FC2ブログ

エレン(10)「ミカサ、お腹見せて」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:18:15 ID:6O32FCfY
エレン「いつものやっていつもの」

ミカサ「嫌…あれ恥ずかしいもん…」

エレン「あれ面白いから見たいんだよぉ」

ミカサ「……」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:19:47 ID:EOOy9tgs
腹筋か((o(^∇^)o))
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:20:58 ID:0ntdy0bM
エレン「頼むよ~」ワクワク

ミカサ「じゃあ、一回だけ…」

ミカサ「フッ!!」メキィッ!

エレン「何度見てもすげぇ!いきなりお腹が6つに割れた!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:22:50 ID:0ntdy0bM
ミカサ「もうイヤ!///終わり!」シュルルル

エレン「ああ…元に戻っちゃった…」

エレン「いいなぁ、俺も出来るようになりたいなぁ!」

ミカサ「腹筋をすればいい」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:25:08 ID:0ntdy0bM
エレン「ミカサは腹筋してるのか?」

ミカサ「してない。」

エレン「じゃあだめだ!ミカサみたいに自由自在に好きな時に割りたい!」

ミカサ「私は特別だから。体を好きなようにできるから。」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:26:49 ID:6O32FCfY
エレン「じゃあおっぱいも?」

ミカサ「……///」

エレン「おっぱいも出せるのか?自由自在に」

ミカサ「…それは、無理」シュン
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:29:39 ID:6O32FCfY
エレン「最近母さんおっぱいの上で眠らせてくれないんだ」

エレン「もう10歳なんだからって…だからミカサのでなんとかならないかと思ったんだけど」

ミカサ「ごめんなさい…おっぱいみたいな柔らかいのは無理…何度も試したんだけど」シュン

エレン「残念だなぁ」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:32:16 ID:6O32FCfY
ミカサ「せめて私の膝で寝るといい」

エレン「ふわわ…ちょうど眠くなってきた…よっと」

ミカサ「どう?」

エレン「スペースがちょっと狭い…寝づらい…」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:33:42 ID:6O32FCfY
エレン「お腹を枕にしていい?」

ミカサ「お腹でいいの?」

エレン「うん。ちょっとやってみる」

ミカサ「じゃあ寝そべるね。はい」

エレン「よっこらせ…」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:36:35 ID:6O32FCfY
エレン「あれ?ミカサのお腹が柔らかい」プニプニ

ミカサ「今はその方がいいと思って」

エレン「えへへ、プニプニして気持ちいい」プニプニ

ミカサ「くすぐったいからやめて」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:38:07 ID:6O32FCfY
エレン「でももうちょっと固めがいい」

ミカサ「わかった。(固くなれ…固くなれ…)」

ミカサ「フン!」メキィ!

エレン「うわっ!?」ボヨーン
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:40:42 ID:6O32FCfY
ミカサ「ごめん硬くしすぎた」

エレン「痛かった…」グスン

ミカサ「ごめん」ナデナデ

エレン「じゃあ俺が腹筋触ってるから」

ミカサ「わかった。徐々に硬くしていく。ストップって言って」

エレン「オッケー」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:41:01 ID:MK.b1/bM
小さい頃からミカサさんは腹筋が凄かったのか・・・
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:45:33 ID:6O32FCfY
ミカサ「まずレベル0」

エレン「プニプニする」プニプニ

ミカサ「はい、レベル1」メキ

エレン「二つに割れた」サワサワ

ミカサ「んっ…レベル2」バキ

エレン「筋が出てきた」サワサワ

ミカサ「フン!レベルMAX」メキィ!

エレン「すげー6つになった!」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:47:14 ID:0ntdy0bM
ミカサ「どれがいい?」

エレン「レベル1で」

ミカサ「わかった。おいで」メキ

エレン「わーい!」ゴロン
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:53:20 ID:6O32FCfY
エレン「そよ風とミカサのお腹が気持ちいい~!」

ミカサ「ごめんねエレン…でも私もいつかおっぱいができるから」

ミカサ「そのときまでお腹で我慢してね」

エレン「zzz…」スヤスヤ

ミカサ「私も寝よう」グッスリ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:58:19 ID:6O32FCfY
~~5年後~~

エレン「だから俺の少年時代はミカサのお腹と共にあったというわけだ」

ミカサ「////」

アルミン「もうその話はいいから…しかもわざわざ食堂で」

ジャン「ふざけんなよテメェ!」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:04:23 ID:iFFRfNow
ミカサ「しかし私も15歳。ようやくおっぱいができた」

エレン「マジで!?ようやく長年の夢が叶うな!」

ジャン「待てやコラ!何するつもりだ!ミカサのお、おっぱい…///」ブシュ

アルミン「鼻血出して倒れてら…僕が医務室連れてくのかなぁ…はぁ…」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:08:30 ID:iFFRfNow
エレン「この木陰が風当りが気持ちいいなぁ。ここにしよう」

ミカサ「うん」

エレン「どうやって寝よう?」

ミカサ「私が仰向け。エレンが私の上にうつ伏せ」

エレン「そうしよう」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:10:17 ID:iFFRfNow
エレン「これがミカサのおっぱいかぁ。気持ちいい」プニプニ

ミカサ「エレン、くすぐったい」

エレン「なんか母さんみたいだ。母さん…」

ミカサ「……エレン?」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:12:27 ID:iFFRfNow
エレン「…ごめんミカサ。やっぱりお腹がいい」

ミカサ「…おばさんを思い出しちゃうの?」

エレン「うん…ごめん」ポロポロ

ミカサ「泣かないでエレン…さぁ、おいで」

エレン「うん…」ゴロン
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:16:35 ID:BTYvN.Ek
ミカサ「硬さはこれぐらいでいい?」メキ

エレン「うん…そよ風も気持ちいい…」ソヨソヨ

エレン「やっぱり俺、ミカサのお腹が一番好きだ。」

ミカサ「いつでもエレンの好きな時に貸してあげる」

エレン「うん…ミカサ、あのさ。」

ミカサ「なに?」

エレン「…ずっと一緒にいような」

ミカサ「……うん。」

~終わり~
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:18:32 ID:BDOTE0Zc
いい話なんだろうけどさ…
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:21:47 ID:THxeLteI
この>>1はとても賢くてイケメンなはず。わたs皆のためにこんな素晴らしいミカエレssを書くのだから
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:56:57 ID:TCp5ukTw
イイハナシナンダロウケドサー

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるキース教官 2014年11月07日

    アッカーマン訓練兵!配置へ戻れ!

  2. 抹茶フラペチーノ 2018年08月11日

    あれまキースきょーかん

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ