FC2ブログ

妹友「オナニー鑑賞会」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:34:38 ID:FOxCj482
妹「もう、ホントにありえない・・・」

姉「あらあら、妹ちゃんそんな事言わないの」

妹「だってさ、ありえないでしょ実際!」

姉「うーん、男君もお年頃だから・・・まぁ、困ったことではあるわねぇ」

妹「・・・妹友、大丈夫?」

妹友「わ、私は大丈夫だよ? ちょっとびっくりしただけ」

妹「ごめんね? まさか兄貴がこんな人間のクズだったとは思わなくて」

姉「妹ちゃん、ちょっと言い過ぎよ?」

妹「でも、こいつ妹が友達呼んでお泊り会してるの盗み聞きしてオナニーしてたのよ!」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:48:20 ID:FOxCj482
妹友「い、妹ちゃん、声大きいよ・・・」

妹「私たちの話聞きながら隣の部屋でオナニーなんて・・・信じらんない!」

妹友「まぁまぁ、妹ちゃん落ち着いて」

姉「でも確かに、男君にはちょっと困ったわねぇ」

妹友「わ、私がトイレに行った後に、妹ちゃんの部屋とお兄さんの部屋を間違えて入っちゃったのが悪いんですよね、すみませんお兄さん・・・」

妹「妹友! こんなクズに謝ることなんてないの! というか、悪いのはあんたじゃなくて、このクズ兄貴なんだから」

妹友「で、でも・・・」

姉「妹友ちゃんは悪くないわ。ただ、タイミングが悪かっただけよ」

妹友「でも、私が驚いて悲鳴なんて上げなかったら、こんな大事には・・・」

妹「部屋のドア開けたら友達の兄が壁に耳を押し当ててちんこ扱いてたのよ? そりゃ悲鳴もあげるわよ」

姉「妹ちゃん、女の子がそんな言葉つかわないの」

妹友「うぅ・・・ごめんなさいね、お兄さん」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:49:22 ID:FOxCj482
姉「でもまぁ、男君もこのまま何のお咎め無しってわけにはいかないわよねぇ・・・」

妹「当たり前よ! 妹友にトラウマ与えた罰なんだから、その倍ぐらい精神的にも肉体的にも傷を負ってもらわなきゃ!」

妹友「トラウマって、私はちょっとびっくりしただけで」

姉「怪我させるのは絶対にダメだけど、やっぱり女の子をびっくりさせちゃったんだし、ちゃんと反省してもらわないといけないわねぇ」

妹「もういっそ殺しちゃおう! こんなゴミ屑に生きてる価値なんてないし」

姉「妹ちゃん!」

妹友「け、ケンカしないでください。うぅ、私のせいで・・・」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:50:09 ID:FOxCj482
妹「とりあえず、今は兄貴の処遇について話し合うべきよ。小言なら後からでも聞くから」

姉「妹ちゃん・・・」

妹「私は今、猛烈に怒ってるの! いくらお姉ちゃんが注意しても、こいつを許す気もないし、こいつにまっとうな言葉遣いをしてやるつもりもないわ」

姉「で、でも・・・」

妹「妹友は私の大切な親友なの! この子との初めてのお泊りでこんな、トラウマにでもなったりしたら・・・」

妹友「妹ちゃん・・・」

姉「妹ちゃん・・・」

妹「な、なんでそんなしんみりして私を見るのよ! 二人ともそんな目で見ないで!」

妹友「妹ちゃんがそんな風に思ってくれて、私、嬉しいよ・・・」

姉「妹ちゃん、ちゃんと優しい子に育ってくれてたのね・・・」

妹「は、恥ずかしいからやめてよ!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:51:11 ID:FOxCj482
妹「私たちは今、兄貴の処遇について考えてんの! というかなんで私がこんな恥ずかしい思いしなきゃならないのよ!」

妹友「で、でも、部屋を間違えた私にも非はありますし、ここは無かったことに・・・」

妹「そうじゃないでしょ? 確かに妹友がドアを開けなかったら、あなたが嫌な思いをすることはなかったわ」

妹友「そ、そんなに嫌でもないけど・・・」

姉「あら、妹友ちゃんは男君に気があるの?」

妹友「い、いえ!? 私なんかが、そんな・・・」

妹「どうしてそうなった!?」

妹友「男の人って、そういうのは生理現象だから仕方ないんじゃないんですか?」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:52:08 ID:FOxCj482
姉「えーっとぉ・・・」

妹「妹友は一人っ子だし、男子に慣れてないの。だから、こういう事に対して疎いのよ」

姉「あら、そうなの?」

妹「妹友? 確かに思春期の男子は盛りのついた猿みたいに性欲を貪るものだわ。でもここで問題なのは、発覚する云々の前に、兄貴が私たちをオカズにしていたという事実なのよ」

妹友「でも、男の人はオカズがないと、お、オナニーできないんじゃ・・・」

妹「私たちをオカズにしてるのが問題なの!」

妹友「そ、そうなの?」

妹「・・・・・・」

姉「あらら・・・」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:53:28 ID:FOxCj482
妹「考えてもみなさいよ・・・考えたくもないけど」

妹友「う、うん」

妹「このクズは、私とあなたのおしゃべりを聞きながら、私たちの事を好き勝手に妄想してちんこ扱いてたのよ? 嫌でしょ?」

妹「・・・う、うあぁぁ」

妹「ほら、事の重大さに気づいた?」

妹友「な、なんかそれ、よくわかんないけどドキドキするね」

妹「・・・・・・」

姉「こんな純粋な子を・・・やっぱり、おしおきは必要なのかしらね・・・」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:54:37 ID:FOxCj482
妹「というわけで、今後の処遇を決めたいと思います」

妹友「ど、どういうわけで?」

姉「妹友ちゃん、いいのよ?」

妹友「な、何がですか!?」

妹「私的には、もう勘当するとか、去勢させたりするのがベストだと思うけど」

妹友「去勢?」

姉「妹友ちゃん、いいのよ?」

妹友「な、何がですか!?」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:55:43 ID:FOxCj482
妹「お姉ちゃんはどう思う?」

姉「うーん、さすがに妹ちゃんの言った通りにするのは絶対反対だけど・・・さっきも言った通り、何も無しっていうのはねぇ・・・」

妹友「あの、私なら別に気にしてませんから・・・」

妹「ダメよ。一応私だってこのクズのオカズにされちゃったのよ? これはもう万死に値するわ」

妹友「お、オカズにされるってそんなに悪いことなんだね・・・」

姉「ようは、男君が節操を持つように反省してもらわなきゃいけないわけでしょ?」

妹「あと、私と妹友が受けた分の精神的苦痛に相当する心の傷を負ってもらわなくちゃ」

妹友「私、心に傷を負ってたのか・・・」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:56:55 ID:FOxCj482
姉「妹友ちゃんはどう思う? 気を遣わないで本音を言ってほしいな」

妹友「え? 私ですか?」

妹「お姉ちゃん、妹友はそういうの疎いんだって」

姉「まぁまぁ、でも聞いておかないといけないじゃない?」

妹友「私は・・・よく、わからないです」

姉「わからない?」

妹「ほらね」

妹友「私は、お父さん以外の男の人の裸を見たのは初めてで、恥ずかしいけど別に嫌ではないですし・・・」

姉「少なくとも、男ちゃんに嫌悪感を抱いているわけではなさそうね」

妹「というか、嫌悪感より羞恥心が勝ってるだけなんじゃないの?」

妹友「それに、お、オナニーなんてしたことないから、オカズにするとかされるとかよくわかんないですし・・・」

妹「ちょっ、妹友オナニーしたことないの!?」

姉「あらあら、すごい事聞いちゃったわねぇ・・・」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 00:58:41 ID:FOxCj482
妹「妹友、あんたもう中三よ?」

妹友「うぅ、だってそういうのわかんないし・・・」

妹「うわぁ、オナニーしない女子って都市伝説だと思ってた・・・」

姉「妹ちゃん、それ、私はオナニーしてます、って公言してるようなものよ?」

妹「・・・・・・ふぇえ!?」

姉「まぁ、私もさすがに妹ちゃんと同い年の時にはやってたし・・・やっぱり妹友ちゃんは、えっと、無垢、なのね?」

妹友「うぅ、もうはっきりお子様って言って下さい」

妹「わ、私も、別にこのクズみたいに毎日やってるわけじゃないんだからね!? た、たたたた嗜む程度なんだから!」

妹友「は、はぁ・・・」

姉「オナニーって嗜むものだったのねぇ」

妹「あうぅ・・・」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:00:37 ID:FOxCj482
妹「兄貴のせいでこんな辱めを受けたのよ!? もう打ち首獄門決定だわ!」

妹友「まぁまぁ、落ち着いて」

姉「でも、ここまでくると妹友ちゃんの今後もちょっと心配ねぇ・・・」

妹友「うぅ、すみません」

妹「うーん、どうしようかしら・・・」

姉「そうだ、思いついたわぁ。男君に反省させて、ついでに妹友ちゃんにある程度知識をつけてあげられる方法」

妹友「やっぱり私にも問題があるんですよね・・・」

妹「ど、どんな方法? やっぱり去勢?」

姉「私たちの目の前で、男君にオナニーしてもらいましょう!」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:02:08 ID:FOxCj482
妹「・・・・・・」

妹友「・・・・・・」

姉「・・・・・・あれ?」

妹「ば、バカじゃないのお姉ちゃん!」

姉「い、妹ちゃん!?」

妹「なぜその結論に至った!? そしてどうしてそんな堂々と口にできた!?」

姉「みょ、妙案だとは思わない?」

妹「妙なのはお姉ちゃんの思考回路よ! それこそ妹友にトラウマ与えちゃうだけじゃない!」

妹友「め、目の前でお兄さんが・・・」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:03:48 ID:FOxCj482
姉「まぁまぁ、ちょっと説明させてちょうだい?」

妹「むしろ説明してよ」

姉「まず、男君に反省してもらう、という点では、女の子三人に見られながらオナニーしなくちゃいけないってとっても恥ずかしいことでしょ?」

妹「ま、まぁ、それはそうだろうけど・・・」

姉「男君は恥ずかしい思いをして、『あぁ、こんな恥ずかしい思いはもうこりごりだぁ、今度からはちゃんと節操を持って生きていこう』と言うはずだわ!」

妹「・・・この変態兄貴なら、むしろ喜びそうな気がするけど」

妹友「というか、今のお兄さんのマネなんですか?」

姉「恥ずかしいお仕置きで反省して男君が落ち着いたいい子になる。これで完璧ね!」

妹「自信を持って言い切った!?」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:06:09 ID:FOxCj482
姉「次に、妹友ちゃんに男の子の事情を知ってもらう、という点についてね」

妹友「す、すみません・・・」

妹「妹友にクズの気持ち悪いオナニー見せるなんて、それこそ本当にトラウマになっちゃうわよ」

姉「でも、妹友ちゃんもいずれ大人になって、恋人を作って、そういうこともしなくちゃいけなくなるわけでしょ?」

妹「それは・・・」

妹友「そういうこと?」

姉「だから、男の子の事情というか、現実を教えてあげなきゃいけないじゃない」

妹「で、でも、今じゃなくてもいいし・・・」

姉「今ならそういうことができる、タイミングの問題よ。こういう事をできる機会なんてなかなかないだろうし、むしろ今それを把握していない時点で急がなくちゃいけないんじゃないかしら?」

妹「うぐぅ、た、確かに・・・」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:09:06 ID:FOxCj482
姉「それに、妹友ちゃんは男君に対して悪い印象は持ってないみたいだから、ちょうどいいんじゃないかしら」

妹「こんな変態外道クズ兄貴なんて嫌いよね、妹友」

妹友「い、妹ちゃん、ちょっと言い過ぎじゃないかな・・・」

妹「・・・・・・」

姉「悪い印象は持ってないみたいだし、今なら私と妹ちゃんである程度フォローできるでしょ?」

妹「・・・・・・」

姉「他にもっといい案があるなら、言ってちょうだい?」

妹「・・・・・・」

姉「じゃあ、そうしましょうか!」

妹友「何かわからないですけど、お姉さん楽しそうですね!」

妹「・・・どうしてこうなった」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:11:49 ID:FOxCj482
姉「じゃあ、男君は何しなくちゃいけないか、わかるわよね?」

妹友「えーっと、その、よろしくお願いします」

妹「・・・妹友を泣かせたりしたら、マジで引き千切るから」

姉「はい、まずはいつもどおりオナニーする格好になってくださぁい」

妹「お姉ちゃん、何かちょっと楽しんでない?」

姉「ふふっ、こんな機会なかなかないじゃない。男君と一緒にお風呂に入ってたのは小学校5年生の頃までだったから、きっと成長してるわよね?」

妹「・・・あんまり期待しない方がいいかもね」

妹友「お兄さん、顔が青くなってますけど大丈夫ですか?」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:16:13 ID:FOxCj482
姉「男君はベッドに腰掛けて下だけ全部脱ぐのね」

妹「うわぁ、ホントに脱ぎやがった・・・」

妹友「これがお兄さんの・・・」

姉「うんうん、ちゃんと男君も成長してるみたいで、お姉ちゃん安心したわ」

妹「確かに、童貞クズ野郎にしては・・・大層な物持ってんじゃない」

妹友「お、お兄さんの、おちんちん・・・」

姉「それじゃあ男君、いつもどおりオナニーしていいわよ?」

妹「ほら、さっさとその汚いのをギンギンに勃起させて、私たちに見られて情けなく扱いてさっさと終わらせなさいよ」

妹友「お兄さんのおちんちん、すごい・・・」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:21:42 ID:FOxCj482
姉「え? 見られて緊張するから、おちんちん勃たない?」

妹「ふん、やっぱり使えないわね。どうせ本番でも勃たなくて失望されるんだわ」

姉「確かに、緊張するわよね・・・」

妹「使えないちんこね」

妹友「お兄さん、泣きそうな顔してます」

姉「じゃあ、男君が興奮するように、ちょっとサービスしちゃいましょう」

妹「・・・え?」

姉「妹ちゃんは、普段どんな格好でオナニーするの?」

妹「お、お姉ちゃん!?」

姉「だって興奮しないと男くんのおちんちん元気にならないわよ?」

妹「だ、だからってどうして私がそんなこと」

姉「男君ばっかりオナニー事情が晒されて、ちょっと可哀想じゃない」

妹「これが罰なんだからしょうがないじゃない!」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:26:51 ID:FOxCj482
姉「でも、こうしてても時間が経つばかりよ」

妹「そ、それはこのクズが悪いわけで・・・」

姉「生理現象だから、気合じゃどうしようもないわ」

妹「ぐぬぬ・・・」

姉「私はいつも、ベッドに寝転がって上下両方下着になるかしらね」

妹「お姉ちゃん!?」

姉「家の中とはいえ、さすがに裸は恥ずかしいもの」

妹友「お、お兄さんのおちんちんの先っぽが膨らんできました!」

姉「妹ちゃんは? 普段どんな格好でオナニーするの?」

妹「うぐぅ・・・」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:32:44 ID:FOxCj482
姉「私だけに恥ずかしい思いをさせるの? そんなの酷いわぁ」

妹「わ、わかったわよ! 言えばいいんでしょ!」

姉「さすが妹ちゃん!」

妹「・・・このクズ兄貴、絶対恨んでやるんだから」

姉「うふふ」

妹「わ、私は、その、下着だけ脱いで、イスに座ってするわ」

姉「下着だけ?」

妹「うぅ・・・椅子に座ったまま、スカートの中に手を入れて、上は手を突っ込んで」

妹友「お、おにいさんのおちんちんが、立ち上がって・・・」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:38:44 ID:FOxCj482
姉「直接触るのね。でも、それなら脱いじゃったほうが早くない?」

妹「で、でも! このクズが突然部屋に入ってきたりするから・・・」

姉「男君が部屋に入ってきてもばれないようにしてるのね?」

妹「あぅぅ・・・」

姉「ふふふ・・・」

妹友「お、お姉さん、お兄さんに顔を近づけて何を・・・」

姉「男君、妹ちゃんの部屋に入った時、妹ちゃん、勉強してることが多いんじゃない?」

妹友「あわわ、おちんちんがどんどん大きく・・・」

姉「それ、もしかしたら勉強してたんじゃなくて、隠れてオナニーしてた・・・のかもしれないわよ?」

妹友「きゃっ!? お兄さんのおちんちんが立ち上がってパンパンに膨れ上がってます! すごく大きいです!」

姉「うふふ」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:43:47 ID:FOxCj482
姉「妹ちゃんのおかげで、男君のおちんちんも元気になったわぁ」

妹「ぅぅぅ・・・」

妹友「妹ちゃん、頭抱えちゃいましたよ?」

姉「あら、どうしたのかしらね? うふふ」

妹「・・・クズ兄貴、絶対に殺す」

姉「じゃあ、いつもやってるみたいにオナニー初めて」

妹友「・・・うわぁ、男の人って、こうやっておちんちん握って、上下させるんですね」

姉「うんうん、こういうふうにシコシコってするのね」

妹友「おちんちん扱いて気持ちいいのかなぁ? 妹ちゃん」

妹「・・・・・・」

妹友「い、妹ちゃん?」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:49:51 ID:FOxCj482
姉「あらあら、妹ちゃんったら男君のオナニーに釘づけね」

妹「ハッ!? い、いやいや、そそそそんなわけないじゃない!」

妹友「妹ちゃん? 顔が真っ赤だけど、どこか調子悪いの? 大丈夫?」

妹「あぅ、あぅぅ・・・」

姉「あらあら」

妹友「でもお姉さん、男の人って、オカズがないとオナニーできないんじゃないですか?」

姉「うーん、それもそうねぇ・・・」

妹「そ、そんなのいらないわよ。適当に妄想させておけばいいじゃない」

妹友「妄想?」

姉「でも、私は本か動画か見ながらするんだけど」

妹「え? そうなの?」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 01:57:49 ID:FOxCj482
姉「うん。私はだいたい、女の人が気持ちよさそうにしてるのを見て、感情移入する感じなんだけど、妹ちゃんはそうじゃないの?」

妹「わ、私は・・・」

姉「うふふ、もう躊躇わなくてもいいんじゃない? せっかくだし、隠し事なしでいきましょ?」

妹「お、お姉ちゃんみたいに大胆にできないわよ! 私はなんていうか、耐性ないんだから・・・」

妹友「何かわかんないけど、妹ちゃんが可愛い・・・!」

姉「私の妹ですもの。それで、妹ちゃんはどうやるの?」

妹「わ、私は、その・・・男の人に触られるのを想像しながら、みたいな?」

妹友「何この可愛い生物」

妹「う、うるさいわね!?」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:03:02 ID:FOxCj482
姉「妹友ちゃんは他人事みたいな顔してるけど、ちゃんと参考にしてもらわなきゃ困るわよ?」

妹友「さ、参考に・・・ですか?」

姉「そう、妹友ちゃんもオナニーしなさい、とまでは言わないけど、オナニーはした方がいいと思うの」

妹友「ど、どうしてですか?」

姉「ちゃんと自分の身体を自分で触って、どこが気持ちいいとか、どんくらい気持ちいいとか、どこまでなら大丈夫かとか、ちゃんと知っておいた方がいいだろうし」

妹友「自分の身体を、知る・・・」

姉「いつか好きな人と一緒になれた時に、自分がどのくらいまで我慢できるか知っておくのは大切だし、気持ち良くしてもらえるように自分の気持ちいいところを知っておかなくちゃでしょ?」

妹友「な、なるほど・・・」

妹「そんなつもりでオナニーしたことなかった・・・」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:10:17 ID:FOxCj482
姉「さて、男君のオナニーの調子はどうかな?」

妹友「お兄さん、順調にオナニーできていますか?」

妹「順調にって・・・」

妹友「でも、オナニーが気持ちいいって、本当なんですか?」

姉「ん? 本当よ。初めはイクのは難しいかもしれないけど、コツを掴めばちゃんとイケるようになるし」

妹「確かに、たまにイケない時とかあるわね」

妹友「私その“イク”っていうのがよくわかんないんですよ。イクってどんな感じなんですか?」

姉「そうねぇ・・・個人差があるだろうし、あんまり参考にならないかもだけど、私はこう、アソコから頭のてっぺんにかけて電気みたいなのがバッと流れる感じかな?」

妹友「電気が、バッと?」

姉「そう、頭の中が真っ白になって、体中がビクビクッって震えるの。体中の筋肉がギュッと締まって、それから一気に緩む感じ?」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:16:49 ID:FOxCj482
妹友「なるほど・・・妹ちゃんはどんな感じなの?」

妹「私は・・・電気が流れるのはお姉ちゃんと一緒だけど、その電気がっていうよりもその瞬間にへその下辺りがキュンってなるのが気持ちいい、かな?」

妹友「へその下って、この辺り?」

妹「そう、下腹部っていうんだっけ? この辺りがキュンキュン締まる感じがして、それが緩んだら体の力もドッと抜ける感じかも」

妹友「ここが、キュンキュン・・・?」

姉「うふふ、妹ちゃんは中イキ派なのね」

妹「妹友がどう感じるかは私たちにはわかんないけど、お姉ちゃんの言うとおり、ちゃんと感じ方は覚えた方が良いと思う。あんたの今後に関わるんだから」

妹友「妹ちゃん・・・」

姉「うふふ、二人は本当に仲がいいのね」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:22:11 ID:FOxCj482
姉「それで、どう? 男君もイケそう?」

妹友「あの、男の人はイッた時に、せ、精液がでるんですよね?」

姉「そう・・・らしいけど、実際に見たことはないのよねぇ」

妹友「確か、イカ臭いとか聞いたんですけど・・・」

姉「えぇ、イカ臭いわよ」

妹友「あれ? 見たことないって・・・」

姉「見たことはないけど、嗅いだ事ならあるわ。男君の部屋のゴミ箱に触れる機会はいくらでもあったし」

妹「そうよね、朝からあんな臭いの匂わなきゃいけないなんて、月曜と木曜の可燃物の日は最悪だわ・・・」

妹友「そ、そんなに臭いの?」

妹「なんなら、そこのゴミ箱嗅いでみる?」

妹友「え、遠慮しとくよ」

姉「あらあら、男君も落ち込まないの」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:27:54 ID:FOxCj482
妹友「じゃあ、女の人はオナニーしたら何か出るんですか?」

姉「うーん、男の人みたいに射精したりはしないけど、愛液が出たりはするかな?」

妹友「アイエキ?」

姉「そうよ。まぁ、膣分泌液って言い方すればイメージできるかしら? 保険の授業の知識はあるみたいだし」

妹「愛液とは別に潮吹きってのもあるわね」

妹友「あ、アソコから塩が出てくるの!?」

妹「さんずいに朝って書く方の潮ね。というか、潮吹きっていえばこっちでしょ、普通」

妹友「つまり、女の人はイクときに潮吹きっていうのをするの?」

妹「それは違うわ。潮を吹くのはイクのとは関係なくできるのよ。まぁ、ある程度性感がないと出ないけど・・・」

姉「男の人の精液とは完全に別物ね、生殖には全く関係ないわ。尿道からでるから、いってしまえばおしっこのようなものね。ただ、筋肉が収縮してるから勢いが強くて噴水みたいにでちゃうけど」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:36:32 ID:FOxCj482
妹友「なるほど。じゃあ潮吹きっていうのは、やってもいいしやらなくてもいいんですね」

姉「まぁ、たまに我慢できなくて潮吹いちゃうこととかもあるらしいけどね」

妹友「じゃあ、オナニーする前におしっこしておけばいいですか?」

姉「それもちょっと違うのよねぇ・・・トイレを済ませた後でも、潮を吹くことがあるのよ。ねぇ? 妹ちゃん」

妹「あ、あの話はもうしないでよ!」

妹友「妹ちゃん、何かあったんですか?」

姉「去年、妹ちゃんがオナニーしてたら我慢できずに潮吹いちゃったんですって。妹ちゃんが大きな声上げたから心配して部屋を覗いたら、涙目で床を拭いてる妹ちゃんが・・・」

妹友「あらら・・・」

妹「もう! 二人だけの秘密って言ったじゃない!」

姉「ごめんなさいね。でも、ここは隠し事なしでしゃべるとこだから」

妹「あぅぅ・・・」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:44:41 ID:FOxCj482
妹「あ、兄貴! まだイカないの?」

姉「けっこう時間も立ってるはずなのにねぇ」

妹友「やっぱり、オカズがないとダメなんじゃないんですか?」

妹「あ、あんたはオカズにこだわるわね・・・」

妹友「うん! 私が男の人のオナニーについて知ってるの、これぐらいだもん!」

妹「だからどうしてそんな自信満々に・・・」

姉「でもまぁ、男君はオカズが無いとダメなタイプなのかもしれないわねぇ」

妹「でも、私と妹友の話を聞いてオナニーしてたんだから、妄想でイケるタイプなんじゃないの?」

妹友「妹ちゃんみたいに?」

妹「うっさい」

姉「それもそうねぇ・・・」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:50:31 ID:FOxCj482
妹友「でも、私と妹ちゃん、別にえっちな話なんてしてないよね? オカズって、その、えっちな本とかビデオの事を言うんじゃないの?」

妹「このクズは多分、私と妹友の絡みでも妄想してたんじゃない?」

妹友「絡み?」

姉「キマシタワー」

妹「私と妹友が二人でえっちしてるの妄想してたってこと」

妹友「わ、私と妹ちゃんがえっちするの!? 私たち、女の子同士なのに?」

妹「そういうジャンルもあるのよ。もちろん私はそっちのケなんてないけど」

妹友「女の子同士・・・どうやるんだろ?」

姉「相手が気持ちいいと思うところをお互いに触ってあげるのよ。相手の身体をオナニーしてあげる、みたいな感じかしらね?」

妹友「な、なるほど・・・女の子同士のえっちかぁ・・・」

妹「つまり、あんたと私が裸で身体を触りあうのを想像してたのよ、コイツは」

妹友「は、裸!? それは恥ずかしいかも・・・」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 02:56:34 ID:FOxCj482
妹友「で、でも、私ってほら、身長低くて子どもみたいってよく言われるし、おっぱいだってちっちゃいし・・・」

姉「男君の手が速くなったわね」

妹友「多分、女としては魅力なんてないと思うんだけど・・・」

妹「何言ってんのよ。あんたは可愛いし、胸が小さい方が良いっていう男も最近は多いらしいわよ?」

妹友「そ、そうなの?」

妹「まぁ、今はロリコンっていう性癖もあるぐらいだし・・・」

妹友「ろりこん?」

姉「妹友ちゃん、いいのよ?」

妹友「な、何がですか!?」

妹「とにかく! 妹友、あんたは可愛いんだからもっと自分に自信を持ちなさい。あんたが可愛いのは私が保証するわ」

妹友「い、妹ちゃん・・・」

姉「あらあら、うふふ」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:02:42 ID:FOxCj482
妹友「でも、妹ちゃんは男子からの人気、高いよね」

妹「え? 私?」

妹友「そうだよ! だって勉強も運動もできるし、学級委員で頼れるし、モデルさんみたいに可愛いし、おっぱいもあるし・・・」

妹「胸は平均レベルよ、多分・・・」

妹友「お姉さんもきれいですよね。とっても落ち着いてて、大人の魅力っていうか、フェロモンたっぷりって感じで」

妹「お姉ちゃんはそうね・・・美人だし胸も大きいし」

姉「あらあら、褒めても何もでないわよ?」

妹友「そ、そんなつもりじゃ・・・」

姉「わかってるわよ。そうやって他人を素直に褒めれるところが妹友ちゃんの魅力なんじゃないかしら」

妹友「そ、そうですか? えーっと、その・・・えへへ・・・」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:08:42 ID:FOxCj482
姉「でも、妹ちゃんは女子にもウケがよさそうよね」

妹「えぇ!? 勘弁してよ」

妹友「妹ちゃんは女子にも人気ですよ。やっぱりリーダーシップもありますし、可愛いですから」

妹「うぇぇ!?」

妹友「こんなふうに」

姉「あらあら」

妹友「そういえば、去年のバレンタインデーの時、妹ちゃん何人かの女子の後輩からチョコもらってなかったっけ?」

妹「そ、それは・・・」

姉「かっこよくて可愛いって、やっぱり女の子の憧れだものね」

妹「も、もう! 私の事はもういいから!」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:13:54 ID:FOxCj482
姉「妹友ちゃんも女の子ウケよさそうだけど、どうなのかしら?」

妹友「へ? 私ですか?」

妹「あんただって女子ウケいいじゃない。しょっちゅうクラスの女子から揉みくちゃにされてるし、去年一昨年は先輩から誘われてたりしたんでしょ?」

妹友「あれは多分マスコットみたいな扱いなんだよ。可愛い可愛いって、からかってるんじゃないかな・・・」

妹「あの中に本気になってるのが何人いるのか、私の指で数え切れるかしら」

妹友「何それ怖い」

妹「さっきも言ったけど、あんたは自分の可愛さに自覚しなさいよ。あんたに話しかけられてソワソワしてる男子を見ると哀れでしかたがない」

姉「あらあら、やっぱり二人は仲いいのね」

妹友「私と妹ちゃんは仲良しですよ!」

妹「そっちのケないけど、仲が良いのは否定しないわ」

姉「素直じゃないんだから・・・」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:18:28 ID:FOxCj482
姉「でも、そんなに仲が良いと、他の人からはそういう二人だって勘違いされないの?」

妹友「うーん、どうなんだろう?」

妹「それはないわよ・・・と信じたい」

姉「二人はそういう見方をしても相性ピッタリじゃない。きっちりしてて引っ張ってくれる妹ちゃんに、ちょっと抜けてるけどほんわか癒し系の妹友ちゃん」

妹友「相性ピッタリだって! えへへ・・・」

妹「だから、その態度が誤解を招くんだって・・・」

妹友「でも、私は誰よりも妹ちゃんの事を信頼してるし、妹ちゃんの事が一番好きだよ?」

妹「それは・・・私もだけど・・・」

妹友「だから、私の初めてのオナニーの時には、妹ちゃんに手伝ってほしいかな」

妹「そうね・・・・・・はぁ!?」

姉「お、男君の手のスピードが・・・!」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:25:16 ID:FOxCj482
妹「あ、あんた何言ってるのよ!? ば、バカじゃないのホントに!」

姉「私もさすがにびっくりしちゃったわ・・・」

妹友「だって、オナニーってわかんないことばっかりだってわかったから、ちゃんとできるかわかんないし、やっぱり怖いし・・・」

妹「だ、だからって・・・」

妹友「め、迷惑なのはわかってるし、恥ずかしいけど・・・妹ちゃんになら身体触られてもいいし、受け入れてくれるって信じてるから・・・」

妹「妹友・・・」

妹友「ご、ごめんね? 迷惑なら断ってくれてもいいからね?」

妹「・・・・・・まったく、妹友はしょうがないわね」

妹友「ふぇ?」

妹「私しか頼れないんでしょ? じゃあ、私が教えてあげる」

妹友「い、妹ちゃん・・・」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:32:02 ID:FOxCj482
ビュルル! ビュルビュル!

妹「・・・・・・え?」

妹友「うわっ!? 何か顔にかかっ・・・」

姉「・・・・・・男君?」

妹「な、何いきなりイってんのよこのバカ兄貴! しかも盛大にこっちに飛ばしやがって!」

妹友「こ、これ、お兄さんの精液・・・!?」

姉「男君? これはどういうことなのかしら?」

妹「うわっ! 妹友、あんた唇の下についてるから舌出しちゃダメよ!」

妹友「うぅ、イカ臭いってホントだったんだね・・・」

姉「男君、反省の色が見えないわね」

妹「もう! やっぱりこの方法は失敗だったんじゃない!」

妹友「うぇーん! イカ臭いよぉー」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:38:31 ID:FOxCj482
妹「とにかく、またお風呂に入るわよ! お姉ちゃん、お風呂まだ入ってなかったわよね?」

姉「えぇ、ちゃんとお湯も張ってあるわ。男君もまだ入ってないし」

妹友「うぅー・・・」

妹「ほら、さっさと行くわよ!」

姉「そうだ、せっかくだから三人でお風呂に入って、妹友ちゃんにオナニーの仕方を教えてあげましょ?」

妹「えぇ!?」

姉「みんな早くお風呂入りたいだろうし、一石二鳥! 妹ちゃんはオナニー手伝ってあげるって、さっき言ったものね」

妹「で、でも、今すぐじゃなくても・・・」

姉「善は急げって言うじゃない! 妹友ちゃんはどう?」

妹友「えっと、お姉さんもいてくれると嬉しいです・・・」

姉「決まりね!」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:44:10 ID:FOxCj482
姉「というわけで、私たちは今からお風呂に入ってくるわね?」

妹「覗いたりしたらマジで殺すから。声も聞いちゃダメだからこの部屋から絶対出るなよ?」

妹友「えっと、あの、オナニー見せてくれてありがとうございました」

姉「じゃあ、お風呂から上がるまでこの部屋のドアが開かないように、外からつっかえ棒か何かしておくわね」

妹「一生外さなくていいよ」

妹友「い、妹ちゃんは結構本気で怒ってるみたいなので、言う事聞いておいた方がいいと思います・・・」

姉「じゃあ、二人とも行くわよぉ」

妹「お姉ちゃん、着替えは?」

姉「あら、どうせ私たちしかいないようなものだし、上がってから部屋に取りに行けばいいわ。早く体流したいでしょ?」

妹「それもそうね。ほら、妹友、行くわよ」

妹友「あの、えっと・・・優しくしてね?」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/02(月) 03:46:19 ID:FOxCj482
男「・・・・・・」

男「・・・・・・」

男「・・・・・・飛び散った精液でも拭くか」



終われ

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング