FC2ブログ

兄「ケツだせコラ」妹「はい」プリッ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:25:03.34 ID:/h+U81RI0

兄「えっ……マジでいいの?」

妹「はい」

兄「じゃあ遠慮なく………」ズボッ

妹「……………」

兄「…………」パンパン

妹「………………」

兄「………………」パンパン
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:27:32.96 ID:/h+U81RI0

兄「……………………」パンパン

妹「………………」

兄「………………うっ」ドピュ

妹「……………………」

兄「……………………」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:31:34.27 ID:/h+U81RI0

兄「……………ふぅ」

妹「………………終わりましたか?」

兄「え?、あぁ、うん……………」

妹「じゃ、部屋に戻りますね」

兄「あ、あぁ………」

トタトタ ガチャ

兄「(リアクション、薄いな………)」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:36:36.98 ID:/h+U81RI0
ー妹の部屋ー

ガチャ バタン

妹「……………………」

妹「……………………ひっ」

妹「ひやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!///
やっちゃたぁぁぁぁぁ
兄さんとやっちゃたぁぁぁぁぁ///!!」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:41:58.95 ID:/h+U81RI0
妹「緊張して何も言えなかったよぅ///」

妹「変な奴って思われなかったかな~…………」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:47:19.13 ID:/h+U81RI0
ー次の日ー

兄「(………………やべぇ、ムラムラしてきた)」

妹「………………」

兄「……………………」チラッ

妹「……………………」

兄「……………なぁ」

妹「…………何ですか?」

兄「やらないか?」

妹「はい」プリッ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:53:14.69 ID:/h+U81RI0

兄「……………………」ズボッ

妹「………………」

兄「(本気でいくぜ…………)」

兄「(トランザムッ!!うおおおおおおおおおおおお!!!!)」

ばこばこばこばこばこばこばこばこばこっ!

ズドォォォォォン

兄「………はぁはぁ(どうだっ!?)」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 00:59:21.80 ID:/h+U81RI0

妹「………………」

兄「(なん……だと……!?)」

妹「……………終わりですか?」

兄「……………あぁ」

妹「…………………部屋に戻ります」

トタトタ ガチャ バタン

兄「………………(クソッ…!舐めやがって………!!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:04:55.10 ID:/h+U81RI0
ー妹の部屋ー

妹「……………………」

妹「…………………………ひゃ」

妹「ひやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
またやっちゃたぁぁぁぁぁ!、
またやっちゃたよぉぉぉぉ!!///」

妹「(今日は激しかったなぁ
溜まってたのかなぁ///」

妹「もうちょっとで声出るとこだった…………」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:10:53.03 ID:/h+U81RI0
次の日

妹「………………おはようごさいます
兄さん」

シーン

妹「…………………?」キョロキョロ

妹「…………兄さん?」

ピラピラ

妹「(ん?、机の上に紙…?)」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:20:07.79 ID:/h+U81RI0
妹「………(何か書いてある)」

妹へ

 突然だが、旅に出ることにした
修行してくる

お前のアヘ顔ダブルピースを
必ず拝んでやる

覚悟しておけ

     兄より


妹「」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:29:42.46 ID:/h+U81RI0

ーとある山奥ー

兄「…………ハァ!!」パァン!!

兄「………………フッ!!」パァン

ドゴォン

兄「………ふぅ」

兄「………………(今の所、腰の力で砕ける岩は三つ)」


兄「まだだ、まだあいつには勝てない!!」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:36:05.55 ID:/h+U81RI0

???「………………ふぉふぉふぉ」ザッ

兄「っ!?、誰だ!!」

アヘ爺「………わしの名はアヘ爺………、おまえさん、随分頑張っとるのぉ……」

兄「……………………」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:43:19.00 ID:/h+U81RI0

兄「あんたには関係ない………」

アヘ爺「…………まぁそんな事言うな」

アヘ爺「見たところ、腰を鍛えておるようじゃのぉ」

兄「……だからどうした」

アヘ爺「ふぉふぉ………まぁ、見ておれ………」




アヘ爺「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ゴゴゴゴゴゴゴ………!!

兄「っ!?」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:46:14.94 ID:/h+U81RI0
アヘ爺「はっ!!」パァン

ズドォォォォォン!!!!


兄「なっ!?(ひと突きで山をつらぬいたっ!!)」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:49:40.07 ID:/h+U81RI0

アヘ爺「………………どうじゃ?」

兄「…………………………で」

アヘ爺「……で?」


兄「……で、弟子にしてください!!!」



アヘ爺「ふぉふぉふぉ…………」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 01:55:58.03 ID:/h+U81RI0

そこから俺の修行の日々が始まった

アヘ爺「ほらっ!、腰が入っとらんぞ!!」

兄「はいっ!師匠!!」パンッ!!

アヘ爺「もっとえぐり込むように
っ!」

兄「はいっ!師匠!!」グリュオォ




75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:01:50.56 ID:/h+U81RI0
毎日が血の滲むような辛い日々

それから約三年がたった………


兄「はぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!


兄「ハァ!!!!!」パァン…

グガァァァァァァァァォァン!!!!!!


アヘ爺「!?」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:06:45.30 ID:/h+U81RI0
アヘ爺「(………………山を一つ消し飛ばしおった…………予想以上じゃ)」


兄「ハァ……ハァ……ハァ」

兄「師匠…………どうでしたか?」



アヘ爺「………………うむ」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:11:35.27 ID:/h+U81RI0
アヘ爺「………………合格じゃ」

兄「よっしゃ!」


アヘ爺「……喜ぶのはまだ早いぞ」

兄「…………?」

アヘ爺「…………次が最終関門」







アヘ爺「…………わしと勝負じゃ」


兄「!?」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:16:10.25 ID:/h+U81RI0

アヘ爺「…………では、行くぞ」フッ


兄「(消えたっ!?)」


アヘ爺「……後ろじゃ」パァン

兄「ハッ!?」バッ


アヘ爺「…………ふむ、避けたか」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:21:47.95 ID:/h+U81RI0

兄「はぁはぁ(全く見えなかった……!)」

アヘ爺「では、次行くぞ」フッ

兄「!(またかっ!)」サッ

パァン

アヘ爺「……………」


兄「はぁ……はぁ」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:27:11.33 ID:/h+U81RI0
アヘ爺「ほれほれ、避けてばかりでは勝負がつかんではないか」


兄「(くっ!、何か手は無いのかっ!)」

兄「(………………っ!、そうだっ!)
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:31:16.06 ID:/h+U81RI0

兄「…………来いよ、師匠」


アヘ爺「…………ほう、ついにや
る気になったか」


兄「あぁ、…………次で終わらせる」


アヘ爺「……行くぞっ!」フッ
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:35:45.38 ID:/h+U81RI0
兄「(今だっ!)ハァ!」


アヘ爺「なっ!?自らっ!?!」



   ボキッ……………



アヘ爺「グワァァォァァァァ      ワァァァァァァァ!!!!」
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:43:53.84 ID:/h+U81RI0

アヘ爺「」ドサッ


兄「はぁ……はぁ……」


勝った、そう俺は確信した
力無く地に倒れ伏す師匠

へし折れた竿

もう疑う余地は無かった
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:49:48.24 ID:/h+U81RI0
アヘ爺「よく……やったの………」

兄「……………師匠!」


アヘ爺「お前さんの……………勝ちじゃ…………」


兄「……………………」


アヘ爺「どうした………このわしに勝ったじゃぞ………、もっと嬉しそうにせんか……」


兄「……………師匠」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:56:08.85 ID:/h+U81RI0
アヘ爺「…………不思議じゃのう、負けたと言うのに、実に清々しい……」


アヘ爺「わしは求めていたのかもしれんのう………、こんな結末を」


兄「………………」


アヘ爺「それでは、改めて…………………合格じゃ」ニコッ

アヘ爺「」ガクッ


兄「……師匠?、し、師匠ぉぉぁぉぉ!!!」
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 02:58:57.61 ID:/h+U81RI0

兄「………………………………」

アヘ爺「」


ーーーーーザァァァァァァァ


兄「…………………………………」


兄「……………………………………」グッ
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:03:53.67 ID:/h+U81RI0

兄「……………行くよ、俺」

兄「見守っていてくれ、師匠」






ザッ







アヘ兄「待っていろよ、……………………妹っ!」







129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:08:39.56 ID:/h+U81RI0
ー兄の家ー


妹「(兄さんが出て行って三年)」

妹「(連絡も全くない…………)」


妹「寂しいよぉ…………兄さん」ウルウル
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:11:14.99 ID:/h+U81RI0

ドゴォォォォォォォン!!


妹「っ!?(なっ、何!?)」



アヘ兄「…………………………」ザッ



妹「にっ、兄さん…………!」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:13:55.15 ID:/h+U81RI0

アヘ兄「…………妹」


妹「兄さん………」


アヘ兄「………………ケツを出せ」


妹「…………えっ?」
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:15:26.60 ID:/h+U81RI0

アヘ兄「ケツをだせぇぇぇぇ!!」


妹「……………っ!」プリッ
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:20:26.02 ID:/h+U81RI0
アヘ兄「…………動くなよ」

妹「………………」コクッ



アヘ兄「………………ハァァァァァアァァァァァァァ!!!!」


ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!



ーーーーー師匠、見ていますか?

今、遂に、師匠と過ごした
辛くも幸せだった三年間の、血と汗と涙の結晶を解き放つ時が来ました
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:24:37.52 ID:/h+U81RI0

腰は 添えるのみ 突き出すは

     己の 魂


アヘ兄「……………………フッ」




      パァン



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:27:46.85 ID:/h+U81RI0

ズドォォォォォン!!!




妹「あ」 ビスッ



ドゴォォォォォォォオオオン!!


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:32:36.55 ID:/h+U81RI0


ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー


ガラガラッ



兄「…………………………」


妹「あ、あれ??」


兄「………………」


妹「に、兄さん」


兄「…………………」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:40:22.58 ID:/h+U81RI0
妹「兄さん、返事してっ!!」


妹「兄さんっ!!」



……………最後に立って居たのは

兄ではなく、妹だった


最後の攻撃の瞬間、アヘ兄は理性の葛藤の中に居た

アヘ兄としての自分、兄としての自分

最終的に、兄としての自分が勝った
161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:44:06.82 ID:/h+U81RI0
妹「兄さん、そんなっ、……………………兄さん」ポロポロ



ーーー最後の攻撃は、文字通り

魂を打ち出す技


後に残るのは、抜け殻のみ
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:48:50.98 ID:/h+U81RI0

妹「兄さぁぁぁぁぁん!!」



廃墟同然になった家から、妹の悲鳴が響き渡る



果たしてこの戦いの勝者とは誰だったのか



  それは誰も知らない…………





          ー完ー
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:56:28.16 ID:eeWs4uBvO
おい
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:56:32.51 ID:/h+U81RI0
>>152からの分岐

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーー
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 03:59:33.75 ID:/h+U81RI0


妹「…………………」


兄「ば、バカな…………」
179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 04:03:22.32 ID:/h+U81RI0

兄「な、………なぜだ」

兄「なぜ、立っていられるっ!!」

妹「………………………兄さん」






妹「………………私の負けです」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 04:07:03.92 ID:/h+U81RI0
兄「!?」

兄「どういう事だ……………?」



妹「わっ、私」プルプル


妹「ーーずっと、我慢してたんです………」


兄「我慢、だと?」
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 04:10:45.82 ID:/h+U81RI0

妹「だけど、い、今ので
もう、もう………………」プルプル


兄「……………妹」


兄「もういいんだ、我慢しなくて」

ガシッ

妹「ふぇ!?」
183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 04:14:42.17 ID:/h+U81RI0
妹「………………本当に、いいんですね?」


兄「…………ああ」


妹「ゴール、しちゃいますよ?


兄「……………ああ」



妹「そ、それじゃあ………………」
185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 04:22:05.68 ID:/h+U81RI0




妹「アヘェェェェェェェェェ!!」
  ピース     ピース



ーーー妹のアヘ顔ダブルピースが響き渡る、背景の夕日に重なって
神々しく見えた

それはどんなアヘ顔ダブルピースよりも美しく

アヘ顔ダブルピースの中でも最高のアヘ顔ダブルピースだった

兄「妹………、大好きだ」


          ー完ー
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 04:23:40.39 ID:W3xZNuGL0
何だろうこの気持ち

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング