FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:28:25.04 ID:S3QR01Ep0
クロスオーバーものです、一応。最新話のネタバレあり、注意
直接的な描写は原作程ないからこっちでも大丈夫……のはず

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1575124104
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:29:27.01 ID:S3QR01Ep0
スタンク「客だぁ?あのインキュバスロード退院したのか?」

ゼル「それにしちゃ怒ってねーから別だろ」

クリム「単眼店の時みたいなレビュー依頼とかですかね?」



侍「…………」ペコリ

カンチャル「知り合い?」

スタンク「いんにゃ」

ゼル「で、俺達に何の用で?」

侍「お初にお目にかかり申す。某、名乗る程のものではござらぬ流浪の侍。そなたらのレビュー記事を拝見して一言申し上げたく参上いたした」

スタンク「は、はぁ」

侍「なかなかに面白きものではござるが……如何せん、人選が偏っているのではなかろうかと思いましてな」

スタンク「そーか?最初はエルフと人間の評価から入ったけど割と好みがバラバラだったけどな」

侍「否否、種族的な好みは確かに様々でござるが……気質は然程似通ってござろう?」

ゼル「と言うと?」

侍「そう、そなたらはクリムヴェール殿を除き皆攻め気質!被虐の悦びに関するレビューがござらぬのだ!」

スタンク「なんだMなのかよあんた」

侍「Mではござらぬ!ただちょっと女性に踏まれたり罵られたりする方が好みだというだけでござる!!」

カンチャル「それをMって言うんだよ!」

侍「クリムヴェール殿は受け傾向ではござるがそれはどちらかと言えば経験の浅さからくるが故……某どもの領域とはまた異なるもの……」

クリム「そ、そうですか……」(まぁ、乱暴にされると女の子の方が反応しちゃうからなんですけど……)

侍「クリム殿、皆まで言わずとも結構にござる!そう、男子とて女性に踏まれたり罵られて気持ちよくなりたい時もある……それは恥ずかしいことでは決してござらぬのだよ」ニッコリ

スタンク・ゼル・カンチャル(こ、こいつ……なんて澄んだ目をしてやがる)

侍「と、言うことで某もいくつかレビューを持ってきたでござる」

カンチャル「あ、それは前と同じパターンなのね」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:32:23.91 ID:S3QR01Ep0
エルフのおやど:5 若いだけでちやほやする人間が多い故肝心の技術がなおざりになっている嬢が多いでござるな。この道ウン百年のS嬢はおらぬものか……

ゼル「ありゃ格安店だからな。種族問わずプロの居る専門店行っとけば鉄板だ」

カンチャル「人間しかターゲットにしてないからね。商売としては良いやり方かも知れないけど」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:33:43.87 ID:S3QR01Ep0
海底神殿:8 強引に組み伏せられ触手で全身を締められる未知の感触に加えこちらの事情を斟酌せぬ呵責なき吸い付きと責めはM冥利に尽きるでござる。ただ、言葉責めなどは期待できぬ。単に天然でござるな

クリム「ボクは羽が邪魔になりそうだから無理ですかねえ」

スタンク「そういやサムターン最近見ねえな」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:36:49.41 ID:S3QR01Ep0
性転換の宿屋:0 百合は遠くにあるが故に尊く清きものである……如何にこの身が変貌しようと清き園に踏み込む暴挙は罷りならぬ

ゼル「めんどくせえなこいつ」

スタンク「Mでユリスキーかよ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:37:51.50 ID:S3QR01Ep0
淫魔の狂喜乱舞:4 有志48名でいざ討ち入りにござる。無論結果は死屍累々でござったが。ただ、数の利にて低級淫魔とて色々個性があるのを確かめる程度には楽しめはしたでござるな

スタンク「個性ってどんな風なんだ?」

侍「嫌がる者から搾るのを好む者や某のような気質の者を責めるのを好む者、ただただ手当たり次第に搾る者……十人十色でござる」

カンチャル「わかったところでなあ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:38:24.36 ID:S3QR01Ep0
男のキノコを天国へ…:9 ドンピシャで某好みの嬢を出して下さるのは素晴らしきことではござる。たっぷり搾られ嬲られ罵られ目いっぱい楽しんだでござるが……これは、全てレイシ殿の慧眼あってのものではなかろうか

スタンク「それはあるよな。知らずに毒キノコ抱いたら[ピーーー]るし」

侍「ひょっとしたら自殺志願者が来たら毒キノコを抱かせて天国に誘い森の苗床にしたりしているかも知れぬぞ」

クリム「ひっ、やめてくださいよ」

侍「ははは、冗談。冗談にござるよ」

カンチャル(ありえそうで笑えないんだよな)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:40:21.64 ID:S3QR01Ep0
ネクロワイフ:8 ゴースト嬢を指名。耳元で囁かれながら見抜きすると言うのもまた一興でござる。やはり好きこそものの上手、意地悪な囁きには某も大満足でござる。二度目は触れずとも互いに触れるていでプレイ。これは某が初だったらしくなかなか好評でござった。イメージだけで達せるのであればおススメにござるよ

スタンク「なんでそんな遠いとこいったんだあんた」

侍「流浪の身故、あちこち流れたのでござるよ」

ゼル「二度目は何やったんだ?」

侍「お互いが触れられずとも触ったていで致すのでござる。レイコ殿も最初は面白半分でござったが意識していくうちにその気になられ申してな、最後は同時に触らぬまま達したでござる」

カンチャル「言葉責めとか催眠みたいな感じかな?面白そうではあるけど……」

スタンク「あんなド僻地はもう行きたくねえよな」

クリム(そもそもお金払ってまでやることではないのでは……?)

侍「これが求道者というものでござるよ」ニッコリ

クリム「!?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:41:19.74 ID:S3QR01Ep0
大人のおもちゃ箱:7 丸吞みされてされるがまま……というシチュエーションはは素晴らしいものでござったが、二度目で嬢のテクニックに差があることが如実に顕れたので減点でござる。おススメ嬢を挙げてはならぬという縛り故、後は自身で当たりを引き当てていただく他ござらぬ。あと、服が粘液塗れになるので帰りが困るのも難でござるな

スタンク「俺もこないだ行ってきたとこだが……上手い嬢ってのはどんな風にしてくるんだ?」

侍「まず、中で全身を締めつけられるのでござる。身動きしようにも四方八方ぬるぬるの肉で手をついても抵抗はやわやわと往なされる……そうして爪先から徐々に咀嚼するように肉壁が蠕動するのでござる」

カンチャル「ほう……なかなか良さそう」

侍「蠕動が徐々に上へ上へと上がっていき、耳元で嬢が嗜虐的に囁いてくれるのでござる。このままとろとろに溶けてお粥のようになったらずるずる啜ってあげる……などとな。そうして全身ほぐされ何度も達する法悦!恐怖と快楽の狭間で時間いっぱい楽しめるのでござるよ」

スタンク「いいな、それ」ゾクゾク

侍「されど、全員が全員同じことができるわけではないようでござってな……」

ゼル「あー……内部構造とかも違うんだろうかな、クリムなら全部見えるんだっけか」

クリム「は、はい。だからたぶんボクには効かないんじゃないかなぁと」

侍「否否。見えるのであれば目を閉じて嬢に全て委ねれば良いだけのこと……難しく考えることはござらぬよ」

スタンク「心眼みたいなこと言ってんな」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:45:26.24 ID:S3QR01Ep0
性のマリオネット:10 造形が難しいという難点はあるも、それは既成のボディをベースに改造すれば難易度はやや下がる。同好の士は是非とも二度以上通い同じコアを指名することでボディを乗り換えられるゴーレムの魅力を愉しむべし!!

スタンク「カンチャル、リピってるよな。どういう事だ?」

カンチャル「一応コアはそのまま前のことを覚えててくれるよ。だから前の続きができたりとかかな?」

侍「これが此度の白眉でござってな。皆様方では見出せぬ某のような趣向の持ち主ならではの愉しみでござる」

ゼル「と言うと?」

侍「まず、言葉責めの得意な小悪魔めいた性格のコアを指名するでござる。そしてひとしきり嬲ってもらった上で次も同じコアを指名する……そして、その際には前回と全く異なる体型を選ぶのでござる」

カンチャル「あ、わかった」

侍「『おじさん、今日はこんなちっちゃい身体に苛められたいんだぁ……ヘ・ン・タ・イ』と罵っていただける!これはゴーレムならでは、そして某のような者ならではの愉しみでござる!」

ブルーズ「わからん、まったくわからん」

スタンク「いたのかお前」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:45:59.83 ID:S3QR01Ep0
侍「以上が某の視点からのレビューにござる」

スタンク「まぁ、入院中のアレよりは使えるだろうな」

カンチャル「ってか別にこの街でやる分には自分で好きにやったら良いよ。よその街でやる時はこっちにお金払ってもらうけどね」

侍「いやぁ、実はそのことも含めて少し困ったことがござりましてな。それも兼ねての挨拶でござる」

ゼル「どういうことだ?」

侍「実は某、この世界の人間ではござらぬ。所謂異世界人と言う奴でござるな」

スタンク「なんだそりゃ」

ゼル「聞いたことがあるな。全然法則の違う世界から来るのがたまにいるんだよ。割とすぐモンスターに食われて死んだりするけど」(ものしりエルフ)

侍「故に、元の世界に戻って同じことをしてもそなたらに支払いようがござらぬ。故に、この街での記事の売り上げと交換では駄目かと交渉に参ったのだ」

クリム「黙ってたらわからないじゃ……」

侍「それは不義であろう?」

カンチャル「……まぁ、ボクは全然それで良いけど。帰るアテあるの?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:49:16.97 ID:S3QR01Ep0
(おーい、おーい)

ゼル「何だ?客か?」

マッチョなドラゴンのようなもの「おーい!お前こんなとこに居やがったのか!」

侍「おお!息災でござったか」

スタンク「なんだこの不細工なトカゲみてーな竜人は」

オイラ「オイラはトカゲじゃねえ!オイラ達の世界に戻る時にこいつをこの世界に落っことししまったんだ」

侍「いやはや、なかなか楽しい世界にござった」

オイラ「ぐずぐずしてっと姐さんが次元の壁壊して侵略してくるから帰るぞ!」

侍「急ではござるがではそういう事情故これにて失礼致す。では、万一コラボした折にはお支払いするでござるよ」ヒュン

クリム「き、消えた……?何だったですかあの人……と、あの生き物」

ゼル「……異世界の変態とその飼い主……かな?」

ブルーズ「コラボって何だ?」

スタンク「知らん。とりあえずこいつのレビュー貼り出しとくか」

異世界の侍の残したレビューはその道の変態達にそれはもう売れて彼らの新たな軍資金になるのであるがそれはまた別の話
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:50:23.10 ID:S3QR01Ep0
終わりです。アニメ化したらもっといっぱいSS出たりするのかなぁと思いつつHTML化依頼してきます
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/01(日) 02:08:08.33 ID:30stPHl4o
やはりジンさんか

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング