FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 00:50:48.38 ID:8Khr4dzm0
志々雄のアジト──



由美「ハァ~……」

鎌足「あら、どうかしたの由美さん」

鎌足「珍しくため息なんかついちゃって……」

鎌足「志々雄様を心配させたら、承知しないわよ! なぁ~んて──」

由美「…………」

由美「ハァ~……」

鎌足「ちょ、ちょっと、ホントにどうしたのよ!」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 00:56:05.64 ID:8Khr4dzm0
由美「う~ん……」

鎌足「私でよかったら力になるわよ、恋敵とはいえね。敵に塩を送るともいうし」

由美「そうね……。よし、いっちゃおう!」

鎌足(いったいどんな悩みを抱えているのかしら、由美さんったら)

鎌足(女ならではの悩みだったらどうしようかしら)

由美「ねぇ……」

由美「私に鎖鎌を教えてくれない!?」

鎌足「へ!?」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 00:59:09.09 ID:8Khr4dzm0
鎌足「な、なにいってるのよ、由美さん」

鎌足「由美さんが鎖鎌術なんか使えるようになっても、意味がないじゃない」

鎌足「それより由美さんにはもっと他にやるべきことが──」

由美「強くなりたいのよ……」

鎌足「!」

由美「志々雄様のために、私も強くなりたいのよ!」

鎌足「由美さん……」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:03:41.85 ID:8Khr4dzm0
由美「私ね……ずっとアンタや宗のボウヤに嫉妬してたの」

由美「アンタたち二人は志々雄様のために、十本刀として日々任務をこなしてる……」

由美「だけど、女の私にできることといえば──」

由美「せいぜいお体のお世話ぐらい……」

由美「いつもいつも、歯がゆいったらなかったわ」

由美「志々雄様が一番楽しいのは、私といる時でなく、戦いに身を置いている時……」

由美「愛する人が一番楽しんでいる時に、私はなんのお力になれないのよ……」

鎌足「由美さん……」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:07:43.46 ID:8Khr4dzm0
鎌足(私の方こそ由美さんには、ずっと嫉妬していた……)

鎌足(女の体を持たない私じゃ、由美さんには絶対かなわないって分かってたから)

鎌足(だけど……この人はこの人で、ずっと悩んでいたのね)

鎌足(そっか……私だけが特別じゃなかったんだわ)

鎌足(私はオカマである自分を誇りに思い)

鎌足(またある時は、重い運命を背負ってしまったように感じていたけど)

鎌足(私からすれば妬ましいほどに、全てを持ってるような由美さんもまた──)

鎌足(満ち足りてはいなかったのね……)
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:11:04.15 ID:8Khr4dzm0
鎌足「分かったわ!」

鎌足「由美さん、あなたに大鎖鎌術を教えてあげる」

由美「本当!?」

鎌足「私に強くなって欲しくないから教えないんだわ、なんて思われたくないしね」

鎌足「ただし、私の修業は厳しくてよ」

鎌足「同じ女同士だからって、手加減はしないから覚悟してちょうだいね!」

由美(アンタは男でしょうが……)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:15:18.89 ID:8Khr4dzm0
鎌足「じゃあ……この本条流で一番小さい大鎖鎌を由美さんにあげるわ」

鎌足「これなら、由美さんでもどうにか扱えるはずよ」

由美「……小さい大鎖鎌って、なんか妙な響きね」

鎌足「細かいことはいいっこなしよ」

鎌足「それじゃ、持ち上げて振ってちょうだい」

由美「ふんっ」グッ…

由美「お、重いわね……!」ヨロヨロ…

鎌足「頑張って、由美さん! せめてこれを自在に振り回せるくらいになるのよ!」

由美「わ、分かったわ!」ヨタヨタ…
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:20:13.66 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「はああああああああっ!!!」ギュルルルッ

ビュバババババッ!!!

鎌足「!?」

由美「ふぅ……」

由美「どうかしら? 本条流大鎖鎌術“乱弁天”、ちゃんとできてた?」

鎌足「ちゃ、ちゃんとどころか……」

鎌足「もう免許皆伝あげちゃってもいいくらいよ……」

由美「本当!? アンタもなかなかお世辞がうまいのねぇ~」

鎌足(いや、本心からですってば)
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:24:40.23 ID:8Khr4dzm0
由美「次はどんな技を教えてくれるの!?」ワクワク…

鎌足「え、えぇ~っと……」

鎌足(もう教えることなんかないわよ……)

鎌足「そうだわ! あっちに張君がいたし、彼に剣術を教わるのはどう!?」

鎌足「どうせなら、鎌だけでなく色々な武器を教わった方がいいでしょ!?」

由美「う~ん、それもそうね」

由美「分かったわ、どうもありがと」フフッ

鎌足「…………」ホッ…

鎌足(もしかしたら由美さんって──)

鎌足(とてつもない武術の才能を秘めていたのかもしれない……)
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:27:12.14 ID:8Khr4dzm0
由美「ねえ、張君」

張「なんや、由美姐さんかいな。ワイになんか用でっか?」

由美「私に剣術を教えてくれない?」

張「へ?」

張「そりゃ……姐さんがどうしてもっていうんなら……」

由美「ホント!? ありがとう、張君!」

張(大丈夫かいな……)
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:31:19.18 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「我流“八岐大蛇(やまたのおろち)”!!!」シュルッ

ズガガガガッ!!!

張(なんやて!?)

張(まるで薄刃乃太刀が、八つに分身したみたいに動いとる!)

張(ワイよりも遥かに使いこなしとるやんけ!)

由美「はい、刀返すわ」スッ

張「いや……。その刀、もろてくれへんか、姐さん」

由美「え、いいの? この刀、すごい刀なんでしょ?」シュル…

張「ええんや。由美姐さんに使ってもろた方が、薄刃乃太刀も幸せなんや……」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:35:17.03 ID:8Khr4dzm0
由美「頼みがあるんだけど」

蝙也「頼み?」

由美「空の飛び方を教えてくれない?」

蝙也(突然なにをいってるんだ、この女は)

蝙也「いっておくが……俺のように飛翔するには、極限まで体重を落とさねばならんぞ」

由美「あまり痩せるのもまずいわね……痩せた体じゃ志々雄様の相手は務まらないし」

由美「う~ん、とにかく今の体のまま飛べるように頑張るわ!」

蝙也(そんなことができるか! まったく、これだから女は……)
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:38:21.82 ID:8Khr4dzm0
ギュゥゥゥゥ……ン……

由美「空って広いわね~」ギュゥゥゥン…



蝙也「…………」

蝙也「まさか、体型を維持したまま飛空発破を使いこなすとは──」

蝙也「しかも俺より高く、速く、長時間飛んでいる!」

蝙也「この女、もしやこの一派の飛車角になる素質があるのでは……」ゴクッ…



由美「京都を一周してくるわね」ギュゥゥゥゥン…
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:39:34.53 ID:H3rm6KJJ0
もはや舞空術じゃねーか
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:43:29.22 ID:8Khr4dzm0
由美「話があるわ」

夷腕坊「ぐふ?」

由美「志々雄様が私にだけ教えてくれたんだけど」

由美「アンタって実は人形で、中に人間が入ってるんでしょ?」

夷腕坊「!?」

由美「志々雄様は“使える奴だから別にとやかくつもりはねェ”っていってたけど」

由美「もしよかったら、私にも人形の作り方を教えてくれない?」

外印「……よかろう」ヒョコッ

外印(志々雄め、気づいていたか)

外印(さすがにこの女を口止めに始末するわけにはいかんし)

外印(ここで機嫌を損ねて、私の正体を皆にバラされても困るからな……)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:48:12.86 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「できたわ!」

由美「“夷腕坊・由美式”!!!」

由美「──ちょっと長いから名前は“イワユミ”にしましょう」

イワユミ「ゴシュジンサマ、ゴメイレイヲドウゾ」ウイーン

外印(瞬く間に私の知識と技術を吸収して、こんな人形を作るとは!)

外印(絶世の美女といえる外観に──)

外印(アームストロング砲をもはね返す装甲を備え──)

外印(しかも操らなくても、自分で考えて動くことができる!)

外印(機能美と造形美が極限の水準で両立した、まさに究極の芸術!)

外印(そうか……私はこの女に技術を伝えるために生まれてきたのかもしれない……)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:51:35.97 ID:8Khr4dzm0
由美「ちょっとアンタたち」

才槌「なんじゃ?」

不二「なん、だ……?」

由美「私、十本刀のみんなに色々教えてもらってるところなんだけど」

由美「アンタたちの剣術や交渉術を教えてくれない?」

才槌「ひょ~ひょっひょ! よかろう! ちょうど退屈しておったからのう!」

不二「いい、ぞ……」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 01:56:11.00 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「はああああっ!!!」ブンッ

ズドォォォンッ!!!

才槌(なんじゃと!?)

才槌(どういう理論や法則が働いたのかはさっぱりじゃが)

才槌(この女に不二以上の腕力が宿りおった!)

不二「す、ごい……」



才槌「ワ、ワシの負けじゃ……完全に論破されてしまったわい!」

由美「やったわ!」

才槌(なんという鬼のような話術……)

才槌(もし、この女が政治家になったら世界が変わるかもしれん……)
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:00:39.39 ID:8Khr4dzm0
由美「ねえ、方治」

方治「由美か」

方治「最近、十本刀の面々となにかをやっているらしいが──」

方治「お前には志々雄様の身の回りのお世話という、大事な使命があるのだ」

方治「それをおろそかにするなよ」

由美「……分かってるわよ」

由美「じゃあせめて、アンタの部屋にある本を読ませてもらってもいい?」

方治「? そんなことなら、別にかまわんが──」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:03:24.67 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「全部読んだけど、面白かったわぁ~」

由美「特にあの本は──」ペチャクチャ…

方治(たった一週間で私の部屋にある本を全て読破した上に)

方治(文章を一字一句まで正確に暗記!)

方治(しかも、ただ暗記するだけでなくちゃんと知識として身につけているだと!?)

方治(由美にこれほどの才能が眠っていたとは……)

方治(もはや“百識”の名に相応しいのは、由美の方かもしれんな……)
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:07:19.27 ID:8Khr4dzm0
由美「安慈和尚」

安慈「由美殿か、何用か?」

由美「和尚の“二重の極み”を、私にも教えてくれない?」

安慈「…………」

安慈「由美殿も私同様、明治政府に強い憎しみを抱いていることは知っている」

安慈「よかろう」

安慈「会得できるかはともかくとして、由美殿にも資格はあるはずだ」

由美「和尚、恩に着るわ!」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:13:17.54 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「はっ!」

ドバァンッ!!!

安慈「!」

由美「金剛石が粉々になったわ! これも和尚のおかげね!」

安慈(うむむ……たった一週間で二重の極みを会得──どころか)

安慈(衝撃の伝導についての知識が豊富のためなのか)

安慈(半径百間以内であれば)

安慈(どこにでも自在に二重の極みの衝撃をぶつけられるようになった!)

安慈「大した才能だ……」

由美「ちょっと和尚、私の努力をそんな言葉で片付けないでくれる?」

安慈「フ……そうであった、言い直そう」

安慈「大した……女だ」



※一間…およそ1.8メートル
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:17:16.72 ID:8Khr4dzm0
由美「…………」スッ

宇水「…………」ピクッ

宇水「由美か……いらっしゃい」

宇水「志々雄の相手に飽き、私に乗り換えにきたのか?」ニィッ

由美「バカね、なにいってるのよ」

由美「でもさすがね。眼帯をしてるのに、私に気づくなんて」

由美「私はアンタのその“心眼”を教えて欲しいのよ」

宇水「私の“心眼”を……?」

宇水(心拍に動揺はない……この女、本気か!)

宇水「かまわんよ。とはいえ、会得しようと思って会得できる類のものではないがな」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:21:32.54 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

由美「はっ! でやっ! ──せりゃっ!」

ビュッ! ババッ! ビュオンッ!

宇水(私と同じく眼帯をしてるはずなのに、ここまで動けるのか!)

宇水(しかもこの女の心眼は──)

由美「宇水、今アンタ──」

由美「“私と同じく眼帯をしてるはずなのに、ここまで動けるのか”って思ったでしょ」

宇水(心理状態だけでなく、思考まで読む!)

宇水(目が見えなくなったわけでもないのに、いったいなぜ……?)

宇水(私が課した鍛錬が、由美に眠る能力を呼び覚ましてしまったというところか!)
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:25:40.36 ID:8Khr4dzm0
由美「ボウヤ」

宗次郎「なんですか、由美さん?」

由美「私に、ボウヤの得意技を教えてくれない?」

宗次郎「いいですよ!」ニコッ

由美「相変わらずね、アンタは……で、何を教えてくれるの?」

宗次郎「それじゃ……“縮地”を教えましょう」

由美「縮地?」

宗次郎「一言でいえば、すごい速さで動く術です」

宗次郎「まるで地脈を縮めて移動してるように見えるから、“縮地”なんです」

由美「へぇ~……ボウヤがそんな技を使えるなんて知らなかったわ」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:28:24.30 ID:8Khr4dzm0
一週間後──

宗次郎「ハァ……ハァ……ハァ……」

由美「やったわ! 私の勝ちだわ!」

宗次郎「す、すごいなぁ……かけっこで負けるなんて生まれて初めてです」ハァハァ…

由美「……今日はたまたま、ボウヤの調子が悪かったのよ」

宗次郎(速さはもちろんだけど……なによりも恐ろしいのは体力だ)

宗次郎(半刻は全力で走ったはずなのに、由美さんは息切れ一つしてない)

宗次郎(志々雄さんの部下で一番強いのは、もうボクじゃないのかもしれないなぁ)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:33:25.91 ID:8Khr4dzm0
志々雄の寝室──



志々雄「由美」

由美「なぁに、志々雄様?」

志々雄「ついに国盗りの時がきた」

志々雄「兵と十本刀を総動員して、明治政府と全面戦争だ」

志々雄「お前には、俺の傍らでこの国が俺にひざまずく光景を味わわせてやる」ニッ…

由美「あの……そのことなんですけど……」

志々雄「なんだ?」

由美「私も……私も戦わせて欲しいんです!」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:36:48.95 ID:8Khr4dzm0
志々雄「…………」

由美「ダメ……でしょうか?」

志々雄「ここ最近、お前が宗を始めとした十本刀と、特訓してるってのは知ってる」

由美「黙っていて、ごめんなさい……」

志々雄「所詮この世は弱肉強食、強ければ生き、弱ければ死ぬ」

志々雄「弱肉強食という絶対の摂理の前には、男も女も関係ねェ」

志々雄「どうしても戦いてェんなら、好きにしな」

由美「志々雄様……!」

志々雄「ただし、お前は俺のモンだってことを忘れるなよ」ニッ

由美「もちろんですわ! 必ず生きて帰ります!」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:40:59.35 ID:8Khr4dzm0
志々雄一派 対 明治政府 決戦開始──



ワアァァァァァ……!

「な、なんだあの女は!?」

「目にも映らぬ速度で地上と空を駆け回り──」

「巨人のような腕力で、大鎖鎌と薄い刃の刀を振り回しながら──」

「近づく敵をことごとく粉砕!」

「闇夜でも自在に動き、しかもこちらの心を読んでいるかのように最善手を打つ!」

「しかも知識も凄まじく、口も達者だ!」

「さらに悪いことに、相棒であろう“イワユミ”とかいう女も恐ろしく強い!」

「か、勝てっこない! あんな化け物に……!」

ギャアァァァァ……!
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:46:27.90 ID:8Khr4dzm0
部下A「志々雄様!」ザッ

部下A「初戦は我々の圧勝です!」

部下A「明治政府の軍と警察の連合討伐隊は、壊滅いたしました!」

志々雄「フッ……今のだらしねえ明治政府など、こんなもんだ」

志々雄「ところで一番、戦果を上げたのはどいつだ? 宗次郎か? 宇水か?」

部下A「駒形由美様です!」

志々雄「!?」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:49:36.44 ID:8Khr4dzm0
剣心「おぬしが駒形由美……討伐隊に一人で大打撃を与えた女性にござるか」ザッ…

斎藤「フン……志々雄一派にこれほど危険な女がいたとはな」チャキッ

四乃森「抜刀斎を殺る前に、まずはお前を倒す。国が滅びるのを放ってはおけん」スッ…

左之助「わりいが、女だからって容赦しねえぞ」グッ…



由美「女一人に四人がかりだなんて、ずいぶん無粋な男たちね」

由美「いいわ、まとめて相手をしてあげる!」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:53:41.92 ID:8Khr4dzm0
部下B「志々雄様!」ザッ

部下B「由美様が、緋村抜刀斎、斎藤一、四乃森蒼紫、相楽左之助の四人を」

部下B「まとめて相手した結果……」

志々雄(由美……死んだか)

志々雄(だが、俺はアイツを誰よりも理解している)

志々雄(本望だったはずだ)

部下B「由美様が、四人を一瞬で撃破いたしました!」

志々雄「!?」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 02:56:36.09 ID:8Khr4dzm0
志々雄「あの四人を……一瞬でだと!?」

部下B「はい、一瞬でした! まばたきしたら終わってました!」

部下C「志々雄様、急報です!」ザッ

志々雄「こ、今度はなんだ……? やはり今のは誤報だったとか──」

部下C「由美様が明治政府の陸海軍を壊滅させ、さらには内務省を単独で制圧!」

部下C「もはや志々雄様の“国盗り”を成し遂げたも同然、との電報が!」

志々雄「!?」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:00:24.04 ID:8Khr4dzm0
内務省──



由美「これで、この国は私たちのものになったけれど」

由美「まだまだ戦いはこれからよ!」

由美「志々雄様のための戦いは続くわよ!」



ワアァァァァァ……!

「由美様!」 「由美様!」 「由美様万歳!」 「由美様!」 「万歳!」

「由美様万歳!」 「万歳!」 「由美様万歳!」 「万歳!」 「由美様!」

「由美様!」 「万歳!」 「由美様!」 「由美様万歳!」 「由美様万歳!」





志々雄「…………」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:04:34.24 ID:8Khr4dzm0
鎌足「由美さんがあそこまで強いなんて思わなかったわ……」

張「ワイもや! 武術の才能の塊だったんや、由美姐さんは!」

方治「しかも、頭もずば抜けている。“百識”どころか“億識”といっていい」

蝙也「飛行力学とやらを極め、飛行術も妖術のような速さになっているな」

才槌「鎌足との特訓で、秘めておった才能があふれ出したというところかの」

宇水「おまけにあの女は心を読めるのだ。もうだれも勝てんぞ」

宗次郎「いいじゃないですか、宇水さん。由美さんは敵じゃなく、味方なんですから」

安慈「うむ、由美殿に触発されて、我々十本刀の実力も底上げされたしな」

夷腕坊「ぐふふふふ……」

宇水「何が可笑しい!!!」



志々雄「…………」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:07:37.72 ID:hVDF9gPFO
ししお…
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:08:37.36 ID:8Khr4dzm0
由美「志々雄様と十本刀は集まって! 次の作戦について、説明するわ!」

ザザザッ……!

“天剣”の宗次郎

“盲剣”の宇水

“明王”の安慈

“百識”の方治

“刀狩”の張

“大鎌”の鎌足

“丸鬼”の夷腕坊

“飛翔”の蝙也

“破軍(甲)”の才槌

“破軍(乙)”の不二

“夜伽”の真実



志々雄「…………」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:14:18.79 ID:8Khr4dzm0
志々雄の寝室──



由美「志々雄様、行ってきますね!」

由美「今日中には、亜米利加を志々雄様の支配下におけますから!」

由美「志々雄様はここで横になって、勝利の報告を待っていて下さい!」

志々雄「ああ」ゴロン…



バシュッ!!! ギュウゥゥゥン……!



志々雄「…………」ゴロゴロ…
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:19:58.51 ID:8Khr4dzm0
志々雄(所詮この世は弱肉強食、強ければ生き、弱ければ死ぬ)

志々雄(あれからさらに腕を上げ、今や由美は日本どころか世界最強だ)

志々雄(その由美が近い将来、地上を征服するのは自然の摂理といえる)

志々雄(そして……)

志々雄(そんな女を己に惚れさせ、手足のように扱ってる俺こそが──)

志々雄(真の“最強”だということだ!!!)

志々雄「フフ……フハハハハ……」

志々雄「ハッハッハ……」

志々雄「ハーッハッハッハッハッハッハッハ!!!!!」





                                   ─ 完 ─
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:22:22.72 ID:Rj8doHlA0
何が可笑しい!!
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 03:33:03.15 ID:JwncB/Zk0
まだ飛天御剣流とお庭番式小太刀二刀流極めなきゃ

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング