FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 06:49:06.50 ID:VIsBNzX00
モバP「やーれやれやれ、やーれやれってか。「飲んだら異性からありえないほど嫌われる薬」なんて飲ませるなんてひどいや」

ちひろ「話しかけないでください。気持ち悪いです」

モバP「へぇ~、ちひろさんにも悪くなる気持ちがあるとは思いませんでしたよ」

ちひろ「…あ?」

モバP「いやぁ、血も涙もなければ、心とか気持ちもないのかな、って思ってただけですよ。同僚達が皆ちひろさんのお陰で破産しちゃって、当初は50人いたプロデューサーも俺1人だけですし」

ちひろ「はぁ…何で貴方のような人だけ残ったんですかね。私は今、貴方なんかと一緒に居たくないのに」

モバP「鬼!悪魔!ちひろ!ってよく言いますけど、鬼と悪魔も貴女と同列に並びたくはないと思いますよw」

ちひろ「…それ以上何か言ったら、訴えますよ」

モバP「よく言えましたねぇ。詐欺まがいの商売で荒稼ぎしてる人の台詞とは思えませんでしたよ。ま、そろそろ営業に行ってきますよっと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591134546
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 06:59:21.79 ID:VIsBNzX00
モバP「おはようございまーす」

凛「…チッ」

卯月「…」

未央「…」

凛「ねえ、何か聞こえた?」

未央「さあ?蚊じゃない?」

卯月「耳障りな音がして嫌ですよねぇ…」

モバP「はい、元気出してー!声出してー!」ウロチョロウロチョロ

NG「…」

モバP「うぃいいいいいいいいいいい↑っす!どうも、モバPで~す!」ウロチョロウロチョロ

NG「…チッ」

モバP「あ、そろそろ違う方にも行かないと…。じゃ、ちゃんとやれよ!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 07:10:40.39 ID:VIsBNzX00
まゆ「…何で貴方がここにいるんですかぁ…?」

モバP「送迎に来たんだよ。ま、その様子だと必要なさそうだね」

まゆ「そうです貴方なんて必要ないんです早くまゆの目の前から消えてください」

モバP「そう言うなよ~いつもみたいに甘ったるい声で「Pさん」っていってくれよまぁまゆぅ~」ジリジリ

まゆ「…それ以上近づいたら、ドスッとやりますよ」チラッキランッ

モバP「おっ、やっとヤンデレっぽくなったな?まあ、それだとメンヘラだな。キャラブレブレだぞぉまぁまゆぅ~」ズカズカ

まゆ「…」ズンッ

モバP「ハズレでーす、やっぱりお前はポンコツだな。さて、また次のアイドルに会わんとな。じゃあ、頑張れよ!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 07:26:01.64 ID:VIsBNzX00
モバP「ベルベットローズ、仕事準備はできてるかーい?」

千夜「貴様、今すぐ消えろ。さもなくば…」

ちとせ「千夜ちゃん、早くこいつをどうにかして…」

モバP「お、下僕ちゃん無理はよくないぞ!どうせ俺に勝てっこないんだからさあ」

千夜「…!!貴様ああああああああああああ!!!!」

モバP「だっはははははは!なんだその殴り方!池乃めだか師匠かよ!」

千夜「うああああああ!貴様ああああああ!!!」

ちとせ「…ねえ、何で私達の前から消えてくれないの?」

モバP「あー?そんな威厳もカリスマもへったくれもないドラキュラお嬢様には何一つ語りえることはありませんことで」

ちとせ「は…?バッカみたい…。もういいよ。仕事なら自家用車使って行くからとっとと消えて」

モバP「つれないねぇ。ま、俺も暇じゃないし、仕事に行ってくれるんならそれでいいよ」

千夜「うああああああ!がああああああ!!」

モバP「うるさい!」

ちとせ「もうやめて、千夜ちゃん。そんなのに構ってたら時間の無駄だよ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 07:39:05.61 ID:VIsBNzX00
モバP「たーべるんごたべるんごー♪おーい仕事だよー」

あきら「うわっ…」

あかり「やめてください。その声であの歌を歌わないでください」

モバP「まあまあそういうなよ、ソロ曲実装までまだまだ先のお二人さん。なあ、りあむ?」

りあむ「気安く名前を呼ぶな!ぼく以下の存在!」

モバP「はあー、まいったまいった。まさかそれが精一杯の罵倒か?まあ、お前らしくていいと思うよw」

あかり「良いから早く出てってください。りんご投げつけますよ」

モバP「あれーっ!?いいのかーそんなことしてー!?山形りんご宣伝してるのに、投げつけるのー?!あ、美味しくないから投げつけるってか!?なるほど、やっぱりあかりは頭良いねー!!」

あきら「#うるさい #出てけ #吐き気がする #タクシー使う」

モバP「はいはい、わかったわかった。ちゃんと酔い止め飲めよ。じゃ、ちゃんと仕事しろよ!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 07:51:37.52 ID:VIsBNzX00
モバP「なーちゃんはーちゃーん、仕事ですよー」

凪「凪のはーちゃんを勝手に呼ぶな。近づくな」

颯「はーのなーもだよ!気持ち悪い呼び方しないで!」

モバP「おーおー、美しい姉妹愛だ。しかし、凪はやっぱり表情筋が動かないな…。表情筋ある?言うこと電波でなおかつ常に仏頂面なんてイロモノだよぉ!ほら、笑って笑って~!」グニャッ

凪「ふぉい、ひゃめほ…ひゃめ…ひゃめへ…」グニグニ

颯「…ねえ…何なーに触ってんの…?」

モバP「んー?ちゃんと笑えない奴にはちゃんと笑わせてあげなきゃいけないだろ?だからこうやって笑わせているのさあ!ほらはーちゃんも!」

颯「…!!」ブンッ

モバP「はい、ハズレー!!」パッ グニグニ

颯「く、くぅ…!!!」グニグニ

モバP「これで表情筋も薄れたな!さ、仕事早く行きなさいよ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 08:22:03.47 ID:VIsBNzX00
モバP「炎陣、エンジンかかってますかー?」

拓海「あ?テメェに話しかけられる筋合いはねえんだこっちは」

里奈「つーか何今の?シャレ?面白くないよ。死んだ方がいいぽよ⭐︎」

モバP「相変わらずのDQN!薔薇の字が書けてもすぐ手が出る脳筋らしい挨拶だねえたくみ~ん?ふじりなも相変わらずの頭ぽよぽよ具合で安心したぽよ~☆」

涼「…テメェあんまり舐めた口叩いてると堕とすぞ…?」

夏樹「お前みたいな奴と話をしてもロックじゃない。とっとと失せな」

モバP「俺をどこに、または何を堕とすのかは知らんが、涼、それに答えられないようならバンドマンにもアイドルにも中途半端だぞ。あと夏樹、お前李衣菜のにわかが移ったんじゃない?そんなこと言ってたら恥かくぞ?」

亜季「…」ズンズン

モバP「はいドーン!」ゲシッ

亜季「!?」ビクッ

モバP「へはははは!まだまだだな亜季。全っ然、殺意を抑え切れてない。匍匐前進するには色々と無理がありすぎるんじゃない?」

亜季「…いつか、たとえ便所にいても捕まえて、貴様をぶち殺してやる」

モバP「おいおい、そりゃプーチンの台詞だろ?もっと、こう、ないのか?お得意の戦争ジョークがよぉ!まあ、ないなら所詮はその程度ってことだな。
さて、いつまでもミンチだかメンチだか切ってないで仕事行きなさいよ、交通費は出してやるからさ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 08:38:16.26 ID:VIsBNzX00
モバP「時子様ー、法子ー、仕事ですぞー」

法子「ねえ、せっかくのドーナツが不味くなるから近付かないでよ」

モバP「朝っぱらからドーナツなんて食べちゃって、太るぞ?今にブクブクの雌豚になるかもしれないなw」

時子「…」シパタ-ン!!!

モバP「おっ?威嚇ですか?それとも外されたのですか?」ndk?

時子「消えろ。今すぐ。お前は豚ですらない」

モバP「へっ、俺が豚だったら貴女様は裸の女王様でございましょうね!何たって人と豚の区別もつかないのでおられるのですから。でもやっと俺が豚でないということを認知されたようでまた一つ賢くなられましたね?」

時子「…っ」シパタ-ン!!

モバP「ほっ!」キャッチ!

時子「なっ…!?離しなさい…離せ、このっ…!!」グイグイッ

モバP「アイ、マム」バッ

時子「なっ…」バチ-ンッ

法子「時子さん!」

モバP「さて、法子もドーナツを食べ終えたみたいですし、時子様も仕事の準備をなさってくださいな。では、オルボワールィ~」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 08:59:19.52 ID:VIsBNzX00
モバP「さて、おはようございまーす!」

ありす「…」

モバP「どったのありすちゃ~ん?いつにもまして刺々しいじゃないかぁ?ん?」

ありす「気安くありすと、名前を呼ばないでください!橘とも呼ばないでください!貴方に認知されていると思っただけで虫酸が走ります!!」

モバP「おっ、偉いねェ~。虫酸を「むしさん」と呼ばなくなったのねェ~」

ありす「は?今までに一度も間違えたことないんですけど」

梨沙「アンタ、キモいのよ。ありすも嫌がってるじゃない。早く消えなさいよこのクソキモロリコン」

モバP「でゃっははははは!お前、俺がありすやお前らに興味があるロリコンだと思ってるわけ!?自意識過剰もここまでくれば大したもんだねえ!」

晴「…オラァッ!」ゲシッ ポ-ン

モバP「…!」キャッチ!

晴「ちっ、捕られた…」

モバP「バカッ!!」

晴「!?」

モバP「俺が捕ったから良かったものの、もしこのサッカーボールが梨沙やありすに当たったらどうするんだ!!!!」

晴「…ちっ…」

モバP「これは没収です!」

晴「あっ、てめえ、返せ!」ダッ

モバP「ダメです!」ガチャ

晴「ぐゲっ…!!…っ痛ぅー…!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 09:19:40.38 ID:VIsBNzX00
モバP「142cmの皆さーん、仕事でゲスよー。カワイイカワイイ幸子さーん」

幸子「…貴方にだけは、カワイイと呼ばれたくないです」

モバP「おーおー?それって…俺が幸子の唯一の…!?」

幸子「なっ…!?何考えてるんですか!?そんなわけないでしょう!?気持ち悪い!!」

モバP「うひゃひゃ、カワイくないぶちゃ顔ー。でもそこもカワイイ」

小梅「ね、ねえ…あんまり舐めた真似、してると…呪っちゃうよ…?」

モバP「へー?呪う…ねえ?ぶっちゃけ幽霊も呪いも怖くないけどね?死んだくせにうだうだうだうだ言ってこの世から離れられないような哀れな連中が、俺を呪ってやるって言ってもねえ…。
そもそもさ、小梅の友達の「あの子」、名前なんて言うの?」

小梅「….っ」

モバP「知らないんだろ?実は友達だと思ってるの、小梅だけなんじゃない?そうだろう?そこにいる「あの子」ちゃんよぉ?」

あの子「~~~」

しょうさち「!?」

モバP「へえ、強く力めば俺にも見えるようになるのか。女の子なのね。まあいい。何?小梅のことは友達だと思ってるけど、名前がない?なるほど。ん?俺を呪う?でーへへははは!俺を呪えたら…成仏させて二度とこの世にこれないようにしてやる」

輝子「…フ、ファアアアアアアックッッ!!!!」

モバP「おう、てるてる。いつにもましてヘナヘナしいな?お前の俺に対する憎悪はそれっぽっちか?良かった!」

輝子「ぐ、ぐぐ…リア充よりも、お前を刈り取ってやりたい…!!!」

モバP「んげはははは!俺を刈り取ったところでどうにもならんよ!さあ、馬鹿やってないで早く仕事の準備をするんだぞー」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 09:31:32.62 ID:VIsBNzX00
3日後…

モバP「そろそろ皆、ノイローゼ気味になってたけど、本当に綺麗さっぱり記憶なくなってるかなぁ?
皆には酷いことを言いまくったからな…」

ちひろ「あ、あの…Pさん…」

モバP「おぅっ!?ちひろさん!どうなさいましたか?」

ちひろ「どうにか薬の効き目が切れたみたいです…。そ、その…おそらくですが…Pさんにはとても酷いことをしでかしたでしょう…?本当に、ごめんなさい…」

モバP「そんな、謝ることないですって!むしろこっちの方が酷いことをしでかしたというか…」モゴモゴ

ちひろ「え?」

モバP「いいいいいえいえこちらの話です!」

ちひろ「と、ともかく、本当に申し訳ございませんでした。お詫びと言っては何ですが、今月のボーナス、増やしておきますね」

モバP「そ、そんな!…ありがとうございます…」

ちひろ「いえ、変な薬を飲ませたのは私ですから」

モバP(昨日のうちに防犯カメラ全部弄っといて良かった…。俺がアイドルを本心でああ思ってるなんて思われたらそれこそ地獄だからな…。皆みんな、俺の大事な可愛いアイドルだよ…)
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 09:35:46.85 ID:VIsBNzX00
本当はLiPPSや莉嘉、そんでもって巴や桃華などを入れたかったけど、もう即興でこれ以上やるのはキツいので終わり
嫌われモノってこういう鬱じゃないのがなかったのが気になったのが書いたきっかけでした

感想とか気になる(そもそも読んだ人いるのか不安だけど)ので、後でHTML依頼出します
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 20:32:42.51 ID:VIsBNzX00
ちなみに桃華と巴が出てたら埋められて、それを掘って出てくるっていうストーリーにするはずでした
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/03(水) 20:36:08.81 ID:VIsBNzX00
もし、後日談を加えるとしても、

登場人物全員の記憶から抜けて、幸せに仕事を続けました。

というオチもへちまもないものとなります。
もし、「もしも誰か記憶にあったら…」みたいなifルートを思いついた方がおられたら、是非お書き願います。
私はハッピーエンド厨なのでこんなゴミ以下のオチしか書けませんし読めませんが、皆様なら書けると思います。

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2020年06月05日

    書いた奴も纏めた奴もセンスねえな

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング