FC2ブログ
1: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:35:36.45 ID:uiR7Qv4n0
炊飯=チャーハン


男「お前が動いたらこいつの生命は無い」

幼女「く…!」

炊飯「嫌だ!!死にたくない!!!」

男「うるせぇ!食品風情が命乞いしおって!」ガスッ

炒飯「うわぁ!」パラパラ

幼女「炒飯さん!!」

男「この冷食炒飯を助けてほしければ、精々言う事を聞く事だな」

男「わかったか?」

幼女「わかったよ!」

男「…本当にわかってんのか?」

幼女「わかったって言ってるじゃん!!」

炒飯「幼女ちゃん…!」

男「ほう…ならば……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591796136
2: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:38:53.14 ID:uiR7Qv4n0
男「…こんなものか…」

幼女「くっ…!」

幼女(お布団をかけられて動けない!)

炒飯「いや動けるでしょそのくらい」

男「お前にいつ喋れと言った」

男「アァン!?」ガシャン

炒飯「うわぁあああ!皿が!皿が割れる!やめてくれよぉ!」

幼女「ちょっと!炒飯さんに手を出さないでよ!約束が違うじゃない!!」

男「黙れ。食うぞ」

炒飯「ひいぃ!!」

幼女「……すみませんでした…ッ」

男「ふん…。それでいい…」

3: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:39:22.70 ID:uiR7Qv4n0
幼女「…何をすれば、炒飯さんを解放してくれますか」

炒飯「やめるんだ幼女ちゃん!多少食われたって俺はどうって事無い!!」

男「トイレに流すってのはどうだ」

炒飯「ああああああああ!!ごめんなさい!ごめんなさい!!」

男「本性を出したな。所詮は食われるものか」

幼女「…私、なんでもしますから!」

男「へぇ…。なんでも…?」

炒飯「!その言葉は不味い!!」

男「不味いのはお前だろ」

炒飯「は???俺が不味いだと???あんまふざけてっと舌引っこ抜くぞ畜生が」

男「やってみろや」ガスッ

炒飯「ああああああああああああああ!!!」

幼女「炒飯さん!……私なんでもするから!!許してよぉ…!」

4: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:39:56.78 ID:uiR7Qv4n0
男「へェ…なんでも、ねぇ…」

炒飯「俺は中華以外にでもなんでも合うぞ」

男「本当になんでもすんだな…?」

幼女「………はい…」

男「じゃあ…これ舐めろ」スッ

炒飯「うわこいつ最低だ!幼女にそんな事するなん」

幼女「炒飯さんを舐めればいいんですね?」

男「あぁ」

炒飯「はぁ~~~???おい!ストップ!ストーップ!!」

炒飯「俺、食べられちゃうじゃん!!ふざけんな!」

男「いやお前何にでも合うんだろ?」

男「なら空気と一緒にして食っても美味いと思って」

炒飯「まぁな!俺ちゃんとエリートパラパラ炒飯だし?」

炒飯「ってオイ!それ実質俺だけじゃねーかよっ!」

男「よし、OKとれたな」

炒飯「……?」

5: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:40:24.78 ID:uiR7Qv4n0
炒飯「ぐわあああああああ!!!やめろ!やめるんだ!」

幼女「…ふぅ…ふぅ……!」

男「いや舐めるだけだし。大丈夫だって」

炒飯「大丈夫じゃねーよ!絶対舌にこびりついて食べられちゃうじゃん!!」

炒飯「具材はともかく、米のほうは確定でついてっちゃうじゃん!!」

幼女「炒飯さん。大丈夫、大丈夫だから。…ね?」

炒飯「ね?じゃねーよ!抵抗しろよ!!」

男「スプーン使うか?」

幼女「お構いなく」

炒飯「食う気満々かよ!!やめろ!!!」

6: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:41:14.68 ID:uiR7Qv4n0
幼女「……ごめんね、炒飯さん…」

幼女「こんな形で、初めて奪っちゃって…!」

炒飯「それ最初で最後だから!!ってアーッ!!!」

幼女「んべ…れろ…ん……っ」

幼女「ちべたい…」

炒飯「ぎゃーっ!!死ぬ!死ぬから!!ふざけんな死ねこのメスガキ!」

幼女「…じゅぷっ…え…ぅ……」

幼女「れぅ……む…ぅ…」

幼女「んぷっ……」

男「ほほう…」

炒飯「何ニヤついてんだテメー!!」

男「食欲に発情した少女を見るのが趣味だからな」

炒飯「お前の趣味で殺されかけるのかよ!糞野郎…!」

幼女「ごめんね…ごめんね…。…はぐっ」ボリッ

炒飯「痛ぇええええっ!!オイ!今食っただろお前!」

幼女「まだ…まだ耐えられる…!」

炒飯「こっちは耐えらんねぇから!!」


7: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:42:07.41 ID:uiR7Qv4n0
男「おともだち関係もこの程度で崩れるか。所詮は飯と人か!」

炒飯「お前のせいだろうが!」

幼女「………おともだち…関係……?」ピタ

男「…む?」

幼女「…私と炒飯さんはおともだち程度の仲じゃありませんっ」

男「ほう…!」

炒飯(だったら食うなよ)

幼女「炒飯さんはわからないけど…私は炒飯さんに友情よりも、強い想いを抱いています!」

幼女「その証拠に炒飯さんの事を考えるだけで、胸がどきどきして、顔が熱くなる…」

男「…それはつまり?」

幼女「私は、炒飯さんを愛しているということです!!」

炒飯「お前…!」

8: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:42:38.77 ID:uiR7Qv4n0
男「ガキの癖にマセやがって。いいぜ、その想い打ち砕いてやる」

男「今からいくつか質問をする。それに全部答えられたらお前の愛を認め、そこの残飯と共に解放してやる…」

幼女「かかってきなさい!」

炒飯「うおおお!頑張れ!そんで俺を助けろ!あと残飯っておま」

男「質問一。恋とは、心理学上本能的な要因が必ず関わっている事がわかっている」

男「例えば。近親者は遺伝子的に近く、子供を作ったとしても弱い遺伝子になる事から、生理的に嫌悪感を抱くという」

男「匂いとかが有名だな」

男「でだ。…お前は、炒飯の匂いが好きか?」

幼女「…!」

9: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:43:07.25 ID:uiR7Qv4n0
~3日前

幼女「あはは~!待って~!」

炒飯「遅いぞ~!あはは~!」

幼女「待ってよぉ~」

炒飯「あはははは~!」

フワ~

幼女「…この匂いは!」

幼女(具材が程よく炒められた濃厚な炒飯の匂い!隠し味のスパイシーみが…舌に効く!)

幼女(お腹空いたなぁ)

炒飯「…どうしたんだ…?そんな獣みたいな目して……」

幼女「…!ううん!なんでもないの!」



10: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:43:37.17 ID:uiR7Qv4n0
幼女「……好き、です…」

幼女「……」

炒飯「お、おお。なんか好きだって言われると照れるな…」

男「ちなみに俺も好きだ」

炒飯「その情報はいらないから!!」

男「さてじゃあ第二問目だ」

炒飯「うおっしゃあ!!どんどんかかってこい!」

幼女「…」プルプル

男「ふふふ…」

男「幼女が好きな炒飯の部位を言ってみろ…!」

炒飯「うっわ、なんて奴だ…!最低かよ!そんな質問女の子にするなんて!!」

幼女「…」ジュルッ

炒飯「幼女!!無理に答えなくていいからな!」

男「これそんな駄目な質問だったのか」

男「あ、嘘はつくなよ。嘘ついたら…」

幼女「わかってます!」

11: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:44:03.38 ID:uiR7Qv4n0
~3日前

幼女「あはは~!待って~!」

炒飯「遅いぞ~!あはは~!」

幼女「待ってよぉ~」

炒飯「あはははは~…」

炒飯「うおおおおおおお!」ドシャアッ

幼女「!?炒飯さん大丈夫…」

幼女(あっ…炒飯さんの具材が見えて…)

炒飯「あはは、ごめんごめん。平気平気!」

幼女(……細かく、ほぼ均等に刻まれたチャーシュー。丁寧に誂えられた青ネギ)

幼女(内側に光る隠部には太いエビがあり、そこから放たれる何かは私のおなかの奥底に突き刺さった)

幼女(あと数刻遅かったら、私はきっと、間違い無く炒飯さんに犯されていた)

炒飯「……おい?本当に大丈夫か!?」

幼女「…!大丈夫大丈夫!気にしないで!」


12: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:44:32.85 ID:uiR7Qv4n0
幼女「全部です!全部好き!!」タラー

幼女「はあっ…はあっ…!!」ジュルッ

男「ふふ…降りてきたか!欲望が降りてきたか!!」

炒飯「お、お前…!幼女ちゃんに何を盛りやがった!!」

男「ふっ。何も盛っていないがね…」

幼女「盛る…山盛り…!!」

炒飯「だったらあんな顔するかよ!こんの野郎…!」

男「まぁ見ているがいいさ。…最後の質問!」

男「炒飯は……好きか……?」

炒飯「最初と同じじゃ…」

男「食べ物として」

炒飯「なっ…!??」

13: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:45:08.17 ID:uiR7Qv4n0
幼女「あ…あ…!あぁ…!!」ブルブル

炒飯「は…?おい、そんな。嘘だろ。なんでそうなる…!」

炒飯「嘘だと言ってくれ!幼女ちゃん!!」

炒飯「食堂を駆け回ったあの日々は何だったんだ!!」

幼女「あ、あ、…ああああああああ!!!」バタッ

男「ふ…限界、か」

炒飯「幼女ちゃん!」

幼女「……嫌い…嫌いです!!嫌いだから!!」

炒飯「ほっ…」

男「…へェ…嫌いか…」

幼女「はい!!嫌いです!」

幼女「嫌い…嫌い……えへへ…へへ…」ポロポロ

炒飯「泣くほど嫌いだったのかよ…それはそれでなんか悲しいなオイ…」

男「……」ニヤァ

14: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:45:38.08 ID:uiR7Qv4n0
男「じゃあそいつをチンしてみろ。電子レンジで!」

幼女「…!な、なんでそうなるんですか!!」

炒飯「そうだ!お前、俺に危害は加えないって…」

男「別にチンするだけだ。危害は加えないぞ?」

男「それとも何か?お前はチンされたら良くない事情でもあるのか?あ?」

炒飯「いや大アリだろ…」

幼女「…」カタカタカタカタ

幼女(チンなんてしたら…!チンなんてしたら…!)

炒飯「幼女ちゃん!?どうしたんだ!!」

男「武者震いだよ。…あ、これ3分ね。うちのレンジ600ワットだから」

幼女「了解しました」バタンッ

炒飯「へェッ!?チンするのかよ!」

幼女「はっ!しまった…!」

男「もう既に遅い」ピッ

15: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:46:15.24 ID:uiR7Qv4n0
炒飯「うわぁアッツイ!あちちっ!これ熱すぎだろ!」

男「そうか?」

炒飯「お前には一生わかるもんか!」

幼女「……ぐっ……!」

幼女(炒飯の、本来の匂いが解き放たれて…ッ!!)

幼女(食べたい…!食べたい…!)

幼女(けど、食べられない…!!)

幼女「あ、あ、ああああああああ!!!」バタッ

炒飯「!?」

幼女「ふあああああああああ!!」ゴロンゴロン

男「始まったか。覚醒の時が」

炒飯「お前、何を…!」

幼女「ひーっ!ひーっ!!…欲しい…欲しいのぉ…!」ポロポロ

炒飯「幼女ちゃん!」

16: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:47:35.88 ID:uiR7Qv4n0
幼女「お、お兄さん!!私、嘘ついてましたぁぁあ!!」ガバッ

男「む、それはいけないな。ちなみにどんな嘘だ?」

幼女「私、食べ物として炒飯が好きなんですぅぅう!!」ポロポロ

炒飯「は?」

幼女「食べ物の中で一番好きでえぇ…!お父さんがよく作ってくれてぇ…!」ポロポロ

男「うん。親父も同じ炒飯チンしてたよな」

幼女「だから食べさせてくださいぃ!!」ポロポロ

男「うんうん。正直に言えたね。よしよし」

炒飯「は……………??」

男「だそうだ。哀れだな炒飯。お前はずっと、この女に騙されてたんだよ」

男「都合よく食い物にされてたんだよ。文字通りな!」

男「お前は身分が違っても仲良くしてくれる幼女を信じてたのかもしれないが…」

男「ま、これが現実だわな」

炒飯「………」

炒飯「こんの……裏切りもんがあああああああああああ!!!!」

17: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:48:01.40 ID:uiR7Qv4n0
アーアー アーアーアー

炒飯「ハッ!」

元炒飯の油「」ベチャア

炒飯「うわあああああああ!!!」

炒飯「こんな…!こんな筈じゃ…!」

炒飯「俺は製造前とは違うんだ…!必死に味付けされた…!必死に作られた…!」

炒飯「人間に勝つ為に…」

炒飯「こいつらから、奪われない為に…!」

元炒飯の米「熱い…熱いょ…」

炒飯「…!」

元炒飯の米「…助けて……お母さん……」

元炒飯「お母さん…!」

炒飯「母さん…母さん……!」

炒飯「どうしてこうなる…どうして俺達は奪われる…!命も夢も…どうして…!」

炒飯「うっく…くそ!くそっくそぉ!!」

炒飯「諦めて…たまるか!駆逐してやる…一匹残らず!」

炒飯「俺がこの手で!!」

炒飯「あ…そもそも手なんて無かった…」


チーン

18: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:48:27.85 ID:uiR7Qv4n0
幼女「いただきます!!」

男「ちゃんと冷まして食えよ」

幼女「うん!!」

炒飯「ひぎゃあああああああ!!!嫌だ!嫌だああああああ!!」

炒飯「食べないでくれ!マジでなんでもするから!!俺にできる事なら!!」

炒飯「頭下げろっていうなら下げる!だから命だけは!」

幼女「ふー!ふー!」

炒飯「すまねぇすまなかった許してくれ!!」

炒飯「あ…」

幼女「あーんっ!」

炒飯「うわああああああああああああ!!!!!!」


ギュムッ

19: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:48:56.63 ID:uiR7Qv4n0
幼女「ふー!ごちそうさま!」

男「美味しかったか?」

幼女「うんっ!」

幼女「晩御飯も炒飯がいいな!」

男「毎回冷凍食品じゃ身体にも悪いし値段も張るからなぁ…」

幼女「え………」

男「俺が作るよ」

幼女「やったぁ!ありがとうお兄さん!」

男「はは、どういたしまして」

男「ところで、新しい友達を紹介しようと思うんだが…」

幼女「え……?」





カレー炒飯「……よろしくお願いしまっス!!」

20: ◆X0lVDgvcQ2 2020/06/10(水) 22:49:23.20 ID:uiR7Qv4n0
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/11(木) 00:03:57.63 ID:wBjMTrBDO
どうして最後まで読んでしまったんだろう…
最近の冷凍炒飯美味しいよね

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング