FC2ブログ
1 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 08:30:47.19 ID:118D7U+e0
注意
・楽×千棘です
・原作ifです
それでもよろしい方は

3 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 08:40:08.91 ID:118D7U+e0
竜「では坊っちゃん!!今日も元気に行ってらっしゃいやせ!!」

『行ってらっしゃいやせ!!』

竜「あ、そうだ坊っちゃん、実は最近見慣れねぇギャング共がウチの島ぁ荒し始めてるんで気をつけて下せぇ」

楽(もう嫌だ……こんな血生臭い世界……早くこんな家飛び出して静かに平和に暮らしたい…)

千棘(ハァ…ハァ…遅刻遅刻~!)タタタタタタタ
4 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 08:49:11.15 ID:118D7U+e0
千棘「ハッ!」ダン!ババッ!タタタン!

千棘「よっと!」ピョン

千棘「わっ!わっ!キャア!」ズルベッタアアアアン!!!

楽(……!?塀の向こうから女の子が!?)

楽(てか今すごい勢いでコケたけど……)

楽「お、おい!大丈夫か!?」タタタ

千棘「う…うん…ありがとう…」

楽「あれ?それウチの学校の制服……見慣れない顔だな」

千棘「あ、アナタ凡矢里高校の生徒?私転校してきたんだけど……」

楽「ああ、そうなのか?よろしくな」

千棘「う、うん」
5 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 08:53:07.35 ID:118D7U+e0
楽「って膝すりむいてんじゃねぇか!」

千棘「え?ああ、これくらい平気よ」

楽「駄目だ、バイ菌入るぞ!保健室案内してやるから!」グイッ

千棘「う、うん……ありがとう…」
6 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 08:58:19.69 ID:118D7U+e0
楽「ハァ……ハァ…何とか間に合った………」ガラッ

舞子「おーっす楽、遅かったな」

楽「…色々あってな」

小咲「おはよう一条くん」

楽「お、おうおはよう小野寺///」

キーンコーンカーンコーン

小野寺「あっ、チャイムなっちゃった!席つかなきゃ」
7 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 09:06:45.29 ID:118D7U+e0
キョーコ先生「よーし、席つけー」ガラッ

キョーコ先生「えー、今日は転校生を紹介するぞー、入って桐崎さん」

楽(転校生…?もしかして…)

千棘「初めまして!アメリカから転校してきた桐崎千棘です!母が日本人で父がアメリカ人のハーフですが、日本語はこの通りバッチリなので皆さん気さくに接してください!」ニコッ

ザワザワザワザワ

ウオーカワイイースゲースタイルイイー

キョーコ先生「じゃあ空いてる席に座って」

千棘「はーい……あーーーー!!あなたさっきの!」

楽「ウチのクラスだったのか………」

千棘「さ、さっきはありがとう……… これからよろしくね」

楽「おう、よろしくな桐崎」
8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 09:08:05.62 ID:NHV0Erfdo
ほほう
9 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 09:15:04.79 ID:118D7U+e0
キョーコ先生「おー、何だお前ら知り合いだったのか、それならちょうどよかった」

キョーコ先生「桐崎も日本に来たばかりで不安だろうし、席隣にしとくぞ」

楽「あ、はい」

キョーコ先生「あと桐崎に学校のこと色々教えてやってほしいからさ、桐崎をお前と同じ飼育係にしたからよろしく」

楽「はぁ……」
10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 09:22:54.08 ID:118D7U+e0
ーー放課後ーー

ニャーグエッグエッゲロゲロゲロヤラナイカ

千棘「……すごい数の生き物ね……」

楽「ケガとかしてたからしょうがなうだろ」

千棘「これ一条くんが拾って来たの!?」

楽「まぁとりあえずさっさと終わらせるぞ」

千棘「うん、わかった」ドパァ

楽「何やってんだお前ーーー!!!水やりすぎだ!!」

千棘「あ、ゴメン……」

楽「俺が動物のエサ用意するからお前はそれ運んでくれ」

楽「えー、ニワトリ一羽のエサの適量はー……」

千棘「細かぁ!?」
19 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 21:30:47.47 ID:118D7U+e0
ーー二日目ーー

千棘(む~……日本語ってややこしいな~………)

楽「………」

キーンコーンカーンコーン

楽「ほれ」スッ

千棘「……?何コレ」

楽「現国のノート、お前全然取り切れてなかったろ?貸してやるから写しとけ」

千棘「あ、ありがとう………なんかゴメンね?何から何まで」

楽「気にすんなって、隣同士だろ?助けあわなくちゃな」
20 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 21:34:01.97 ID:118D7U+e0
ーー家ーー

楽(あー……疲れた……)

モブ太郎「兄貴!!三丁目でまたギャング共が!!」

竜「何ィ!?今週でもう三度目やぞ!?」

楽(………ああ、早く学校に行きたい………)
21 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 21:41:50.26 ID:118D7U+e0
ーー四日目ーー

楽「あれ!?無い!ない!ペンダントが………!?」

千棘「おはよー一条君………ん?どうしたのよそんなに慌てて」

楽「おお、桐崎か!実はちょっと大事なモン無くしちまって……」

千棘「そうなんだ………良かったら探すの手伝うわよ?」

楽「え?いいのか?」

千棘「いいのいいの!いろいろしてもらってるしね!」

楽「サンキュー!恩に切る!」

千棘「べ、別に大したことじゃないし…///」

ーー放課後ーー

楽「ない……無い…!」

千棘「チェーンのついたペンダント……ねぇ……うーん、無いわねぇ…」ガサガサ

楽「ありがとな桐崎、もう帰っていいぞ、後は俺が探すから」

千棘「これはただわたしが借りを返したいだけだからいーの!あっち探してくるね」クルッ

フワァ……

楽(ん……?この香りどっかで………)
22 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 21:46:35.90 ID:118D7U+e0
ーー五日目ーー

楽(う~ん、どこかで嗅いだことあるんだけどなぁ………どこだっけ?)

ギャング「オラオラぁ!!!」

ギャング「サノバビッチ!!」

ヤクザ「いてまうどコラァ!?」

楽(悪化してる…………)
23 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 21:50:52.78 ID:118D7U+e0
ーー放課後ーー

千棘「あーーー!!あったーー!!」

楽「え!?あったのか!?」

千棘「ホラ!!コレコレ!」

楽「本当だ!!マジでありがとう桐崎!!」

千棘「どーいたしまして!じゃあねー!バイバーイ!」

楽「あいつって……いいやつなんだなぁ………」

ーー家ーー

組長「おう楽、ちょっとでえじな話があるから来い」

楽「大事な話?」スタスタ
25 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 21:59:26.44 ID:118D7U+e0
組長「近々、ギャングとの争いが全面闘争になりそうなのよ」

楽「!!大変じゃねぇか!!」

楽(この町巻き込んじまったら、危ねぇじゃねぇか!!小野寺とかも集とかも桐崎とかも無事じゃすまねぇだろうし……!)

組長「だがこの戦争を回避する方法が一つだけあってな、しかもてめぇにしかできねぇことだ」

楽「オレにしかできない……?」

組長「実ァ向こうのボスとは古い仲で
な、奴にもてめぇと同い年の娘がいるらしいんだが…そこで楽よ」

組長「おめぇその子と恋人同士になってくんねぇか?なーにフリだけでいい」

楽「ええーーーー!?こ、恋人ぉ!?そ、そんな……冗談じゃねぇよ!!」

組長「悪りーがこっちも命かかってんでな、泣き言言ってもやって貰うぜ?」

楽「ぐっ……」
26 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:06:41.01 ID:118D7U+e0
組長「よしじゃあ入ってくれ」

楽(……ハァ、仕方ねぇか…どーせ数日のことだろうし、これで戦争が回避されるってんだから……)

???「だからまだやるって決めたわけじゃ……」

楽「………ん?」

???2「でも彼なかなかイケメンらしいよ?」

???「え!?いやでも……」

楽(あれ?この声………)

組長「さぁ、この子がお前の恋人になる……」バサッ

千棘「まだ心の準備が…………………………………へ?」

楽「へ…………………?」

千棘「い、一条くん………!?」

楽「き、桐崎…………」

組長「こちらがその桐崎千棘お嬢ちゃんだ、お前ら二人には明日から…三年間恋人同士になってもらう」

二人『えっ………………』
28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 22:12:20.73 ID:118D7U+e0
楽「お、お前……ギャングの娘だったのか………!?」

千棘「い、一条くんこそ………ヤクザの二代目って………」

桐崎パパ「おや、もう面識はあるみたいだね」

楽「………………大変なことになったな………」

千棘「……そうね…………………」

子安「お嬢ーーーーーーーーー!!!!!」

ドカアアアアアアアアアアアン!!!!!

楽「な、何だぁ!?」

千棘「ク、クロード!?」
30 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:16:45.07 ID:118D7U+e0
クロード「集英組の糞猿共がお嬢をさらい集団レイプしているという情報は本当のようですね…………」

千棘「それデマ!!アンタの勘違いよ!!」

竜「おいおいおいビーハイブの大幹部さん!!!すこーしやり過ぎとちゃいますかぁ!?ゴラァ!!」

楽(ひ、ひぃ~!!ど、どないしよ…………)

組長「あー、これこれ、ちょっと誤解してるんじゃないかね若いの」

クロード「ん?……なっ!!ボ、ボス!!」
31 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:21:45.66 ID:118D7U+e0
桐崎パパ「この方たちが棘をさらったのは誤解だよ?何たってこの二人は…………ラブラブの恋人同士だからね」

『な、なんだってーーー』

クロード「ボ、ボス、本当ですか……………?」

桐崎「ああ、僕らが認めた仲だ」

竜「…………………そ…………」
32 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:28:08.50 ID:118D7U+e0
『そりゃめでてえええええええええええええ!!!』

『坊っちゃんについに彼女が!!!』

『えんだああああああああああああああああああああ!!!!!!!!』

『いやああああああああああああああああああああああああ!!!!!』

竜「いやー!!ずっと心配してたんすよ坊っちゃん!!!この年になって彼女の一人もできないんだから!!」

楽「いや……あの……」

クロード「………お嬢………」

千棘「は、はい!?」ビクッ

クロード「………」ブワッ

千棘「ええ!?」
33 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:33:09.17 ID:118D7U+e0
クロード「いつの間にかお嬢もそんなレディに………クロードは嬉しゅうございます…………」

千棘「あ、う、うん………」

竜「そういうことなら話は別でさぁ!!坊っちゃんのためならこんな抗争すぐにでも手を引きやすぜ!!」

クロード「我々も同じです。お嬢が安心して交際できるようサポートします」


ワーワーキャーキャーウタゲダーサケモッテコーイ

楽千『………………はぁ』
35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 22:38:51.17 ID:gm+sVpRho
ああそうか、「気にくわない奴」って第一印象が「優しそうな人」だからここまで変わるのか。変に意地張る必要もないし
ところで佐藤君は最近屑に磨きが掛かりましたねえ
36 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:40:35.59 ID:118D7U+e0
ーー裏庭ーー

楽「なーんか……大変なことになっちまったな………」

千棘「そうね……………でもこうなった以上やるしかないわよね……」

千棘「そもそもカップルって何すればいいのよ……恋愛経験ないから分かんないわ……」

楽「俺だってそんなもんねぇよ………とりあえず相合い傘とかハートストローとかそんなんじゃねぇのか?」

千棘「ベタねぇ………」

楽「うるせ、お前はどうなんだよ」

千棘「そうねぇ……やっぱり下の名前で呼んだりとか?」

楽「ベタだなぁ」

千棘「うるさい」
37 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:45:23.51 ID:118D7U+e0
千棘「一応カップルってことになってるし、下の名前で呼び合わないと不自然よね………」

楽「俺は別にそれでいいぞ」

千棘「あらそう?ならこれからは『楽』って呼ぶことにするわ、そっちも『千棘』でいいわよ」

楽「おう、わかった、『千棘』」

千棘「改めてよろしくね、『楽』」


クロード(何かいい雰囲気だ……割って入れない………)
38 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/16(日) 22:50:10.07 ID:118D7U+e0
ーー翌朝ーー

ピンポーン

楽「ふぁ~、誰だ?こんな朝に………」

ガチャ

千棘「お、おはよう楽」

楽「千棘?………どうかしたのか」

千棘「突然何だけど………いん今から……デートに行かない?///」

楽「…え?」

クロード「愛する二人なら休日にデートくらいしますよね」キラーン

クロード「ご安心ください、このクロード、微力ながらお二人のサポートをさせていただきますので」
43 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:03:20.02 ID:aGzVeG340
ーー街ーー

楽「…どうする?千棘」

千棘「うーん…デートなんかしたことないしなぁ……あ、そうだ!映画でも見ない?」

楽「おお、良いな、行くか」

千棘「レッツゴー!」キャホーイ

楽「あ、おーい!あんまはしゃぐ………な……」

竜「あ」

楽「…………」ダラダラダラ
44 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:07:56.71 ID:aGzVeG340
楽「お、おい!千棘!」ガシッ

千棘「痛っ!何………よ……」

クロード「ハッ!」サッ

千棘「………付いてきてる」

楽「バレたら厄介な事になるからなるべく恋人らしいことしねぇと……」ヒソヒソ

千棘「そ、そうね………じゃあ手でも繋ぐ?」ヒソヒソ

楽「おう、そうしようぜ」ギュッ

千棘「あっ……//」

楽「ん?どうした?」

千棘「な、何でもない……///」

竜(初々しいのぉ……)

クロード(お嬢………!よくご立派に育ってくれて………!)ボタボタボタ
45 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:11:47.18 ID:aGzVeG340
ーー映画館ーー

『チャイルドプレイ2』

千棘「あわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわわ」ガタガタガタガタガタ

楽「………やめるか?」

千棘「へ、平気…………」

楽(大丈夫かなこいつ………)
47 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:15:56.45 ID:aGzVeG340
『アイムチャッキー、キルユー』

千棘「きゃあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」ギューーーーー

楽「こ、こら!!そんなにくっつくなって……///」アタフタ

『ウヴォああああああ』

千棘「きゃあああああああああああああああああああ!!!!!!!」ギューーーーーーーーーーーーーー

楽「痛い痛い!!やめろおおおおおおおおお!!!」メキメキメキ


ーー上映終了ーー

千棘「ご、ごめん……大丈夫だった?」

楽「…おうよ」ゲッソリ
49 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:20:21.41 ID:aGzVeG340
ーーラーメン屋ーー

千棘「替え玉一丁~!」

楽「お前何玉食うつもりだ!!」

千棘「じゃんけんで負けたほうが奢るルールでしょ♪」フフン

楽「くっ……」
51 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:29:31.82 ID:aGzVeG340
ーーその後ゲーセンやら色々行ってまたラーメン屋行って公園ーー

千棘「あ~食った食った」ケフ

楽「結局8玉食いやがったなこの野郎…」

楽「まぁ別に良いけど…」

千棘「……ありがとね。結構楽しかったわ」

楽「え?」

千棘「デートってこんな楽しいものなのね。ちょっと驚いちゃった」

楽「お、おう………まぁ、楽しめたなら良かったな」

千棘「………アンタはどうだった?このデート……楽しかった?」

楽「……ん。悪くはなかったな」

千棘「………そ」
55 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:34:11.95 ID:aGzVeG340
千棘「あ、あたしちょっとお手洗い行ってくる!///」タタタ

楽「お、おう……」

楽(………んまぁ、悪くねぇもんだな……デートってのも……)

小野寺「あれ?一条君?」
59 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:40:18.91 ID:aGzVeG340
楽「お、おおおおおおおおお小野寺!?////////」

小野寺「たまたま一条君がいたから声をかけて驚かそうと思ったんだけど……」

楽「そ、そうか」

楽(うわ~ヤベェ超ラッキーだな~俺小野寺とこんなところで会えるなんて//////)

千棘「お待たせー楽………あれ?」

楽「!!!」

小野寺「桐崎さん?」

千棘「小野寺さん!」
60 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:45:20.85 ID:aGzVeG340
楽(ヤベ!!どうしよう……小野寺に勘違いされちまったら……)アワワワ

千棘(……ん?)チラ

楽「///」アワアワアワ

千棘(………ハハーン?)ニヤ

千棘「ちょっとごめんね小野寺さん」グイッ

楽「お、おい?」

千棘「いいから来なさいな」ズルズル

小野寺「……」ポカーン
64 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 00:49:43.05 ID:aGzVeG340
楽「どうしたんだよ一体」

千棘「……アンタあの子のこと好きなんでしょ」ヒソヒソ

楽「ブゥッ!?」

千棘「ふふ、やっぱり」

楽「おま、ど、どうして」

千棘「あんなに顔赤くしてアワアワしてたら分かるわよ……あたしの時と明らかに態度違うし」

楽「す、すまねぇ」

千棘「いいのよ……あの子に恋人と勘違いされたくないんでしょ?任せときなさいな」ヒソヒソ
65 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 01:00:19.93 ID:aGzVeG340
ツカツカツカ

小咲「あ、戻ってきた」

千棘「ゴメンね小野寺さん」ギュッ

小咲「ふぇ!?」

楽(ちょ、こいつ、何で俺の腕に絡みついて……)

千棘「小野寺さん、実はわたし達、家の事情で恋人のフリをしなくちゃならなくなったの………だからこれは悪魔でフリであって本物ではないからね?勘違いしちゃだめよ?」

小咲「……そ、そうなんだ」

楽「そ、そうなんだよ実は~」

小咲「わ、わかった!バイバイ!」タタタ

千棘「……上手くいったかな」スッ

楽「お、お前どうしてさっき腕を……」

千棘「どこでウチのみんなが監視してるか分からないでしょ、一応カモフラージュぐらいしておかないと」

楽「な、なるほど……」
67 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 01:04:44.59 ID:aGzVeG340
楽「何かすまねぇな……ありがとよ」

千棘「気にするなって!さ、帰ろ!!」バン!

楽「あたっ!背中叩くなよ………」

アハハハハハ………

クロード(お嬢………何と幸せそうな表情を……これはもはやわたしの出る幕などない……)

クロード(お嬢を頼みました……………お坊っちゃん……)
81 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 11:54:30.44 ID:aGzVeG340
ーー翌朝ーー

楽「………ファ~」

千棘「………おはよう、楽」ゲッソリ

楽「……千棘…なんだよその顔、えらくやつれてんな…」

千棘「一昨日のデートの後…………みんなからデートのことで質問攻めにあってね…………」クタクタ

楽「ああ……お前もか……」

千棘「お互い大変ね………」

楽「おう………」
82 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:00:38.02 ID:aGzVeG340
楽「そういやあのメガネ(クロード)は?」

千棘「そういや朝から見てないわね…………」

クロード「お呼びでしょうかお嬢」シュタッ

楽「ギャッ!!」

千棘「ア、アンタ一体何処から…………」

クロード「そこの木の上に………」
83 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:04:28.11 ID:aGzVeG340
クロード「ご安心くださいお嬢、わたしが不当な輩から24時間お嬢をお守り致しますので」キラーン

千棘「アルソックかアンタは」

クロード「………お坊っちゃん」

楽「はぃいっ!?」ビクゥ

クロード「……」ブワッ

楽「えぇっ!?」

クロード「お嬢を……よろじぐだのびばず………」エグッエグッ

楽「お、………おう……」

千棘(みっともない……)
84 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:08:22.51 ID:aGzVeG340
クロード「ではお嬢、学校でお待ちしておりますので」シュタッ

クロード「あ、そうそう、近いうちに護衛を一人お送り致しますので」

クロード「流石に私も毎日24時間というのは少々キツいものがあるので……では」シュタッ

千棘「これって……学校でも監視されるってことかな………」

楽「おう………そうだろうな………」

千棘「……まぁ、いいか……ここまて来たらとことんやってやるわよもう……」
85 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:15:16.77 ID:aGzVeG340
ーー放課後ーー

千棘「結局みんなにばれちゃったわね…………」ゲソッ

楽「ここでも質問攻めだしな……………」ゲソッ

小咲「あ、二人とも………大変だね………」アハハ

楽「お、おおおおおおおおのののののののでららららら////」

千棘「会話に支障をきたすレベルじゃないの…………」

千棘「あ、わたし用事あるから先に帰っててねバイビー☆」ドドドド

楽「お、おい千棘!?」

小咲「あ…あう…(一条くんと二人きり……///)」

楽(や、ヤベ~、小野寺と二人きりじゃねぇか、千棘GJ!!)
86 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:20:46.89 ID:aGzVeG340
一条(よ……よし……ここは俺から話題を………)

チャリンッ………

小咲「あ………!」

楽(……え!これって……鍵?もしかして………)

小咲「ちちちちちちちがうの!!コココレウチの古い本棚の鍵で……!家の鍵と間違って………と、とにかく違うの~!!///」ドドドドド

楽「あっ!小野寺……!?」

楽(せっかく二人になれたのに~………)トホホ
87 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:31:39.56 ID:aGzVeG340
ーー翌日・放課後ーー

楽(あ、やべ教室にカバン忘れた……取りにいかなくちゃな……)

タタタタ………

楽(………ん?千棘……?)

千棘「ガン……カ?いわ……あ!岩下!もー音読み訓読みってホント謎だわ」カリカリ

楽(何してんだ?アイツ…………)

千棘「岩下さんはポニテの子……テニス部で…活発で明るくてよく話しかけてきてくれる………スポーツの話なら興味もってくれるかも」

楽(あれ?もしかしてあれって…………)

千棘「すずも………鈴木さんは茶髪で園芸部の人………おっとりして優しくてカフェオレが好き……」

千棘「次はきっとこっちから話しかけてみせる…!」

楽(友達……ノート…!)
88 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:39:51.09 ID:aGzVeG340
千棘「ん………?……!!!」ガタタッ

千棘「ら……楽!?いつの間に………!!見たの……!?」

楽「う……」

千棘「し……仕方ないでしょ!?こーしなきゃまだみんなの事覚えられないんだから………」

千棘「…クロードって居るでしょ?小さい頃から良くしてくれてるんだけど知っての通り過保護でね…………やれ学校行くのにも護衛だのリムジンだの銃持ってくだの……」

楽(こ……コイツ……)

千棘「あいつのせいで友達作るのにどんだけ苦労したか……」はぁ

楽(つくづく…俺と同じじゃねぇか!)
89 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 12:54:45.87 ID:aGzVeG340
千棘「あっ……ごめん、今の忘れて…」

楽「俺も作ってたぞ、そのノート」

千棘「…!!」

楽「俺も親がヤクザだからな、小さい頃から学年が変わるたびに色々言われてな…そういうの頑張って作ってたんだ」

楽「岩下はいいやつだぜ?スポーツの話をするとすげー熱いんだ」

楽「鈴木は勉強できるから分かんねぇ事はきけばいい」

楽「森谷なんかお前と相性良さそーだぞ」

楽「……いままでの経験からクラスのことは大体分かる!だから……そのノート作るの……手伝ってやるよ」

千棘「……!!」

楽「お前はいいやつだし、すぐに友達なんか出来そうだしな」

千棘「………!」

千棘「あ……ありがとね……」

楽「良いってことよ、気にすんな」
90 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 13:00:54.22 ID:aGzVeG340
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


???「お呼びですか?クロード様」

クロード「来たか………誠士郎」

鶫「遅くなって申し訳ありません」

クロード「実は私はこれから3週間ほど海外に出張することになっている………マダムフラワーよりお呼び出しをくらってな……」ガタガタガタ

鶫「そ、それはまた………」

クロード「私はもしかしたら生きてかえって来れんかもしれん……そこでだ誠士郎」

クロード「凡矢里高校に入り、お嬢の護衛を勤めてくれんか?」

鶫「お任せください……そういえば」

クロード「ん?」

鶫「お嬢に恋人が出来たというのは本当でしょうか?」
92 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 13:07:20.41 ID:aGzVeG340
ーーーーーーーーーーーーーーーー


楽「ヤベーーーーー!!!遅刻だ遅刻!!!」タタタタタタタタ

楽「ガンダム無双にはまってすっかり寝坊した……!!一応千棘には先行っといてくれって言ってるけど……!」ダレニセツメイシテンダオレ…!

鶫「マズイ…!遅刻だ……!」

鶫「今日お嬢に久しぶりに会えると思ったら嬉しくて寝られなかった……!」ダレニセツメイシテルノダワタシハ…!

楽「……うわっ!!」ドシンッ

鶫「わっ!!」ドシンッ
93 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 13:12:41.78 ID:aGzVeG340
※ちなみに鶫は楽の写真を見てません


楽「あいたたたた………すみません、大丈夫ですか?」

鶫「いたた……いえ、こちらこそ前方不注意でした」

楽(あれ?ウチの高校の制服……もしかして)

楽「転校生……?」

鶫「あ、はい!そうです……」

キーンコーンカーンコーン

楽「うわヤベェ遅刻じゃねぇか!……立てるか?大丈夫か?」

鶫「は……はい…ご心配いりません………」

楽「そっか、じゃあな!急がないとヤベェぞ!」タタタタ
94 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 13:16:19.98 ID:aGzVeG340
楽「遅れてスンマセンしたぁっ!!!」ガラッ

キョーコ先生「遅いぞ一条、席につけー」

千棘「おはよー、どうしたのよ?」

楽「いや、見知らぬ転校生とぶつかっちまって……」

千棘「え?転校生!?」

ガラッ

鶫「ハァ……ハァ……遅れてスミマセン……」
107 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 15:42:09.19 ID:aGzVeG340
キョーコ先生「こら鶫さん、遅刻だよ」

鶫「も、申し訳ありません……初めまして、鶫誠士郎と申します…皆さん宜しくお願いします」

ザワザワウォービジンカワイイーヤダイケメン…///

楽(あれ、あいつ朝の……)

千棘「つ、つぐみ!?」ガタッ

鶫「!!お嬢!お会いしたかったです~」ダキッ

『え!?!?!?』

楽「お前ら知り合いだったのか……」

鶫「あれ、あなたはさっきの……」
108 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 15:48:12.08 ID:aGzVeG340
°∀°∀°°∀°°∀°°∀°°∀°°∀°°∀°°∀°°∀°

鶫「ほぉ~、あなたがお嬢の恋人だったのですか………」

楽「偶然ってすげぇな………」

千棘「クロードの言ってた護衛ってアンタのことだったのね………」

鶫「はい!この鶫誠士郎、微力ながらお二人の護衛をつとめさせていただきます!」

千棘「い、いいのよ!そんな畏まらなくても!」

ガラッ

キョーコ先生「お~い、一条、桐崎、鶫と知り合いみたいだから鶫も飼育係にしておいたからな~」

千棘「あ、はーい」

楽(動物多いから助かるわ~)
109 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 15:54:29.93 ID:aGzVeG340
ーーー飼育係ーーー

千棘「それでね、クロードがいきなり地中から………」ハハハ

鶫「ははは、あの方はいつまでも変わりませんね………」ハハハ

楽(桐崎の奴、ちゃんとした友達いるじゃねぇか…)

千棘「あ、楽!!えーと……ロドリゲスが逃げたわよ!」

楽「何ぃ!?あ!おい待て!!!」タタタタタタ

ロドリゲス「グオオオオオオ」ダダダダ

鶫「お手伝いします!」タタタタタ

ワーワーワー……

小咲「……………」

るり「ラブラブね、あの二人」

小咲「え?いやあの二人は………」

千棘『言わないでくれると助かる…………』

るり「ん?どしたの?」

小咲「…何でもない」
110 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 15:56:16.73 ID:aGzVeG340
るり「………そうだ」




ガラッ

るり「一条くん、今度あなたの家で勉強会を開きたいんだけど……いいかしら?」

楽「………え?」
111 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:01:06.58 ID:aGzVeG340
『おじゃましま~~す………』

竜「お待ちしてやした坊っちゃぁ~~~~~~ん!!!今日は勉強会ですってねー!?」

『お』『も』『て』『な』『し』

楽「あぁ……茶ァ頼む……」

竜「了解しやしたぁ!!!」タタタタ

小野寺「わー広い玄関ー」

鶫(これが集英組の………)
112 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:08:09.13 ID:aGzVeG340
楽(な…なんでこんな事になったんだ?なぜ宮本が突然ウチで勉強会をしようなんて言い出したかはわかんねーが……重要なのはそこじゃねぇ!)

楽(小野寺がウチに来てる……!!こんな幸せがあって良いのだろうか……!!)

小咲「わぁー、ここが一条君の部屋?」

集「おおー、俺も久々に入ったわー」

小咲(一条君の……匂い……///)カアア

竜「坊っちゃん!!お茶が入りやした!」スタン

楽「お、おお……サンキュー竜……」

千棘「あ、わたし手伝うわよ」
113 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:13:49.31 ID:aGzVeG340
小咲「………ねぇるりちゃん、ここ分かる?」

るり「んー?…………………」

るり「ねぇ一条くん、ここ小咲に教えてあげて欲しいんだけど」

楽咲『!!!!????』

小咲「るっ!るるるるるるりちゃん………」アワアワ

るり「アーゴメンワタシコレゼンゼンワカンナーイ」

小咲「この前もっと難しそうな問題解いてたじゃ………」

るり「いいからさっさと行け!そして二度と戻るな」
115 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:23:37.17 ID:aGzVeG340
小咲「………よ、よろしくお願いします……………」チョコン

楽「!!」

楽(うおおお何だこの状況……!!小野寺がこんな近くに……!!)

小咲「と…解ける?」

楽「た…多分…」

楽(よーしここはいっちょビシッと…………あれ?でも確かに難しい………)

千棘「………」スッ

楽「え?」

千棘「ほら、終わったからこれ使いなさいな」ヒソヒソ

楽(はやっ!?)

楽「す、すまねぇ千棘」ヒソヒソ

千棘「べっつにー?」ニヤニヤ

楽「えーっと、先にαを代入して………」

小咲「わ!すごい!ありがとう!」

楽「お、おう///」
116 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:29:04.56 ID:aGzVeG340
千棘「ねーねーところで小野寺さん」

小咲「ん?どうしたの?」

千棘「小野寺さんって好きな人いるの?」

楽「!!」ブウッ!!

小咲「!!」ブウッ!!

小咲「わ…私は今はそういう人は…………」

千棘「そっかー」

楽(千棘GJ!!)

鶫「恋…ですかぁ…わたしはまだそういう人は居ませんねー」

集「あ、ここに在庫一人居るよ?居るよ?」

鶫「遠慮しておく」
117 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:33:32.72 ID:aGzVeG340
集「なあなあ桐崎さん、一つ聞いていい?」

千棘「へ?」

集「お前らってぶっちゃけどこまでいってんの?」

楽千「ブーーーーーーー!!!」

小咲「///」

鶫「///」

るり「…………」

千棘「ど、どどどどこまでとおっしゃると…?///」

集「そりゃあもちろんキ……」モゴッ

楽「お前ちょっとこっちこい…!」

集「ええー?何だよー」

ドタン バタン
118 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:41:13.29 ID:aGzVeG340
楽「ハァ……ハァ……」

集「どうしたんだよ楽~」

楽「いいか?この際お前には話しておく……よく聞け!」

集「へ?」

m9(^д^)m9(^д^)m9(^д^)m9(^д^)

集「……いやぁ~、そんな理由で恋人のフリしてたのか~」

楽「…んだよ、恋人のフリしてるの気付いてたのか?」

集「最初からな」

楽「テメーーー!!わかった上で俺にあんな辱しめをーーーー!!!!」

集「だっはっはっは!!!!」
119 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 16:44:48.51 ID:aGzVeG340
集「じゃあ小野寺とはあと3年は付き合えないってことか~」

楽「……付き合う以前に、まず断られるだろ………」

集「そうかな~じゃあ告白してみろよ」

楽「できるか!!」

集「俺は勝算あると思うぜ~」

楽「は?」

集「だって小野寺、お前のこと好きだよ?」

楽「……………え?」
134 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 21:41:31.64 ID:aGzVeG340
楽「小野寺が俺のことを………好き!?」

集「そう!」

楽「バ、バカ野郎!!んなことあるわけねぇだろ!?」

集「いやいやー、んなことあるって」

集「だってお前、小野寺がお前以外に優しく絆創膏あげたりするとこなんて見たことあるか?」

楽「………………………………………ある。」

集「……スマン、よく考えたらオレももらったことあるわ」
135 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 21:47:01.09 ID:aGzVeG340
楽「で、でもさっき小野寺好きなやついないって……」

集「バカだなぁ楽、その好きなやつが目の前にいるのに言えるわけねえんだろ?」

楽「う………///」

楽(でも…もしも小野寺が俺のことを好きだったら、どんなに幸せだろうか………)ガラガラ

千棘「遅かったわねー」

楽「お、おう」チラ

小野寺「アハハ………」

楽「……///」

楽(くそおおお集のやつ余計なこと言いやがって!!!)ガンガンガン

千棘「わ!ど、どうしたの…」

鶫「一条様!?」
136 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 21:53:59.20 ID:aGzVeG340
コソコソ………

竜「ぬ~………やはり坊っちゃんと嬢ちゃんの仲はあまり進展しとらんようじゃのう………」

ヤクザ「ここは一丁あっしらが!!一肌脱ぐと致しやしょうか………!!!」キラーン



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千棘「……なんなの?裏の蔵に二人で来てくれなんて……」テクテク

楽「…なんか裏の蔵に高いお茶があるらしくて…取りに来て欲しいんだとよ」

千棘「……あ、これ?」

楽「おうそうだ、入れば分かるっつってた」
137 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 21:58:21.90 ID:aGzVeG340
千棘「…………………」

楽「ん?どうした?」

千棘「………ゴメン。一人で取ってきてくれる?」

楽「ハァ?……わかったよ」

楽(どうしたんだろう………)

ソ~………ドン!

楽千((え………!?))

ドサァッ バタンッ!!

楽「なっ……なんだぁーー!?」

竜(頑張ってください坊っちゃん……!あっしらにできるのはここまでっス………!!)グッ
138 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:05:12.93 ID:aGzVeG340
ーー蔵の中ーー

楽「オイテメェらふざけんな!!開けろ!!」ドンドンドン!!!

楽(やられた…あいつらこのためにオレ達を……きっと今頃「あっしらにできるのはここまでっス………!!」とか思ってんだろうな………)

楽「……大丈夫か千棘?わりーな、ウチのモンのせいでこんな……」

千棘「……………」

楽「……?千棘……?」

千棘「……」ギュッ

楽「!!?え…えええええーーーーーーーーーっ!!?」

千棘「うぅ~~~…………」ギュウウウ

楽「ちょ………ちょちょちょちょちょ………千棘さん……!?」

千棘「ご、ごめん!ちょっとだけこうさせて………」
140 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:11:16.33 ID:aGzVeG340
楽「……!お前まさか……怖いのか……?」

千棘「うん………昔、洗濯機にハマって5時間動けなくなったあの日以来苦手なの………」ウルウル

楽(なぜそんなことに……!?)

千棘「こ、こうしてなくゃ耐えられないから………アンタは嫌かもしれないけど、お願い、今はこうさせて………)ギュッ

楽(うっ………///)

千棘「うぅ~………うぅ~………」カタカタカタ

楽(…普段はそういう目で見たことないけど……やっぱコイツってスゲー可愛いんだな………って!何考えてんだ俺は!!ああ、でも超可愛い……ってうおおおおおおお!!!)ガンガンガン

千棘「ちょ……!」
141 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:16:57.30 ID:aGzVeG340
千棘「ちょ…アンタ大丈夫?」

楽(そんな潤んだ瞳でこっちみんな………///)

楽「可愛い………」ボソッ

千棘「ふぇ!?///」

楽(ヤベッ!!つい本音が……)

千棘「…あ!あんなところにはしごがあるわよ!あ、あれで出られるんじゃない…!?///」

楽「お、おう///………でもお前、そんな状態で登れんのか?」

千棘「うっ……それは無理かも……」
142 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:22:54.96 ID:aGzVeG340
千棘「でも…アンタだけでも先に出て、助け呼んでくれれば………」

楽「…バカ言え!こんな状態のやつ一人で置いていけるか!仮にも俺は彼氏なんだからちゃんとついててやるよ、どうせ時間たてばあいつら来るだろうし」

千棘「なっ……///……あ、ありがとう……」

楽(ヤベェすげえ恥ずかしい)

千棘「じゃ、じゃあさ!何か話そう!面白い話!」

楽「お、おう!そうするか……」
143 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:29:00.56 ID:aGzVeG340
ーーーーーーーーーーーーーーーー

千棘「それでね、クロードが野山を飛び越えて……」

楽「ハハハ、何だよそれ」

千棘(なぜだろう……楽と話してると凄く楽しい………)

千棘(これって……もしかして……)

楽「……でさぁ、竜がレールガン暴発させて………」

千棘「…え?あ!そ、そうなの!?アハハ……」

千棘「……アレ?平気になってる………」

楽「……お?」

千棘「よーし!これならはしご登れそう!」スクッ

楽「わっ!待て、いきなり立ったら……」

千棘「!キャア!」

楽「わっ!危ね………」

ドサァ
144 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:35:26.33 ID:aGzVeG340
楽千『あ………』千棘が楽を押し倒すような姿勢

楽「ちょ………///」

千棘「あぅ…………///」

ドクン……ドクン……

鶫「お嬢ーーーーーーーーー!!!!!!!」バターーン!!

楽千『!!』ビクーン

鶫「ご無事ですかお嬢…!!お嬢の帰りが遅いのでヤクザに話しを聞いてみれば………………………………………………………………一条様……恋人同士とはいえそれは些か早いのでは…………?」ゴゴゴゴゴ

楽「ち、違うって!!なぁ!千棘……」

千棘「」プシュー

楽「千棘ぇ!?」
146 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:39:27.13 ID:aGzVeG340
小野寺「あ!一条君こんなところ…………に……」

楽「あ」

小野寺「………おおおおおおお邪魔しましたーーーーー!!!!////」ピューン

楽「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!」

こうして……波乱に満ちた勉強会は、何か大切なものを色々失いながら幕を閉じた……………

千棘「……………………」
147 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 22:44:18.55 ID:aGzVeG340
ーーその夜ーー

千棘「……………………」

『友達ノート』
一条楽…………転校してきた時、怪我をしたわたしを保健室に連れていってくれた。そのあとも色々学校のことを教えてくれたり、ノートを見せてもらったりした。とても素敵な人だと思う

千棘「…………アンタが好きなのは、小野寺さん……なんだよね……」

千棘「そんなことわかってる………でも…………ゴメン、楽…」カキカキ







どうやらわたしは、こいつに恋をしてしまったようだ。




千棘「もう……押さえきれない………」
149 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/17(月) 22:45:29.35 ID:rnBYpx6eo
素直な千棘ちゃん可愛い
154 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 23:22:15.07 ID:aGzVeG340
千棘「~♪」フンフンフン

楽「………んだよ、えらく上機嫌だな」

千棘「ふふ!当たり前じゃない!今日は調理実習がある日よ?とびきりおいしいケーキ作ってやるんだから!」

楽(こいつ料理できんのかな………)

鶫「調理実習ですか~、楽しみですね~」

楽「鶫は料理できんのか?」

鶫「ええ、人並み程度には」
160 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 23:30:00.21 ID:aGzVeG340
ザワザワ……エートブンリョウハ……コラ!タマゴヲマルノミスルナ!

楽「お前何だよその格好……」

千棘「う……これしかなかったんだもん……///」

楽(でもなんかフリフリで超可愛い………って!消え去れ煩悩!!)ブンブン

千棘(おいしいケーキつくったら、喜んでくれるかな………)

鶫(クロード様は喜んでくださるだろうか………///)
162 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 23:34:44.06 ID:aGzVeG340
楽(ま、前向きなのはいいことだよな)

バサァッ!!!

千棘「…………90gってこのくらいかなぁ」

楽(駄目じゃねぇか!!やれやれ……)

楽「何やってんだよ……ほれ、薄力粉貸せ」

千棘「ゴ、ゴメン!!これはわたしにやらせて欲しいの!」バッ

千棘(アンタにあげるのにアンタに手伝ってもらったら意味ないじゃない…………!!)
165 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 23:41:29.59 ID:aGzVeG340
ザワザワ………ネェアンタダレニアゲルノヨ

楽「………?何だ?」

集「おや?知らないのかね一条君は……今、クラスで今日のケーキを好きなやつに渡すっていう流れができてんのさ」

楽「ふーん……」

楽(もしかして千棘も俺にくれたりするかな?一応恋人同士だし………いや、もしかして本当に好きなやつにあげたり………………………)ズーーン

集「おい楽!?すごい顔だぞ大丈夫か!?」

楽(ハッ!!何でこんな落ち込んでんだオレ!!そうだ小野寺!!小野寺は誰かに………)
172 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 23:49:51.95 ID:aGzVeG340
モブ山モブ太郎「ねえねえ小野寺さん、良かったら後でぼくとケーキ交換しない?」

モブ田モブ男「いやオレのと!」

阿倍さん「やらないか♂」

小咲「………え?」

楽(なっ………!何だあいつらはあああああああああ!!!!)

集「あれ?知らなかった?小野寺ってめちゃくちゃ人気あるんだよ?」

楽(し…知らなかった……不覚)

小咲「ご、ごめんなさい…わたしこのケーキ渡す相手はもう決めてるから……………」

モブ田モブ男「そっかー」

楽(え!?やっぱ小野寺って好きなやついんの!?)
178 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/17(月) 23:56:59.97 ID:aGzVeG340
るり「へー小咲あげる人いたんだ、誰?」

小咲「え?」

楽(ハッ!だ、誰!?)

千棘「えーと、次は卵をゆっくりかき混ぜて…………」ガシュッ!!!!←卵、空を飛ぶ

楽「わー!!!」ドポポポ←ボウルで
受け止める

楽「何やっとんじゃい!!!」

千棘「ご、ごめんね……」
183 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:02:38.72 ID:lnzXDCel0
るり「……ふーん、食べてくれるといいね」

小咲「う、うん!」

楽(聞けなかったー!!)

千棘「キャーーーーーーー火がーーーーーーー!!!!!!」

メラメラメラメラメラゾーマ

楽「何やっとんじゃおのれはーーーーーーーー!!!!」

千棘「だ、だって、急に火が……!」
186 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:09:39.25 ID:lnzXDCel0
千棘「わーーーー!!エプロンに火があああああ!!!」アチアチアチ

モブ子「だ、大丈夫桐崎さん!」

千棘「だ…大丈夫大丈夫……わぁークリームがぁ~!」ガシャン

楽「………ハァ」ツカツカツカ

千棘「……?楽?」

楽「………砂糖40g用意しろ、気になって仕方ねぇ」

千棘「で…でも……」

楽「渡す相手も旨い方がいいに決まってるだろ!手伝ってやるから用意しろ!」

千棘「う、うん!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

ダー!ケイリョウカップツカエー
バニラオイルハアトダロー!!

集「………………」
189 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:15:17.42 ID:lnzXDCel0



楽「………できた~~~~~!!!千棘特製ショ~~~~~~トケ~~キ~~~~~~~~~~~~~↓↓↓↓…………」

プスプス………

集「…………何コレ?チョコケーキ?」

千棘「……………………………………………………うりゅ………」ジワァ……

楽「うおおお………!!」アタフタ

集「楽~!!当然食べるよなぁ~!?愛しの恋人のケーキだもんな~~~!?」

楽「なぁ……!?」

千棘「」ウルッ

楽「……!くっ!南無三!!」パクッ

オオ………!!
191 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:22:32.35 ID:lnzXDCel0
楽「………うめぇ……!!」

千棘「!!ウソ………」パクッ

千棘「……美味しい!!」

集「え!?マジ!?俺も食べたい!!」

ウワ!ウメェ!ホントダオイシイ!スゴーイ!マダマダダナ

千棘「……本当はね、あのケーキアンタに作ったんだ……」

楽「え?俺?」

千棘「うん……いつもお世話になってるから……美味しいって言ってくれて嬉しかった…ありがとう!!」ニコッ

楽「!!!!!!」

楽(うわ何だコレマジ可愛い何この可愛い生き物)

楽「そ、そうか……あんがとよ///」

千棘「えへへ、どういたしまして!」
192 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/18(火) 00:23:46.59 ID:uL+7L4Nwo
ニヤニヤする
200 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:30:59.78 ID:lnzXDCel0
ーーーーーーーーーーーーーー

鶫「ク、クロード様///」

クロード『なんだ誠士郎』ゲッソリ

鶫「じ、実はケーキを作ったので、帰って来たときに……」

クロード『スマン誠士郎、わたしは甘いモノが苦手なのだ』

鶫「えっ……」

華『何やってんのクロード早くしなさい』

クロード『ひぃっ!?ま、マダム!!ご慈悲を!!ご慈悲をおおおおおおおおおおお!!!!』

プツン、ツー、ツー、

鶫「………」グスン
205 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:35:17.95 ID:lnzXDCel0
ーー翌日ーー

楽(ハァ~、何だろう、昨日から千棘のことを考えてるとドキドキするようになっちまった………いかんいかん、俺が好きなのは小野寺だぞ小野寺)

るり「あ、一条くん、ちょっといい?」

楽「宮本?どうかしたのか?」

るり「実は……………」
209 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:39:55.54 ID:lnzXDCel0
楽「………それで、小野寺を明日までに泳げるようにしてほしいと……………」

るり「そうなのよ、ウチの水泳部弱小でね、メンバーが少し足りなくて………一条くんなら大丈夫でしょ?」

楽(やった~!小野寺の水着を見られるなんて………)

千棘「お待たせー………って楽!?」

楽「!!」ブフォッ

るり「ちょ」

千棘「ど、どうしたのよ」

楽(い、イカン、意識しすぎちまってる………カメラ持ってこればよかった………じゃなくて!!深呼吸深呼吸………)
210 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:44:15.01 ID:lnzXDCel0
小野寺「る、るりちゃあ~ん…なんでわたしが選手登録されてるの!?私カナヅチなのに………!」

楽(追撃だとぉ!?)ブフォッ

小野寺「い、一条くん!?」

千棘「ちょ、アンタ大丈夫!?」

楽(今日ほどカメラを持ってこなかったことを悔やんだ日はない……)

鶫「な…なぜわたしまで………」

小野寺「わー鶫さんスタイル良いー」
212 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:47:58.48 ID:lnzXDCel0
集「おーっす楽!!桐崎さんと小野寺と誠士郎ちゃんが女子水泳部の助っ人やるんだって~!?」

集「おほぉ~っ!これはなんとも素晴ら……」

楽「……」ガシッ

集「……楽?何故俺の頭をそんなに強く掴むのかな?」ギリギリギリ……

楽「別に………」
214 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:53:26.54 ID:lnzXDCel0
るり「とりあえず始めようか」

鶫「何ジロジロ見ている」ゲシッ

集「アフン」ドポンヌ

楽「………えー、これから小野寺に泳ぎ方の指導をする一条と……」

千棘「はい!インストラクターの桐崎千棘でございます!」

楽「イエーイ」ハイ

千棘「イエーイ!」タッチ

小咲「何そのコンビネーション」

集「仲良いなお前ら」
219 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 00:58:46.74 ID:lnzXDCel0
千棘「じゃあ軽くお手本見せるからねー」

小咲「う、うん」

楽「頑張れよー」

千棘「レディー……ゴー!!」ドポポポポポポ

千棘「どおー!?何か掴めた!?」

ハイレベルすぎて参考ならず…

千棘「あぅ~~~~………」ズーン

楽「おい、大丈夫か……」

千棘「うん、ありがとう……」
224 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:04:45.17 ID:lnzXDCel0
ーーそして一時間後ーー

小咲「あ、わたし飲み物買ってくるねー」

鶫「お供致します」タタタ

るり「わたしも」タタタ

千棘「わたしは水筒あるからいーや」

楽「あぁ~疲れた……」

千棘「お疲れ、大変ね」

楽「ああ、お前も大変だろ」

千棘「平気よ!それよりアンタも小野寺さんと距離縮めるチャンスよ!頑張りなさい!」

千棘(うう、言ってて辛い……)

楽(やっぱこいついいやつだな、しかも可愛いし……ハッ!またかよ、最近のオレちょっとおかしいぞ………)
225 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:10:08.21 ID:lnzXDCel0
小咲「お待たせー」

るり「よし、じゃあ再開するわよ」

鶫「はい、一条様」

楽「おう、サンキュー鶫」

集「あれ?俺の分は?」

鶫「自分で買ってこい馬鹿」

集「んもー、誠士郎ちゃんツーンーデーレー」

バキッ!!!
229 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:16:33.40 ID:lnzXDCel0
ーー翌日ーー

楽(やれるだけのことはやったが……大丈夫か?)

千棘「おはよー楽!選手受付どこ?」

楽「おう、あっちだぞ」(4GBメモリーカード5枚で足りるかな…)

小咲「おはよう一条君!」タタタ

楽「おう、小野寺も頑張れよ」
232 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:22:39.38 ID:lnzXDCel0
楽「こらー!準備運動くらいしなさい!」

千棘「大丈夫大丈夫!」

るり(小咲………頑張れ)

ヨーイスタート!

ワーワーガンプクハァハア

楽「悪い宮本、小野寺完全には無理だった……」

るり「いーのよ別に(あれ本気にしてたんだ)」

オイ!アノコオボレテルゾ!
233 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:27:28.97 ID:lnzXDCel0
楽「!!!」

千棘(ヤ、ヤバイ!!足つった………!楽の言う通り準備運動しとけば………)

楽「千棘ええええええええええええええええええええ!!!!!!」ドポン、ズバババババ

るり「はやっ!?」

楽「ぷはぁーっ!!」ザバァ

千棘「」キュー

楽「おい!千棘!!大丈夫か!おい!」
235 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:32:46.34 ID:lnzXDCel0
集「どれちょい見せてみろ」

スー………スー………

集「息をしていない………」

楽「何いいいいいい!?嘘だろ!?嘘だろおい!?」ガシッ

集「落ち着け、落ち着け楽、人工呼吸だ」

楽「ナニイイイイイイイイイ!?」

楽「な、何で俺が………!」

鶫「彼氏であるあなた以外に適役はいないですよ!」

ヒューヒュー

楽(くっ!仕方ねえ……!やましい気持ちなんてねえぞ!これは人工呼吸だからな…………)ソー………

千棘「ぱちっ」
237 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:37:51.63 ID:lnzXDCel0
千棘「ひゃっ!ららららら楽!?な、何を……///」

楽「ち、千棘!?息してなかったんじゃ………………」ギロッ

集「テヘペロ☆」

鶫「一回死んでこい!!」ゲシッ

集「イヤン」ドポンニ

千棘「ら、楽……あういうことはもっと人目につかない場所で………///」

楽「おおおおおおおお落ち着け千棘////」

ワーワーキャーキャー

るり「ほんとに何だコレ」
239 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:46:30.05 ID:lnzXDCel0
ーー夜ーー

千棘『ら、楽……今日のあの時、わたしを助けてくれたんだってね……」

楽「お、おう………それがどうかしたのか?」

千棘『いや、ありがとうって言いたくて……やっぱり楽って優しいなぁって、楽と付き合える人はホントに幸せなんだろうなー」

楽(おぅふ)キュン

千棘『それでね楽、伝えたいことがあるの』

楽「な、何だ?」

千棘『あの日から、転校して間もないわたしを助けてくれたり、わたしに優しくしてくれたり、わたしに付き合ってくれてありがとう……わたし』





千棘『わたし、アンタのこと好き!一条楽が大好き!』





240 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 01:50:56.25 ID:lnzXDCel0
楽「…………………え?」

千棘『そ!それだけ!じゃあね!』ガチャン

ツー、ツー、ツー、ツー、……………

楽「………………………」

楽「…………いやいやいや………」

楽「………………………………」

楽「え?」

楽「えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!?」
257 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 14:27:06.69 ID:lnzXDCel0
ーー翌日ーー

デハ、コノモンダイヲ……イチジョウ!

楽(…………………………)

キョーコ先生「………おい!聞いてるのか一条!」

楽「えっ!あっ!すいません……」

キョーコ先生「どうしたんだ珍しい…………しかも顔赤いぞ、保健室行くか?」

楽「い、いえ、大丈夫です……………」ガタン


楽(……………ハァ)
259 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 14:32:16.24 ID:lnzXDCel0
楽(うぅ…………昨日のは何だったんだよ…………千棘が、オレのことを、好き?)

楽(……聞き違いかも………いや、確かに言ったよな…)チラ

千棘「……!///」プイッ

楽(あの反応からして間違いなく言ってる…………聞き違いではなさそうだな…)

楽(でも、こんな短い時間で好きになるなんて……………いや、好きになるのに時間も何も関係ねぇよな)

楽(ということは千棘は本当に………………////)カアアアアア
260 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 14:39:27.69 ID:lnzXDCel0
キーンコーンカーンコーン………
ザワザワワイワイスシクイテェ

ガラッ

キャー、ウソアノヒトッテ………

イケメンA「桐崎さん、放課後話があるんだけど、体育館裏に来てくれないかな……?」

千棘「え?う、うん…………」

楽「」ガタッ

集「うぉっ!楽!どうした!?」

楽「いや………アイツ誰?」

集「あぁ、あいつな?隣のクラスで有名なイケメンだよ、鈴谷透に次ぐ人気者なんだってさ」ブハァ~………

楽「お、おいお前……!」

イケメンA「ん?何だい?」クルッ
261 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 14:46:52.40 ID:lnzXDCel0
楽「も、もしかしてそいつに告白するつもりか?」

イケメンA「それ以外に何があるのかな?」

楽「ふざけんな!そいつはオレの彼女だぞ!」

イケメンA「たとえ彼氏がいようと告白しちゃいけない決まりなんてこの世にないよね?キミはもう少し法律を勉強したらどうだい?」

楽「くっ………!」

楽(何でこんなにアツくなってんだオレ………!!)

千棘「ちょ、ちょっとそんな言い方…………!!」

イケメンA「じゃあ待ってるよ、桐崎さん」ガラッ

モブ「でもこれ一条に勝ち目なくね?」

モブ「あのイケメンAだしな」

モブ「比べるのも失礼だよな」
262 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 14:55:25.98 ID:lnzXDCel0
ーー放課後ーー

イケメンA「………来たね」

千棘「………………」

イケメンA「じゃあ言うよ、桐崎さん、好きです。ぼくと付き合ってください」

千棘「………ごめんなさい、わたし、好きな人が居るの……」

イケメンA「そっか…………」

イケメンA「まぁ最初からそんなことわかってたけどね」ニヤァ

千棘「…………え?」

チンピラA「フンッ!!」バチッ←スタンガン

千棘「!!!あぁっ………!!」バタッ

イケメンA「連れていけ」

チンピラA「おうよ!」

チンピラB「へっへっへ、なかなかの上玉じゃねぇか」
263 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:01:42.05 ID:lnzXDCel0
楽「ハァ……結局気になって見にきちまった………」

楽(オレ、小野寺が好きなはずなのに…………何でこんなにアイツを意識しちまってんだ…………………………………………!!!!!!!!!)

イケメンA「さっさと運べグズ、誰かに見つかったら殺すかんな」

チンピラB「わかってるっての!」

チンピラD「うへへ、いいカラダしてんじゃねぇか」

楽(……………!!アイツらっ…………………!!!!!!!!!)ギリッ

楽(殺す………!!絶対殺してやる……………!!!)

楽(……ダメだ……ここで出ていってもオレも一緒に捕まるのがオチ……………千棘を助けることなんかできねぇ……………!!!)

楽(鶫の電話番号は………知らねぇし………)

楽(親父達も温泉旅行に行って留守……………!!!どうすりゃいいんだよ!!!)

楽(……………………!!!!)
264 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:09:15.43 ID:lnzXDCel0
クロード『お坊っちゃん、もしものことがありましたら………この番号にTELLをください』

クロード『お嬢を…………頼みましたよ……』

楽(………!!)ピッピッピップルルルルルルル…………ガチャ

クロード『こちらクロー………』

楽「クロード!!!!!すまねぇ!!!力を貸してくれ!!!」

楽「千棘が………!!!チンピラ共に拐われちまったんだ!!!」

楽「あんだけテメェに頼られたのに!!!結局オレ一人じゃ千棘を守りきれねぇ!!」

楽「頼む……!!オレを殺してくれたって構わねえ!でも………!!今だけ!!千棘を助けるために力を貸してくれ!!!!!」



ーーアメリカーー

クロード「………マダムフラワー」

「ええ、全て、聞こえていたわ」

華「ウチの可愛い娘に手を出した坊や達に、少しお灸をすえてあげましょう」
265 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:19:58.85 ID:lnzXDCel0
ーーーとある倉庫ーーー

千棘「う………うーん……」パチッ

千棘「な!何アンタ達!!!」

チンピラC「お、起きたぜ!」

チンピラA「いやぁ~、今回も上玉じゃねぇかイケメンA!!」

イケメンA「ごちゃごちゃうっせぇ、いいかテメェら、まずオレにヤらせろよ」

千棘「ちょ!ちょっと待ちなさいよアンタ達!!!何するつもりよ!!」

イケメン「ナニすんに決まってんだろ」ボロン

千棘「キャッ………」

チンピラB「ハハハハハ!!『キャッ』だってよ!可愛い~!」

チンピラA「テメェがいってもキモいだけだっつの!」ハハハハハ
266 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:30:24.91 ID:lnzXDCel0
イケメンA「ほらほらぁ~、あんな冴えない男よりよっぽどいいだろうが~、おとなしく股開けっつーの!」

千棘「……………!!」

楽『大丈夫か?ってうお!膝すりむいてんじゃねぇか!』

楽『ほれ、現国のノート、お前全然取り切れてなかったろ』

楽『可愛い……』

楽『サンキュー!!恩に切る!』

楽『おう、よろしくな、『千棘』…………………』




千棘「…………何が冴えない男よ……………」

イケメンA「あ?」

千棘「アンタ達みたいなスケコマシのもやし男達なんかより!!!!楽の方がずっと格好よくて優しいわよ!!!!楽は冴えない男なんかじゃない!!これ以上、わたしの好きな人を馬鹿にするな!!!!」

イケメンA「オラァっ!!」バキッ

千棘「キャッ!!」ドサァ
267 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:34:29.86 ID:lnzXDCel0
イケメンA「こっちが下手に出てやったら調子に乗りやがって!!!このクソアマ!!妊娠するまで犯してやらぁっ」バキッ、ドゴッ、ズカッ

千棘「あぐっ、ぐっ……痛い………」

千棘(…………助けて…………助けて……………)

千棘(楽………………………!!!)









『千棘えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!』
268 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:44:06.90 ID:lnzXDCel0
ドカアアアアアアアアアアアアアン……………

チンピラB「!!!オ、オイ!!イケメン!!」

イケメンA「あァ?何だ………………………よ…………」

チンピラB「ギャ………ギャング…………………」

ザッ

クロード「ふむ、これはこれは………よくもここまでやってくれましたね………」ゴゴゴ

鶫「コロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロス」

ポーラ「うわぁ~、これはひどいわね、ボス、殺しちゃっていいんですよね?」

アーデルト「いや、この世の全ての苦しみを与えてから傷口にジャパニーズ山葵をねじこんで東京湾にしずめろ」

華「あらあら、少しお痛が過ぎたわねぇ、アナタ達」

楽「よくも………よくも千棘を……………許さねぇぞテメエらあああああああああああああああ!!!!!!」

千棘「パパ…ママ…楽…みんな…………」
269 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 15:50:25.50 ID:lnzXDCel0
イケメンA「………へっ、いくらギャングでも」パチンッ

ゾロゾロ……

イケメンA「この人数じゃどうにもならねぇだろ」

クロード「ん………?日本一といわれる暴走族『箱々歌兄春』ですか………………」

アーデルト「やれやれ……ガキのお遊びで僕たちに勝てると思っているのか…………?」

イケメンA「殺せテメェら!!!」

ウオオオオオオオオオ……………

クロード「誠士郎」

鶫「イエスマスター、御心のままに」ヒュッ

ドゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!

イケメンA「ぜ、全滅……………」

華「ほら坊や、行ってあげなさい」

楽「千棘……!!」

千棘「楽……………!!」
270 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 16:01:49.35 ID:lnzXDCel0
楽「すまねぇ………お前の家族の力借りねえと助けに来れなくて…………」

千棘「どうして……………どうして助けに来てくれたのアンタも傷ついたかもしれないんだよ……………?わたし達はニセモノの恋人なのに…………なんで…………」

楽「……………それは………………」

楽(ああ、何で今まで気づかなかったんだろう……………)

楽(何でオレがこんなに千棘のことを気にかけてたりしたこと…………)

楽(転校生だから?ニセモノでも恋人だから?いや………違う)

楽(最低だなオレ…………あんなに小野寺のこと好きだったのに、数日で気持ちが変わっちまうなんて…………)

楽(………いや、『恋愛に時間なんて関係ない』……………か………)

楽(オレは……………)

千棘「ちょっと楽………?」

楽「……」ガシッ

千棘「!!?」

楽「………千棘………」
271 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 16:06:17.18 ID:lnzXDCel0







楽「オレは、お前のことが好きだ。オレと、『ホンモノ』になってくれ」








272 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 16:12:32.77 ID:lnzXDCel0
千棘「………ふぇっ!?///」

楽「ああもう二度言わせるつもりか恥ずかしい!!///」

千棘「だ、だってアンタ、小野寺さんのこと………」

楽「ああ、なんつーかな…………サイテーだよな、こんな数日で気持ちが変わる男って…………幻滅したか?」

千棘「……………ううん、わたしも楽のこと好き、わたしでよければ、よろしくお願いします」

楽「千棘………………」スッ

千棘「楽………………」スッ






チュッ………………………









クロード「アヒャヒャヒャ!!!死ね死ね死ねぃ!!!この汚らわしいアホ共がああああああ!!!!」グチャッ

アーデルト「こらこらクロード、○玉潰しは一人六個だよ」

鶫「1mmずつ切り刻みましょう」ザクッザクッ

楽「………………カオスだな」





END
280 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/18(火) 16:43:18.60 ID:9b1zZgxw0
後日談が欲しいな
293 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:01:00.48 ID:lnzXDCel0
※壁を多めに用意しておいてください





チュンチュン…………

千棘「……………」ボー…

千棘「………ああ、そっか」

千棘「私…恋人ができたんだ…………」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽「…………………」

楽「ああ…そっか………」

楽「オレ…恋人ができたんだよな………………」
294 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:05:25.55 ID:lnzXDCel0


ーーーーーーーーーーーーーーーー

千棘「おはよー楽!」タタタタ

楽「おう、千棘」

ギュッ

千棘「えへへ~///」

楽「あんまくっつくなって………///」

楽(昨日から、オレ達は晴れて恋人同士になった)

楽(『本物の恋人』っていう言葉は、なんか、むず痒い)

楽(まぁこれから、より恋人らしくなれるよう頑張りたいと思う)
299 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:11:07.13 ID:lnzXDCel0


集「そっか、お前ら本物の恋人同士になったんだな………」

楽「あぁ………」

集「………まっ!誰が相手であろうとお前の恋に変わりはねぇしな、応援するぜ」

楽「集………ありがとな」

集「いいっていいって!変わりに桐崎さんの胸揉ませてくれたら………」

楽「あ?」ゴゴゴゴゴ

集「じ、冗談だよ、ハハハ」ダラダラ
301 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:17:07.80 ID:lnzXDCel0



千棘「小野寺さん、この前偽物の恋人だって言ってたせど……ゴメン、アレ撤回する」

小咲「え?」

千棘「わたしと楽、本物の恋人になったの」

小咲「!!そ、そうなんだ……」

千棘「うん、一応言っておこうと思って…………」

小咲「………千棘ちゃん!!わたし、諦めないからね!一条君のこと………!」

千棘「……!!もしかして小野寺さんも……!?」

千棘(………何だ、一歩間違えれば負けてたじゃんわたし……)

千棘「…………うん!わたしも負けないよ!小咲ちゃん!」
304 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:24:22.87 ID:lnzXDCel0
ーー林間学校当日ーー

キョーコ先生「よーし、全員班に分かれて集合~!バスで移動するよ~」

千棘「………?ねぇ楽、班ってなんのこと?」

楽「あーそっか、お前班決めの時寝てたもんなー」

楽(おかげで4GBメモリーカードが1枚いっぱいになったんだよなぁ…)

楽「生徒は6人で一班つくって、俺達の班は……………」
307 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:28:29.76 ID:lnzXDCel0
ブロロロロ………

鶫「お、お嬢、もう少し右よっていただけませんか?」

千棘「そ、そうしたいのはやまやまなんだけど………////」

楽「~~~~~~//////」

小咲「ちょっ、押さないでよるりちゃん……!」

るり「……………」グイイイイイイ

楽(なんだこの状況…………)

集「テヘペロ☆」グッ

楽(謀ったなこの野郎………!)
312 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:34:12.52 ID:lnzXDCel0
楽(や、ヤベェ………!千棘と肩が…………////)

千棘(…………あぅ~………///)

キキーッ

るり「おーっと遠心力これはしかたなーい」グイッ

小咲「ちょっ…………///」

るり「かーーーーぶーーーー」

楽小千『ギャアアアアアアアアア////////』

小咲「も~るりちゃん余計なことを~///」

るり「ヘッ!」キラン
313 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:39:16.58 ID:lnzXDCel0
るり「またかーーーーーーぶーーーーーーーーーー」

ドシーン

楽(うひょおおおおおおおおおおおおおおおおやべえええええええええええええええええええ)

千棘(キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア/////)

マタカーーーブーーー
キャアアアアアアア

楽(このようなやりとりが90回ほど
繰り返され……林間学校到着)

集「どうだったwwwwwwwwwww俺のセッティングしたスンバラスィ~~~↑↑↑↑↑↑ドライブはwwwwwwwwwww」

楽「圧倒的プラスだがお前のことは殴りたい…………!!」

るり「お疲れ小咲」

小咲「…………」ギュッ

るり「痛い痛い何するの」
314 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:45:32.03 ID:lnzXDCel0
キョーコ先生「よーしみんなよく聞けーー!プリントにも書いてあるけどお前らは今から近くのキャンプ場で飯盒炊さんとカレー作りだ、楽しんでつくれよ~!」

『あーーーーい』

楽(料理だと………!?)

楽「小野寺と宮本は薪を持ってきてくれ、千棘はオレがここで指示する」

小咲「はーい」

千棘「よろしくー」

集(必死だな楽…………)
315 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:51:03.80 ID:lnzXDCel0
千棘「キャホーイ♪」タタタ

楽(千棘のやつ楽しそうだな…………)カシャシャシャシャシャシャ

集「おい楽写真撮るな手ぇ動かせ」

楽「あ、悪い」

千棘「フンフフーン♪」ルンルン

楽「…………」カシャシャシャシャシャシャ

集「没収」バッ

楽「ああ!」
316 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 20:56:59.63 ID:lnzXDCel0
ーーー部屋ーーー

集「おおー!ここが今日俺達が泊まる部屋かー!」

小咲「思ったより広いね~」

集「こういうとこウチの学校気前良いよな~」

集「おまけにふすま越しとはいえ女子と同じ部屋で寝られるなんて………オレこの学校入ってホント良かったよ…………!!」

楽「……正直なやつだな」

るり「…ところで舞子君はベランダと廊下とゴミ箱どこで寝るの?」

集「あれ!?部屋で寝ちゃダメ!?」

るり「だーめ」

集「お願い!寝させて!」

るり「だーめ、ハウス」

集「ワン!」
317 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 21:03:34.10 ID:lnzXDCel0
楽(うぅ……この部屋で千棘と寝るのか………緊張してきた………)

小咲「そうだ!千棘ちゃんって温泉入ったことある?この旅館温泉あるんだって!」

千棘「!温泉!?私一度入ってみたかったのよ~!わー楽しみ~~~~!」パアアアアア

楽(可愛えええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!)
320 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 21:11:50.51 ID:lnzXDCel0
集「さ~てど~する?まだ自由時間あるしせっかくだからトランプでもやんない?普通にやってもつまんないから負けたやつは罰ゲームってのはどうよ?」

小咲「罰ゲーム?」

集「負けた人は自分のスリーサイズ」

るり「」ガシッ

集「すいませんウソです」

集「じゃあ今日の下着の色を」

ドゴッ

集「自分のセクシャルポイントを」

バキッ

集「体を洗うときまずどこから」

ズガンズガンズガンズガンズガンズガンズガンズガンズガンズガン

集「ギャーーーーーーーーーー!!!」

集「………ネ、ネコミミつけて『ニャン♪』っていうとか………」

るり「………まぁそれくらいなら」

『!!!?』
329 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:18:59.14 ID:lnzXDCel0
ーーゲーム終盤ーー

楽(ちくしょ~、残っちまった………)

千棘(うぅ~、恥ずかしい……///)

集「よっ!カップル対決!」

小鶫((あ、危なかった~…………))

楽(千棘のネコミミとか……正直めっちゃ見てぇ…………悪りぃけど勝たせてもらうぜ……)

千棘「」ビクッ

楽(よし、これジョーカーだ!勝った………………)

千棘「うぅ~……///」ウルウル

楽「…………………」ピッ

千棘「」ホッ

楽(くそ………)
331 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:24:02.22 ID:lnzXDCel0
千棘「よし……」ピッ

千棘「……………!」ガーン……

楽(今度こそ!)ピッ

集「はいゲーム終~~~~了~~~!」

千棘「ま……負けた………」

るり「じゃあ桐崎さん、これつけて」ハイ

千棘「何で持ってんの!?」

集「はーやーく!はーやーく!」

千棘「う~~~~……///」スチャ

楽(……………………)ブフォッ
332 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:34:04.32 ID:lnzXDCel0
※このSSを見てる方は指をくわえて千棘のネコミミを想像して存分に悶えるがよい

千棘「う………………///」

集「おぉ…………これは……………」

小咲「わぁ~………千棘ちゃん可愛い……!!」

鶫「お嬢…………!!何とも立派になられて………!」

るり「これはまた……………」

集「こりゃあ彼氏君はどんな反応をしてるのかな~~~?」チラ

楽「……………」ポケー

小咲「い、一条君?」

千棘「ら、楽?」

楽(ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ)

楽(え?何コレ?何コレ?こんな可愛い生き物がこの世に存在するとか聞いたことないんだけど?え?うわやべまじたまんねぇわ16GB持ってくるべきだったわ人生8割損したわ)

集「じゃあ次はニャンって言ってみようか桐崎さん?あ、楽を見つめちゃんと手も使って上目遣いでね」ニヤニヤ

楽(やめて集!!もう楽のライフはマイナスよ!)
333 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:37:50.38 ID:lnzXDCel0
千棘「ら、楽…………///」

楽「おおおおおお、おう!?」







千棘「にゃ………ニャン♪///」

楽(はい死んだー)
336 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:43:51.09 ID:lnzXDCel0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ラク……ラク………!

楽「う…………うーん…………」

集「あ!目ぇ覚ました、よかった~」

千棘「楽………!」

楽「オレ……一体…………」

集「いや~、楽が部屋中転がりまくってから意識失った時はどうしようかと思ったわ」

楽(何があったんだよオレ)

集「とりあえず風呂いこうぜ!俺先に行ってるぞ」

楽「おう…………」
337 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:48:12.72 ID:lnzXDCel0
楽(あぁ………まだクラクラする………相当ショックの強いことがあったんだろうなぁ………よく覚えてねぇ…………)

楽「とりあえず入ろ………」ガラッ




チャポン………


楽「あ~、極楽極楽……」

楽(しかし誰もいねぇな、集すらいねぇじゃねぇか)
338 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:51:06.34 ID:lnzXDCel0
ガラッ


???「キャホーーーーイ!!」ザパアアアン

楽「こ!こら誰だ!!温泉でバタフライなんかしてるやつは!」

???「あっ!ごめんなさい…………」










千棘「………………………………」

楽「……………………………え?」
340 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:56:55.92 ID:lnzXDCel0
千棘「楽ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?」

楽「うわ!?千棘!?ど、どうしてここに………///」

楽(うわ色っぽい……眼福眼福…………じゃなくて!)

千棘「ここ女湯よ!?」

楽「ハァ!?馬鹿いえちゃんと確認し…………と、とにかく出るわオレ!」

千棘「あ!ま、待って!!」ガシ

楽「え?」

千棘「き、今日はもう誰も入って来ないから………い、一緒に入ろ?」

楽「……………………え?」




ーーーー男湯ーーーー


集「ふふ~ん、のれんを入れ換えた俺GJ!」
341 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/18(火) 23:58:33.41 ID:lnzXDCel0
※ここからは大量の壁を消費するやもしれません。皆様壁をご用意ください
342 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 00:06:05.16 ID:a4+wHOnJ0
「壁」売ります。
一壁 5000円~
材質、大きさ 応相談
343 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 00:06:49.74 ID:jONYvSov0
チャポン………

楽「ふぅ…………」

千棘「………………」

楽(や、ヤバイ……………何か話題出さねぇと……………)

楽「ち、千棘の体、色っぽいよな……………」

千棘「ふぇっ!?///」

楽(しまった!本心が!)

楽「い、いや今のは違くてな……」

千棘「そ、そっか、嬉しいな………ら、楽の肌も綺麗だと思うわよ、えへへ…………///」

楽(ーーーーーーーーー!?ハッ!ヤバイ、意識を持っていかれるところだった…………)
344 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 00:09:57.18 ID:jONYvSov0
楽「ハァ…………それにしても癒されるなぁ……………」

千棘「うん、温泉ってこんな気持ち良かったのね……………」

千棘「でも、楽と二人で入るから余計に気持ちいいんだと思う」

楽「ははは、何だよソレ」

千棘「あはははは」


アハハ………ウフフ………

集「くそっ……くそっ……」ガンッ、ガンッ
345 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 00:13:52.19 ID:jONYvSov0
千棘「ねぇ、楽」

楽「ん?どうした?」

千棘「何で転校したての時に、私にあんなに優しくしてくれたりしたの?」

楽「え?そりゃあ…………困ってたからに決まってんだろ?」

千棘「え?」

楽「オレさ、おせっかいだと自分でも思ってんだけどさ、人が困ってるとこ見ると見てられなくなるっつーか…………」

千棘「おせっかいなんかじゃないわよ」
346 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 00:15:50.81 ID:2jfuZiCIo
このイチはくずだっ!!
こんな甘ったるいもの見せつけてくれやがってっ!!
348 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 00:20:26.73 ID:jONYvSov0
千棘「楽のそういうところも含めて、わたしは楽のことが大好きなんだから………」ニッコリ

楽(女神降臨)

楽「千棘…………」

千棘「ん?なーに?……むぐっ」

楽「むぐ……ちゅ……ちゅぱ…」

千棘「むぐぅ………ぷはぁ!!ら、楽!?」

楽「ありがとな千棘、オレも千棘の優しいとことか、可愛いとことか、大好きだぞ」

千棘「!!えへへ………楽……///」

楽「千棘…………………」
350 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 00:24:37.33 ID:jONYvSov0






楽「キューーーー」

千棘「キューーーー」

るり「二人そろってのぼせかけるなんて……………」

鶫「なんと仲の良いことでしょう……………」

小咲「あははは………」

るり「ところで舞子君、さっきからなんで壁を殴ってんの?」

集「いや別に」ドゴッ、ドゴッ
353 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 01:34:59.48 ID:gLjYt+dz0
甘ーーーーーーーーい!!(怒)
砂糖吐くわボケ!


続けて
357 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 08:29:44.74 ID:cVoDb1AL0
先生!殴る壁が無くなりました!
何処を殴りましょう!?
370 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 13:47:41.17 ID:jONYvSov0
ーーー翌日ーーー

集「よー楽、今日肝試しあるの知ってるか?」

楽「え?んなのあったんか?」

集「おう、しかもペアになった男女は手を繋がなければならないっていうオプション付き!ああなんと素晴らしいスクールライフ!」

楽「へぇ………んなのあるんか」
371 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 13:54:39.94 ID:jONYvSov0
集「大丈夫だって!桐崎さんが出たら譲ってやるよ!」

楽「誰がいるか!20000円でどうだ!?」

集「手を打とう」

千棘「朝定食ください」←三杯目

モブ(あれ?桐崎さんさっきも頼んでなかったっけ?)
372 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:01:31.25 ID:jONYvSov0
ーー夜ーー

キョーコ先生『よーし!今から肝試しを始めるぞー!準備はいいか野郎共ー!!』

『おーーーーーーー!!』

ヤベェヨハァハァコウフンシテキタ

ゴソゴソ

千棘「あ、12番だ」

楽「千棘何番だった?」

千棘「12番よ」

楽(よし、12121212121212)
373 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:04:47.13 ID:jONYvSov0
ゴソゴソ

楽(1212121212121212121212121212)ゴソゴソ

バッ

『12』

楽(キターーーーーーーーーーーーーーーーーーー°∀°)

千棘「楽~!!何番だった!?」

楽「おう!12だ!」

千棘(やった!)グッ
374 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:08:02.83 ID:jONYvSov0
『それでは12番の方、準備してください』

千棘「フンフフンフフ~ン♪」ニコニコニコ

楽(可愛い)キュン

楽「よ、よっしゃ、頑張ろうぜ!」

千棘「うん!!」ニコッ

楽(理性もつかな)
375 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:14:25.06 ID:jONYvSov0
ーーその他のペアーー

るり「残念だったね、小咲」

小咲「ううん、るりちゃんと一緒だから嬉しいよ」

ーーその他のペア2ーー

集「怖かったら抱きついていいよ誠士郎ちゃん」

鶫「締め殺されたいか」

集「やっぱりその辺の木にでも抱きついててください」
377 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:18:59.35 ID:jONYvSov0
『それでは12番スタート!』

楽「よし!行こうぜ!」

千棘「おう!やってやろうじゃないの!」

ガサガサ

竜(フフフ………まさか坊っちゃんの林間学校の行き先があっしらの温泉旅行と同じだったとは………)

組長(全力でサポートすっぞテメェら)

ヤクザ(おう!)
379 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:23:19.38 ID:jONYvSov0
ホーホー

千棘「うぅ~………………」ビクビク

楽「うわぁ雰囲気出てるな…………」

楽(深夜の森ってここまで不気味な雰囲気なんだな………何て言うかウチと似たようなモノを感じるが…………)

ヒューーーーペチャッ

千棘「!!ひゃあ!!」ビックンチョ!ギュッ

楽「うわぉ!?どうした千棘!!」

千棘「なんか……背中にぬるっとしたものが………」

竜(今日のラッキーアイテムのこんにゃく持ってきてよかった)
380 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:26:41.09 ID:jONYvSov0
楽(それより怖がってる千棘可愛すぎる………カメラカメラ……)ゴソゴソ

楽(……………!?しまった!!メモリーカードを変えるのを忘れてた!)

千棘「ど、どうしたの?」クビカシゲ

楽(ああああああああもったいねえええええええええええ)

楽「い、いや、なん、でも、ない」
383 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:31:17.56 ID:jONYvSov0
カチャッ

楽(ん?こ、これは!消音カメラと32GBSDメモリーカード!?な、なぜ…………)カサ

楽(ん?手紙?)

坊っちゃんファイト!
           竜

楽(あいつらここに居んのか!?)ガビーン

楽(そ、そうか!温泉旅行………!!)

楽(とりあえずありがてぇ!竜GJ!!)

竜(用意のいいあっしって素敵)
384 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:37:18.23 ID:jONYvSov0
オバケヤクザ「グオオオオオオオオオオオオオオオっ!!!!!」

千棘「きゃあああああああああああああああああああああ!!!!」ギュッ

楽(ふおおおおおおおおっ!!たまんねえええええええええ!!!)ダラダラ

楽(このカメラなら写真撮ってもバレねぇし、予備メモリーもあるし、最高だぜ!!!)

楽「ほ、ほら、落ち着こうぜ、な?」

千棘「う、うん…………ねえ、楽………」

楽「お、おう!何だ!?」

千棘「 ぎ、ギュッて、して?」

楽(犯罪クラスだろくそおおおおおおおおおおおおおおお!!!!)ドキュウウウン

ギュッ………

楽「ほ、ほらよ………」

千棘「あ、ありがとう………」

クラスメイトオバケ(樹が………樹が
足りない…………)バキッ、バキッ
385 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:45:29.34 ID:jONYvSov0
クラスメイトオバケ「コロスゾウラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

千棘「きゃああああああああああああああああ!!!!」ギュー

楽(GJ!!)

千棘「うぅ~……ら、楽………」ウワメ

楽(ついに!!ついにこいつ人間の言葉で表せる範囲の可愛さを超越しちまったよ!え!?これ何て表現すればいいの!?とりあえずカメラ………これは一枚だけ撮って額縁にいれておこう……………家宝にしよう…)

『ビーーー!肝試し終了!』

楽「あ………お、終わったな、帰ろうぜ」

千棘「う、うん………」
386 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 14:49:36.78 ID:jONYvSov0
林間学校編・終了
くそっ………壁がたりない…………誰か持ってこい!!!くそっ………くそっ………って方が居ましたらこちらの『アイアンウォール』をお送り致します!!お値段なんと6400000アルゼンチンペソ!!お電話お待ちしってっいまっす~♪
387 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 14:53:10.45 ID:K06CNld3o
1アルゼンチンペソって何円だよ
390 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 14:57:02.09 ID:daAcTceWo
1アルゼンチンペソは12.776円らしい
409 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 21:21:58.58 ID:jONYvSov0
千棘の誕生日編スタート!!
ヤッフイフォーーー!!!!

※ぶっちゃけ鍵のくだりメンドイ(オイ)ので、錠は昔母親にプレゼントしてもらったものにしときます
小野寺さんが鍵の件で慌ててた?忘れたなぁ(すっとぼけ)
411 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 21:26:04.13 ID:jONYvSov0
千棘「楽ー!この日誌何処持ってくんだっけ」

楽「理科準備室だよ、また音楽のほうと間違えんなよ!」

千棘「ほいほーい」タタタタ

ガラッ

鶫「一条様、お嬢を見てませんか?」

楽「ん?千棘ならさっき理科準備室に………」

鶫「そうか、それは都合がよかった」

楽「?」
416 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 21:41:01.74 ID:jONYvSov0
鶫「実は皆さんにお嬢には内緒のお話があるんです…ちょうどお揃いのようですし少しよろしいですか?」

小咲「内緒の?」

楽「………集がいねーけど」

鶫「皆さんお揃いのようですし」

楽「…………そうか…」

集「呼んだ?呼んだよね今、呼wwんwwだwwよwwねww」

楽「うわぁ!いつの間に………」

鶫「チッ、来たか………」

集「なーに、誠士郎ちゃん、もしかして肝試しの時に抱きついたのまだ怒ってんの?」

鶫「当たり前だ汚らわしい!ああ、思い出すだけで鳥肌が立つ………」
417 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 21:45:36.21 ID:jONYvSov0
鶫「まぁいい………実は今日は千棘お嬢様の誕生日なのです!なので私お嬢を楽しませて差し上げたくサプライズパーティー等を計画中でして、ぜひ皆さんをそのパーティーにご招待したいのです!」

楽「じゃあ誕生日プレゼント買ってこないとな」

るり「よし、なら放課後小咲と二人で誕生日プレゼント選んで来なよ」

小咲「えぇっ!?」
419 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 21:50:36.16 ID:jONYvSov0
ーー放課後ーー

小咲「お、お待たせ一条君!」カランコロン

楽「おう小野寺!全然待ってないぜ!」

小咲「それで誕生日プレゼントどうしようかなぁ……………」

楽「うーん………………あいつが喜びそうなモノか…………」

楽(そういや、あいつの好きなもんとかもよく知らねぇなオレ………彼氏失格かも…………)ハハハ

楽(そうだ、今までの千棘の行動を思い返してみよう、なんかヒントあるかも…………………)

楽(………………………………)

楽(…………『可愛い』ってことしか出てこねぇ…………)
420 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 21:54:30.86 ID:jONYvSov0
ーー雑貨店ーー

楽(うーん、何かいいものあるかな…………)

小咲「あ、これ可愛いー」

楽(…………お!これは……………)
421 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 22:00:03.15 ID:jONYvSov0
ーー千棘邸ーー

小咲「わーおっきいー」

るり「ホント…千棘ちゃんの親って何やってる人なんだろう………」

るり「どうしよう、私大したもの持ってきてないんだけど……」

鶫「お嬢はプレゼントの値段で人を計ったりはしませんよ」ドヤァ

楽「そうそう」ドヤァ

るり「何そのドヤ顔」
422 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 22:04:49.69 ID:jONYvSov0
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ギャングA「ハッピーバースデーお嬢~~~~~~~~~~~~~!!」パァン

ギャングB「お誕生日おめでとうございま~~~~~~す!!!!」パァン

ワアアアアアアアアアアアア
パチパチパチ

ギャングA「おおっ!今回はお友達も一緒なんですかい!嬢ちゃん達今日はよろしくなぁ!」

小咲「あ、は、はい!よろしくお願いします!」
423 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 22:13:11.25 ID:jONYvSov0
クロード「ようこそいらっしゃいました、私達も心より歓迎致します」

クロード「おや、楽お坊っちゃん、ようこそいらっしゃいました」

楽「おう、あん時はすまなかったな………」

クロード「いえいえ、あの時お坊っちゃんの判断が無ければ今ごろお嬢は…………」

小咲「はい千棘ちゃん!これただの文房具セットだけど………」

るり「私小説」

千棘「わぁ~!二人ともありがとう!」

クロード「では次は私から…………お受け取りくださいお嬢!超高級車マイバッハのオーダーメイドモデル………!!」

千棘「いや免許とか無いし、要らないわ」

クロード「」
424 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 22:19:16.97 ID:jONYvSov0
ギャングG「ほれほれ最後坊っちゃんだぜ」

ギャングE「ビシッと決めろよ」

ガーンバレ、ガーンバレ

楽「ほら千棘、誕生日おめでとう」

千棘「……………?箱……?」

楽「開けてみろよ」

千棘「う、うん…………」

パカッ
425 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 22:24:55.15 ID:jONYvSov0
チャラ…………………

千棘「……ペンダント……?」

楽「そこの文字、読んでみろよ……///」





『zyjacya in love』



千棘「『ザクシャイン ラブ』………………?」

楽「ポーランド語で『愛を永遠に』って意味なんだと……えっと……つまりだな…………気が早いかもしれねぇけど…………こ、高校を卒業したら、オレと…………」

千棘「オレと………?」

シーン……………

楽「……………け…」






楽「結婚………してくれ……………」



426 :1 ◆U2EEh77lXQ :2014/03/19(水) 22:30:46.39 ID:jONYvSov0
千棘「…………………………!!」ブワッ

ワアアアアアアアアアアア……………!

鶫「お” し”ょ”お”お”お”!!!!!お幸せにいいいいいいいいい!!!」

クロード「バカモのぜいじどうだぐんじゃなび~~~~!!」

小咲「幸せにね、二人とも………!」パチパチ

るり「違うわ、これは汗よ汗」グスン

集「はは、涙なんて俺らしくねぇや……………」


パチパチパチパチパチパチ………………


楽「千棘…………………………」

千棘「楽……………………………」




チュッ……………

『ずっとずっと、愛してる』




Fin
428 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 22:33:14.86 ID:mYqyQTbc0
えんだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
430 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/19(水) 22:34:56.64 ID:K06CNld3o
アイアンウォールぶち壊しちゃったよ~
あはは~

この書き手のSS:

楽「もし小野寺の告白の時に野球ボールが飛んで来なかったら」


楽「もし一話で千棘の着地位置が10m程ズレてたら」


関連記事
タグ:

コメント

  1. マカロン*カプチーノ 2014年05月25日

    これは素晴らしい…!最高です!!千棘を可愛く書いてくれて有難うございます!!*^^*
    というより、とてもお上手な小説(SS)でしたよ!
    順々に千棘が楽の事を好きになっていく感じが良いです!
    十回以上毎日読ませてもらっていますw

  2. とあるSSの訪問者 2014年06月20日

    ヤバイね
    ニヤニヤするw
    楽と千棘ってこんなに会うもんなんだねw
    超超超スッキリしたw

  3. とあるSSの訪問者 2014年08月15日

    このSS最高です!!!
    ものすごくニヤニヤしてしまいます!
    自分もいつかこんな恋いをしてみたいです!!

  4. とあるSSの訪問者 2014年10月23日

    すごい好き、また書いてください

  5. あなあけちぇりー 2014年11月20日

    おおお・・これはこれは・・・
    千棘ちゃんがかわいすぎ!
    めちゃよかった!

  6. とあるSSの訪問者 2015年02月08日

    やばい…
    超キュンキュンしたぁ!もう2,3回読んでます!
    また書いてください!

  7. とあるSSの訪問者 2015年08月22日

    ヤバい
    千棘可愛すぎる 鶫か橘のss書いてください

  8. 円環のRさん 2015年08月24日

    ちいいいいいいいいいいいいいいとおおおおおおおおおおおげぇええええええええええええええええがぁああああぁああああああ!

  9. とあるSSの訪問者 2015年09月14日

    千棘が可愛過ぎる...

  10. とあるSSの訪問者 2015年12月29日

    壁が…壁が足りない!!
    ザラメ以上の甘さ乙です

  11. とあるSSの訪問者 2016年01月08日

    千棘可愛い過ぎてやヴァイ

  12. ニセコイ大好き! 2016年01月08日

    千棘のssありがとうございます!尊敬します。
    最後の最後まで、楽しませていただきました!
    千棘ファンとしては、素晴らしかったです!
    また、何かしらニセコイでssお願いします!

  13. とあるSSの訪問者 2016年01月08日

    クロードが面白いw

  14. とあるSSの訪問者 2017年02月17日

    タタタッ バタンッ(笑)

  15. KK 2018年03月31日

    素晴らしいssでした。
    「楽と千棘の第一印象」を変えるだけで素直さが原作とケタ違いでした。
    俺が今書いている小説の参考になりました。

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング