FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 15:49:19.06 ID:T0toUhe5O
インデックス「ねぇとーま、おせちが食べたいんだよ」


上条「はは、なぁインデックス
おせちって言うのは食べ物じゃないんですよ
だからたべ…」


インデックス「ねぇとーま……」


上条「ん?」


インデックス「お正月って日に食べるんだよね

ね、とーまぁ」


上条「(く、やっぱだめか)お金がないんですよ
インデックスさんにわかりますか?
悪い意味でお金に悩まされ続ける上条さんのこの気持ちが…」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 16:02:32.78 ID:T0toUhe5O
インデックス「とーまの手作りが食べたいんだよ」


上条「そ、それならまぁ…」


【数日後】

上条「はぁ…なんでこんな料理の本なんか俺……」トボトボ


美琴「ねえ、なによアンタの顔」


上条「げっ…御坂…」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 16:14:22.41 ID:T0toUhe5O
美琴「アハハハハハハーそっそれでそんな本買っちゃったわけぇ?アハハハハー」


上条「……はい」


美琴「ハア…ハア…まあいいわ、アンタがどうしてもまずいものしか作れないって言うのなら
まずはその腐った料理をぶち壊してあげるってね~プププ」


上条「く…さすがにいつも温厚な上条さんでもいまの発言はアウトですよ御坂さん
腐った料理かどうか今度食べに来てもらいましょうかビリビリ中学生」


美琴「え…いいの?
アタシで…?」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 16:19:10.87 ID:KArlgn2bO
美琴策士だなw
期待
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 17:00:08.14 ID:A3KOg03rO
上条「おっと、料理の腕で負けるのがこわいなら、無理して来ないでも上条さんは構わないのですよ~」


美琴「ッッ!!上等じゃない!!そんなこと言って不味いおせち食べさせたら、電磁砲で羽根つきしてあげるわ!!」


上条「くくく……そのかわり、おせちがうまかった場合は何でも言うこときいてもらいますよ~?」


美琴「なっ!?」


上条「おっと~?私めの料理が不味いと思っているなら、こんな条件簡単に呑めると思うんだけどな~」


美琴「わかったわよ!でも不味かったときはわかってるわね!?」


上条「上等だよ!テメェこそ、今から俺のおせちが不味くできることを祈るんだな!!」




上条&美琴「……どうしよう」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 17:23:15.44 ID:A3KOg03rO
上条「まずいマズイ不味い!おせちなんて作ったことないっての!なのに何で喧嘩買っちゃうかなぁ俺……」


インデックス「とーま、おせちは~?」


上条「今それどころじゃないの!……どうする?餅焼いてごまかすか?いや、そんなんじゃ電磁砲で羽根つきする羽目に……。練習する程時間もないし金もない。……どうする?」




美琴「あーもう!何であんな約束しちゃうかな私!あの馬鹿一人暮らしだから、美味しいの作れちゃうかもしれないじゃない!」


黒子「また"あの馬鹿"さんの話ですの?」


美琴「"また"は余計よ黒子。……しかもまたあんな条件飲んじゃったし…」


黒子「あんな条件とは……まさかお姉様、何でも言うことを聞くとかじゃないでしょうね!?」


美琴「(無駄に鋭い!)違うから安心なさい……はぁ。それにしてもアイツのおせち、美味しいのかな…?」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 17:38:00.63 ID:A3KOg03rO
上条「こうなったら最終手段しか……」


ピンポーン


上条「土御門!」


土御門「なんだにゃーカミやん。今俺は忙し…」


上条「舞夏いないか?」


土御門「…人の妹呼び捨てにすんなって何回言えばわかるのかにゃー?舞夏は今いないぜぃ?クリスマスとか正月とかでイベントがたくさん入ってるらしいにゃー」


上条「やべーよ……本格的にどうしよう?」


土御門「…?何のことだにゃーカミやん?」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 17:48:14.85 ID:A3KOg03rO
土御門「つまり、フラグを立てたはいいけども折れそうだと言うことかにゃー?」


上条「色々言いたいが時間ないからいいよそれで…」


土御門「しょうがないにゃーカミやんは。こうなったらこの土御門さんが本気をだすしかないにゃー」


上条「……お前料理出来ないだろ」


土御門「こういうときに役に立つのは知り合いだぜぃ、カミやん?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 18:06:02.74 ID:A3KOg03rO
神裂「……それで何故私のところに電話を?」


土御門「にゃー。今日本に居て、かつカミやんの知り合いと言ったらまずねーちんでしょ?最近やられ役だし」


神裂「やられ役は余計です土御門。それよりも、おせちなんて私は作れませんよ?」


土御門「そんなことはわかってるにゃー」


神裂「?ならば何故?」


土御門「普段頼りになるねーちんが料理が出来ないというドジッ娘っぷりをアピール!それを知ったカミやんが料理を教えながらも、普段とのギャップにしどろもどろするのが見たいんだにゃー」


神裂「なっ、何を言ってるんですか!!」


プツッ、ツーツーツー


土御門「ありゃ?切れちまったぜぃ」


上条「何言ってくださりやがったんですか土御門!!」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 18:13:44.22 ID:A3KOg03rO
土御門「まぁ冗談はこのくらいにして」


上条「冗談にしても相手考えろよ土御門!!神裂にボッコボコにされるの俺なんだからな!!」


土御門「またまた~カミやん、そんなこと言って。ねーちんのメイド姿に見とれてたくせに~」


上条「あれは、あまりの恐怖に固まってたんだよ!!」


土御門「まぁそれはさておき、本命に連絡いれるかにゃー」


上条「最初っからそうしろよ……」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 18:21:39.10 ID:A3KOg03rO
五和「それで私のところに?」


土御門「にゃー。あと頼めるのがお前ぐらいしかいないのよ。」


五和「それよりも、どうやって私の番号を……?」


土御門「細かいことはいーからいーから。すぐ来れるかにゃー?」


五和「ま、まずは教皇代理に許可を取らないといけませんので、一旦保留にしますよ?」


ピッ


五和「……許可もらえるかなぁ?」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 18:37:47.92 ID:A3KOg03rO
五和「と、言うことなんですけど…」


ボソボソ


建宮「ここでついに五和が目覚めようとしているのよ」
諌早「我が子の成長を見ているようじゃ」
対馬「そんなことはどうでもいいから、早く許可出してあげたら?」


五和「?」


建宮「あー、許可は出してやるから、とっとと行ってくるがいいのよ」


五和「あ、ありがとうございます!……あと」


建宮「なんなのよ?」


五和「隠れてついてきたりしないでくださいね?」


建宮「ッ!!そ、そんなことする訳ないのよ」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 18:39:11.29 ID:A3KOg03rO
五和「それじゃあ、行ってきます!」


対馬「頑張ってね」


牛深「いつバレた」
建宮「後ろに鬼が見えたのよ…」
野母崎「やり方を変えた方が…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 18:47:27.09 ID:A3KOg03rO
ピッ


土御門「今から来るらしいぜぃ」


上条「今から来たら、渦使っても夜になるんじゃ……。てか、そんなホイホイ入れていいのか学園都市…」


土御門「んじゃ、俺は五和が無害だってこと知らせに行くにゃー。狙われても困るし」


上条「おぅ、頼んだ。俺も部屋に戻るわ。……はぁ。なんか大事になってないか?」


土御門「気にしたら負けだぜぃカミやん」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:06:42.40 ID:A3KOg03rO
ピンポーン


五和「あの、こんばんわぁ…………開いてる?」



インデックス「なんでご飯も用意しないでどっか行っちゃうかな、うちのダメとーまは!」


上条「おま、隣の部屋行ってただけじゃねーか!普段よりちょっと飯の時間が遅いからっていちいち怒るな噛みつくな!こっちは今生きるか死ぬかの瀬戸際なの!」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:11:24.69 ID:A3KOg03rO
インデックス「こっちだって、お腹が減りすぎて死にそうだったんだよ!物を食べるって言うのは、一つの魔術の儀式でもあるんだよ!
日本でも"いただきます"って言うように、食物から血肉や魂を分けてもらうことによって、食物自身が持つ魔術的な意味を自分に取り込むっていう重要な意味を持っていて……」


上条「それっぽいこと言っても駄目だぞインデックス!!様は腹減っただけじゃねーか!!……って五和、久しぶり」


五和「あ、あはは……二人とも変わりませんね…」


インデックス「あ、五和だ五和ー。ねーねー、とーまが酷いんだよー」


上条「自分で料理出来るようになってから言おうなインデックス」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:20:32.14 ID:A3KOg03rO
上条「んで、早速教えてもらいたいんだけど……その、泊まる場所あるのか?」


五和「いえ…まだホテルとかは用意はしてませんけど。別に野宿とかでも構いませんし…」


上条「あー、呼んだのはこっちだし、金使わせるのも悪いから、ここに泊まってもらってもいいんだけど……」


五和「い、いいいいんですか!?」


インデックス「とーま、私の時とは全然違うんだけど」


上条「(ヤベッ)……五和はこっちが呼んだからな、お前と違って」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:28:21.63 ID:A3KOg03rO
上条「ただ、問題があってな…」


五和「(こんな部屋で一緒に寝る!?まだそんな段階は早すぎ…)問題?」


上条「俺は風呂場でも寝れるんだけど……インデックスは寝相が悪い」


インデックス「……失礼なんじゃないかな、とーま。というか、今日は私への態度が酷いと思うんだけど」


上条「でも場所がないから、インデックスと一緒に寝てくれないか?」


インデックス「無視!?」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:36:25.21 ID:A3KOg03rO
五和「そ、そういうことなら大丈夫ですよ?」


上条「悪いな、こっちが呼んだのに」


五和「いえ、こんなことで役に立てるなら…」




インデックス「…………空気って、こんな感じなのかな、スフィンクス?」


スフィンクス「にゃー(本当の空気は俺だぜぃ…)」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:46:32.74 ID:A3KOg03rO
土御門「さて、美味しい料理が食べれそうだし、これはみんなに連絡しておくかにゃー…?」




大晦日



上条「こ、こんなもんか五和?」


五和「はい……とても上手です」


上条「あれだな、案外慣れると簡単なんだな」


五和「努力をしたから、そういう風に思うんですよ」


上条「そういうもんかね」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:53:55.84 ID:A3KOg03rO
上条「問題は何人前作るかだな……」


五和「ミサカさんという人が来るんですよね?」


上条「あぁ。それに御坂妹に、インデックスと五和の分で最低でも十人前だな」


五和「ど、どんな計算ですか……」


上条「と言っても、インデックスが練習の分だけで食い飽きたってんなら、ちょっと減るけど…」


インデックス「おいしいものはいくら食べても平気なんだよ!」


上条「あれだしな」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 19:58:46.80 ID:A3KOg03rO
ピンポーン


五和「あれ?誰か来ましたよ?」


上条「誰だろうな?土御門か?」




土御門「ヤッホーカミやん、元気してたかにゃー?」


上条「どうした?なんか事件でもあったのか?」


土御門「それがだにゃー…」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 20:07:53.44 ID:A3KOg03rO
上条「ふんふん……要約すると」


一 五和のおせち、もとい俺の作ったおせちがうまそう
二 みんなで食わないかと連絡
三 なんかスゴい人数来そう


上条「ふざけんな!!主に二番目!!とりあえずどこに連絡した!?」


土御門「にゃー。とりあえず必要悪の教会の知り合いには連絡入れたぜぃ」


上条「アニェーゼんとこの部隊来たら数百人じゃねぇか!!」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 20:16:05.18 ID:A3KOg03rO
土御門「まぁ、さすがにそんなには来ないと思うぜぃ?」


上条「にしても何人来るんだよ……。御坂も来るのにどうすんだよまったく……」


五和「教会では数百人分まとめて作ったりしましたけど……材料とか全然足りませんね…」


上条「すでに数百人分作る気なんですね五和さん!?」


土御門「こうなっちまったのも俺のせいなんで、場所も材料ももう用意してあるにゃー」


上条「無駄に仕事早いな土御門……」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 20:22:15.07 ID:A3KOg03rO
上条「移動したはいいが……」


土御門「今から徹夜で作らないと間に合わないぜぃ、カミやん?」


上条「そこは問題じゃない!!いや、そこも問題なんだが……」


五和「早く始めましょう?」


上条「ちょっと待ってくれ五和。一つだけ言わせてくれ」




上条「……ここ、病院の調理場だよな?」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 20:30:47.39 ID:A3KOg03rO
土御門「事情を言ったら貸してくれたぜぃ?それに看護師の人達も手伝うって言ってるし」


上条「どんなコネ使ったんだよ……」


土御門「馬鹿だなーカミやん。そんなの"いつもの少年が困ってます"で一発だぜぃ」


上条「俺ってどう思われてるんだろう……。まぁ、そんなことよりとりあえず作るか。それじゃあお手伝いお願いしま~す!」


看護師達「「「「「はーい」」」」」


五和「が、頑張りましょうね!」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 20:41:51.22 ID:A3KOg03rO
翌朝



ステイル「まったく、せっかくの休みにあの馬鹿はまた…」

神裂「そのわりには、インデックスに会えると喜んでいたじゃないですか」

ステイル「ッッ!!誰がそんなことを……最大主教か。また余計なことを…」

オルソラ「あらあら、煙草はいけませんよ?ここは日本なんですから」

アニェーゼ「そんな言葉を聞くような奴じゃないことは知っているでしょうオルソラ。……仕事はシスタールチアに任せてきましたが…心配ですね」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 20:55:41.66 ID:A3KOg03rO
神裂「シスターアンジェレネなんて、最後までごねてましたからね」

アニェーゼ「あれは日本のオシルコというものが甘いとわかったからでしょう……。シスターなんだから自重してほしいものですね」

ステイル「まぁ、君の部隊の一人に例外を与えたら、数百人規模で来てしまうからね……。一応、上条当麻の知り合いと通じるメンバーで来た方がいいのさ」

建宮「その意見には同意なのよな。そもそもこのグループだけでも国籍やら格好やら変だというのに」

オルソラ「シェリーさんもいらしたら良かったんですけど…」

神裂「学園都市に良い思い出はないでしょうしね……。本人が来たくないのに来てもしょうがありませんし」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 21:06:56.49 ID:A3KOg03rO
オルソラ「そろそろ、ツチミカドさんが教えてくれた場所だと思いますが……」

アニェーゼ「住所的には……あそこみたいですね。ですがあそこは……」

建宮「どう見ても病院なのよな」

ステイル「病院食でも食わせる気なのか?あの馬鹿は」



土御門「おーきたきた。こっちだぜぃ。…………って、メンバー少なくないかにゃー?」

神裂「知り合い全員で来ても、作る人が少ないし、何より材料や場所がないでしょう土御門」

土御門「これはちょっと、……と言うより、かなりマズイかにゃー?」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 21:15:59.67 ID:A3KOg03rO
神裂「こ、これは一体……?」

オルソラ「あらあら、たくさんありますわ。全部食べられるかしら?」

アニェーゼ「いやいや、そういうレベルじゃないと思いますよオルソラ……」

ステイル「……一体何人分あるんだい?」

建宮「おーい五和。幸せそうに寝てないで、起きて説明してほしいのよー」

土御門「疲れてるから寝かしておいてくれるかにゃー?説明なら俺がするから。あとステイル、病院内は一応どこでも禁煙だから」

ステイル「……ッチ」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 21:32:22.38 ID:A3KOg03rO
土御門「いやー、もっと多人数で来ると思ったから、材料やら場所やら提供してたくさん作っちゃったぜぃ」

神裂「あなたは働いてないでしょうに……」

ステイル「とりあえず何人分だい?」

土御門「一人分のおせち+雑煮とお汁粉で……ざっと百から百五十ってとこかにゃー?」

アニェーゼ「それなのに来たのが五人とは……。報われないですね」

土御門「ま、困ったら入院患者に配るとかいろいろできるし。安心して食うといいにゃー」

建宮「五和が幸せそうだから、まだ良かったのよ」

土御門「ちなみに五和とカミやんの進展はほぼゼロ。手が触れるだけで顔真っ赤だったにゃー」

建宮「もうちょい女教皇様みたいに強引になればいいものを…」

神裂「何か言いましたか?」

建宮「いえ何も」
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 21:41:38.12 ID:A3KOg03rO
土御門「あとインデックスは、さっき場所教えたからもうすぐ来るんじゃないのかにゃー?」

ステイル「……こっちを見て言うな」

オルソラ「それよりも、作った本人はどこに行ったんでしょう?」

土御門「あー、それなら―――――」






上条「今から泣いて謝ったって遅いんだからな!上条さんの本気を見よ!」


美琴「ぐっ……見た目はおいしそうね……。でも、まだおいしいと決まった訳じゃないわ!」
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 21:48:23.91 ID:A3KOg03rO
美琴「……」


上条「ほらほら。素直になった方がいいぞー」


美琴「…………」


上条「どうしたのかなぁ~?御坂美琴さん?」


美琴「………………いわよ」


上条「何て言ったのか聞こえないなぁ?大きい声で言ってくれるかなぁ?」


美琴「おいしいわよこの馬鹿!!!!」


上条「いきなり電撃飛ばしてくんじゃねぇよ!!殺す気か!!」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 21:57:48.68 ID:A3KOg03rO
美琴「どんな方法を使ったのよ…………おせちの本買ってた癖に、少しの間に私が納得出来るくらいのものを作るなんて……」


上条「上条さんが本気を出したらこの程度、ちょちょいのちょいなのですよ。……っと、二人分作ったから、どんどん食べちゃっていいぞ?」


美琴「ん……」


上条「それよりも、約束はわかってるだろうな?」


美琴「んッ!?」


上条「ちょ、ほら早くお茶!!」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:06:51.09 ID:A3KOg03rO
美琴「……ふぅ、驚かせないでよまったく。死ぬかと思ったじゃない」


上条「そんな驚くとは思わねぇよ……。さぁて、何にしようかなー?」


美琴「(まさか、いくら私が可愛いからって、あーんなコトやこーんなコトさせる気じゃないでしょうね!?さすがにそれは……でも、約束だし、ちょっとなら…………)」


上条「よし、決めた!」


ビクゥ


美琴「な、何よ?」
125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:15:46.33 ID:A3KOg03rO
上条「宿題教えてください!」


美琴「…………は?」


上条「おせちばっか作ってたので、冬休みの宿題まったくやっていないんです!」


美琴「ちょ!?土下座までしなくても!?…………はぁ、わかったわよ。約束だしね。その宿題ってのはどこ?」


上条「ちょっと待っててくれ、すぐ取ってくる!」




美琴「………………ま、アイツらしいか」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:18:15.02 ID:Jd0jYsUcO
( ゚д゚)
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:19:32.39 ID:9Ezndkp+0
ははは、ご冗談を
アナザーストーリーでエロ展開あるんだろ?な?
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:21:53.43 ID:UzqrI4ft0

この後は適当にSS投下していいの?
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:24:58.20 ID:A3KOg03rO
>>136
どうぞ~
そもそも乗っ取りですし
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:29:03.83 ID:yLELMXNA0

美琴「ちょっと待ちなさいよ!」

上条「あん?」

美琴「その・・・ついていってあげるわよ・・・////」

上条「いいよ。お前はここで待ってろって。」

美琴「アンタ、ほっておいたらどこ行くか分かんないでしょ?」

上条「俺ってそんなに信用無いのか?」

美琴「と、とにかく!片づけとか面倒な事は連中に任せて、行くわよアンタの家!」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:30:05.43 ID:9Ezndkp+0
構わん続けろ
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:22:19.49 ID:UzqrI4ft0

美琴「(・・・ここがアイツの家)」

上条「?どうしたビリビリ、早く入れよ」

美琴「わ、わかってるわよ。あと私にはビリビリじゃなくて」

上条「御坂美琴って名前があるんだろ?わかってるから早く入れよ」

   「冬休みはおせちを作ることしかしてなかったからカミジョーさんの宿題は真っ白なままなわけでして出来る限りミコトさんの助力を仰ぎたいわけなのですよ」

美琴「(い、今美琴って///)」トコトコ

上条「散らかってるけど適当に座っててくれ」

美琴「(へ~男の一人暮らしってもっと散らかってると思ってたけど案外綺麗じゃない)」チョコン

上条「お、あったあった。ではよろしくお願いしますよ~と」ドスンッ

美琴「!?な、な、なんで隣に座ってんのよ!」

上条「?いやなんでって勉強教えてもらうなら隣りに座った方がやりやすいだろ」

美琴「(か、か、か、顔が近い!///)」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:59:21.55 ID:UzqrI4ft0

上条「っでこのあたりがわからない訳なんですけど・・・」

美琴「(か、肩が当たってる!)」

上条「お~い、御坂さ~ん」

御坂「(なんだかコイツの匂いもするし!)」

上条「お~~い、み~さ~か~さ~ん」

美琴「ふ」

上条「ふ?」

美琴「ふにゃ~」

上条「ぎゃあああああああ、またかよ!というかこんなところで暴走されたら我が家の家電がご臨終にいぃぃぃ」ガシッ

美琴 !!!「なっ、なっ、なっ、なんで手握ってんのよ」

上条「ふう~、だってあのままだったら前みたいにお前の能力暴走してカミジョーさんちの家電が全部ぶっとんじゃうところだったろ」

美琴「悪かったわよ、だからもう、その、て、手ぇ離しなさいよ!」

上条「嫌だ」イケメンAA

美琴「(///!)」

上条「離してビリビリされたらたまったもんじゃないからな。しばらくつないだままでいとく」
163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:27:13.93 ID:V2co1VhQ0

美琴「・・・・・もういいでしょ、手離しなさいよ」

上条「ヤダ」

美琴「~~~///」

上条「(コイツの手って意外と小さいな、なんか柔らかいし)」

美琴「(やっぱコイツの手って大きいわね、ガッシリしてるし)」

上条「(って何考えてんだ!相手は中学生だぞ!カミジョーさんはまだ中学生に手を出したすごい人にはなにたくねぇ」

上条「・・・よ、よく考えたら右手でお前の手握ってたら宿題ができないわけでありまして、

   お前もだいぶ落ち着いたみたいだから手離すな」パッ

美琴「・・・」ガシッ

上条「・・・」ブンッ

美琴「・・・・・」

上条「・・・」ブンブン

美琴「・・・・・・・」

上条「・・・あの~、みことさん?」

美琴「・・・///」
192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 01:29:45.18 ID:V2co1VhQ0

美琴「・・・まだ」

上条「?」

美琴「また暴走するかもしれないから」ギュッ

上条「・・・」

美琴「(な、な、何に言っちゃてんのよ私は///)

上条「あ、ああそれなら仕方ないな」

上条「(ど、どうした何が起こってるんだビリビリがおとなしいていうかコイツ案外かわいいんだなじゃなくてコイツは中学生であcだいっfyj)」

美琴「そ、そうね仕方が無いわね///」

上条「アハハハハッ・・・」

美琴「アハハハハッ・・・」

上条、美琴「「((・・・・・どうしようこの状況))」」
201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 02:20:12.65 ID:V2co1VhQ0

上条「しかし右手が使えないんじゃ宿題ができないんですが」

美琴「・・・・・」

上条「あの~」

美琴 バンッ「あぁ~!もううるさいわね。あんた宿題以外に考えることないのっ!」

上条「えぇ!」

美琴「女の子とふたりっきりで手までつないでるのに何も感じないのかって言ってんのよ!」

上条「えっ」

美琴「あっ」

上条「・・・」

美琴「~~~!///」ダッ

上条「おっおい御坂」

バタンッ

上条「・・・・・」
206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 02:50:11.25 ID:V2co1VhQ0

上条「どうしちまったんだ御坂のやつ」

   「・・・御坂の手、小さかったな」

   「・・・・・ああもう!気になるじゃねえか!」ダッ バタン



美琴「ハアッハアッ」

   「・・・何してんだろ、アタシ」

   「勝手に期待して一人で空回りして・・・」

   「馬鹿みたい」グスッ
209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:15:31.18 ID:V2co1VhQ0

上条「ハアッハアッ、アイツどこ行ったんだ?」

美琴「・・・」トボトボ

上条「あっ」


黒子「お姉さま?」

美琴「・・・く、黒子」ゴシゴシ

黒子「どうなさったんですの?」

美琴「な、何でもないわよ!黒子こそジャッジメントは?」

黒子「今日の活動は終了しましたの、この後はお姉さまと黒蜜堂でデザートでもどうかと思っていたのですが・・・」

美琴「あー!いいわね、行きましょ行きましょ。今日はアタシが奢ったげるわ」

黒子「・・・・・」
211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:24:09.56 ID:V2co1VhQ0

黒子「・・・」

美琴「それならそうとさっさと行きましょ」

黒子「・・・お姉さま」

美琴「ん、な~に?」

黒子「あの殿方となにかあったんですの?」

美琴 ビクッ!

黒子「やっぱりなにかあったんですのね」

美琴「な、何言ってるのよ。なんで急にあのバカがでてくるのよ」

黒子「私はあの殿方と言っただけでべつに上条当麻のことなどとは一度も言ってないのですが」

美琴「っつ!!」
231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 08:20:49.02 ID:V2co1VhQ0

黒子「お姉さま」

美琴「っアンタには関係ないでしょ!いつもアタシのこと好きだの愛してるだの言ってるくせに」

黒子「・・・・・」

美琴「あっ・・・ごめん、アンタはアタシの事心配してくれただけなのにね」

  「心配してくれた黒子にまであたって、最悪だ、私」

黒子「お姉さま、確かに私はお姉さまのことが好きですが

   それよりもまず誰よりもお姉さまの味方でありたいと思っています」

美琴「・・・黒子」

黒子「ですから黒子はお姉さまが笑っていられるようお手伝いをしたいんですの」

美琴「・・・」

  「~~~」ガシガシ

  「あ~もう、アンタにはかなわないわね」

黒子「お姉さまが分かり易すぎるだけですの」

スタスタ

上条「・・・・・」
235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 09:08:58.07 ID:V2co1VhQ0

青ピ「か~みや~ん」

上条「のわっ!?青髪ピアス、なんでここにいんだよ!」

土御門「なんでってそりゃ~街で知った顔を見かけりゃ普通は声を掛けるにゃ~」

上条「土御門!?お前どうして、必要悪の教会の奴らはどうした」

土御門「それはこっちのセリフだにゃ~。ちょっと目を離した隙に常盤台のお嬢様と一緒に消えやがって!」

青ピ「何ぃ!それは聞き捨てならな

上条「うるせえお前は黙ってろ!」

ギャアギャア

美琴「なんか後ろのほうが騒がしいわね」クルッ

上条「あっ・・・」

美琴「なっ・・・」

黒子「・・・・・」

青ピ&土御門「「???」」
237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 09:14:32.28 ID:V2co1VhQ0

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・」

黒子「・・・・・」

青ピ&土御門「「・・・・・???」」

黒子「・・・ふうっ、仕方ありませんわね」

美琴「黒子?」

黒子「それではお姉さまどうか自分の気持ちに素直になってくださいまし」パシッパシッ

青ピ「へっ?」

土御門「にゃ?」

ヒュンッ

美琴「・・・・・」

上条「・・・・・」
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 09:55:44.65 ID:V2co1VhQ0

美琴「(ありがとね、黒子)」

上条「(追いかけてきたはいいが何話せばいいんだ!?御坂のやついつもとは違うからどんなふうに接したらいいか分かんねえ)」

美琴 スッ

上条「(っん?)」

美琴 ダキッ ギュッ

上条「なっ!!??」

   「(いったい何がどうなってカミジョーさんはこんな状況におちいったのですか!?

    なんかいい匂いするし身体もなんか柔らかいしやっぱりコイツも女の子なんだな~

    じゃなくて!一刻も早くこの状況から脱しなければカミジョーさんはとてつもなく不幸な目にあってしまう気が)」

美琴 ギュウッ

上条「・・・・・・・」そろ~ ギュッ
251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 10:23:26.20 ID:V2co1VhQ0

美琴「・・・さっきは悪かったわね、急に飛び出したりして」

上条「あ、ああ」

美琴「・・・結局アンタの宿題も手伝ってないし」

上条「ああ、それは別に構わないんだが」

美琴「そう・・・」

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・」

上条「・・・ところで」

美琴「?」

上条「カミジョーさんは今のこの状況が嫌とか決してそういうわけではないのですが~」

美琴「?な、なによ、は、はっきり言いなさいよ」

上条「道行く方々の視線がかなり気になるのですが」

美琴「・・・・・」

上条「・・・・・」

美琴「///」ボンッ
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 17:12:52.51 ID:V2co1VhQ0

上条「あ~え~、とりあえずいつもの公園にでも行くか?」

美琴「・・・」コクッ

上条「・・・・・」スタスタ

美琴「・・・・・」トテトテ

上条「(公園に着いたのはいいけどこれからどうすんだ?

    今日の御坂は借りてきた猫みたいにおとなしくて何考えてるのか分からないし、

    さっきの白井との会話からする俺のことで何かに悩んでるようだけど)」

美琴「(さっきは思わず抱きついちゃったけどどうしよう。

    ていうかコイツはアタシを追いかけてきたのよね、たぶん。

    ならさっきの黒子との会話も聞かれてたんじゃ・・・・・ボンッ

    いくらコイツが超のつくほどの鈍感でもこれじゃさすがに気づかれたんじゃ・・・)」
304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 17:15:02.20 ID:V2co1VhQ0

上条「(・・・いやいやいやそれはないだろ

    俺は別にコイツに好かれるようなことなんてなにもしてないし

    むしろいつも適当にあしらってるだけで嫌われてるんじゃあ

    でもそれなら俺に声かけなきゃいいしそんなヤツに抱きついたりなんか・・・

    うおっっ!なんかさっきの感覚がよみがえって何考えてんだ俺は!

    落ち着け!相手は中学生、相手は中学生、相手は中学生)」

   「お、俺なんか飲みもん買ってくるからお前そこのベンチにでも座って待っててくれ」ダッ

美琴「あっ」


上条「ふ~、なんか今日の御坂はいつもと違うから調子狂うな~

   いやだからといって挨拶代わりにビリビリかまされたいというM思考はカミジョーさんは持ち合わせてないんですが。

   ・・・ところでなんでこの自動販売機には普通のジュースが売ってないんでしょうね

   なにをどうしたらおでんにいちごをいれるというエキセントリックな考えに至るのか

   まあ適当にハズレじゃなさそうなやつ買ってくか」ウィーン

自販機「…シーン…」
312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 18:16:04.69 ID:V2co1VhQ0

上条「へっ?」

自販機「…シーン…」

上条「嘘ですよね?」バンバン

自販機「…シーン…」

上条「おいおい2千円札を入れられてバグるお前の気持ちはわからんでもないが

   今入れたのは紙幣の中で一番流通量が多い千円札ですよ~

   さすがにこれくらいは処理できますよね~?」

自販機「・・・・・」

上条「いつも御坂に蹴られてつらいのはわかるが俺も似たようなもんだから仲良くしよーぜ、なっ」

自販機「・・・・・・・」

上条「・・・不幸だ」
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 18:41:36.87 ID:V2co1VhQ0


美琴「遅いわねアイツ、自動販売機で飲み物買うのにどんだけ時間かかってんのよ、もう」タッ


上条「・・・不幸だ」

美琴「なにしてんのよ」

上条「ん、ああ御坂か。なんでもねえよ」

美琴「(っコイツの顔見たらまた顔が熱く)な、なんにもなくて飲み物買うのにこんなに時間かかる訳ないでしょ」

上条「ちょっとした事情あるんですよ」

美琴「何よ?事情って」

上条「お前には言いたくない(前にコイツに2千円札呑まれた事話したら大笑いされたからな、今回も絶対笑われるに決まってる)」

美琴「っ!!!」
344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 21:47:19.62 ID:V2co1VhQ0

美琴「・・・なんで」グスッ

上条「!?」

美琴「どうして・・・何も言ってくれないのよ」グスッ

上条「・・・御坂」

美琴「・・・・・」

上条「・・・・・」

美琴「好きなのよ」

上条「・・・」

美琴「アンタのことが好きなのよ!!」
345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 21:48:23.35 ID:V2co1VhQ0

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・」

上条「・・・冗談じゃ・・・ないんだよな」

美琴「・・・」コクリ

上条「俺は・・・」

美琴「そういう対象としてみてなかったんでしょ」

上条「っ!・・・あ、ああ」

美琴「ハァーー、最近は結構わかりやすく接してきたつもりなんだけどね、この超鈍感男」

上条「・・・返す言葉もありませぬ」

美琴「まあ今までは私も素直じゃなかったから、アンタに察しろというのも無理があったのかもね」

上条「・・・スマン」

美琴「いいっていってるでしょ、問題はここからよ」

上条「???」
346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 21:53:21.20 ID:V2co1VhQ0

美琴「私はもうつまんない意地を張るのはやめたから」

   「本気になったアタシの魅力でアンタを惚れさせてやるわ!」

上条「・・・ああ、楽しみにしてるよw」

美琴「あ~~、スッキリした」

上条「・・・ところで御坂」

美琴「ん、何よ?」

上条「顔赤いぞ」

美琴「っつ!!」バチバチ

上条「いっ!?」

美琴「誰のせいだと思ってんだゴルアァァァァアアアア!!」ビリビリ
355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 23:04:52.73 ID:V2co1VhQ0

上条「うおっ!」

美琴「ハアッハアッ」バチバチ

上条「お前、さっき言ったこととやってることが違うくねえか!?」

美琴「うっさいわね!アンタが余計なこと言わなければいいんでしょうが!」

上条「・・・(いつもの御坂に戻った?か)」

美琴「っでさっきのことだけど」

上条「?なんの事でせうか?」

美琴「アンタが自販機で飲み物を買うのが遅かった理由よ!

    私には言いたくないとか言ってたけど」

上条「ああ、その事か」

美琴「アタシにここまで言わせたんだからアンタも吐きなさいよ」

上条「ああ、わかったよ」

美琴「・・・」ゴクリ
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 23:06:35.07 ID:V2co1VhQ0

上条「その前にひとつ言っとくが、絶対笑うなよ」

美琴「???」

   「(何言ってんのかわかんないけど)分かったわよ」

上条「絶対だぞ」

美琴「?いいから早く言いなさいよ」

上条「実は・・・・・自販機に千円呑まれたんだ」

美琴「・・・・・ハァ?」

上条「だーかーらー、ジュース買おうと千円札入れたら呑み込まれたんだよ!」

美琴「・・・ぷっ」

   「あっはっはっはっはっはっはっはっは」

上条「っつ、やっぱり笑うんじゃねえか!」
360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 23:35:39.31 ID:V2co1VhQ0

美琴「あっはっはっはっは、何アンタ、この自販機に呪われてんじゃないの?あっはっはっは」

上条「っく、もとはと言えばお前がいつもハイキックカマしてるからいかれたんじゃねえのか?

   笑わねえつったのに大笑いしやがって」

美琴「あっはっはっはっは、ひーっ!」

上条「(・・・まあいいか、調子もすっかり戻ったみたいだし)」


美琴「あ~笑いすぎてお腹いたいわw」

上条「腹いたくなるまで笑ってんじゃねえよ」

美琴「あはははは・・・・・、えっ」

上条「?どうした」
363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 23:50:04.76 ID:V2co1VhQ0

美琴「ちょっと待って、ってことはアンタが私に言いたくなかったことってこんなくだらないことなの?」

上条「くだらないとはなんだー!まあ真剣な話というわけではなかったが」

美琴「・・・・・」

   「じゃあその後の私の反応は・・・」

上条「ああ、よくわからないけどお前、なんか勘違いしたんだろ

   千円札呑まれたのを隠したらお前泣き出してびっくりしたぞ」

美琴「・・・・・」

   「~~~///!」カアアッ

上条「あれっ、みさかさん?」

美琴「う~~~~っ」バチバチ

上条「うおっと!」パシッ

美琴「!?」バチッ…
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 00:11:56.59 ID:kyu7jT1j0

…シーン…

上条「ふうっ、またビリビリされたらたまったもんじゃないからな

   お前が電撃だそうとしたら手ぇつなぐことにするわ」

美琴「~~~///!」ブンッブンッ

上条「離したらビリビリ来るのが分かってるからな、絶対離しませんよ~」

美琴「・・・・・なら絶対離さないでよ」

上条「へっ?」

美琴「アンタこの後暇?」

上条「・・・まあ、特に用事はないな、宿題が消化してないのが少し気になるが」

美琴「なら宿題が終わるまで私が教えに行ってあげるわよ」

上条「マジですか!?」

美琴「だから今日はアタシとデ、デ、デートしなさい///」

上条「・・・ああ、いいけど」ポリポリ

   「赤くなるならデートって言わなきゃいいのに」
368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 00:23:35.27 ID:kyu7jT1j0

美琴「うっうるさいわね!あんたは言わなきゃ意識しないでしょうが!

   さっさと行くわよ」グイッ

上条「うおっ、分かったから引っ張るなって」

美琴「ほらっ早く早く」ギュッ 

上条「お、おい。そんなに急がなくても・・・」

美琴「♪♪♪」ニコニコ

上条「・・・・・(こういうのも悪くないな)」タッ



412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 01:45:59.48 ID:kyu7jT1j0

上条「なあ、御坂」

美琴「ん?何よ」

上条「さすがに地下街に来てまで手を繋ぎっぱなしというのは少しというかかなり恥ずかしいのですが」

美琴「ア、アンタが先に握ってきたんでしょ。それに手を離したら電撃出るかもしれないわよ」

上条「う~、確かにビリビリも嫌なんだけどこの状況も結構くるというか・・・」

美琴「・・・嫌なの?」

上条「(っつ、ちょ!その上目遣いは反則ですよ美琴先生。

    さっき泣き顔とか見たせいか今日の御坂は女の子らしいというか

    守ってあげなきゃオーラがでてるような。これが本気の御坂なのかーっ!)」

美琴「ね、ねえ」

上条「いやいや、全然嫌じゃないぞ。ただお前は常盤台の制服着てるから少し目立ちやすいから気になるっていうか」

美琴「・・・・・」

上条「ああもうっ、行くぞっ!」グイッ

美琴「///」
448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 08:16:59.85 ID:kyu7jT1j0

上条「・・・ところでさ」

美琴「・・・?」

上条「これからなにするんだ?」

美琴「・・・・・」

上条「・・・お前また何も考えてないのか?」

美琴「~~~、悪かったわね!あんたと手繋いでたから何も考えられなかったのよ///」

上条「!?(ちょっ!こんな人通りの多いところで何言ってるんですかこの子は

   なんだか通行人のみなさんが微笑ましいものを見るかのような視線を浴びせてくるんですがーっ!)」

  「(このままじゃ晒し者じゃねーか!とりあえずコイツが自然体でいられそうなところに)」グイッ、ダッ

美琴「ちょっ、ちょっと」
449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 08:19:50.31 ID:kyu7jT1j0

美琴「・・・・・っでなんでゲーセンなの?」

上条「え~いろいろ考えたんですがここが一番無難かな~っと」

美琴「アンタね~、今日はデ、デートってこと分かってんの!?」ギューッ

上条「痛てて、いや確かにデートには向かないかもしんないけど

   ここならお前いつもどおり振る舞えるかと思ってさ」

美琴「えっ」

上条「お前の考えるデートとは違うかもしんないけど

   俺はいつものお前といる時間が結構好きだからさ

   肩肘張らずに気軽に楽しくいこーぜ」

美琴「・・・それもそうね」

上条「それじゃ行くかっ!」パッ

美琴「手を離すとは誰も言ってないけどね♪」ガシッ

上条「・・・あの~、さすがにゲーセンの中でまで手を繋ぐのはどうかと~。それにこれじゃあゲームできねえぞ?」

美琴「まあ、なんとかなるでしょ♪」グイッ

上条「お、おい」トットッ
460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 10:53:48.93 ID:kyu7jT1j0


上条「・・・んで御坂、何かやりたいのとかあるか?」

美琴「ん~~、そうね~」キュピーン

   「!!!」バッ

上条「どうした御坂?急に顔色変えて」

美琴 キョロキョロ……ピーン!「(あれかっ!)」ダッ

上条「お、おい御坂」


美琴「・・・・・」ホワーン ←ゲコ太うふふ~AA

上条「あぁ、お前のお気に入りのゲコ太?とかいうカエルのぬいぐるみか」

美琴「・・・・・」ジー

上条「(っその表情はヤバイだろ)」ポリポリ

   「分かった分かった、とってやるから」

美琴 パアアア
461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 10:55:02.00 ID:kyu7jT1j0

ガチャン

上条「(とはいったもののUFOキャッチャーって結構運任せだからな~

   俺の運の悪さじゃ一生取れないかも)」タラリタッタターン

   「・・・取れた」

美琴「キャーッ」バッ、ダキッ

上条「っ!!??」

美琴「ヤッター!」

上条「~~~(っな、なんか柔らかいのが当たっているんですがーっ!)」

美琴「あっ・・・」

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・~~~///」ドンッ
462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 10:56:03.72 ID:kyu7jT1j0

上条「いっ!?」ドサッ

美琴「ゴッ、ゴメン。嬉しくて身体が勝手に」

上条「あ~まあ急に抱きついてくるのはいいんだけど(心臓には悪いがな)

   突き飛ばされるのは遠慮したいな」

美琴「・・・ゴメン」シュンッ

上条「!?そっ、そんな顔するなって。ほら」ポンッ

美琴「あっ」

上条「お前にそんな顔似合わないって、せっかく取れたんだから笑ってろ」

美琴「う、うん。ありがと、大事にする」ギュッ

上条「あ、ああ(やっぱり御坂っておとなしいとかわいいな)」
496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 17:21:01.98 ID:kyu7jT1j0


上条「なあ御坂」

美琴「ん、なーに?」スリスリ

上条「(っ!?ぬいぐるみに頬擦りしながら受け答えするのはヤバイだろ!)

   あ~~、他に何かやりたいものとかあるか?」

美琴「う~ん、そ~ね~」キョロキョロ

   「あっ」

上条「ん?何かあったか?」

美琴「アレとかはど~かな~なんて」
497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 17:23:02.53 ID:kyu7jT1j0

上条「・・・プリクラ?」

美琴「うん、前にゲコ太ストラップもらうために携帯契約するときに

   携帯でツーショットを撮ろうとした事があったじゃない。

   あのときは何かグダグダになっちゃったから」

上条「おう、いいんじゃないか、というかプリクラなんてまだあったんだな」

美琴「あんまり使われてる感じはしないけどね。まあ使うのに問題はないでしょ」

上条「本来の目的である写真さえ撮れればそれでいいしな」

美琴「・・・・・」

上条「どうした?」

美琴「・・・なんでもないわ、はいりましょ」

上条「???」
498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 17:25:55.28 ID:kyu7jT1j0


ピコピコ

上条「おっそろそろ撮るか?」

美琴「・・・ねえ」

上条「なんだ?」

美琴「前に携帯で写真撮ろうとしたときにアンタ私の肩に腕回してたでしょ」

上条「ああ、そうだけど。それがどうかしたのか?」

美琴「・・・っ察しなさいよね!」

上条「・・・?何をだ」

美琴「~~~、だから撮るときに肩に腕回して抱き寄せて欲しいっていってんのよ!」

上条「・・・・・」

美琴「~~~///」カアアッ
505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 18:03:18.71 ID:kyu7jT1j0

ジーーッ

上条 グイッ「笑え御坂!せっかく撮るんだから笑わねえと損だぞ」

美琴「!?そっそうね(///)」

上条「撮るぞーっ!」

美琴「イェス!!」

カシャッ……ウィーン


美琴「♪」

上条「(一緒にプリクラを撮っただけであんなに上機嫌になるとはな)」

美琴 ジョキジョキ「はいっ、アンタの分」

上条「俺は別にいらないぞ、お前持っとけよ」

美琴「アンタね~こういうのは二人で持ってることに意味があんのよ」

上条「そんなもんかね」

美琴「そういうもんなのよ。アンタもそういうのを少しは意識しなさいよね」

上条「・・・善処します」
514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 19:36:06.81 ID:kyu7jT1j0
スマン、次の投下までちょっと時間かかるわ
とりあえず没ネタ投下
515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 19:38:39.36 ID:kyu7jT1j0
>>449の続きで書いたけど展開に無理ありすぎたんで没


美琴「ん~~そうね~、最近来てなかったから新しいゲームとか知らないし、無難に格ゲーあたりか」

上条「んじゃそうするか」


美琴「う~ん、このへんかな」

上条「じゃあ、やってこいよ。カミジョーさんは後ろで見てるから」

美琴「・・・・・」ジトー

上条「ん?どうしたんだ」

美琴「あたしだけやってたら一緒に来てる意味ないでしょうがっ!アンタも一緒にやんのよ!」

上条「・・・ああ、それもそうか。なら対戦だな、それじゃあ俺は向こう側に行ってくるわ」

美琴「そーじゃなくて」ガシッ

上条「???カミジョーさんには美琴さんが何をしたいかが全然わからないんですが」

美琴「あ~もういいから来なさい」グイッ
516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 19:40:00.99 ID:kyu7jT1j0

ガタンッ、ストン

上条「!?(うおっ!近っ、つうか肩当たってんじゃねーか!?)」

  「あの~みさかさん、なにゆえ一人用ゲームに二人で座っているのですか?」

美琴「手は離さないって言ったでしょ。アンタは左手、私は右手で二人でやんのよ」

上条「何の罰ゲームだよ!そんなことやってるやつ見たことねえよ!」

美琴「あ~もううるさいわね!いいからやるわよ」ガチャン

上条「お、おい」

美琴「やるからには勝つわよ!」

上条「・・・ああもう、こうなったらやってやる!カミジョーさんのテクにしっかりついて来いよ!」

美琴「そっちこそ!」

ギャラリー「(・・・・・なにこのバカップル)
517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 19:41:04.22 ID:kyu7jT1j0


・・・・・


美琴「・・・・・」

上条「・・・・・」

美琴「アタシ格ゲーで相手の体力1も削れない試合なんて初めて見たわ」

上条「奇遇だな、俺もだ」

美琴「アハハハハ、やっぱりこんなふざけたやり方じゃ負けるに決まってるわよね」

上条「ハハッ、そりゃそうだ。こんなやり方で勝てるわけねえよな!」

ギャラリー「(いやいやお前ら勝ってるから、色んな意味で)」
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 20:01:49.79 ID:jOyC2MRhO
え?これで没?
俺は好きなんだが
521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 20:11:46.51 ID:ML/OQx7ZO
バカップルいいじゃない
549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 22:38:56.84 ID:kyu7jT1j0


・・・・・・

美琴「おまたせ」

上条「おう」

美琴「ま、待った?(このやりとりっデートっぽいわよね///)」

上条「?待ったも何もお前が荷物を預けに行ってるのを待ってたんだぞ?」

美琴「・・・・・はぁ~(コイツにそういう事を期待した私が馬鹿だったわ」

上条「ん、どうした?」

美琴「別に、何でもないわよ」

上条「(?まあいいか)それじゃ御坂、お前どっか行きたいとこないのか?」

美琴「う~ん、そ~ね~」

上条「さっきは俺が行き先決めたから今度はお前が決めろよ」

美琴「う~~~ん」
550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 22:42:30.39 ID:kyu7jT1j0

上条「・・・(それにしてもさっきとったぬいぐるみを置くためだけにホテルを一室借りるとはな~、

   普段そういうとこ見かけないけどやっぱコイツもお嬢様なんだな~)」

美琴「(よしっ決めた)あのさ~」

上条「っつ!?」バチッ ←美琴と目が合う効果音

美琴「・・・へっ?」バチッ ←同じく上条と目が合う効果音

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・」

上条「・・・・・(なんかタイミング逃したせいで目を逸らしにくく・・・ってか近くで見たらやっぱコイツかわいいな)」

美琴「・・・・・(えっなんでいきなりこんな状況!?偶然目が合っただけでなんでこんな気まずく・・・

   あれっ、でも私がコイツの方を向いたときにはもうコイツはこっちを向いてたわよね。

   ってことはコイツはずっと私のことを見ていたわけで・・・・・えっ?あれっ?)ボンッ

上条「み・・さか」

美琴「・・・・・」
569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 00:30:40.29 ID:MDw5xQZn0



「この人目の多い中堂々とバカップルぶりを公開中ですか、

 とミサカはお姉さまの想定外の急接近に焦りを感じつつもお二人の行動に辟易してみます。」

上条「み、御坂妹?」

美琴「ア、アンタなんでこんなところにいるのよ」

ミ妹「なんでと聞かれましても、ミサカが街中を歩いていたところお二人の姿を確認したので声をかけたまでです、

   とミサカは指摘したにもかかわらずお二人が未だにその体制を保っていることに腹を立ててみせます。」

上条,美琴「「っつ!!!」バッ

ミ妹「しかしその様子を見るにお姉さまは自分の気持ちに素直になれたのですね、

   とミサカはお姉さまが素直になれたことに喜びを感じつつも何とも言えない感傷を抱きます。」

美琴「なっ・・・///」

上条「・・・・・」ポリポリ
580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 01:29:16.05 ID:MDw5xQZn0

ミ妹「ちがうのですか?、とミサカはまだ固まってないであろうお姉さまの精神を揺さぶってみます。」

美琴「っ!・・・そうよ、私はこいつのことが好きよ!誰に何を言われようとも変わらない、

   私はこの気持ちに嘘はつかないって決めたから」

上条「御坂・・・」

ミ妹「分かりました、お姉さまがそこまで言うのならミサカはお姉さまを応援します、

   とミサカはお姉さまが自分の気持ちを伝えてくださった事に感謝の念を抱きながら、今後のことについて考えてみます。」

美琴「えっ、でもアンタは」

ミ妹「ミサカはお姉さまに幸せになって欲しいと考えます。

   またミサカ達の命の恩人であるこの人にも幸せになって欲しいと考えます。

   つまりお姉さまとこの人が気持ちが通じあえばお二人とも幸せになりミサカの望みが叶いミサカも幸せです、

   とミサカは建前だと言うことを自覚しつつも今の自分の気持ちを正直に話してみます。」
581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 01:32:10.24 ID:MDw5xQZn0

美琴「・・・・・」ギュッ

ミ妹「・・・ミサカはいきなりの抱擁に戸惑いを抱きつつもお姉さまの平坦な胸に顔をうずめます」

美琴「・・・アタシが平坦ならアンタもそうでしょうが」

ミ妹「それもそうでしたね、とミサカは

美琴 ギュウッ「・・・ありがとね」

ミ妹「何のことか・・分かりかねます、と・・・ミサカは、ミサカは・・・」

美琴「・・・・・ゴメンね」ポンッポンッ

ミ妹「~~~っ!」

上条「・・・・・」
619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 12:27:26.43 ID:DNOXgowp0

毎度のことだが次の投下まで時間かかるのでまた没ネタ投下
620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 12:31:58.86 ID:DNOXgowp0
>>550の続きで黒子と御坂妹のどっちだそうか迷ったけどさっき黒子出したので黒子の方を没に


プルルルッ、プルルルッ

美琴「・・・・・」

上条「・・・・・」

美琴「アハハハッ、ちょっとごめんね

   (こんな大事なときに、誰よ一体!つまんない用だったらただじゃ・・・黒子?)」ピッ

黒子「お姉さま、今よろしかったですか?」

美琴「・・・全然よろしくなかったけどまあいいわ。何か用」

黒子「用というか・・・とりあえず素直になられたようで何よりです。」

美琴「ブーーッ!ア、アンタもしかして覗いてたの?」

黒子「お姉さまの大事なときにそんなはしたない真似しませんわ。

   先ほどたまたまお姉さまがアノ殿方と手を繋ぎながら楽しそうに歩いていたのが目に入ったものですから」

美琴「・・・///」
621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 12:32:53.26 ID:DNOXgowp0

黒子「それはいいとしてここからが本題ですの。

   黒子はお姉さまが自分の気持ちに正直になったのなら、お姉さまを応援しようと思いますの」

美琴「えっ」

黒子「黒子はお姉さまを愛していますが、お姉さまが笑顔でないならそれでは意味がありませんの」

美琴「・・・黒子」

黒子「なので黒子は若干不満は残りますが、お姉さまが一番笑顔でいられる上条当麻との仲を取り持ちたいと思います」

美琴「・・・・・ありがとう」

黒子「ただしっ!!」

美琴「!?」ビクッ
622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 12:35:08.86 ID:DNOXgowp0

黒子「黒子が応援するのは健全な交際です。万が一、お二人が間違いを起こされた場合、私のとる行動は保証できませんので覚悟しておいてください」

美琴「///わっ分かってるわよ、当たり前でしょ!」

黒子「しかし今日のところはゆっくり楽しんできてください。寮監には適当にごまかしておきますので」

美琴「・・・うん、悪いわね」

黒子「それではいい雰囲気だったところに水を差してしまい申し訳ありませんでした」プツッ

美琴「!!??」バッ、キョロキョロ

   「(まさかあいつアタシたちのこと見てから電話してきたんじゃ・・・)はあっ、まあいいか。あの子にも世話になったしね」
643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 17:48:19.18 ID:DNOXgowp0

ミ妹「恥ずかしいところをお見せしてしまいました、とミサカは少し顔を赤らめます。」

美琴「なに言ってんのよ」

ミ妹「これ以上はお二人のお邪魔となりますのでこれで失礼します、

   とミサカは空気の読める大人の女性の一面を見せてみます。」

美琴「うん、それじゃあまたね」

上条「・・・今度は3人でどっか遊びにいこうぜ」

ミ妹「それは魅力的な提案ですね、とミサカはその状況を想像して顔をほころばせます。」

上条「じゃあな」

ミ妹「最後にあなたにひとつだけ伝えたい事があります。」

上条「?」
645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 17:50:41.32 ID:DNOXgowp0

上条「?」

ミ妹「もしお姉さまを泣かせたら、たとえあなたでも許しません、

   とミサカはサブマシンガンの入った鞄を見せつけて脅します。」

上条「・・・ああ、分かってる」

ミ妹「それではミサカはこれで退散することにします。」

上条「ああ、またな」ノシ

美琴「他の子達にもよろしくね」ノシ
650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 18:35:24.35 ID:DNOXgowp0

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・あの子、いい子よね」

上条「・・・ああ」

美琴「・・・優しすぎるのよ、あの子」

上条「・・・それはお前相手だからだろ」

美琴「えっ?」

上条「お前があいつらのことを大切にしてるから、あいつらもお前のことが好きなんだと思うぜ」

美琴「・・・・・」

上条「俺は、お前はもっとあいつらと話した方がいいと思う、せっかくの仲の良い姉妹なんだからさ」

美琴「・・・そうね」

上条「・・・・・」

美琴「・・・・・」

上条「・・・行くか」スッ

美琴「・・・うん」ギュッ

いつのまにか、二人の手の繋ぎ方は互いに指を絡ませるものへと変わっていた。
670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 21:35:00.63 ID:UNDjXeOf0

上条「・・・」トコトコ

美琴「・・・」トコトコ

上条「・・・なあ美琴、さっきの話に戻るけど次どこ行きたいって?」

美琴「へっ?美琴?」

上条「っ!あ~いや、これはですね、別に深い意味はなくさっき御坂妹と話してたからついでたというか~」

美琴「・・・美琴でいい」

上条「はい?」

美琴「呼び方は美琴がいいって言ってんのよ!」

上条「・・・・・」

美琴「・・・///」
675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/24(木) 21:56:32.92 ID:B6M+uPIZ0

上条「あの~、みさかさ~ん?」

美琴「・・・・・」

上条「・・・みことさ~ん」

美琴「・・・・・」

上条「・・・美琴」

美琴「(///)なーに?」ニコッ

上条「・・・いや(まあ名前読んだだけでこんだけ喜んでくれるならいいか)」

   「みさ・・・み、美琴は次どこ行きたいんだ?(名前呼ぶだけでなんでこんな動揺してんだよ、俺!)」

美琴「・・・(コイツが私のこと美琴って///、~~~)」

上条「お、お~い」

美琴 ハッ「え、えと、そ~ね~。セブンスミストとかはどう?」

上条「いいんじゃないか」

美琴「それじゃ決まりね、さっさと行くわよ」グイッ

上条「・・・(またこのパターンか、まあ悪くないからいいけどな)」タッ
678: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/24(木) 22:19:21.97 ID:1lhhfYFp0


上条「・・・で、着いたはいいけど何すんだ?」

美琴「ん~そうね、洋服でも見ましょ」

上条「でも俺、女の子の服なんて全然分かんねえぞ」

美琴「大丈夫よ、誰もアンタのセンスに期待してないから」

上条「・・・さいですか」

美琴「ていうかアンタも服買ったらいいじゃない、

   私アンタが学ラン以外着てるの見たのって大覇星祭の体操服ぐらいよ」

上条「俺は別にいいんだよ、学ランは男のユニフォームだから」

美琴「何よそれw」

上条「あ~もういいからお前の服見に行くぞ」

美琴「はいはい」
683: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/24(木) 22:59:07.74 ID:EleUBYkl0


服を買うまでのやりとりはこれまでと似たようなやりとりが行われるので割愛します


美琴「あ~もう真っ暗ね」

上条「誰かさんが服決めるのにめちゃくちゃ時間かけたからな」

美琴「しょうがないじゃない、アンタがどっちも似合ってるとかいうからでしょ」

上条「だってどっちも似合ってんだからそういうしかないだろ!

   だいたいお前元がいいんだから何着ても様になるだろ」

美琴「っっ!!またアンタはそういうふうに」

上条「もう遅いし、今日はここまでだな」

美琴「人の話聞きなさいよっ!はあ・・・もう終わりかぁ」

上条「・・・美琴、帰る前に少し寄りたいとこあるんだけどいいか?」

美琴「?いいわよ」
687: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/24(木) 23:34:26.15 ID:EleUBYkl0


美琴「ここって・・・いつもの公園じゃないの」

上条「ああ」

美琴「昼間にも来たじゃない、なんか落としたの?」

上条「ああ昼間のことなんだけどな」

美琴「えっ」

上条「お前に告白されたけど、お前のことそういう対象として見てなかったから返事できなかっただろ」

美琴「う、うん(なに?なに言おうとしてるの)」

上条「今日お前と過ごして、お前への答えが分かったんだ」

美琴「えっ・・・それって(やっぱり私は恋愛対象として見れないって言うんじゃ)」

上条「・・・好きだ」

美琴「・・・・・えっ?」
688: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/24(木) 23:35:34.28 ID:EleUBYkl0

上条「悔しいですがカミジョーさん、本気になった美琴さんの魅力で惚れてしまいました」

美琴「う、うそっ」

上条「ほんとだって、だから美琴。俺と付き合ってくれないか?」

美琴「・・・・・」

上条「美琴?」

美琴「・・・・・」グスッ

上条「!?み、美琴?」

美琴「っあ、あれ?なんでだろ、嬉しいはずなのに」ボロボロ

上条「・・・・・」グイッ、ギュッ

美琴「!!!」

   「・・・」ギュッ
706: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 00:35:35.56 ID:Pbh+EHRs0


上条「・・・落ち着いたか」

美琴「・・・・・」コクン

上条「いや~、お前が泣き出したときはどうしようかと思いましたよ」

美琴「だって・・・嬉しかったんだもん」

上条「っつ!!(やばいなコイツかわいすぎるだろ)」

美琴「ねえ、当麻・・・」

上条「なっ!ここで名前で呼びますか!?」

美琴「・・・・・」スッ

上条「!?(こっちを向いて目を閉じてる子にすることといったらやっぱりアレですか!?

   こんな場面に遭遇した事ないからどうしたらいいか分かんねえ!!)」

美琴「・・・」

上条「・・・」スッ

次の瞬間、御坂美琴の唇を上条当麻のソレが覆った。
709: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 00:44:23.62 ID:Pbh+EHRs0


上条「もう帰らないとな」

美琴「・・・そうね」

上条「そんな顔すんなよ、恋人同士なんだからいつでも逢えるだろ」

美琴「(こっこっこいび)そっそうよね!よく考えたら明日もアンタに宿題教えなきゃダメだし」

上条 グハアッ「思い出したくないことを思い出させないでくださいよ美琴さん」

美琴「なにいってんの!そういう面倒くさいことはさっさと終わらせるに限るのよ。

   冬休みなんだし二人で出かけたりもしたいんだから」

上条「・・・それは確かにやる気でるな」

美琴「・・・バカ///」
714: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 00:49:12.75 ID:Pbh+EHRs0


美琴「それじゃあ明日の朝、アンタの家に行くからちゃんと掃除しときなさいよ」

上条「おう」

美琴「じゃあね」

上条「みっ、美琴!」ガシッ

美琴「!!!(えっ何!?なんで手ぇ握ってんの?ま、まさか今日は俺んち来ないかとかそういう展開!?

   いやでもまだ付き合ったばかりだし今日の下着子どもっぽいしでもコイツが望むんだったら///」カアア

上条「あ、あのさ」

美琴「・・・・・」ゴクリッ
715: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 00:57:12.22 ID:Pbh+EHRs0

上条「帰りのバス代貸してくれっ!」

美琴「・・・・・・・・・・はあっ???」

上条「いや実はさ俺の財布の中今日1日で空っぽになっちゃったのよね。

   確かにデートでも全然使ってないんだけど、もともと殆ど入ってなくてあの自販機に呑まれた千円がトドメになったんだよ。

   もうこんな時間だし歩いて帰ったら何時になるか分かんねえから、できれば貸して欲しいかな~なんて」

美琴「ア、ア、アンタってやつは~~~!」

上条「・・・・・・ダメ?」

美琴「・・・・・・ダメじゃない」




717: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/25(金) 01:01:45.13 ID:/svTmWBX0
最後にこのセリフを入れてくるとは
おつでした~!
721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/25(金) 01:09:48.61 ID:K56b+YrIO
乙!
面白かった!
764: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 14:17:13.98 ID:cc623Ffo0
まだ残ってたのかこのスレ
せっかくだから後日談でも書きます
770: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 14:54:34.25 ID:7mmuJKzO0

~一週間後~

美琴「それでさー」

上条「なあ、美琴」

美琴「なーに?」

上条「俺たちが付き合い始めてから結構経ったし、いいかげん俺の呼び方変えてくれないか?」

美琴「?どーゆー意味よ」

上条「お前が俺を呼ぶときはいつもアンタとかばっかりで、まだ一度も名前呼ばれた事ないんですよね~

   カミジョーさんにも名前というものがある訳で出来れば呼んで欲しかったりするわけですよ」

美琴「!?いや、でもアンタだって今、私のことお前っていったじゃない!」

上条「それは会話の流れからくるもんだろ、呼びかけるときは美琴って言ってるぞ」

美琴「っそ、それは・・・」

上条「人には名前で呼んでと言うくせに、自分には当てはめないんですかね~美琴センセーは」

美琴「っつ!!わ、分かったわよ!名前で呼べばいいんでしょ」

上条「おう」
771: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 14:55:25.73 ID:7mmuJKzO0

美琴「・・・・・と、と、・・・とうま?」

上条「!!!///(あれっ?なんで俺コイツに名前呼ばれただけでこんな動揺してんだ。

   しっかりしろ上条当麻!ただ名前で呼ばれただけじゃないか)」

美琴「・・・(コイツもしかして名前で呼ばれて動揺してる?なら)」ニヤリ

  「どうしたの当麻?なんか顔赤いみたいだけど大丈夫?」ニヤニヤ

上条「いっ、いや、何でもないぞ」

美琴「ほんとに?ならいいけど何かあったら遠慮なく私にいってね、と・う・ま♪」

上条「あ、ああ(ぐはあっ!上目遣いで名前を呼ぶのは反則だーーっ!!!)」
772: こたつ~ ◆yCXoE.oqws 2009/12/25(金) 14:57:08.51 ID:7mmuJKzO0


土御門「いいか?これは戦争だ」

青ピ「裏切り者のカミやんに神の鉄槌を下すんや」

クラスメイト男「「「「「「うおおおおおおおおおおおおっっっっっっ!!!!!!」」」」」」

土御門「願わくば、この戦争が人類最後の戦争になることを祈るぜよ」

青ピ「よっしゃあ、行くでーっ!」ポンッ「んっ?」

黒子「・・・・・」ニコリ

青ピ「・・・・・」

土御門「・・・どうした青ピ、お前が先陣だぞ?」クルッ

ミ妹「・・・・・」

土御門「・・・・・」

ミ妹「・・・・・」ニヤリ

土御門「・・・・・」

ミ妹「・・・・・」ジャキン

~とある少女の仕返し劇~
     完
777: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/25(金) 15:36:33.71 ID:+9V+vcZo0
素晴らしかった
最高に乙である
779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/25(金) 16:55:27.36 ID:avO2X9/vO
たった3レスでニヤニヤさせるとか何なのありがとうよくやった


もっとニヤニヤしたいぜよ

関連記事
タグ:

コメント

  1. とある陛下の全知全能 2020年06月13日

    自分が好きな人が自分以外と付き合う為の手伝いを(結果的に)させられた五和がかわいそうで素直に彼らを祝福出来ない

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング