FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 17:35:50.93 ID:dvQMH7ip0
兵士長「ちんこ用意!!!!」

兵士(100名) ボロロロロロロロンボロンボロロン

女士官「戦闘態勢!!」

兵士長「戦闘態勢ぃぃ!!勃起ぃぃいい!!」

兵士(100名) ギンッ!!!!!!!!!

女士官「射撃用意!!」

兵士長「射撃用意ぃいぃ!!!充填!!!」

兵士(100名) シコシコシコシコシコシコシコシコシコ

女士官「照準!!」

兵士長「照準ッ!!!狙えぇぇいいい!!!」

兵士(100名) ギュギュグウギュウウウウ

兵士(1名)「ウッ」ピュ

女士官「てーっ」

兵士(99名) ビュバアアアァアァッ!!!!

敵スパイ(なんて恐ろしい部隊なんだ…ッ)
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 17:40:24.51 ID:dvQMH7ip0
女士官「おいキサマ」

兵士(早漏)「はっ はいッ上官殿!」

女士官「懲罰房1ヶ月」

兵士(早漏)「そっ…そんな!」

女士官「連れて行け!」

敵スパイ(これは…早く報告せねば…!!)



敵士官「100名の精鋭部隊だと?」

敵スパイ「それも…とんでもない武器を…」

敵士官「チンコか」

敵スパイ「ご存知なのですか?!」

敵士官「あぁ…噂程度だがな」

敵スパイ「しかし…我々はどう対抗したら」

敵士官「案ずるな すでに策はある」

敵スパイ「…!」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 17:44:25.39 ID:dvQMH7ip0
敵士官「訓練場を見ろ」



敵兵士長「整列!!! 全員マンコ出せ!!!!」

敵兵士 カパパパパパパパパ

敵兵士長「発射用意!!!!!」

敵兵士 クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

敵兵士長「広範囲射撃!!放て!!!」

敵兵士 プッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!



敵スパイ「すごい」

敵士官「だろ 攻撃範囲めっちゃ広い」

敵スパイ「勝つる…」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 17:51:39.02 ID:dvQMH7ip0
見張り兵「脱走だー!脱走兵だー!」

ウーウーチンチン

ワンワン ダダダダダ

早漏兵士「くそっ 鉄条網が増設されてやがる…っ」

女士官「そこまでだ 早漏」

早漏兵士「くっ…」

女士官「射精(う)て」

憲兵隊「ハッ」 シコシコシコシコシコシコシコシコシコ

兵士「上官殿!ちょっとこちらを見てください!」

女士官「なんだ騒々しい」

早漏兵士「ここで…死ぬのか」

兵士「そ、それが、懲罰房の壁が…」

女士官「なんだというのだ まぁいい…おい、チンコしまえ」

憲兵隊「はい…」

兵士「これを覧下さい」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 17:58:49.67 ID:dvQMH7ip0
女士官「なんだ…これは 20cmのコンクリートに穴が…?!」

兵士「どうやら…射精射撃で撃ちぬいたようです」

女士官「まさか…存在していたというのか…」

兵士「あの伝説の…ですか?」

女士官「脱走兵を私の部屋に連れて来い」

兵士「了解です!」



早漏兵士「入ります」

女士官「おい これを撃ちぬいて見ろ」カンカン

早漏兵士「…装甲板ですね」

女士官「できるなら本隊に復帰だ できなければ処刑だ」

早漏兵士「…」シコシコシコシピュン パキャ

女士官「はや!」

装甲板「プシュー」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:04:05.18 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「…」

女士官「どうやら 本物のようだな」

早漏兵士「…」

女士官「アンチマテリアルチンコ まさか本当に存在するとはな」

早漏兵士「…」ムクッムクムク

女士官「なんでそこで勃つんだ」

早漏兵士「惚れっぽい性格なんです」

女士官「…っ////」

女士官「わけが分からん!ばかもの!ばかばか」

早漏兵士「すいません」

女士官「とっ ところでお前に特別な任務を与える」

早漏兵士「本隊復帰は?」

女士官「任務性交後だ いや成功後だ」

早漏兵士「…わかりました」

女士官「まずは…狙撃訓練を受けてこい」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:09:07.43 ID:dvQMH7ip0
訓練教官「おい」

早漏兵士「はい」

訓練教官「はいじゃないが」

早漏兵士「はい」

訓練教官「勃起させないと撃てないだろうが」

早漏兵士「わかっております」フニャフニャ

訓練教官「舐めてんのかおまえ」

早漏兵士「いえ!舐めておりません!」

訓練教官「なぜ勃起せんのだ!勃起させろ!」

女士官「教官、首尾はどうだ」

訓練教官「じ、上官殿!それがこいつ全然…」チラ

早漏兵士「早くやりましょう」ギンッギン

訓練教官「…!お、おう」

女士官「?」

早漏兵士「ヒャッハー!!!」シコピュシコピュシコピュン!
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:13:52.56 ID:dvQMH7ip0
訓練教官「コイツ…」

女士官「すごいな 命中しまくり」

訓練教官「上官殿」

女士官「なんだ」

訓練教官「申し訳ありませんが…物陰に隠れていただけませんか」

女士官「なんなんだ」

訓練教官「訳はあとでお話します…さぁ早く」

女士官「よく分からんが…ここでいいんだな」ササッ

早漏兵士「ヒャ…あれ?」フニャーン

訓練教官「やはり…」

女士官「なんだどうした なにがやはりだ」ヒョコ

早漏兵士「ウッヒョオオオオォォォ!」シコピュンシコピュンシコピュンシコピュンシコピュン

訓練教官「…訓練はここまでだ早漏」

早漏兵士「はい」

女士官「?」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:21:10.76 ID:dvQMH7ip0
訓練教官「…というわけでして」

女士官「わたしが…影響を与えている…と?」

訓練教官「入隊当時から成績の不安定な奴でしたが、これで合点がいきました」

女士官「ううむ… 作戦の実行が難しくなってきたな」



早漏兵士「上官殿、お呼びでしょうか」

女士官「特殊任務を実行してもらう」

早漏兵士「はい」

女士官「敵国に潜入し現地レジスタンスと合流、ターゲットを狙撃したのち離脱する」

早漏兵士「自分一人で、ですか」

女士官「いや…」チラ

早漏兵士「?」

女士官「私が同行する」

早漏兵士「…」ギンッ

女士官「し、射撃命令も出してないのに勃起するやつがあるか!」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:29:35.94 ID:dvQMH7ip0
敵士官「今夜 極秘作戦を実行する」

敵兵士 ザワッ

敵士官「レジスタンス狩りだ」

敵兵士「アジトが掴めたのですか!」

敵士官「そうだ 明朝、特殊任務を帯びたスナイパーと合流するらしい」

敵士官「実行部隊はこの100名の中から選抜する」

敵兵士「…」

敵兵士「作戦指揮はオマエだ クジラっ子ちゃん」

クジラっ子ちゃん「わかりました」

敵士官「メンバーの選抜もオマエに任せる 明日の昼までに作戦を終了させろ」

クジラっ子ちゃん「お任せください」

敵士官「そうだ…もう一つ重要な情報がある」

クジラっ子ちゃん「…」

敵士官「そのスナイパーはアンチマテリアルチンコの持ち主だそうだ 気をつけろよ」

クジラっ子ちゃん「…!!」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:36:09.94 ID:dvQMH7ip0
パイロット「ヘリではここまでが限界です」

女士官「そうかご苦労 降下する!」

早漏兵士「降下します!」



ザザザザザ

女士官「この先の森を国境沿いに迂回して、レジスタンスと村落で落ち合う」

早漏兵士「はい」

女士官「オマエまだチンコ勃ててるのか」

早漏兵士「自分はこれが普通です」

女士官「そ、そうか」

ガサガサ

早漏兵士「上官殿!」

女士官「誰か来るな…このまま伏せてやり過ごすか」ヒソヒソ

早漏兵士「…痛っ」

女士官「どうした!」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:41:56.00 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「そ、その…ちんこが」

女士官「バカ!腰高く上げすぎだ!ちゃんと伏せろ!」

早漏兵士「だ、だって地面が固くて…痛いんだもん」

女士官「何がもん、だばかもの!柔らかいとこ探して腰を低くしろ!!」

早漏兵士「柔らかいとこ…」キョロキョロ

ガササガサッ

女士官「近づいて…来る」

早漏兵士「柔らか…あった!上官殿…失礼します」

女士官「わっ ばか何乗っかってるんだオマエばか」

早漏兵士「上官殿のお尻が柔らかいからであります」ムンニュリ

女士官「ふぃ、フィットさせるなばか」

早漏兵士「うまいこと平らになりましたね」

女士官「わかったもう黙れ」

ガササッ

女士官(戦闘ブーツが見える…巡回か…)
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:46:42.86 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「フーッフーッ」モゾモゾ

女士官「何興奮して…ンッ…首筋に息を吹きかけるな!」

早漏兵士「…す、すいませ、スゥーッスゥーッ」

女士官「匂い嗅ぐな!」

敵見張り「誰だ!」

女士官(まずい…!!)

敵見張り「いたぞ!」

女士官「くそっ」

ピュピュピュピュ

敵見張り「ぐはっ」バタッ

女士官「?!…早漏兵士?!」

早漏兵士「ンフーンフー」モゾモゾ

女士官「コイツじゃ…ない…?!」

???「上官殿?」

女士官「!! 誰だ!」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:51:13.08 ID:dvQMH7ip0
レジスタンス「到着が遅いのでお迎えに来ましたよ」

女士官「すまん…助かる」

レジスタンス「こんなところで観光ですか?ハハハ」

レジスタンス「先導しますので付いてきてくだs」

ピシュ

レジスタンス「うっ…」

女士官「今度はなんだ!!」

ピシュピシュ

女士官「囲まれているのか!くそ!!」

早漏兵士「上官殿、そのまま伏せていてください」

女士官「早漏…!」

早漏兵士「オマエ…闇に紛れているつもりか?」

シコピュン

敵兵士「ぐあっ」ドサッ
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 18:55:53.09 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「俺には見えるぜ…闇の中でヌラヌラと光る…」

シコピュンピュン

敵兵士「あぅっ」「ぎゃっ」 ドサドサ

早漏兵士「オマンコのぬめりがなあ!!」

シコピュピュピュンピュン

敵兵士「ああっ」「うっ」「ぐはぁ」ドサドサドサ

敵兵士「クソッ」ザザザザ

早漏兵士「逃したか…上官殿、今のうちに」

女士官「わかった」

早漏兵士「おい!しっかりしろ!道を教えてくれ!」

レジスタンス「うむっ…大丈夫だ 肩をやられただけだ」

女士官「行こう」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:20:23.59 ID:dvQMH7ip0
女士官「ここから村落まで…どのくらいだ?」

レジスタンス「この斜面を下って…2時間弱といったところでしょう」

女士官「夜明けまでギリギリだな…」

バキ…メキメキメキ…

女士官「おい なんの音だ」

ドスーン バキバキ

レジスタンス「何か…木が倒れてるような」

早漏兵士「さっきの乱射で…あらかた木を倒してしまった…かな?」

ゴゴゴゴゴ

女士官「おい」

レジスタンス「沢がこっちに流れてきてるぞ…」

ズドドドドドド

早漏兵士「やば!大木が」

ゴキッゴガガガガ
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:25:24.02 ID:dvQMH7ip0
女士官「おい!!!!!!!」

早漏兵士「士官殿、つかまって!」

ズドドドドドドドドドォォォォ



早漏兵士「着いた…5分で」

レジスタンス「ここ…です…村落…」

女士官「ここっていうか…」

レジスタンス「この土砂の下」

早漏兵士「あの」

女士官「お前はしゃべんな」

レジスタンス「まあ大丈夫です もともと無人の村ですし」

レジスタンス「アジトはもう少し奥です…が」

女士官「派手にやらかしたな」

早漏兵士「…」

レジスタンス「ま、まぁ…アジトで少し休んでくだしあ」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:33:12.76 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「全滅?」

敵兵士「巡回兵含め7名戦死…自分以外…」

クジラっ子ちゃん「侮っていたつもりは無いが…」

敵兵士「も、申し訳ありません」

クジラっ子ちゃん「いや、よく戻ってきてくれた。手当を受けてよく休め」

敵兵士「はっ」

クジラっ子ちゃん「作戦行動を早めるしかあるまい」

クジラっ子ちゃん「あの上官に…頼るのは避けたかったが…」



敵上官「泣き言か?珍しいな」

クジラっ子ちゃん「…ッ」

敵上官「フン、まあいい お前のその目つきがたまらん」

クジラっ子ちゃん「…」プイ
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:40:09.86 ID:dvQMH7ip0
敵上官「家族のためとはいえ…お前はよく尽くしてくれたよ この俺にな」

クジラっ子ちゃん「……部隊を…」

敵上官「岩砕きのクジラっ子ちゃん、か…その二つ名に似つかわしくない小娘が」ズン

クジラっ子ちゃん「全部隊を村落に派兵して…くだっ ンッ…あッ」

敵上官「はは、やっと喘いだか まったく強情なおまんこだよ」ズンズン

クジラっ子ちゃん(今すぐ…潮吹きで殺してやりたい…ッ)

敵上官「お前の気持ちはよく分かるよ…故郷を奪った人間を殺したくてたまらんだろう」ズドン

クジラっ子ちゃん「派兵…ンッ のぉッ 許可を…!ッあふ」

敵上官「よろしい 許可しよう 敵を殲滅してこい!一人残らずだ」ズッピュ
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:45:58.29 ID:dvQMH7ip0
レジスタンス「情報が…漏れている?!」

レジ部下「上官殿の到着地点も事前に知られていたらしい」

女士官「なんてことだ…私のミスだ」

レジスタンス「いや、情報が漏れるとしたら我々からだ 責任は我々にあります」

早漏兵士「作戦行動どころか離脱も難しくなりますね」

レジスタンス「最近、精鋭部隊が新設されたのは知っているでしょう」

女士官「ああ、新たに着任した士官の肝いりらしいが」

レジスタンス「規模はあなたの部隊とほぼ同じ、そしておそらく兵力も…」

女士官「我々も部隊を呼ばざるを得ない…か」

レジスタンス「だがあなた方には任務がある 連絡は我々に任せてください」

女士官「わかった…すまない」

早漏兵士「では夜明け前に出発しましょう」

女士官「精鋭部隊…か」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:54:46.40 ID:dvQMH7ip0
女士官「よし…行くぞ まだ夜明けまで時間がある」

ザッ

早漏兵士「上官殿」

女士官「なんだ」

早漏兵士「まだ目標について教えていただけないのですか?」

女士官「ターゲットは 先の話に出てきた新任の上官だ」

早漏兵士「精鋭部隊を率いるという…」

女士官「まあ当然ながらわたしも狙われているということだがな」

ピシュ

女士官「くっ…またか!」

早漏兵士「せいっ!」シコピュン

ドサッ
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 19:56:57.69 ID:dvQMH7ip0
敵スパイ「さすが…スナイパー…よくわかったものだな」

早漏兵士「女がマンコ全開で近づいてきたら分かるよバカ」

女士官「…見たことのある顔だな」

敵スパイ「フフ…あなたの部隊の救護兵ですよ…」

女士官「まったく…やはりわたしのミスだったということか」

敵スパイ「まぁ、そういうことです レジスタンスと救護兵と…忙しかったですけどね」

女士官「で?どこまで知っているか話す気はあるか?それとも…」

敵スパイ「『歯の治療』ですか?」ニヤ

女士官「…」

敵スパイ「あなたの好きな拷問くらい知ってますよ」

敵スパイ「なんなら好きな体位も当ててみましょうか?せいj」

早漏兵士「貴様!」チンコビンタ ベチン
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:01:19.31 ID:dvQMH7ip0
敵スパイ「グフッ… アンチマテリアルチンコ… 覚悟なさい」

早漏兵士「?!」

敵スパイ「我々にもあるのだよ…秘密兵器が!ハハハハ!!」カリッ

女士官「こいつっ…毒を!」

敵スパイ「うっごおぅっ!」ガク

早漏兵士「上官殿…」

女士官「うむ…悔しいが我々の作戦ももれている…と考えるべきだな」

早漏兵士「となると…レジスタンスが!」

女士官「戻るぞ!!」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:06:11.06 ID:dvQMH7ip0
敵兵士「殲滅、完了しました」

クジラっ子ちゃん「誰か捕らえたか?」

敵兵士「それが…よく訓練されているらしく、全員戦死か自害を」

クジラっ子ちゃん「そうか…リーダーも死んだか?」

敵兵士「いえ、直前に移動したようでそれらしき遺体は見つかりません」

クジラっ子ちゃん「フム…これで終わりというわけにはいきそうもないな…」

ピュドーン!ピュドーン!

敵兵士「なっ?!?!」

クジラっ子ちゃん「来たか・・・・!」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:10:50.05 ID:dvQMH7ip0
女士官「わたしのライフルより命中するってどういうことだクソッ」

パンッパンッ

早漏兵士「ちんこ力の違いです」

シコシコドピューン!シコシコシコピュドドーン!

女士官「化け物みたいな破壊力だな」

早漏兵士「もっと!もっと言ってぇぇえ!」ギンッギン

女士官「(スルー)レジスタンスは…ほぼ壊滅だな」

早漏兵士「このまま援軍を待つしかないですね」

女士官「まったく…出会い頭に射精するからお前が!」

早漏兵士「だって早漏だもん!」ニコ

女士官「…ッ////」キュンッ
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:16:54.20 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「わずかな敵に何を手間取っている!」

敵兵士「報告します!全部隊の2割が戦死!現在戦線を下げて立て直しています!」

クジラっ子ちゃん(くそっ…これ以上あの上官に借りを作るわけには…)

クジラっ子ちゃん「もういい!わたしが出る!」

敵兵士「クジラっ子ちゃん殿!」

クジラっ子ちゃん「アンチマテリアルチンコ…まさか…アイツが…」タタタ

ピュドーン!ピュドーン!

クジラっ子ちゃん「そこか!」カパッ

クジラっ子ちゃん「喰らえ!モビーディックスプラッシュ!」

ザッッパアアアアア!!!!
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:23:37.49 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「危ない!」

女士官「キャアッ!!!」

ズバババババババ

女士官「くそっ…壁が抜かれた…!?」

早漏兵士「ううっ」

女士官「おいっ!早漏!…!!」

早漏兵士「腕の感覚がッ」

女士官「動くな!止血すれば大丈夫だ!」

早漏兵士「俺の腕…くっついて…ます…?」

女士官「ああ!大丈夫だ!だから少し黙ってろ!」

早漏兵士「手当よりも…硝煙が目隠になってる今のうちに…」

女士官「ばか!お前を置いていけるか!」背負いッ

早漏兵士「ち、ちんこですそこ…」

女士官「うるさい!運ぶのに握りやすいんだ」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:26:34.32 ID:dvQMH7ip0
女士官「くっ」ヨロヨロ

早漏兵士「無理…せんでください…」


敵兵士「全マンコ開放!!」

カパパパパパパパパ

敵兵士「ってーーーー!!!!」

シュッパアパパパパパパパ!!!!

ズドドドドドドド

女士官「しまった…もう囲まれていた…!!」

早漏兵士「絶体絶命ですね」ギンッギン

女士官「お前こんな時でも…」ドキドキ
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:34:30.50 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「上官殿…こうなったら…援軍が来るまでやりましょう」

女士官「しかし…私はもう弾切れなんだ…」

早漏兵士「自分がおります」

女士官「だってお前腕が…」

早漏兵士「…」ジーッ

女士官「えっ…」

早漏兵士「大丈夫イケます むしろイッちゃいます」ハァハァ

女士官「仕方なし…」

早漏兵士「俺の弾は、っていうか玉は残弾無限設定です」

女士官「…?」ギュ ニギ ギュ? ニギュ…

早漏兵士「上官殿…」

女士官「なんだ 今忙しいんだ」

早漏兵士「ちんこ握るの初めて…?」

女士官「…///」コクン
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:38:52.01 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「反撃してこないな…」

敵兵士「もう一度一斉射撃しますか」

クジラっ子ちゃん「いや…様子を見よう 朝になれば上官殿の本隊が合流する」

クジラっ子ちゃん(アンチマテリアルチンコ…奴なのか?)

敵兵士「どうされました?」

クジラっ子ちゃん「いや、なんでもない そのまま包囲陣を維持しろ」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:41:08.41 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「はい、しゅっしゅ」

女士官「しゅっしゅ」シュッシュ

ピュ

女士官「あ、出たぁ」

早漏兵士「上達しましたね!」


敵兵士「ぐあぁ」バタン

カパパパパ シュパパパパ 

カパパパシュパパパパ

敵兵士「撃ち方止めーっ!」

クジラっ子ちゃん「どうした!」

敵兵士「一発…撃ってきて…1名戦死!」

クジラっ子ちゃん「おちょくってるのか…ッ」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:45:21.68 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「この場は任せたぞ」

敵兵士「あっ どちらへ…!」

クジラっ子ちゃん「ヤボ用を、な」



早漏兵士「うわーめっちゃ反撃してきますね」

女士官「当たり前だろう! せーの しゅっしゅ」シュッシュ

早漏兵士「いいですよ!もっと緩急きかせて!はい!しゅっしゅ!」

女士官「ふぅはぁ…しゅ、しゅっしゅ!しゅっしゅ!」シュッシュシュッシュ

ドプパパパパ!

敵兵士「ぎゃー!」「ぐわああー!」
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:48:30.84 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん(この塔だな… アンチマテリアルチンコ…)

クジラっ子ちゃん(一斉潮吹きで陥落するのは時間の問題)

クジラっ子ちゃん(の前に…その顔をこの目で見てやる!)



早漏兵士「じゃあ今度は連射してみましょうか」

女士官「どうやるんだ」

早漏兵士「こう、カリの下辺を包み込むように」

女士官「こ、こうか」ニギュ

早漏兵士(めっちゃ上手になってる…)「そ、そうです」

女士官「こんな感じか」スコスコスコスコ

ピュララララララララ!!!!!

敵兵士「わー!」「ああああっー!」「後退!後退しろーっ!」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:53:36.51 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「何…やってんだ あれは…」

早漏兵士「はいー 狙ってー しゅっしゅしゅっしゅ」

女士官「狙って…しゅっしゅ」シュッシュ


クジラっ子ちゃん「動くな」カパッ

早漏・女士官「・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!」

クジラっ子ちゃん「……!!!!」

早漏兵士「……」

女士官「貴様が…秘密兵k」

早漏兵士「ね、姉ちゃん…」

女士官「へ」

クジラっ子ちゃん「早漏……弟よ…」

女士官「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 20:57:41.58 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「姉ちゃん…なんで…その軍服なんだ…」

クジラっ子ちゃん「早漏… 故郷も守らずに何をやってるんだ…!」

早漏兵士「…か、母さんは…?!」

クジラっ子ちゃん「生きてるぞ…生かされてる…というべきか…」

女士官(チンコから手を離すべきか…迷う…)

早漏兵士「…悪かった… 事情は聞かない」

クジラっ子ちゃん「立て」

早漏兵士「…上官殿…申し訳ありませんが肩を…」

女士官「あ、あぁ…」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:04:17.66 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「拘留させてもらうぞ」

女士官「無念…」

クジラっ子ちゃん「お前から外に出ろ」マンコグイッ

女士官「くっ…」


パーーーーーン




ドサッ



女士官「うっ…? ゴホ」



敵上官「ご苦労だったな クジラっ子ちゃん」
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:13:55.06 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「上官殿…?!」

敵上官「撃て」

親衛隊長「開け!」

ガパパパパパパパ

親衛隊長「吹けーッ!」

ジュッパアアアアアアアーーーー!!!!

早漏兵士「カルピスウォール!ハンドレス!!!」

ビュバワワアアアアアアアアア!

親衛隊長「全弾…撃ち落とした…だと?手放しで…!!」

敵上官「おもしろい」

クジラっ子ちゃん「上官殿…今…私も狙って…?」

敵上官「バカな…お前など狙ってはおらん」

クジラっ子ちゃん「では…」

敵上官「アンチマテリアルチンコの周囲10mを消そうとしたまでだ」

クジラっ子ちゃん「……ッ!!」
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:20:02.61 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「私の部隊は…!」

敵上官「お前の部隊…?私の部隊だろう…馬鹿者め」

敵上官「まあいい…その『お前の部隊』とやらはそこらの瓦礫に埋まっている」

クジラっ子ちゃん「上官殿ッ…!貴様…」

早漏兵士「姉ちゃん…」

敵上官「アンチマレリ…マテリアルチンコ 消すには惜しいが死んでもらうぞ」

親衛隊長「開けーっ!」

ガパパパパパパパ

クジラっ子ちゃん「早漏」

早漏兵士「なんだ」

クジラっ子ちゃん「タイミング合わせろ」

早漏兵士「まかせろ」
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:25:36.02 ID:dvQMH7ip0
親衛隊長「吹けーーーーー!!!!」

クジラっ子ちゃん「リヴァイアサンウェーブ!」

早漏兵士「バハムートショット!ハンドレス!」


ジュッパアアアアアアアーーーー!!!

ズババアァァァアア!!!!!ドッピュララララララ!!!!


敵上官「なに…ッ!!!」

親衛隊「ぐわああああーー!!!!」


ザッパアアアアーン…
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:30:34.63 ID:dvQMH7ip0
敵上官「くっ…親衛隊!総攻撃だ!!」

親衛隊長「はっ!全部隊!!攻撃用意!」

クジラっ子ちゃん「まだいるのかっ」

早漏兵士「はぁはぁ…姉ちゃん…俺はもう無理だ…さすがに手放しでは…」

クジラっ子ちゃん「お前は下がってろ…お前の上官を守れ…大切にな」

早漏兵士「姉ちゃん…」

クジラっ子ちゃん「姉はなんでもお見通しなんだよ」

クジラっ子ちゃん「来い!外道ども!!」カパッ
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:35:33.79 ID:dvQMH7ip0
ドピュピュピュピュピュ!!!!ピュドーン!ピュドーン!

親衛隊「うわあっ!!」「ぎゃああああ!!!」

親衛隊長「どこから…?!」


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ
シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


早漏兵士「この音は…!!」


おーれのちんこは でっかいぞー

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


女士官「来た…か…ゴフッ」


たーてばひんけつ まじやばいー

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ


兵士長「上官殿!!」

レジスタンス「お友達をお連れいたしました―!!」
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:40:11.94 ID:dvQMH7ip0
女士官「お、遅い…ぞ!」

レジスタンス「まぁまぁ!上官殿は早漏とごゆっくりなさって^^」


親衛隊長「上官殿!!」

敵士官「うろたえるな!たかが100名前後の小部隊だ 蹴散らせ!」

親衛隊長「はっ!全部隊攻撃用意!!!」


兵士長「っしゃー!チンコが滾るぜ!」

兵士「うおおおおおおお!!!!!!!!」

兵士長「突っ込めーーー!!(文字通り)」

兵士「ウッヒョオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!」

ズポ
      ヌプ
  zupo
        ブピュ  
ズポポ

親衛隊「ああああああああああああああああんっ」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:43:39.75 ID:dvQMH7ip0
親衛隊長「お、お前たち!こ、攻撃せんか!…」モジモジ

兵士長「隊長さーん^^」ツプ

親衛隊長「はぁぁあああああぁぁぁん!!!!!」

敵士官「~~~~~!これだから女というやつは!!!」

兵士長「全部隊!潮方向に注意!!空へ放て!!!」

親衛隊「アンアンアーーーン」プッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア


―それは

 白白とあけてくる東の空に

 もはやメスとなった親衛隊の嬌声とともに

 鮮やかな紫の虹を描いた―
165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:49:20.42 ID:dvQMH7ip0
敵上官「ぐぅううぅ…」

クジラっ子ちゃん「貴様…」ズサッ

敵上官「ヒッ」

クジラっ子ちゃん「私の故郷…私の家族…私の部下まで奪って!!!」

敵上官「ま、待て…」

クジラっ子ちゃん「殺す…」カパ

敵上官「いいのか…?お前の母親に会いたくは無いのか?」

クジラっ子ちゃん「…!!生きて…いるんだろうな!?」

敵士官「ククク…会わせてやろう…」

敵士官「ピューーーーッ(口笛)」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:53:03.51 ID:dvQMH7ip0
ズシーン ズシーン


クジラっ子ちゃん「?!」

早漏兵士「地震…か?」


ズシーン ズシーン

  フォッ…  ブフォッ…


???「ブモォォォオオオ!!!」

兵士長「化け物だ…」

敵士官「フッフフ どうしたクジラっ子ちゃん」

クジラっ子ちゃん「…母…さん…?」

早漏兵士「えっ…?」

???「ぶおっぶぉ」

敵士官「ククク…そうだ…潮吹きのヴァルキュリアと呼ばれたお前の母だ」

クジラっ子ちゃん「きっ…貴様…!!!」
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 21:58:20.21 ID:dvQMH7ip0
敵士官「お前の故郷…お前の村は代々潮吹きの戦死たちを生み出した…」

敵士官「我々はその技術を人為的に得るべく研究するため」

敵士官「お前の村を殲滅した…そして女たちを連れ去った」

クジラっ子ちゃん「くっ…」

敵士官「そこからはお決まりのマッドサイエンスだ」

敵士官「解剖し、投薬し、改造し、また解剖し…」

敵士官「とはいえもとはただの人間だ ほとんどが耐え切れずに死んだ」

敵士官「ただ一人を除いてな…」

敵士官「それが、その歴代の戦死の中でも最強を誇ったのがお前の母だ」

クジラっ子ちゃん「~~~~~~!!!!」
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:03:20.15 ID:dvQMH7ip0
敵士官「ヴァルキュリア、やれ」

ヴァルキュリア「ぶおおおおお」ガッポン


早漏兵士「みんな伏せろ!!!!」

兵士長「え」

ズバアアアアアアアアア!!!!!!!


兵士たち「ぐわああああーー!!!!」首ゴロンゴロン

敵士官「ヴァルキュリアの潮圧は音速を超える…すべてを切断する死の潮吹きだ!!」
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:09:32.67 ID:dvQMH7ip0
クジラっ子ちゃん「母さん…母さん!! わたしだよ…分からない?」

ヴァルキュリア「ブモーッ!」

敵士官「そいつを殺せ」

ヴァルキュリア「バウゥゥ!!」ガポン ブシャッ

クジラっ子ちゃん「痛ッ… 母さん!!」

敵士官「バカかこいつは…」

早漏兵士「姉ちゃん…ッ」
183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:11:19.34 ID:dvQMH7ip0
女士官「生き残っている者は…いるか?」

早漏兵士「さっきの掃射で兵士長以下、半数以上やられたようです…」

女士官「そうか…」グッ

早漏兵士「上官殿!立ち上がっては…!!」

女士官「お前こそ…散々無茶をして何を言う…」

早漏兵士「し、しかし…」

女士官「スゥッ…」



―東の空は、赤々と燃えていた

 黒い森に囲まれた村落は瓦礫に埋まり

 下半身を顕にした娘は 異形の母と対峙していた
 
 朝を告げるはずの鳥たちは未だ沈黙していた―



女士官「全員ッ!!!!チンコ出せ!!!!!!!!!」
192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:17:34.75 ID:dvQMH7ip0
兵士「もう出してます!!!!!」ボロボロン

女士官「知ってるわ!!!!!!!!!」


敵士官「あきらめろ クジラっ子ちゃん」

クジラっ子ちゃん「母さん…母さん…」ポロポロ

ヴァルキュリア「ブモモオ!」ガポブシュ

クジラっ子ちゃん「くっ… 母さんお願い…!」


女士官「目標!敵士官!」

兵士 シコシコシコシコシコシコシコシコシコ

女士官「お前もだ…早漏兵士」

早漏兵士「お願いします!」ギンッギンギン
196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:21:53.28 ID:dvQMH7ip0
敵士官「ところでお前の父はどうしている」

クジラっ子ちゃん「ふざけるな!お前が殺したんだろう!」

敵士官「やはり…知らないのか」

クジラっ子ちゃん「何…が!うわっ」

ヴァルキュリア「ボフオオオ」グワッ

クジラっ子ちゃん「か、母さん…苦しい…」ギュゥゥゥ

早漏兵士「姉ちゃんが捕まった!」


女士官「狙え!!!!」シュッシュシュ

シコシコシコシコシコシコシコシコシコ


敵士官「お前の父親は」

クジラっ子ちゃん「ぐうぅぅっ」
201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:26:20.62 ID:dvQMH7ip0
女士官「てーーーーっ!」

ズピューーーーッ!


敵士官「ぐはっ」

レジスタンス「やったか!」

早漏兵士「バカ!フラグ立てんな!」


ヴァルキュリア「グオッグォッ!!」メキメキ

クジラっ子ちゃん「母さん…やめ…て」

敵士官「ヴァルキュリア…」

ヴァルキュリア「ブモッ?」

敵士官「手を…離せ…」

クジラっ子ちゃん「うっ…」ドサッ

ヴァルキュリア「ヴォフ…」
203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:29:58.92 ID:dvQMH7ip0
敵士官「愛しいヴァルキュリア…わたしの………」

ヴァルキュリア「グゥゥウ」

クジラっ子ちゃん「…」

敵士官「クジラっ子ちゃん…お前の言うとおりだ」

敵士官「お前の父親は…死んだ…」

敵士官「わたしが…」

クジラっ子ちゃん「えっ」

敵士官「ヴァルキュリア……もう…時間だ…」カチ

ヴァルキュリア「」ドタン

敵士官「クジラっ子ちゃん…わたしは…お前の…」

クジラっ子ちゃん「…」
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:35:50.18 ID:dvQMH7ip0
敵士官「父親の兄の友人の叔父の異母兄弟の知り合いなんだ…」

クジラっ子ちゃん「赤の他人…」

敵士官「そうだ…」ガクッ


早漏兵士「姉ちゃん」

クジラっ子ちゃん「早漏…」

早漏兵士「それ…母さん…だよね」

クジラっ子ちゃん「そうだね…元…母さん…かな」

レジスタンス「ちょっと待て この背中の装置…」

早漏兵士「その形ってまさか…」

レジスタンス「最悪だ…遅効性の潮吹きウイルス爆弾だ」

クジラっ子ちゃん「そういえばさっきスイッチらしきものを…!!」

早漏兵士「このままじゃまた母さんと同じ被害が…?!」

女士官「これは地面に埋めたところでどうにもならんぞ…!」

レジスタンス「そうだ!ちょうどよすぎることに、この先に謎の巨大な地割れがある!」

早漏兵士「そこに運びさえしたら・・・・!」
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:41:26.53 ID:dvQMH7ip0
兵士A「おれ…行きますよ 運んで」

兵士B「俺も行きます!」

兵士C「自分も!!!」

兵士D(どうぞどうぞ…)

女士官「お前たち…」

早漏兵士「待ってくれ これは俺の母親だ 俺が連れて行く」

レジスタンス(俺は黙ってよう)

クジラっ子ちゃん「早漏」

早漏兵士「姉ちゃん」

クジラっ子ちゃん「幸せにな」チラッ

女士官「…!///」
214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:51:07.89 ID:dvQMH7ip0
一年後

女士官「アッアンッアッ」

早漏兵士「あっイク」ピュ

女士官「はy」スピョーン

早漏兵士「あーまた飛んじゃった」

女士官「普通の人だったら死んでるんだからね」

早漏兵士「しかし上官殿のオナカどうなってんの…」

女士官「『アイアンメイデン』の二つ名は伊達じゃないってことよ」


クジラっ子ちゃん「おーい」

早漏兵士「ね、姉ちゃん!」

女士官「クジラっ子ちゃん!」

クジラっ子ちゃん「偵察終わったから報告にきたんだけど」
216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:51:45.00 ID:dvQMH7ip0
早漏兵士「いい加減マンコで飛ぶのやめてよね」

女士官「まぁいいじゃないか 今度…その技教えてねクジラっ子ちゃん」

クジラっ子ちゃん「いいよ!上官殿なら…その将来的にもふわさしいと思うし!」

女士官「//////」

クジラっ子ちゃん(でもさっき飛んでなかった?)

早漏兵士「もう!姉ちゃんマンコしまいなよ!撃ち落とすよ!」

クジラっ子ちゃん「へへーんだ!やってみなー!」ピューッ

早漏兵士「へっ 俺だって飛べるようになったんだからな!チンコジェット!」ドビュー!


女士官「ふぅ…まったく すごい姉弟だわ」

女士官「クジラっ子ちゃんはあの巨大地割れから余裕で生還してくるし…」

女士官「なんで戦争してるかわかんないけど、がんばるぞーっ!」


END
233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:18:26.93 ID:dvQMH7ip0
敵大佐「フフフ…壮観だ…ヴァルキュリア軍団ッ!!!!」


ダダダン
243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 23:50:28.55 ID:dvQMH7ip0
終わりですからね

関連記事

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング