは封印します」

男「俺もそうします」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/07(月) 23:59:47 ID:qfV/4soU
男「それではそろそろ夢の中へ。いい夢を見るには音楽を小音量で聞くといいらしい」

女「音楽なんていりません。私が男の耳もとでオリジナルのララバイを口ずさんであげる」

男「…………ベッド入る?」

女「………………本当に?」

男「寝るだけだろ」

女「………………それではお言葉に甘えて」

男「就寝しよう」

女「ばっちこい」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 00:03:54 ID:FFW2.9m6
和んだ
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 00:13:33 ID:WCzpkVlk
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 06:25:58 ID:Z.JMVb8k
色々面白かったよ乙

関連記事

コメントの投稿

バンパイア

ばっちこい


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク