FC2ブログ

【SS】石上優は気付かれた

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:47:35 ID:Zj1FT.Lw
小野寺と大友ネタ

「石上優は気付かれた」

─────────────────


小野寺麗は暇だった。
週末、共に遊ぶ予定だった友人に急遽予定が入り、時間をもて余していた。

体育祭が終わってまだ間もないのもあり、いつもの日々に戻ってもなお、小野寺の中にはあの日の感動、興奮がまるで昨日の事であるかのように頭から離れない。

そのためか彼女は家でじっとしている気になれず、何とはなしに全国チェーンの喫茶店に立ち寄った。
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:49:09 ID:Zj1FT.Lw

休日だったこともあり、喫茶店には多くの人が来ており、なんとか一ヶ所だけ空いていた席に座る。
コーヒーと店自慢のワッフルを注文し、品物が来る間、物思いに耽っていた。

思い出すのは、あの日のことと、クラスメイトの男子生徒。

小野寺「(噂は、アテになんないな)」

小野寺には、石上が聞いていた人物像とまるで結び付かなかった。
最初は噂通りだと思い嫌っていたし、応援団に居た石上を見て『正気かよ』とも思った。しかし、

小野寺「(あんな事する奴だって、思えない)」

応援団の練習時、石上はわたし達を『怖い』と言った。
それでも、逃げずに必死に取り組む姿を見て、石上があんな頭のおかしいストーカーみたいな事をする奴だとは、到底思えなかった。

小野寺「(そもそも、そんなのが生徒会の役員として任命されるっておかしくない?)」

現生徒会の会長、白銀御行だけでなく副会長の四宮かぐやが石上を厚く信頼している事は、誰の目にも明らかだった。
もし石上が本当にそんな人物だとして、彼等が石上を信頼し、生徒会に入れるだろうか?

小野寺「…何か知ってんのかな。生徒会は」

ぽつり、と呟いた所で注文の品が届き、小野寺はひとまず思考を止め、コーヒーへ手を伸ばした。

その時、喧しい『音』が耳を届く。
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:51:26 ID:Zj1FT.Lw

大友「それでさ~、そいつが最悪なのよ。何よ『うるせぇばーか』って!」

友人A「えー…酷くないそれ?」

耳障りな『音』の正体は近くの席に偶然いた集団。その中の一人、大友京子。

共に居るのは高校の友人だろうか?小野寺は思わず眉を顰めた。よりにもよってなんでこいつに出くわすんだ、と。

大友京子。中学時代の同級生であり、石上が起こした事件の被害者の一人。

彼女は体育祭の時に来ていたが、正直言って、いい思いはしなかった。
大友自身に罪はないのだろう。しかし、小野寺にとっては体育祭に水を差されたかのような気分になった。

小野寺「(まあ気持ちはわからなくもないけどさ)」

あの事件から数日後、彼女は彼氏と破局したという。
しかし、自分には全く関係がない事なので、小野寺は無視を決め込み、ワッフルを食べ始めた。
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:52:04 ID:Zj1FT.Lw
大友「周知院での生活は楽しかったけど、あれだけは一生許せないと思う」

友達A「そりゃそうだよね~。てか、そいつはなんでまだ学校に居られるの?」

大友「さあ?生徒会に入ってるみたいだし、生徒会長に上手く取り入ったんじゃない?」

友達B「うわ、せっこ!」


……………いい加減にしてくんないかな。
段々と苛立ちが募ってきた。
体育祭の時から、小野寺にとって石上の立場は『仲の良いクラスメイト』という位置付けになっている。
彼が居なければ、あの日の感動、興奮は生み出せなかったかも知れないとすら思っている。

そんな彼を、被害者とはいえたかだか中学まで一緒だった奴と、その友達という全く関わりのない奴らによって有ること無いこと陰口を延々と聞かされる。

それは小野寺にとっては耐え難い光景であり、思わず席を立ち───

小野寺「あのさ、いい加減にしてくんない?」

大友「えっ?」

大友京子のもとへ向かった。
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:54:45 ID:Zj1FT.Lw
大友「えっと…小野寺さんだっけ?」

小野寺「さっきから聞こえてたんだけどさ、そういう有ること無いこと適当に言うのやめてくんない?これでも石上、わたしのクラスメイトなんだけど」

大友「なっ…あいつのせいで私は!」

小野寺「大体、いつまで根に持ってんのって話だし。そもそも、あの事件があったとはいえ、それから数日で別れるのもどうなの?そんなんじゃどっちにせよ長続きしてないっての」

大友「それも石上が変なことしたせいでしょ!あんな事なかったら荻野君だって…!」

小野寺「何でもかんでも石上のせいにするのはどうなわけ?わたしはあんたの彼氏だった荻野って人がどんなのかよく知らないけどさ…少なくとも石上は、何の理由も無しにあんな事する奴じゃないってのは分かるよ」

大友「あんたねぇ…!!」

あぁ、わたしは何をやってるんだ。
確かに石上のことでイラっとはしたけど、ここまで言うつもりはなかった。
ついつい、ヒートアップしてしまった。
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:55:27 ID:Zj1FT.Lw
すると、さっきまで静観していた大友の友達が口を開く。

友達B「あの…京子?京子の元カレって…荻野って言うの?」

大友「?そうだけど…」

友達B「周知院中学の荻野…まさか、荻野コウって人?」

友達A「えっ、知ってるのその人?」

どうやら大友の友達が荻野の事を知っているようだが、何やら様子がおかしい。

友達B「うん。…その、京子には悪いんだけど、荻野コウって人…ちょっと変な噂があってさ」

大友「………えっ?」

小野寺「…ちょっとその話、詳しく教えてくんない?」

あの事件について、何か分かるかもしれない。
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:57:17 ID:Zj1FT.Lw
友達B「実は、私の知り合いにその荻野コウって人と付き合ってた人が居るんだけど…その人、なんか変な人たちとつるんでたみたいでね?その子、その後騙されて集団で酷い目に遭わされたみたいで…」

大友「えっ…なにそれ…」

とんでもない話が出てきた。
それってつまり…

友達A「それ…京子は大丈夫だったの?何も酷いこととかされなかった?」

大友「わ、私は何も…でも、ちょっと待って、そんな…」

小野寺「…それって、石上の事と何か関係あるんじゃないの?」

大友「なっ…!でも!それなら石上だって黙ってる筈ない!」

友達A「でも、そんなヤバいの言ったら何してくるかわかんないし…」

小野寺「…わたしはその場に居なかったけど、石上はそれらしい事とかなんか言ってなかったの?」

大友「そんな事ひとつも…っ!?」

石上『こいつは誰かが殴らなきゃ駄目なんだ!!親も教師もやらないから僕がやる羽目になったんだろ!!』

大友「あれが、そうなの?石上は、全部、知ってたの…?」

小野寺「…とりあえず、わたしは真実が知りたい。あの人たちなら、生徒会なら、何か知ってるはず。」

何がなんでも、聞き出してやる。
もう、人の噂に惑わされるのはこりごりだ。
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 05:58:30 ID:Zj1FT.Lw
週明けの放課後。

白銀とかぐやは、いつものように生徒会室で執務に励んでいた。そこに、

コンコン

白銀「はい、どうぞ」

ガチャ

小野寺「失礼します、白銀会長」

白銀「ん?小野寺さんじゃないか。今日はどうしたんだ?」

珍しい。彼女が生徒会室を訪ねてくるなんて。


小野寺「…石上、来てます?」

四宮「石上君なら、今日はもう帰りましたが…石上君にご用でしたか?」

小野寺「いえ、むしろ居ない方が助かります。…実は、お二人にお聞きしたい事があります。」

石上に聞かれたくない事とは?はて…

白銀「ふむ、聞きたい事とは?」

小野寺「その前に…入って」

その瞬間、入ってきた人物を目の当たりにした白銀は、小野寺の目的を悟った。
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:00:03 ID:Zj1FT.Lw
大友「…失礼します。」

白銀「!…君は確か……」

大友「はい。中等部まで周知院に在籍していた、大友京子です。」

白銀「…そうか、大体解った。君達の用件はな」

小野寺「!やっぱり何かご存知なんですね!?」

白銀「うむ…しかし、これはどうしたものか…」

白銀が答えあぐねていると、かぐやが即座に助け舟を出した。

四宮「…それを聞いて、あなた方はどうなされるおつもりですか?」

小野寺「わたし達は…真実が知りたい。なんで石上が、あんな事をしたのか」

白銀「…そもそも、何故彼女が此処に?どうして、石上の過去の出来事に疑問を持ったんだ?」

大友「私、は…友達から、荻野君の噂を聞きました。とても、良くない噂を…」

小野寺「わたしも、その場に居合わせていました」

白銀は失念していた。いや、対策を講じる必要はないと思っていた。

例の荻野とやらがやらかした件の被害者が居たとしても、それが大友の耳に届くことはないだろう、とたかを括っていた。
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:02:04 ID:Zj1FT.Lw
白銀「そう、か…」

大友「私は!ずっと石上が全部悪いんだって、そう思っていました。体育祭の時だって、あいつが憎くて憎くて仕方がありませんでした。…でも!もし荻野君の噂が本当なら、私は石上の中学校生活を…!!」

自分の関係をぶち壊したと思っていた相手が、実は自分を守っていた。
そして、相手は今もなお、苦しみに耐えている。
成る程、確かに罪悪感が半端じゃないだろう。

しかし、

四宮「…それは都合が良すぎるのでは?」

大友「えっ…」

かぐやには許せなかった。許せるわけがなかった。

四宮「だって、今更すぎるでしょう?あの事件からどれだけ経っていると思っているの?真実を知る術と時間は充分にあった筈ですよ」

大友「それ、は…」

四宮「正直、あなたを体育祭で見かけた時に思いましたよ。『真相を全部教えてあげたら、どんな顔をするのでしょう?』とね」

白銀「おい四宮、それは…」

四宮「会長、石上くんは私にとっても大切な後輩です。それを今まで蔑ろにしてきた相手…許せる筈がないじゃないですか」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:02:34 ID:Zj1FT.Lw
大友は、かぐやの一番嫌いなタイプに当てはまる。
小野寺は、かぐや的には好感度は高い。だが今回に限ってはそれとこれとは別問題であった。

四宮「そもそも、石上くんが望まないでしょうし」

大友「………」

大友は、何も言えなかった。
言う資格が、なかった。
同時に、思った。
これは、今まで目を背け続けてきた自分への罰なのではないか、と。

白銀「…そういう訳だ。悪いが、話すわけにはいかないな」

この二人は、真実を話すにはまだ『足り得ない』。

大友「っ…!」

大友は何も言えず、このまま引き下がるしかないのか、と思った。
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:03:37 ID:Zj1FT.Lw
しかし、

小野寺「…確かに、わたしは、わたし達はずっと目を背けていました。…でも!」

小野寺麗は食い下がる。

小野寺「共に歩みたいんです!石上と!あの体育祭の時のように!」

小野寺「あの時の石上の姿が本物なんだって!胸を張って、心の底から信じたいんです!」

小野寺の目には涙が浮かんでいた。

小野寺「わたしは知っています。生徒会のあなた達の前では、石上が見たこともない表情をしている事を」

小野寺「本当に信頼し合った、仲間としての石上の笑顔を。わたし達の前では、絶対に見せる事のない姿を……でも!」

小野寺「わたしも、目の前で見たいんです!なりたいんです!生徒会の人達のような『仲間』に!!」

小野寺「だからお願いします…!わたし達に、石上を、わたしの仲間、『石上優』を返してください…!」

そう言って、小野寺は頭を下げた。

いつも凛とした彼女が絶対に見せないであろう姿。それを石上の為に見せていた。
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:04:32 ID:Zj1FT.Lw
白銀「………」

四宮「………」

小野寺の気持ちを、二人は静かに受けとめる。

大友「……私には、小野寺さんのように石上の『仲間』になる資格はないです。でも、伝えたいんです。感謝の気持ちを」

大友「独善的なのはわかってます。でも…それでほんの少しでも、石上の気持ちに沿えるんだったら…私は、『ありがとう』って…伝えたいです!」

大友も、涙を流す。
謝罪ではなく、感謝。

大友の気持ちもまた、二人は受け止めた。
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:05:15 ID:Zj1FT.Lw
四宮「…はあ。仕方ありませんね、会長」

白銀「…そのようだな。さて、確かこの辺だったよな?」

四宮「はい。藤原さんがそこに入れていた筈です」

そう言って白銀が本棚から取り出したのは、『生徒会マル秘レポート』。
それを二人に差し出す。

白銀「これが、あの事件のあらましだ。でも、これが全てというわけじゃない……あとは、石上の口から、聞いてやってくれ」

本当は、白銀にとっても、かぐやにとっても、石上の事を解ってくれる人が増えるのは嬉しいことであった。
しかし、石上を充分に理解してくれる人以外にこれを渡すわけにはいかなかったのだ。

白銀「良い結果である事を、祈る」

大友「っ…!ありがとう、ございます…っ!!」

小野寺「絶対に、この機会を無駄にはしません…!!」


白銀「(石上、どうやらお前をわかってくれる奴が増えそうだ)」

白銀は、ひっそりと笑みを浮かべた。
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:06:10 ID:Zj1FT.Lw
小野寺と大友が生徒会を訪れた週の土曜日。

石上はいつものように家でゲームをしていた。
両親は現在出掛けており、家に居るのは石上一人だけである。
そこへ、

ピンポーン

インターホンが鳴り響いた。

石上「ん?なんだろ…宅配便か?」

家族の誰かが何かを注文していたのだろうか?不思議に思いながらインターホンのモニターを確認すると

石上「げっ!?」

そこには小野寺と…大友が居た。
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:06:55 ID:Zj1FT.Lw
石上「(嘘だろ…!?あいつとうとう自宅にまで押し掛けて恨み事言いに来たのか!?)」

どうすべきか。大友だけならば居留守をかましても良かったのだが、生憎小野寺も居る。
小野寺はこんな自分にも良くしてくれる相手であり、あまり無礼な事はしたくない。

石上「(にしても何で大友と小野寺が…仕方ない)…今開ける」

覚悟を決め、2人の前に姿を現した。


そして、現在。


石上「(…どうしてこうなった)」

石上の部屋に、2人の女子が居る。
今までではあり得ない光景だ。
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:08:45 ID:Zj1FT.Lw
小野寺「へぇ…凄いじゃん。ゲームがいっぱいある」

大友「………」

石上「(あんまり見んなよ!女子には見られたくないゲームもあるんだからな!!んで大友はなんで黙ってんだこいつ?)……で?今日は何しに来たわけ?」 

正直、2人の目的がわからない。

大友「…あのね、石上。これ、見ちゃったの」

目の前に差し出されたレポートを見て、呼吸が止まった。
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:09:20 ID:Zj1FT.Lw
石上「なっ…!?なんでそれを大友が!?」

知られたくなかった。大友にだけは、知られるわけにはいかなかったのに。

小野寺「実はね、石上…」

2人がこれまでの経緯を語る。
石上は少し目眩がした。

石上「は…どんな偶然だよそれ…あいつ、そんなに手を出してたのか…!?」

荻野め、何がバレないようにやっていた、だ。
バレバレじゃないか。

小野寺「それで…詳しい事は石上に聞けって白銀会長が」

石上「白銀先輩…それ完全に丸投げですよ…」

まあでも、白銀先輩と四宮先輩が話したのであれば、僕が話さないわけにもいかない、か。
藤原先輩が話してたんだったら話さないかもしれないけど

石上「はぁ…一生話すことはないと思ってたんだけどな。仕方がない、言うよ全部。でも、かなり酷いから覚悟しろよ、大友」

大友「っ…うん…!」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:10:44 ID:Zj1FT.Lw

そして、2人に全てを伝えた。
荻野との会話、そしてあいつが俺に何を提示してきたのか。その全てを。

全てを話し、大友の顔を窺うと…大友は、大粒の涙を流して泣いていた。

大友「なんで…?なんで私なんかを庇ってたの?私はあの時、石上にあんな酷い事をしたのに…!」

石上「…別に、庇おうとして庇ったわけじゃない。俺だって、何度も告発してやろう、リベンジポルノなんて知ったことかって思ったさ。…でも」

そうして出来たものは、告発文でもなければ、反省文でもない、悲惨なものだった。

石上「…こんな俺でも、あんな事があっても。それでも俺は、応援してたんだろうな」

あの日、消しゴムを拾ってくれた、彼女の事を。

大友「っ…!ごめ…っ」

石上「やめろ。謝るな」

そんな顔をされたくないから、言わなかったっていうのに。

大友「…そうだよね。私が言いたいのはそっちじゃなかった。…石上」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:11:15 ID:Zj1FT.Lw



大友「…ありがとう…っ!!」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:11:47 ID:Zj1FT.Lw
涙で顔をぐしゃぐしゃにしながらも、僕に見せた大友の笑顔。
それを見て僕は…

石上「…おう」

そう言って、微笑み返した。
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:12:19 ID:Zj1FT.Lw

今までの苦労は無駄じゃなかった、そんな気がした。
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:13:02 ID:Zj1FT.Lw
…………あ。そういえば

石上「あー…これ他の奴には黙っててもらるか?」

小野寺「はぁっ!?それじゃいつも通り他の人に…」

石上「いや別にどうでもいいし。他の奴が何言ってようが『うるせぇばーか』って感じだし」

大友「でもそれは流石に…」

石上「いいんだよ別に」

分かってくれる人が居るなら
周りにどう思われていても
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:16:28 ID:Zj1FT.Lw
─────────────────

翌週、生徒会室

コンコン

伊井野「はい、どうぞ」

小野寺「失礼しまーす」

伊井野「麗ちゃん!どうしたの?」

小野寺「この前白銀会長と四宮先輩にお世話になって、そのお礼に来たんだけど…居ないっぽいね」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:17:00 ID:Zj1FT.Lw
伊井野「2人は会議中だけど…お礼って何かあったの?」

小野寺「んー、ちょっとね。…あ、そういえば伊井野ってさ、次期も生徒会立候補するわけ?」

伊井野「えっ?そのつもりだけど…」

小野寺「ふーん…じゃあ、その時は私も役員にしてもらおうかな」

伊井野「えっ!?麗ちゃん生徒会入るの!?」

小野寺「伊井野、わたし、石上。どう?ゴールデンメンバーって感じっしょ」

伊井野「うん、石上は選ばないわよ?絶対」

小野寺「?」

ああ、伊井野はまだ知らないのかな?
素直じゃないしなあ

小野寺「うん、頑張れ伊井野」

伊井野「何を!?」

私は笑う。
いつか、『分かってくれる人』が一人増えると信じて。
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/05/11(月) 06:17:51 ID:Zj1FT.Lw


今回の勝者────小野寺



Fin

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング