FC2ブログ

妹「軽度のブラコンだから」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:01:55.50 ID:ZiKesIEqP
男「おい」

妹「はい?」

男「なんでここにいる」

妹「失礼だなあ」

ぷくっと顔を膨らせて。

妹「可愛い妹が兄の帰りを待っていたのさ」

男「ならなんで物色してんだよ」

俺の部屋に忘れ物なんてないはずだ。
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:04:14.48 ID:ZiKesIEqP
妹「は、ハサミー!」

男「そんな妹はいらない」

妹のとっさの物真似は。

どちらかというと、コジコジっぽかった。

……あれ、あってるのか。

妹「いいじゃん、ちょっとくらい……」

ボソボソと喋りながら、物色再開。
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:06:36.69 ID:ZiKesIEqP
男「させるか!」

妹「セクハラ」

男「急に女になるな」

妹「でも、安易に体を触るのは……ちょっとねえ」

男「なんだよ」

ジト目やめろ。
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:08:53.26 ID:ZiKesIEqP
妹「……んーん、なんでもない」

男「お、おい」

妹「もういいや、ごめんなさい」

頭を下げて、部屋に戻った。

男「……」

なんか、急に焦燥感。
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:10:23.53 ID:ZiKesIEqP
ちょっとくらい相手してやるのになあ。

急にいなくなるとつまらない。

暇だ。

妹よ、暇だぞ。

お兄ちゃん、暇だよ!?

男「……いやいやいや」

妹と遊ぶとか。

何考えてんだか。
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:12:09.59 ID:ZiKesIEqP
でも、気になるよな。

帰ってきたらいきなり部屋を漁ってんだから。

もちろん。

俺相手だから、めちゃくちゃ薄着だったし。

妹じゃなかったら襲ってたぞ。

いや、それはないか。

男「妹ー、飯ー」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:14:17.50 ID:ZiKesIEqP
妹「はいはい」

男「なんだそのめんどくさそうな返事は」

妹「いつもと変わらないじゃん」

男「いいや、違うな。いつもはもっと『はぁい♪』だったはずだ」

妹「裏声はきついよ」

むぅ、冗談に乗ってこないか。
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:18:21.30 ID:ZiKesIEqP
と、言いつつ、俺に飯を運んでくる。

手際良いなあ、こいつ。

男「なんだよ、おとこでもできたか?」

ピクリと。

妹の体が動く。

妹「……」

あれ、図星か?

最後に、妹はコップを凄い音を鳴らして置いた。

妹「そんなわけ、ないじゃん」

……どうやらこいつの口癖は『~じゃん』らしい。
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:19:48.56 ID:ZiKesIEqP
というか、なんかめっちゃ怒ってる。

妹「あ、醤油切れてる」

男「せうゆ切れたの?」

妹「……買ってくるね」

男「ちょ、ちょい待ち」

ボケをスルーしたあげくの放置はきついぜ。
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:22:22.24 ID:ZiKesIEqP
妹「なに?」

うわあ、めっちゃ冷たい視線。

男「なら一緒に行こうぜ、一人は寂しいぜ」

妹「なに、シスコン?」

男「違う、オリコンだ」

オリジナルシスターコンプレックス。

妹「……行ってきまーす」

男「待てって!」

悪かった、悪かったって!
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:24:35.05 ID:ZiKesIEqP
妹「私が出したご飯どうするつもり?」

男「食べるから!」

妹「醤油無いけど?」

男「食べるから!」

妹「じゃあその間私は?」

男「食べるから!」

妹「い、妹を食うな!」

男「ぐはっ!」

全部『食べるから!』はまずかったか!
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:29:39.37 ID:ZiKesIEqP
妹「まったく……」

男「……行ってらっしゃい」

妹「もうっ」

妹は椅子に腰かけた。

男「ん?」

妹「待っててあげるから、食べなよ」

男「おお!」

流石妹!

男「やいやい、このブラコン!」

妹「行っていい?」

男「悪かった」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:32:17.00 ID:ZiKesIEqP
それでは、改めて。

男「いただきます」

妹「はい、どうぞ」

機嫌が一向に直らない。

男「……うん、いつもながら美味い」

妹「良かった」

顔は全然喜んでないんだが。
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:34:34.61 ID:ZiKesIEqP
男「……」

黙々と食べる。

妹「あんまり早く食べると体に悪いよ」

男「お前を待たせてるから早く食べてるんだ」

妹「嬉しいこと言うじゃん」

あ、笑った。
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:35:53.12 ID:ZiKesIEqP
妹「もし、さ」

男「うん」

妹「人生相談したいって言ったらどう思う?」

男「お前のキャラに合わないと思う」

妹「流石だね」

また、笑う。

ツボがわからん。
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:39:17.41 ID:ZiKesIEqP
妹「あのさあのさ」

男「あん?」

……待て、妹。

身を乗り出すと、ブラが見えちまうぞ。

いや、別に興味は無いぜ?

妹のブラなんかな。

でもな。

おとことして、おとことしてはこのシチュエーションは素晴らしい。
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:41:00.12 ID:ZiKesIEqP
妹「明日のご飯何がいい?」

男「え、えーっとだな」

ブラは忘れるんだ、ブラは忘れろ。

妹のなんの魅力も無い幼稚なブラなんか忘れろ。

お前は兄だろ、しっかりするんだ!

男「飾り気のあるのが、いいかな」

何言ってんだ俺は!?
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:46:22.65 ID:ZiKesIEqP
妹「ふぅん……」

男「……」

これは、謝ろう。

謝った方がいい。

妹「どんな感じがいいのかな?」

男「色は白!」

妹「白!?」

ああああ、止まらねえええ。
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:50:52.35 ID:ZiKesIEqP
妹「ネットは得意じゃないけど、調べてみようかな……」

男「いやいや、わざわざ買わなくてもいいんだぞ」

妹「違うよ、レシピ!」

む、こいつ、なんの話をしてるんだ?

……まさか、錬金術師か!?

ブラの錬金術師!?

妹「……どこ見てんの?」

やべ、凝視してた。
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:52:21.63 ID:ZiKesIEqP
男「いや、一心不乱に飯を食ってたから他のことに目がいかなかった」

妹「そっか」

男「……」

また、黙々と食べる。

妹「あのさあの――」

男「ふぃ、ご馳走さま!」

妹「あ……うん」

なんだよ、食べ終わったんだぞ。

名残惜しそうだぞこの野郎。
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 01:56:57.59 ID:ZiKesIEqP
妹「食べ終わったらあっちに置いといて」

男「へいへい」

お前は母さんか。

妹「あとで洗うから……とりあえずお醤油買いに行こう」

男「おう」

妹「着替えるから、待ってて」

男「よし、手伝おう」

妹「……本気?」

んなわけあるか。
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:00:37.69 ID:ZiKesIEqP
男「嘘だよ嘘」

妹「……覗かないでね」

わお、警戒心マックスじゃないか。

覗くなと言われて、覗かない奴がいるか!?

覗いてやるぜヒャッハー!

とまあ、ちょっと世紀末風にはしゃいでみたけれど。

うん、覗きませんよ、俺は。
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:02:59.51 ID:ZiKesIEqP
そして待つこと数分です。

うふふ。

ごめん、ちょっと調子に乗った。

妹「おまたせ」

男「何十分待たせるつもりだ!」

妹「そんなに待ってないじゃん」

男「……いやあ、もっとこう、あのな」

妹「?」

男「もっと豪快にツッコんでくれよ」

妹「そういう趣味なの?」

あれ、なんか勘違いされた?
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:05:55.09 ID:ZiKesIEqP
男「違う違う、全然違う!」

そういうのじゃなくてさ。

妹「はははっ」

……笑うなよ。

妹「おかしいね」

おかしくねーし。

妹「ほら、行こ」

男「ほいほい」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:08:21.21 ID:ZiKesIEqP
なんか、よくわからないけど、腑に落ちないぞ。

妹「どう?」

男「あん?」

妹「ちょっとませてるかな?」

男「いんや」

最近の子はこんなもんなんじゃないか。

男「まあ、お前が何を着てもませガキとしか思わん」

妹「子供扱いはやめて」

怒った。
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:12:07.28 ID:ZiKesIEqP
でも、ませてるとか言ったのはお前だぞ。

男「悪い悪い」

妹「ふんっ」

怒り方がまだまだ子どもだな。

可愛い奴め。

男「bigAに行くのか?」

妹「普通にダイエーでいいじゃん」

いやいや。

だからここでツッコんで欲しいのよ。
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:18:01.23 ID:ZiKesIEqP
妹「まあ、そうだね」

男「近いしな」

妹「うん」

そういえば。

とても久しぶりに一緒に歩く気がする。

男「明日、暇か?」

妹「え?」

まあね、と。

軽い返事。
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:20:02.68 ID:ZiKesIEqP
男「そうか」

妹「え、聞いただけ?」

男「そうだけど」

妹「じゃあ、聞かないでよ」

つまんない、とつぶやく。

なんだよ、期待してたのかよ。
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:21:34.20 ID:ZiKesIEqP
男「そういえばさ」

妹「ん?」

男「お前、打ち上げとか行かないのか?」

よく、体育祭とかのシーズンになると色んなところでうるさい中学生やらを見かけるけど。

妹「それを言ってる人がどうなのやら」

……。

誘われたことはあっても、行った記憶はないな。
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 02:24:05.33 ID:ZiKesIEqP
妹「ご飯作らなきゃ行けないし、外食して無駄なお金使っちゃうし、あんなの意味無いもん」

男「でも、お前いつも誘われるだろ?」

妹「なんでわかるの?」

男「だって、面白いもん」

妹「バカにしてる?」

男「滅相もない」

妹「バカだから面白い人と、頭いいから面白い人が世の中には存在するの」

男「後者だよ後者」

前者は俺のことを言うのだろう。

……ごめん、バカだけど面白くはなかった。
86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:43:46.54 ID:ZiKesIEqP
もうすぐでダイエーである。

妹「醤油以外にも、明日の用意も買っておこうかな」

男「もう夜遅い。あまり長くはいれないぞ」

妹「わかってるよ」

誰かさんじゃあるまいし、と。

小さくぼやく。

なんだか、嫌な予感がしてならない。

まあ、いつもそうなんだけどな。
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:47:25.38 ID:ZiKesIEqP
・ ・ ・

男「おい」

妹「はい?」

ビクリと体を震わせてしまった。

やばい、もう帰って来たのか。

いつもはこんな時間に帰ってこないのに。

もっと遅いじゃん。

男「なんでここにいる」

妹「失礼だなあ」

私は頬を膨らませた。

妹「可愛い妹が兄の帰りを待っていたのさ」

男「ならなんで物色してんだよ」

さて、なんのことでしょう?
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:49:33.91 ID:ZiKesIEqP
とりあえず、ボケて逃げよう。

妹「は、ハサミー!」

男「そんな妹はいらない」

あらら、ちょっとコジコジみたいになっちゃった。

まあ、いっか。

妹「いいじゃん、ちょっとくらい……」

さて。

唐突に私の脇腹をあの人が掴む。

男「させるか!」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:51:34.75 ID:ZiKesIEqP
私が決意を新たにした瞬間に何してんの、この人。

くすぐったい。

妹「セクハラ」

男「急に女になるな」

……女だし。

そういうのは妹だから~とかでもダメだよ。

妹「でも、安易に体を触るのは……ちょっとねえ」

男「なんだよ」

なんかたじろいでる。面白い。
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:53:42.07 ID:ZiKesIEqP
反応しなくなっちゃった。

妹「……んーん、なんでもない」

いつも同じ反応で、面白くない。

男「お、おい」

つまんないの。

妹「もういいや、ごめんなさい」

もっと困ってくれてもいいじゃん。

妹「……ふんっ」

ほんと、退屈。
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:56:02.80 ID:ZiKesIEqP
私からしかけるといつもこう。

自分からはノリノリで来るくせに。

私からのノリには合わせてこない。

自分勝手な人。

ベッドに倒れこむ。

妹「……はぁ」

小さく溜息。

こぼしても、意味無いけれど。

男「妹ー、飯ー」

だったら私があなたの部屋を出る前に行って欲しい。
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 22:57:58.50 ID:ZiKesIEqP
妹「はいはい」

男「なんだそのめんどくさそうな返事は」

なるでしょ、それは。

それにさ、

妹「いつもと変わらないじゃん」

男「いいや、違うな。いつもはもっと『はぁい♪』だったはずだ」

……出ました、この人のノリ。

妹「裏声はきついよ」

ご飯はできてるので、とりあえず持ってこよう。
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:01:08.73 ID:ZiKesIEqP
男「なんだよ、おとこでもできたか?」

……え?

妹「……」

私は硬直した。

いるのがバレたからではない。

実際のところ、いない。

それでも私は、怒った。

違う意味で、だけど。

それでも平然を装って、コップを持っていく。

妹「そんなわけ、ないじゃん」

動揺を隠し切れていないなぁ、自分。
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:03:45.42 ID:ZiKesIEqP
……落ち着こう、すこし。

とりあえず、台所の周りの整理でもして、落ち着こう。

……あれ?

妹「あ、醤油切れてる」

どうしよう。醤油が無いとあの人、食べれない。

男「せうゆ切れたの?」

ここでもボケてくるか。

妹「……買ってくるね」

スルー、スルー。 

男「ちょ、ちょい待ち」

ツッコまれないときついだろうなあ。

妹「なに?」

ちょっときつめの視線で睨む。
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:05:02.16 ID:ZiKesIEqP
男「なら一緒に行こうぜ、一人は寂しいぜ」

いきなり、なんなの。

妹「なに、シスコン?」

理由は何?

男「違う、オリコンだ」

もう、めんどくさい。

妹「……行ってきまーす」

男「待てって!」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:06:04.22 ID:ZiKesIEqP
妹「私が出したご飯どうするつもり?」

男「食べるから!」

あ、良い返事。

妹「醤油無いけど?」

男「食べるから!」

でも、それはちょっと悪いかも。

妹「じゃあその間私は?」

男「食べるから!」

妹「い、妹を食うな!」

男「ぐはっ!」

いきなり性的なのは困る。
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:07:39.64 ID:ZiKesIEqP
妹「まったく……」

呆れた人。

男「……行ってらっしゃい」

妹「もうっ」

どうして私は甘いのかな。

男「ん?」

妹「待っててあげるから、食べなよ」

男「おお!」

ふん、なに喜んでるんだか。

男「やいやい、このブラコン!」

……。

妹「行っていい?」

男「悪かった」

素直でよろしい。
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:10:22.76 ID:ZiKesIEqP
彼は箸を持って、手を合わせた。

男「いただきます」

妹「はい、どうぞ」

やっと、食べ始める。

男「……うん、いつもながら美味い」

妹「良かった」

工夫とか、色々してるからね。

不味いなんて、言わせない。

男「……」

荒々しい食べ方。ちょっと汚い。

妹「あんまり早く食べると体に悪いよ」

男「お前を待たせてるから早く食べてるんだ」

ふうん、そっか。

妹「嬉しいこと言うじゃん」

ちょっと、嬉しい。
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:12:23.37 ID:ZiKesIEqP
妹「もし、さ」

男「うん」

妹「人生相談したいって言ったらどう思う?」

……って、何聞いてんだろ。

いきなりこんなこと言われても、答えらんないじゃん。

男「お前のキャラに合わないと思う」

……そうなんだ。

妹「流石だね」

よくわかってるじゃん。
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:14:28.68 ID:ZiKesIEqP
私は何がしたいのだろう。

妹「あのさあのさ」

また、話を振る。

男「あん?」

妹「明日のご飯何がいい?」

また、他愛のない質問。

『なんでもいいよ』って、言われちゃうじゃん

男「え、えーっとだな」

あ、考えてる。

なんか、またボケられるかと思ったけど。
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:18:47.05 ID:ZiKesIEqP
ちょっと期待してる自分がいる。

男「飾り気のあるのが、いいかな」

なかなかない答えだった。

妹「ふぅん……」

せっかく言ったのに、前向きな答えを出せなかった。

男「……」

ちょっとあっちが落ち込んじゃってる。

これはダメだ。

妹「どんな感じがいいのかな?」

男「色は白!」

妹「白!?」

白い、料理!?
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:20:53.04 ID:ZiKesIEqP
ここまで言ってくれたんだ。何かで見たのかな、聞いたのかな。

妹「ネットは得意じゃないけど、調べてみようかな……」

男「いやいや、わざわざ買わなくてもいいんだぞ」

妹「違うよ、レシピ」

私が作らなきゃ意味無いじゃん。

あなたに美味しいものを作ってあげたいんだから。

……あ、今の無しだから。

とか言ってると、私の胸元を、彼が見ている。

妹「……どこ見てんの?」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:23:25.12 ID:ZiKesIEqP
男「いや、一心不乱に飯を食ってたから他のことに目がいかなかった」

それもそうか。

こんな貧相な胸見ても、面白くないよね。

妹「そっか」

男「……」

会話が途切れてしまった。

なんでもいい、話を続けよう。

妹「あのさあの――」

男「ふぃ、ご馳走さま!」

妹「あ……うん」

どうやら、終わってしまったらしい。
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:27:50.33 ID:ZiKesIEqP
妹「食べ終わったらあっちに置いといて」

男「へいへい」

妹「あとで洗うから……とりあえずお醤油買いに行こう」

片づけはいつでもできるからね

男「おう」

妹「着替えるから、待ってて」

薄着じゃあ、寒いし。

……って、私この人の前でちょっと露出しすぎじゃない!?

男「よし、手伝おう」

え、ええ!?

妹「……本気?」

ちょっと、怖い。

男「嘘だよ嘘」

妹「……覗かないでね」

性的なボケにはまだ慣れない。
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:29:14.50 ID:ZiKesIEqP
ふう。

何期待してるんだか。

覗きになんてこない来ない。

彼のことだ、やはりただの冗談。

……一度、ドアを振りかえる。

彼はいない。

……そういえば、いつ頃から私は彼のことを。

『お兄ちゃん』と呼ばなくなったのだろう。
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:32:04.37 ID:ZiKesIEqP
考えるだけ無駄。意味ない、意味ない。

ササっと着替えよう。

私が待たせてたら意味がない。意味ない、意味ない。

妹「おまたせ」

男「何十分待たせるつもりだ!」

ああ、またか。

妹「そんなに待ってないじゃん」

自分のボケだけを見てほしいのはわかるけどさ

男「……いやあ、もっとこう、あのな」

妹「?」

男「もっと豪快にツッコんでくれよ」

ついにツッコミ要請してきた。

妹「そういう趣味なの?」

追い打ちをかけてみたり。
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:33:27.49 ID:ZiKesIEqP
男「違う違う、全然違う!」

凄い必死だ。

妹「はははっ」

つい、笑ってしまう。

だっておかしいじゃん。

妹「おかしいね」

ちょっと、彼を倒した気分。

妹「ほら、行こ」

男「ほいほい」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:35:10.23 ID:ZiKesIEqP
少し歩いて。

妹「どう?」

男「あん?」

妹「ちょっとませてるかな?」

……いや、いや。

なにしてるの、私。

服装のこと聞くとか。

……彼女じゃ、あるまいし。

男「いんや」

それ相応、ってところの評価かな

男「まあ、お前が何を着てもませガキとしか思わん」

妹「子供扱いはやめて」

私は怒った。子供扱いは、嫌い。
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:37:06.99 ID:ZiKesIEqP
男「悪い悪い」

妹「ふんっ」

この人にだけは、子ども扱いはされたくなかった。

この人にだけは。

男「bigAに行くのか?」

bigA? ……ああ、なるほど。

big=大=ダイ、A=エー。

妹「普通にダイエーでいいじゃん」

ルーさん目指してるの?
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:39:33.87 ID:ZiKesIEqP
妹「まあ、そうだね」

男「近いしな」

妹「うん」

あんまりスーパーなんか行かないくせに、よく知ってるじゃん。

二人で買い物なんて、何年ぶりよ。

覚えてないや。

男「明日、暇か?」

妹「え?」

サラッと、質問される。

明日は、どうだったっけ。

考えろ私、もしかしたら、どこかに行けるかもしれない。

彼と、どこかに。

妹「まあね」

確か、なかったはず。
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:41:06.15 ID:ZiKesIEqP
男「そうか」

……え?

妹「え、聞いただけ?」

男「そうだけど」

『どこか行くか?』とかじゃないの?

……。

妹「じゃあ、聞かないでよ」

最悪。

期待させないで欲しい。
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:42:33.81 ID:ZiKesIEqP
つまんない。

私は知らぬ間に、つぶやいていた。

どういう意味で言ったのかは、自分でもわからなかった。

男「そういえばさ」

妹「ん?」

あちらから、話を振ってくる。

なんだろう。

男「お前、打ち上げとか行かないのか?」

……私、邪魔なのかな。

妹「それを言ってる人がどうなのやら」
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:51:04.29 ID:ZiKesIEqP
妹「ご飯作らなきゃ行けないし、外食して無駄なお金使っちゃうし、あんなの意味無いもん」

男「でも、お前いつも誘われるだろ?」

妹「なんでわかるの?」

誘われても、いかないし。

男「だって、面白いもん」

嘘つき。

妹「バカにしてる?」

男「滅相もない」

それがバカにしてるって言うんだよ。

妹「バカだから面白い人と、頭いいから面白い人が世の中には存在するの」

男「後者だよ後者」

なに、ムキになってるんだろ。
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/08(土) 23:56:09.58 ID:ZiKesIEqP
もうすぐでダイエーなのに。

悪い雰囲気。

妹「醤油以外にも、明日の用意も買っておこうかな」

その間に、調子を戻そう。

久しぶりに、二人だし。

家じゃあんまり話さないからね。

男「もう夜遅い。あまり長くはいれないぞ」

妹「わかってるよ」

誰かさんじゃあるまいし。

なんて、私はつぶやいた。

今日だって、遅く帰ってくると思ってたし。

ちょっと、自分で言って嫌な感じ。

・ ・ ・
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 00:27:51.32 ID:7RJff9kGP
俺はスーパーに行くと。

ガキのころからこれはかかさずやっていた。

お菓子売り場に直行してしまう癖がある。

仕方ない。

まだまだ心は子どもである。

と、いうわけで早速。

妹「先にどこか行かないでね」

釘打たれた。
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 00:36:13.33 ID:7RJff9kGP
男「妹を置いて、どこかに行くと思うのか?」

妹「じゃあなんで私より前にいるの?」

男「……」

そそくさと妹より後ろに行く。

くそう、お見通しか。

久しぶりの買い物なのに。

こいつ、天才か。
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 00:41:04.58 ID:7RJff9kGP
妹「お菓子売り場は、後で二人で行けばいいじゃん」

……。

男「そうだな」

本当に、記憶力がいいな。

妹「とりあえず、明日は何がいい?」

男「ハンバーグ!」

俺は子どもだ。

妹「白くて飾り気のあるものじゃなくていいの?」

男「こ、こんなところでそんな話するなよ!」

妹「え?」

めちゃくちゃキョトンとしている。

ブラはダメだぜ、妹。
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:00:45.07 ID:7RJff9kGP
男「俺はハンバーグが食べたいんだ!」

それは譲らんぞ!

妹「いつもと同じじゃん」

男「いいだろ、別に」

はははっ、と。

軽快に笑いやがる。

妹「まあ、いっか」

ニッコリと笑う。
134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:03:25.87 ID:7RJff9kGP
二重に笑うなんて言葉を使ったけど。

一つ目は笑い声。

二つ目は顔が笑ったということだ。

まあ、わかるか。

妹「じゃあ、ハンバーグの用意、しなきゃね」

男「そうだな、まず肉をだな……」

妹「結局先に行くんじゃん」

別にこれはいいだろ。

俺の勝手である。
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:07:34.74 ID:7RJff9kGP
その時。

俺の目の前には。

見たことのある人物がいた。

小さな背丈。

憎たらしい笑顔。

?「おや?」

こちらに気づいてしまったようだ。

近づいてくる。

?「やあ、奇遇だね」
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:19:06.46 ID:7RJff9kGP
男「お前……」

女「ふふ、こんなところで出会うなんて、運命かな?」

そんなわけないだろう。

女「なにをしてるんだい? 君がこんなところにいるなんて」

男「妹と買い物に来てる」

女「こんな時間に……怪しいね」

怪しくねえよ。
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:24:56.59 ID:7RJff9kGP
妹「先に行かないでよ……あっ」

男「……お、おう」

女「やあ」

妹「ど、どうも」

女「ふふっ、妹くん、奇遇だね」

これは面倒くさい。

別にこいつらの仲が悪いわけじゃないけど。

妹はやつに、優しいから……。

妹「……じゃあ、私は買い物の続きしてるから、喋ってていいよ」

男「いや、俺も――」

妹「いい。邪魔だから」

そんな、酷いぜ。
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:32:25.01 ID:7RJff9kGP
女「ふふ、反抗期かな?」

男「そうなのだろうか……」

ちょっと心配だ。

すこしくらい生意気でも可愛いやつなのに。

実の兄を『邪魔』ってお前……。

女「まあ、そういうことだから」

男「あん?」

女「ボクも買い物をするよ」

男「そうか? じゃあ俺はどうすればいい?」

女「それは君が決めるんじゃないか?」
144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:35:17.88 ID:7RJff9kGP
なんだよ。

なんかいつもと違うぞ。

男「じゃあ、付きあわせろ」

女「人がいるよ……?」

男「いつものシャレを入れるな」

女「ダメかい?」

……こいつはこいつだな。
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:46:17.24 ID:7RJff9kGP
女「それにしても君は……」

男「あん?」

女「……鈍いね」

男「誰がのろいって?」

女「違うよ、にぶいと言ったんだ」

漢字は一緒だ。

女「気づかない?」

男「なにがだよ」

知らぬ間に、俺に何かしたのか?
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:53:08.60 ID:7RJff9kGP
女「ふうん……」

よくわからんことを言うやつだ。

女「これはボクがどうにかできるものじゃないね」

男「は?」

女「それじゃあ、ボクは買い物に戻るね」

男「じゃあ、付き合うぞ」

女「いいよ、邪魔だから」

ニッコリと。

小悪魔的な発言。

ひでえ。こいつもひでえ。

女「それじゃあ、また」

そして、やつは買い物を再開した。
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 01:59:27.86 ID:7RJff9kGP
この後、こいつは俺を完全に無視したため。

仕方なく、俺は妹のところに行くことにした。

妹よ、どこだ。

……妹をちょっと焦りながら探すとは。

どっちが子どもかわからん状態だ。

男「あ、いたいた」

妹「……」

男「お、もう色々入ってるな」

妹「まあね」

口調が刺々しい。
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 02:05:56.89 ID:7RJff9kGP
妹「楽しい会話はいかがでしたか?」

男「あれほど苦痛な時間も無い」

妹「最低」

男「なんでだ」

妹「女さんに失礼だし、私の気遣いにも失礼じゃん」

じゃんが耳から離れなくなるじゃん。

男「まあ……あれだ、言葉の綾ってやつだ」

妹「……平野綾でしょ」

男「俺は久川綾だ」

断じてそこは譲らない。

って、いきなりボケるなよ! 真面目に答えちまったぞ!
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 02:11:51.09 ID:7RJff9kGP
男「んなことより」

妹「?」

男「お前は俺に言うことがあるはずだ」

妹「なに?」

男「謝れ」

妹「なんで?」

男「『邪魔』はさすがに悲しいから」

妹「邪魔だもん」

あれ、目から汗……?

男「お前なぁ」
156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 02:18:37.91 ID:7RJff9kGP
妹「めんどくさいの」

男「……え」

妹「あんたの相手」

男「……おい」

いくらなんでも。

兄を『あんた』呼ばわりは。

むかつく。

男「あんたって、なんだよ」

妹「……知らない」

男「待てよ」

とっさに腕を掴む。
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 02:20:10.81 ID:7RJff9kGP
ビクッとして。

妹「は、離してっ」

顔を赤くする。

なんだこいつ。

男「なんだよ」

妹「……」

あれ……なんか。

泣いてる?

妹「!」

目をゴシゴシと拭いて。

妹「……ふんっ」

プイっとそっぽを向く。
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 22:03:24.87 ID:7RJff9kGP
男「……俺、悪いことしたか?」

妹「……」

無視。

男「なあ?」

妹「……」

そして、カートをレジに持っていこうとする。

流石にそれを阻止するつもりはなかった。

普通に待とう。

俺は入口付近で待つことにした。
220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/09(日) 22:10:29.52 ID:7RJff9kGP
ついに、来てしまったのだろうか。

妹の、反抗期。

いや、思春期か。

……ってこともないか。

どうしよう。

下ネタのボケはスルーだったしな……ううむ。

いや、今日のボケはあんまり拾ってくれなかったって感じ。

男「ツッコまれないボケはなんの意味もないんだぞ……」

悲しく、ひとりごちる。
241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 03:41:35.24 ID:qkwc2jQ6P
妹「……」

お。おう。

ヌッと俺の後ろにあらわれたのは。

言わなくてもわかるだろうが、妹である。

妹「入れるのくらい手伝ってよ」

ぷんぷんしてる。
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 03:42:44.38 ID:qkwc2jQ6P
男「いやあ、俺は邪魔だから」

妹「それ、屁理屈」

ま、まあ、この子ったら。

女の子のくせに屁だなんて!

妹「……つまんないこと考えてる?」

男「まさか!」

ごめん、考えてました。
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 03:50:00.71 ID:qkwc2jQ6P
妹「……」

冷めた妹だ。

男「まあ、なんにせよ、帰ろうぜ」

妹「女さんに言わなくていいの?」

男「言う必要はない」

なにかにつけてやつを出してくるな。

妹「……そっ」

素っ気ねえ。
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 03:52:04.61 ID:qkwc2jQ6P
男「……」

妹「……」

帰宅途中、である。

帰宅途中っていいづらいな、きたくとちゅう。

……気まずい。

俺、何でこんな目に遭わなければならないのか。
247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 03:55:37.94 ID:qkwc2jQ6P
妹「……ねえ」

男「あん?」

急な言葉。

妹「……不良みたい」

男「い、いや、咄嗟だったから……」

咄嗟に『あん?』って出るのもおかしいけど。

妹「……まあ、いいや」

見逃してくれた。
248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 04:03:45.81 ID:qkwc2jQ6P
妹「……女さんとは、最近どうなの?」

は?

妹「……付き合ってたり、する?」

いやいやいや。

俺は言いたいね。

さっきお前と同じ反応を俺は取るぞ。

男「そんなわけ、ねえだろ」

流石に『~じゃん』まで同じではないけれど。
250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 04:20:25.39 ID:qkwc2jQ6P
妹「ふうん……」

男「そ、そうだ」

ちょっと、どもっちゃった。

妹「あの人以上に、仲良い人いるの」

いるとも!

……いる、とも。
252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 04:51:09.75 ID:qkwc2jQ6P
男「……いません」

素直に、俺は答えた。

妹「……ふぅん」

男「ま、まあそういうことだ」

妹「そうなんだ」

私じゃないんだ、と。

つまらなそうに言った。
253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 04:52:09.57 ID:qkwc2jQ6P
ちょ、ちょっと待て。

その回答もあったのか?

それで良かったのか?

男「……」

ちょっと間が空いてしまった。

突っ込めそうもない。

やめておこう。
305: >>254 ”削除”しました。 2011/01/10(月) 20:06:59.67 ID:qkwc2jQ6P
男「……あのな、妹よ」

妹「……」

一応、聞いているのだろう。

男「俺はお前と仲が良いのではない」

俺は続ける。

男「むしろ、愛している、LOVEだ」

妹「なんでやねん」

ついにツッコんだ。
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:10:52.44 ID:qkwc2jQ6P
男「引いたか?」

妹「冗談はやめてよ」

男「冗談じゃない、愛してる!」

妹「そういう冗談をやめてって言ってるの!」

怒ってる。

なんだよ、そんな顔真っ赤にすることないじゃん。
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:16:09.91 ID:qkwc2jQ6P
男「俺の目を見ろ! 俺が冗談を言ってるように見えるか」

妹「っ……」

瞳そらさないで。

男「さあ!」

妹「っ!」

また、そらされる。

妹「そ、そんな目で……み、見るな」

やべえ、顔赤過ぎる。怒り心頭じゃねえか!
314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:32:43.33 ID:qkwc2jQ6P
男「見ろおおおお!」

怒るまで、俺はやめないぜ!

妹「!」

キッと目を細めて。

俺の頬をぶったたいた。

妹「はぁ……はぁ……」

息が荒い。SK5!

すでにキレてる5秒後だ。
315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:36:30.87 ID:qkwc2jQ6P
男「い、妹……」

妹「そういう冗談が、一番嫌い!」

そう言って、べーっと舌を出して、走り去った。

もちろん、家に帰ったのだ。

男「……やっちゃったかな?」

ここまで怒ると思わなかった。

流石にやりすぎた。

……どうしよう。

どうしようかな。
316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:39:07.98 ID:qkwc2jQ6P
男「みんな、どうすればいい?」

そう、ここで俺は。

安価をしようと思う。

というわけで>>……。

いや。

しないけれど。
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:43:00.97 ID:qkwc2jQ6P
男「さて」

歩こう。

家に帰宅して、妹に謝るしかない。

ちょっと俺は、冗談を言いすぎてしまったのかもしれない。

好きなのは本当なんだがなぁ。

……誤解はするなよ?
321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:45:48.00 ID:qkwc2jQ6P
妹は、可愛いやつである。

兄の俺ですら可愛いというくらいなのだ。

きっと俺だからツンツンしているだけで。

学校ではきっとデレデレなのだろう。

……いや、それはそれでいやだな。

逆にして欲しい。

むしろ『お兄ちゃん』って慕って欲しいぞぉ。
323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:52:06.71 ID:qkwc2jQ6P
どうしよう。

こんなことを言っていると。

叩かれた頬が痛む。

男「……」

早く帰ろう。

ちょっと、真剣モードにならなくては。
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:54:57.97 ID:qkwc2jQ6P
帰宅。

男「ただいま」

小さく声が響く。

居間が暗い。

……部屋か。

よし。

夜這いだ!
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 20:58:18.60 ID:qkwc2jQ6P
男「なんてな」

普通に行くんだけども。

男「おーい、妹?」

ドアをノックする。

男「いるかー」

いるに決まっているけど、一応確認。

妹「いません」

いた。
334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:05:49.56 ID:qkwc2jQ6P
男「そうか、いないのか」

どこにいるのかな……。

妹「もっとくまなく探しましょう」

男「妹の下着が目当てだったんだが」

扉が反対側から圧力がかかってくる。

妹「絶対に入れないから」

男「冗談だ、冗談」

しまった。

妹が可愛いために、また冗談を言ってしまった。
335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:07:24.31 ID:qkwc2jQ6P
妹「……」

扉の圧力が消えた。

男「入っていいか?」

妹「やだ」

男「どうして」

妹「顔、見たくないから」

そりゃないぜ嬢ちゃん。
337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:09:35.82 ID:qkwc2jQ6P
男「……俺はお前の顔が見たいぞ」

こんなこと。

妹にしか言えないな。

妹「……自分勝手だよ」

男「そうなのかね」

わりと真剣なんだけどな。
338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:12:32.37 ID:qkwc2jQ6P
男「……入るぞ」

妹「待って」

ドアノブに手をかけた俺に、静止をかけた。

静止、だからな。

妹「あんたが入ってきたら、私はあんたの妹らしくない行動をするかもしれない」

それでも、いい? と。

小さな声で、言った。

男「ああ、もちろんだ」
341: >>340 あなたが正しい 2011/01/10(月) 23:20:04.69 ID:qkwc2jQ6P
そんなことくらい、受け止めてやろう。

可愛い妹のために。

人肌、脱いでやる。

男「開けるぞ」

ガチャっと。

ドアを開ける。

そこには。

薄いキャミソール姿の、妹がいた。
344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:23:58.14 ID:qkwc2jQ6P
男「……」

おいおい。

妹「……」

妹は俺と目が合うや否や。

俺を抱きしめた。

ちょっと苦しい。

男「はは……どうした?」
353: >>350 そうですね。つまらないですね 2011/01/10(月) 23:33:24.60 ID:qkwc2jQ6P
妹「……」

なんかなぁ。

男「いやあ、あのな?」

妹「さっきの、約束」

男「……」

これが、妹らしくない行動――なのか。
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:37:18.63 ID:qkwc2jQ6P
妹「どうしてこんなことしてるかわかる?」

妹の顔は。

俺の体で隠れている。

男「……見当もつかん」

さらに力強く抱きしめられ。

妹「顔、見たくないから」

ここまで引っ張ってそれかよ。

妹「それと――離れたくないから」

軽く矛盾してないか……?
362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:45:02.64 ID:qkwc2jQ6P
男「じゃあ、顔見せろよ」

妹「やだ」

男「どうして?」

耳が赤くなっているのがわかる。

というか、体が暖かい。

妹「恥ずかしいじゃん」
365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/10(月) 23:52:30.92 ID:qkwc2jQ6P
妹は。

顔を隠したままである。

男「お前、顔見せなかったら……」

脅してみるか。

男「チューしちゃうぞ。チュー」

妹「!」

すると妹は。

顔を上げて。

俺の唇にキスした。
441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 20:25:23.35 ID:zaqVjo4GP
……あ、あれー。

男「え? え?」

妹「……」

わけがわからない間に。

妹は顔を隠した。

今、あいつは俺に何をした?

唇にすこし、違和感がある。
444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 20:41:09.72 ID:zaqVjo4GP
男「お、おい」

妹「やだ」

まだ何も言ってない。

男「今、なにした?」

妹「キスした」

キス?

きす?

接吻……?
446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 20:54:20.74 ID:zaqVjo4GP
妹「恥ずっ」

そして。

耳をまた赤くする。

……恥ずかしいのはこっちも同じだ。

実の妹にキスされて。

いいにおいがするとか、思ってるし。
447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 20:59:35.62 ID:zaqVjo4GP
ドキドキしてる。

どうしようどうしよう。

すげぇ汗かいてきた。

男「……」

肩を掴んで押す。

妹の体を俺から離そうとするも、妹の体はピッタリとくっついている。

まずい、変な気分になってきた。
450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 21:10:21.71 ID:zaqVjo4GP
男「は、な、れ、ろ……!」

妹「い、やぁ……!」

今確認してドキドキを通り越してまずいんだ。

離れてくれ。

フッと、妹に力が抜ける。

力強く、押した俺まで前に倒れる。

男「おわっ」

妹「あっ……」

気がつけば。

顔は数センチの距離になっていた。
456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 21:24:52.50 ID:zaqVjo4GP
妹は顔をキッとさせて。

俺をキスしながら、抱きしめた。

こんな抱きしめ方は。

普通、家族にはしないだろう。

この抱きしめ方は。

一人のおんなが。

一人のおとこを愛する時の、それだった。
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 22:51:37.78 ID:zaqVjo4GP
男「……」

ムードがさっきと、まるで違う。

もう、逃げられそうもない。

妹「……もう、駄目だから」

男「あ?」

一体、何がだ。

妹「ここまでさせといて……浮気とか、駄目だから」
468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 22:58:21.80 ID:zaqVjo4GP
ここまでしたのは。

お前だろう。

男「……」

妹「……」

男「まあ」

可愛いから。

許そう。

妹「ちょっ!? ど、どこ触って……っ!?」
474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:06:24.33 ID:zaqVjo4GP
本当に。

実の妹に俺は何をしているのだろう。

妹「そ、そんなとこ……触るなぁ」

男「なんで?」

妹「い、言わなくてもわかるでしょっ」

男「わからんなぁ」

説明してくれないと、な。
475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:13:46.17 ID:zaqVjo4GP
妹「手つきがエロい!」

そう言われても。

男「じゃあ、俺のことを『お兄ちゃん』って呼べるか?」

妹「なんでそんな話になるの?」

男「いやあ、なんとなく」

妹「……呼べるわけないじゃん」

ああ、わかってる。わかってるさ。

477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:16:57.33 ID:zaqVjo4GP
こいつは。

結構前から。

俺のことが好きだったのだろう。

……自分で言うのは恥ずかしいけど。

だから。

俺のことを、兄と。

『お兄ちゃん』と呼びたくなかったのだ。

男「可愛いやつめ」

妹「ひゃっ!」

意地悪したくなるのも仕方ないというやつだ。
478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:21:21.62 ID:zaqVjo4GP
男「妹ぉ~」

妹「ちょ、バカ! バカ男!」

妹に。

本名で呼ばれる。

男「ああ、バカだ! 俺はバカで変態な兄貴だー!」

妹「あぅ……わ、私にとっては……ひ、一人のおとこの人……なんだから」

ピタリ、と。

俺の手が止まる。
480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:24:29.96 ID:zaqVjo4GP
そうなのだ。

俺は、兄貴じゃなく。

一人の、おとこなのだ。

男「……」

どうしよう。この妹。

愛しくてたまらない。
483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:30:07.61 ID:zaqVjo4GP
男「わかったよ、妹」

妹「……?」

男「俺は今日からお前の彼氏だ」

妹「!」

男「まあ、彼氏といってもアレだぞ? 本当に、本当の……」

妹「うん、わかってる」

叶わないことくらい、と。

どこか寂しそうに、笑った。
485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 23:34:12.39 ID:zaqVjo4GP
妹「たまには早く帰ってきて、私の相手をすること! いい?」

男「もちろんだ」

よく、考えてみると。

俺の帰宅時間はとても遅かった。

それだ。

それが理由だ。

俺の中で妹との距離が離れたと思ったのは、多分、それだろう。
498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:30:59.55 ID:zjDzuaOQP
妹「じゃあ、約束ね」

そう言って。

小指を立てて、俺の方に差し出した。

男「……子どもかよ」

ムッとした顔をしている。

男「……まあ、嫌いじゃないけどな」

そして俺は妹の小指に、俺の小指を絡ませた。

ユビキリである。
499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:34:32.58 ID:zjDzuaOQP
妹「嘘ついたら包丁でメッタ刺し……」

ヤンデレだった。

男「いやいや、怖いぞ」

妹「じゃあ、一日本当の彼氏ってことで」

男「はぁ……」

妹「いや?」

男「別に」

むしろ、俺にデメリットがないことに驚いた。
500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:38:58.43 ID:zjDzuaOQP
妹「それじゃあ、約束」

ちょっと前までの不機嫌な顔はどこに行ったのやら。

妹「そうだ」

男「なんだ?」

何か言い忘れたのか?

妹「女さんとあんまりイチャつかないでね」

男「……お前には俺とあいつの会話がそう捉えられるのか?」

イチャついてないだろ、どう考えても。
502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:44:18.78 ID:zjDzuaOQP
妹「あんたとあんな楽しそうに会話したことないもん」

……むぅ。

そうなのか。

男「しかし、大した話してないぞ?」

妹「例えば?」

……ごめん。

男「それは言えない」

妹「内緒の話なんだ」

視線を下にずらして、ため息をついた。

違う、ただの下ネタばっかりだからだ。
503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:47:28.01 ID:zjDzuaOQP
妹「ま、いっか」

男「悪いな」

妹「隠し事のひとつやふたつ、関係ないもん」

前向きな妹だ。

妹「私はあなたが好きだから」

……おう。

一瞬ドキッとしてしまったことは言うまでもない。
504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:50:28.61 ID:zjDzuaOQP
妹「お風呂入るね~」

男「おう」

妹「早急に部屋から出てね、色々困るから」

何があるというんだ。

男「なんだったら一緒に風呂に入ってやろう」

妹「おふざけ禁止」

男「ちぇっ」

もちろん、おふざけだけども。
505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 01:52:17.69 ID:zjDzuaOQP
妹「へへへ……」

男「?」

妹「今日、一緒に寝てもいい?」

男「……いいけど」

妹「やったっ。それじゃあ入ってくるね」

……はぁ。

俺はどうやら。

軽度のシスコンらしい。

END
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 05:41:11.58 ID:zjDzuaOQP
もし、残っていたら妹視点で書きます
558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 22:07:12.99 ID:zjDzuaOQP
・ ・ ・

きっとこの人は。

また勝手にどこか行こうとするのだろう。

ほら。

私より少し先行してる。

妹「先にどこか行かないでね」

ギクッと、体を驚かせてる。
559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 22:11:36.35 ID:zjDzuaOQP
やっぱりね。

男「妹を置いて、どこかに行くと思うのか?」

妹「じゃあなんで私より前にいるの?」

男「……」

ほら、私の言った通り。

小さいころからそうだった。

……最近は、一緒に行かなくなったけど。
561: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 22:32:16.53 ID:zjDzuaOQP
妹「お菓子売り場は、後で二人で行けばいいじゃん」

……なに、言ってんだろ。

男「そうだな」

この人も簡単に承諾するし。

調子狂っちゃう。

白い料理ってなんなんだろう。

妹「とりあえず、明日は何がいい?」

男「ハンバーグ!」
562: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 22:47:05.17 ID:zjDzuaOQP
さっき言ってたことと、全然違うし。

むしろ、色は逆でしょ。

豆腐ハンバーグのこと、言ってるのかな?

妹「白くて飾り気のあるものじゃなくていいの?」

男「こ、こんなところでそんな話するなよ!」

妹「え?」

ご飯の話しちゃダメなの?
564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 22:56:51.78 ID:zjDzuaOQP
男「俺はハンバーグが食べたいんだ!」

凄く真剣な目。

この目、嫌いじゃない。

妹「いつもと同じじゃん」

男「いいだろ、別に」

すねてる。なんか、面白い。

妹「まあ、いっか」

なんだか、嬉しい。

ハンバーグ、作ろっと。

妹「じゃあ、ハンバーグの用意、しなきゃね」

男「そうだな、まず肉をだな……」

そう言って、サッサと歩いて行っちゃう。

妹「結局先に行くんじゃん」

この人、やっぱり駄目な人だ。
566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/12(水) 23:11:06.48 ID:zjDzuaOQP
角を曲がって、私から見えないところに行ってしまう。

妹「ほんとに、もう」

あの人は、昔から変わっていない。

良かった。

知らないあの人には、なっていないようだ。

妹「先に行かないでよ……あっ」

そこには。

この人の、とっても親しい人である、女さんがいた。
610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 20:24:24.28 ID:JnSE24KZP
男「……お、おう」

気まずそうに私に対応した。

女「やあ」

妹「ど、どうも」

女「ふふっ、妹くん、奇遇だね」

いつもと同じ、素敵な笑顔。

可愛い人だなぁ、やっぱり。

でも。

今の私は、こんな女さんでさえ、嫌だった。

妹「……じゃあ、私は買い物の続きしてるから、喋ってていいよ」

ここから、離れたくなった。
614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 20:34:49.04 ID:JnSE24KZP
男「いや、俺も――」

妹「いい。邪魔だから」

その気持ちは嬉しいよ。

でも、無理しなくていいから。

私は一人でサッサと買い物を済ませることにした。

……あ、お肉はとっとこ。
617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 20:48:51.18 ID:JnSE24KZP
子ども扱いするなといいながら。

私は、なんてことをしたのだろう。

子どもしかしそうにないような行動。

子どものように拗ねて。

私は、本当に……。

妹「ダメだなあ」

……空しい。
620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 21:00:56.26 ID:JnSE24KZP
次々と無心で物を入れる。

あ、これはいらないかな。

今、彼はどうしているのだろう。

仲良く雑談しているのだろうか。

でも、今さらあっちに戻れないから。

先に帰ってしまおうかな。

男「あ、いたいた」

きっとこのときの私はドキっとしていただろう。

なんでかは、内緒。
622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 21:07:04.67 ID:JnSE24KZP
妹「……」

どうしよう、なにも言えない。

男「お、もう色々入ってるな」

妹「まあね」

すっごく素っ気ない言葉。

どうして。

どうしてここに?

女さんと、お話は?
627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 21:52:38.24 ID:JnSE24KZP
妹「楽しい会話はいかがでしたか?」

カマをかけるつもりはないけれど。

ちょっと、皮肉っぽかったかな?

男「あれほど苦痛な時間も無い」

……え?

妹「最低」

男「なんでだ」

妹「女さんに失礼だし、私の気遣いにも失礼じゃん」

自分の気遣いとか、どうでもいいのに。

なんでこんなに突っ張ってるんだろう。
630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 22:03:45.71 ID:JnSE24KZP
男「まあ……あれだ、言葉の綾ってやつだ」

妹「……平野綾でしょ」

つまんないシャレ。

突然出てきたのは多分、つい最近、テレビで見たからかな。

男「俺は久川綾だ」

ケルベロス、懐かしー。

なんて、変なことを言って気を紛らわせてるあたり。

私も結構、困ってるみたい。
631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 22:08:54.09 ID:JnSE24KZP
男「んなことより」

妹「?」

男「お前は俺に言うことがあるはずだ」

妹「なに?」

男「謝れ」

妹「なんで?」

男「『邪魔』はさすがに悲しいから」

妹「邪魔だもん」

私は素直じゃない。

邪魔なんて、思ってない。
633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 22:15:11.17 ID:JnSE24KZP
男「お前なぁ」

妹「めんどくさいの」

めんどくさいなんて。

思ってないのに。

男「……え」

妹「あんたの相手」

『あんた』、なんて。

私は、何様なのだろう。

男「……おい」

目つきが鋭い、当たり前だ。

私が悪い。
636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 22:38:51.60 ID:JnSE24KZP
男「あんたって、なんだよ」

妹「……知らない」

怖い。

言いたくもないことを言っているこの口も。

今の、彼の顔も。

全てから逃げたくて。

私はレジに向かった。

男「待てよ」

腕を掴まれた。
639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 22:54:01.80 ID:JnSE24KZP
服からなのに。

彼の手の体温を感じる。

なんだか、恥ずかしい。

妹「は、離してっ」

すぐに掴まれた腕を振るう。

男「なんだよ」

妹「……」

なんでだろう。

目から、なんで……。

妹「!」

見られたかもしれない。
640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 23:07:17.97 ID:JnSE24KZP
妹「……ふんっ」

やっぱり私は、素直じゃない。

男「……俺、悪いことしたか?」

妹「……」

やめて。

男「なあ?」

妹「……」

これ以上、話したら。

私は何を言うかわからない。
642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 23:13:52.08 ID:JnSE24KZP
私はレジ通る。

会計を済ましているのに、私の心はここに在らずって感じで。

このあと、どんな会話をすればいいのかとか。

そんなことばかり、考えていた。

妹「普通に謝れば、簡単なのに」

店員さんが首を傾げている。

声、出てたみたいだ。

妹「ご、ごめんなさい」

恥ずかしい。
643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 23:20:45.78 ID:JnSE24KZP
エコバック忘れてきちゃった。

環境、ごめんなさい。

妹「……」

この時も、ずっと考えてることは同じ。

何を話そう。

悩める、妹です。
645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 23:31:14.69 ID:JnSE24KZP
入口の前で、彼は待っていた。

呑気な顔をしている。

さっきの怖い顔は、どこにいったのやら。

妹「……」

お待たせとは、言えず。

妹「入れるのくらい手伝ってよ」

毒づいちゃう、嫌な奴だ。

男「いやあ、俺は邪魔だから」

妹「それ、屁理屈」

彼のことを、全否定してるようだ。
647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 23:36:03.37 ID:JnSE24KZP
変な顔してる。

妹「……つまんないこと考えてる?」

男「まさか!」

必死に否定してるところを見ると。

考えてたみたい。

妹「……」

男「まあ、なんにせよ」

帰ろうぜ、と。

笑いかけてきた。

妹「女さんに言わなくていいの?」

男「言う必要はない」

キッパリと言った。
648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13(木) 23:38:19.33 ID:JnSE24KZP
妹「……そっ」

上手く返事ができたらいいのに。


帰りの道。

気になるけれど。

聞いていないことがある。

聞いてみようかな、どうしようかな。

妹「……ねえ」

そう思っているときにはもう、声に出ていた。

男「あん?」

妹「……不良みたい」

なんで反応しちゃうの、自分。
652: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 00:23:39.18 ID:OberexHgP
男「い、いや、咄嗟だったから……」

妹「……まあ、いいや」

良かった、乗ってこなかった。

これで、本題に移れる。

妹「……女さんとは、最近どうなの?」

彼はこちらに顔を向けるだけで、話さない。

妹「……付き合ってたり、する?」

答えて、くれるかな。

男「そんなわけ、ねえだろ」

あれ、既視感。
653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 00:26:37.60 ID:OberexHgP
妹「ふうん……」

男「そ、そうだ」

このどもり、怪しい。

妹「あの人以上に、仲良い人いるの」

畳みかけてみる。

強い瞳をして。

すこし悩んだ末に。

男「……いません」

妹「……ふぅん」

やっぱりね。
654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 00:31:43.52 ID:OberexHgP
男「ま、まあそういうことだ」

一番仲が良いのは、女さん。

妹「そうなんだ」

『私じゃ、ないんだ』

って、思ってる。

嘘でもいいから、言って欲しかった。

……あれ、また、言葉にしてた?

聞こえて、ないよね。
658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:05:19.28 ID:OberexHgP
男「……あのな、妹よ」

妹「……」

聞いてるけど、返事はしない。

男「俺はお前と仲が良いのではない」

……やっぱり、聞こえてたんだ。

男「むしろ、愛している、LOVEだ」

妹「なんでやねん」

恥ずかしさのあまりに、ツッコんじゃった。

いきなり、そんなこと言われたら、ビックリするじゃん。
659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:07:53.42 ID:OberexHgP
こういう冗談は、タチが悪い。

男「引いたか?」

妹「冗談はやめてよ」

気持ちのこもってないLOVEなんて――

男「冗談じゃない、愛してる!」

――いらないから。

妹「そういう冗談をやめてって言ってるの!」

大きな声を出して、私は怒った。

『愛してる』なんて、言わないで。
660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:09:03.87 ID:OberexHgP
男「俺の目を見ろ! 俺が冗談を言ってるように見えるか」

妹「っ……」

熱い視線。

直視できない。

私は瞳をそらす。

男「さあ!」

妹「っ!」

また、そらす。

妹「そ、そんな目で……み、見るな」

恥ずかしい、見つめないで。
661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:20:29.55 ID:OberexHgP
男「見ろおおおお!」

楽しんでる。

ひどい。

こっちは本当に、恥ずかしいのに。

妹「!」

すっごく悪いことをしたと思ってる。

でも、仕方ないよね。

私は、彼の頬をビンタした。

ごめんなさい、でも。

酷いのは、お互いさま。

妹「はぁ……はぁ……」

男「い、妹……」

妹「そういう冗談が、一番嫌い!」
662: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:23:26.50 ID:OberexHgP
すっごい拒絶した顔をして。

おまけに舌を出して。

私は走って行った。

食べ物を持っているのに、走ったらダメなのに。

私は、彼から逃げたかった。

からかう、『兄』から。
663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:24:51.61 ID:OberexHgP
仕方ないこと。

私が異常なのだから。

それでも私は。

彼が好きだから。

彼以外はありえない。

どこに行っても、私はいつもそう思う。

彼じゃなきゃ――。
664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:28:38.94 ID:OberexHgP
家に着いた。

誰もいない、いるわけがない。

妹「……」

荷物を置いて、階段を上る。

私は、無意識に。

服をすこしずつ脱いでいた。
666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:34:24.30 ID:OberexHgP
体が火照っているのだ。

熱くて熱くて。

心臓が激しく高鳴っていて。

自分が自分じゃないみたいな、感覚。

玄関のドアの音。

彼が帰って来た。
669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:41:46.28 ID:OberexHgP
小さく、下の階から『ただいま』と聞こえる。

彼の声だ。

おかえりなんて、もちろん言えない。

トントントン。

階段を上る音。

彼が、上ってきている。

男「おーい、妹?」

ドアがノックされる。

私の体はさらに、熱くなった。
671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 01:43:22.39 ID:OberexHgP
男「いるかー」

私は、会いたくなかった。

話したくなかった。

話したくないのに。

妹「いません」

話したい。

矛盾する気持ちのせいで、声を出してしまった。

男「そうか、いないのか」
674: 次にバイさるになったら今日は終了です。 2011/01/14(金) 02:00:16.37 ID:OberexHgP
妹「もっとくまなく探しましょう」

先生みたいな、言い方。

男「妹の下着が目当てだったんだが」

よく見ると。

私の服装は、下着に近い。

恥ずかしくて、ドアを内側から押して、開けないようにする。

汗もかいてて、なんだか変な感じ。

妹「絶対に入れないから」

男「冗談だ、冗談」

また冗談。もう。
675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 02:01:57.53 ID:OberexHgP
妹「……」

やっぱり、冗談なのだ。

さっきの、LOVEも。

私はドアを抑えるのをやめた。

男「入っていいか?」

妹「やだ」

男「どうして」

妹「顔、見たくないから」

顔を見たら。

私じゃなくなりそうだから。

男「……俺はお前の顔が見たいぞ」

妹「……自分勝手だよ」

私は見たくない。

まただ。

見たくないのに、会いたい。
676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 02:03:34.30 ID:OberexHgP
こういう気持ちって、どうすればいいの?

男「そうなのかね」

ちょっと呆れるような声。

私だって呆れる。

自分の、意味不明さに。

男「……入るぞ」

妹「待って」

心の準備も。

それ以上に何も考えてない。

入ってきたら、どうすればいいのだろう。

わからない。体がさらにさらに熱くなる。

そして、私は変なことを口走った。

妹「あんたが入ってきたら、私はあんたの妹らしくない行動をするかもしれない」

すこし、間を空けて。

妹「それでも……いい?」
678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 02:06:02.31 ID:OberexHgP
この沈黙は、了解の意味なのだろう。

男「開けるぞ」

意を決した(のかな?)彼が入ってくる。

ゆっくりとドアを開ける。

彼はすこし、ギョッとして、私を見る。

あああ。

こんな姿を、見られたくない。

恥じる顔も、見られたくない。

だから。

私は顔を隠す。

彼に抱きついて。

男「……」

妹「……」

とっても、暖かい。

でも、冷たい沈黙だった。
679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 02:08:35.99 ID:OberexHgP
でも、いいのだ。

妹「……」

顔は見られていないし。

これは、さっき私が言った通り。

男「いやあ、あのな?」

妹「さっきの、約束」

約束通りの行動だから。

男「……」

妹「どうしてこんなことしてるかわかる?」

男「……見当もつかん」

ギュッと、抱きしめ、さらに見えないように顔をつける。

妹「顔、見たくないから」

見たくない、見られたくない。

でも。

見たい。
680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 02:11:02.28 ID:OberexHgP
妹「それと――離れたくないから」

離れたくない。

私はそう言った。

男「じゃあ、顔見せろよ」

『顔見せろ』と言われて。

私はすこし心配になった。

どうか、私の心臓の音、聞こえませんように、と。

妹「やだ」

男「どうして?」

妹「恥ずかしいじゃん」

意識が朦朧としている。ドキドキが止まらない。
730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 18:37:43.05 ID:OberexHgP
男「お前、顔見せなかったら……」

息が当たってる。

ゾクッとするのと、ドキッとする。

男「チューしちゃうぞ。チュー」

妹「!」

冗談、なのだろう。

でも、私は。

冗談に、したくない。
732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 18:51:01.69 ID:OberexHgP
このあと、どうなっても構わない。

冗談なんて、言わせたくない。

だから。

私は、彼の唇に、自分の唇を重ねた。

男「え? え?」

妹「……」

ダメ。

ここから逃げたいくらいに、恥ずかしい。

でも、顔を見られたくない。

今の私は、顔から火が出そう。
737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 19:49:50.11 ID:OberexHgP
男「お、おい」

妹「やだ」

聞かないで。

男「今、なにした?」

恥ずかしいよ。

妹「キスした」

考えることも、できない。
739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:14:28.41 ID:OberexHgP
妹「恥ずっ」

私はさらに、彼の体に顔をうずめる。

彼のにおいがして。

また、頭が大混乱。

男「……」

彼はグッと、私の肩を掴んだ。

一々ドキドキしてるなぁ、自分。
740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:18:22.45 ID:OberexHgP
そして、私を自分の体からはなそうとする。

やだ。

離れたくない。

顔、見られたくない。

こんな真っ赤な顔。

我儘だな、自分。
742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:28:53.71 ID:OberexHgP
すこしずつ、力が強くなる。

男「は、な、れ、ろ……!」

本気みたいだ。

妹「い、やぁ……!」

こんなに拒絶するなんて。

すこし、そんな不安がよぎる。

妹「っ!」

男「おわっ」

そのまま私はベッドに押し倒された。
743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:36:06.67 ID:OberexHgP
妹「あっ……」

こんなに近くに。

彼の顔がある。

もう、いいよね。

私はもう一度、キスをする。

そして、抱きしめた。

ギュウッと。

本当に大好きな人を、抱きしめた。
744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:38:34.58 ID:OberexHgP
もう、私のもの。

彼は、私のもの。

……なんか、ちょっと病んでるみたいだけど。

私は、彼のことが大好きなのだ。

男「……」

妹「……もう、駄目だから」

後戻りはできない。

男「あ?」

妹「ここまでさせといて……浮気とか、駄目だから」

あああああああ! 妹なのに私何言ってるの!?
746: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:42:15.25 ID:OberexHgP
妹が浮気しないで、なんて。

気持ち悪いじゃん。

きっと、嫌な反応をするだろう。

嫌な、反応……。

男「まあ」

えっ?

!?

妹「ちょっ!? ど、どこ触って……っ!?」

私の胸を撫でるように、触って来た。
747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 20:48:09.55 ID:OberexHgP
体を弄ばれているようで。

なんだか、嫌だ。

妹「そ、そんなとこ……触るなぁ」

変な声が出る。

やだ、バカ。

男「なんで?」

妹「い、言わなくてもわかるでしょっ」

そう言いながら手を動かすなぁ!

男「わからんなぁ」

さらに激しくなる。
757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 23:52:23.57 ID:OberexHgP
妹「手つきがエロい!」

それでも私は、エッチな子みたいで。

抵抗は、しなかった。

男「じゃあ、俺のことを『お兄ちゃん』って呼べるか?」

……うう。

妹「なんでそんな話になるの?」

男「いやあ、なんとなく」

なんか、ちょっと笑ってる……。

妹「……呼べるわけないじゃん」

ここまでしといて。

兄と妹の関係なんて、いやだもん。
758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 23:55:20.05 ID:OberexHgP
こんな私を受け入れてくれるのだろうか。

ここまでした、私を。

男「可愛いやつめ」

妹「ひゃっ!」

いきなり首を攻められる。

攻められる……なんて、ちょっと恐ろしいよね。

男「妹ぉ~」

妹「ちょ、バカ! バカ男!」

あ。

名前で呼んじゃった。
759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14(金) 23:58:39.47 ID:OberexHgP
男「ああ、バカだ! 俺はバカで変態な兄貴だー!」

本当に、変態。

この人、もしかして、経験あるのかな。

すっごく、エッチ。

妹「あぅ……わ、私にとっては……ひ、一人のおとこの人……なんだから」

それでも私は。

一人の男性として。

彼を愛してる。

男「……」

彼の動きが全停止する。

男「わかったよ、妹」
760: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:03:08.51 ID:GJlbLm8jP
妹「……?」

なにをだろう。

気持ちは、受け取ってくれたのだろうか。

男「俺は今日からお前の彼氏だ」

妹「!」

彼氏。

ボーイフレンド。

本物の――彼氏。

男「まあ、彼氏といってもアレだぞ? 本当に、本当の……」

……やっぱりね

妹「うん、わかってる。叶わないことくらい」

無理やりにでも、私は笑って言った。
761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:05:17.65 ID:GJlbLm8jP
当たり前。

世間体ではおかしいことだし。

私が恋愛対象になることなんて、ありえないことだから。

言っていて自分で悲しくなるけれど。

それが普通で、それ以外が異常なのだ。

妹「たまには早く帰ってきて、私の相手をすること! いい?」

男「もちろんだ」

快諾してくれた。そう言って、嘘をつくくせに。

いつも帰るのは八時回ってるでしょ。

帰ってきても、女さんと一緒だったりだし。
763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:08:23.91 ID:GJlbLm8jP
妹「じゃあ、約束ね」

ユビキリ。

私は小指を立てて、差し出した。

男「……子どもかよ」

いいじゃん、別に。

子ども扱い、やめてよね。

男「……まあ、嫌いじゃないけどな」

小指だけでも、温もりがわかる。

相当敏感になってるなぁ、私。
764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:11:54.22 ID:GJlbLm8jP
妹「嘘ついたら包丁でメッタ刺し……」

私の精一杯のボケ。

男「いやいや、怖いぞ」

普通のツッコミが帰ってくる。それでいい。

妹「じゃあ、一日本当の彼氏ってことで」

今の私、恥ずかしいくらい顔が緩んでそう。

男「はぁ……」

妹「いや?」

男「別に」

ごめんね、あなたにデレデレだから。
766: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:15:06.63 ID:GJlbLm8jP
妹「それじゃあ、約束」

もうダメダメ。

顔がにやけて、しかたないよ。

彼も安心してるみたい……だけどね、

妹「そうだ」

男「なんだ?」

妹「女さんとあんまりイチャつかないでね」

無理なのはわかってるけど。

それでも、すこしだけでも。

私の方にも意識を向けて欲しいから。

男「……お前には俺とあいつの会話がそう捉えられるのか?」

……仲、良さそうじゃん。
767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:17:56.10 ID:GJlbLm8jP
妹「あんたとあんな楽しそうに会話したことないもん」

ちょっと、怒っちゃってる自分。

ジェラシーだね。

男「しかし、大した話してないぞ?」

妹「例えば?」

教えてくれても、いいじゃない。

彼は少し目を泳がせて。

男「それは言えない」

やっぱり、言えないような。

濃密な話を、しているんだ。

妹「内緒の話なんだ」

ちょっと、寂しいな。
769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:21:10.28 ID:GJlbLm8jP
思わずため息が出てしまう。

すっごく、悲しくて。

それでも、負ける気はなくて。

妹「ま、いっか」

男「悪いな」

謝ることなんか、ないよ。

妹「隠し事のひとつやふたつ、関係ないもん」

頑張ってみせる! 立派な女の人になる!

……ちょっと、変かな。はは。

だって、だって。

妹「私はあなたが好きだから」
771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:35:54.14 ID:GJlbLm8jP
妹「お風呂入るね~」

男「おう」

妹「早急に部屋から出てね、色々困るから」

ちょっとちらかってるから、恥ずかしい。

風呂でたらお掃除しなきゃ。

男「なんだったら一緒に風呂に入ってやろう」

妹「おふざけ禁止」

一瞬本気にしたけど。

そんなことしたら。

男「ちぇっ」

頭がショートしちゃう。
773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15(土) 00:45:48.21 ID:GJlbLm8jP
妹「へへへ……」

男「?」

妹「今日、一緒に寝てもいい?」

男「……いいけど」

妹「やったっ。それじゃあ入ってくるね」

ふふふ、とっても楽しみ。

私はどうやら。

純粋に恋している。

そして。

軽度のブラコンらしい。

END

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング